投資信託でお金を儲けるための方法1

財政的なビッグバンだと言われており、規制緩和のために消費者にとって良いものがあると言っているが、私はわからない。何なのか分からない。
新しい債券や投資信託など、理解しづらい金融商品を組み込んだ派生商品らしいがこれを理解するのは難しい。どうかを理解することは困難だ。
新しい金融商品は、古い金融商品よりも良質だと言っているが、インチキ臭い代物である可能性がある。それはうさん臭い製品かもしれない。
証拠に、過去問題になったプリンストン債は、見栄えが良い金融商品と言うだけの詐欺に過がなかった。それは詐欺だけだった。

金融の爆発が始まったとき、個人がリスクを判断し、自分の投資の結果に責任を負うようになった。自分自身の投資結果に責任を負わなければならない。
気付くと、個人がリスクを判断するには情報が不十分であり、言い換えれば、自分が持っている経済知識では理解し難い内容になっているので、巷にあふれている経済情報あまりにも多い可能性がある。路上であふれる財務情報が多すぎるかもしれない。
経済情報に自信を持っている人たちでさえ、実際には金融商品の詳細を知らないのだ。事実の金融商品の詳細を知らない。
人々は財務情報の氾濫をどのように付き合うかを知らないと言うのは当然だ。知らないのは当然だ。
自身の資産について、自分で責任を取ることができると言うのは厳しい話だ。それは厳しい話だ。
銀行も生命保険も倒産することができないという前提があった。銀行も生命保険も倒産することができないという前提で仕組みがあった。
生命保険は気付くと倒産し、受け取れるはずの保険金が減っていたのだ。
2年後に銀行に預けられた預金は、同様に運営される可能性がある。

気づいたら、個人は、地図のない海に一人ぼっちにされているようだ。
富裕層はまだまし。
海でさえも、豪華な客船や自分のクルーザー灯っているので、金持ちはそれに乗っていればいい。
ただ旅行をしているに過ぎない。
普通の人には難しい。
機器や羅針盤を持たない小さな船で、海を彷徨っている。
エンジンも無線もない。
南に行くほうが良いと思っても、本当に南に行くと島に着くかどうか分からない。私が本当に南に行くなら、私が島に行くかどうか分からない。
南はどちらも知らないかもしれない。
過去なにも研究や勉強をしなかったので、目印にすべき星座の場所を知らない。位置を今も理解していない。
近くの通り過ぎる船に助けを求めるときでさえ、彼は気付かない。
救助を求める場合でも、私たち救助コストを支払うことができない。
一般の庶民は何をで行うべきかどうか疑問に思う。

近い未来、自分自身の自己年金の方法を決める必要がある時が来る。
確定給付型であると昔ながらの年金は、財政的な失敗の状態にある。
現在働いている人から受け取ったお金を、現時点だでに引退している高齢者に渡すための仕組みに過ぎず、現役世代数は減少し、高齢者受取人の受取人数が増えると、入金金額が減り、経費が増えるため、財政状況が悪化する。
確定拠出年金は新しい年金として導入される計画だ。
あなたが今から未来のために受け取る年金を積み立てなければいけない。
どの資産を資金配分するか、どのように運用するかは、各個人の判断に委ねられる。
個人が資産管理を理解しないといけないほど厳しくなっている。
金融ビッグバンは、手数料の割引などの恩恵があるかもしれないが、意思と力が足りない人にとっては、厳しい時代になる。
弱い人は慈悲なしで切り捨てられる。
個人には、敗北しないための知恵と手段が必要だ。

この話はみんなにもおなじみのトピックだ。
個人が将来資産を管理するために使用する可能性が最も高い投資信託について話したいと思う。
困った個人投資家の立場からすれば、誤りのない投資信託を見つけることができれば、どんな投資が良いかだ。それについて考えたい。
今度は経済コラムではなく、財務プランナーとして推薦できる投資信託を見つけるためのハンドブックだろうか?
投資信託に精通している人はこの話は無視していいろう。私は敢えて話をさない。
投資信託の初心者への助言だ。

自分の資産運用としてすぐに購入したい場合は、どのような視点からいくつかの条件について考えてみたいと思う。私はいくつかの条件について考えたい。

投資の対象となるものをわかりやすいものを選択する

当然ながら、株式に投資する場合、買うのは株式投資信託だ。
債券の場合は、債券投資信託債券だ。
通常の投資信託購入者のように外から投資信託を運用する人にとっては、投資信託の基本価格の推移を予測することができないというのは困ったことである。
 バランスのとれた投資信託でも、株式も債券も扱うところもあるにはあるが、株式が上がるにつれて債券が下落する時もあり、投資信託自体の参照価格が上がったか下がったか理解しにくい。
株式投資信託のみの場合、株式市場が上がれば自己清算の基調価格も上がると予測できる。株式市場が上昇すれば、自己清算のベース価格も上昇する。

指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない5

日本市場は一方向の動きと、同じ方向に動き続けると言われている。それは同じ方向に動いていると言われている。
特に個人投資家の少ない債券市場で顕著である。
給与労働者じゃなくプロフェッショナルの作業が行われるため、傾向が弱まる可能性がある。傾向は弱まるかもしれない。
指数化の動きはあるが、市場の動向と大きく異なることはしにくいのだ。それでも、市場の動向と大きく異なることはない。

投資理論のさらなる進化がなければ、指数化は止まらないろう。投資理論のさらなる発展がない限り、インデックス作成の動きは止まらないろう。
内部で行動するのは良いことなのだろうか?

プロの投資家の採用担当者は、より正確な指数を選択する必要がある。より正確なインデックスを選択する必要がある。
この指数は、どのような投資がしたいかどうかを投資家により正確に通知するためのツールだ。これはオペレーターにもっと正確に伝えるツールだ。
おかしい指数を送ると、投資家はおかしな投資をしてしむ。オペレータが間違った方向に操作する。
投資家のせいではない。
それは指数を送った自分の過ちだ。
東証一部指数をえらぶ場合、投資は主に東証一部で投資をする。事業者は主に東証で運用される。
店頭市場が良好な場合、店頭市場と同等の収益率を望むべきではない。
リスクを軽減するために、投資家は指数からの逸脱がほとんどない状態で投資する。
財政赤字が悪かったら日本で債券を購入するのは当然のことだ。
悪いな資産を購入したくないので、指数を選び直す必要がある。

それをするのは投資家であるべきだか?
指数をの使用を避けられるほうが良いとはいえる。
顧客からの指示があれば、従うしかない。
指数からの逸脱を防ぐことになる。

次に、指数をを作成する人は正確な指数をを作成する。正しいインデックスを作成してください。
正確な指数は透明的な基礎があり、他の人が検証可能である。それは、他人が検証しようとするとあなたができることだ。
悪い指数を作成している企業は疑わしいとみなすことができる。
そのような企業は非難されるべきだ。

人はすべき?
指数は完全に信頼されるべきではない。
指数は市場の動きを調べるのに非常に有用だ。
株式が高くなるのか下降しているかは指数を見るのが最も速い方法だ。インデックスを見ることが最も簡単だ。
指数は、実際の市場の動きよりも動きやすい。
指数が急に動くときは注意してください。
価値が下がることも考えなければならない。

