古沢友幸 妻と義父母と息子を殺害した家族殺人者

最高裁判所は22日、横浜市内の妻と両親の両親を殺害し、2002年に死刑判決を受けた42歳の男、古沢友幸の控訴を棄却し、罰金を確定した。
判決を伝えたのは、裁判長である甲斐中辰夫氏。
釈放された妻の雅子さんを離婚しようと思っていたからだ。
その時の両親の家。

11月16日(金)、横浜地裁と東京高等裁判所の判決によると、2002年7月31日の前夜に、横浜の自宅で妻の正子さんを車に乗せて富山県に駆けつけ古川友幸が妻の両親、宇治川正義さん(71歳)、文子さん(63歳)、息子の勇輝くん(12歳)を殴った。
被告人を殺害する予定がないという理由で死刑判決があまりにも重いことを弁護人は以前に思い出していた。
死刑の執行を支持する

水曜日、2005年5月25日
東京高等裁判所は、12歳の義理と妻の両親を殺害した男の死刑判決を支持した。
裁判長は、古沢友幸(40)が、7月31日の午前、横浜の被災者の家で、息子の勇輝くん、義父の宇川雅義さん、義母を63回殴打したた
古沢氏は妻の正子さんを車に乗せたと裁判所に伝えた。
彼女は2002年6月に息子を抱き、両親と一緒に引っ越したが、古沢氏は彼女を虐待した理由で離婚を求めていた。

古沢容疑者が殺害しようとしていなかったという弁護側の議論を却下した裁判官は、犠牲者の身体の一部を武器で狙ったという証拠があることを指摘した。
被告人が間違って何もしなかった3人を殺害した、非常に残酷な犯罪がある。
防衛庁はまた、古沢氏は犯行時の重大な障害のために責任を負った状態にあると主張した。
しかし、裁判官は、古沢は警察の質問を受けたときに何をしたのかを明確に記憶していると言って、「精通している」と結論づけた。
残虐な三重殺人者は離婚について話したかった-毎日新聞

2002年8月5日
妻の両親と息子を殺害した逮捕者は、妻を離婚させて離婚を試みた後、犯行を認めたことを認めているという。
調査官は、彼が所持しているナイフとロープを見つけた後、彼が犯罪をどのくらい計画していたかについて彼に訴えている。
その男、古沢友幸(37)は、妻を誘拐し、神奈川県と東京の間で無計画に運転し、富山へ向かう。
逮捕されたときに同グループのメンバーであったグループのメンバーであった古沢氏の妻38人は保護拘禁された。

妻と息子を離れて暮らしていた古沢は、火曜日の夜遅く、水曜日の午前中に、妻子さんと離婚を考えて田子庫に侵入した。
彼は、息子とが目を覚まして叫んだ後、彼はそれらを刺した。
彼は神奈川県と東京の間を無謀に運転し、以前は一度も住んでいなかった富山に向かいた。
彼は明らかに目的地を事前に決めていなかったようだ。
古川は2年前に正子さんと結婚し、正子さんのアパートから約500メートル離れたアパートに彼女と息子と住み始めた。

3ヶ月前に、正子さんと勇輝くんはアパートを離れ、両親と一緒に暮らし始めた。
正子さんは7月15日に鈴木警察署を訪問し、夫が2年前に彼女を殴ったと警官に訴えた。
古沢氏は先月末に横浜に本拠地を置く不動産会社を辞任したという。
「彼は理由を明確にしなかった。彼は勤勉なセールスマンだった」

アドマックス