加計学園に森友学園、安倍晋三総理大臣と権力の傲慢

彼の前には、吉田茂と佐藤英作などの20世紀の政治の巨人達がいる。
安倍氏は今回、日本に永続する印象を残し、安保体制を変え、経済復興のための戦略であるアベノミクスに彼の名前を貸すことにした。

安倍首相の強力なリーダーシップは、短命政権の継承に疲れてしまった多くの人々によって当初歓迎された。
しかし、政治の黄金のルールがあれば、傲慢さが指導者の自殺を膨張させ、個人の利益を国家のものと融合させ始めるのは、政権が腐敗することだ。
5年連続の就任後、この苦しみに苦しんでいるように見える。

最も最近の兆候は、阿部氏大学で獣医学科の開設を承認するために教育省に圧力をかけたと主張している加計学園のスキャンダルだ。
加計学園が唯一の申請者である僅か8日間の申請期間の後、52年ぶりに許可証が発行された。
この承認に基づき、学校運営者は36億8,000万円の無料土地と補助金96億円を授与された。

事態を悪化させるために、安倍批判を支持した元副大臣は、政府独占の読売新聞の汚れた話を狙った。
これは、安倍政権が、証人の脅迫を通じてその影響を隠蔽しようとしているという印象を与える。

このスキャンダルは、最近の森友学園事件と著しく類似している。
その中には、別の私立教育機関が安倍首相の親戚とのつながりを使って評価された価値の15%未満の土地を購入したと主張されている。
この初期のスキャンダルは、森友学園が戦前の教育的価値を促進し、中国人や韓国人に対するヘイトスピーチの罪で起訴されたという民族主義組織であるという事実によって悪化している。
しかも、最近は文章の改ざんまで発覚した。

これらの事件に関する最終的な真実はまだ明らかにされていないが、反発した主張は、安倍氏が就任するのがあまりにも不安になっているとの懸念を提起し、 この傾向は、現代の野党の弱さと多くのメディアの臆病によって奨励されたことは間違いない。

有権者は、経済成長を伴う限り、ある程度の腐敗を許容する傾向がある。
しかし、安倍政権の場合、自己利益の追求は不景気な経済を活性化させる重要な課題から逸脱しているという懸念がある。
アベノミクスの述べられた目的は、必要な構造改革を実施するための呼吸スペースを創出するために、金融緩和と財政刺激策を用いることだった。
しかし、日本の状態を変えるというイデオロギー的使命に、この経済的猶予が払われつつあることはますます明らかになっている。

これの明確な例は、決して実行されない場合でも犯罪の計画と犯罪を犯罪とする論議的な陰謀法案の政府による扱いである。
277種類の犯罪に適用すると、法律が労働組合や政党を含む活動家グループの広範な監視を正当化するために使用されることが広く懸念されている。
安倍首相は、国民のプライバシー権に関する特別報告者の反発と直接批判にもかかわらず、5月23日に下院を通過させた。

他者の見解に対する同様の無視は、憲法に対するアベの態度において明らかである。
5月3日には、憲法改正を行うのは国会の特権であるが、2020年までに新憲法が発効するはずだと宣言した。
その後、現在の憲法の有名な戦争放棄条項である第9条を改正したいという願望がある。
この一方的な介入は、自民党の自民党内でさえも驚愕の原因となった。
安倍晋三官房長官は、 読売新聞のインタビューを読んで拒否し、国会での問題解決に向けた安倍晋三首相の答弁を拒否したことで、民主党も激化した。

提案された改正のタイミングはまた、自我主義の邪魔になる。
首相は、東京オリンピックに合わせて2020年までに急がなければならないと主張していたが、就任中の憲法改正を最優先することが最優先であることは明らかだった。
安倍氏が国家の利益を上回る遺産の欲求を払う意思を明確に示す例はない。

自民党のルールを変更して第3期の党大統領に就任させることができれば、安倍長官は2021年9月まで首相として継続する可能性がある。
自由奔放な民主主義の支持者たちは、政権からすでに腐敗と傲慢さを払っていることを考えると、今後4年間は何を心配しなければならないのだろうか。

アドマックス