地価が下がって得した人と損した人4

相続した土地の値段が上がり、相続税を払っても、新たに土地を購入して生きようとする人々と比較して、土地を手に入れるには安くなければならない。
だが、過去には、無料で生活を続けていたと思われるものが、地価の上昇により負担が増大する。
しかしながら、私がその土地に住み続けている限り、相続税がゼロであったり、多額の納税があったとしても、いずれにしても、生きる場所は一緒で、住居するという意味での利益は、全く変えてはならない。
ならば、地価は安くなければならない。
この問題は、バブル期に頻繁に発生することもよくある。
バブル期に継承しなければならない人々は、大きな相続税を受け、多くの人々は税金を払うことができないので、これまでに住んでいた土地を売ることを余儀なくされた。

地価がが上がって喜ぶのは、家以外の土地をたくさん持っている裕福な人だけだ。
さらに、私たちが実際にそれを売り、それを現金化するときにのみ起こる。
その背後で財産を失うのは、今から土地を購入し家を持つ新しい参入者だ。
土地の値段は、土地を持っている人のどちらかが利益を分配するかについてのみだ。
言い換えると、地価が上がるのは新規参入者から大規模な地主への所得移転の効果にすぎない。

あなたが単に家を持っている小さな市民であれば、地価が高い場合でも、なにも得られず、不動産税と相続税はより高くなるだけだ。
逆に、地価が低い場合でも、普通の人は損失を負わず、固定資産税と相続税はどちらも安価で有益だ。
地価の上昇は、本質的にそれは経済にも影響を与えず、経済に新たな恩恵をもたらすことはない。

土地を購入したい人から売りたい人への所得移転の影響のみだ。
だが、地価が上昇するにつれて資産効果が発生し、経済が改善というのは、ものすごくのような金持ちな人により多くのお金を与える方が、消費者がお金の使い方が凄まじく、多くのお金を普通の人よりも消費するという論理を持つ必要がある。
確かに裕福な人は、お金の使い方よりももっと派手かもしれない。
また、カジノマネー効果と言って、突然お金が予想外に利益を上げることは、その後お金をなくしても問題にしないというものである。
博打をする人が一晩のお金を持たないということと同様だろう。
だが、これらについてさらに議論の余地があるようだ。

貧しい人々は貯蓄する余裕がないので、ほとんどすべての収入を消費に変えた。
一方、貯蓄率は、金持ちが貯蓄できるほど高いと思われる。
もしそうなら、土地価格の上昇による資産効果は。
本質的には意味がない。
つまり、人々は利益を得た気分になって消費することになる。

地価の上昇が悪いと言うと、対抗派がエコノミストから出てくることが期待される。
地価が上昇するにつれて、高い土地価格でも利益を生むビジネスや、価格の高い土地とにかく住みたい人に優先的に配分される。
そして、それは土地を最も高く評価する人の手に落ち、非効率な土地利用が減少する。
価格メカニズムによって、経済全体の効率も上昇するはずだ。
このため、地価が高くなることは、それは、より効率的な土地利用の結果として起こるイベントであり、それは悪いことではない。

だが、バブルに何が起こったのか、土地の有効利用による便益の増加以上のものだった。
(私は理由を問わず)地価が上がり、私は土地を買うだろう。
誰もが土地を買うので土地価格は上がる、土地価格の上昇の期待の繋がりだった。
私がそれに気付くと、土地が効率的に使われなかったため、土地価格だけが上昇した。
逆に、地価が上昇し過ぎると、もともと効率的に使用したいと考える有益なラインを大幅に上回っているため、その土地は非効率的に無視されているとも言える。

アドマックス