新世界秩序とキリスト教教会1

私たちはしばしば、「サタンが人間が牛のようにバーコード化され、自由と権利をすべて失う「新世界秩序」を構築しようとしている」と主張するクリスチャンのヒステリックな怒りを聞く。
このNWOは、「一つの世界共産主義国家」と言われている。
キリスト教は、サタンが人間性に反して自ら賛成しない、あるいは現実には犯していないことすべてを非難した歴史がある。
この記事は、欺かれた個人を真っ直ぐにするために書かれている。
十分な研究と簡単な常識をもって、サタンはこれとは何の関係もない。
ユダヤ教徒/キリスト教徒のインスピレーションを受け、カトリック教会、教会の世界評議会(ほとんどのプロテスタント教会が属し、支持している)は、共産主義のユダヤ人プログラムを進めることへの貢献の大半を集め、これらの目的を達成するためには神秘的な力を濫用する最上位のレベルにある。
もちろん、絶え間なく責任が変わることで、欺かれたキリスト教徒から聞こえることがよくある。
「それは私の教会ではない!!」プロテスタントはカトリック教徒を非難する。
彼らの宗教が多くの点で平行カトリック教徒であり、すべてのキリスト教徒がその起源を持っていたという事実を完全に無視している元のキリスト教教会 - カトリック教会。

要約すると、悪魔主義は人々に制限を課すものではない。
サタンは個性、自由、人類の進歩を主張する。
サタンはいくつかの信じるように、混乱を表すものではない。
彼はこれを理解するために彼を知る必要がある。
サタンは非常に一貫している。
サタンは自由と反乱を意味するものであり、ユダヤ人が支配的なNWOではなく、数だけになって「使い捨ての人間」と呼ばれる異邦人の大衆を奴隷にしているわけではない。

ユダヤ人タルムードの引用:
Baba Necia 114,6:「ユダヤ人は人間だが、世界の国々は人間ではなく獣だ」

Simeon Haddarsen、fol。
56-D:「救世主が来るとき、すべてのユダヤ人には2,800人の奴隷がいる」


225-L:「ユダヤ人が獣に仕える必要がないように、エホバは非ユダヤ人を人間の形で創造した。
非ユダヤ人は結果的に人間の形の動物であり、昼夜にユダヤ人に仕えると非難した。」

慈悲深いキリスト教徒や他の人々は、動物のように「バーコード化」されているという主題に関しては、サタンと「悪魔主義者」を容易に非難する。
まず、目を開いて見ると、これらはサタンの教えではなく、ユダヤ/キリスト教の聖書の「羊」と呼ばれるものであることがわかる。
体は「神」の所有物であり、性の生活、欲望と欲望、性交をしている人、他にもたくさんあるものが、ユダヤ/キリスト教の聖書の中で問題になっている。
ユダヤ/キリスト教の聖書は、ユダヤ人の共産主義を確立するための基盤であるだけでなく、士気と人々の性格を弱め、不正を助長し、抵抗する意志を弱める。

今、カオスはどうか?これはもう一つの共産主義の戦術であり、ここではアメリカで非常に露骨だ。
共産主義組織のために働くユダヤ人は、司法制度を打ち破り、民衆の間で混乱を起こすために、法廷内外のあらゆる手段を用いている。
「聖書」は今までで最も混乱しているテキストだ。
ほとんどの人はそれを読んでも、自分自身を「クリスチャン」と呼ぶことさえない。
無限の矛盾、そしてもちろん、ナザレの教えを見てください。

イエスは盗んだ[ルカ19:29-35; ルカ6:1-5]、
イエスは嘘をついた[マタイ5:17; 16:28; 啓示3:11]
イエスは殺害を提唱した[ルカ19:27]
イエスは彼の弟子の一人に両親と家族を不名誉にするように求めた。
[ルカ9:59-62]
これらは、彼が壊すことによって悪い例を設定するだけでなく、他の人にも同様にそうするよう命じた戒律のほんの一例だ。
これらの宗教的教義における矛盾は混乱と混乱の舞台になった。

暴力的に反対し、互いに非難するキリスト教徒の宗派の数も、NWOにとって不可欠な、無限で不必要な戦争はもちろん、ユダヤ人とキリスト教とイスラム教の道具によって誘発された。
ナザレヌ教徒が教えて、他の頬を回すように、自分の隣人を無限に "70倍"寛容させることは、混乱と犯罪だけを奨励する。
人々は、奴隷と犠牲者の監獄になる方法について教えられている。
彼ら自身の体は、彼らの最も内側の思考、欲望、性欲を決める何人かの外国人の財産だ。
バーコード化された人々の考え方については、サタンを傷つけないでください!サタンは自由と反抗のためにいつも祝福を受けている!

キリスト教徒と他の人たちは、「カトリック教徒だ」、「ああ、そうではない!それはプロテスタントだ!」彼らは何かを理解することはできないし、数世紀に渡って自分の教会で起こってきたことであり、彼ら自身の聖書のテーマ全体である。
彼らは財政的、精神的、精神的に貢献してきた。
スラブ!彼らが彼ら自身の "神"と自分の使命によって騙されたことを彼らが理解するよりも、サタンを非難する方がずっと簡単だ。
サタンは、キリスト教の教会によって、何世紀もの間、気晴らしと呪われの悪用として便利に使われてきた。
サタンのすべてを責め、キリスト教とナザレが「良い」「人道主義」であり、とりわけ「神」であることを世の中に宣言する。
何度も繰り返され強制された嘘は、それがどれほど馬鹿馬鹿しくても結局信じられる。
何兆ドルものドルが公然とこの嘘を宣伝されている。
彼らのトップの宗教指導者は、カトリック教会を通じて、過去のように世界を奴隷にするために秘密に仕事をしている。
プロテスタントはコロニアルアメリカでのセーラム魔道裁判の殺人や強制教会出席と何ら変わりはない。
自由はユード/クリスチャンと互換性がない!