指数から離れて、ターゲットの株式を一度研究する事が重要だ。私は操作オブジェクトを一度見る。
東証株価指数が上昇するからNTTの株式自体が高くなるのか、それとも魅力がNTT株にあるのか、自分の投資の仕方の基本に戻るのが一番良いようだ。私は基本に戻るが、私は最高の気分だ。
指数が上昇すると、NTTの株式も増加しており、指数が上昇する理由は、お金が株式市場に流入しているためだ。また、資金が株式市場に流入しているためだ。
当たり前のことながら、ファンドはNTT株式にもお金が入り、.NTT株式がインデックスの主要構成要素であれば、利益は他の株よりも大きくなる。利点は他のブランドより大きい。
その逆も真だ。
NTTの株式自体が価値があるとすれば、指数が悪いときでもあまり下がりにくくなるだろう。インデックスが悪い場合でも、どこかで沈むのをやめる。
NTTの株価が自己の価値判断により高価だと感じたら、指数が高くなっているときにはNTT株式を購入しないほうがいい。 インデックスが上がっているときはNTT株式を買わない。

指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない4

もともと、発行者側の状況によって発行金額が増加すると、投資家が買わなくなってしまい(価格が上昇すると債券の利回りが上昇する)価格が調整される。発行価格で表される総量の増加を抑えていた。時価総額の増加が抑制されたという暗黙の理解であった。
指数に続く多くの投資家がいる際、最初の反応は逆であり、たくさん株券などを買い、市場価格を急上昇させ、発行価格も上がるため、時価総額が増えるおかしなことが起こる。時価総額が増加し、奇妙な現象が発生する。

指数は、現代の投資理論の息子のようなものだ。
理論によって示唆するように、指数が多くの人に広まり、指数との逸脱をリスクとして認識したが、指数の問題が浮上してしまった。それは索引の問題が浮上したために皮肉だ。

指数は過度に反応することがある。
債権や株が上昇し始めると、株は誰もが考えたよりも着実に上昇する。

普通ならこのような低金利では買わないと思うが、他の人が購入し始めて指数がが上がると、他の投資家も購入してしまう。他のインデックスプレーヤーも購入する必要がある。
最初の動きは加速され、誰もがそれがあまりにも高すぎである思うところまで上昇する。
長期的には、ある程度の機会(予感なし)で加速を維持できない場合、逆に安くなる。反対の動きが始まる。
下降も加速度していく。
指数が基礎の投資は、市場の動きを推進している原因といえる。それは市場の動きを増やしている要因の1つであるとも言える。

指数の問題の原因の1つは、指数が正確に作成されていないことだ。正しく索引付けされていないかどうかによって異なる。
世界国債指数で言えば、国債のみを対象とするのが問題点だ。
国債のほかに、アメリカには社債や住宅ローン債券などの大きな市場があり、私的債券へなどもあり依然として世界最大の市場だ。それでも世界最大の市場だ。
日本では、社債などの市場が相対的に伸びていないため、日本の比率が極端に高くなることは少ない。日本の比率が極端に上昇するのを避けることができる。
株も時価総額は、東京証券取引所だけを追加するのか、店頭を追加するのかを部分的に考えるべきかという考えだけで違ってくる。ちょうど考えて、市場の時価総額は異なる。

現代の投資理論では、対象物のサイズはもともと問題になっていない。
東京証券の1部と2部のどちらが安価か高価かを考え投資する人は世界中どこかにいるとおもう。いずれかの市場は別の市場ではより高価や安価になることはないと考えられる。
時価総額のバランス私は、金融市場に参加している人々は、自己期待リターンと期待リスクとのバランスを取って多様化の結果であると思っている。私は、金融市場に参加している人々は、自己予想収益と予想リスクのバランスを取って多様化した結果だと考えている。
株が多すぎると株が避けられ、株価が下落し、債券も崩壊するはずだ。同じことが債券にも当てはまる。
現在の価格水準は、市場の参加者が現在の価格水準が現在の発行価格を吸収するのに十分であると判断されたと考えられるために決定された。現在の価格水準が現在の総発行価格を吸収するのに十分であると判断されたためと思われる。

実際には必ずしもそうではなく、短期間に歪みがある。短期間に歪みがある。
投資中心の参加者が自由に投資できていないことが原因である可能性がある。
一部の投資家は、顧客から与えられたガイドライン(投資対象が規定されているもの)についてのみ東京証券に投資することができる。一部の投資家は東証のみに投資することができる。
ファンドはできるだけ早く市場をすばやく流れている可能性がある。

世界の流れはさらに指数に向かっている。
そして手足に縛られている投資家の数がこの歪みの促進になる可能性がある。それはこの歪みを促進するためのものかもしれない。
投資家の組織化(個人投資家が減少し、機関投資家が増えている現象)や大規模な金融機関もまた問題を喚起するだろう。
つまり、金融市場に参入する投資家の多様性がなくなり、一方向に動き出した市場を止める人々の数が減少している。ある方向への動きが始まった市場を止める人々の数は減少している。

日本の場合も問題があった。
銀行、生命保険会社、損害保険会社のいずれであろうと、ほとんどの行政機関は給与労働者が運営していた。ほとんどが給料労働者だった。
サラリーマンはリスクを取ることができない。
市場が上昇しているときには、衰退に賭けることはできない。
彼らは市場の方向と同じ方向に賭けようとしている。
賭けは賞賛されるかもしれないが、当てるのは難しい。あなたが外出しているときは、それは深刻だ。
他の人と同じことをしている市場の方向性が、たとえ当たらなくても、自分自身の問題ではなく、他人と一緒だ。それは自分自身の問題ではない。
給料労働者は、自衛のための市場に従おうとしている。それは自衛のための市場に従おうとしている。

指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない3

新規証券の発行などが問題視されている。
前の記事の例では、日本の指数の構成比が50%、上の例では50%であり、日本では国債が10%増加し、米国では10%減少したとする。米国で10%減少したケースを考えてみよう。
日本と米国のどちらも利益率ゼロではないにしても、次回は日本で55%、アメリカで45%となる。米国では45%だというのだ。
債券発行額の増減を含まずに利益計算しているため、日米ともゼロで計算されているが、構成比率のみが変化する。組成比のみが変化するということなのだ。
もちろん、「インデックスファンド」の構成比率は、日本もアメリカでは50%だ。
「インデックスファンド」でさえ、構成比率を調整するために売買しない限り、指数から逸脱する。それはインデックスから遠ざかる。

