朝倉幸治郎 女性と子供をハンマーと斧で殺した死刑囚

朝倉容疑者(66)は、1983年6月27日の夜、東京の女性と3人の子供を殺害し、ハンマーで殺害した。
彼は女性の夫を待って斧で殺した。
家族はオークションで購入した朝倉家に住んでいた。
彼は移動を拒否したので、彼らを殺すことを決めた。
朝倉は東京拘置所で処刑された。

2001年12月27日
日本は、木曜日の朝、男性死刑囚を拘束した。
日本は13カ月ぶりに死刑を言い渡し、小泉純一郎首相の就任後は初めてとなる。
1983年に東京で5人の家族を殺したとして有罪判決を受けた旧資産評価家、朝倉浩二郎(66)は、東京収容所で処刑された。
彼の死刑判決は、最高裁の控訴拒否の後、1996年に確定した。

朝倉容疑者は、東京の練馬区にある家族の家で白井昭容疑者(45)、妻、夫婦の息子、娘二人を小学校に殺し、1983年6月に3人を逮捕した。
不動産鑑定士は、東京地裁のオークションで不動産に入札した後、家族が住んでいた住宅と土地を再販する契約を結んだ。
判決によると、不動産仲介業者への不動産譲渡の差し迫った期限にもかかわらず、シーラが家を空けなかったため、朝倉容疑者は家族を殺害した。
弁護士の弁護士は、朝倉容疑者は強い圧力を受けて無罪判決を求められたため狂気の状態にあったと主張したが、裁判所は彼には通常の判断能力があると判断し、残虐な犯罪に責任を負うべきだと主張した。