織原城二2 英国の女性を強姦し殺害した薬物中毒者

ルーシーさんは2000年7月に神秘的に姿を消した。
一年後、神奈川県三浦市の浜辺の浅い墓に埋葬された遺体が発見された。
彼女は体の回復の時に21歳だった。
不動産開発者の織原城二は、ブラックマンさんの麻薬、レイプ、殺害、6人の他の女性のレイプ、オーストラリアのキャスター、リッジウェイさんの殺人容疑で逮捕された。
2007年4月24日、6年間の裁判の後、織原はレイプと殺そうとした数のために命を刑されたが、ブラックマンさんに関するすべての告発は無罪となった。
しかし、検察官も弁護人も、この判決に対して控訴している。

背景と消滅
ブラックマンさんは以前ブリティッシュ・エアウェイズの乗組員として働いていたが、長距離路線に疲れて日本を訪れ、世界を見た。
7月1日、ルーシーさんは カサブランカからの客とドハーン(有料の日)を行った。
ルーシーさんが誰とも分かち合わなかったこの男は、ビーチに近いレストランに同行するなら、プリペイド携帯電話をプレゼントしていた。
彼女のルームメイトのルイズ・フィリップスは、ルーシーさんが去った時、彼らの6畳の部屋でまだベッドにいた。

ルイズさんさんはルーシーさんがサンダルと黒いワンピースのドレスを着用しているのを彷彿とさせる。
彼らはその日の夜、お互いを米航空母艦USS キティホークに駐留するアメリカ海兵隊員だったスコット・フレイザー(ルーシーさんの彼氏)と共に見た。
ルーシーさんはその日に3回ルイズさんに電話をかけた。
最初は1:30に彼女は昼食の日に会い、5時には「私は海に連れて行っている」と言った。
最後に7時に言った。
 「30分後に戻る。」

彼女は数分後同じメッセージでスコットさんに電話をかけた。
翌日、フィリップスは、太いアクセントで話をし、自分自身を高木明と特定した男性から電話を受けた。
彼は彼女に、「ルーシーさんは新たに昇進したカルトに加わった。
彼女は安全で、千葉の小屋で訓練している」と語った。

検察は、この電話は、織原城二が購入したプリペイド携帯電話に追跡され、電話をかけたとしている。
ルーシーさんを探していた彼女の家族はす​​ぐに行動を起こした。
7月12日まで父親は到着しなかったが、ルーシーさんの妹ソフィーさんは7月4日に東京に飛行機でいた。
後の報告とは異なり、ソフィーさんと父親のティム・ブラックマンさんは、2週間以内に40名以上の役員を捜査した警察の調査に満足していると語り、直面したのはメディアキャンペーン当時東京にいたロビン・クック外相。
新聞は7月13日、ブラックマンさんの失踪を宣言し始めた。

トニー・ブレア英首相は、日本を公式訪問し、小泉純一郎首相と会った。
検察は、7月20日、麻布警察署は、ブラックマンさんが書いた手紙を受け取り、自ら消滅したと述べた。
次の月に同様の手紙が届く。
ブラックマンさんの事件は、英国と日本のメディアに大きな報道を受けた。
その理由の1つは、ブラックマン家の直接行動のためだった。
英国の出身者による情報ホットラインと報酬の提供による東京オフィスの設立匿名の事業者によって£100,000に引き上げられた。
しかし、ブラックマンさんは、日本の水産物商人(文字通り「水取引」)に雇われていた最初の外国人女性は消えてわなかった。
日本の上院議員で女性議会議員の名を冠する福島みずほは、多くのアジアの女性は以前は気がつかなかったが、「白人の女が姿を消したというニュースだった」と指摘した。

織原城二
2000年7月6日、ブラックマンさんが最後に聞いた5日後、警察は三浦半島の海岸沿いにある小倉城二のマンションの管理者から電話を受けて、ユニット内で多くの騒音を出していたテナント前日。
警察はその晩、アパートを訪れ、織原を見つけた。
警察官はアパートの周りを見る許可を求め、セメントの塊が入り口付近とアパートの周りに散らばっていた。
役員はまた、部屋のかさばる袋に気づき、園芸鍬のように見えた。

これについて尋ねられた、織原は、彼が "タイルを取り除いていた"と言いた。
織原は、役人がバスルームへのアクセスを要求したとき、「お前はすでに十分見た」と言った。
さらに疑問に思うと、彼は激しく激しくなり、将校は最終的に去った。
しかし、現時点では、警察はブラックマンさんの失踪に気づいていなかったし、織原を疑う余地もなかった。
報道があったため、ブラックマンさんが東京に設立したホットラインにリードが流れ始めた。

3人の外国人女性が著しく似たような話をしてきた。
ここ数年のうちに六本木のホステスクラブで働いていて、裕福で服を着た日本のビジネスマンと一緒に海辺のレストランに行った。