宝くじの経済の最前線3

リスクを受け入れリターンを手に入れるのは株式そのものであり悪くわないが、アメリカと同じ問題がある。
宝くじへの投資だけでなく、人々の投資態度が変化していることに注意するすべきである。
夢を飼うのが宝くじ。
このため、その夢を50円を買うのは意味があるかもしれない。

しかしながら、購入者が宝くじを信頼し夢を買う理由は、自分の力で大金を手に入れるのが不可能と思っているからである。
あれは、3億円ただの夢であり、現実に到達することはできない。
逆に、実際に3億ドルを得る人は、宝くじを買わない。
より楽な方法がある。

経済の宝くじは、低所得層は自分自身で収入を得るチャンスがないことを意味するかもしれない。
3億円で、市内中心部に小さな家を持つことができ、外国車は乗ることができ、毎年海外に行き、素晴らしいレストランに出入りすることができるかもしれない。
それは所詮そのようなものである。
貧乏人が大金持いに変わるほどではない。

しかしながら、大金を自分で獲得しようとしても、どれ程まで頑張っても3億円を得ることはできない。
宝くじを買って、大金持ちになりたいというのは自然かもしれない。
企業の努力は、自分の努力と才能で日本に飛躍できる現実の世界があることを示し、低所得層を含む人々に希望のヒントをもたらす。
しかしながら、もしあなたがその才能を身につけていなければ、多くの、働いて金持ちになることを諦めた人にとって、この方法は宝くじでしかない。

宝くじ経済は好景気と悪い面の両方を持っている、それを深く考える必要はなく、宝くじ経済は着実に浸透し、広がっている。
私は宝くじを購入するつもりはない。
だけど、賞金額は3倍になり、私は収入がそれに届かないほどまでに来た。
あなたが当選するならば、あなたが将来働くことなく暮らすことができるので、再び、宝くじを試してみると案外悪くないかもしれない。

憎悪犯罪(ヘイトクライム)7 様々な反ヘイト団体と結論

ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人々の市民権を促進するために、1973年に国立ゲイ・レズビアン・タスクフォース(NGLTF)が設立された。
この組織は、アンチゲイとトランスジェンダー暴力を追跡し、権利を主張し、教育活動や情報を提供する。
NGLTFのウェブサイトは、ゲイとレズビアンの権利、ゲイの暴力や憎悪犯罪の一般的な情報、いくつかの情報文書やマニュアルのリンクに関する各州の法的問題に関する情報を提供している。

サイモン・ウィーゼンタール・センター(Simon Wiesenthal Center)(SWC)は、ホロコーストの生存者であり国際的なユダヤ人権団体であるラビによって1977年に設立された。
この反嫌悪組織は、カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された公認証書館の運営を通じて、教育への取り組みを重視している。
SWCはまた、多様性と憎悪犯罪の犯罪に関する教育者や法執行機関の職員に訓練を提供している。

米国内には、一般的に憎悪犯罪との戦いと具体的な憎悪犯罪の問題の両方に重点を置く他のいくつかの反憎悪犯罪組織や機関がある。
たとえば、アメリカ・アラブの反差別委員会(ADC)は、アラブ系アメリカ人に権限を与え、アラブ系アメリカ人の権利を守って、バランスのとれた中東政策を提唱することにコミットしている。
メキシコアメリカの法的防衛および教育基金(MALDEF)は、米国に住むヒスパニック/ラテンアメリカ人の市民権を保護し、その社会が米国社会に完全に参加できるようにする健全な公共政策、法律、プログラムを促進するためにに活動している。
これらの組織はすべて、米国内の多様なグループに知識と援助を提供し、リソースを提供して地域社会に貢献するよう努めている。

結論

憎悪犯罪は、被害者のグループメンバーシップに対する犯罪者の偏見によって全体的または部分的に動機付けられている人、施設、または財産に対する違法行為と定義されている。
憎悪犯罪は比較的新しい犯罪だが、人種、民族性、宗教、性的指向、性同一性、障害、性別のためにに、米国に対する個人に対する偏見の長い歴史がある。
1980年代後半から1990年代初頭にかけて、連邦政府と州は憎悪犯罪の発生に関するデータを収集し、そのような犯罪に対する特定の法律を作成した。
連邦法と州法の違いと州の違いがある。
ほとんどの違いには、法律上のさまざまなグループカバレッジが含まれる。
これらの違いとインシデントの過小報告のために、真のレートは未知のままである。

ここ数十年の研究は、アフリカ系アメリカ人が米国で憎悪犯罪の最も犠牲となる可能性が高いと指摘し、続いてユダヤ人信仰の人々と性的指向や性同一性の異なる個人が続いている。
最初の類型学研究では、憎悪犯罪者が最も一般的なタイプの憎悪犯罪者が嫌がらせ/興奮のためにに憎悪犯罪を犯したと指摘し、続いて守備的、報復的、そして使命上の理由が示された。
研究では、最も一般的な憎悪犯罪犯罪者は、組織化された憎悪犯罪集団と関係のない若い白人男性であることも明記している。
また、調査では、集団犯罪のためにに残虐行為が起こりやすく、被害者は一般に見知らぬ人であって、犯罪は本質的に道具ではなく表現力があることが示されている。

法執行機関、全体的な刑事司法制度、反憎悪犯罪組織は、憎悪犯罪に対応し予防するためにのプログラムとツールを開発してきた
例えば、いくつかの警察機関は憎悪犯罪チームを発足し、いくつかの管轄は憎悪犯罪加害者の治療を必要とし、国内および地域の憎悪犯罪組織はこれらの恐ろしい犯罪の防止に情報と援助をコミュニティに提供するWebサイトを開発した。
憎悪犯罪の組織が米国の歴史を通じて発展したことを知ることは奨励されている。

憎悪犯罪(ヘイトクライム)6 憎悪犯罪の防止とその団体

憎悪犯罪の防止

憎悪犯罪への対応は、犯罪が発生した場合に犯罪者や被害者の雇用や対処を伴うものだが、個人が偏見、憎悪などの有害な態度や感情を防ぐことで憎悪犯罪を防止することできる。
したがって、多様性を評価し、受け入れるように個人を教育することは、偏見や偏見を減らすために働くだろう。
これらの犯罪を追跡し予防サービスを提供するために、憎悪犯罪に対応していくつかの反憎悪犯罪組織が開発された。

A.教育による憎悪犯罪の防止

将来の憎悪犯罪を防止し、偏見を減らすための個人の教育と訓練には、学校カリキュラムの変更、教育者のための訓練、特定の教室/学校の経験とプログラム、および一般社会の意識向上キャンペーンが含まれる。
特定の憎悪犯罪防止団体と協力した研究者、教育者、個人は、偏見を減らすことに有望と思われるカリキュラム、プログラム、演習を提案している。

研究は、典型的にはバイアスを変えるために特定のタイプの相互作用が必要であることを示している。
たとえば、ステレオタイプを減らすためのジグソー法を取り入れたクラスルームが開発され、利用されている。
ジグソー法の教室では、子どもたちは多様な小グループに分かれていて、それぞれの子供が他の子どもたちにレッスンの一部を「教える」ことが求められる。
子どもたちがうまくいくためには、各生徒が「パズル」を持っているので、グループ内の他の人に頼らざるを得ない。
この技法の有効性を調べると、子どもたちが一緒に働く意欲を助ける役割を果たすことが示される。多様な学生間の親睦を深め、従属グループの子どもの成績を向上させる。

憎しみや偏見を減らすためににますます普及した方法は、意識向上キャンペーンである。
これらのキャンペーンは、マスコミの宣伝(憎悪犯罪犠牲者の名前を反憎悪犯罪キャンペーンの一環として掲載するなど)、独立機関、擁護団体、政府または法執行機関による特定の活動で構成される。
これらのキャンペーンやドライブは、文学、メディアプログラミング、広告、資金調達を通じて情報と意識を提供する。
研究は、一般に、これらのタイプのキャンペーンから肯定的な結果を示している。

B.憎悪犯罪防止団体

数百の組織化された憎悪犯罪集団が存在するが、幸いにも多数の組織化された反憎悪犯罪集団も存在する。
これらの反嫌悪組織は、地方や地域から国内および国際的なグループに及ぶ。
そのうちの最大のものについて簡単に説明する。

憎悪に対するパートナー(Partners Against Hate)(PAH)は、若者、青男の子、両親、法執行官、教育者、コミュニティリーダーと協力して働く若者や専門家のためにの教育とツールを提供する組織である。
Partners Against HightのWebサイトには、偏見や憎しみを減らすことに関心を持つ個人のためにの教育資料、トレーニングプログラム、ツールへの多数のリンクがある。

反名誉毀損のリーグ(Anti-Defamation League)(ADL)は、ユダヤのステレオタイプと偏見を減らすためにに1913年に設立されたユダヤ人グループである。
1960年代、ADLは市民権問題を含むようにその範囲を広げた。
今日、ADLは、反ユダヤ主義とすべての形態の偏見と戦うアメリカ最大の市民権/人間関係機関の1つである。
ADLは、米国内および海外の30以上の地域およびサテライトオフィスを通じて、資料、プログラム、およびサービスを開発している。

南部貧困法センター(SPLC)は、1971年に市民権機関として設立された。
SPLCはアラバマ州に本部を置き、組織的な憎悪犯罪を監視している。
この組織は2人の市民権弁護士によって設立されたために、SPLCは白人の優越主義者や嫌悪組織団体に対して数多くの著名な事件で弁護士を務めた。
その組織は発展して以来、教育者、保護者、および子供のためにの資料を出版することで教育活動に積極的に取り組んでいる。
SPLCは、教示の許容差(Teaching Tolerance)と呼ばれる教師向けの半期的な雑誌を発行している。

憎悪犯罪(ヘイトクライム)5 性別の違いと被害者の救済

ジェンダーに基づく憎悪犯罪

憎悪犯罪法の中に性別を含めることは議論の余地があって、現在は連邦法や憎悪犯罪統計のUCR報告には含まれていない。
ジェンダーに基づく犯罪を憎悪犯罪として扱う際に潜在的な危険性があると主張する人もいる。
1つの可能性は、強姦と家庭内暴力事件の数が多いことを考えると、ジェンダーに基づく憎悪犯罪が憎悪犯罪の領域を圧倒する可能性があって、他の形態のバイアス志向の犯罪が、一方で、レイプや家事虐待は、自らの権利で確かに考慮する価値があるが、憎悪犯罪の広範な綱領の下では、おそらくあまり注意を払うことができない。