勿論、日本は5%、米国は5%の売買契約を結ぶ。
このような世界債券指数の状況が過去あった。
日本の債券発行額の増加に加えて、円高はドル表示額を上げたが、アメリカ国債の発行は減少し、日本債券の総時価総額が米国の時価総額を上回った。まもなく、日本の債券の総時価総額が米国債の時価総額を上回ったところになった。
パニックになったのは世界中の債券管理者だった。
ファンドの日本国債の割合は、指数から着実に逸脱し、そのリスクが拡大していた。彼らの「リスク」は拡大している。
このように円高になったことで、ドル建てで見た日本国債の投資収益率が高まり、投資収益は指数よりずっと低くなった。彼らの投資リターンは、指数よりもはるかに劣っていました。
その人達はパニックになり日本の国債の購入したが、円がもっと高くなるにつれて、日本の国債市場も確固たる要素となった。日本の国債市場も安定した要因となるだろう。
日本の国債の発行はさらに増加するだろう。
外国人投資家は日本の国債を買わなければいけない状況になった。
当時の日本の債券市場を支えている要素である。

それについて考えてみよう。
日本が債券の時価総額を増加させるのは日本の債権に惹かれるものがあるからではない。決して日本の債券は魅力的な理由ではないのだ。
日本の債券発行額の増加の理由は、日本の債務残高が増えており負債になったためで、アメリカ経済が順調に推移しており夫妻もなくなって、アメリカの債券発行が減少した。
米国経済は順調に推移しており、政府の負債は減少しているため、米国の債券発行は減少している。
どちらの国が健康な経済であるかは明らかだ。
それでも、指数を意識した投資家は日本の債券を購入せざるを得ない。インデックスを意識したオペレーターは、日本の債券を購入しなければならない。
指数運用は、健康的な収入を増やすのではなく、不健全な収入を増やそうとするインセンティブがある。より不健全な資産を保持するインセンティブがある。
もともと年金基金は健全な資産を保有していると考えられているのだが指数を指定しているので、不健康な資産が増えている。

世界政府債券指数のケースは、外国為替は円高に変動したことも理由に挙げられる。円が円高を評価しているにもかかわらず、大きな原因だ。
普通は不健全な国の通貨は安くなる、それをドルに戻すと、構成比はそれほど増えないはずだ。ドルに換算すれば、組成比はそれほど増えてはならないはずだ。
為替レートが経済的なファンダメンタルズ(基本条件)をにより決定するのではなく、あなたがよく知っているように、長期的な透視のための為替レートに戻ってきても、その間、指数も投資家の投資行動も狂ってしまう。その間のオペレーターの投資行動も歪められる。

世界国債指数に反映されていたが、これは他の時価総額指数には関係ない問題ではない。これは決して他の時価総額指数に関連しない問題ではない。
国債が増加すれば国債の比率は自然に上昇し、長期債の発行が増加すれば長期債の比率は上がり平均残存期間も延びる。必然的に、長期債の比率は上昇し、平均残存期間は長くなる。
市場は良い形で拡大したのではない。
この場合は指数は債券発行者の都合によってのみにより変化し、債券の場合は、発行者の財務状況の劣化により指数が変わっていったのである。発行体の財務状況の悪化は、その変化を引き起こしている。

そのことは株にも同じことが言えるだろう。
株の発行が問題ではないのは、発行された株は、経済が良好な形をしているときに多いためだ。おそらく経済が順調に進んでいるからだろう。
景気が良くなっている時に時価総額が増加するグラフは、とてもわかりやすい。
市場が健全に成長しているときに株を買うすることは、正しい投資の目的だ。それは当初の投資の目的を満たしている。
だが、景気後退期の財源対策として、NTTの株式の放出のように、新たな株式が供給されることになる。景気後退期には財政再建のための新たな政府株式が供給される。
問題は目に見えないだけである。

指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない2

有名な国際株価指数を発表している外資系証券会社は、社内で多く持っている株式を新たな指数とし、社内で所有していないブランドからインデックスを削除す、という、噂がある。
実際にスキャンダルな出来事だから、私は嘘ということを望んでいるが、外資系企業が発行する指数の構成株の決定基準がわかりにくく、恣意性を取り消せないためだと思われる。
一部の人々はそれを使用しようとしているのだ。

新聞やマスメディアなどに載っている日経225指数などと、証券会社などの情報が付加価値の高まりのために(指数情報、指数資料と引き換えに取引したり、指数で作られた証券を販売するなど)自分で作ったインデックスがあり、後者を利用するため構成株の決定基準や指数計算に用いられる市場価格を誰でも理解できるものであるかどうかは必要で、その意味で、運用評価のために指数を使用しようとするとき、指数を発行した者がどこかを慎重に調査する必要がある。

株式がどれも平均的で、代表株にしかないものよりも「市場平均」に近づき、構成株のが誰でも理解できるかどうかについては、「東証株価指数(TOPIX)」のように市場のすべての株式からなる時価総額指数がとてもいいものである。
運営側であれば、全株式を時価総額と同じ比率にすることは難しいため、厳密に「インデックスファンド」を模倣することは難しいため、特別な株式の、特定の株価の上下の影響を受けにくい分だけの使いやすいということもある。

日本の年金基金の指数は、主に日本株の「東証株価指数(TOPIX)」、日本債券の「野村総合研究所債券指数(NRI-BPI)」、海外株式の「MSCI国際指数」、外債の「SSB「世界債券指数」であり、「MSCI国債指数」を除いて、市場全体の時価総額に基づくインデックスであり、年金基金などが資産運用を専門家に頼む際には、時価総額に基づく指標を比較対象とすることが多いように思われる。
MSCI国債指数の各国の有価証券にあるのは、代表的な株式だけだ。
指数にも問題がある。
世界の世界国債指数だ。

「インデックスファンド」を運用している場合は、日本の50%、米国の50%に債券を組み込むことになり、指数構成比が日本で50%、アメリカで50%だったとしよう。
日本の利益が10%、アメリカのがマイナス10%ならそうなってもおかしくなく、指数に従わないと日本の低金利が嫌い、日本は0%、アメリカは100%となる可能性がある。
あなたは平均より10%低い、指数の利益の率は平均0%、あなたのはマイナス10%だ。
敗北している。

指数の構成比率は、日本では55%(50%×伸び率10%=時価総額5%増)、アメリカでは45%(同様に5%減)に変更され、問題は次だ。
指数の利益は55%×10%+ 45%×( - 10%)= 1%で、アメリカにすべてかけた場合の収益率どうだろうか?
以前と比べて低くなって、11%低い。
指数の構成比率が変更され、以前よりも損をしてしまった。

上記のように、単に(他の条件は等しい)、指数の構成比率からの偏差率が大きいほど、指数の勝敗の程度は増え、透視の専門家は、この指数の構成比率と、運用するファンドの構成比率との差をリスク感じている。
専門家は指標の構成比を慎重に監視し、偏差率が必要以上に大きくならないように注意する。

上記の例では、各国の収益率(時価総額の伸び率)の違いによって構成比率が変化し、残念ながら、指数の構成比は天気のようにに変わる。
「インデックスファンド」を作成する場合、自分のファンドは指数のように構成比を自動的に調整するので、追加の調整はいらない、また、市場が上がる運用環境の良いところに応じて金額を分けることも良い考えだ。

指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない1

「株式市場が上昇する」と言うと、人々は何を考えるか?
人々は日経平均株価指数225指数を一度聞いたにだろう。
それ以外は多くの人々がアメリカの "ダウ工業株価指数"を聞いたことがあると思う。

