データマイニングの技術3 その定義と登場した時期

データマイニングの類似の言葉である「データベースにおける知識発見(KDD)」と91年頃から知られ、その認​​定はモントリオール国際会議1995。
いずれにしても、これは過去10年以内の手法である。
筆者の考案したデータマイニングとは何か語りたい。
情報に隠された貴重な知識を探すことを目指して、巨大な情報を扱うことができる情報処理技術。
各個人はデータマイニングについての自分の定義を持っているので、グローバルスタンダードな定義をないので、筆者の考えて定義と言った。
私が少し奇妙だと思う定義は、「誰でも簡単にデータを見つける」などと容易にな説明や「ニューラルネットワークを使ってデータを見つける」などの一つの方法にこだわった定義である。
2010~17年の今は、データマイニングは十分ビジネスマンに知られていると思う。
当然、上記のことは、基本的なデータマイニングの定義として使用できると私は考えるが、商売では、データマイニングそのものは目的ではなく、
私はその定義についても気にしていない。
逆に、
データマイニングでは何ができる?私はそれが伝達されなければ無駄だと思う。
私が商売のためのデータマイニングの定義をするとき、情報を商売にとって有益な知識できるツール。
もっと戦略的知識を活かし、収入を作ることができる。
人の限界を超越しより深いデータを発見する奇跡のツール 。
だけど、所詮ツールだから、データマイニングのツールを使うアナリストの高いスキルがあったほうがいい。
統計分析とは何が異なるのか?
データマイニングを経験した頃は、私は最初の印象はいまいちピンとこなかった。
時代に応じて、巨大な規模の情報分析をデータマイニングと言っているとしか思えなかったためだ。
その時、データベースを用いて検証し、結果を視覚化して情報を表示する程度で、人間のアイデアだけで解決された試行錯誤の手法だった。
今までの分析方法とはどう違うという、質問が多かった。
その違いは大雑把に言うと、・大規模なデータでも処理が可能なシステムがある・
知識を見つけるのに仮説なしで行われる(すべてのデータを対象とする)
・今までの分析は一番効果的な多変量情報を全体に投影し概括する技術であり、情報全てから条件を作り必要あ情報抽出する多くのがデータマイニングである。
・データ前処理(クレンジングなど)の方法論が出来上がっている
・知識獲得のために分析結果を活用できるシステム
・俊敏な意思決定を可能にするシステム(ビジュアル化など)
・沢山の分析方法を組み合わせて情報を知ることが可能
データウェアハウスの特性を利用し、時間軸の考えを取り入れて分析できる。
私はこの他にさまざまなデータマイニングに関する考えがあるが、私は起訴的だと思ったものを例に上げた。
覚えておくべきことは、あらゆるデータマイニングの技術には該当しないことだ。
上記のように、アナリストは独自のデータマイニングを行っているためだ。
情報を見つけるの経緯は以下の通り。
データマイニングの、分析前のデータクレンジングと、あいまいである特徴抽出は、次の分析のために分析の結果を利用することが適切に評価される。
技術の問題とは別に、データマイニングは、現実的に情報から貴重な知識を探し当てるようにデザインされる。
今までの統計分析技術では、数学的集合的処理によって情報を収集するだけで、それを使用する手段に関してはあまり知られていない。
要するに、今までの分析が計算であれば、データマイニングは知識を見つける技術と呼ばれる。
データを見つけるの過程だ。情報から知識を見つけるまでの一般的な例を以下に示す。
各プロセスは独立しており、一連の流れで情報を知ることができるが、より良い品質の情報を知るために、繰り返して精度を上げる
このようなスタイルが主流である。
データマイニングを毎日行い、高品質の情報を知る、アナリストが仕事で自然にマイニング技術を取得していることがわかったことは素晴らしいことだった。
並列作業で各過程を反復しデータを掘り当てることが目的。
アナリストは本当にこの方法をしているのか?私は個人差があると思う。
筆者の考えるデータマイニング方法も、極めてこれに似ているが、人々に解説するのは難しいから、解説するとき、私はそれを一般的なもので解説する。

データマイニングの技術2 情報技術の成長速度 データアナリストの存在

変わったのは仕事の環境のみではない。
昔と比べると情報技術は急速に成長している。
データマイニングの点からは、第1ステップとして、安価な大容量ストレージデバイスを開発し、インターネットも現れた。
情報を集める環境と保存する環境が整備されたのだ。
昔、捨てなければならなかった情報をしく席することができる。
更に、人は情報を収集することによって貴重なデータを発見することができると考えられ、インターネットを使って情報を収集し始めまた。
インターネットを通じた株価などの経済データを介して、1か所で即座に管理し、全てのコンビニエンスストアの売上保存することが可能である。
第2のステップとして、安価で高性能なCPUと大容量メモリを使用することができる。
つまり、膨大な量のデータであっても、洗練された分析が可能。
第3段階は分析技術の進歩です。
高速コンピューター、それもクライアント・サーバが完成し、ソフトの分析能力ができたことから、何らかのデータを発見可能であると思っていた。
だが、情報効果的に利用するする前に、巨大な量の情報の前に、処理が困難であった。
理由は大きな大きな情報を前に、分析方法や使う人に仮説検証、情報認知などの能力が、がなかったからである。
やっぱり、情報が氾濫しただけなになって何もかも無意味だった。
今の現状がそれである。
しかしデータマイニングは発展している。
データマイニングが生まれるまでの歴史を探ってみる。
1930年代半ばか、ら分析法への応用が見られるようになった。
しかし、多くの変数があるときは、理論への応用は、良い性能のコンピュータが開発されるまでできなかった。
分析がとても簡単になったのはわずか数十年前だった。
そして、1995年ごろ、データマイニングは、巨大なデータベースでも扱うことが可能な分析の総称として生まれた。
これは、米国の人工知能学会機械学習科学として生まれた
99年頃から日本の一般用語としてデータマイニングが現れた。
しかしながら、データマイニングという言葉に統一感がないと思う。
私は一般的なデータマイニングとは何か、要約した。
◎データマイニングはどこからどこまで?
データ規模Excelレベル←→数百から数千GBのデータ数データベース
データ一覧EXCEL←→データベース
データウェアハウスデータの品質分析の前提で収集されたデータ(比較的良質)←→知らずの間に集まったデータデータフォーマット
定量的(数値)データ、定性的(記号、カテゴリ)データ、数量混合(記号)データデータ型多変量データ、イメージデータ
文書データ、
時系列データ知識発見法統計分析、ニューラルネットワーク、機械学習、視覚化、テキストマイニング、データベース技術、OLAP、BIなど
この方面に熟知した人は理解できるだろうが、その違いは1つずつ極めて巨大で、それをデータマイニングという言葉に組み合わせることは不可能。
どんなぎとがデータマイニングについて話しているのか、と言うものに注目した。
私は、以下のようにデータマイニングに取り組んでいる2つの主要なタイプの人がいると考える。
・他人が気が付いていないデータを発見する術的に興味のある・データアナリスト・統計者
戦略としてデータマイニングで知った情報を利用したい人→ビジネスアナリスト・マネージャー
前者は分析専門家と呼ばれ、後者はビジネスアナリスト」と呼ばる。
次に、データマイニングを話している人は分析専門家がかなり多い。
アナリスト(または分析ツールは、基本、統計分析、ニューラルネットワーク機械学習などの各々の得意なものがあり、どれもかなり精通している。
各アナリストには、自己理論と分析結果の優位性が重要である。
現在、アナリストや分析ツールの能力を活用することにデータマイニングが語られており、なのでデータマイニングは何かと聞くと答えはチグハグに聞こえると思われる。
データマイニングは情報から隠された知識を発見するけるための総称と言えるが、これがデータマイニングであると断定するのは困難だ。

データマイニングの技術

データマイニングは、人工知能、機械学習、統計、データベースシステムの交点にある手法を含む大規模なデータセットのパターンを発見する計算プロセス。
それはコンピュータサイエンスの学際的なサブフィールド。
データマイニングのプロセスの全体的な目標は、データセットから情報を抽出し、それを後で使用するためにに理解できる構造に変換すること。
生の分析ステップとは別に、データベースやデータ管理の側面、データの前処理、モデルと推論の考慮事項、興味深さの指標、複雑さの考慮事項、発見された構造の後処理、視覚化、データマイニングは、「データベースにおける知識発見」プロセス(KDD)の分析ステップ。
私は2002年頃に最初にデータマイニングという単語を覚え現在まで、データマイニングの印象を要約した。
統計分析のような従来の方法とは何が違うのか
情報から知識を知るまでへのの流れ
前書き
これまでに得た莫大な情報の中からビジネスに利用可能な有益データを抽出する技術として、データマイニング存在する。
単語だけを聞くことは夢のような技術だが、実際はは一連の泥臭いの仕事だ。 
もっと、汎用性があまりなく、私たちはそれを改造しつつ高度な専門知識を要し、、常にそれを調整しなければならなかった。
しかも更に高品質のデータマイニングは、大量な経費を要する。
なぜそのようなデータマイニングをする必要があるのか?
私はデータマイニング背景に焦点を当てる。
データマイニング出生の背景
データマイニングを必要とする社会の背景
データマイニングが必要とされる理由は、商売の環境の変化だろう。
ほとんどの場合、最も大きな要因は市場の飽和だと考えられる。
生産すれば売れる時代は終わった。
類似品の続出、生活時間が短くなって、使用者の需要の多様化等今までのノウハウは、飽和した商売の環境では使えなくなった。
顔を見ることができない市場で戦うよりも、各顧客の需要に対応するために、良い関係を作るのが必要だ。 
ビジネス用語にある「1対1」だ。 
また、過去、培った技術ノウハウをシステム化し、情報をを仲間と共有することが必須になった。
知識管理(ナレッジマネジメント)だ。 
1対1、CRM、ナレッジマネジメントは、情報の有効活用というのが共通した。
客の行動を情報可し解析し、顧客へのサービス、新しい客層を得ること、市場戦略と他社との違いを出すことや需要の分析、新しくどんな商品を売ればいいか予測すること、他社と顧客層を理解し、君の会社の在庫管理とリスク要因を理解し、社内の培った情報から法則を発見する等、すべての状況で情報を効果的に使用することは、生存のためにに必要不可欠になった。
米国の移動体通信産業のお話だ。 
米国の移動通信業界では、それは既に飽和しており、新しい顧客を得ることは非常に望ましくなかった。
顧客が逃げるのを阻止するほう大切のようだ。
そこで、
何年にも渡る客の通信情報をマイニングし、どの客が良い客かをはっきりとし、
それに応答することで、
巨額の収入を得て、その結果、私は会社を売却た。 
移動体通信の元データは、まず、呼び出しのデータ。
誰に誰に、いつ、通話の時間はいつまで掛かると言うも 
これはかなり巨大な情報だ。
しかも、各使用者に対してどのような種類の補助サービスを使っているかに関する情報がある。
留守番電話サービスを使っているかどうかなど。
次に、使用者のプロフィールもある。
この情報はすべて驚くべき量だが、アメリカのあの人達はは、データマイニングを最高に使用して成功した 
そのような広範囲なデータマイニングではないとしても、効果的にデータを使用し、他者と差別化することが大切だ。
情報を武器にして競合社と戦う、マイニングは社会的に必要であった。

