日本よ頑張れ2

製造業が本当に問題があると言えば、一部の人には異議がある。
 その輸出収入の増加がある一方で、収入の伸びは減速し、株価はめったに上昇しない。
すべての国内経済が悪化した後、国内では売れないほどの輸出を強いられているようだが、私は、合計の結果ほど利益があまりないと思う。
ロンドンは、大企業のコスト削減圧力のために苦しんでいた中小企業の社長が自殺するというニュースを聞いている。
銀行の信用収縮が本格化し、弱い足を持つ企業は、ただ追い払われているだけだ。
 ある意味ではNOの問題は大げさだろう。

国際競争力の観点から、日本は優れている。
自信を持って言うことができる。
私はロンドンで思うことがある。
日本の製品は優れた性能を発揮する。
 電気機器および精密機械、自動車などでは、比較するのがより不器用だ。
欧米や西洋製品では手抜きっぽく、大雑把に作るために多くの問題があり、しばしば壊れる。
日本の製品は、過度の品質とも呼ばれる配慮を感じている。
しかし、価格は高くはない。

日本の会社は優れているだけでなく、日本人のスキルも世界を誇りにしている。
新聞には面白い記事があった。
それは自動車故障率の調査であり、トヨタの車は故障率が比較的高いと言われている。
内訳を見ると、日本からの輸入車の故障率は低いが、英国で生産されていた車は故障が多い。
イギリス人にとっては悪いが、日本は英国よりも質の高いようだ。

製造業の人々は自信を持って最善を尽くしたいと思っている。
、また、日本のサービス業界の人々に自信を持ってもらいたい。
サービスの質は、日本人により洗練されている。
レストランのお店はウェイターやごみをチェックする女性などがいて、日本は賢く楽しいと感じている。
家の修理、それが日本人なら、それは比較的に、私は正しく働いて帰宅するが、外国人は何度も読んでも来ない。
やっとやってきても適当に仕事をして家に帰る。
サービス料は高い。

イギリスが日本より優れているサービスといえば、安く、道に精通したタクシーだ。
イギリスで敢えて問題があるところを教えよう。
それは官僚的な部門になるだろう。
だが日本の官庁も官僚的で柔軟性がなく、公務員でなくても、公共部門は類似しているようだ。
イギリスででも同様。
逆に、国鉄は日本では民営化されており、民間のようにサービスが大幅に改善されているが、しかし、イギリスの国鉄はサービス精神がない。
最後は悪名高い日本の金融業界が残っている。

金融業界には後悔すべき点がたくさんある。
護衛システムによって保護された官僚的になり、前からサービス精神は低く、さらに、官僚監督当局の監督下でイノベーションを実施することができないため、欧米よりも劣化した部分がある。
バブル経済では、不動産ローンが並んで汚れていて、資産が不足していたため、体力も大幅に失われた。
失敗を反映した経営者はあまりおらず、着用を延期して変更を待つ間、合併やリストラを通じて体力を強化してきたヨーロッパとアメリカの違いは、はるかに大きくなっている。

時が変わった。
日本の金融業界を衰退させた原因の一つであった監督当局の力は、弱体化し始めた。
護送船団システムは弱い会社を守り、また強い会社の敵だった。
財務スキャンダルは、それは金融人にとっては悲しい出来事だったが、それは古い産業を打ち破るチャンスでもある。
一部の企業は、時々スキャンダルを粉砕したが、一部の企業は、経営陣をリフレッシュする機会をうまく利用することができた。
イノベーションを行った企業の中には、一部の企業は急速に変化するだろう。

アドマックス