もともと、個々の企業の売上などに応じて上昇と下落をしているため、一部の株式は高くなり、他の株は低くなる。
あなたが見ている株式の日が良い日だったか、悪い日だったかどうかは違っている。
思うのは平均的な概念だ。
簡単には、日経225指数は、225種類の選択された株式が平均で香華したのかを表すものだ。
市場を代表するものを指数(英語ではインデックス)」と言う。

指数には、上記の日経225指数などの代表的なブランドの平均成長率を示すものと、市場に含まれるものが含まれる。
後者の代表は、東京証券取引所市場第一部に上場している株式の総数と市場価格を乗じた時価総額の成長率を表す「東証株価指数(TOPIX)」などである。

 概念は資産管理者にとって非常に重要だ。
運用のプロフェッショナルとして、顧客から資金を預ける者のとって、自分のスキルを比較する必要がある。
株に1000万円を投資して100万円にすると、収益率は0.1%になるが、市場は0.3%くらい上がった可能性もある。
収益は市場の平均的な収益率以下であったため、株取引がうまくなかったのだ。

今度は、この指数によって引き起こされた問題を見てみよう。

 市場全体ではなく、代表的な株式によって構成されている指数の問題を考えてみよう。

代表的な株式に絞られた指数で、指数と等しい収益を得ることを目指すなら(「インデックスファンド」または「パッシブファンド」というファンドがある)、インデックスを真似して似ている組み合わせを作るのは簡単だ。
指数は少数の株式から構成されているため、一部の株式の価格変動が変化するに伴い、指数の変動も大きくなるランダムな局面がある。

例えば 「日経225指数」のなら、225株のうち一株ずつ有名な株を持てば、していれば、どれくらい利益を上げたのだろうか?
「日経225指数」と同じ収益率を目指すと、225株を指数と同じ比率に保つ必要があると考えることができる。
しかし、指数構成要素は、時代に応じて変更される。


大まかに言えば、構成株の変化は、あまり取引されなくなった時代遅れの株式を、現在優良な起業の、多くの取引を伴う株式で置き換えられる。
極端な場合には、倒産するリスクの高い敗者会社を失うことを排除し、優勝ペアに切り替える。
指数は、市場平均よりも活発なブランドで構成されている場合がある。
本当に新しい会社がそれを置き換えた後に活発になるかどうかは保証されていないので、それほど問題はないはずだが、「最初に購入した株式を保持し続けるのは容易ではない。

指数は世界に広がり、指数とパフォーマンスを比較する人々は増加する。
「インデックスファンド」と呼ばれるものを使っている人々は、この指数と殆ど等しいお金を稼ぐことが目的であり、可能な限り指数と等しい株を購入しようとしている。
「インデックスファンド」でない人々は、指数と比較される限り、同様の株をある程度組み込むようである。
指数と収益率が非常に異なることを回避されるためだ。

 何が起こるかは、指数構成要素の株式は比較的高価になるということだ。何故かと言うと指数に含まれる株式を購入する人が多いため、そうでない株式を購入しようとする人よりも多くの人が株式を購入する。
構成株の交換が行われると、新しく設立された株は急上昇し、消滅する株は激減するだろう。
間に各企業の業績に変化がなかったとしても。

ギャンブルに勝つ極意8 自分の得意分野で勝負する

普通は、個人は情報の点で不利な立場に置かれるが、敗者にならない装置もある。
自身の好きなもので戦うことだ。
パーソナルコンピュータに精通しており、いつもインターネットのユーザーとしてホームページのユーザビリティや良し悪しをを判断できるのなら、ネットに関連する会社を見つけることは悪くない。
化学物質の知識を知らずに化学会社の株を買うことはないろう。
自分自身を敗者の位置に貶めているだけだ。

 「おばあちゃんの株式投資」というタイトルの本が昔流行った。
投資のアマチュアであった米国のおばあさんが投資クラブを作って着実に収益を上げていた。
秘密は余裕を持つことだ。
短期的な取引を避け、私たちが知っている株式のみを買い決して無理はしないこと。
お菓子会社のAの株式を購入するのは、消費者として「Aのクッキーが甘くて美味しい」ことを分かっていたためだった。
個人でさえ、限界と強さを知っていれば、十分に競争することができる。

ギャンブルや株式投資でも、勝ち続けるのは困難だ。
それがゼロサムゲームだと思えば、どこかで勝利して利益を上げている人、他でお金を失っている人がいるはずだ。
頭のいい人は、上記のように 近勝利法を実現していて、失うことを防ぐ投資をしている。
統計的に高い確率の賭けを選び、アノマリーを使って、インサイダー情報を使って、心理戦で支配しようとした。
それはギャンブルや市場で他の人より優れているトリックだ。
勝負は時の運なのであなたの優位性も消えるかもしれない。
絶対勝利を保証するのは「勝利」ではない。

ギャンブルや市場でお金を稼ぎたいと思っているのなら、それはゲームの中で自分を離れさせるのも方法のひとつだ。
自分自身がゲームに参加することなくディーラーになることも、それは一つの答えだと考えられる。
世界でお金を稼ぎたいたくさんの人がいる。
情報を積極的に購入する人は、他者よりも情報優位に立つことを望んでいる。
そのような人々を大将としたサービス業も多い。
多くの「攻略本」のようなギャンブルとの教科書を作っていいる情報サービスはその一つであり、節税の方法を教えてくれる税理士がいるだろう。
富裕層が通っている高級レストラン、高級外国車のお店などもおそらくそれから恩恵を受けているだろう。
自分は賭博に参加セずに、賭博の参加者をサポートする周辺ビジネスも選択肢に入れておいていいろう。

昔のゴールドラッシュで、一番効率的に利益を得た人は金鉱山を掘った人ではない。
金鉱採掘のために来た人たちのためにつるはしやスコップやバケツを事前に売ったの人だった。
アメリカで大きな文化となったジーンズを作った会社もある。
賭博には確実な勝利がないので、賭博に頼る以外の手段を検討することがよいかもしれない。

私はギャンブルで勝つとは思わない。
賭博で勝利したい人に "勝利"を伝えよう。
賭博でお金を稼ぐ方法だ。

ギャンブルに勝つ極意7 個人が金融市場の敗者という誤解

金融市場の敗者は必ずしも個人ではない。
専門家と比較して個人が得ることができる情報の量は少なく、先物取引やオプションなどのデリバティブと呼ばれる金融商品は使用できなく、投資額が少ないため手数料の割合が高い。
だが外車は個人に限らず、個人も敗者にならずに済むことさえある。

金融市場の脆弱な人々は必ずしも個人ではなく、先物やオプションなどのデリバティブと呼ばれる新しい金融商品を使用することはできない。
専門家に比べて不利な点がある。

敗者は、投資期間が限られている人や、許容損失の少ない人、自分の成果によって自分の成功や給料を関係している人、失業や倒産などさまざまな欠点がある人々だ。
機関投資家にもいる。
利益を上げているなら大丈夫である。
お金を失い始めると、違いが顕著になる。