憎悪犯罪への対応

憎しみや偏見によって動機付けられる犯罪は新しいものではない。
しかし、最近の憎悪犯罪法は、刑事司法制度と社会に独特の種類の犯罪者を提示している。
前述のように、これらの犯罪は、犯罪行為とその行動の背後にある動機の両方に関係したという点で独特である。
したがって、ほとんどの場合、刑事司法制度は、この種の犯罪者に対応する際には両方を考慮する必要があることに同意する。

A.憎悪犯罪に対する警察の対応

すべてではないにしても、米国内の多くの下位グループには、警察が敵対的で偏見的な態度を取ることが多く、法執行の際に、否定的な認識を保持する可能性が高まっている。
下位グループのメンバーは、法執行機関の過小保護と過度の警察の干渉を報告している。
少数派の警察の問題は、警察が少数派を不当に標的とした抑圧的な態度があり、これは過去1世紀に遡る。
下位グループは、犯罪者を逮捕するのに十分ではなく、無関心で無礼になって、ミスを犯して、事態をひどく処理したりするような、法令執行機関としての司法制度を事件に遅らせるものである。

警察への信頼と信頼が失われているために、少数派グループは警察から暴力や嫌がらせを受けて、警察に助けを求めることはない。
実際には、このような人の憎悪犯罪はかなり過小報告されている。

警察が憎悪犯罪への対応を改善するためにに取り組むことができる多くの積極的な活動がある。
警察は憎悪犯罪を直接軽減することはできないが、コミュニティのすべてのメンバーに公平で効果的でオープンなサービスを提供することで、憎悪が対人関係の暴力につながる可能性を少なくする環境の構築に大きく貢献できる。
警察が公平で効果的で開放的であれば、下位グループのメンバーは犯罪を報告し、法執行の努力を支援する事ができるだろう。
もっと、警察が憎悪犯罪を意図的に包括的かつ具体的に定義した場合、警察は個々の役員の裁量を制限し、憎悪犯罪の記録を促進する可能性がある。

B.憎悪犯罪に対する裁判所の対応

他の種類の犯罪と同様に、憎悪犯罪に対する裁判所の主な対応は、処罰をすることである。
しかし、憎悪犯罪の犯人はリハビリも必要である。
カウンセリングや教育プログラム、民事救済などの方法が利用されてきた。

他にも容疑者を単に刑罰として刑務所に置くだけで、憎悪犯罪者に対応することができる。
しかし、ほとんどの刑務所は人種や民族を隔離しているために、刑務所の処罰だけでは、他人に対する犯罪者の寛容を高めるのに十分ではない。
実際、多くの刑務所で嫌がらせ団体が幅を利かせている。
ほとんどの人は、刑罰に加えて憎悪犯罪者への何らかの形のリハビリテーションが必要であることに同意している。

可能な限り被害者のリハビリをする。
それには、犯罪者の仲介が含まれる。
仲裁の間、犯罪者と被害者は一緒に来る。
犠牲者は、犯行がどのように自分に影響を与えたのかを、犯人に説明し、犯人に質問をする機会を与えられ、犯人は謝罪および犯行についての説明を提供する。
目標は関与する人々が和解に達することである。


憎悪犯罪者へリハビリは、何らかの教育やカウンセリングプログラムを提供することである。
犯罪者の特殊な状況に応じて、多様性教育、偏見、憎悪犯罪に関連する博物館(ホロコースト博物館など)などのいくつかの側面がリハビリになる可能性がある。
憎悪犯罪者の一部には暴力歴があるために、偏見をなくすことだけでなく、犯罪者のリハビリの一環として、怒りの管理や、対人関係の治療を提供することも重要である。

最後に、憎悪犯罪の被害者に民事救済措置を提供する州もある。
例えば、イリノイ州は、憎悪犯罪の被害者に刑事裁判所の無料弁護士に加えて身体的および精神的被害に対して犯罪者を嫌う無料の弁護士を提供している。
以前の憎悪犯罪の被害者は、憎悪犯罪者だけでなく、犯罪者が所属する憎悪犯罪団体の両方を訴えることに成功している。
このような制度により、憎悪犯罪の被害者を救済する率は、日に日に増えている。
国の皆が一丸となって、ヘイトクライムを減らすように心がけている。


AIと社会学 ループ・マシン・ラーニングという学習方法

イヤッド・ラーワン(Iyad Rahwan)は、社会的なループのマシン・ラーニングという言葉を最初に使用した人物である。
彼はサイエンスで出版されたばかりの作品を説明していた。
オンラインテストを通して一般人をポーリングして、人々が自家用車を作ることを望む様々な決定について知る方法を見つけた。
現代の哲学者が「アイデアは、社会の優先順位や価値観を理解することで、社会が倫理的に考える方法で行動するように機械を鍛えることができたと言った。
私たちはまた、人々が人工知能(AI)と対話し、質問をしたり行動を観察して倫理をテストするシステムを作るかもしれない。

社会的なループは、人間のループの機械学習のスケールアップされたバージョンで、メディアラボのKarthik Dinakar氏が取り組んでいて、AI研究の重要な部分として浮上している。

通常、マシンは大量のデータを使用するAIエンジニアによって「訓練された」ものである。
エンジニアは、どのデータが使用されているか、どのように重み付けされているか、使用されている学習アルゴリズムのタイプ、さまざまなパラメータを調整して、正確かつ効率的なモデルを作成し、問題の1つは、AI、つまり機械学習は依然として非常に難しいために、機械を訓練した人は通常ドメイン専門家ではないということである。
訓練は機械学習の専門家によって行われ、訓練を受けた後の完成モデルはしばしば専門家によってテストされる。
重大な問題は、データ内の偏りやエラーが、それらの偏りや誤差を反映するモデルを作成することである。

ヒューマン・イン・ザループ・マシン・ラーニングとは、ドメイン専門家がトレーニングを行うシステムを作成しようとした作業、または少なくとも専門家とのやりとりを通して学ぶマシンを作成することによってトレーニングに参加する作業である。
ヒューマン・イン・ザ・ループ計算の核心は、データだけでなく人間のデータからモデルを構築するという考え方である。
Karthikは、このプロセスを「レンズ効果」と呼び、ドメイン専門家の人間の視点やレンズを抽出し、トレーニング時間中にデータと抽出されたレンズの両方から学習するアルゴリズムに適合させます。
これは、確率論的プログラミングと機械学習の民主化のためにのツールを作ることに意味があると考えている。

最近の哲学者、聖職者、AIの技術専門家との会合では、機械が審査員の仕事を引き継ぐ可能性について議論した。
私たちは、機械のAIがデータを含む事柄について非常に正確な評価を行うことができるという証拠を持っていて、裁判官が保釈金額や仮釈放などの決定を人間よりもはるかに正確に行うことができると仮定することはかなり合理的である。
加えて、専門家の人間が非常に良い設定の保釈や仮釈放を適切に認めていないことを示す調査がある。
仮釈放の前または後に仮釈放の審理を受けるかどうかは、結果に大きな影響を与える。

議論では、私たちの中には、判決をある種の決定、保釈と仮釈放の例として、機械で置き換えるという考え方が提案された。
哲学者といくつかの聖職者は、功利主義の観点からは正しいと感じるかもしれないが、社会にとっては裁判官が人工知能を持つロボットではなく人間であることが重要であると説明した。それは「正しい」答えを得ることよりも重要であった。
人間と機会の違いは、あらゆる機械学習システムの受け入れにとって重要であって、この観点に対処することは不可欠であろう。

この懸念に対処できる方法は2つある。
1つの方法は、人間の裁判官の能力を助けたり拡張したりするために機械を使用することである。
これはうまくいく可能性がある。
一方、医学や飛行機などのいくつかの分野での経験は、人間がマシンを誤って却下する可能性があるという証拠を示していて、場合によっては人間が機械を酷使するのを防ぐ意味がある。
また、人間が満足して結果を信頼し、マシンがシステムを実行できるようにすることも可能である。

第2の方法は、マシンの信頼性が、おそらく多種多様な価値観のかなりの部分を占めていると人々が感じたという意味で、公共の社会が訓練されることである。
これは前例ではない。多くの点で理想的な政府は、政府が十分な情報を得て従事したことを感じて、政府が権力を行使し、それを代表する。
公共によって訓練され、透明性が十分になって、人々がAIを信頼することができるようになることによって、公共の支持と代理を獲得することができる機械を設計する方法があるかもしれない。
コードが一連のルールのような伝統的なソフトウェアとは異なって、機械学習モデルは脳に似ている。
ビットを見て、それが何をするのかを正確に理解することは不可能である。
人間がマシンの価値と行動をテストし、監査する方法が必要である。

この機械の作る情報を受け取って、その後価値を得る方法を見つけ出すことができれば、この司法上の問題のもう一つの側面を解決するかもしれない。
どのようにコンピュータが情報を作って、監査され、制御されるのかは、正義のために命を救う意思決定に人工知能を使うに更に技術を発展させる必要があることが最も重要な分野の1つである。
これは、機械学習のツールを誰にでも利用できるようにする必要がある。

憎悪犯罪(ヘイトクライム)4 被害者の種類 人種差別など

憎悪犯罪が警察に報告されたとしても、犯罪の報告と憎悪犯罪としての事件の計数との間には、多くの潜在的な障壁が存在する。
これらの潜在的な障壁には、犠牲者に対する警察官の偏見が含まれる。

憎悪犯罪被害者のタイプ

憎悪犯罪犠牲者がどのような経験をしたかについてはほとんど知られていない。
しかし、米国では憎悪犯罪の最も一般的な動機は人種であって、それに続いて宗教と性的指向があることは明らかである。
特定の州法に応じて、障害者や女性も憎悪犯罪の共通の犠牲者である。

