投資信託でお金を儲けるための方法7

投資信託会社の性質を見る
投資信託会社の性格も知っておく必要がある。
投資信託は別個のファンドマネージャーによって管理されているため、当社の方針は影響を与えない可能性がある。
同社の方針は影響を与えないかもしれない。
会社の課が運営する投資信託に限らず、投資信託のには企業の方針を適用することは珍しいことではない。
投資信託の管理は、ある程度企業方針に反映されている。
問題は次のとおりだ。
以下のような場合だ。
1つは、最近人気の高い投資信託だけを扱っていつ会社で、もう1つは過剰に過去のパフォーマンスを売る会社だ。
過度の過去の業績を売却するケースだ。

流行型は、投資信託を売却すれば良いと考えている「経営優先経営陣」かもしれない。
 投資信託を買ってくれさえすれば良いと考えているのは「経営優先」の経営幹部である可能性がある。
 インターネットのファンド、中規模の株式ファンド、エコファンドなど、テーマタイプを絞ったものも流行しているが、時代遅れにならずに、他社に遅れないようにするに、急ぎすぎて投信の決め方が疎かになっている会社もある。
十分な配慮がなされていない投資信託である。
投資信託については、発行ブランドが適当で不透明であり、投資方針が厳密に定められていないため、後に問題が出るかもしれない。
後で問題が出る可能性がある。
あなたが投資信託をしても、それを売るほうが良いと考えている企業にとっては、投資は同様の問題を信頼していると考えている方が良いだろう。
どんな投資も同様の問題をがある。

後者の業績売却型では、それ以外の美点は存在しない可能性がある。
その投資信託には他の強みがない可能性がある。
投資信託の業績は重要であるものの、将来の業績を約束するものではなく、投資信託は一定の運用方法で連続的かつ着実に運用されていることが重要だ。
投資信託は一貫して運用され、着実なの運用方法がよい。
過去の業績の着実性を誇張するのは売り方の一つだが、高利回りを強調した投資では、ある危険性を覚える。

それは詐欺ではないが賞賛し難い、いいとこ取りな投信である。

投資信託を扱っているのに、不十分な投資信託を排除し、宣伝に良質の投資信託のみを使用する。
宣伝には優れた投資信託のみを使用している。
投資信託を扱うと、そのうちの1つまたは2つくらい良い成績で出てくるだろう。

同社の他の投資信託が良いと判断することは可能だろうか?
 会社の全ての投資信託が良いと判断できるか?

投資信託があるため、数年間優れた成果を維持する投資信託があり、悪い結果は当然のことながら消滅する。
悪質な投資信託は、なくなっていく。
長期にわたる投資信託は良い結果をもたらす傾向がある。
成功バイアスである。
長い歴史を持つ投資信託は生存競争に勝ったので、勝つ理由もある思っている。
 私も勝つ理由があるはずだと思っている。
能力の格差を反映した何度も戦う総当りの戦いならともかく、投資の世界はドラゴンボールの天下一武道会のようなトーナメントだ。
投資の世界は、いわばいわゆるトーナメントだ。
幸運は能力より重要だ。
生存は "良い投資"の証拠であるとは言い難いが、投資信託を評価するのは難しい。
投資信託評価の難しい部分だ。
成績を過度に信頼してはいけない。投資信託を成績だけを信用しないほうがいい。
投資信託は成績のみで信じてはいけない。

プリンストン社債の問題は、引き合いに出す必要はない。
使わないくてもいいのだ。
プリンストン債を買い取るために使われた過去の結果は滅茶苦茶であった。
投資信託の基準価額は、一定の基準で内容により有価証券が市場に出され評価され、検査が適当ではないと推定される場合には、そのような極端な詐欺を行うことはできない。
極端な詐欺行為をすることはできない。
 市場価格が未知の証券を組み込んだ投資信託もあるため、基本価格は絶対に正しいとは言えない。
 参照価格が絶対に正しいとは言えない。
それが何であれ、極端な「売らない」態度は、受託会社の道徳として疑われる。
あなたは緩和の疑いがある。
投資信託は、信頼を扱うビジネスだ。

私たちは貴重な財産を会社に預けるので、人間として信頼できる人々に会社の資金を入金したいと考えている。