過剰なお金の話5 橋本総理の早期財政改革、もしお金の価値が下がったら

橋本総理の早期財政改革の結果、人々の経済の感覚は瞬く間に悪くなった。
ポジティブな野性的精神は続かず、経済はマイナスに戻った。
バブル崩壊時に発生した大借金の利払いは、個人も民間企業も負担となり、利子を支払うための資源となる経済成長はなかったので、借金が増えているという恐怖が出てきている。
債務残高の多い契約者、不動産、ノンバンク、流通業者は仕事がうまくいかない者が多く、大量の資金を貸していた金融機関も不良債権処理に失敗し、大手銀行を含む破産企業が出てきた。
金融機関の危機の際の日本だ。
次に、気付いたときには、物凄い財政赤字しかなかった。
確かに、ケインズの、需要が不十分な場合、需要を補って補償する政府の政策は、その時点の需要を発生させ、新たな職を創出する。
だけど、将来も引き続き効能を上昇させるには、新しい価値をうむべきだ。
それは一般的ですが、お金が投資され、今までにないものを作成しないと、私は興味を払うことさえできません。
前の米の種子の例では、あなたは種を植えて、
水も肥料もあげないというものである。
あるいは、適当にコンクリートの上にでも種をまき、芽が出なかったこともありうる。
コンクリートから実を結ぶのはいくら何でも不自然。
しかしながら、現在、日本の余剰資金を吸い上げているのは、それは政府と大企業のみ。
バイオ、情報技術(IT)以外にも、民間部門の間では、資金需要がある企業は、債務残高が増え続けている、悪い会社だけだ。
民間の不健全な会社や政府は
日本では一番生産性が低いとされるており、これらの組織に資金を集めても、経済成長を望むことができない。
真の日本に不可欠な政策は、の非生産の組織にお金を提供する代わりに、高い生産性の組織で効率的に資金を使用する方法である。
政府が国際を発行し、資金を回収し、公的投資を行い、もしくは企業生命を延ばすために過度の負債を持つ会社に強制的に融資するよりも、高い生産性の組織がお金を借りることができる環境、もしくは、新しい会社を作るのが容易である環境の創造を追求することであり、決して鍬や鋤を持てない人々に種を与え栽培させるのではなく、米の作付けに慣れ親しんだ人間に種をまく土地を与えし、水源を確保することが正しい方法かもだろう。
日本銀行のゼロ金利政策は、資金を市場に提供できたが、高い生産性でーに到達しなかった。
政府と不健全な会社の負債負担軽減に貢献し、会社の生命を伸ばすだけなのだ。
そういう意味で、ゼロ金利政策は日本の将来の経済に貢献していない。
それどころか、それが不健康な組織でモラルハザードを生み出したことが分かったので、ゼロ金利政策を取り消すべきだという考えも出て来る。
たしかにそのとおりだ。
さて、「余ったお金」という言葉から生まれるの違和感の一つは、基本的に価格は商品が残っていると下がるということだが、なぜ、お金の価格は下がらないのですか?
前の米の種の話では、あなたが種を植えなければそれは腐敗するから、あまると次第に価値がなくなるだろう。
お金は崩壊しないが、その価値は失われる可能性がある
今のお金は米とではないから、腐敗しない。
このため、どれくらい時間が経過しても同じ値を保つ必要がある。
しかしながら、それは物としてのお金の特徴だ。
お金が金貨だった時代、純金がある限り、純金の価値は不変である。
しかしながら、世界に十分なお金があれば、お金の価値下がりは、商品やサービスの値段が上がる。
購入するものの量は変わっていないが、日本銀行が紙幣を2回印刷すると、これまでは、10000単位の商品に請求書があったが、同一品目の1ユニットにつき2枚に紙幣があるため、最終的には、商品を購入するために不可欠なな紙幣は倍増する。
十分なお金があれば、

過剰なお金の話4 お金は使わなければただの紙切れ 米国は沢山お金を使う

全ての人がお金が余っていると感じているわけではなくても、職場が安全であれば、これから貯金することもできるし、定年後も仕事がある場合なら、人生は楽になる。
だけど、デフレの継続のため、そのような今後の雇用が心配になる。
もしかしたら、明日、仕事を失う可能性もある。
ある理論によれば、定年退職時の不可欠なお金には5,000万円とされている。
その観点から、現在の金融資産残高は8百万円では足りない。
確かに、周りには十分な余ったお金を持っている人はあまりいない。
これで、たとえ お金が余っている永久いい難い。
余っているというよりも、個人をはより多くを貯金をする必要があり、みんなが貯金すると、反対に、経済は悪化し、投資する場所もなくなる。
良い行動だと思っても、誰もが同様のことをすると、社会全体が悪いくなる。
このため、節約を奨励するのは悪いことではないが、誰もがその方法をし、全員がお金を使用しなければ経済が悪化する。
アメリカは逆に、
誰もがあまりにも多くのお金を使い、十分に消費しており、だから経済はうまくいき、貯蓄率が低いのはどうでもいいらしい。
お金は天下の回り物である。
全員でお金を沢山使用してほしいのだ。
さて、明らかに、私は「お金あまりを実現できない」時代に生きているようだ。
金額は確かに余っているようにみえる。
だけど、そのお金は今後必要なもので、今のところ使い切ってはいけないお金だ。
経済が上がると、今後お金を稼ぐ機会を得るかもしれないが、今の経済状況は楽観的ではない。
誰が過剰のお金を使うのですか?
もし誰かがを使わなければ、お金はただの紙切れだ。
使用しない限り、お金は無価値だ。
お金がたくさん余っていても、お金は何も生産しません。
金利が預金に配分される理由は、そのお金で何かを投資し、その結果、これまで以上に何かが生産されるからである。
何にも使われていないお金は何も作らない。
したがって、利子がつかなくなる。
例えば、
米に例えよう。
私は種子を手に入れた。
来年、それを投資(栽培)して米を収穫することを検討する。
種は現在のお金と同等で、翌年の採れた米は、利子のようなものである。
時には私はお金を残しても関心が負うという誤解をします。
種子だけを考慮すると、翌年の収穫をには、種を蒔き米を育てた後にようやく収穫することができるのは簡単に理解できる。
このような状況を克服するための政策について有名なケインズ氏が考えました。
ケインズは、米国の大恐慌時代に、もし人々が余ったお金を使用できなければ、政府の資金を使うべきだと考えた。
その時どんな風にお金を使ってもかまわない。
道路工事でもいい。
新しいものを作るのではなく、とにかく、お金を消費し、政府が人々にお金を渡せば、経済は改善する思った。
お金があるなら、人々の未来における不安感は減るだろう。
新しいお金を獲得できることによって、何かすごいことを試す気持ちも出てくる。
お金が不足していると思っている場合は、早くなんとかして何かを始める気持ちになる。
最初のステップとして、誰かがお金を消費し需要を生むことが重要であると考えた。
簡単に言えば、有効需要の原則である。
更に、この考えを性格に実行しているのは現代日本だ。
政府は国際を発行し、人や会社からの余剰資金を貰い、そのお金で様々な大量の二兎を土木工事ををさせた。
人々がほとんど通らない場所で道路を作って、橋をかけたりするのは、日本の公共工事は典型的例である。
結果として、私が以前見たように、日本の経済はすぐに低下し、債務残高は急激に増加し、有用なものは残っていなかった。
だが、ケインズの考え方のように、一部の人々は、この政策が何もしないよりは、経済を支える上でプラスの効果をもたらしたと評価している。
政策が成功した場合、人々の気持ちが正の方向に向かうならば、確かに経済は成長軌道に戻るかもしれない。
アメリカのように、そうすれば税収が増え、国家財政がに改善されたかもしれないからである。