1.人種と民族に基づく憎悪犯罪

人種や民族の違いは、憎悪犯罪の最も一般的な動機である。
米国のさまざまな人種や民族の内、アフリカ系アメリカ人は憎悪犯罪の最も一般的な犠牲者だった。
民族に基づく憎悪犯罪もよくあるらしい。
ヒスパニック系/ラテン系、アジア系、中東系のアメリカ人は、家族がどれほど長く米国に住んでたとしても、民族性のために被害を受けている。
これらの人々に対する憎しみはアメリカで長い歴史を持っている。
黒人が南北戦争の終結後(1960年代まで)に奴隷にされるという被害を受けたのと同じ時期に、アジア系アメリカ人とメキシコ系アメリカ人も西西南部で同様の扱いを受けていた。

2.宗教に基づく憎悪犯罪

現実には、人種/民族と宗教の境界は特に明確ではないかもしれない。
個人が常に所定のカテゴリにきちんと収まるとは限らないために、被害者のグループを決定するのが困難な場合がある。
例えば、アメリカの初期の歴史において、アイルランドの移民は、キリスト教の問題のために差別された。
しかし、歴史的に反ユダヤ主義が最も普遍的で深く永続的な民族的・宗教的偏見である。
米国のは国家としてヨーロッパよりもはるかに優れてたが、反ユダヤ主義が一般的であって、米国のほぼすべての白人優位主義教義の中核としても役立った。

反ユダヤ主義は今日ほとんど絶滅していない。
反ユダヤ主義の継続的存在に貢献する主な要因は、ユダヤ人がキリストを殺したという多くの非ユダヤ人の永続的な信念である。
例えば、キリスト教の教会のメンバーにとって、ユダヤ人の憎しみは必要不可欠なものとされる。

反ユダヤ主義は宗教に基づく最も一般的な憎悪犯罪であるが、2001年9月11日の世界貿易センターとペンタゴンへの攻撃以来、アメリカではイスラム教信仰の人々に対する憎悪犯罪が大幅に増加した。
たとえば、2001年(9/11以降)には、約480の事件が本質的に反イスラムだった(米国司法省、BJS、2008)。

3.性的オリエンテーションと性同一性に基づく憎悪犯罪

人種や民族に基づく偏見と同様に、異性愛主義は依然として米国でも残る。
ゲイの人の最近の態度の改善にもかかわらず、反同性愛者の暴力は依然として蔓延した。
公式データは、同性愛者が憎悪犯罪の主要な犠牲者の1人であることを暗示している。


反同性愛主義のイデオロギーはアメリカ全土に蔓延したままである。
同性愛者である人々は、彼らの行動を社会的に受け入れられるものとして守ることができる。
特に偏っていないが、大嫌いの犯罪者の大半であるように、スリルと興奮を求めている人には、ゲイが適切なターゲットであると多くの人が信じている。
反ゲイの感情へのもう一つの影響は宗教である。
多くの宗教団体は同性愛を否定し続けていて、反同性愛者主義を追求した。
同性愛者が女性に対する男性支配の特権を自発的に放棄したために、ゲイは性の自然の摂理に合わないというの認識によって、反同性愛者主義者と反トランスジェンダーの暴力が引き起こされることが多い。
ゲイの男性に対する異性の男性の態度は、レズビアンに対する態度よりもはるかに否定的である。
レズビアンは、男らしさと男性の性役割をあまり脅かさないと見なされる。
このように、同性愛者の男性は、レズビアンやトランスジェンダーの女性よりも憎悪犯罪の被害者になる可能性がはるかに高い。

2006年現在、憎悪犯罪法を嫌う48の州のうち29の州は性的指向を含んで、7つは性同一性を含む。
性的指向または性同一性に基づいて犠牲者を保護する連邦憎悪犯罪法は存在しない。
これらの憎悪犯罪は最も残酷で致命的な傾向がある。
実際、同性愛者の男性はアフリカ系アメリカ人男性を含む他のすべての集団よりも殺人の被害に合う可能性がかなり高い(米国司法省、BJS、2008)。

4.障害に基づく憎悪犯罪

毎年、FBIは犠牲者の身体的または精神的障害に基づいて犯された憎悪犯罪はほとんど記録していない。
しかし、本当は人数がはるかに多くいると考える十分な理由がある。
つまり、精神的に障害のある犠牲者の中には、犯罪を報告することができない場合や、警察官が事件を憎悪犯罪に分類する可能性が低い場合がある。
また、ほとんどの州では法律に障害が含まれていないために、これらの犯罪の 他の憎悪犯罪の被害者と比較して、障害者の事件はあまり扱われない。
彼らは日常生活のために他人に依存する可能性が高く、肉体的にも精神的にも犯罪から身を守ることができないかもしれない。
障害者を標的にした犯罪は、犠牲者を本当に嫌うものではないために、憎悪犯罪とみなされるべきではないと主張する者もいる。

前にもあったアイドルの恋愛騒動!須藤凜々花と峯岸みなみ

アイドルグループ・NMB48のメンバー須藤凜々花さんが結婚宣言をしたことで大炎上したことは記憶に新しいが、過去にも似たような事件があった。
そう、EXILEのメンバー、白濱亜嵐さんと交際していたAKB48のメンバー、峯岸みなみさんである。
髪を剃り上げ坊主になり、YouTubeに出て謝罪をした。

峯岸みなみさんは、週刊誌にボーイフレンドがいることを告発された。
彼女は自己認識が不足して何をすべきかわからなかったので、他のメンバーや事務所などに知らせずに頭を剃ることにした。
問題の記事は、週刊文春に掲載され、峯岸みなみさんの写真はEXILEのメンバー白濱亜嵐さんとの恋愛が発覚した。
野球帽とマスクをし、峯岸みなみさんはパパラッチをかわすことを目指していたが、明らかに彼女の変装はうまくいかなかった。

AKB48の事務所が峯岸さんの謝罪ビデオを公開するというのは、長い間、類似した事件はいくつかあったのかもしれないが、この中で最も極端な例だった。
このようなおかしな雇用関係が許されていいのか?
そして、ファンはこのような屈辱的な儀式をどう受け入れることができるか?
この恋愛禁止制度は、アメリカのような国では見られなかったレベルにチャートを支配しています。
アイドルの恋愛がここまで制限されるのは世界的にも珍しいことであり、日本以外ではあまり聞かない。
アメリカのアイドルは普通の恋人の存在を告白している。

AKB48はファンに財布で投票させるという全く新しい選挙方法を編み出す。
漫画店やメイドカフェなどのオタク文化のメッカである秋葉原で、AKB48が生まれたのは偶然ではない。
衰退する音楽業界は、プロデューサーの秋元康が、金を儲ける方法を学んだ。
オタクは完璧に搾取できることを証明した。
秋元はAKB48の献身的なファンに同じCDを何度も購入させる方法を考え出した。

CDにはグループのメンバーに会うための宝くじ券が付いてくる場合もあれば、最も有益なのは、AKB48の「選挙」という人気コンテストの存在だ。
投票用紙の枚数には制限ない。
ファンは、自分の好きなメンバーをトップに導くために、1枚の枚数を数十枚または数百枚購入することがある。
AKBのファンには、メンバーに対するとてつもない愛情があるのだろうが、このような物ははっきり言ってかなり異常である

アイドルは芸能人以前に人間であり、恋愛や結婚の方法を自分自身で選択する権利を持っているはずである。
アイドルだから恋愛禁止というのは性差別とジェンダーの不平等である。

AKB48のメンバーは、ファンが出会えるアイドルとして販売されている。
それは女性を独り占めしたい男性の欲望を満たすための経営戦略だ。
事務所は、ファンの幻想を粉砕しないように、女の子たち自身が誠実にとどまることが重要だと考えている。
須藤さんや峯岸さんが初めてルールを破ったわけではない。
以前にも女性アイドルの恋愛が発覚して騒ぎになったことはある。
ちなみに少年バンドのメンバーはそのようなルールはあまり聞かない。

須藤さんや峯岸さんが何故ここまで叩かれるのか?
日本に存在する純潔性や処女性の信仰はかなり狂ったものである。
また、声優の平野綾さんに彼氏の存在が囁かれたことがあったが、彼女も同じように炎上した。
本来は自由なはずの恋愛や結婚を封じてしまう日本のアイドルファンの性格ははっきり言って国外には出せないほど恥ずかしいものである。

須藤さんは恋愛どころか、特定の男性と生涯を添い遂げる結婚である。
好きなアイドルが一人の男に専有されてしまうことに、日本のファンは何を思うのだろうか?
ただネットで炎上しているだけならまだましな方である。

須藤さんには峯岸さんの二の舞いにはならずに幸せな結婚生活を送ってもらいたいものである。

憎悪犯罪(ヘイトクライム)3 憎悪犯罪に関連する状況要因

憎悪犯罪の発生と残虐性に影響を及ぼす人的要因に影響を与え、相互作用するように見える状況的要因が存在する。
このような状況には、(a)犯罪はしばしば小グループで行われ、(b)犠牲者は最も多く見知らぬ人であって、(c)犯罪は道具的(物理的侵略)ではなく表現力がある

前述したように、憎悪犯罪は、通常、孤独な犯行者、組織的な憎悪犯罪団体のメンバーではなく、若い男の子のグループによって執行される。
これは、ほとんどの憎悪犯罪者がその手の犯罪を犯すのは初めてという事実と相まって、憎悪犯罪に対する犯罪者の動機は、個々のバイアスまたは偏見のレベルよりもグループの動態と関連した可能性があることを示している。
グループと権威の影響に関するこれまでの研究は、強い説得力を明白に示した。
この強力な影響は、いくつかの重要なダイナミクスに起因する。
グループで暴力に従事することは責任の拡散を可能にする。
つまり、グループで行動することで、各人が他の人を「非難する」ことができ、自分の行動に完全な責任を負わず、匿名性を高めることができる。

憎悪犯罪の残虐性に影響を与える他の2つの要因は、犠牲者と犯罪者の動機である。
研究は、個人的に知られていない人を人間性を失ったり憎むことははるかに簡単であることを示している。
したがって、憎悪犯罪の加害者は見知らぬ人への怒りを頻繁に起こすために、被害者が非人道的になって、より多く傷つく可能性が高くなる。
憎悪犯罪とは関係ない、通常の犯行者のモチベーションは、例えば、お金を得るためになのだが、憎悪犯罪をする者には嫌がらせ行為の終点がない。
お金などが目的の犯罪には停止地点がある。
犠牲者が犯罪者に自分の財布を渡せば被害を食い止めることができる。
しかし、憎悪犯罪は表現力豊かなために、終点がないので、残虐行為を止めることができない。

