袴田巖 殺人事件を起こした元プロボクサー1

袴田巖(1936年3月10日生まれ)は、1966年6月10日の大衆殺人事件で死刑判決を受けた日本のプロボクサーであった。
しかし、彼は間違って請求された疑いがあった。
彼は40年以上にわたって刑務所にいたが、今までに処刑されていない(日本は時には平沢貞道などの無罪の容疑者を犯したこともない)。
日本のボクサーは彼の無実を信じている。
2009年現在、彼は42年間拘留されており、日本では受刑者の中で最長の投獄されている。

異議判決は40年の沈黙を破る
キャサリン・マキノ - Ipsnews.net
2007年11月11日

東京都墨田区の熊本倫道氏は、「怒りの気持ちが強い」と語っている。
1968年、彼は3人の裁判官のうちの1人で、ボクサーに4人の家族殺害の罪で死刑判決を言い渡したが、その当時彼は無罪であると確信していた。
熊本容疑者は11月6日の記者会見で、「票が却下された。
他の2人の裁判官は、その男が無実であると信じる理由を主張する大量の360ページの文書を拒否した。
一年後、熊本は、彼の前に有望な未来の若い裁判官が抗議してベンチをやめた。

39歳の有罪判決を受けた男は、71歳の浜岡巖は、窓際の小さなセルで日本の死刑囚のまま残っており、警備員がいつ足場に向かうのか疑問に思う。
袴田はゆっくりと恋人の心を失いつつある。
記者会見で回覧された「無邪気な囚人を救いなさい」と題された小冊子で、東京の城西七星枢機卿カトリック枢機卿を確認した。
「巌の精神は終わりを迎えている。
熊本氏(70)が集まったジャーナリストに、「私は長年にわたる彼の裁判について考えてきた。

私はこのことに対して悲しみと失望を感じた。
今月、熊本は、報道陣と話をして沈黙を守っただけでなく、日本最高裁判所に袴田の再審を求める申立てをした。
検察側が袴田氏に対して提示した証拠は、有罪判決には不十分だと熊本氏は述べた。
「私は、彼が罪を犯していないと思った。
提供された5つの証拠は意味をなさない」検察官は、5つの血統の衣服を証拠として提供した。

1回限りのボクサーには合わない一組のズボンがあった、と熊本氏は語った。
彼は、「有罪判決は、犯人を告白した袴田にのみ基づいているが、狭い部屋で閉じ込められ、拷問された後、20日間告白された」と述べた。
裁判所は45件の尋問記録のうち44件を棄却した。
これは、本州中部の静岡県の大豆会社の経営者と3人の家族を殺害したことを認めたもので、自主的に捜査されたかどうかを問う。
しかし裁判官が合同判決に至った後に裁判官が発言権を行使することを禁じる秘密法を破棄して訴訟を起こす危険性がある熊本氏は、

「1966年12月の静岡地裁での裁判で、彼は自白を撤回し、彼が無罪だと主張した」と、すべての声明に「何も含まれていない」とまとめられていると付け加えた。
「私は日本に何が起こるかを世界に知らせなければならない」と熊本氏は語った。
「警察は、自白を取り除くために衝撃的で野蛮な手段を使い、それを失望させないようにする」彼の見解は、記者会見で講演した博多の弁護士の小川秀世氏の支持を得た。
小川氏は、「日本は1600年代から容疑者の扱いを変更しておらず、容疑者は人間として認められていない」と述べた。
司法制度は、記録されていない尋問のセッションで警察の捜査官に書かれた告白を得ることに主に基づいていた、と彼は言った。

これは、記者会見の後、最高裁判所がIPSに公式統計によって提供したものである。
昨年の全判決の90%以上には、それに付随する告白があった。
「あなたが無実ではあるが、犯罪で告発された場合、あなたを守るための保護手段はほとんどない。
警察は24日まで市民を拘束することができるが、午前中に尋問を開始したり、夕方に仕上げることができる時間に関する規則はない」と同氏は語った。
彼は次のように付け加えた。

「日本人は、検察官が誰かが有罪だと言うなら、それは真実でなければならないと信じている。」
小川は何人かの無実の人々が間違って有罪判決を受け、処刑されたと確信している。
彼は、1948年に熊本県の日照市で4人の家族を殺害して負傷したと非難された事件を想起した。
彼は数日の尋問の後に告白を求められた。
彼のアリバイを裏付ける証拠は無視された。

彼が30年以上刑務所に滞在した後、信念は最終的に覆された。
日本は、米国以外の先進工業国7カ国の唯一の加盟国であり、刑罰を維持している。
現在、熊本範道によれば、日本には執行を待つ人が104人いるという。
1946年から1993年の間に、日本の裁判所は766人を死刑に処し、608人を処刑した。
博多の再審請求は1994年に拒否された。

最高裁判所への上告審判の控訴は過去3年間は延期されている。
日本の死の行について
Charles Lane著 - 政策レビュー
2005年9月

袴田巌は有望なプロボクサーだった。
群衆は彼の名前を応援した。
今日では、唯一の人間との接触は刑務所の警備員と交わされている。