性的サディストの恐怖4 性的興奮とは無関係な残虐行為

サディストよって行われた、または想像されたサディスティックな行為は、しばしば、他者の性的または心理的支配に対する欲求を反映している。
これらの行為は、身体的に有害ではない行動(例えば、顔に排尿されるなど)、犯罪行為および潜在的に致命的な行為にまで及ぶ。他人に屈辱を与えることが目的である。
支配の行為には、手錠、かご、鎖、ロープを使用してパートナーを拘束または拘禁することが含まれる。性的サディズムに関連するその他の行為や妄想には、スパンキング、鞭打ち、燃焼、電気ショック、噛みつき、排せつ、強姦、殺人等がある。

極端な場合、性的サディズムは他の人にとって重大な傷害または死亡につながる可能性がある。
DSMに よると、 これらの致命的な結果は、パラフィリアが重度と診断されたとき、反射的社会的人格障害に関連する可能性が高い、精神病性症状を含むことがある人格障害である。
犯罪中の虐待

多くの犯罪には残酷な要素が含まれているが、その行為は必ずしも性的にサディスティックではない。
被害者を殺すというのは、金銭欲、恨みを晴らすための復讐、宗教、政治、戦争など様々な動機があり、性的興奮はその一つにすぎない。

事例:最近、州の刑務所から逃亡した2人の男性が、若いカップルを捕獲し、隔離された地域に連れて行った。
女性を繰り返しレイプした後、彼らはひどく夫婦を殴り、車のトランクに閉じ込めた。
彼らは車を燃やして、カップルを燃え尽きさせて死に至らせた。

これらの男性は故意に犠牲者の身体的、心理的苦痛を与えたが、性的興奮のためにそうした兆候はなかった。
彼らは強姦の後に夫婦を殴って、犠牲者たちが助けを求め叫んでいる間に逃げた。
もし彼が性的なサディストなら、犠牲者の苦しみによって性的に刺激され、苦しみが終わるまで現場に残っていただろう。

病理学的グループ行動

残虐行為は、たとえ個人が虐待の歴史を持たない場合でも、突然発生することがある。

症例:青年のグループが、彼女の近所を歩いて6人の母親をを殴って、彼女の直腸に繰り返し長い棒を挿入し、小屋に彼女を引きずこみ、殺した。
彼には前科はなかった。

おそらく、この攻撃の参加者は、残虐行為を強化することによって他の人たちに自分自身を証明しようとしたのだろう。

残酷事件史

歴史は恐怖の治世に満ちている。
中世の十字軍における敗北した人口のレイプと略奪、植民地アメリカでのセイラム魔女裁判を考えてみよう。
残虐行為の最も悪名高いこの二つは、何百万人もの人々がナチスの犠牲者になった20世紀に発生した。

事例:ブーヘンヴァルト(Buchenwald)強制収容所を率いたコーク(Koch)司令官は、木箱に隠れ逃げようとした男を罰した。
彼はそれから、動きを封じられた。
彼の悲鳴が人間に聞こえなくなるまで、2日間、食事なしで一般公開された。

おそらく、性的サディストはそのような行為を行うためにボランティアを行ったが、このような虐待行為の普及は政治的、人種差別的な動機づけだった。

残酷な復讐

残虐行為は、復讐のために行われることもある。
現実の事例以外にも、妄想による復讐も存在する。

症例:医師はショーガールと結婚したが彼女が浮気をしているであると思い込むようになった。
しかしこれを実証する証拠はない。
結局のところ、彼の強迫観念は理性を吹き飛ばし、彼女をテーブルにぶつけた後、体と顔に硫酸を注いだ。
彼女は84日間の苦しんだ。
彼の行為は性的に満足感を与えるようことはなかった。

尋問中の拷問は正規を傷つけられることがあり、性的にサディスティックなものと誤って解釈されることがある。

事例:政府機関員が別の国に拘束された。
拘束された数ヶ月の間、彼は身体のあらゆる部分、さらには性器まで、クラブでの殴打や電気ショックを含む物理的な拷問を受け続けた。
性的興奮を高めるためではなく、その国での政府の活動に関する情報を入手するために拷問した。

死後の犠牲者の意図的な切断は、すべてが性的サディズムに起因するわけではない。
これらのケースの大半は、犯罪者が被害者を迅速に殺し、苦痛を長くすることはしない。
これは性的なサディストの行動とは全く対照的だ。

事件:父親が娘を殺した。
彼女の死体を処分しようとした。
彼は死体を解体するためにフードプロセッサーを買った。
冷蔵庫に残っている死体を見つけた。

娘は父の慢性の精神疾患によって引き起こされた破壊衝動のために殺された。
彼の行動は、娘が苦しむのを見て性的満足をもたらすことはなかった。

アドマックス