投資期間が1年の結構短期間にの人は、余裕がなくなる。
会社は1年間は決済されるが、会社が金融資産に投資する際には、毎年「投資収入を下請け」を投資顧問会社に提出する。
運用する人は、会計期間の終了日になりそうでも目的に近づけば不安になる。
決済期間の前に市場価格が下がり始めると、とんでもない状況になる。
普通は投資期間が長期間の年金基金も同じようなことが言える。
一部の年金基金は、3ヵ月ごとに利益を委託業務他の企業と比べ、文句を言う。
委託されている管理会社の視点は短期でなければならず、敗者になっているということがある。
投資期間を1年または比較的短い期間に分けている人は、従業員に注文することができ、投資顧問会社は「毎年投資収入を上げる」ことができない。
一般的に投資期間が長いといわれる年金基金であっても同じだ。

許容損失の限られた人々は、損失に近づくにつれて焦る。
機関投資家でさえ、他の収入源なしに市場の上下に頼っている。
それが失敗すると、起業の生存の危機につながる可能性があるが、投資の失敗は起業の崩壊につながる。
うまく動作しない事業会社は、悪い状態になる可能性が高くなる。
失敗時の損益が大きい場合、ゆとりをもって操作することは不可能である。
給料労働者かに関係なく、失敗すれば左遷される可能性もあり、焦ってしまう。
大和銀行のNY債券市場での事件や、住友商事のロンドン銅市場における事件、シンガポールの日本の株式売買業者がベアリングに巻き込まれた事件も似たようなものだ。
名声を失うことに対する恐れは、判断力を失い、市場で敗者に転じ、投資が滞って崩壊する。


金融市場のモンスターは、敗者を見つけ出し、徹底的にその弱点を追求して弱らせ、彼らはお金を稼ぐための安全圏にいる。
成功したヘッジファンドは、莫大な資金でもっとも他者が苦しい最悪の方向に市場を誘発するだろう。
日本の円高の理由は、貿易収支が巨額であったことに加え、円高が問題になると考えている多くの日本人のせいもである。
日本多くの輸出業者と投資家は、円高に振り回されるとパニックになることから、円高を促すだろう。

あなたが金融市場でお金を稼ぎたいのであれば、弱者の立場には入らないでください。
、個人もそれを行うことが可能。

投資期間を延長することも一つの方法だ。
毎年決済しなければならない機関投資家と比較して、個人は長期間の投資が可能なはずだ。
私は3ヶ月または1年の短期間で発生する市場価格の変動は無視しよう。
金融市場で勝者になるには一喜一憂は禁物である。
投資を忘れてしまったほど長期間続けている投資家は、意外にも成功した。

損し始まったときに対処できるように、全財産を一つの市場に賭けてはいけない。
貧乏人になっては元も子もない。
全財産のの約10%であれば、最悪の場合でも回復することができる。
富裕層が投資で成功する理由はいくつかある。
その金額を決済するためには、より有利な条件での取引、手数料の安価化、少額では行えない投資プロジェクトへの投資、情報の取得が容易になるなど、富裕層特有の理由は多数あり、情報を伝えるためにハイエナのように近づいているブローカーの数が増えているからという理由もある。
各投資プロジェクトが富裕層の財産の規模に比べてに小さく、失敗しても被害が少ない。
なので余裕を持って投資することができる。

1年ごとに決済しなければならない機関投資家と比較して、短期間で3カ月または1年間の市場変動は気にさない。
彼らが投資を忘れてしまったことを長期間にわたり続けている投資家は、意外にも成功した。
あなたが1つの市場にあなたのすべての財産を賭けないと、あなたがあなたの財産の10%である場合に最悪を失ったとしても、それは回復することができる。
金額が集まるにつれて、より好ましい条件で取引でき、手数料も安く、少額ではできない投資プロジェクトに投資するなど、億万長者に固有の多くの理由がある。
それは十分なマージンで、または自分の財産の規模に十分投資できるからだ。

ギャンブルに勝つ極意6 アノマリーとの付き合い方

急落した直後に市場が急激に急落した場合を考えてみよう。
高値で株を買った人がいたとする。
市場が落ちるにつれ、人々は徐々に損失が増えつつあり、厳しい状況に向かっていく。
私は失いたくないので、耐え忍んでいる。
、市場は一定の相場に落ち、売却のために損失の危険にさらされる。
そうしたが何人かいるとき、最初の人の売り手は次の人を囃し立て、売りは次々に集中して急激な下降相を作るだろう。
一度、最後の人が売れば売る人はもういなくなり、買い手だけが残るので、市場は激しい反発を見せている。

市場が急落した直後に急激な反発を呈したことを考えると、市場が落ち込むにつれて人々は徐々に失われつつある。
いくつかの人がいる場合、最初の人の売り手は、次の人の売上高を燃料になる、売りが次々に集中し、急激な衰退フェーズを形成するだろう。
このような状況は、セリング・クライマックス(クライマックスを売る)という言い回をされるが、長い市場価格の下落が続き、急速に価格の範囲を超えて下がり、急速に反発する価格のパターンとして現れる。
市場は後に相場がリバウンドすると考えられている。
やはり市場参加者が位置する心理的状況において市場参加者がどのような行動をとり、市場の動向によって描かれたパターンを相関させるかを考慮することによって、グラフは経験的に要約されたと言える。

グラフはアノマリーだが、古代からの研究はまだ効果が信じられるので、特殊なアノマリーの1つになる可能性がある。
何故かというと、市場参加者がアノマリーを信じるならば、そのアノマリーは起こる。
もしもチャートが買サインが表示されているとする(今購入すると収益があると思われるパターン)。
チャートを信じる人はその時に買いる。
信じる人がたくさんいる場合、人々は買うので、価格は上昇するだろう。
チャートは、信じれば、市場はその方向に動き、そのチャートの予測の有効性を高めると信じている。
チャートを使用してお金を稼ぎたい人は、できるだけ他の人と同じチャートを見なければならないと言うことができる。

理由があり、アノマリーが実現している。
(あなたが今それを買うと利益があると思われるパターン)、信じる人が多い場合、人々は買うので、価格は上昇するだろう。
チャート分析を使用してお金を稼ぎたい人は、できるだけ他の人と同じチャートを見なければならないと言うことができる。

ギャンブルは可能かもしれないが、金融市場でお金を稼ぐのは「余裕を持って」ということだ。

(このカレンダー効果のはまだ信じる人々のために残っているとも言える。
アノマリーの特殊な効果を知っているのは自分だけか、他の市場参加者が知っているかを考えていると、一番不利になるのは、アノマリーを浅くしか知らない人だろう。)

その理由は、ファンドのパフォーマンスが生活費の金額に関連しているのと同じくらい、金融市場の深刻な味のために専門家が金融市場と異なるからであると説明されている空腹の精神が単に強ければ、ファンドマネージャーの給与にはある程度のマージンを持たせる必要があり、ファンドマネージャーのマージンを取り除くという点では非生産的だ。

チャート解析にはおそらく心理的要因が含まれていると言われているが、金融市場の近い勝利法が「心理戦に勝つ」と思う人もいる。
ギャンブルは可能かもしれないが、金融市場でお金を稼ぐのは「余裕を持って」ということだ。

