麻原彰晃(オウム真理教)15 オウムの教義

現在アレフ(Aleph)として知られているオウム真理教は、麻原彰晃が創設した日本の宗教団体だ。
オウム真理教の後継団体であるAlephは、1999年の上記残虐行為を非難し、特別補償基金の設立を含む政策の変更を発表した。
坂本家の殺人事件などの事件に関与しているメンバーは、アレフに加入することができず、グループによって「元メンバー」と呼ばれている。

同グループは1995年、いくつかの追随者が東京地下鉄でサリンガス攻撃を実施した際に国際的な名声を得た。

オウムとはヒンズー語の音韻オウム(宇宙を表す)である。
2000年に組織はその名前を「Aleph」(ヘブライ語とアラビア語のアルファベットの最初の文字)に変更し、ロゴも変更した。

1995年、日本には9,000人、世界には4万人の会員がいた。
2004年現在、オウム真理教/Alephの会員数は1,500〜2,000人と推定されている。

教義

オウム教義の核心は、テラバダ仏教のパリス・キヤノンに含まれる仏教の聖典だ。
また、チベット仏教の経典、ヒンズー教のヨガ聖堂、道教の聖書など、他の宗教的なテキストも使用されている。
しかし、オウムが仏教徒集団であるかどうか、あるいは「終末論的カルト」のような他の定義を適用するかどうかに関する論争がある。

基本

新しい宗教運動の学者の中には、オウムの教義をさまざまな伝統の粋であると見なし、その見解を正当化するさまざまな理由が挙げられる。
おそらく最も議論が広まっているのは、オウムの追随者が崇拝している主な神は、破壊の力を象徴するヒンズー教の神であるシヴァ(Shiva)であるという考えだ。
アレフの主シヴァ(普賢菩薩、法身普賢、(チベット語ではクンツサンポ、サンスクリット語では、サマンタバドラ)、または法身普賢とも呼ばれる)は、チベットの密教の伝統から派生し、ヒンドゥー教またはインド神話の破壊神シヴァとの関連性はない。

アレフの教義においてキリスト教がどのような役割を果たしているかについての論争もある。
なぜなら、それは麻原彰晃のスピーチや書籍の中には言及されていたからだ。
尊師麻原は、「様々な仏教徒やヨガの学校が異なるルートで同じ目標を導いているが、目標は同じだ」と主張し、世界の主要な宗教が密接に関連していると主張して、オウムの教義を「真実」と呼んだ。

「真の宗教」は、その道を提供するだけでなく、それに続く人々の違いによってかなり異なるかもしれない独自の特定の「道」によって最終的な目的地に導かれるべきである(宗教用語「最終実現')。
このようにして、現代の日本人やアメリカ人の宗教は、古代インド人の宗教とは異なるだろう。

観客に合わせてカスタマイズされた宗教があるほど効果的になると、麻原は主張した。
彼の他の確信は、弟子が誰から学ぶかを決めると、究極の目標である啓蒙主義とは異なる「ルート」間の矛盾から生じる混乱を加えないように焦点を当てるべきだということだった。
麻原は、これらの視点を支えるインドやチベットの宗教的な人物を引用した。

仏教の影響

オウムによると、最終実現(釈迦牟尼の言葉では、「すべてが達成され、達成する価値のあるものはない」という言葉)に至る道筋には、開業医の意識を高めていく小さな啓発がたくさんある。
その「真の自己」(または「アトマン」)に近づくことによって、より知的で「より良い」、より発展した人にすることだ。

麻原は、仏教の道を最も効果的だと信じていたので、アーマ教義の基礎としての釈迦の説教を選んだ。
そして、中国体操(全体的な身体の健康を改善すると言われている)やヨガのアサナ(瞑想の姿勢を保つための準備)など、他の伝統の要素を加えた。

彼はまた、伝統的な仏教の用語の多くを現代の日本の言語に翻訳し、後で言葉を変更して、覚えやすく理解しやすい用語を混同しないようにした。
彼は、古代インド人の教育を受けたエリートの言葉を理解できない普通の人たちに説教をさせるために、サンスクリットの代わりにパリを選んだ釈迦を参照して、彼の革新を擁護した。

オウムの教義は3つの主要な仏教徒の学校、すなわち、個人啓発を目的としたザラヴァダ、他者を助けることを目的とした大乗車、マハヤナ(秘密のイニシアチブを含む「ダイヤモンド・ビークル」)秘密のマントラ、高度な秘密の瞑想)。

彼自身の著書「イニシエーション」で、彼はパタンジャリの有名なヨガサトラによる啓蒙の段階を仏教の貴族の8つのパスと比較し、これら二つの伝統が異なる言葉では全く同じ経験を語ると主張する。