投資信託でお金を儲けるための方法1

財政的なビッグバンだと言われており、規制緩和のために消費者にとって良いものがあると言っているが、私はわからない。何なのか分からない。
新しい債券や投資信託など、理解しづらい金融商品を組み込んだ派生商品らしいがこれを理解するのは難しい。どうかを理解することは困難だ。
新しい金融商品は、古い金融商品よりも良質だと言っているが、インチキ臭い代物である可能性がある。それはうさん臭い製品かもしれない。
証拠に、過去問題になったプリンストン債は、見栄えが良い金融商品と言うだけの詐欺に過がなかった。それは詐欺だけだった。

金融の爆発が始まったとき、個人がリスクを判断し、自分の投資の結果に責任を負うようになった。自分自身の投資結果に責任を負わなければならない。
気付くと、個人がリスクを判断するには情報が不十分であり、言い換えれば、自分が持っている経済知識では理解し難い内容になっているので、巷にあふれている経済情報あまりにも多い可能性がある。路上であふれる財務情報が多すぎるかもしれない。
経済情報に自信を持っている人たちでさえ、実際には金融商品の詳細を知らないのだ。事実の金融商品の詳細を知らない。
人々は財務情報の氾濫をどのように付き合うかを知らないと言うのは当然だ。知らないのは当然だ。
自身の資産について、自分で責任を取ることができると言うのは厳しい話だ。それは厳しい話だ。
銀行も生命保険も倒産することができないという前提があった。銀行も生命保険も倒産することができないという前提で仕組みがあった。
生命保険は気付くと倒産し、受け取れるはずの保険金が減っていたのだ。
2年後に銀行に預けられた預金は、同様に運営される可能性がある。

気づいたら、個人は、地図のない海に一人ぼっちにされているようだ。
富裕層はまだまし。
海でさえも、豪華な客船や自分のクルーザー灯っているので、金持ちはそれに乗っていればいい。
ただ旅行をしているに過ぎない。
普通の人には難しい。
機器や羅針盤を持たない小さな船で、海を彷徨っている。
エンジンも無線もない。
南に行くほうが良いと思っても、本当に南に行くと島に着くかどうか分からない。私が本当に南に行くなら、私が島に行くかどうか分からない。
南はどちらも知らないかもしれない。
過去なにも研究や勉強をしなかったので、目印にすべき星座の場所を知らない。位置を今も理解していない。
近くの通り過ぎる船に助けを求めるときでさえ、彼は気付かない。
救助を求める場合でも、私たち救助コストを支払うことができない。
一般の庶民は何をで行うべきかどうか疑問に思う。

近い未来、自分自身の自己年金の方法を決める必要がある時が来る。
確定給付型であると昔ながらの年金は、財政的な失敗の状態にある。
現在働いている人から受け取ったお金を、現時点だでに引退している高齢者に渡すための仕組みに過ぎず、現役世代数は減少し、高齢者受取人の受取人数が増えると、入金金額が減り、経費が増えるため、財政状況が悪化する。
確定拠出年金は新しい年金として導入される計画だ。
あなたが今から未来のために受け取る年金を積み立てなければいけない。
どの資産を資金配分するか、どのように運用するかは、各個人の判断に委ねられる。
個人が資産管理を理解しないといけないほど厳しくなっている。
金融ビッグバンは、手数料の割引などの恩恵があるかもしれないが、意思と力が足りない人にとっては、厳しい時代になる。
弱い人は慈悲なしで切り捨てられる。
個人には、敗北しないための知恵と手段が必要だ。

この話はみんなにもおなじみのトピックだ。
個人が将来資産を管理するために使用する可能性が最も高い投資信託について話したいと思う。
困った個人投資家の立場からすれば、誤りのない投資信託を見つけることができれば、どんな投資が良いかだ。それについて考えたい。
今度は経済コラムではなく、財務プランナーとして推薦できる投資信託を見つけるためのハンドブックだろうか?
投資信託に精通している人はこの話は無視していいろう。私は敢えて話をさない。
投資信託の初心者への助言だ。

自分の資産運用としてすぐに購入したい場合は、どのような視点からいくつかの条件について考えてみたいと思う。私はいくつかの条件について考えたい。

投資の対象となるものをわかりやすいものを選択する

当然ながら、株式に投資する場合、買うのは株式投資信託だ。
債券の場合は、債券投資信託債券だ。
通常の投資信託購入者のように外から投資信託を運用する人にとっては、投資信託の基本価格の推移を予測することができないというのは困ったことである。
 バランスのとれた投資信託でも、株式も債券も扱うところもあるにはあるが、株式が上がるにつれて債券が下落する時もあり、投資信託自体の参照価格が上がったか下がったか理解しにくい。
株式投資信託のみの場合、株式市場が上がれば自己清算の基調価格も上がると予測できる。株式市場が上昇すれば、自己清算のベース価格も上昇する。