過剰なお金の話3 全ての人がお金が余っていると感じているわけではない

今は毎年の資金の流れ(フロー)の話をした
どうやら、お金が余るらしい。
しかしながら、毎年ちょっとした余ったお金があるからといって、余裕な資金があるとは言えないと思うだが?
例えば、大きなローンを借りた人は、今年は消費を好きなくすることでしばらくの間、借金を返しても(経済学は、借金はマイナス貯蓄と考えているので、ローン返済が溜まっているのだ)、十分なお金があるという印象はない。
要するに、資産および負債が課題となる可能性がある。
つまり、貨幣余剰は裕福 と等しいとはいえないかもしれない?
しかし実際の金額を見てみれば、日本人は資産の観点でも貧乏ではない。
個々資産は、1300兆円と言われており、負債を差し引いても、約1,000兆円のお金のがある。
一人当たりの金額を単純に割り算で計算すると、所有する金額はは800万円近くになる。
また、これは金融資産のみに限定された場合だから、土地など、お金でないの財産も考えれば、この金額はさらに大きくなる。
一方、年間キャッシュ・フローの余ったお金があったであった民間企業も、資産と負債のバランスに関しては、大量の負債(資本を含む)を保有する。
今は土地や、設備などの実物は扱っていないため、それを加えた負債がどれだけ詳しくわからないのだが、金額だけで考えれば、負債は600兆円近くにも上る。
また、先に述べたように、政府は、、GDPに匹敵する巨額の債務を持つ。
残高は400兆円に達する。
だけど、それでも、更に、詳細な部分も含め、日本全体は純債権国であるとともに、海外に90兆円ほど金融債権を持つため、日本はお金持ちな状態である。
無論、当時の状況を見ると、すべての日本人が富裕層ではなく、そのような資産は​​非常に遍在していると思われる。
個々の金融資産についても、30〜40年の作業高さでは、住宅ローン、高齢者になるにつれて、より多くの金融資産が蓄積される傾向にある。
また、アメリカほどではないが、または、バブル期の土地所有者が継続していた時期に比べて改善されたが、資産家の家族と非資産家の違いが現れている。
流石に「お金が余っている」と言われても、多くの人々はそれを認識できない。
しかしながら、お金が余っている感じられないできない理由は、
本当にお金が残っている場合は、購入したいものがあるなら、ためらわずに買うだろう。
当然、子供や孫のために土地をあげたいので、貯金をしている人もいるだろう。
だけど、やっぱりお金はいつか使われるものだろう。
いくらお金を節約しても使う意志がなければ、お金はは単なる紙であり、もしくは通帳に書かれただけのただの字だ。
お金の価値は、それを使うときにこそ実感できるだろう。
それでも、それを使わずに節約するのは、未来の老後の生活に不十分だと感じているためだと思う。
例えば、あなたに余ったお金はあるか?"
通常、人の手には確かにお金があると思うし、保険金、年金などの金融資産は、ある程度蓄積されているだろう。
だけど、子供の大人までの教育費だったり、住宅建設資金に使うためのものだったり、もしくは、老後のための生活費なので、何も今使わなければいけないものではないこともある。
今後を考えると、今、余っているお金はないのだ。
もしも1人800万円の金融資産を持っていても、私は十分だとは思わない人が多い。
国家財政は崩壊する寸前で、今後も増税が予想することができる。
国民年金が崩壊することは明らかで、民間の年金基金で十分な利益が得られるとは考えにくい。
一方、寿命が長くなったことが良いのか悪いのかにかかわらず、退職の後に使う生活費が増え、医療費も毎問増え続けている。

日本の船舶を破壊したのは何か?2 敵の船の高さ、アメリカに暴かれた暗号

前の記事で潜水艦の高さにつて論じた。次はターゲットの高さだが、どうやら、船については、高さは無意味な情報のようで、船の船体の情報は、排水量、全長、全幅、喫水だけである。
必然的に、私が調査したら、
http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/siryou/rpn/rpn0031.htmに載っていた
だけど、これは2006年11月に作成された資料であル。
第二次世界大戦の時代と今は、船についても大幅に変化し、Lloydの情報なら、当然のことながら、外国の船が主である。
また、このページもは実際に測定されていないようで(上記の研究の高さの情報は全長、満載喫水などの他の仕様と比べ、高さの情報は非常に小さいので、船高についての基本的な情報から知れるデータの信用度が少ないため、個々に分析された高さ(Hkt)と満載荷喫水(d)の数値を使い、海面上の高度(Hst)を測ったらしく、
また、適切な材料が外部に存在しないこともあり、仮に、私はこのページを使用する。
今存在する10,000トンの貨物船の半数は、27.5メートル未満の高さであり、同じく、10,000トンのタンカーの半数は高さが16.7 m未満である。
このため、現代の貨物船、タンカーの50%は27.5m以下であり、これらの船舶の平均高度は、27.5m未満であると。
そこで、ターゲットの高さは
27.5メートルと仮定する。
このデータを、上記の計算式に適用すると、検出距離の最大の距離は浬12.7浬23.5 kmである。
一方、視距離はRv(mile) = 1.15 × (√ho(ft) +√ht(ft)) で表される。
(ここで、Rvは水平線上の最大可視距離であり、hoは水面からの目の高さ、htは目標の高さであり、mileはノーティカルマイル=浬、ftはフィート。)
可視距離の最大は約11.9浬≒約22.0kmになる。
(ちなみに、「Uボート・コマンダー」のP104は、「空気が澄み切っていても、マストの上部は、10〜12キロメートルの距離でしか見ることができない。
」とあるので、この頃の高さは更に低くなると思う。)
要するに、レーダーを使用して検出できる距離は、それはわずか1,500メートル増加する程度だった。
もちろん、レーダーは夜間や悪天候の悪影響を受けない長所があるため、欠落の危険性は大幅に減少するが、検出能力はあまり増加しない。
この話からわかるように、
レーダーでさえ、
敵に会う確率を大きく上げるには、不可能である。
次に、米国海軍は、どのように、敵に会う割合を上げたか?
それは簡単に答えることができる。
米国の海軍は、日本海軍から、輸送艦隊の船舶数、船名から貨物に至るまで、護衛の方法だけでなく、進むべきルート、航海中の正午にほとんど毎日いる場所などのデータも調べたのだった。
米国の海軍のJICPOA副所長(太平洋地域総合情報センター)、J. W.ホルムズ大佐は、1943年には、暗号を解読する能力で顕著な成果を生んだ。
一番大切なのは次のとおり。
それは日本の商船コード(海軍暗号S)の暗号解読だった。
結果として、太平洋艦隊潜水司令部にデータを教え、
アメリカ太平洋艦隊情報チーフスタッフ、エドウィン・トーマス・レートン少尉も
「我々は1943年の後、主要な海軍作戦暗号を掘り下げることができた。
これには、日本の商船が使用する4桁のコードが含まれていた。
それを使うことにより、日本の商船のルートを、毎日の正午の場所のレポートから予測することが可能になった。
商船の船長は、毎日8時と20時に定期的にレポートを送った。
敵の商船艦隊の位置を詳しくわかるのは、私たちの潜水艦戦闘の勝利の大切な要素となり。
1944年末までに、散らばった大日本帝国海軍の海の生命線を効率よく分断することが可能だった。

日本の船舶を破壊したのは何か?会敵と轟沈の推移、潜水艦の索敵技術

(何らかの理由でよく知られていない歴史的事実)

1942年9月以前は、1943年12月、1944年12月、1945年4月以来のデータは、戦争の歴史の歴史にはない。
ばらつきはあるが、敵に会う率とダメージは、それはおおよそ比例している。
敵に会わなければ、沈まないので、明らかだろう。
また、敵に会う割合は時間と共に増えていき、、1944年8月、9月、10月、1945年2月、3月、それは100%以上。
出発するとき米国の潜水艦に発見される。
これは、いずれにせよ異常な数値で、仮に、それは考慮しないでいく。
「海上護衛戦」附表第7も、1945年以降の偏差を除いて、ばらつきはあるが、沈んだ数は、一般に、第1海上護衛隊の敵に会う割合と関係がある。
何をすべきかは明らか。
.敵似合う割合を上げる原因を調べる。
割合を下げる措置を講じる。
会う確率が下がると、攻撃されないので、ダメージは自然に少なくなり、誰もが理解できる理論である。
だけど、日本海軍海上護衛司令部の大井篤大佐(回想録は「海上護衛隊」。
これは戦争史の題名「海上護衛戦」に似ていて混乱するから、以下、「回顧録」と記す。)
敵に会う率を調べた様子はない。
どうやら、旧日本海軍は、会う割合が増えていることに気づいていないようだ。
敵に会う割合が上昇していることに気づいていないので、もちろん、敵に会う割合を下げる措置は講じない。
ちなみに、会う敵の割合の表がある、「海上護衛戦」では、敵対率の増加粗調べた方法については、これは単にアメリカの潜水艦の活動が活発になったからである。
私は、アマチュアが専門家の判断に口を挟むことは悪いと思うが、これは、過度に、米国の潜水艦と言うか、この頃の潜水艦を過大評価していたか、彼らは分かっていない思う。
潜水艦は、しばしば目に見えない武器と言われている。
しかしながら、潜水艦がこちらから見えないという事実は、潜水艦も敵を見ることができないということだ。
第二次世界大戦の時、音響兵器が今よりなかった頃の潜水艦は、敵を発見するためには、目視やレーダーを使う必要がある。
潜望鏡では、視野が制限されており、レーダーを使うこともできない。
このために、敵を見つけるために、浮かばなければならない。
海面に出た場合場合、敵も自分を見ることができる。
要するに、敵発見には、自分自身を浮かぶ以外に選択肢はない。
また、地球はその名の通り球体で、可視範囲は限定されており、背の高い艦がは見通すことができる。
それが目で見たものもでレーダーもで、それは変わらないでしょう。
このために、背が低い潜水艦は、索敵に関するハンデがある。
潜水艦が、敵を発見するのは、それは容易ではない。
レーダーなら、簡単に見えるかが、実はたとえそれがレーダーであっても、水平線の反対側を見ることができない。
(目によりはやや、遠方を見ることは可能だが、限界がある。)
レーダーの距離は、Rr(mile) = 1.23 × (√ho(ft) +√ht(ft))。
(ここに、Rrは水平ライン上の最大距離、hoはレーダアンテナの高さ、htは目標の高さであり、mileはノーティカルマイル=浬、ftはフィートである。)
これに数値を適用すると、レーダー検出距離を把握できるが、これは驚くほど困難。
第二次世界大戦の時の潜水艦のデータは、排水量、全長、全幅、喫水で全高はない。
さまざまな方法で調べ、
「Uボートの司令塔5メートルほどの高さです」の説明があった。
仮に、私はそのままUボートの数値を使用することに決め、5.0mほどの高さ。
(正確な数値がわかっている場合はそちらをお使いください。)
次は、ターゲットの高さについて論じる。