近年、研究者らは憎悪犯罪者の可能性のあるタイプを調べ始めている。
これまでの所、4種類の憎悪犯罪加害者が特定されている。
スリル・シーカー、反応性/防御性、使命、報復性(マックデビット(McDevitt)、レビン(Levin)、ベネット(Bennett)、2002)。
憎悪犯罪者の最も一般的なタイプはスリルを求めるタイプである。
前述のように、これらは通常、グループで行動する若い男性である。
あの人達は組織的な憎悪犯罪団体に属しておらず、退屈な動機を説明したって、興奮を探したりした。
これらの個人はある程度の偏見や偏見を持っているかもしれないが、あの人達のモチベーションは、スリルの追求と仲間の影響にが強い要因になっているようである。
調査によると、このタイプの憎悪犯罪者は、憎悪犯罪の約3分の2を占めている。

第2のタイプは、反応型または防御型である。
この犯罪者タイプは、自分の権利または地域が侵害されたと感じているために、憎悪犯罪を犯す。
例えば、この手の犯罪者は、自分の憎悪犯罪している存在が近隣に住むべきではないと感じているために、憎悪犯罪に巻き込まれる可能性がある。
第三のタイプの憎悪犯罪犯罪者はミッションタイプである。
このタイプは最も頻度が低く、「ミッション」で憎悪犯罪をするグループメンバーを編成した個人を含む。
第4のタイプの報復型は、自分の自分自身が憎悪犯罪の被害者または目撃したり聞いたために、仕返しのために憎悪犯罪を犯す。

組織化された憎悪犯罪グループのメンバー

南部貧困法センターは、米国に約670の異なる憎悪犯罪集団が存在することを示している。
ほとんどの組織化された憎悪犯罪集団は、人種的偏見(例えば白人または黒人)、宗教的偏見(反ユダヤ人または反カトリック)、民族/国家の偏見(例えば、反アラブまたは反ヒスパニック)、または性的指向バイアス(例えば、同性愛者やトランスジェンダーへの憎悪)。
組織化された憎悪犯罪グループのメンバーの単一のプロフィールはないが、調査によれば、憎悪犯罪の集団を作る必要があるということが示されている。
一度メンバーになると、特定のグループに偏ってしまう可能性がある。

憎悪犯罪被害者

A.憎悪犯罪被害者を特定する際の問題

傾向やパターンは特定できるが、憎悪犯罪の何パーセントが警察に報告されるのかを正確に知ることは不可能である。
一般的に、憎悪犯罪の被害者の多くは犯罪を報告していない。

憎悪犯罪の被害者が犯罪を警察に報告しない理由はさまざまである。
憎悪犯罪の報告がないことは、主に警察の信頼の欠如、法執行機関による差別、虐待および虐待の恐れ、または警察がそのような犯罪の調査に関心がないという信念の結果である。
憎悪犯罪の対象となることが多い特定の人間は、警察との関係が悪いので、憎悪犯罪を報告することは特にない。
このような状況は、黒人や同性愛者に対する憎悪犯罪事件の公式警察記録と、国内および地方の犠牲者調査の膨大な数字の違いに反映されている。

憎悪犯罪(ヘイトクライム)2 毎年発生する大犯罪

2000年7月から2003年12月までNCVSから派生した犠牲者に関する司法統計局の特別報告書によると、年間21万件の嫌悪犯罪被害が発生した。
この期間中、米国では、1人またはそれ以上の犠牲者が関わった191000件の嫌悪犯罪事件が毎年発生した。
被害者がNCVSに明らかにしたすべての暴力犯罪の約3%およびすべての財産犯罪の0.2%が憎悪犯罪であると認められた。
犠牲者はまた、これらの憎悪犯罪被害者の92000人(約44%)が警察に報告されたことを示した。
つまり、NCVSのデータによると、他の多くの犯罪の被害者のような憎悪犯罪犠牲者の大半は、その事件を法執行機関に報告していない。

憎悪犯罪論

偏見や犯罪の発生を嫌うものにはいくつかの説明が当てはまるかもしれないが、既存の犯罪学的理論は偏見から犯罪行為への変化を十分に説明することはできないことに注意することが重要である。
専門家は、憎悪犯罪を説明するためには、さまざまな要因(社会的、心理的、犯罪的、文脈的)と憎悪犯罪に寄与する幅広い側面(すなわって、加害者の動機、被害者の社会的集団に関する文化的イデオロギー)が必要である。
憎悪犯罪を説明するのに最も頻繁に用いられる犯罪理論は、グループ葛藤理論、社会学習理論、および歪み理論である。

A.グループ紛争理論

この理論は、人間が、快適さ、容易さ、親しみやすさのためにに同様の前提を保有する他の人間との関係を有する可能性がより高いという事実に基づいていて、それは順に「グループ内」および「グループ外」の形成に寄与する"グループ内の忠誠心の形成と発展は、関係と受け入れに対する強い個人的な欲求に役立つ。

グループ内対グループ外の競合は、グループの結束性、所属、同一性を強く促する。
もっと、このような紛争は、グループメンバー間の差異を強調し、グループ間の類似性を無視するグループメンバーの傾向によって明らかにされるように、グループ外の拒絶を増加させる。
アウトグループは、しばしばステレオタイプ、非人道的、または不正直または悪意のあると認識されるが、イングループは、他者に対する見解や行動において、良好、強力、完全に正当化されている。
これまでの研究では、アウトグループが一度も会ったことのないグループだったとしても、組織内の嗜好やアウトグループの偏見、時には敵対性があったとしても、 それを理由に犯罪を犯してはいけない。

B.社会学習理論

社会学習理論は、特定のグループに属した個人についての態度、価値観、信念が、自分の意見を取り入れることに報酬を与える仲間や家族などの影響力のある人物とのやりとりを通して学ぶことを示唆した。
憎悪犯罪の加害者に関する文献の中には、親密な知人や家族の影響や、地域社会の規範が子供の偏見に与える影響が強調されているものもある。
社会学習理論によれば、両親の態度は、子供がその意見を聞いて成長するにつれて、子供の偏見に深刻な影響を与える。
つまり、特定の目標に対する偏見は、両親との子どもの交流を通じて学び、強化され、これらの関係は、暴力行為やグループ外メンバーに対する嫌がらせ行為の正当性と報酬の両方を提供することさえある。

C.歪み理論

ストレイン(歪み)理論は、犯罪は文化的に強調された目標(成功、富、物的所有など)と個人がその目標を達成するためにに利用できる正当な手段との間のギャップの産物であると主張した(例えば、ソーシャルネットワーク)。
すべての人が失業、貧しい教育、技能不足などの理由で合法的に成功を収めることはできない。
ストレイン理論によれば、社会によって評価された目標を合法的に達成する可能性の低い者は、「緊張」の下に置かれるだろう。
本質的には、「成功」の欲求と、それを正当に達成することは、犯罪行為を引き起こす。

憎悪犯罪加害者

憎悪犯罪や偏見の理論は、個人がなぜ憎しみや他者への偏見を生むのかという仮説を提示したが、この偏見やバイアスが犯罪行為や暴力行為にどのように変換するかについての情報はほとんどない。
憎悪犯罪加害者を調べる研究は、最も一般的な特徴的なプロフィール、憎悪犯罪に関連する状況的要因、新興の類型学、組織化された憎悪グループメンバーの知識を示している。

憎悪犯罪加害者の特徴について、一般的な考え方とは対照的に、大部分の憎悪犯罪は組織的な憎悪集団に属する人々によって犯されることはないが、一般的には「平均的な」ティーンエイジャーや若者とみなされる個人によって犯される。
実際、研究では、憎悪犯罪者の最も一般的なプロファイルは、少数の個人グループに従事し、刑事司法制度との接触がほとんどなかった若い白人男性のものであって、組織的な憎悪グループ。
違法犯罪加害者の全体的なデータを調べて、違反者の広範なイメージを形成することは重要であるかもしれないが、そのような加害者のすべてがこのプロファイルに適合するわけではないことに注意する。
たとえば、憎悪犯罪加害者の割合は、組織化された嫌がらせ団体に属し、非白人であって、10代から年配の大人までの範囲にある。

憎悪犯罪(ヘイトクライム)2 対象には州ごとに異なる

2つの連邦データ収集法令がある。
最初の1990年の憎悪犯罪統計法は、被害者の人種、民族性、宗教、性的指向、または障害によって動機付けられたすべての犯罪に関するデータを米国司法長官が収集することを要求している。
1992年以来、司法省と連邦捜査局(FBI)は共同で憎悪犯罪統計を毎年発行した。
1997年のキャンパス憎悪犯罪権利告知法は、被害者の人種、性別、宗教、性的指向、民族性、障害に基づいて犯罪に関するデータを収集し報告することを大学と大学のキャンパスのセキュリティ当局に要求している。

州の大部分には何らかの憎悪犯罪法があるが、それは州ごとに異なる。
たとえば、憎悪犯罪を重症度の低い犯罪として扱う州もあれば、偏向によって誘発される犯罪に対しては、より一般的な憎悪犯罪法や文章の強化がある州もある。
いくつかの州では、最大の刑事刑は、憎悪犯罪のためにに2倍、3倍、またはもっと増加することがある。
州はまた、一般的な犯罪を憎悪犯罪に変える従属グループと、このバイアスをどの程度表示する必要があるか(例:信念、性格)が異なる。
すべての州法には、少なくとも人種、宗教、民族性が含まれるが、他の従属グループを含めると異なる。
例えば、州の約70%に性別や性的指向も含まれているが、障害、政治的所属、年齢などは少なくなる。

憎悪犯罪の統計

国家レベルでは、憎悪犯罪に関するデータは、統一犯罪報告(UCR)プログラムと国家犯罪被害調査(NCVS)という2つの主要なリソースから来ている。
もっと、いくつかの反憎悪犯罪集団は、データを収集し、憎悪犯罪被害の発生率を国家レベルと地域レベルで報告する。
各機関が異なる方法でデータを収集することに注意することが重要である。
したがって、各レポートは、憎悪犯罪の割合、種類、および焦点の点で異なる。
例えば、NCVSは匿名調査を通じて情報を収集するために、憎悪犯罪率のデータはUCRで公式に公表された警察記録よりもかなり高い。
また、州法が異なるために、ある州で憎悪犯罪とみなされるものは、別の州で憎悪犯罪とみなされない可能性があるために、UCRにはカウントされない可能性がある。


