円高が待ち望まれていたという理論1

金融市場は本当に恐ろしいものだ。
私が最初にこのタイトルのコラムを書くことを試みたのは何年も前のことだった。
当時は1ドル80円、日本のGDPがドル建てに転じたのは、人口の2倍で米国のGDPを克服する勢いがあったときだった。

当時、日本はすでに景気後退期にあったが、米国経済は好況を楽しんだ。
金利差はすでに広がっており、それが今行われれば円が非常に高く評価されるような状況ではなかった。
しかし、問題は、米国の貿易赤字が巨大であり、ラテンアメリカの通貨危機がアメリカ通貨の地位を脅かすと真剣に考えられていた。
世界は「ドルの崩壊」を信じていた。

私はこのタイトルの列を書くことを考えていた。
円高を恐れてはいけない。
高すぎるな円高はすぐに改訂されるかもしれない。
経済が円の価格が上がることで滅部とこはないろう。
経済が枯渇すれば、円は自然に止まるだろう。
だが、その逆は真実ではない。
円が下落すれば景気が自然に回復し、円安が止まるという保証はない。
このため、円安は円高よりも恐ろしい。
私の趣味である海外旅行のについての言い訳だ。
外国で消費を使っているのは正しいことなのか、そういうわけで私たちは自己正当化しようとした。

だが、この円安段階に達していれば、私は円高を待たなければならない状況になっている。
私がロンドンに住んでいるとき、購買力平価によって海外消費の合法性は既に消えている。
私の趣味である旅は、経済的に非合理的になっている。
私は何とか円に頑張ってもらいたい。
円高が良いかどうか、円安が良いかどうかはこれまで討論されている。
賛否両論なのは、両替の効果に2つの面があるからだ。

1つは経済への影響だ。
円安が進むにつれて、海外からの日本製品の価格は安くなり、輸出促進を通じて国内生産を活性化する効果がある。
一方、日本が輸入する製品の輸入価格は上昇するため、輸入は低迷し、その結果、通常、貿易黒字の拡大に努めている。
円高は反対の効果があることも知られているので、経済に悪影響を及ぼすことになる。

もう一つは価格への影響だ。
輸入価格を抑制することで円高はインフレ抑制効果を評価するが、円安は輸入価格を引き上げることになり、インフレに対する加速をもたらす。
現在のアメリカが引き続きドル上昇を望んでいると言っていることは、熱狂する国内経済によるインフレを抑制する目的のためである。

現在の日本は、国内生産能力に余裕があるため、インフレが加速している状況はなく、幸運なことに、輸入品は日本の輸入品とほとんど変わらず、主要商品市場とアジア市場も止まっているので輸入価格はあまり上がらない。
円が安くなっても物価が上昇するという懸念は少なく、短所はほとんどない。
一方、経済的な効果が期待される場合には、円安の可能性が高い。

言い換えると、今は、円安が適切な時期だ。
現時点では、円高を待ち望む理論が幾分おかしいように見える。

当然、世界の政治・経済情勢を考えると、日本都合で円安が認められるということではない。
アジアからは、輸出を活用して経済を再建したい多くの国がある。
そのような国は、日本に対する価格競争力を高めるために、自国通貨を下げることによって日本と戦わなければならないろう。
この繰り返しは、無限の通貨切り下げ競争になる。
このような競争を防ごうとすることは、まずIMFのような世界的な金融管理システムを構築する要因となっている。
ヨーロッパでさえ、経済回復の早い段階で、輸出を拡大したいと思っており、アメリカでさえも、経済が好景気であっても、歴史上最も拡大した貿易赤字を、私ずっと保持して将来のドル危機の火を持つようことは決して考えない。
日本が望んでも、他の国々は必ずしも円安を歓迎することはできない。
依然としてまだ許容範囲内にあるかもしれないが、まだまだに許されない。