織原城二1 英国の女性を強姦し殺害した薬物中毒者

織原城二、1952年生まれ、大阪府は、2000年の夏に英国のホステス・ルイス・ブラックマンさんと1992年にオーストラリアのカリタ・リッジウェイさんの2人の女性のレイプとその後の死亡で非難された有罪判決を受けた強姦者であり、他の6人の女性の被害者がいる。
彼の若い頃、彼の父親はスクラップ・コレクターからタクシー運転手まで、パチンコ・パーラーの列の巨大な裕福なオーナーにだった。
15歳で、慶応義塾大学が所有している卒業証書で、大学入学を保証する有名な私立高等学校に入学した。
2年後、父が死んだとき、彼は大阪と東京の持ち株を引き継い。
慶応義塾大学を卒業して政治と法学の学位を取得した後、彼は帰化した日本人となり、合法的に彼の名前を尾張城二に変えた。
1980年代後半と1990年代初めに、織原は不動産投機に大きく投資した。

バブルが破裂して会社が崩壊したときの彼の運命を失った後、彼はヤクザ・シンジケート、住吉会のマネー・ローンダリング・フロントとして彼のビジネスを利用したと伝えられている。
そのうちの4,000〜5,000件が警察に回収されたポルノのビデオコレクションは、警察に150〜400人の女性をどこからでもレイプさせたと信じていた。
快楽麻薬使用者である彼は、白人との妄想があると報告され、無意識の女性を虐待するためのセックスフェチを開発した。
警察は、このような方法で女性を虐待する織原を含む200のセックスビデオを発見し、時には顔面マスクを着用し、彼の広範なジャーナルが「征服遊び」に言及したと報告している。
彼はそれをクロロフォルムで麻薬にして "世界に復讐"を求めた。


ルーシー・ブラックマン(1978年9月1日 - 2000年7月1日)は、東京の六本木でホステスとして働いていた英国の女性だ。
ブラックマンさんは以前はブリティッシュ・エアウェイズ(イギリスの航空会社)の乗組員として働いていたが、世界を見るために日本に来た。
彼女が消えた時、彼女は六本木のナイトクラブであるカサブランカの熟女バーで働いていた。
彼女は死の時に21歳だった。
ブラックマンさんの不思議な死と消滅、そして織原の裁判は、日本だけでなく国際的に、特にイギリスのメディアでも高い報道を受けた。

事件を取り巻く広報の結果、3人の外国人女性が前夜の記憶を持たずに、覚醒し、痛みを伴う病気を説明した。
そのうちのいくつかは、彼が六本木警察に通報したが、無視されていたことが判明した。
7月1日に、ルーシーさんさんはカサブランカからの顧客と支払日を行った。
誰も彼女から再び聞いたことはない。
ルーシーさんを探していたブラックマンさんの家族は、東京に飛んで、当時東京にいたロビン・クック外務大臣に近づくなど、率直な直接メディアキャンペーンを開始する機会を得た。

新聞は、7月13日にトニー・ブレア英首相が日本を公式訪問した際に、森喜朗首相と会談した際にブラックマンさんの失踪を宣伝し始めた。
2001年1月10日、東京の南約30マイル、神奈川県三浦市の海辺の洞窟にある黒い砂の墓に埋葬された。
体は8個に切断されていた。
彼女の頭は剃られ、コンクリートに包まれていた。
体の発見は遅すぎて死の原因を特定でこなかった。
彼女の名前で個人の安全を促進する信託が確立された。

犯罪
2000年10月に、織原は逮捕され、ルーシー・ブラックマンさんと1992年に死去した21歳のオーストラリア人モデルカリタ・リッジウェイさんの薬物乱用、レイプ、殺害を訴えられた。
彼は6人の他の女性を強姦した。
起訴によると、彼は神奈川県逗子市のマンションで彼女を強姦する前に、ルーシーさんに薬物を含む飲み物を飲ませた。
彼女はその後死んだ。

織原は無実を維持しており、彼女が死ぬ原因となった薬物は自己管理されていると主張している。
ルーシー・ブラックマンさんの父親ティムさんは、ミミキンで450,000ポンド(または弔慰金)をジョージ・織原の友人から受け取った。
家族の他のメンバーはお金の受け入れに反対していた。

試行と判決
織原は麻薬を授け、ブラックマンさんを殺し、強姦し殺しただけでなく、他の6人の女性を殺し、殺害した。
2007年4月24日、織原は複数のレイプ犯罪と1回の殺害で人身売買されたが、ブラックマンさんのレイプと殺人の罪を免れた。
彼の罪悪感を支持している証拠には、レイプ活動の約400件が含まれていた。
カリタ・リッジウェイさんの殺害罪のために、検事は、リッジウェイさんの肝臓にクロロホルムの痕跡を示す剖検報告書を作成し、被告人がリッジウェイさんを死亡させる前に同病院に同伴したことを示す証拠を示した。

しかし、ブラックマンさんの場合、検察官は被告人を彼女の死に結びつける法医学的証拠を提出することはできなかった。
彼女の死の原因さえも決定でこなかったが、裁判官は、判決を言い渡した際に、彼は多くの犠牲者に「慰安金」を支払うことを大統領に委ねなかったと述べた。
日本の司法制度は、その事件の取り扱いに関していくつかの批判を受けている。
ルーシーさんは、女性がしばしば予告なしに逃げる仕事で不法に働いていたため、警察はこの行方不明者を真剣に受け入れなかったと考えられている。
その結果、体の発見が遅すぎて死の原因を突き止めることがでこなかった。

3人の裁判官のパネルによる判決は、無罪の理由としての法医学的証拠の欠如を挙げている。
コモンロー諸国の一部の外国メディアは、事件の際にミスリリアを引き起こす可能性のある情報を報道機関に漏らしたことを警察に批判した。
しかし、日本の民法制度はその当時、陪審員を使用していなかったので、これは誤解の理由にはならない。
検事長土本武史(白銀大学法学部教授)は、事実上の証拠による林真澄氏の有罪判決を指摘し、ルーシー・ブラックマンさんの殺人事件で大原城二氏を釈放することを批判した。
検察官はブラックマンさん関連の判決を上訴し、2008年3月25日に東京高等裁判所で上訴裁判が開始された。
東京高等裁判所は、2008年12月16日に織原が有罪判決を受けたことを認めた。