A.UCRによる全国憎悪犯罪統計

米国全土の法執行機関からの憎悪犯罪の報告に基づいて、UCRのデータには、インシデント(事故が発生する危険性)、犠牲者、疑いのある犯罪者、バイアスの動機付けのカテゴリの総数が反映されている。
1991年以来、プログラムへの参加率は、米国人口の29%から85%に大幅に増加している。
全国的に、報告された憎悪犯罪の数は、1991年以来毎年約6000から10000件の間で変動した(米国司法省、2008年)。

歴史的に、人種的な敵意は、憎悪犯罪の主な動機であり続け、宗教的不寛容、性的偏見バイアスの動機が続いている。
2006年にFBIの最新の報告「憎悪犯罪統計」(2006年)によると、特定の人種、宗教、性的指向、民族/国籍、性的暴行、または身体的または精神的障害が含まれる。
憎悪犯罪事件の大部分(51.8%)は人種的偏見によって動機付けされ、もっと12.7%は特定の民族性または国籍に対する憎しみによって引き起こされた。
約19%が宗教的不寛容によって動機づけられ、15.5%は性的指向に対する偏見によって誘発された。
1%は身体的または精神的障害に対する偏見を含んでいた(米国司法省、FBI)

人種差別事犯の66%は黒人に憎悪の感情を持ち、22%は白人に持っていた。
民族性の偏見事件の58%が抗ヒスパニックだった。
宗教的偏見事件の66%が反ユダヤ人であって、11%が反イスラム教だった。
2006年に報告された7,330人の既知の犯罪者のデータによると、推定58.6%は白人、20.6%は黒人と推定されている。
犯罪者のレースは12.9%と未知であって、他の人種は残りの既知の犯罪者を占めてた。
2006年の憎悪犯罪事件の大部分(31.0%)は、住居または家屋の近くで発生した。
高速道路、道路、路地、路上では18.0%だった。
大学や学校で12.2%。
駐車場またはガレージで6.1%。
教会、シナゴーグ(ユダヤ教の会堂)、または寺院で3.9%。
憎悪犯罪事件の残りの28.8%は、他の特定の場所、複数の場所で起きた。

B. NCVSによる全国憎悪犯罪統計

2000年7月1日、米国司法省の司法省統計局(BJS)は、国家犯罪被害調査に新しい項目を追加し、警察に過少報告された憎悪犯罪の被害を明らかにする。
NCVSの嫌悪犯罪の疑問は、犠牲者が経験した犯罪が偏見や偏見、また犯行者の特定の行動や犠牲者の偏見の認識につながった可能性のある証拠によって動機付けられたという信念の根拠について犠牲者に質問する。
NCVSの性的暴行、強盗、暴力、窃盗、窃盗、荒廃、またはこれらの特定の団体に対する憎悪の証拠をもって犯罪とみなされる犯罪は、憎悪によって動機付けられた犯罪に分類される。
しかし、NCVSには、機関、団体、教会、学校、企業からの犯罪の報告は含まれていないが、NCVSにはこれらの機関に関係する人間の憎悪犯罪も含まれる。
NCVSからの憎悪犯罪のデータには、犠牲者、犯罪者、犯罪の特徴(警察に報告された犯罪と報告されていない犯罪の両方)に関する情報が含まれている(米国司法省、2008年)。

憎悪犯罪(ヘイトクライム)1 民族、国籍、人種等の差別の犯罪

憎悪犯罪(ヘイトクライム)という言葉は、ミシガン州第14下院選挙区選出のアメリカ合衆国下院議員のジョン・コニャーズとマリオ・ビアッジによって造られた1985年のアメリカ語辞書の一部となった。
憎悪犯罪や社会的関心は比較的最近のものだが、憎悪犯罪は深い歴史的根拠を持っている。
米国の歴史を通して、すべての殺人事件、暴力行為、荒らし行為および冒涜行為のかなりの部分が憎しみを呼び起こしている。
先住民族が最初の憎悪犯罪の犠牲者とされているように、米国の建国以来、憎悪犯罪が存在していた。
それ以降、すべての移民グループのメンバーは差別、嫌がらせ、暴力を受けている。

国家憎悪犯罪法の定義には様々なバリエーションがあるが、一般に、憎悪犯罪は、犯罪者の偏見によって(全体的または部分的に)動機付けられている人、施設、または財産に対する違法行為とみなされる被害者のグループメンバーシップの状態と比較する。
すべての管轄区域、学者、専門家が憎悪犯罪法によって保護されるべき人物について合意したわけではないが、そのような法律の大半は、被害者、人種、色、国籍、宗教、性別、民族性、、または障害の状態。

憎悪犯罪の行動は長い歴史を持っているが、このタイプの犯罪を理解するためにの研究が行われたのは過去数十年の間だけである。
この研究論文の目的は、過去数十年間に蓄積された憎悪犯罪の知識を提示することである。
この研究論文は、憎悪犯罪法の歴史、問題の範囲、嫌悪/偏見的行動の背景にある理論と心理学、加害者と犠牲者の特性、憎悪犯罪の警戒、憎悪犯罪への対応と防止を提示する。

A.憎悪犯罪立法のためにに

憎悪犯罪方はまだ作られていないが、憎悪犯罪法の支持者いる。彼らは犯罪に偏った(または嫌いな)犯罪は容認されず、そのような犯罪を行う人々に重大な刑罰が適用されるという声明を出して、社会について強く感じている。
もっと、これらの法律は、従属グループのメンバーを意図的に対象とした可能性のある憎悪犯罪者を抑止するためにに重要である。
憎悪犯罪法は象徴的であって、現代社会で「違う」人々の犠牲が容認されたり寛容されたりしないことを公式に公式に表明し、社会的結束を促進する。

憎悪犯罪法の制定に反対する議論もある。
すべての人が憎悪犯罪が社会で重大な問題であると信じているわけではない。
むしろ偏見や差別に対して非常に敏感な社会の産物であるメディア誇張問題と見なす人もいる。
したがって、憎悪を含む刑法の特別なセットは正当なものではなく、一般的な刑法で十分である。
犯罪法を嫌う人は、すでに犯罪行為の動機付けを決定しようとすることは困難であって、犯罪行為とその動機付けに対して処罰されているという点で道徳的な問題を提起する可能性があると主張する。
憎悪犯罪法は、人々がこれらの犯罪に従事するのを妨げるものではないと主張した。
他の人たちは、憎悪犯罪法に含まれる従属グループの不一致が実際に差別や疎外を増やしたと主張した。
批評家は、これらの法律が効果的に言っていることは、あるグループが他のグループよりも保護とケアの価値があるということである。
批評家はまた、なぜ怒り/嫌悪が貪欲のような他の動機よりも罰せられるのか疑問に思う。
憎悪犯罪に関する法律について議論されてきた(そして依然として)が、世界中のいくつかの国や米国内に存在するという事実だけでは、これらの法律に賛成する推論がそれを上回っていることを示している。
批評家はまた、なぜ怒り/嫌悪が貪欲のような他の動機よりも罰せられるのか疑問に思う。
憎悪犯罪に関する法律について議論されてきた(そして依然として)が、世界中のいくつかの国や米国内に存在するという事実だけでは、これらの法律に賛成する推論がそれを上回っていることを示している。
批評家はまた、なぜ怒り/嫌悪が貪欲な利己的な動機よりも罰せられるのか疑問に思うようだ。
憎悪犯罪に関する法律について議論されてきた(そして依然として)が、世界中のいくつかの国や米国内に存在するという事実だけでは、これらの法律に賛成する推論がそれを上回っていることを示している。

B.連邦および州の憎悪犯罪法

米国の憎悪犯罪法は連邦および州レベルで存在する。
連邦法と州法は異なるが、ほとんどの保護された特性には、人種、国籍、民族、宗教が含まれる。
性的指向、性別、性同一性、障害などの法律もある。
連邦憎悪犯罪制度には、法律、行為、およびデータ収集法令が含まれている。
現在の連邦憎悪犯罪法は、犠牲者が連邦政府保護活動に従事した場合(例えば、公立学校に通う、雇用場所で働く場合など)、被害者の人種、色、宗教、または国籍に基づいて犯された犯罪の連邦訴追を許可している)。
この執筆時点で検討中の2007年の地方法執行憎悪犯罪防止法(マシュー・シェパード法)は、性的指向、性同一性、および障害に基づく犯罪を含むように既存の連邦憎悪犯罪法を拡張し、犠牲者が連邦で保護された活動に関与するという既存の要件を廃止する。
1994年の暴力犯罪対策および法執行法では、被告人の人種、宗教、色、国籍、民族、性別によって動機付けられた連邦犯罪を犯した犯罪者に対して、米国刑事裁判所が最高刑罰(最高30% 、障害または性的指向を含む。 )

殺人事件のまとめ6 結論、頻度、性質、原因の科学的調査

前述のように、男性と女性の親密なパートナー殺人事件のさまざまな傾向を説明しようとする試みは、家庭内暴力、家庭の衰退、女性の経済的地位の向上、経済的窮乏などさまざまな要因を検討してきた。
決定的な説明は出現していないが、ジェンダーと犠牲者と犯罪者の関係によって殺人の傾向を分離することは、1990年代の犯罪減少の性質をよりよく理解する。
男女間の親密なパートナー殺人事件の様々な傾向を説明しようとする試みは、性別による殺人傾向と犠牲者と犯罪者との関係を分離することである。

