市橋達也 外国人女性のの英語教師をレイプし殺した男1

リンゼイ・アン・ホーカーさんの殺人犯である市橋達也が投獄された
日本人男性は、2007年に砂の入った浴槽で死んでいる英国の英語教師のレイプと殺人事件で刑務所に刑を宣告された。
市橋達也容疑者(32)は、東京近くの自宅で、コベントリー近郊のブランドン出身のリンゼイ・アン・ホーカーさん(22)を殺害したと認めたが、殺害を認めなかった。
彼はまた、英語教師のレイプを認めたが、誤って彼女を窒息させた後、彼女を復活させようとしたという。
ホーカーさんの両親は、彼らが正義を得ていると感じたと答えた。

彼女の父ビルさんは、ジャーナリストに次のように語った。
「私たちは、リンゼイのために正義を得るために4年半も待っていた。
「リンゼイは日本を愛し、あなたは彼女を失望させていない」と、日本の当局を参考に付け加えた。
自己執行の「手術」
ホーカーさんと妻ジュリア、被害者の姉妹であるリサとルイーズが水曜日に東京に飛び、千葉地方裁判所の裁判官が市橋に告訴された。

日本の法律の下では、彼は死刑を執行されていた可能性があり、以前はホーカー氏が判決判事に最高刑罰を適用するよう頼んだ。
堀田雅也判事は、過去の刑事犯罪歴がないため、市橋は死刑を執行されるべきではなく、32歳の時にはリハビリを受ける可能性はわずかであると述べた。
ホーカーさんは2007年3月25日、市橋にコーヒーショップで英語のレッスンを与えた。
ランニングに参加した市橋は、殺人罪を告白した書籍を出版し、自分の顔を変える美容外科手術の仕方を説明した。
彼の外見を変えようとした彼の試みは、彼が鼻で手術を受けた診療所のスタッフが疑わしくなり、彼を警察に通報した後、最終的に逮捕に至った。
ホーカーさんは、ノヴァ語学学校で英語を教えるために、2006年10月に日本を訪れた。

「暴力と縛られた」
リーズ大学の卒業生は、東京の東、市川市の市橋のアパートで死亡していたが、6か月も経たなかった。
市橋は、日本の警察が教師の暴力に縛られた身体を発見した後に姿を消した。
フラットのバルコニーの浴槽に裸で埋葬された。
彼は2009年11月に西日本の大阪市のフェリーターミナルで逮捕された。
7月4日、彼は裁判で、ホーカーさんを彼のアパートに誘い込み、レイプさせた後、隣人が彼女の叫び声を聞いて警察に電話するのではないかと恐れているため、彼女を絞め殺した。

彼は彼女を絞めることを覚えていないと主張した。
18年間ブランドンに住んでいたショーン・ムーアはBBCに、ホーカーさん家族を「視界で」知っていると語った。
「起こったときにはひどいショックだったし、私たちは家族の背後にあると思って正義が終わったのを見ている」と彼は言った。
ジョージ・フィッシャー(元ジョージ・フィッシャー、ミス・ホーカーさんの古い学校、ヘンリー8世キング・コヴェントリー)は、「ついに彼らはある種の正義を持っている」と家族に非常に満足していると語った。
「リンゼイが死亡したときに閉鎖するのに役立つかどうかは、私だけが望むことだ」とフィッシャー氏は語った。

日本人殺人犯、リンゼイ・アン・ホーカーさんの死刑囚-Roland Buerk著 - BBC.co.uk
2011年7月21日
これは、市橋達也が避けるために並外れた長さになった日だった。
2年半以上、彼は走っていた。
その時、彼ははさみとナイフで自分の顔を切り、外観を変えて逮捕を避けるために数回の整形手術を受けた。

しかし、正義は日本の最も望んでいる人に追いついた。
彼の裁判の1分ごとに、英国の夫人ビルとジュリア・ホーカーさんは、娘であるリンゼイを強姦し殺害したと非難された男からほんの数ヤード離れていた。
ホーカーさんの最後の時間と死の詳細を含む、事件のあらゆる言葉が、通訳によって彼らに伝えられた。
裁判官は、裁判官が有罪判決を出し、市橋に刑務所での生活を宣告した後、ホーカーさんはお互いを見て、うなずきた。

素足脱出
娘を日本に連れて行ったのは冒険の渇きだった。
老いた22歳と3人の姉妹のうちの1人で、彼女はリーズ大学を卒業する前にコベントリー近郊のブランドンで育った。
彼女は東京の端にある千葉で英語を教える仕事をした。
2007年3月、鉄道駅の前で、千葉大学で園芸学科を学んだ裕福な医師の息子である市橋(28歳)と初めて会った。

彼は会話を打ち、2人の他の先生と分かち合いた。
ある時に市橋は彼女に英語のレッスンを与えるように説得し、数日後にコーヒーショップで会った。
セッションが終了したら、彼はお金がないと言って、彼女にフラットに戻って何かを得るように頼んだ。
裁判所では、市橋はドアを踏んだ直後に彼女を強姦したと証言した。
ホーカーさんが行方不明になって警報が発令され、警察が市橋の席を呼び出すのに時間がかからなかった。

彼らは到着時にそこにいたが、裸足で逃げ出した。
役員が中に入ったとき、彼らはミス・ホーカーさんの体を見つけた - 傷つき、傷つき、縛られ、バルコニーに土と砂でいっぱいのバスタブに埋められた。
それまでに市橋は姿を消してしまいた。
彼の顔は、鉄道駅やその他の公共の場所のポスターから、全国の人々によく知られていた。
しかし、市橋はそれを変えることで長い間奪い取っていた。

彼は後に「逮捕まで」と題して出版された本で、唇を切断して薄くし、ナイフで顔をはっきりさせるように言いた。
彼は北部の青森から南部の小さな亜熱帯島であるオハ、第二次世界大戦のコンクリートバンカーに住み、野生の果物や魚、さらにはヘビを食べた。
彼は手術のために大阪のビルサイトで働いていたが、手術のための診療所を訪問すると、スタッフが患者の疑いを抱き、警官に新しい姿の写真を渡したときに元に戻すことが証明された。
2009年11月、日本のメディアに公開され、広く公表された。
一週間も経たないうちに、大阪で一般市民に認められ、沖縄へのフェリー乗りを待っていた。
彼が逮捕された。