日高広明 受験に落ち賭博をした殺人タクシー運転手

日高広明(1962年4月- 2006年12月25日)は、 日本の連続殺人犯だった。
日高はもともと大学を目指す学生だったが、彼の目標とする大学である筑波大学には入学でこなかった。
代わりに福岡大学に入学したが、結局脱落した。
彼はしばしばお金を借りて飲んでキャバクラやギャンブルに行きた。
1989年4月、彼は広島に移り、タクシー運転手として働き始めた。

1991年に結婚し、1993年に娘がいたが、妻は精神病院に入院した。
彼は1996年4月から9月にかけて4人の売春婦を殺害した。
被害者の1人は16歳の少女だ。
彼は1996年9月21日に逮捕された。
彼は24万円を奪ったが、12万円を支払ってセックスをしたので、実際には12万円を奪った。

広島の地方裁判所は、2000年2月9日にヒダカを死刑判決し、控訴しなかった。
彼は2006年12月25日にぶら下がって処刑された。
広島地方裁判所は、96年に4人の女性を殺害したタクシー運転手に死刑判決を下した。
日高広明容疑者(37)は、同乗者でタクシーで初めて犠牲者を絞め殺した。

現金50,000円を払った後、彼は16歳の高校生の宮地里枝さんを広島県朝霞町の沼田町に葬った。
最初の殺人事件は4月に起こり、8月と9月に同じように3人の他の犠牲者を絞殺し、広島の様々な場所で遺体を埋葬した。
宮地里枝さんの場合と同じように、彼は犠牲者の金額を52,000円から82,000円まで盗んだ。