キリスト教徒のチャリティーの正体1

「教会は免税であるため、平均的な市民は年間925ドルの税金を払って支援する」と述べた。

「内国歳入庁によると、教会の寄付金は、19を超える合計億ドル年間を。
『これはしない事業者、保有株式、債券保有、退職センターから利益を含めたり、アレンジをバックリース。』

「モルモン教会だけでも、会員から少なくとも年間43億ドル、非課税の寄付金で購入した多くの企業から4億ドルを集めている」

教会は、テキサス州で810億ドル相当の免税不動産を所有し、ロサンゼルス郡だけで13億ドルを所有している。
ニューヨーク州、シカゴ、ボストン、各州で所有する主要な不動産驚くべきことだ」

「教会が支払うことを避けているすべての税金、あなたは個々の納税者としてあなたを補う必要がある。」

権力と所有権で成長し、キリスト教の教会はアメリカのすべての不動産の20~25%を所有している。

家の牧師の給与は1993年$ 115,300.00だった。
上院牧師の給料は、秘書とオフィススペースの支払いを含む追加の$ 300,000.00の予算とほぼ同じだった。

中絶の対象については、これは間違いなく個人的な問題だが、私はキリスト教の「生命」の動きの裏で行われていることを明らかにしたいと思う。

まず、キリスト教が私たちを後押ししていないかどうかについて言及したいと思う。
効果的な避妊がある。
強制禁欲は健康ではなく、効かない。

クリスチャン教会とカトリックの姿勢では、避妊や妊娠中絶を禁止しているが、これはもう一つの巨額の金儲けだ。
子供たちは支払う人だ。
この背後にある意図は、プロパガンダとして一般に公開され、善意と人道主義の趣旨を持つ。
背後には、真実の話がある。

アメリカの無神論者たちは何年か前にマザー・テレサの公演をした。
この女性は、寄付金ではなく、何百万ドルも受け取っている。
お金の大部分は説明されていない。

プロ生活運動の被害者の最大数は、第3世界諸国からのものである。
アフリカ、中南米、アジアのこれらの国々のほとんどは、キリスト教に搾取され、蔓延している。
宣教師は、これらの人々が貧しく文盲であるため、これらの地域に永遠に帰ってきた。

これらの殆どの場所で飼料、服装、飼育をするには、1日10セントと米のボウルが必要だ。
子供たちはぼんやりとした布の中を歩き回っている。
死亡率は高く、教会はこれを使って、何百万人もの子どもたちに「免除」するための免税寄付を行っている。
悲しい事実はほとんどまたは全く子供に届かない。
乳幼児死亡率は飢餓と病気のために非常に高いので、カトリック教会はこれを悪用して避妊や流産を禁止している。
これは教会に、より多くのポスターで子どもを育て、不幸な赤ちゃんが来るのを防ぐ。
さらに、これらの子どもの多くは、奴隷労働のために凶悪かつ残酷に使用されている。
ユダヤ人が所有し経営している企業の独占企業は、体系的に死に至らしめることができる使い捨て人間の道で安い奴隷労働を求めている。
ユダヤ人の共産主義と変わることはない。

これらの各国で西欧の通貨マークアップが行われることで、教会は第3世界全体を穏やかに暮らすことができる。
これはラケットを作る悲劇的なお金でしかない。
まれな出来事の中で、これらのキリスト教徒の指導者はいつまでも捜査されている。
彼らに見られる汚れは無限だ。
税金免除の財産と資金のすべてを備えたキリスト教教会は、強力な議会に組織されている。

彼らは、自分の宗教的なロビー団体を持つ非常に多くの上院議員と代表を結びつけており、無制限の資金で権力を得ることができるように、あらゆる種類の税法や税違反を執行することは不可能であった。
メキシコでは、貧弱な裸足の荒れ果てた人々が、15キロの燃え尽きる埃の多い道を歩き、汚れた床の住居や屋根のための段差のある錫のようなスラム街に住んでいる間、所得の一定割合を占める豪華な教会に出席する。
教会にはお金が詰まっていて、これらの人々からは十分に頼りになる。

キリスト教の慈善は偽物だ。
彼らは、人道的なイメージを維持するために、公衆の前でできるだけ前向きな態度をとっているが、寄付のほとんどは、説教者のポケットに並んでおり、組織的な犯罪行為や、ユダヤ人共産主義の進歩のために集められている。
人々がそれらに来る問題は、これまで軽減されたことはめったにない。
薬物中毒者は祈るなどと言われている。
彼らは力の瞑想と、欲求を癒す魂の知識から守られている。
人々は、キリスト教のシステムに不自由なままであり、搾取のために使われる。
教会に来る初心者は何度も繰り返し取り込まれるが、長く続くことはなく、その人たちは彼らの問題や不幸な状況に加えて、以前よりも悪い条件に「逆転」する。
キリスト教の寄付の大半は戦争資金と組織犯罪活動に使われる

「教会の国内および世界評議会」には、ルーテル派、監督派、バプテスト派、長老派、メソジスト派および他の宗派のメンバーが含まれている。

「世界教会協議会とその関連団体である教会が支持する教会全国評議会は、選択された秘密操作と戦争の資金調達に静かに役立っている。
「本管の教会は左翼の原因と死刑を支持し、原理主義の教会は右翼の原因と殺人を支持している。
血液はすべての献血者の手に渡っている」


アドマックス