過剰なお金の話2 政府の持つ資金と民間企業や個人の資金

日本銀行と定量的緩和主義者の最終的な計画にはほんの少しの差はあるが、最低でも昔の金融政策とは異なると言える大量の資金を供給するという点でそれほど変わっていないと思う。
結果として、金融機関が資金を調達し合う担保市場では、実質的に金利をゼロにし、さらに、資金は日本銀行から供給されているため、短資会社に、誰も引き取らない資金が蓄積するおかしなこと生まれたのである。
たしかにこれは、金融システムの危機に対応する効果をもたらしたと言えると考えられる。
信用不安のため一時期、市場から資金を得ようとしていた金融機関は、ビジネス状況に関係なく安定しており、更に、ほぼコスト無しで資金が調達できると言える。
そこで、金融機関は、個人から金利の高くして預金すること必須はなくなって、預金を含む市の短期金利はほぼゼロにまで下がった。
金利がここまで下落した原因は、日本銀行の金融政策の結果、資金が資金需要を大幅に上回ることにより、お金を払ってお金を得たくはない人が増えた。
日本銀行は意図的に余剰資金を作り、通貨供給点から考えれば、十分なお金があるとは言えるだうが。
最も、金額が十分であっても、それ以上の金を使うという要求があれば、それは余剰とは言えない。
何故余ったお金があるのかは、おそらくお金の需要ないからだろう。
私はこれについてこれ以上の解説は追加しない。
不況のために事業を中断し倒産する会社が多く、すぐ仕事が失われるかどうかという状況が存在し続けるので、人々は将来を心配している。
それで購入の欲求が減少したのだ。
しかしながらデフレ経済では、お金を待つにつれて物価が下がるので、すぐ物を買い集める購入する必要はない。
今あるお金を使うよりは、将来のために貯金して保存することも凄く大切だと思う。
住宅ローンを除外すれば、個人は元来お金を借金している可能性は低く、全体として、過剰な貯蓄があり、
金融機関を通じて会社や政府に資金を提供していた。
だが、当時は、資金余剰の傾向が強かったのだ。
1999年度には、個人は35兆円の過剰な財産があったのである。
企業にもお金の必要はなかったのは個人と同じである。
金融システム危機によりお金を貸したがらない時代に、明日の運営資金が利用できないのではないかと心配されたから、会社は高い金利でも借金してまで資金を得ようとしていた。
しかしながら、それ以来、公的資金とゼロ金利政策により、金融システムは安定している。
なので彼らに提供された資金は不要になった。
会社はもともと、資金が不足しており、投資に備えて、事前にお金を借りておく必要があった。
だが、こんなに行き先が不確実だと、投資額は少なく、必要な額も削減する必要があった。
今、既にある会社から得られた収益と過去の投資によって、新たな投資ができるくらいに投資は少なくなった。
その結果、企業はおつりがくる可能性が高い状態にあり、今、私たち個人と同じく資金が余ってしまった。
企業は借金を返し、対照的に、預金は増えている。
企業は1999年度には、20兆円以上の黒字を記録した。
当時は、政府部門だけがお金を借りるためにお金を使う意欲を持っていた。
政府は景気後退の対策として公共投資を継続していた。
基金は、国債発行によって市から基金をかき集めた。
当時、国債などの政府債務残高はGDPと同程度に拡大しようとしており、1999年度には、中央政府と地方自治体が50兆円の資金で集めた。
こんなにたくさん債務残高が累積されたら、たとえそれが過去の債務の金利だけだとしても、新たな借入が不可欠になるだろう。
これは例えるならば、雪だるま式に負債が増えるという危険な状態だ。

過剰なお金の話 ゼロ金利など

十分なお金を持っていても、低金利のために、年金受給者、銀行の利子で収入を得ている人が、泣きわめいている。
だが、悲しいのは彼らだけではない。
低金利で個人からお金を預かったをしたといっても、金融機関は自分のマネーを管理する余裕がない。
お金が余る時代は、資本運用が難しい時にでもあった。
だが、この「余剰金」という言葉も奇妙である。
多くの人々は、この言葉に変な印象も持っているとおもう。
今はデフレで赤字で不況だとだと言われ、社会の誰もが、お金に困っていると感じているとおもう。
何で過剰なお金があるのか。
十分なお金があるというのは、富裕層ということか、または、たくさんのお金があるが、なぜはそれを使用しないの?や、たくさん疑いが現れることだろう。
今日の題材は、余剰なお金の疑問を解決しよう。
何でお金が余るのか、
余剰金はどうなるのか?
最初のステップとして、本当にお金は余ったのか?
そこから調べてみよう。
市内で流通している金額を検査しよう。
みんなはお金はお札と硬貨(コイン)を考えているかもしれないが、世界では、お金に似た物が幾つもある。
手形や小切手など、当座預金に支払われるローン(借金)の金額に対する証言であり、これを現金として使え、一般社会で決済に使える。
都市内を循環する紙幣や硬貨に付け足して、短期間で決済に使用できる預金も通貨供給と扱われることがある。
日本で一番有名な通貨の1つは、M2 + CD(げn金と預金に譲渡性の預金を付け足したお金)だ。
この移行を見よう。
M2 + CDの年間成長率は2%。
それより前の、成長率は3-4%
これは減少しているが、GDP(国内総生産)に見られる経済の名目成長率はこれに比べてほぼゼロであり、金額の上昇率は際立っている。
90年代日本経済の不況は、一般に「失われた90年代」と呼ばれている。
名目成長率もマイナスに転じていた。
だが、その間、M2 + CDは年間3-4%で一貫して伸び続けた。
即ち世界のお金の数は、お金で物の数よりも大きい。
このため、放置したら、お金はあなたの懐に蓄積される。
この理由については、統計には含まれていないが預金と似ている投信とM2 + CD間の動きの統計的な技術の原因も存在し、加えて、一時は金融の仕組みが不安定な中で、現金をたくさん手にするために、タンス預金の量が増えたことがあったが、この不況でさえ、金額の増加の最大の理由は、日本銀行の金融緩和政策である。
日経は景気を刺激するために金利を引き下げるため、そして、「もうお金は必要ありません」と言って、金融市場に追加の資金を提供しました。
金融システムの不調に起因する資金の停滞を解消するために、市内の金融機関に多額の資金を提供したのだ。
特に1999年以降のゼロ金利政策では、単純に金利をゼロに下げるだけでなく、もうお金は必要ないはずの金融市場に追加の資金を提供した。
経済を学んでいる人の中には、日本銀行の金融緩和が不十分と言い、市に多額の資金を更に供給し、「量的緩和」をしなければいけないかの議論がある。
だが、実際は、日本銀行はもうその金額に十分な資金を提供している。
これらの量的緩和主義者と日本銀行の違いは、結構小さいことに驚いた。
日本銀行のゼロ金利政策の場合、最終到達するために直接的に監視できる指標は、あくまで金利であり、金利をゼロに引き下げるための資金を提供したが、資金量には具体的な目標はなく、その後のインフレ率はどのくらいは関心がない。
一方、定量的緩和主義者は、運用目標は金利ではなく、供給する金額の量であり、増やす資金の量を明らかにし、結果としてインフレ率の目標を設定することも意図していた。

