指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない4

もともと、発行者側の状況によって発行金額が増加すると、投資家が買わなくなってしまい(価格が上昇すると債券の利回りが上昇する)価格が調整される。発行価格で表される総量の増加を抑えていた。時価総額の増加が抑制されたという暗黙の理解であった。
指数に続く多くの投資家がいる際、最初の反応は逆であり、たくさん株券などを買い、市場価格を急上昇させ、発行価格も上がるため、時価総額が増えるおかしなことが起こる。時価総額が増加し、奇妙な現象が発生する。

指数は、現代の投資理論の息子のようなものだ。
理論によって示唆するように、指数が多くの人に広まり、指数との逸脱をリスクとして認識したが、指数の問題が浮上してしまった。それは索引の問題が浮上したために皮肉だ。

指数は過度に反応することがある。
債権や株が上昇し始めると、株は誰もが考えたよりも着実に上昇する。

普通ならこのような低金利では買わないと思うが、他の人が購入し始めて指数がが上がると、他の投資家も購入してしまう。他のインデックスプレーヤーも購入する必要がある。
最初の動きは加速され、誰もがそれがあまりにも高すぎである思うところまで上昇する。
長期的には、ある程度の機会(予感なし)で加速を維持できない場合、逆に安くなる。反対の動きが始まる。
下降も加速度していく。
指数が基礎の投資は、市場の動きを推進している原因といえる。それは市場の動きを増やしている要因の1つであるとも言える。

指数の問題の原因の1つは、指数が正確に作成されていないことだ。正しく索引付けされていないかどうかによって異なる。
世界国債指数で言えば、国債のみを対象とするのが問題点だ。
国債のほかに、アメリカには社債や住宅ローン債券などの大きな市場があり、私的債券へなどもあり依然として世界最大の市場だ。それでも世界最大の市場だ。
日本では、社債などの市場が相対的に伸びていないため、日本の比率が極端に高くなることは少ない。日本の比率が極端に上昇するのを避けることができる。
株も時価総額は、東京証券取引所だけを追加するのか、店頭を追加するのかを部分的に考えるべきかという考えだけで違ってくる。ちょうど考えて、市場の時価総額は異なる。

現代の投資理論では、対象物のサイズはもともと問題になっていない。
東京証券の1部と2部のどちらが安価か高価かを考え投資する人は世界中どこかにいるとおもう。いずれかの市場は別の市場ではより高価や安価になることはないと考えられる。
時価総額のバランス私は、金融市場に参加している人々は、自己期待リターンと期待リスクとのバランスを取って多様化の結果であると思っている。私は、金融市場に参加している人々は、自己予想収益と予想リスクのバランスを取って多様化した結果だと考えている。
株が多すぎると株が避けられ、株価が下落し、債券も崩壊するはずだ。同じことが債券にも当てはまる。
現在の価格水準は、市場の参加者が現在の価格水準が現在の発行価格を吸収するのに十分であると判断されたと考えられるために決定された。現在の価格水準が現在の総発行価格を吸収するのに十分であると判断されたためと思われる。

実際には必ずしもそうではなく、短期間に歪みがある。短期間に歪みがある。
投資中心の参加者が自由に投資できていないことが原因である可能性がある。
一部の投資家は、顧客から与えられたガイドライン(投資対象が規定されているもの)についてのみ東京証券に投資することができる。一部の投資家は東証のみに投資することができる。
ファンドはできるだけ早く市場をすばやく流れている可能性がある。

世界の流れはさらに指数に向かっている。
そして手足に縛られている投資家の数がこの歪みの促進になる可能性がある。それはこの歪みを促進するためのものかもしれない。
投資家の組織化(個人投資家が減少し、機関投資家が増えている現象)や大規模な金融機関もまた問題を喚起するだろう。
つまり、金融市場に参入する投資家の多様性がなくなり、一方向に動き出した市場を止める人々の数が減少している。ある方向への動きが始まった市場を止める人々の数は減少している。

日本の場合も問題があった。
銀行、生命保険会社、損害保険会社のいずれであろうと、ほとんどの行政機関は給与労働者が運営していた。ほとんどが給料労働者だった。
サラリーマンはリスクを取ることができない。
市場が上昇しているときには、衰退に賭けることはできない。
彼らは市場の方向と同じ方向に賭けようとしている。
賭けは賞賛されるかもしれないが、当てるのは難しい。あなたが外出しているときは、それは深刻だ。
他の人と同じことをしている市場の方向性が、たとえ当たらなくても、自分自身の問題ではなく、他人と一緒だ。それは自分自身の問題ではない。
給料労働者は、自衛のための市場に従おうとしている。それは自衛のための市場に従おうとしている。