資産所有者に簡単になるための鍵1

日本人はもともと面子を意識する羞恥心が多い民族集団であると言われている。
現在の日本で街を歩いていると、若者はのんびりとしている。
他人を気にする事は殆ど無い。
失敗した会社で責任を取ることなく生き続ける経営者、他者に対する責任を強く求めている官僚や政治家の姿を見る近年、日本には「恥の文化」があったと言われているが、それは嘘としか思えない。

前置きは置いといて、この記事の目的は
私がした個人的な話ではない。
それはあなたの資産の話だ。
資産の「外観」とは、資産がどれだけ価値があるように見えるのか。
資産の本来の価値と、表面=価格で見られる価値からの相違の問題だ。

今、資産があるとしよう。
それは不動産、金融資産でも問題ない。
または、それらはその周りのものでも構わない。
だが、とりあえず不動産としておく。
東京に30坪の控えめな土地があったとしよう。
それは1999年の価格で約4000万円の場所だ。
住んでその土地に家を建てる。

急に価格が崩壊し、約2,000万円の半額まで減ったら、人生は変わるだろうか?
バブルで不動産を購入した人は他人事ではなかろう。
その人達は土地の担保として4000万円を借りることがある。
今すぐ負債を返さなければならない場合、それは深刻なものになるだろう。
担保が不十分なため、土地を手放しても借金を返済することはできない。
また、土地を置き換えるには多くの問題があるが、古い債務を返済しない限り、新しい借金は不可能だ。

2000万円に落ちた古い土地を売却し、2,000万円の土地を新たに購入するとのがいいはずだ。
借金を借りなくてもいいからだ。
それにもかかわらず、4000万円を返す必要があるので、2000蔓延の土地の売却価格では不足しいるので新たに2,000万円を借りる必要がある。
土地以外の資産を持たない一般人であれば、2,000万円を借りることはできない。
借りられても、それは住宅ローンに以上の高い負債になるだろう。
問題は大きく、それは現在の住宅代替の需要のなさに反映されているが、これを解決することができれば、再び不動産を購入する借金は、不動産を担保として新しいローンとして再分類され、債務額は4000万円だが、本質は全く変わらない。

問題はまた、お金を貸している方の組織から来ている。
銀行は、前の債務を返さなくても、担保の変更はない。抵当貸付金は4000万円に対して半分の担保しかない。
地価が崩壊すると不良債権になっている。
前からある4,000万円のローンに、担保資産を古い土地から新しい土地に変えられる場合は、銀行に追加的損失はない。
むしろ、所得税譲渡損失の繰越のシステムを使用することにより、税金を払う必要はない。2000万円の損失があるだけで、借り手の財政負担は、政府の財政予算からの補償により減少する。
なので住宅ローンが燃え尽きる可能性はそれだけ少なくなると考えられている。
あなたが借り換えの手数料を取った場合、それは銀行からの収入になるので、多くの肯定的な側面もある。

しかしながら、銀行などは技術的な問題を解決する力はないのが問題だ。
ローンを民間銀行借りる人よりも、住宅金融公庫から借りる人がもっといるかもしれない。
それはもっと悪質だ。
住宅金融公庫はお役所仕事しかせず、あなたが新しいローンを作ることができるとしても、借り換えなどの複雑な問題に対応できない。
制度上認められておらず、処理することはできない。
資産の価格が下落すると不便であるが、地価は下落したが、それは問題ではないが、対応するシステムはないが、それは問題だ。