藤井智洋 無職の老人男性をナイフで刺し殺した

血まみれの殺人者は第2のスリルを殺す-毎日新聞
2003年12月10日
7月に年金受給者を殺害したことを認めた東京都の男性は、2000年に犯された同様の冷血殺人事件に告発されたと報じられた。
藤井智洋は、板橋区の公園で何十回も刺殺して挑発することなく、斎藤寅一さん(76)を殺害し、11月から警察に拘束された。
それ以来、29歳の失業者は、2000年9月、玉田晃一を残虐に殺した責任を主張したと伝えられている。

斎藤容疑者との類似点のため、尋問官は67歳年金受給者は、公園からわずか3キロ離れた東京の北区にある自宅の近くで、刺し傷で詰まった死体が見つかった。
藤井容疑者は、「北区の事件を担当している」と警察によると、"警察は最初の殺害の後私を取得しなかったので、私は別のものを殺害した。
警察は、北九州市の藤井さんは、公園に犬を預けている傍ら、斎藤を強打し、18日午前中に死亡するまでに20回以上刺すと述べた。
玉田は2000年9月5日の北海道の北区通りに十数回刺されて死亡した。
どちらの場合も、犠牲者から何も盗まれなかった。
調査官らは、藤井の訴えを取り戻すため、証拠を照合している。殺人容疑者が死亡した可能性がある

2003年2月11日火曜日
7月に東京で殺人罪を犯した29歳の男性が、2000年に殺害と関連して新鮮な令状を出した、と警察は述べた。
藤井智洋は、捜査当局に「弱いと思われる人を対象にしている」と話しているという。
赤羽警察署によると、藤井容疑者は玉田晃一容疑者(67)を2000年9月5日に北区の犠牲者宅の前でナイフで殴った。
玉田は胸に30倍以上刺され、体のどこかに刺された。

藤井容疑者は、「玉田氏を見つけたときに殺す人を探していた」と話した。
死刑執行の直前に、地域の住民は、車両のタイヤが削られたことを警察に訴えていた。
藤井容疑者は警察にも責任を負っていると話している。
藤井容疑者は、7月18日に隣の板橋区の斎藤寅一(76)を殺した疑いで逮捕された。
斎藤は公園で散歩をしていた。

2人の犠牲者が3キロも離れていて似たように見えたため、藤井容疑者は北区の殺人事件の背後にいた。
両方の殺害で、被害者の遺物はそのまま残っていたようだ。
「弱く見える人をターゲットにしていたが、板橋殺人で逮捕されなかったとすれば、もっと人を殺したかもしれないが、その意味で安心している」と藤井は警察に言い渡した。
逮捕された殺人者は二番目の被害者-毎日新聞

2003年2月10日
殺人罪で逮捕された男は、二人目の犠牲者を殺害したと認めて、誰かを「切り刻む」と言いた。
29歳の男性、藤井智広さんは、2000年9月に東京の北区で道路にひどく刺されて死亡した玉田晃一さん(67)の殺人事件で新鮮な逮捕状を受けた。
「犠牲者を探していたとき、私は酔っ払った玉田を見つけ、ナイ​​フで刺した」と藤井教授は言う。
「私が逮捕されなかった場合、後に他の人を殺したかったかもしれないが、私は今逮捕されて安心している」

藤井容疑者は、2000年9月5日午前1時40分ごろ、玉田容疑者がタマダ市の自宅のアパートの外に顔や胸に13回タマダを刺したと報じた。
藤井容疑者は、2002年9月に、76歳の寅市同年7月に東京の板橋区の公園を歩いている間、斎藤は刺された。
警察は、2人の殺害の間にいくつかの類似点があることに気付きた。
犠牲者は両方とも高齢者であり、両方ともに複数の刺傷があり、いずれの場合も金銭が奪われないった。
彼らは玉田の殺害について藤井に疑問を呈したとき、犯罪に同意したと伝えられている。

警察は、藤井容疑者の証言が犯行の詳細と一致し、妻がアパートから奪ったナイフは、玉田容疑者の殺害に使われたものと一致していると語った。
藤井容疑者は斎藤の殺人事件について疑問を呈したとき、弱い犠牲者を選んだと警察に伝えたという。
藤井容疑者は、「私は誰かを殺す強い衝動があり、私よりも弱い高齢者に行きた。
彼は玉田を殺害した直後に逮捕されなかったため、別の人を殺したと警察に伝えたという。