普通は、ファンドマネージャーは給与労働者よりも専門家であると言われている。なぜなら、専門家は、ファンドの成績が給与の額に関連するほど、金融市場にとって重大さを持っているからだ。
重大さのないファンドマネージャーが利益を上げるのは困難だが、それが単なる強いハングリー精神ならば、それはあまりいいとはいえない。
ハングリー精神があまりにも強ければ、それは焦って混乱し、余裕がなくなる。
、ファンドマネージャーの給与はある程度高い必要があり、逆に、悪化した場合にペナルティで支払いが大幅に減少する報酬制度は、ファンドマネージャーの余裕がなくなり非生産的だ。

ポーカー例えると、混乱しているプレイヤーは、作戦が顔に出る。
ゲームに勝つことはできない。
あなたがポーカーフェイスをし続けることが可能か大切であり、あなたは精神的に相手より精神的に優れていなければいけない。
金融市場の専門家が強いとすれば、市場の逆境に耐えることができる精神力は、逆境を跳ね返せる知恵を持っているため、アマチュアに比べて強いのだ。
混乱は正常な判断を妨害する。
当初の投資判断が正しいものであって買収したブランドが上昇したとしても、何らかの理由で市場が下がり始めたため、株式を所有することは不可能になり、最も不利な場面では売却が強制される。
余裕がある投資家は、冷静な判断で低価格で辛抱強く人々を安く販売する株式を購入することができる。

ゲームに勝つことはできない、私は精神的に私の相手より優れているために余裕が必要だ。
元の投資判断が正しかったとしても、あなたがした逆境を引き起こさない知恵があっても、買ったブランドは上昇する。
不本意な人たちによって売られた株式を買う余裕がある投資家。

ギャンブルに勝つ極意5 株式投資のアノマリー

 一部の人々は、金融市場での勝利を容易にする統計的に方法を検討している。
言うべきアノマリー(異常)を見つけることだ。

アノマリーは、経済の主要原則である効率の良さがない状態だ。
経済学では、市場のすべての参加者が情報を知り、最適と思われる行動をとる。
需要と供給のバランスが取れている時点で価格が決定されると仮定している。
一定の株式がある場合一万円であれば、その時点で株価に情報が組み込まれているので、新たな情報がなければ一万円で株式を購入しても特に損益は得られない。
株価が本当は2000円であることを誰かが知っていれば、1000円で株式を買うと、市場が元の2000円に戻るときに株式を売ることができる。
バランスが悪い状態がアノマリーと呼ばれる。

金融市場には色々な種類のアノマリーがあると言われる。
一部の人々は、株式市場の変動は季節的だと考えている。
12月下旬から1月に株式が上るということをアメリカでよく言われる。
12月に近づくにつれて、アメリカは12月に決算する会社がたくさんあるので、株式を売却して税金を相殺し、株式を調整たりする。
、株式市場は低迷するだろう。
1月にやった決済の要素が消えて、新しい年に新たな投資が始まるので、株式は一気に買い取られる。
アノマリーが有名になったため、決済に重点を置かない人々は、12月末から購入を開始する予定だ。
徐々に始まっているが、私が行った季節性があると考えられている。

 日本でもカレンダー効果と言われている。
決済前の2月から3月にかけては、益出しの決済のための売上げが上がり、新年度の4月に新たな投資を開始すると言われている。
それぞれの国の会計・税制の制度に発生したり、ボーナスや休暇などの文化的、習慣的なことに発生する。
純粋に経済的な要因の他の出来事に、効率的でなければならない市場が一時的に狂っている可能性がある。

金融市場で勝つことを望む人々は、アノマリーを探し出すのに忙しい。
あなたが市場の湾曲を発見し、本当の価格よりも安価な株式を見つけてそれを買うことができれば、他のものより多くを稼ぐことができる。
一部の人々は、昔の金融市場データを分析し、上記の決済前後以外のカレンダー効果を発見する場合がある可能性がある。
経済指標と株式市場の相関関係を発見し、どの経済指標が上がったらどんな種類の株式を買うと高く売れ、利益をもたらすかを調べている人がいる。
株式価格の値を示す数値/安価な価格(PER =株価に株数の何倍を掛けるか)などの株価上昇率との間には特別な関係があることがある。

アノマリー解析の難解さは、自分以外がそれを認識していれば、アノマリーが利益を上げる可能性があることだけを知ることができるが、もちろん、他の人もできるだけ早くその方法を模倣し、その効果は減少する。
金融市場でお金を稼ごうとする人々は無数に存在し、彼らはアノマリーを探しているので、私だけの秘密にするのはこんなんだ。
アノマリーを見つけてもzを使用することはできなくなり。新しいアノマリーを発見する必要がある。
上記のカレンダー効果は、ある程度の効果があると考えられるという意味で、珍しい例であるといえる。

 過去に株価が動きから株価が上昇するか下落するかを当てようとする人もいる。
これは一種のアノマリーとも呼ばれる。
それをした人々は一般的に「チャーチスト」または「テクニカルアナリスト」と呼ばれ、罫線や蝋燭足呼ばれるチャートグラフを見て、前回の高値と安値など変化の市場動向を予測している。
書店に、「グラフの見方」などのたくさん本がある。
金融市場の参加者はかなり長い間チャートを見ており、多くの人々がチャートに注目している。

 私たちが最初に解散したアプローチを試してみよう。
それは心理的/精神的なアプローチだ。
チャート解析はおそらくただのアノマリーではなく、おそらくより心理的要素がある。

ギャンブルに勝つ極意4 ギャンブルと株式投資の関係性

 ギャンブルを統計的に勝つ方法があることを忘れていた。
テレビクイズショーで、「最後のクイズは大きな逆転の機会としてスコアを2倍にする」というものだ。
あなたが勝てなければ、負けた分だけ賭けるのだ。
高くない価格で賭けるほうがよいだろう。
100円。
勝利する確率が半分のでギャンブルを考えよう。
100円勝てないなら次回勝利200円を2で勝負する。
次も勝てないと、今度は400円で勝つ。
800円、次に1600円、3200円、6400円などに増やす。
これまでの損失を維持する確率は1/2 の7であるため、その0.8%だ。
99%以上の確率で勝てる。
最大6400円まで賭けることができれば、ほぼ確実に100円を稼ぐことができる。

ギャンブルの話の没頭していると、が経済学ページであることを忘れていたが、金融市場についても考えてみよう。
金融市場が同じようにギャンブルとして扱われれば、金融当局は怒るだろう。
市場の一部には投機家と呼ばれる投資家がおり、ある点ではギャンブルのようなゼロサムゲームとして、参加者間の利益のための戦いが存在することは認めざるをえない。
市場の平均上昇率と比較して高い収益率を目指して、上昇率の差はゼロサムゲームとなる。
金融市場の "勝利法"もギャンブルと同じものを感じる。