殺人の研究は、ある人間が別の人間を殺した頻度、性質、原因についての科学的調査を呼び起こす。
研究者が刑事殺人を捜査するにつれて正当な殺人、過失、自殺、殺人未遂などの正当な殺人を除外する正式な情報源(UCRなど)で定義されているような殺人と非致命的な殺人を調べる傾向がある。
FBIの統一犯罪報告プログラムと全国保健統計局の重要統計部の死亡記録ファイルの2つの国の殺人データが一般にある。
これらのデータソースには制限がないが、特にこれらのインシデントに関与する犠牲者や犯罪者の重要な特徴に関するデータが欠落したことに関連している。
FBIの統一犯罪報告プログラムと国家統計局の統計記録局の死亡記録ファイルの2国の殺人データは一般的であり、特にこれらの事件に関わる犠牲者や犯罪者の重要な特徴に関するデータが欠けているそれに関連している。
研究者が犯罪を調査するにつれて、研究者が通常の殺人事件に加えて犯罪殺人を調査するにつれて、正式な情報源(UCRなど)で定義されているように殺人未遂も非致死殺しの対象となる調査する傾向がある。

今日の学者や政策立案者が直面した最も重要な問題の1つは、1990年代に殺人率が大幅に低下したのはなぜか?ここで説明したように、UCR補充殺人報道(Supplemental Homicide Reports)は、1990年代に米国の都市で殺人率が急激に低下したことを示している。
事実、殺人はほぼ半減し、この10年間で約46%減少し、35年ぶりに最低になった。
学者が警察の存在感、刑務所の拡大、拳銃の入手可能性の低下、薬剤(特にクラックコカイン)の市場の縮小、経済の利益、人口の年齢の変化等数多くの潜在的な説明を行っている。
残念なことに、データやその他の測定上の問題がないために、これらのアイデアや説明の確定的なテストが制限されている。
1990年代に殺人率が大幅に低下した。ここで説明したように1990年代に米国の都市で殺人率が大幅に低下し、殺人はほぼ半分になった。

犯罪被害の理由がほとんど解決されていないために、学者は特定のグループの殺人傾向の潜在的な差異を文書化し、殺人トレンドの性質をより詳細に調査することに動いた。
最近の取り組みの例としては、(1)殺人傾向における人種パターンの研究、時間の経過とともに白黒殺人率の収束の証拠、(2)親密なパートナー間の殺害が被害者の性別によってどのように異なるか、関係の種類、競争、そして最近の親密なパートナーの殺人のさまざまな傾向を時間をかけて説明しようとしている。
これらの例が明らかに示すように、総殺人率は、人種、性別、およびその他の特性に基づいて、グループ間での傾向の多様性および生活環境の差異を無視して、犯罪の減少の性質を隠す。
特定のグループの殺人傾向の潜在的な違いを文書化し、時間の経過とともにく黒人と白人の殺人率の違いを研究し、殺人傾向の性質を詳細に調査した。最近の親密なパートナー殺人事件を研究している。
総殺人率は、グループや生活環境の多様性を無視して、犯罪の減少の性質を隠している。

殺人事件のまとめ5 配偶者殺人の男女差

暴露削減の仮説は、暴力の機会をなくすために、容疑者と恋人や配偶者などの親密なパートナーの間の接触を減らす要因が、親密なパートナーの殺人の可能性を低下させるはずであることを提案した。
親密なパートナーの殺人に対する曝露の減少効果を決定するために、多くの要因が検討されてきた。
これらの要素には、家庭内暴力へ、家庭の衰退、女性の経済的地位の向上が含まれる。

家庭内暴力、具体的には法的措置(すなわち、家庭内暴力に関する法令の存在)と法外なサービス(シェルターやその他のプログラム)などが削減の方法である(ブラウン&ウィリアムズ、1989年; ドゥガン(Dugan)、ナギン(Nagin)とローゼンフェルド(Rosenfeld)、1999年、2003年)。
他方で、研究は、家庭内暴力(例えば、検察官の起訴意欲)が、女性を親密なパートナーの殺人の被害の危険にさらすという意図しない結果をもたらすことも示した(ドゥガン(Dugan et al)2003)

家庭内暴力の情報の役割は、結論が出ず、分かっているのは離婚率の上昇、結婚率の低下、女性の経済状況の改善が関係しているという程度である。

家庭内の衰退を反映して、離婚率の上昇と米国の結婚減少傾向の一般的傾向は、親密なパートナー殺人事件の強力な予測因子として浮上した。
例えば、離婚率は結婚した夫婦の数が少ないので、結果的に夫婦間の暴力を減らすことになる。
結婚率の低下にも同じ考え方が適用され、結婚して一緒に暮らす人が少なくなるために、暴力的なカップルの被害を減らすことができる。
ローゼンフェルド(1997)は、ミズーリ州セントルイスの密接なパートナー殺人傾向を調べた所、アフリカ系アメリカ人の配偶者殺人の減少の30%が、結婚率の低下と離婚率の上昇に起因したことを見出した。

しかし、結婚率が低下すると、結婚することなく、同棲したカップルがより多く増えた可能性がある。
同棲は、親密なパートナー殺人の重要な危険因子であることが示されている。
ウィルソン(Wilson)、ジョンソン(Johnson)、およびデーリー(Daly)(1995)は、パートナーと同居する女性は、既婚女性よりも結婚していない同棲しているだけの親密なパートナーのほうが死亡する可能性が9倍高いことを発見した。
興味深いことに、他の研究者は、女性パートナーと男性の同居は、結婚関係の男性と比較して親密なパートナー殺人の犠牲者である可能性が10倍高いことを見出した。

女性の経済的地位の向上は、親密なパートナーの殺人率を低下させる。
教育の達成度、所得、雇用などの改善は、女性が利用できる機会を増やし、男性に殺される可能性を減らす。
ドゥガンら (1999)は、女性の改善された地位は、親密なパートナーの殺人犠牲者の減少、特に男性の親密なパートナー殺人の犠牲者の減少と関連したことを見出した。
すなわち、女性の相対所得の増加は、既婚の女性の殺人の減少と関連した。
もっと、女性の相対的教育達成度の上昇は、非婚男性犠牲者の減少と関連した。

研究では、暴力関係の親密なパートナー間の被害を減らすことの重要性が示されているが、被害者が関係を離れるときが最も札自立が高いことはよく知られていて、男性パートナーによって殺された女性の場合は特にそうである(ブロック、2000)。
したがって、暴力的なパートナーによる家庭内暴力介入による報復もまた重要な考慮事項である。
ドゥガンら (2003)は、親密なパートナー間の被ばくを効果的に減らすことができなかったために、家庭内暴力によって実際に親密なパートナー間の殺人を増加させた報復効果を発見した。
事実、暴力的な親密なパートナー間の暴力を減らすことを目的としたが、検察官は保護命令の違反者を訴追しようとしたが、未婚の白人女性とアフリカ系アメリカ人の未婚男性にとって殺人が増えたなど、報復効果が実際に発生した。

レックデンヴァルト(Reckdenwald)(2008)はまた、10万人の女性当たりの避難所の数は親密な殺人者と有意に関連したことも発見した。
暴力的な関係にある女性にシェルターの可用性を高めるためにのすべての努力にもかかわらず、殺人の可能性は増加したようである。
例えば、1990年と2000年には、避難所率の増加は、男性が犯した親密なパートナーの殺人事件の増加に関連する。

経済的貧困

暴露の削減と報復の効果を除いて、最近の研究では、時間の経過とともに経済的貧困と親密なパートナーの殺人との関係が探求されている(レックデンヴァルト、2008)。
主な考え方は、1960年代から女性が経済的に改善を経験したにもかかわらず、女性は職業上の威信と所得水準に関してはまだ男性よりも遅れていることである。
女性は男性より貧困に陥る可能性が非常に高い。
経済的剥奪の議論は、研究者が貧困、失業、および男性と女性を含む親密なパートナーの殺人のパターンが時間の経過とともに発散するために、時間の経過とともに男性と女性が犯した親密なパートナー殺人の傾向に関する世論の公的援助への依存を利用することを可能にする。

殺人事件のまとめ4 白人の被害者数と恋人、配偶者殺人

この前は黒人の事件被害者について述べたが、今度は白人について述べる。
時間の経過とともに白人の殺人率の変化は、黒人の殺人率と総殺人率と比較した場合の変動よりもむしろ安定性を示唆している。
つまって、1980年代に白人の殺人率がピークに達し、100,000人の白人住民に対して5.89の割合に達したのに対し、1990年代初めには殺人率がピークに達した。
1980年代から1985年にかけて、白人の殺人率は6.8%(5.89から5.49へ)低下し、1980年代後半に再び低下した(4.5%低下)。
この低下は、総殺人率と黒人殺人率に比べてはるかに低かった。
全体的にみると、白人の殺人は1980年代から1990年代にかけて10万人の白人住民5人に平均する。
1998年までに、白人殺人率は初めて10万人の白人住民5人に下がったが、それ以来中低から中4才にとどまっている(Parker、2008)。
したがって、白人の殺人率の顕著な違いの中には、1991年頃にピークがなく、1990年代を通じて違反率がほとんど変化しなかったことがある。
一方、過去30年間の黒人殺人率と総殺人率の割合にはかなりの変動と変動があった。
これらの傾向、特に人種グループ間の違いは、研究者に殺人率からディスカッションを外す必要があった。
もっと、白人と黒人の殺人率が初めて収束したかどうかに注目した。
過去30年間の黒人殺人率と総殺人率の割合にはかなりの変化と変動があった。
これらの傾向、特に人種グループ間の違いは、研究者に殺人率からディスカッションを外す必要があった。

発散または収束
殺人の傾向の人種パターンは、興味深い発見を明らかにする。
第一に、黒人の総殺人率の傾向は時間の経過と共に類似したが、白人の殺人率は異なるパターンに従う。
つまり、1980年代初頭の黒人殺人率と総殺人率はともに低下したが、1980年代後半には増加したが、1990年代に再び減少したが、24年にわたって白人殺人率の低下はより緩やかで安定する。
同じように重要な問題は、殺人の人種差別が時間の経過とともに持続したのか狭まっているのかである。
最近の証拠によれば、人種格差は実際に縮小し、犯罪の減少とともに、グループ間の人種格差は縮小した。
すなわち、殺人犯罪率の人種差(黒と白の殺人率の比に基づいて)を調べることによって、黒人と白人の殺人率が1990年代後半に低下し、これらの集団間の人種格差もかなり縮小したことが明らかになった(実際には約37%)。
これは主に最近注目された殺人事件についての重要な現実であって、主にラフリー(LaFree)らの研究のためである。
それは過小評価することはできない。
ラフリーらの研究では、1960年代には暴力の白黒格差が非常に大きいことが明らかになったが、その差は時間とともに減少した。
彼らは、人種格差の縮小は、社会的および経済的指標などの犯罪を生み出す構造的特徴の狭小化と関連した可能性が高いと主張した。
ラフリーらによると、人種グループによって別々に殺人傾向を調べることによってのんで、人種差が狭まっていることは明らかである。
もっと、この格差の縮小は、1990年代の黒人殺人率の急激な低下が、白人殺人率の変化よりも大きく寄与したという証拠が浮上した(パーカー(Parker)、2008参照)。
この発見だけで、殺人の研究を多様化する努力にかなりの重荷が加わる。