日本銀行の歴史 アメリカや政府との付き合い バブルについて

日本銀行
私は短期間に書いた日本銀行に対する期待と失望の文章を要約した。
日本銀行の叱咤激励
その昔、政治やビジネス界や市場の期待を裏切り、大胆にも、日本銀行はゼロ金利をキャンセルした。
それを行う方法は光輝を失うほど不器用で、この時の決定はいきなり感を否定することはできまないが、私はそれを少なくとも間違っていない方法への一歩としてコメントしたいと思う。
しかしながら、それは、まだパーティーで強制された裸踊りを止め、やっとパンツを排他程度である。
周りの人はまだ目が覚めていない。
日本銀行がまた裸踊りをしようとする危険性がある。
日本銀行はすぐに裸踊りをやめ、人々を目覚めさせることが先決だ。
日本銀行に国民が何を要求したかというと、人々が泥酔する酒ではなくて、場合によっては程々のお酒はが潤滑剤として効果的だが、過剰に酒をのむことは肝臓を破壊し、死んでしまうこともある。
日本銀行のアルコール中毒になった患者を治療する医師のを欲することは、少し欲張りだと思う。
日本銀行は今後、宴会場の監視役になり、人々が適切な量を超えて飲酒するのを防ぐために、時には代替として水を提供こと期待していた。
仮に、自分自身の意志にかかわらず参加した当事者で強制的に踊られた疲弊した日本銀行は、私は優しく労いたいと思う。
・バブルの歴史はまた現われる
日本銀行は日本の伝統により、ゼロ金利政策の解除を延期した。
日本銀行に新たな日本経済に少し希望を持った人たちは、その日を酷く悲しんだ。
大手デパートのそごうの崩壊は、日本的、問題保留的解決から、西洋的、法的整理の道を進んだように思えたが、ただのデタラメであった。
そごうが破綻したことは、メインバンクを含む当事者によって自発的に選択される方法ではなく、世論の批判を恐れていた政治家が、彼らの責任から避けるための決定だけだった。
政治家の方法はまったく変わっていなかった。
その証拠に、問題を延期し、責任を避けるための大切なツールであるゼロ金利政策を終了させないために、日銀だけが、真面目な企業ぶらないようにするために、すべての手段を駆使して日本銀行に圧力をかけた。
政治家の明白な内政干渉に対し、通常なら怒りを感じると思うが、日本銀行は従順にならなければならなかった。
日本銀行が独立などということは、それはただのハリボテだ。
日本銀行は政治家にとって、ただの奴隷でしかなかった。
日本銀行の「ゼロ金利継続」決定は、伝統的な日本の意思決定の面では、それはかなり合理的だったと思う。
だが、もともと、日本銀行がゼロ金利をやめることに向けた地ならしを計画しているくらいでは、自分自身のゼロ金利相殺が弱者を見捨てるつもりなのは充分予測していたことで、日本銀行自体も、構造改革のには犠牲が不可欠だと思っていたと思う。
その決定が、ただ一つの会社の崩壊によって逆転されたという事実は、日本銀行の意志が弱いということに間違いない。
市場や政治家は、そのような日本銀行の弱点を利用した。
次の月もまた次の月も、そごうに変わる新しい企業が登場し、政治家の圧力が繰り返される。
日本銀行の剣が木刀だ市場が分かってしまったから、日本銀行を捨てて、新しいバブルの手段を探し始めると思う。
・ポジティブな日本銀行
日本銀行のゼロ金利のキャンセルキャンペーンは、ゲームの最終面に入った。
当時発表された速水さんをはじめとする政策委員会のメンバーはの発言は、徐々にゼロ金利を取り消していった。
そして、当時発表された研究論文でさえ、プラザ合意後、日本人の心の中トラウマになった円高恐怖症や、ブラック・マンデー後の国際的な政策協調は、日本銀行のを拘束し、それがバブルにつながったと解析した。
物価の起訴に縛られない、前向きな方向性にしようとしていることがわかる。
一方で、金融市場に対する注意感は非常に少ない。
市場はまだ、円高恐怖があり、そして、日本銀行が国際政策協調の枠組みから抜け出せないと馬鹿にしているのだ。
だが、日本銀行が繰り返さないように心がけている反省点でしかない。
アメリカは自分の意思で金融政策を強化し、バブルの清算を開始したが、日本銀行がにバブルを大切に保護しようとする理由にならない。
円高も、工場の海外進出も進み、サービス業の比率が高まっているという事実からも、もはや昔のような悪影響はない。
考えてみたならば、日銀がわかっているように、市場には十分な資金があり、この超低成長の日本でも、高度なバブルを生み出した。
もし、日本の成長がより確実になると、新たなのバブルを生むことは避けられない。
市場はあまりにも後ろを見ているが、日本銀行は先を見ていた。
・日本銀行の落胆
日本銀行は頑なに奮闘していた。
アメリカや世界各国からゲストを招待する学芸会で、日本銀行は彼の上司である政府に従い、不本意ながら裸踊りをするようになった。
だが、日本銀行は当時彼丸裸ではないと言い訳していた。
傍から見たらもう量的緩和はすでに始まっており、明らかに裸だが、日本銀行は、量的緩和をあるブレーキを掛けている=まだセーフだと主張しているようだ。
だが、アメリカの銀行も目を覚ますために、人々に酔いを覚ますために冷たい水を差し出した。
日本銀行の上司の政府は贅沢な財政政策により期限が良くなり、日本銀行の酒に泥酔していた。
日本銀行は、裸踊りはもうやめたいと思っていた。
しかしながら、アメリカのゲストの周りのメンバーは、日本銀行にもっと面白いことをしてほしいと言い、上司もそのとおりだと言い始めた。私の同僚は渋々、「奴らが満足するまでの間ダンスを続けるを続けてくれ」と言い、日本銀行をを助けることはしなかった。
会場の外では、借金に困ったいる人たちが、貸している人が酔っ払っているのを見て、時間を稼ぐことができると思い安心し、返済するための努力を断念し、彼らも酒を飲み始めた。
当時の日本銀行の政策決定会議の議事録や、他の開示文書、講義ノートなどをには、目指す方針ははっきり書かれていた。
すぐに異常なゼロ金利の状態から抜け出そうとしていた。
日本銀行は、継続的なゼロ金利で新しいバブル芽が発生することを懸念しており、同時に、ゼロ金利を取り消したときに金融市場が混乱して、別の悲劇が生じないよう頑張っていた。
日本銀行は、金融市場に早期に署名し、人々が正気になるべく頑張っていたのだ。
だが、社会はそれを認めていなかった。
日本銀行が裸踊りを中止すると、バブル宴会がいきなりおしまいになるになる。
社会はそう信じていた。
そしてまた、社会の忠実な犬である日本銀行が、社会の命令に逆らい宴会を断念することをはないと思っていた。
政治家と財務省は、日本銀行が自分の手下だと信じて、アメリカと世論は、ゼロ金利の継続を無責任に要求していた。
金融市場もコのような状態を見て、日本銀行は縛られ身動きが、取れないと思い舐めていた。
結果として、金融市場は、継続的なゼロ金利を前提にして新しいバブルを作っていた。
しかし、ゼロ金利を取り消した時のにショックを緩和するために日本銀行が金融市場との対話を要求しているとしても、金融市場は、そんなことは関係ないと言わんばかりに、反対にバブルを膨張させるだろう。
しょうがないので、日本銀行は裸踊りをやめると見せかけて、酒を次から次へと差し出していたので、酔いを覚ますことはなかった。
日本銀行がここでゼロ金利をこ​​こで取り消したならば、それは冷たい海に酔っ払いを投げ捨てることである。
金融市場は大きな同様を招き、金融機関の危機となり、死につながる可能性がある。
日本銀行は過去に宴会を終了させるために水かけたことがあったが、当時、過度の飲酒のために体を壊した参加者が多くいた。
直接の原因は飲み過ぎなのだが、上司の命令でアルコールを差し出したのは紛れもなく日本銀行で、体調不良の原因は日本銀行が冷水をぶっかけたことであり、社会に怒られたのだ。
今度は水を使わずに参加者を目覚めさせたいらしいのだが、酔っ払いはもっと飲みたいと怒鳴りつけた。
彼らがアルコール中毒によりくたばっても寒さで風を引いても日本銀行の責任である。
日本銀行は一生懸命警告を出している。
このバブルに参加した人々が、バブルの崩壊時に私に助けを求めても助けられない、と日本銀行は言った。
しかしながら、酔っている金融市場はそんなことはまったく聞いていない。
日銀はしょうがないので引き続きゼロ金利を続ける。
それは飲み過ぎに他ならない。
日本銀行は裸踊りを永遠に踊っている。
いかなる場合でも、日本銀行の不況は続いている。
・マネー博物館
数年前に日本銀行がホームページを更新した。
いつも通り情報伝達が遅い、市場との対話は不十分、など多くの批判のある日本銀行だが、当時のホームページを見てみれば、情報開示は他の関連する政府機関などよりもよっぽどに進んでいる。
日本銀行のウェブサイトでは、日本銀行の短観や大統領談話などの主要指標にや総裁の話など、告知と同時にサイトが更新されている。
なので、市場参加者は、ほぼ同時に情報を知れるのだ。
これと比較して財務省のウェブサイトはと言うと。
大切な指数やプレゼンテーションは、旧式のプレスを通じてのみ行われる。
日中はホームページ上で多くのことが公開されていない。
とても大切とされる2000年の予算提案もウェブサイトに載っていない。
とにかく、財務省が情報開示に積極的であるとはとても言えない。
革新的なアイデアに評判がある大臣を抱える経済企画庁も、ウェブサイトはあまりうまく使えていない。
大臣の談話を伝える努力は認められるかもしれないが、ホームページの読者の立場からはあまりいいとはいえないレイアウト。
また、日本銀行はまた、ユーザーへのメールサービスも先を行っている。
毎日、新しい情報をEメールで届ける。
情報の内容が分かりにくいというデメリットがあるが、そのようなユーザーに対する考慮は、他の政府機関にはない。
日本銀行のホームページは、日本の公的機関では非常に使いやすく、それは進化的で、そのウェブサイトはもっと良く更新された。
経済に精通していない人々の簡単な質問に答えるため更新は高く評価されなければならないだろう。
また、政府のホームページは、堅苦しい印象がある人は、通貨博物館に行くのがいいだろう。(https://www.imes.boj.or.jp/cm/)
日本銀行付属機関である東京日本橋の金融博物館のサイトは、お金などの歴史がわかる。
このブログの経済的ネタに興味がる人は
このサイトにもハマると思う。

紙幣の正体2 電子マネーの到来 お金はただのデジタルデータのになる

ねずみ小僧はその昔、小判を盗み、今は、紙幣を銀行強盗が奪い取る。
だが、それはただの一時的な現象だった。
将来、オンライン開発が発展し、もはや銀行間でお金を動かすために紙の紙幣はは必要ない。
次に、電子マネーが一般化された今、人々は数値データをお金として礼拝しているだけである。
お金の電子化は、もうオンライン化している。
だが、ある意味では、それは銀行と呼ばれる閉じた世界の物事であり、個人は銀行を通じてのみ現金に触れることができた。
だが、今では電子現金の時代になって、電子マネーを、個人が初対面の人と直接取引することができる。
年という画期的なことだろう。
他人へお金を渡すのに、もう物体は必要ない。
電子的なデータだけが移動するだけだ。
私は0と1のデジタルデータの列挙を貰い受け、あなた自身の「もの」を提供することになる。
ついにここで究極の紙幣の姿に達した。
要するに、お金のそれは本当の性質を示したのだ。
その昔、お金は 物体だった。
お金自体に価値があり、独立した、あたかも絶対値として存在しているかのように見えるようになったのである。
インフレになっても、デフレになっても、品物で溢れかえっても、逆に足りなくても、1キログラムの金の価値はあくまで1キロの金だった。
しかし、最終的なお金は単なる記号なのだ。
それは単にデジタルデータの羅列なのだ。
それ自体はまったく価値がなく、無期限に複製することができ、どんな人にも簡単に作ることができる。
極端な話だが、今、「1億円」と書いてメールを送ると、メールをもらった者は土地をくれるかもしれない。
しかし実際に、「1億円」と書いてもその土地をくれるわけがない。
しかしメールを貰うのが同じ人であっても、日本銀行が一億円と書くきメールを送れば反応するだろう。
私と日銀に何か違いがあるかと言うならば、単純に言えば、私は信頼性がなく、日本銀行にははそれを信頼があるからだろう。
言い換えれば、お金はデジタルなデータそのものではなく、お金に関する信頼(クレジット)である。
しかしながら、電子マネーの時代は、事をさらに複雑にしている。
日本銀行がメールを送ったとしても、本当に日本銀行が書いたものなのか分からないので。
本当の「物」と「紙」が往来した時代だったら、品物の品質検査、契約書の筆跡、何か手がかりが残っているので、結果的には本物と偽物を判別することが可能である。
だが、電子世界では、そのようなものを簡単に再現することができる。
もちろん、電子マネーの実用化に向けて電子認証を導入し、本物かどうか調べる仕組みはある。
それどころか、物と紙の時代にも偽札を作っていた人がいた。
実際に偽金が使われた時期があるので、この問題は、電子マネーの世界に限定されるものではない可能性がある。
しかしながら、電子マネーのメリットである扱いやすさは、危険も簡単に拡散することができる。
まるでクラッカー(コンピュータウイルス)とそのワクチンの戦いのように、
電子マネーの認証システムが完璧であるとはまったく言えない。
このような状況では、これらの記号を通貨として信頼できるかどうかについて大きな問題に遭遇する。
例えば、犯罪はもはや物体を盗むことはなくなる。
数字のデータをちょっと書き換えるだけでいい。
自宅で、あなたがインターネットで改ざんされたデータ人を送るだけで、お金を得ることができる。
とても恐ろしいが、電子マネーとは、このような信頼の仕組みを広く一般に公開することを意味する。
さらに、昔の金や紙などの物体を仲介することはない。
純粋な形の記号として個人に渡してしまうことになる。
人々はもう目に見える物体の形でそれらを確認できない。
信頼などと言った抽象的な形のお金を人々と取引する事になった。
このまったく無駄がない仕組みが成功したなら、金融経済の効率がさらに進化することはほぼ確定。
しかしながら、それが一番純粋な形になったので、さらなる進化は困難かもしれなず、その純粋さのために壊れやすい可能性もある。
最初に話したロシアの話に戻そう。
ロシアの場合ははお金にとって幸せな話だ。
その理由は
当時のロシア人はまだお金を信じていたからである。
ロシアの問題は、お金は信頼できないということではなく、お金がなくなったことであり。
人々はお金を貰うことを望んでいないというよりは、お金を受け取りたいのにお金を受け取ることができないという問題だ。
これは紙幣経済がまだ進行中であることを意味するのだ。
その一方で、先進国における将来の状況はもっと深刻である。
人々はお金の信用を無くし、何を信じるべきか分からない可能性がある。
電子マネーが信用をなくすと、「紙」の時代に戻れば十分であるかどうかは非常に不確実である。
お金の本質を知った人、神のお金を信頼するのか?
当然ながら、その時、たとえ「金」でも問題を解決できないかもしれない。
人々は交換の仲介者である "お金"を必要とするのではなく、需要の対象の品物自体になるのかもしれない。
結果として物々交換が流行るのかもしれない。
現在、世界では、マネーサプライを増やすように、日本銀行に求める論調がたくさんある。
しかし、これは非常に楽観的で幸せな人の見解だ。
金融経済が最終的に真の性質を示しつつあるときに、信頼の基礎を揺るがす危険性のある製作で耐久性を実験するのは、あまりいいとは思えない。

