麻雀ステーションMAZIN 奇妙なキャラのばかりのゲーム

このゲームは、1994年にはまだプレイステーションが世の中に出て
間もない頃に発売されたものである。
その物語をマニュアルからの抜粋と、

「我は麻雀の神 -麻神-
腕に覚えのある雀士達よ、
我と勝負できるチャンスを与えよう
さあ、我を楽しませてくれ・・・・・。」"

そのすべてが謎に包まれている麻神の挑戦状を受けて時間を越えて集まった選択されたプレイヤーたち。
麻神の挑戦権をかけた恐ろしいな
トーナメントに生き残るのは誰だ!?
そして麻神の戦いの戦闘が終わった後にあるものとは···。

何これ?挑戦?など疑問いっぱいの物語だが、麻雀ゲームであるため、物語はどうでもいいのかもしれない。
ところが、その重要な時空を超えて集まった選択されたプレイヤーであるが、

猛突進バッファローを一撃に勝つ最強の空手家
ギリシャの戦士。彼の戦歴で敗北の味はわからない。
など麻雀とは縁がなさそうなキャラクターが整列している。
しかもこの人はまだ普通な方で、後半は素晴らしく、ボディコンのディスコギャルが台座を雀卓に変えて登場。
吸血鬼、世界で好きなのは、真っ赤な血とお金持ちなおじさん。
他の誰かがなかったのか。
対して主人公は、
前後の世界で麻雀で生きてきた男。
こちらも負わない。しかし、麻雀ゲームのストーリーは関連することはない。
ポイントは、ゲーム自体が面白ければいい。
ゲームを起動すると、よりすばらしいのを見ることになる。

このゲームのすべてがポリゴンでできているがそのキャラが大きい。
上半身のみにもかかわらずなのに、画面に沢山である。
さらに、蓄積されるたびしまうたびに「オリャ!」 「ヨッシャ!」と絶叫する。
静かに麻雀してほしいものだ。

一番大切ななコンピュータの力であるが、これはとんでもなくに弱々しい。
役割の研究はほとんど思考してていないのか、すぐに1000点になれる。
さらに、そのつどキャラが絶叫するので、画面は素晴らしいものである。

「ロンだ! 」
「やられた!」

「うおぉぉぉ!この勝利を
ゼウス様にぃぃぃ ! !」

このようにキャラがやたら動くので、普通の麻雀よりも時間がかかる。
このゲーム、psのパワーをに無駄に使い込んでいる。

それにもめげずに大会で1位になると、麻神とその下部の
ドラゴンと麻雀することになる。その時、突然
「"さあ、貢物を頂こう。」(マタイ新)
「勝也(主人公の名前)の所持金が1000点になった!」(ナレーション)
真神が会員を集められただけのものがあり、技術よりも物量で攻撃してく。
てゆか、おそらくルール違反だが。

アドマックス