親密なパートナーの殺人傾向
近親者の殺人事件も、親密な集団間の暴力に対する意識を高めるフェミニストの学者の努力により、近年注目を集めている。
親密なパートナー(すなわち、配偶者、元配偶者、ボーイフレンド、ガールフレンド)が全殺人の約11%を占める一方で、女性は男性より親密なパートナーによって殺される可能性が非常に高い。
司法統計局によると、親密なパートナー殺人事件の男性と女性の両方の犠牲者が1976年から2005年にかけて減少した一方で、親密なパートナーによって殺された男性の数は1976年以来最も大きく減少した(75%)。
一方、親密なパートナーによって殺害された女性の減少は、1993年以降にのみ目撃された。

この分野の研究が進展するにつれて、記述的な説明は、親密なパートナーの殺人傾向が被害者と犯罪者の性別だけでなく、犠牲者と犯罪者の関係や被害者の種別によっても異なることを示した(ブラウン(Browne)とウィリアムズ(Williams)、1993; ギャラップ - ブラック(Gallup-Black)、2005; Puzone、Saltzman、Kresnow、トンプソン(Thompson)、&マーシー(Mercy)、2000)。
本質的には、親族殺人は時間の経過とともに減少したが、殺人率と同様に、性別、関係タイプ、人種によって別々に評価されると、大きな違いが出てくる。
例えば、男性は女性よりもパートナーの殺人犠牲者の方が大きく減少し、白人よりも黒人が多くなっている。
もっと、結婚した人の親密なパートナーの殺人は減少したが、未婚の人を含む殺人は時間とともに増加した。
実際には、非結婚親密なパートナーの被害の増加は、白人女性の中で最も顕著である。
親密なパートナー間の特定の暴力傾向、特にジェンダーとリレーションシップのタイプの違いが時間とともにどのようになってきたのかについて、いくつかの理由が提示されている。
次回は、これらの説明の一部を概説する。

殺人事件のまとめ3 経済的要因と犯罪との関係性

経済的要因と犯罪との関連性は控えめなものではないために、1990年代の経済改革が犯罪減少の説得力として注目されていることは驚くにはあたらない。
実際、労働統計によれば、失業率は1980年代初めと1990年代初頭の景気後退期に上昇し、両期間後に回復した。
一方、1990年代を通じて失業率は着実に低下し、男性と女性の雇用益はこの期間の犯罪減少に対応した。
失業率は1991年の6.8から2001年には4.8に低下した(10年間で30%の低下)。
他の経済的業績指標は、1990年代の多くのアメリカ人にとって、情報技術やサービスなどの主要産業の成長とともに、よりよい時代を示唆している。

銃の制御のポリシー。
最後に、銃と銃の制御政策の説明は、犯罪の討論の早い段階で多くの注目を集めたが、その主な理由は殺人の大部分が銃関係だったため(コック(Cook)とラオブ(Laub)、1998)。
暴力犯罪と銃器との関係に対する早期の関心は、1980年代と1990年代に銃器を使った暴力犯罪率が上昇し、その後、減少したことを意味する。
しかし、時間の経過とともに、学者は、銃規制と秘密兵器法が犯罪の減少に寄与した程度を軽視した(レヴィット(Levitt)、2004)。
例えば、一部の研究者は、若い男性による全殺害の割合は、犯罪の減少の間に安定するが、若い男性が他の人より殺人で銃を使用する可能性がより高いために厄介であって、他の研究者は1993年のブレイディ法(銃規制法)の通過が殺人傾向に影響を与えないことを発見した。
この説明の崩壊に加えて、銃買戻しプログラムと他の銃規制政策を評価した研究者は、これらのプログラムも銃の暴力の減少とほとんど関係がないことを発見した。
研究者が犯罪の減少が多くの隠された武器法の通過に先立って実際に起こっていることを明らかにしたとき、高度に公表された秘密武器法がより低い暴力犯罪へのリンクでさえ精査された(ロット(Lott)とマスタード(Mustard)、1997)。
この説明の崩壊に加えて、銃を買戻すプログラムと他の銃規制政策を評価した研究者は、これらのプログラムも銃の暴力の減少とほとんど関係がないことを発見した。
研究者が犯罪の減少が多くの隠された武器法の通過に先立って実際に起こっていることを明らかにしたとき、高度に公表された秘密武器法がより低い暴力犯罪へのリンクでさえ精査された(ロットとマスタード、1997)。
この説明の崩壊に加えて、銃買戻しプログラムと他の銃規制政策を評価した研究者は、これらのプログラムも銃の暴力の減少とほとんど関係がないことを発見した。
研究者が犯罪の減少が多くの隠された武器法の通過に先立って実際に起こっていることを明らかにしたとき、高度に公表された秘密武器法がより低い暴力犯罪へのリンクでさえ精査された(ロットとマスタード、1997)。

これらの説明の多くが犯罪の減少に対する早期の対応であることから、今回の研究論文は殺人研究の最近の動向に変わる。
1990年代の犯罪被害を中心に、殺人事件の傾向を明らかに理解することは、依然として重視されている。
学者は、殺人の傾向がグループ間で異なるために(ブルームスタイン(Blumstein)とローゼンフェルド(Rosenfeld)、1998;コックとラオブ、2002; パーカー(Parker)、2008)、これらの特性は犯罪の討論で考慮する必要があることを認識した。
現在の例には、女性に対する暴力の傾向のハイマー(Heimer)とラウリツェン(Lauritsen)(報道)調査、LaFree、オブライエン(O'Brien)、バウマー(Baumer)(2006)は複数の暴力犯罪に対する逮捕率の人種パターンを探究した。
パーカー(2008年)は、1980年代以降の人種別殺人傾向の調査における地方労働市場の役割を説明しようと努力した。
これらの努力はすべて、さまざまな集団による暴力への関与の差異レベルを含む、アメリカ人の多様性を認め、グループ間の相違を説明することが犯罪の減少の理解を前進させると主張した。
具体的には、人種グループと親密なパートナーの2つの特質を含む殺人傾向を詳しく見ていく。


時代における殺人事件のトレンド

このように、1980年代以降の総殺人率の変化は劇的であって、特に1990年代は減少が劇的だった。
しかし現実には、この時期に人種グループによって分離された場合、その傾向はもっと際立っている。
殺人傾向が白人と黒人を別々に調べると、たとえば、2つの重要な違いが明らかになる。
第一に、黒人の殺人犠牲者率ははるかに高く、白殺人率や殺人率よりも極端なピークと低下が見られる。
事実、1980年の黒人殺人率は25.8であって、殺人のためにの市民10万人あたり19.0人だった。
1980年から1985年の間に、黒色の殺人率の低下は、殺人率全体の低下率に似ている(それぞれ16%対20%)。
例外は、1987年の黒人殺人率が大幅に低下した(人口10万人あたり19.43人)。
しかし、1990年代までに、黒人殺人率の犯罪減少率は大きかったが、45%低下した。
つまり、ほぼ半減した。
一方、2000年代には黒人殺人率が増加した(約10万人あたり約14.4人から16.5人)。

ごちうさSS【嵐の中のラビットハウス】ココチノものです

それはラビットハウスの一夜を襲っている。稲妻の閃光と雷の轟音、そして明るい青い髪のかわいい女の子、チノが恐怖の表情で震える。彼女は決してそれを認めないだろうが、彼女は雷雨を恐れている。

「チノ、苦しい苦しい、強く絞るな!」
彼女の両腕のアンゴラウサギ、ティッピーは言う。チノは彼女の握りを緩めますが、雷が再び鳴って、彼女は叫んで、突然ティッピーを再び圧迫する。

「おじいちゃん、ごめんなさい、私は今この恐怖を乗り越えなければなりませんが、ラビットハウスが崩壊するように思えませんか?」
「そんなことあるわけ無いじゃろう!これぐらいの落雷ぐらい十分耐えられるわ!それよりわしを離してくれ?」
「おじいちゃん、今夜は一人でいたいとは思えないんです!」
「なら、なぜココアと眠らないのか?」
「ココアさん?」
チノは、再び一緒に引っ張る前に突き抜ける。

「多分ココアさんも私と同じくらいに怖がって。きっとおじいちゃんを抱きしめたいと思ってます」
「ココアにも強く抱きしめられるのか!苦しくて死んでしまうわ!」
ベッドサイドから飛び出してきたティッピーは、「わしはもう行くぞ!」と言いう。

「おじいちゃん、待って!」
チノは言う。しかしティッピーは部屋の外に出て、チノの視界から消え去った。チノは泣き叫び、彼女の枕を絞る。

「雷、鳴らないで」
チノは嵐の恐ろしさに泣き言をこぼす。しかし、嵐は続く、雷、雷、雨。チノを苦しめて楽しんでいるようだ。

「これじゃ私は決して眠れないです・・・」
チノは事実上涙を浮かべている。彼女がそれを聞くたびに雷鳴が大きく聞こえる。ラビットハウスは前後に揺れるようである。窓の上に雨滴が降りてくる。チノは頭痛を起こし始めている。
しばらくの間、嵐や雷がなく、霧雨が優しく降って、チノがリラックスし始める。しかし突然、雷鳴が激しくなって、壁や床が強く振動する。驚いたチノは叫び、ベッドから落ちる。

「まだ死にたくないよお!」
チノは大声でで叫ぶ。

「チノちゃん!」
ココアが突然部屋の中に突入する。

「なんかメロドラマみたいな泣き声が聞こえたよ!大丈夫だよ、お姉ちゃんがついてるから」
「ココアさん...」
チノは簡単に安心して見え、目の涙でココアを見つめます。それから、彼女の顔は少し赤くなって、ココアはチノが泣いているのを見た。

「チノちゃん、何で叫んだの!何が起こったの?」
私は雷鳴が私を怖がっていると彼女に話すことはできない。そのようなことを言えば小さな子供のように思われるだろう。

「私は...悪夢を見たんです」
「悪夢?どう?」
「ええと、私は変な夢だったから言えません...」
ココアはチノに飛び乗って彼女の腕を彼女の周りに包む。

「大丈夫です、お姉ちゃんがついてるから!」
「ココアさん、私は妹じゃないですよ・・・」
「チノちゃんが妹じゃなくても私はお姉ちゃんだよ!」
ココアはチノの目の前に座っている。警戒しないで、彼女は傾き、チノの頭を撫で、チノの顔全体が明るい赤色に変わる。

「ココアさん意味わかりませんよ!」彼女がココアを押しのけ、ちょっと恥ずかしそうにチノが言う。

ココアはちょっと恥ずかしそうな表情で微笑む。

「チノちゃん!私があなたと寝てあげる、嵐を恐れることはもうないよね?