紙幣の正体 ゴールドとは何だったのか 金が紙切れに取って代わられる

今から18年前ほど昔、私はNHKで面白い番組を見ていた。
現在、ロシアでは、そ物々交換でない限り、物は得られないと言っている。
どうやら、だいぶ昔の夏の通貨危機によりルーブルが暴落し、インフレが深まったため、当局は通貨供給を極端に抑えているのが原因のようだ。
信じられないが、ロシアの大企業は社員に、賃金を支払わずにに現物を渡していた頃があった。
社員はそれをの他の物品と交換する。
最先端の化学プラントの社員は休憩時間には、何かをバケツで交換することを求めていまた。
会社間の取引についても同じである。
現金は原材料の購入には使用ぜず、タイヤ工場は、タイヤと引き換えに生ゴムと交換。
契約書に金額の記載がない。
その代わりに交換品が書かれている。
これは非効率的な旧世代のシステムだが、そのような景色は今は偉大な国と呼ばれていたロシアでは、かつてはいつものように行われていたのだ。
かなり漫画的だが、他人事は思えない。
我々は常識のように経済を考えているが、想像もできない恐ろしいものがあるかもしれないと私には思える。
確かに、当時は、お金に関連する画期的な出来事があった。
その一つが電子マネーの登場、もう一つは純金の価格の暴落、崩壊。
この2つの物事は、マネー経済が一歩前進したことを意味し、また、お金はついに本性を露わにしたことだ。
何故金の価格の下がったかは、ヨーロッパのいくつかの中央銀行が金を売り始めたからだ。
当時、スイス、オランダ、最後に、イギリスが最終的に金を売却することにした。
もともと、中央銀行が金を所有していたのは、金本位のシステムだっただけである。
過去に中央銀行は所持していた金と、交換券としてとして紙幣を作った。
だからこそ、中央銀行は金を貯めなければいけなかった。
しかしながら、その場合、紙幣印刷にを制限ができ、急速に増加する資金需要に対応することができないため、結局、銀行は金とコインやお札の関係を断ち切ることにした。
要するに、持っていた金量にかかわらず、紙幣を印刷できるようになることが決定された。
この時点で、中央銀行はお金を持つ必要はなかった。
だが、まだ、金は物凄い価値があると考えられてたし、世界中の中央銀行の資産として適していると考えられたので、引き続き金を保有していた。
しかしながら、インフレは起こりにくく、国民の本物に投資する動機は年々後退している。
元来、金の魅力の低い化学反応性と高い導電率は、後にできた合金と加工技術に取って代わった。
貴金属の需要あるが、人気はプラチナやその他の選択肢に移行するが、工業原料としての価値は、パラジウムや他の金属に追いかれるようになった。
このように、金の価値はどんどん下がっている。
次に、もし中央銀行が所持していれば中央銀行が損することになるので、つまり、売る以外に選択肢がない。
このため、決断はむしろ遅すぎた。
この流れは将来変化しないと多くの人が考えている。
以前は金がお金として使われたのは理由がある。
金がお金の中心となる前の古代では、石と貝はお金の役割を果たしてきて、時には銀が使われ、唐辛子があ航海中のお金の代用品なこともあった。
だが、それらを押し出して資産の王になったのは、金はその代用品より優れた通貨としての魅力を持っていたからだ。
科学的安定性は価値の保存に適していて、希少性とその輝きは、人々が持ちたいと望むには十分であった。
その魅力は世界で普遍的だったので、金は貿易に使われた。
しかしながら、金本位のシステムの放棄以来、紙幣は金から離れていった。
今の人々は通貨として紙やただの金属を崇拝している。
まるで神が紙の中に住んでいるかのように、人々は紙のために競争する。

FBIの歴史 伝説の長官フーバー

ジョン・エドガー・フーバー
FBIの長官として48年間働いていた。
本社ビルの名称になった伝説の人間。
長官になったのは29歳で。
彼の任命時にFBIにはほとんど予算がなく、実績はなかったが、腐敗した官庁を、厳しい訓練・規律・巨大な数の仕事により、FBIは世界的に有名になった。
姦通、同性愛、借金などの理由で職員を左遷するなど、過度な保守的な態度も批判されることがある。
連邦捜査局(FBI)は1934/05年に連邦警察機関として正式に設置され、それまでは銃を持って逮捕することはできなかった。
当時、スタッフは650人で、それは450人の捜査官を持つ小さな警察組織だった。
フーバーがPR(広報)に心を捧げた伝統に続いて、それは映画に描かれている「完璧」なFBIのの源である。約1万人の特殊エージェントがあり、最近はあまり人数は変化していない。
スタッフは中産階級の白人男性がほとんどで、女性10%、黒5%
ヒスパニック系5%
アジア系1%
0.5%の先住民族(インディアン)。
人種差別の判事がしばしば発生し、FBIは毎年膨大な賠償金を支払っている。
時には、500クラスのヒスパニックは、昇進が妨げられたときに集団訴訟を起こした。
全員、ほぼ大学卒業生、さらに、会計士や弁護士などの資格保持者、多くは軍隊や警察からの出身者が多くいる。
バージニア州クワンティコのFBIアカデミーは、新人を養成し、警察官を訓練する。
行動科学部門(BSU)と人質救助舞台の本拠地がある。
ここに送られた新人は、海兵隊の体育訓練、射撃、法律講義コース、などいろいろな訓練がある。
ここでは、忠誠心、我慢強く、団結力、協調性、法律を守る精神に専念させられる。
およそ10人がプロファイリングに特化しており、事務所は過去はFBIの秘書、幹部の幹部のための地下シェルターだった。
勤務は他のスタッフよりも、精神的にも物理的にも厳しく、羊たちの沈黙のクレアの上司クロフォードのモデル、ジョン・ダグラスは、数多くの事件で毎日働いており時間外労働もあり、私の家族を犠牲にして働かなければならず、6歳の少女をレイプし殺害した恐ろしい犯罪者をなどに毎日付き合わされ、怒らない静かな人は、捜査に適している。
FBIの活動の範囲は、連邦法の適用できるすべての範囲に至る。
米国国家は独立国(州)のが集まった国であるため、原則として、すべての犯罪はその州警察によって処理されるが、270件の連邦犯罪(組織、諜報、麻薬、テロなど)と犯罪が国境を越えると、FBIの出番である。
FBIの人権侵害の多くの事例は、確かな証拠で明白にされている。
例えば、反政府組織の盗聴があり、あなたがスパイの容疑者になったらそれは無制限になると、さらに、情報は開示されていない。
多くの人は、FBIがジョン・レノンやキング牧師暗殺を担当していたという理論を信じている。
1980年代のレーガン時代、米国の傀儡政権に反対する、中南米に設立した組織を組織的に監視・盗聴する。
FBIの刑事学研究所に送られた証拠の数は年間約100万人であり、約230kgの岩石、戦車の部品、「未知の生活形態」の髪なども来る。
また、ケンタッキーフライドチキンの容器に入った右手もあった。
ちなみに、Gメンとは、Government Menの略で、それは新聞がギャングを使っていた言葉を掲載して確立された。
「マフィア」はイタリア語であり、シチリアの秘密結社の名前。
「フランス人の死。
私たちの願い」の文章の最初の文字空撮った名前である。
フランス軍がシチリアを制圧したとき、婚約者がレイプされ殺害された若い男がフランスに抵抗したからである。