また、金融市場には「近勝利法」もあることはある。
勝利グループにはいくつかの「勝利パターン」がある。

一つの方法は今は規制され法で罰せられる内部者(インサイダー)取引だ。
重要な秘密情報を購入し、株などを買う。
ある企業が革新的な商品を開発したとする。
あなたがどこかで情報を手にし、他の人が知る前に会社の株を買う。
誰もが知っているから株式を買いに来るときに株価が上昇するため、あなたが所有する株式を高額利益で売ることができる。
昔、取引はよく見られたようだ。
会社の役員および従業員は、自社の重要な情報を認識し、売買したり、取引先の情報を入手したりする。
それが恐ろしい証券会社なら、顧客から大きな注文を受け取ったときは、注文を市場に接続する前に、自分の名前でその株券を購入し、顧客の注文を出し、その顧客に株を売り浸けた会社もあったのだ。
政治家は、選挙資金を貯めるために企業からの情報を受け、政治家が売却するという噂もある。

当たり前だが、大切な情報に基づいて売買すると、不確実性が減少し、簡単に稼げる。
近年、インサイダー取引に関する規制が厳しくなっているため、上記の取引は違法とされる。
情報そのものを素早く送信しなければならないので、自分自身が知っている機密情報はますます少なくなっている。

それでもインサイダーの優位性を利用した取引が横行している。
証券会社などの金融機関のディーラー(トレーダー)が利益を上げることができるかどうかを試みてみる。
程度収益を生み出す能力を持っているのだろう。
たくさんのトレーダーが逃げ去ったが、今も残っているトレーダーがいるのは、他より卓越した力があるからと考えることができる。
トレーダーの仲間内と比べるのではなく、一般的な市場参加者と比較して、彼らは情報優位にあたる。
顧客の注文を市場に結びつける役目を果たするが、他の誰よりも前に顧客を売買する傾向を得ることはできる。
あなたが顧客から受け取った注文がほとんど購入注文である限り、市場の購入ニーズの大きさを知ることができる。
トレーダーが誰よりも先行する要素の1つだ。

トレーダーの利益源は、販売価格とと入札価格の差額だ。
トレーダーは、購入したい顧客の自己販売価格と販売したい顧客の入札価格との間に一定の差額を設定している。
顧客が販売している製品を別の顧客に売ることができれば、少ししかリスクを感じることなく、入札価格と販売価格を差し引くことができる。
顧客とトレーダーが株式や債券市場等の相対的な取引を行っている場合に、販売価格と入札価格との差が顕著である場合には、株式売却の場合証券会社等が手数料を徴収する上記のギャンブルの例では、ディーラーのようになっているのだ。
トレーダーのは買いたい人と売りたい人の両方を見つけることができない。
売りたい人だけがいる場合、トレーダーのは購入者として在庫を所有するため、株価が下がると利益を失う危険がある。
彼らは販売価格と入札価格の差を生むリスクの価格でもある。

ギャンブルに勝つ極意3 ロトくじと競馬の穴馬と本命馬

宝くじ、競馬、競艇、競輪などは公的ギャンブルであるが、政府や地方自治体が大量の利益を容易に上げることができる事を民間の起業にさせたくわないのだ。
政府は、民間に任せて放置すれば巨額の賞金を出し人々に媚を売るので、ハマりにハマって賭博地獄に陥って破産する人々がいるためだろう。
公営のも段々と賞金が巨額になってきており、マスメディアをで宣伝して、民間はしてはいけないのは奇妙なことだ。
公的賭博の程度でさえ破産する者は破産している。
利益を上げることは容易であり、裏社会の財源となりやすいので民間はしてはいけない、と政府は言うだろう。
実はその通り。
時には違法なギャンブルやノミ行為が発覚していることもあるが、多くの場合、組織犯罪集団などとの繋がりがある。

海外には民間企業のカジノ経営は可能だが、カジノは日本では許可されていない。(日本でも公認する動きはあるが)
日本の民間人は賭博事業から撤退した。
今後はディーラーになりたいと思えば、おそらくパチンコ業界が有望だ。
将来カジノが承認されれば、カジノが有望になるだろう。
ここでの議論では、競馬などの実施費用を考えていないため、主催者が儲かるにどうかはわからない。
ディーラーが利益を得るためには、できるだけ参加者を増やさなければいけない。
広告費、会場の改善、エンターテインメントサービスなどの費用を費やすと、最終的な利益は減少する。

ディーラーよりも、何とか選手として参加することで、ギャンブルで儲けたい人に良い知らせをしよう。
他者より多くの収入の確率を上げる方法はあるにはある。

 宝くじでお金を稼ぐチャンスを上げる方法は、「有楽町のラッキーセンターで買う」ということではない。
ロトシックスなどのくじだ。
ロトとは、好きな数字の組み合わせを自分で選んで登録して、勝者が出てくると、賞金を差し上げてるくじである。
海外には数百兆円相当の宝くじ抽選額があり、次回のプレミアムで当選者が出場しない場合には賞金が累積される。
優勝者がいなければくじは停滞しし、金額は予想以上に高くなる。

、米国で普及しているロトは、1から49までの任意の6つの数字を選び、.49の数字の中で不評の数字がある。
13は悪魔の数字だが関係ない。
アメリカの学者は32または29等の数字は他の数字より10〜30%ほど人気が​​ないという調査結果がある。
一方、ラッキー7は、平均よりも50%が頻繁に選ばれると。
あなたが不人気の数字を選ぶと、あなたが予想した勝者の数は他の数より少なくなり、あなたが期待できるお金は他のものよりも増える。

 そうすれば、単純に宝くじを購入する場合に比べて、数倍から数十倍の期待値を引き上げることが可能だ。
以上のことから、100円くじの期待値は約50円であると言われているが、期待値が100円を上回る場合がある。
確率的・平均的には、宝くじを購入することでお金を稼ぐことができる。
画期的な方法だ。
しかし私はこの方法をあきらめている。
この方法を取っても、勝つ確率は少ない、毎回買い続けても、生きている間は当てるのが難しい。

競馬の場合、本命の馬は、オッズの人気よりも勝つ可能性が高く、穴馬が勝つ可能性は低い。
倍率がどれほどにもかかわらず、倍率が低いほど、馬が勝つ確率は高くなるが、穴馬に賭けるより勝利する方が良いだろう。
競馬場に行き、1.1倍の大好きな馬を買うのもつまらないし、お金を稼うだ気にならないかもしれない。
馬車100倍以上を購入するロマンスを持つ方が楽しい。
ギャンブルの世界で儲けるのなら、戦略は反対だ。
人々の賭けの方法は、勝てる馬ではなく負けやすい馬に賭けている。
誰もが欺かれているので、利益を得る機会がある。

ギャンブルに勝つ極意2 ルールを決めるブックメーカー

ルーレット、スロットマシン、ブラックジャックだけでなく、原理は同じである。
ブラックジャックと2枚以上のカード21に近いプレイヤーが勝者であり、親と子が同等に勝つ可能性は同じようだ。
だが本当はそれよりも、カードを配布する順序が重要だ。
子は親の手の内を知らずに競争しなければならないが、親はある程度手を予測しながら競争することができる。
私はカジノに精通しているわけではないが、点が同じでははディーラーの勝利になり、最初に21を子が超えれば、その場で敗北になる。
親の数が何であっても、親が21を超えても、子はまず負けているので、お金は返されない。
親のディーラーが支配的だ。

