投資信託でお金を儲けるための方法4

指数から、ファンドマネージャーが他の投資信託よりも収益を上げることができる加賀重要であり、投資信託会社の強みでもある。

投資信託の管理の観点からは、能動型の管理が難しいと言える。
アクティブの管理は困難。

能動型の投資信託の選択方法については後ほど説明しよう。基本価格の予測が容易になるという観点からパッシブ型がいいろう。
パッシブタイプをお勧めする。
投資オタク世界ではないので、指数への追従性の程度は、それほど厳密でなくてもいい。
許容範囲でいい。
専門家の世界では、標準指数での増加率が年間0.5%であれば受動的だとは言えない。
標準指数の上昇率が年間0.5%の場合、パッシブ型とは言えない。
10%や20%も動いている株業界では、1%未満の相違を無視できる人は、積極的な投資信託は問題ではないと言いる。

私が指摘していることは、指数が10%上昇した場合、参照価格はわずか5%上昇するだけであるということだ。
インデックスが10%上昇した場合、参照価格はわずか5%しか上昇しない。
広報で「パッシブタイプ」を販売している投資はアクティブタイプの投資信託よりも管理手数料が安い。
管理手数料はアクティブタイプ投資信託よりも低く設定されている。
 その違いのために高い積立金を支払う必要はないので、最初からパッシブ的な投資を購入するほうがよいろう。
最初からパッシブ投資を買う方がよいろう。

テーマ型投資信託と言うものもある。

あなたが株式に精通していて、将来的にインターネット関連のハイテク株とソフト会社の株が非常に成長していると判断した場合、投資対象は株式でもインターネット系企業株のみについて投資申告投資を購入するだろう。
投資対象はインターネット関連の株式だけに投資宣言投資を購入することを検討する。
環境にやさしいエコファンドが投資信託にいいと思うかもしれない。
判断は悪くない。
これまでの明確な判断を下すことができるなら株全体を見なくてもいい。
 株価指数全体にリンクする必要はない。

分かりやすい投資目標と投資方針で投資目標を見つける事が重要だ。
方針がしっかりした投資信託基金をも見つけよう。
一般的なエコファンドと言われても、投資対象は不明で、多くの場合、ハイテク企業だけを買うなどの話がある。
 ハイテク企業だけを買うなどの頻繁なケースがある。
自分の知識に合わない投資信託は期待した結果とは異なる結果をもたらすだろう。

マネジメントの問題として、自分の持つ投資信託のに近い行動をする指標を探する。
信頼できる投資信託のように動作する指数を探する。
電気設備の会社の株の動きに似ている投資信託があることを知っている場合は、電機株式の知っているを監視すると、投資信託自体の基本価格の動きを考慮することができる。
投資信託の基本価格の動きも考慮すべきである。
中小規模の株式信託であれば、店頭株価指数や東証2部指数など、自分の株により近づいていく指標を見つけることができる。
動きが似ている指数を見つけよう。
投資信託にも十分対応できる。
 投資信託で十分だ。

投資信託の内容を選択する
参照指数が重要なのは、自己の投資信託が実際に運用されているかどうかを評価することも容易だからである。
投資信託が実際に運用されているかどうかを評価することも容易である。
アクティブ投資信託の場合、収益率が市場に比べ悪い場合でも、仕方ない。


指数関数の動きに従わないパッシブ型は、投資管理方法の問題によるものと思われる。
 私は投資管理方法に問題があることを理解している。
たまに、指数構成株の急激な変化、大量の株式の公開や上場廃止時に発生する指数の動きの急激な変化などの相違があるが、わかりやすく理由を解説することが可能なはずだ。
 理由をはっきりと説明する必要がある。
投資管理レポートを読むと、事実が書かれている。


アクティブタイプでは、市場の読みが欠落しているからなのか、操作方法が悪いのかは不明である。
 違いは不明だ。
うまく読めなかったのなら、次の機会に損失を回復することができる。

  自分自身にこだわるには意味がない。
問題は、操作方法自体に不利な点がある場合だ。
操作方法そのものに欠点がある場合がある。
次回も損失を出す可能性があり、指数と比べてあまり儲かってない可能性がある。

それはへんなものだが、投資の世界で勝利を続けるのは困難で、逆に失うことは予想外に簡単だ。
意外に単純だ。
投資家の損失のパターンは、ある程度決定されている。