投資信託でお金を儲けるための方法11

資産運用は投資のプロのみの世界というわけではない。
個人も自己の責任で投資しなければならない。
いくつかの能力とリソースを持つ人にとって、完璧な機会が訪れるかもしれない。
おそらく大きなチャンスが訪れただろう。
個人投資家の中には、専門家以上の利益を生み出す人もいる。
プロより大きい利益を生む人もいる。
ゴルフのような世界とは異なり、成績の点でプロとアマチュアの違いは、投資の世界はほとんどない。

実際には、個人が持っているデータとデータを利用するノウハウには違いがある。


資産管理だけでなく、日常生活でしなければならないことがたくさんある。
毎日の生活をしなければならないことは山のようにある。
資産管理には限られた時間と努力が必要だ。
専門家との互角に勝負することは、かなり困難だろう。
難しい作業だ。
個人にとっては、最小限の努力と知識で資産管理を行い、余計なものを少なくすることができるかが大切だ。
どれくらいの資産を管理できるかは大切だ。
投資信託はもともと、個人がお互いに協力して専門家と互角になるための道具と言えるだろう。
個人が力を合わせるために専門家と同等の力を得るためのツールであると言えるだろう。
投資信託は積極的に利用したほうがいい。

また、投資信託は過渡期にあり、投資信託といってもいろいろ沢山あるのだが、どちらがどちらなのかよくわからないのも事実だ。

個々の株を購入するときと同じく、個々の投資信託が何であるか分からなければ、信託を購入することもリスクだ。
投資信託を買うことさえも危険だ。
基本価格の変化を予測できる投資信託を買うくらいしか、投資信託のリスク管理は不可能だ。

資産管理の群衆以上に利益を得たいと思うが、個々の株式を購入することは、投資信託を購入することと同じくらい困難だ。


一般的な資産運用を希望する人々は、基本的な価格の傾向を予測できる各資産タイプごとの投資信託を、ドル平均法に基づいて様々な分割法によって一定のタイミングで一定の金額を継続的に購入する資産管理の一番優しい方法を作ることができる。

基本価格の推移が参考指数と変わらないかどうかを毎年確認する努力により、必要最低限​​を管理することができる。
毎年、標準指数から逸脱しているかどうかを確認するための努力で、必要なだけの管理することは可能。
貪欲なスタイルだが、また良い結果を出せたりする。

自分が直感的に買いたいと思った投資信託を購入することも良いのではないか?