資産管理の明るさと暗さ 資産管理でお金を稼ぐために

金融の危機と金融のビッグバンの後、資産運用の個人的関心はますます高まっている。
株式市場の回復が直接の理由として、おそらく、株主任が彼の近くに生まれたという事実もあるだろう。
そして、反対側では、自信を持って預託されていたはずの銀行預金は危険な商品であることが判明した。
また、低金利時代には資金管理の役割を果たしていないことがほとんどの場合と思われる。
いかなる場合でも、私が新聞を見ても、資産管理の話が売れている。
書店に行くと、「株式投資で多額のお金を稼ぐ」や「このような投資信託を買う」と言う言葉がある。
いわゆるノウハウの本が狭く積もっているようなものが見える。
だが、それは確かにここで違和感を感じる。

まず第一に、資産への投資は利益があると私は信じている。
確かに、私たちが消費して投資を断念するので、できるだけ多くの報酬を期待できるのだろうかと思う。
だが、社会全体が支払った報酬は、まさに経済成長率(正確には国益の増加率)程度だ。
だがしかし、「10万円から1億円になる株式投資」という本があふれるのは、なぜだろうか?
逆に、このような投資はそれに対応する高いリスクを有するため、多くの人々は失望するようなになっている。
インターネット上の掲示板などを見ると、競馬の話題が、株式投資掲示板に混在していることが多い(つまり、株式投資と競馬は同じものと考えられている)、兜関係のない収益性の高いトピックがたくさん増えているようだ。

違和感は他にもある。
市民全体が資産管理に熱心になることの是非の疑問だ。
全世界に専門化の流れがあるが、企業や個人にとっても、専門分野のスキルの取得効率を向上させ、競争力を維持しようとしている。
極端なものは米国の会社だが、多様化する場合、専門分野の近くで場合のみ、ほとんど関連性のないビジネスは次から次へと売却して肩の荷を堕ろしている。
しかしながら、投資物件については、この逆の現象が起こっている。
言い換えると、リスクはすべての個人に還元され、資産管理に特化していない人も、勉強をしている。

強い魅力のある資産運用。
競馬のように、知識を用いて分析し、金額という形の結果としてあなたの目の前に現れるので、好奇心を刺激するのだろう
さらに、非常に実用的だ。
私が専門分野でどれほどの収入を得ても、その資産管理が間違っている場合、時にはそれは一瞬で何にも戻らない。
逆に、事業の業績が悪い場合でも、投資を頑張れば、多額の資産所有者になることができる。
なので、本当は時間を自身のビジネスに割り当てる必要があるのだが、そうではなく、投資管理のために使いたいと思うのもわからなくはない。
平日に営業で外出する会社員が証券会社の店頭を見ることもあったが、今私はスマホや携帯電話を持っているので、いかなる時も簡単に株価の情報を入手することが可能になった。
熱心な人はますます多くなるだろう。

アメリカ人のようなデイトレーダーを目標にする人々も出てくるかもしれない。
これは効率的な社会が目指すものなのだろうか?

まず第一に、既存の資産運用会社などに対する社会的不満が蓄積されている可能性がある。
信頼できない会社に重要な資産管理を委ねるのではなく、それ自体で資産管理に積極的に参加する傾向がある。
昔、億万長者は資産管理に無関心で、資産が減らなければそれに越したことはないと考えられていた意識的な私設バンカーに資産運用を頼んだ時代に戻ることはできないかもしれない。
その場合、資産運用企業で働くものはその行為を公開すべきである。
しかしながら、いかなる場合でも、現在の株取引の流行は、適切な資産管理の形から離れる危険性があり、将来の反動についても心配がある。
健全な市場開拓のために、日本と米国のハイテクバブルを早期に取り除く方が良いかもしれない。
さもないと、この流行では、ノウハウ・ブックの作者と出版社だけが利益を得るかもしれない。
ゴールドラッシュの時代にお金を儲けた理由は、鉱夫ではなく、それはジーンズとスクープの会社だった。

アドマックス