賭博で勝つための方法は子になることなく親になる。
ただし、資本力がない場合は、ルーレットを扱うことができない場合がある。
大金持ちが来て、1億円の挑戦をしたとしよう。
確率的に、ディーラーのあなたが支配的だが、あなたが勝つチャンスは100%ではない。
あなたは1試合を失うために数億円を支払わなければならないかもしれない。
ディーラーとして利益を上げる可能性をさらに高めるためには、負けが累積されても耐えられるほどの資本が必要だ。

あなたがお金がない場合、ルーレットがあきらめて簡単な賭博のディーラーを選択した方が良いだろう。
ディーラーが負ける可能性が低いのは、親が子たちと競争する形ではなく、子同士が競争しゲームに参加しそのテラ銭を得るということだ。
競争の場を貸すだけで、私は競争さない。
あなたがそうした場合、失うリスクはなくなる。
ゲームに攻略法はないが、戦わなければ敗北はない。

競馬でお金を稼ぐのは普通の人は不可能だ。
ただ競馬が着きな人ではほとんどの場合、損失は利益よりも大きい。
競馬の主催者は、どのレースでもお金を稼ぐことができる。
主催者が総額の約30%を受け取り、勝った人は100円の賭け券を購入しても平均で約70円しか戻ってこない。
あなたが宝くじに当選すれば、比率は上がる。
主催者は100円抽選で約50円、宝くじ購入者には50円しか返らない。
あなたが勝ったら、簡単に利益を上げることはできないが、人々を戦わせて、傍観者に慣ればお金を儲けることができる。

賭博ビジネスでは、ブックメーカーが一味違っている。
日本ではよく知られておらず(認定されていない)、英国では小さな町にはひとつくらい存在する。
賭博の自分でルールを作る。
どのチームがサッカーチャンピオンシップで勝つか、クリスマスに雪が降るかどうかなど、何かをターゲットにして賭博をする。
ブックメーカーが適切なオッズ(倍率)を提示し、それが有益だと思う人は、賭け金を支払って登録する。
オッズはブックメーカーが変更することができる。
Aチームの倍率をサッカーで1.5倍にする、Bチームであれば1.7倍にする。
 人々への対応方法を見ながら、勝利期待が1.3倍になったAチームの倍率を下げるなど、日々変化させる。

競馬他とは異なり、ブックメーカーは、オッズを設定する方法を通じてゲームに関係している。
 Aチームの倍率を1.1倍に落としたとしても、誰もBチームに掛けないと、Aチームに勝利し、ブックメーカー1.1倍の対価を支払うことになる。
競馬のオッズは自動的に計算され、馬券を勝った人の全体的な金額を超えないようにする。
購入者が投票する前にオッズを提示しなければならないのだが、ブックメーカーは厳密にオッズを予測したり計算したりすることができない場合がある。
損害保険の場合の保険料の決定方法と同じ問題だ。
交通事故のように1年ごとに起こると統計的確率を計算することは可能だが、大規模な地震などのように過去に数が少ないことの予想は困難。
リスクは、ゲームに関わって負けた場合に起こる。
リスクを減らしてお金を稼ぐのであれば、あなたは部外者としてなることだ。

ギャンブルに勝つ極意1 儲かるのは胴元(ディーラー)

「競馬の勝利方法は、馬の歯を見ることだ。素敵に笑って金歯があれば勝てる」という歌があった。
勝つ方法を探している人々は多くいて、パチンコ勝利法、ファミコンの勝利法など、無数の攻略本が世界に公開されている。
世界は甘くない。
もともと、ギャンブルの勝利ルールは本にならない。
本当にそれに勝つことができても、誰もが勝利法を練習するので、あなたはギャンブルに勝つことはできない。
ギャンブルの場合、ゼロサムゲーム(勝者の損失と失われた人の損失を合計してゼロにする)と呼ばれ、誰かが勝利すると、誰かが敗北するという性質のものである。

勝利法が公表されたと言うのはただの笑い話だろう。
それが公開されていれば、このメソッドは無意味であるように思える。「私が過去にこうして成功した。私はすでに十分なお金を稼いでいて、将来このメソッドで、ギャンブルで勝利してくれ」。
勝利方法は、非常に矛盾しているが、「攻略本を疑う」ことにある。

しかしこう言ってしまうと、私がギャンブルの極意を書いても、誰も信じなくなるだろう。
私は一応言い訳をしておく、正しくは「勝利」ではない。
勝利の確率をどのように向上させるか、絶対勝てる方法ではない。
世界では、多くの勝利がハイリスクローリターンであるが、ちょっと方法を変えたら他の人より優位に立てることができる。
信じているかどうかはあなた次第。

ギャンブルで有利になる方法論として、2つのアプローチ方法が考えられる。
1つは、純粋に統計的確率を上げる方法で、対戦相手よりも心理的および精神的に有利になる方法である。
前者の統計的な側面を考えると、より有益な方法を教えよう。

ルーレットについて考えよう。
ルーレットには1から36の場所があり、1つの番号に賭け、賭け金額は36倍になる。
2つなら18倍、4つなら9倍など増やしていくと倍率は減る。
シンプルなレッドかブラックかを当てるゲームや、1と18との間、または19と36の間の数字、というかけ方はヒットすると、2倍になる。

考えてみると、かけた金額と収益が手に入るの可能性を掛け合わせることで得られる期待値(期待できる平均収入)は同じだと思う。
ルーレットは1から36までの36の場所以外に、0と00の2つの特別な場所を持っているので、場所の総数は38で(0は対象に1つある) 37個だけ37個)、1つの数字に乗る確率は1/38であり、結果は36倍なので、36ラ1/38≒0.95である。
2つの数字に賭けた場合、倍率は確率18/2に対して18/2/38≒0.95で18倍になる。
赤または黒に賭ける場合、確率は18/38で倍率は2倍になる、2 x 18/38≒0.95。
私は同じもののように感じる。
賭けの方法は確率の優位性を持てるのか?

結論からは、利益を上げるのはあなたではない。
ディーラーが収益を得るのだ。
言うまでもなく、子1ドルを賭け、もらったお金は金額の期待値はわずか95セントなので、平均5セントは失われる。
ディーラーの利益である。
ディーラーは1ドル当たり5セントの利益を得ている。
0と00は親がお金を総取りする場所であり、誰かが0または00に賭けない限り、親は子が賭けたチップを手にできる。
技術を持ったディーラーは好きなときにいつでも0または00にボールを落とすテクニックがあると言われている。
確率は2/38話ではない。
あなたの敗北は間違いない。

だから、ギャンブルに勝つ最も簡単な方法は、ディーラーになることだ。
ラスベガスのカジノが利益を上げる理由は簡単である。
客が子で賭博に参加したら、1ドル当たり1ドル未満の期待値になる。
たった一回のゲームの場合なら、顧客が勝つ可能性もある。
あなたがビジネスとして多くの相手と競争する場合は、ディーラーが有益になる。

アドマックス