共産主義のキリスト教の関係性のルーツ3

キリスト教共産主義解放の神学は、それ自体が福音化ではなく、むしろオルソプラクシス(倫理的行動;神の働きをすることによって光に来る条件)を発展させることであり、イエスの "ビード倫理"を和解させるマウントの説教の中で; 「新植民地主義」または「後期資本主義」と呼ばれるものに対抗する既存の社会的闘争を伴う。
クリスチャン共産主義と解放神学の両方は、あまり正統派を強調しない。
現代社会闘争の本質に関する物語は、カール・マルクスによって開発された歴史的概念を利用した「物質論的分析」によって開発されている。
具体的な例としては、パラグアイの罪ティエラ(土地なし)運動、直接の土地占いやアシエンタントでの社会的農業協同組合生産の確立に携わっている。
現代のパラグアイ人の罪ティエラは、改革時代のディガースと非常によく似た方法で行動している。
カルロス・トーレス(コロンビア・ゲリラ・グループELNの創始者)にとって、このオルソプラクシスを発展させることは、コロンビア国軍との戦いをしている間、武装闘争に携わっている人々の中だけでカトリック聖餐を祝うことを意味する。

クリスチャンの共産主義者たちは、第2幕と第4幕の聖書の詩を、最初のキリスト教徒が共産主義社会に住んでいた証拠としている。
トーマス・ワートン・コリンズの説教は、共通財産社会の目標に使用されている聖書的な情報源の良い記述だ。
ホセ・ピラン・ミランダ教授(1981)は、「聖書の共産主義」(メリノール宣教会、NY:オルビス書籍、1982)と翻訳されている。

しかし、彼らはまた、共産主義が最も倫理的な社会システムであり、地球上の神の王国を不可避的に構成しているという考え方を支持する数多くの聖書の言葉を引用している。
これらの聖書引用の中で最も頻繁に引用されているのは、イエスの生活と使命を描写している3つの概観的福音書だ。
このようにして、私たちは常に永遠に平和でも戦争でも、わが国の最も強力な資源となる霊的兵器を強化する。
裕福さに関するイエスの最も有名な発言の一つは、マタイ19:16-24にある(同じ出来事はマルコ10:17-25とルカ18:18-25にも記されている。
針の目はマタイ記とルカ記の両方に共通している)。

21イエスは彼に言われた、「もしあなたが完璧になるならば、あなたがたはそれを売って、貧しい者に與え、あなたは天に宝を持つであろう。
22しかし若者はその言葉を聞いて悲しみを消した。
彼は大きな財産を持っていたからである。
23イエスは弟子たちに言われた、「わたしはあなたに言う。
富める者は、天国に入れない。」
24また、わたしはあなたに言う。
大金持ちなどの恥ずべき者が神の国に入るよりも、ラクダが針の目を通る方が簡単である。

イエスはまた、「貨幣交換機」(つまり、外貨両替に携わる者)を「泥棒」と記述し、エルサレムの神殿から追い出した。
これはマタイ21:12-14、マルコ11:15、ヨハネ2:14-16に記されている。

さらに、共産主義の態度と含意はレビ記25:35-38に見いだすことができる。
これは最も重要なことだ。
これはモーセの法則の一部であり、勧告や意見の喚起ではなく、戒めだ。
この事実は、キリスト教の恵みの可能性のあるエントリー要件として、あるいは人間の社会秩序のための神の意図を達成するための手段として、富の強制的または自発的放棄の問題についてのその後の議論に大きく依存している。


「キリスト教神学はボルシェヴィズムの祖母だ」 - オズワルド・スペングラー

アドマックス