円高の驚異1 集悲観的な楽観主義2

長期金利の下落を予測する人々に、「日本は構造的な景気後退であり、デフレが続くので金利は上がらない」一部の人々はこのような説明を行っているが、本当は、「日本は構造的な景気後退だが、数年以内に不況が解決し経済大国にもどるので、金利は上がらないろう」というのが本当だ。
そうでないと、資金は日本から逃れるため、円は下落しインフレになるだろう。
更に、景気後退が長きに渡り続き、政府の財政状況が悪化し、将来も景気後退が続く場合は、政府の財政状況は強制的に失敗するだろう。
「経済が回り、財政政策が厳しい状況になると、税収が増加し、政府の財政状況が改善する」と思わないのは奇妙なことだ。
そうでなければ、あなたが債券を購入している場合、あなたはひどい目にあうだろう。

日本で低金利が続く理由を、日本人に貯蓄家が多いからだと思う人もいる。
「日本は超過貯蓄だから、財政赤字がどれだけ大きくなっても、日本人だけで国債を解消できる」
「日本人は、日本は最も素晴らしい投資先で、日本人は引き続き日本に投資する』という理論だ。
「日本人は為替レートのリスクを取ることができないので、円資産だけに投資する」と語る理論家もいるが、日本国家が破産するリスクが外国為替のリスクよりも小さいと彼が信じる楽観主義者である。
自己収入が日本経済に依存しているとき日本でのみ投資した場合、日本にリスクが集中する。
日本が狂ってしまうと、会社が倒産し職場が消えて、財産も減るので、かなりのリスクがある。
投資では分散投資は常識ではあるが、日本の投資に集中するリスクは、あなただけが日本を信じているからである。

日本経済を信じていないとすれば、日本に投資さない。
存在していた資産は、海外の資産を追求しる。
そして、企業は日本に投資せず競争力が低下し、貿易黒字もまた赤字にまで減少する。
今まで円を買い取っていた資金は消え、円安は進歩するだろう。
円が弱まると、安価に購入していた海外の製品は値段が上昇するだろうが、日本は国内生産ができないため、海外からの輸入は継続する必要がある。
貿易赤字が増加し、輸入インフレにより国内価格も上がるだろう。
インフレや通貨の減価償却を防ぐために短期金利が引き上げられるだろうが、長期金利は、財政崩壊のリスクが組み込まれて高くなるする。
未来が悲観的な国は、通過が安く高金利の国だ。
円は引き続き上昇し、長期金利は下がっていると思っている悲観主義者は、彼らが思う人々よりも楽観的である、もしくは、矛盾があることがわかっていない。

思えば、現在の為替および債券市場の反応は、日本は優れた点の再発見だ。
株式市場だけが日本の未来を心配している。
彼らが思う日本の未来像は違っており、短期的か、長期的か、どちらかが間違っている可能性が高い。

貨幣経済では、デフレはあまり恐ろしくはない。
本当の恐怖はインフレである。
インフレは、通貨である円の信頼性が低下し、円安になる。
日本がデフレであり続けられるのは、貨幣経済を続けることができるという証拠であり、金融経済の本質的な危険が回避されていることは素晴らしい。
貨幣経済を続けることができれば、個人資産300兆円という言葉は引き続き意味を持ち、海外からものを買うことができる。
私は株式市場が間違っていることを望む。
答えは2つの間のどこかにあるかもしれない。
株式市場は悲観的すぎるかもしれないが、外国為替市場や債券市場も楽観的かもしれない。
株式市場は、市場の本来の需給要因を見つければ下落は終わり、外国為替は円安に転じ、長期金利も上昇し始める可能性がある。