銃社会アメリカ 銃規制の歴史 昔は犯罪率と銃の所有率が低かった

まず、アメリカでは犯罪の絶対数がなぜ大きいのか疑問。
私は完全に独立した新しいオフィスを作り、銃の所有権をすべて登録したいと思っている。
銃の所有者から登録料を徴収した場合、税金は請求されない。
そして簡単に銃の追跡ができ、また、庁舎の莫大な事務手続きで、雇用対策となる。
銃の所有権を禁止していないので、ライフル協会は反対することはできない。
簡単に犯罪を検挙することもできる。
1991年には約300/1000人だった。
建国した時からアメリカが銃の国であるという考えは、それは完全に間違っているという点がありる。
米国の銃で殺された人数は、毎年総殺人、自殺、事故合計の450,000人、殺人事件の70%で銃が使用される。
大都市の従業員は銃を所有していることは稀だが、田舎では、銃を持つ社会や団体がたくさんある。
しかしながら、日本でも同様。
一般的な見解では、「憲法改正第2条は、米国人に銃器を持たせる権利を保証し、市民は自国の銃でイギリスと戦って独立を獲得したため、米国の銃の文化は創設時からのものだ」
この考え方は、米国の保守派のスローガンであるだけでなく、アメリカ人と日本人の認識は、これと似ている。
憲法改正第2条では、「規律ある民兵は、国家安全保障のためには、人々が武器を持つことは、禁止することができない』
このために、NRA(米国ライフル協会)などの銃規制に反対する派閥は、市民が憲法上の権利として銃を持てる主張している。
米国では、多くの人々はそれが当たり前であると思うが、この条項では、個人的に武器を所有する権利を保証するものではない、というのが法律関連者の人々や学者の常識だ。
過去の事例を見ると、この規定は、武装民兵だけに適用され、個人は適用されず、政府は銃を規制することができるとしている。
このため、銃規制は憲法違反という意見は、銃肯定派の政治宣伝である。
実際、20種類程の銃が連邦法によって製造、販売、輸入禁止されている。
各州は独自の銃規制法を自由に実施することができる。
しかしながら、狩猟銃は解放されている。
「市民が自分の銃を取って建国過程で独立戦争した」という説は間違っているという意見がありる。
この部分について、「武装するアメリカ – 銃文化の起源」の書籍レビュー(マイケル・A・ベルゼイルズはニューヨーク・タイムズ紙に載り、それは大きな議論になった。
この本曰く、国民は英国からの独立前に米国で銃を持っていたという論とは対照的に、プライベート二重を持つことはほぼありえなかった。
そのとき、米国で主に売れれていた銃は、マスケット銃で、値段が高く、弾の交換が面倒で実用的ではない。
マスケット銃は1543年に日本の種子島に導入された火縄銃とほとんど変わらない。
また、命中率も低く、獲物にあまり当たらず、狩猟のためにそれを使うことができなかった。
ほとんどの米国民は農民であり、いろいろな家畜を飼えばいいので、高く命中しない銃を購入する意味がなかった。
しかも、1763年から1790年までの裁判録を徹底的に調べ上げ、男性の14%しか銃を持っておらず、さらに、半分が使用できないという驚くべき事実あった。
政府は民兵に銃を支給していたが、米国は銃を作っていなかったので、絶対数は小さかった。
1754年のコネチカット州では、支給したのは民兵のわずか17%だけで、民兵が、レキシントンの戦いで独立戦争を起こし銃を撃ったのは、ほんの数回でしかなく、まったく当たらなかったらしい。
コンコードの戦争では、待ち伏せし、イギリス軍を狙撃したが、民兵3763人が戦い、狙撃できたのは65人程度であるようだ。
慢性的な銃の不足のために、政府はいつも銃を持っている人を把握し、緊急事態が発生した場合、強制的にそれを没収した。
要するに、銃全ては、所有していたのは政府で、個人の持つ銃も管理していたの政府である。
要するに、政府による銃器の規制とは初期からのものであった。
これらの点が本当である場合、「市民が所有の銃で自立と自由を獲得した」という説は、それは完全に間違いだ。
「南京大虐殺」の意見が大きく異なっているのと同じで、銃の歴史に関しても、の政治的立場に応じて、発言の内容・歴史、実際の発見するまでが徹底的に違ってくる。
銃規制反対派は、作者の見解により教科書を書き直すのは時期尚早と言う。
確かに、ライフル協会のスローガンによれば、殺人を犯すのは人間であり、銃自体は差ない。
しかしながら、あなたがナイフで殺すなら、あなたは手元の犠牲者を見る必要がある。
銃のはナイフよりも、心理的な抵抗感はほとんどない。
スコープライフルで300m離れている場合、実際の殺人は映画やビデオやゲームとあまり変わらない 。
ベトナム戦争以来、銃の所持件数は急増しており、その前の寧国は銃が少ない比較的安全な国である。
ちなみに、FBIによると、アメリカには2億5千万の銃があり、購入されるのは毎年500万人。
ナショナルスポーツグッズ協会の見積もりによると、ほぼ、銃を購入する人は男性(ライフル92%ショットガン94%)、20代後半から30題前半で、年間収入は35000ドル〜50000ドル、彼らの生活のために動物を撃つ事が不可欠な人は、ほとんどいない。

アンリ・デジレ・ランドリュー 映画の題材になった死体隠しの知能殺人犯

アンリ・デジレ・ランドリュー(1869年4月12日生まれ、1922年2月25日死亡)は、フランスの有名な連続殺人犯。
学校を去った後、彼は1887年から1891年ま??フランス軍に4年間滞在した。
ランドリューは彼女と結婚しなかったが、彼女は彼に娘を産んだ。彼は2年後に別の女性と結婚し、4人の子供を抱えてた。
彼は、通常は老人の寡婦を欺く詐欺行為を行った。
彼は逮捕されて1900年に2年の懲役を言い渡され、最初の詐欺罪で有罪判決を受けた。
1914年までに、ランドリューは妻から離れ、中古家具販売店として働いていた。
ランドリューは、パリの新聞に広告を掲載し始めた。快適な収入、良き社会の中で動き、寡婦と出会いたいという欲望。
ランドリューは彼のパリの別荘に来た女性を誘惑し、彼はそれらを殺し、解体した遺体をオーブンで焼く。
1914年から1918年の間に、ランドリューは11人の犠牲者を出した。10人の女性と犠牲者の10代の少年。
遺体がなく、犠牲者は行方不明者として記載されていた。そして、警察はランドリューが彼の計画で多種多様なエイリアスを使用することを知ることは事実上不可能だった。
1919年、ランドリューの犠牲者であるマダム・ブイソンの姉妹は、彼女の行方不明の兄弟を追跡しようとした。
彼女はランドリューの本名を知らなかったが、彼女は彼の出身と彼がどこに住んでたかを知った。そして、彼は結局警察に彼を逮捕するよう説得した。
当初、ランドリューは横領だけで告発された。
彼は警察と話をすることを拒否し、死体がない(警察は彼の庭を掘ったが、結果はない)ことから、殺人で彼を告訴する十分な証拠はなかったようだ。
しかし、警察官は最終的にマダム・ブイソンを含む殺されたと思われる女性を列挙したさまざまな書類を見つけ、それらを他の文書と組み合わせると、最終的に彼は殺人罪で告訴する証拠を蓄積した。
クシェット夫人の息子(最後に1915年1月に見られた)
マダム・ラヴェデーライン(1915年6月26日最後)
ギュリン夫人(1915年8月2日最後に見た)
憲法閣(最後は1915年12月8日)
コダム・マダム(1915年12月25日最後に)
マダム・ブイソン(1916年8月19日最後に見た)
マーム・ジャーム(1917年11月25日最後に見た)
マダム・パスカル(最後は1918年4月5日)
マダム・マルシャディエ(最後は1919年1月15日)
ランドリューは1921年11月に11回の殺人事件を裁判した。
彼はすべての判決で有罪判決を受け、死刑判決を受け、3か月後にヴェルサイユ宮殿で刑を言い渡された。
彼の裁判でランドリューは彼のキッチンの写真を捜した。そこには彼の犠牲者を燃やしたと非難されたストーブが含まれてた。
1967年12月には、鉛筆で書かれた鉛筆で書かれていた。ランドリューは「ベルヌーネ・ル・クルクが選んだ」と書いていた。その事の後ろの壁が、実際には物が燃えているストーブ)。
これは彼の犯罪に対するランドルの自白と解釈されている。
ランドリューはチャーリー・チャップリンの映画、殺人狂時代(1947)でインスピレーションを得た。
クロード・シャブロル監督の1962年の映画「ランドリュー」は、この殺人事件に触発された。
「The New Exhibit」と題されたトワイライトゾーンの1963年のエピソードでは、ランドリューが重要な役割を果たしている。
ランドリューの切断された頭は、カリフォルニア州ハリウッドの死の博物館に展示されている。

イアン・ブレイディー 彼女と一緒に子供をレイプし殺した男

イアン・ブレイディーは、スコットランドの連鎖殺人犯で、彼のガールフレンド、ミラ・ヒンドレーと複数の子供を殺害した。
1938年にスコットランドのグラスゴーで生まれた連中の殺人犯イアン・ブレイディーは、不幸な子供だった。
彼はガールフレンド、ミラ・ヒンドリーと協力して複数の子供を殺害した。
イアン・ブレイディーは1938年1月2日、スコットランドのグラスゴーのスラムで、母親のペギー・スチュアートのもとに生まれる。
彼はナチスと哲学者ニーチェに魅了され、小規模な犯罪と強盗を始めた。その結果、16歳の彼の母親と義理のパトリック・ブレイディーと一緒に暮らすことになった。
ここでは、1961年に秘書として雇われたミラ・ヒンドレーと出会った。
ヒンドリーはブレイディに魅了され、恋愛と知性を彼の偽善者に見せていた。彼女は最終的に一年間彼女の日記の中に彼のためにに強烈な気持ちを書いていた。
彼女に勇気づけられたブレイディーのアイデアは、もっと殺人となって、レイプは "最高の喜び"であるとの彼女に言われ、最高潮に達した。
ヒンドリー地元の踊りの途中でキースという少女を誘拐した。
サドルワースムーアのブレイディーと会い、そこでブレイディーがキースを川の横のギャラリーに連れて行き、強姦し、絞殺し埋葬した。
1964年のボクシングデーの休暇の午後、10歳のレスリー・アン・ダウニーは地元の見本市会場から姿を消し、再び警察の協力があったが、彼女の居場所についての手掛かりはない。
1965年10月7日、ミラ・ヒンドリーの17歳の弟のデイビッド・スミスがハイドの警察署に行き、恐ろしい暴力の話を聞いて警察の転換点を証明した。
スミス氏は家族関係を通じてブレイディを知ったことから、当初、ブレイディの暴力的に惑わされていたが、10月6日の夜、ヒンドレーとブレイディーの家に到着したときに考えを変えた。
最終的に、ヒンドレーとブレイディは、ムーアに埋葬された他の犠牲者もスミスに話した。
スミスの語に納得して、警察と増援はブレイディーの家に到着し、二階の寝室でエヴァンスの遺体を見つけ、すぐにブレイディーを逮捕した。
ブレイディーは、ヒンドリーが殺人事件と関係がないと容疑を否定して、エヴァンスとスミスの間に論争があったと主張した。
彼女は4日後、警察が彼女の車の中に彼女とブレイディーが殺人を実行する方法を詳細に記述した文書を見つけるまで自由を保った
もしスミスが他の遺体がサドルワース・ムーアに埋葬されているというブレイディーの主張について言及しなかったならば、調査はおそらくエヴァンスの死よりも進んでいないだろう。
原因不明の様々な事実にすでに慣れ親しんでた警察は、ブレイディとヒンドリーが好む区域を突き止めることができ、過去2年間にその区域で行方不明になった子供の遺体を掘り起こし始めた。
レズリー・アン・ダウニーの裸の身体は1965年10月10日に発見され、11日後にジョン・キルブライドの遺体が発見された。
そこでは、警察はヒンドレーの寝室に縛られてたレスリー・アンの写真を含むサディスティックなポルノを見つけた。
幼い少女が泣き叫んで声を掛けて、彼女の人生のためにに聴いてもらうことができる音声テープ、そしてブレイディーとヒンドリーの声が聞こえた。
彼女の母親、アン・ダウニーは、テープ上の声を娘ものと特定しなければならない。
ブレイディーとヒンドリーは、あの人達に対する証拠があるにもかかわらず、レスリー・アンの殺害を拒否し、再びスミスに含意させようとした。
あの人達はレスリー・アンが自宅を無ことに返ったと主張し、スミスは後で彼女を殺害したに違いないと主張した。
ブレイディーとヒンドリーをジョン・キルブライドの殺人と結びつける証拠は、それほど強くはなかったが、あの人達を殺害するのに十分であることが証明された。その結果、あの人達はエドワード・エヴァンス、レスリー・アン・ダウニー、ジョン・キルブライドの殺人罪で起訴された。
ヒンドリーとブレイディーは、チェスター・アサイズで1966年4月27日に裁判にかけられた。あの人達はすべての罪に対して「無罪」と言いはった。
1966年5月6日、ブレイディーは全ての殺人事件で有罪判決を受け、ヒンドリーはダウニーとエヴァンスの殺人事件で有罪判決を受けた。
イアン・ブレイディ氏は1999年10月、高セキュリティのアシュワース精神医学病院で飢えのストライキを行い、残りの人生を刑務所に奉仕するのではなく、自分を餓死させる法的権利を要求した。
2001年8月、ブレイディーは連載殺人について書いた本を書き、1万2000ポンドで手に入れたことが明らかになった。
ブレイディーの犯罪は言及されていないが、その刊行はブレイディーの犠牲者の家族を含む多くの人々によって非難された。
ブレイディーは、明らかに、彼の死後に出版を待っている彼の弁護士によって保持されている自叙伝を書いている。
2006年2月、ブレイディーは犠牲者の母親キース・ベネットに手紙を送った。
ブレイディーはまた、キース・ベネットが埋葬されている場所から20ヤード以内に警察を連れて行くことができると主張した。
病院のスタッフは、ブレイディーが第三者経由で手紙を送ることができたと信じている。
2011年現在、ブレイディーはイングランドとウェールズで最も長く服役する。

