西口彰 映画になった小説のモデルになった殺人詐欺師

西口彰、1925年12月14日- 1970年12月11日は、 日本の連続殺人犯と詐欺師だった。
彼は5人を殺し、自信を持って詐欺に従事した。
自信を持って詐欺に従事している間に、彼は二人を殺し、指名手配リストに載せられ、逃げ出しながら三人を殺した。
彼の犯罪は、詐欺は必ずしも連続殺人に関連しているとは考えていなかったので、日本の警察に衝撃を与えた。
警察はまた、11歳の少女が彼を見つけられる前に彼らが西口を見つけられなかったことを後悔した。

検察は彼を「歴史上の金メダリスト」と呼んだ。
ローマカトリック教徒で、彼は1966年8月15日に最終的な訴えを取り下げた - メアリーの前提。
彼は1970年12月11日に処刑された。
佐木隆三は映画『復讐 するは我にあり』の基礎となった西口についての本を出版した。

西口彰 - 日本
ベストセラー、賞を受賞した「ドキュメンタリー小説」とそれから作られた映画は、1963年後半に78日間にわたり犯罪行為を行い、5人を殺害した西口彰の物語を語る。
この本と映画「復讐 するは我にあり」は、殺人の前に犠牲者を騙し、強奪して奪った日本の連発殺人犯の犯行を正確に描写している。
2人の男性を殺して750ドルを奪ったあと、彰は走った。
彼は慌ただしく、浜松の安いホテルで5日間2回過ごし、1963年11月18日、ホテルの女性経営者と母親を絞め殺した。

その後、12月29日に強盗殺害された東京の高齢者弁護士と結婚した。
彼は最終的に、全国で上映された50万枚のポスターを見た11歳の女子生徒に認められた後、九州に引っ越された。
彼は金曜日に、1970年12月11日、45歳で絞首刑になった。