銃社会アメリカ 犯罪防止のために銃を持ち、自営の反撃に使う.txt

現在、米国には2億3千万の銃があるが、の最大の利益団体は、国家ライフル協会(NRA:National Rifle Association)
それは1871年に銃の愛好家のが設立された。
今は、全米の人々の銃の所持を認めた憲法改正案2条を守る目的を有し、会員数は260万人。
アメリカ全土に組織ネットワークを持持っており、会費と寄付金の年間収入は9100万ドル(100億円)
政治献金と選挙投票権を持つ政治家に対する圧力をかけることもある。
大半の、クリントンを含む過去の大統領は同じ組合のメンバーである。
米国(合衆国)憲法における「自衛」のためにの銃が認められている。
西部開拓時代の伝統文化と言われている。
今後の基本的な改正はないだろう。
米国人にとっての拳銃は、白米が食べたい日本人と同じで、情緒的な性格を持っている。
一番欧米人がに使うのはのは28から38門の小さな拳銃( 、サタデーナイトスペシャル)。
この小さな銃を規制する動きがある。
しかしながら、小さなピストルは安価であって、自己防衛のためにに効果的。
犯罪被害者である傾向のある、年間収入が7,500ドル未満の世帯では、それは犯罪者に大きな拳銃を使用させるだけでになる、とNRAとは反論を唱えた。
注意点は、議論としてNRAが引用された文書の出版年は古いので、最近は、経済が急騰した結果、犯罪が減少したことはほとんどない。
あれは、5日間の購入停止期間を設定するブレイディ法、これには何の影響もないという主張を強調するためににわざとに古い文献を選択したと考えられる)。
ちなみに、ブレイディはレーガン大統領時代の補佐官であって、レーガンの暗殺をされかかった時、彼は頭に弾丸を受けた。
銃は自分自身やの家族や友人を守るため必要、それがNRAの主張の基本。
以下、それは国家ライフル協会(NRA)のHPからの主張、(銃を寄生していない所のほうがで犯罪が減少した
まったく抵抗しないよりも銃で反撃したほうがよく、暴行や強盗ギャングの犠牲にならない事が多い(ゲイリークレック、1997)。
年に250万mの回数、それは "自己防衛"のためにに銃が使われる。
(「犯罪への武装抵抗:銃による自衛の蔓延と性質」ジャーナルオブ刑事法と犯罪学、1995年秋)
米国の憲法における「自衛」の銃は合法である。
犯罪者の34%が銃で反撃される可能性があることを恐れるので、抑止力もたくさんある。
(ジェームズD.ライト、ピーターH.ロッシ、、1986)
18世紀には、トマス・ジェファーソンのような有名な政治家や、セレブリティ・紳士は常に小さな拳銃持ち歩いていた。
犯罪発生率の低い上位9州は、RTCを銃を持つ事について認めている。
歴史的な銃規制は、実際には黒銃の所有権を禁じようとしていて、ブレイディ法も同様の効果を有する(実質、黒人は高い犯罪率を有し、所得が少ない)
フロリダ州では、銃所有権を積極的に認めた後、犯罪率は41%減少した。
銃は暴力的犯罪の30%未満でしか使用されていない。
一方、ブレイディ法による規制銃のある週は、銃による犯罪が多く発生しており、この法の銃の購入の停止期間は完全に無意味(米国犯罪学会年次総会のために準備した傷害死亡に対する銃器規制の予防効果)
自由の国は自由を要求した武装した市民によって設立された。
将来的には銃規制が進まないようだが、銃の所有権を侵害することなく、犯罪に10月買われるのを防止する方法を検討する必要がある。
NRAは、君が銃を使って自分自身を犯罪から守ることができると主張している。
過去10年間、 銃の増加と犯罪の発生との間には関係がないことは明らかである

銃社会アメリカ 学校の生徒の銃規制の問題、世界各国との比較

銃ではなく人間を殺すのは人間だ
これはアメリカ最大の圧力グループ、米国ライフル協会が掲げるスローガン。
ほとんどの大統領の大部分がこの協会のメンバーであり、大きな寄付を受け取った。
学校での銃撃と銃の規制
2000月09日に、国立暴力犯罪分析センター(FBI)は、学校での暴力に関する2年間の調査結果を発表した。
FBI関係者、160人の学校関係者、心理学者、警官、検察官などが司法省主催の調査に参加した。
学校で18件あった銃撃事件を調査し、子供の危険な兆候をはっきりと説明しているが、 FBI職員は、「銃を撃つ子供のプロファイルはないという意見もある。
「危険人物のチェックリストではない」と言われているが、チェックリスト形式である。
しかしながら、抽象的な中身なので、実際に役立つかどうかはわからない。
リスク要因は4つのカテゴリーに分けられる。
性格特性
家族の状況
学校の交流
社会的交流の4つである。
子供を教育する立場の大人が問題を抱える男の子について考えるための質問:
学校雰囲気はいかがか?
それがどのように影響するか?
怒りを表現するなら、どのような問題があるか?
君は暴力的な映画・本・音楽に異常な興味があるか?
実際に激しく暴行するなどと言ったり、そのような書き込みをしたことがあるか?
問題のある子供の性質
他者との協調対処能力が低いか?
銃や兵器に関心があるか?
銃を持っているか?
著しくうつ病のようになるか?(うつ病の兆候である)
注目されていることへの病的なまでの執着
人種差別をしているか?
暴力行為や暴力に満ちた娯楽への激しい興味があるか?
薬物乱用やアルコール乱用)しているか?
君は孤独か?
君はナルシストか?
異常なレベルの不適切なユーモア、ジョークを言うか?
インターネット(PCやスマホ)やテレビとの接触時間に制限されていないか?
これらのリストに該当する子供は、おそらくかなりのものになるだろう。
アメリカの学校の荒れた様については、疾病撲滅や疫学研究や教育などが目的の連邦政府施設疾病管理センター(CDC)の;本部はジョージア州アトランタにあり、以前は伝染病センターの1997の調査が知られてた。
以下は、高校生のためにのCDCの調査した結果であり、荒廃した学校の重大な環境が明白になった。
また、覚せい剤や麻薬など中毒性の高い薬が流行したことを忘れてはならない
過去30日間の学校を含む日常生活では、武器の所持(銃、刃物(ナイフ)など)が18.3%
過去30日間で学校に「銃」を持ち込むのは5.9%
過去の30日間に学校内で武器(銃、刃物など)を8.5%が所有した
過去30日間で、4%が学校が危険でなので、1日以上欠席する
L 7.4%(男性10.2%
女性4%)過去1年間に学校内の武器を用いて激しい威嚇や傷害事件にあった
14%(男性20%
女性8.6%)過去1年間で学校内の喧嘩(暴力)をした
32.9%学校内の過去1年以内に、車、服、本などの持ち物をわざとに他者に壊されたなどである
銃規制に反対する意見もある。
プロガンロビー
第二次改正:
自由国家の安全保障に必要な十分な場合、国民が武器を保有する権利は侵害されないものとする。
アメリカ合衆国憲法改正2条:
規律ある民兵、国家安全保障のためには、国民が武器を保有する権利は失われない。
殺人事件に銃を使った場合の、全世界の割合
北アイルランド86.04%
コロンビア78.33%
イタリア73.78%
アメリカ67.79%
メキシコ56.20%
ブラジル55.57%
ギリシャ51.75%
アルゼンチン46.78%
スイス43.94%
ポルトガル語42.95%
ベルギー42.55%
フランス39.29%
オーストリア35.90%
クウェート35.64%
南アフリカ35.33%
カナダ35.19%
オランダ32.43%
イスラエル31.03%
ノルウェー30.93%
エストニア28.61%
フィンランド26.54%
オーストラリア23.66%
スペイン22.11%
フィリピン21.60%
デンマーク19.01%
ドイツ18.80%
スロベニア17.41%
スウェーデン13.85%
台湾11.95%
ニュージーランド11.56%
スコットランド8.48%
イギリス7.80%
ハンガリー6.52%
アイルランド(北を除く)4.84%
シンガポール4.09%
日本3.23%
韓国2.47%

アドマックス