やっぱり嵐を怖がったことはバレてた。

「あ、嵐なんて怖くないですよ。」
「意地はってるところもかわいいよ・・・さあ、ベッドに戻って!」
ココアが立ってチノの肩をつかむ。彼女はチノをベッドの上に乗せる。

「うわー、チノちゃんってとても軽いね!」
ココアのベッドに入って、彼女をベッドに抱きしめて楽しく笑っている。一方、チノは発汗してパニックになっている。

「恥ずかしいから出てってください!」
「ごめんねチノちゃん、お姉ちゃん調子に乗りすぎちゃったね、でもが怒っているときでも、礼儀正しい敬語で話すのはとてもかわいいよ!」
「ごめんなさい、ココアさん、ちょっと意地はっちゃって、やっぱり出て行かないでください・・・。」
「わかってるよ、心配しないで、チノちゃん!」
「ココアさんはやっぱり優しいですね」
それからチノはココアを抱きしめ布団に潜る。
ココアもチノを抱きしめている。

「チノちゃんの髪はいい匂いだね」
チノはその言葉にますます赤くなってしまう。」
「ココアさん、あなたはとても暖かいです...」
「えへへ、恥ずかしいなあ?」
ココアは笑って言いる。

チノとココアはお互いをまだ大きなぬいぐるみのように抱きしめる。

「ココアさん...」
チノはココアの目が閉じているにもかかわらず、純粋な喜びを見せているココアを見て、彼女は少し嬉しくなる。
暴風雨がなっているのにもかかわらず、二人は深い眠りについた。

殺人事件のまとめ2 年月とともに増減する殺人犯罪数

研究者は、全殺犯率の時系列データを用いて犯罪の減少を記録する。
序文に記載されているように、殺人は最も正確に測定され、報告された犯罪であって、時間の経過とともに犯罪犯罪の変化を説明しようとするときに最も良い基準になる。
もっと、殺人は最も深刻な犯罪であって、学者の中で最も広く研究されている。
これらの理由やその他の理由から、殺人事件は有用で正確な犯罪傾向を説明している。

時系列データは、1980年の人口10万人あたりの殺人率は平均19.0であって、殺人率がピークに達した1991年(人口10万人あたり22.5人)までは19~22.5人の間で変動する。
すなわち、SHRデータを調べると、殺人は1980年から1985年にかけて20%低下したが、1985年から1991年にかけて47%増加した。
1991年以降、殺人は2000年まで着実に減少し、または46%の低下。
2000年以来、殺人率は、増加が観察された場合には、2006年まで大幅に安定した。
全体的に、SHRのデータは1980年代後半の殺人勢力の急激な上昇を記録し、1990年代には急激な減少を示した。
この信じられないほどの犯罪の減少は、学者が解答を探したので、広く注目されている。(FBI、2008)

殺人率の低下は警告なしに発生し、新聞記こと、テレビ報道、および他のメディア勘定の爆発につながった。
警察の存在感、刑務所の拡大、拳銃の入手可能性の低下、薬剤(特にコカインの亀裂)市場の縮小、経済の伸び、人口の年齢の変化等潜在的な説明のリストがすぐに続いた(ブルームスタイン(Blumstein)とウォールマン(Wallman)、2001) 。
リストが拡大した間、文献で最も注目を集めている説明の一部が以下に概説されている。

投獄率の上昇。
犯罪率の変化を理解することは、期間の政治的および法的状況を何ら考慮することなくは起こり得ない。
1970年代に始まった「犯罪に厳しい」政策の巨大な成長も例外ではない。
1970年代半ばには収容された人口の拡大が始まって、2000年には200万人以上が収容され、1970年の刑務所人口の4倍に達した。
投獄率の上昇は殺人率の低下と密接に対応したた。
例えば、殺人が大都市で1991年から2001年にかけて減少した一方で、司法統計局は、この期間中に54.2%の人件費率が上昇した(全国人口10万人あたり310から478人の割合の変化)。
投獄の増加、(すなわち、暴力的で薬物関連の犯罪犯罪者に対する「厳しい」)とその他の保守的な刑事司法方針に裏打ちされた刑事裁判は、文献に記載されている最長の傾向の1つである。
暴力と拘禁の両方の率が着実にかつ長期的に推移したことを考えると、多くの学者が両者の関係を主張したことは驚くことではない。

警察の存在の増加。
犯罪率の上昇に対する1つの対応は、より多くの警察官を雇うことである。
これが実際にUCRの年次数値に基づく犯罪傾向に対する反応だったという証拠がある。
これらの報告書は、特に1990年代にFBIが全国的に5万~6万人の役員を報告した(Lレビット(evitt)、2004)、路上で警察が増えたことを示した。
平均して、警察の規模は、2000年の市民10万人あたり236.1人であって、1980年の10万人あたりの増加率は1980年には米国の大都市だった(Parker、2008)。
1990年代における犯罪の減少、薬物市場の減少というものもある。

暴力と違法薬物市場の関連性は、犯罪撲滅の議論のもう一つの主要テーマである。
1980年代中頃に成長し、1990年代初頭にピークを迎えたクラックコカイン市場は、同時期の殺人動向に関連する(ブルームスタイン、1995)。
実際、薬物市場は暴力に寄与していて、研究は都市暴力の動向に関連したコカインパターンを具体的に解明すると指摘した(ブルームスタインとローゼンフェルド(Rosenfeld)、1998; クック
(Cook)とラウブ(Laub)、1998; ゴールドスタイン(Goldstein)1985)。
薬物市場の影響を最大限に捕捉する方法を決定することは、この研究の多くを妨げているが、薬物(特にコカイン)の販売を巡る警察の逮捕は、特定の地域または都市における薬物活動の水準を引き上げる可能性のある1つの方法である。
UCRは、販売/製造のためにの薬物逮捕が1982年から2003年までの2年間に爆発的に137,900から330,600という恐ろしいまでの数に増加したことを示した。
このように、1990年代に衰退してきたクラック・コカインの市場、あるいは最近の薬物販売の執行が少なくとも増加したことから、麻薬市場は犯罪の議論の最前線に位置しているとされる。
暴力と違法薬物市場の関連性は1990年代初頭にピークを迎えたクラックコカイン市場と関係があり、実際、薬物市場は暴力に寄与していて、研究は都市暴力の動向に関連した。
薬物市場の影響を最大限に捕捉する方法を考え、特定の地域または都市における薬物活動の、特に1990年代に衰退してきたクラック・コカインの市場、あるいは最近の薬物販売の執行が少なくとも増加したことから、麻薬市場は犯罪の議論の最前線に位置しているとされる。

殺人事件のまとめ 米国等の殺人を研究する様々な機関

殺人は、犯罪と非宗教両方の過失致死罪または過失による過失殺人の両方として統一犯罪報告書(UCR)プログラムに分類される。
殺人事件の調査は、一般的に殺人と非宗教殺人を調べるものである。
正当な殺人、過失、自殺、または殺人未遂、この定義には含まれない。
正当な殺人とは、刑務所の職員による重罪者の殺害または民間人による重罪者の殺害に限定される。
過失による殺人は、重大な過失による人間の殺害である。

殺人を研究する場合、学者は一般に、連邦捜査局(FBI)の統一犯罪報告プログラムと国立健康統計センターの生命統計部(NCHS)の死亡記録ファイルの2つの国家殺人データ源を利用している。
これらの2つのデータソースは、収集される情報において大きく異なる。

UCRは、報告された犯罪に基づく犯罪統計の正式な情報源である。
つまり、法執行機関によってFBIに自発的に報告された逮捕者の数に基づいている。
これらの犯罪には、殺人、強姦、強盗、悪化した暴行、窃盗、車の盗難、放火などが含まれる。
法執行機関は、UCRのためにに収集された毎月の犯罪犯罪情報に加えて、FBIに殺人に関する補足データを提出する。
Supplemental Homicide Reports(補遺的殺人報道)(SHR)には殺人事件に関する補足情報が含まれている。
SHRsには、特定の年に米国で発生したほぼすべての殺人事件および非宗教告白に関する詳細な事件レベルのデータが含まれている。
これらの報告書には、殺人事件に関する情報、逮捕された人の動向、人口統計、

豊富な殺人データがあるが、UCRプログラムは研究者がよく知っている弱点がある。
殺人事件に関する情報が不足したのが、おそらくUCRの主な弱点であり、問題点でもある。
これは、UCRプログラムにおける警察機関の参加が完全に自発的であるためである。
したがって、法執行機関の中には、殺人事件をFBIに報告していないか、関連情報をすべて記録していないものがある。
この事実にもかかわらず、正義統計局(BJS)のような正式な情報源は、SHRが90%をちょうど完了したことを発見した。
報道率は高いものの、殺人未遂が数多く残っている。
一部の研究者は、UCRに報告された殺人事件の総数を統計的に調整することによって、法執行機関による過少報告を是正するために措置を講じている(Fox、2004参照)。
既知の殺人事件に基づいて欠損データを調整する能力は、研究者の間でこのデータソースの人気を高めている。
しかし、特に殺人犯罪者の情報が増えている問題の一つは、警察機関による未解決または未確認の殺人件数の増加である。
見知らぬ人の殺人事件は、逮捕されるまでに時間がかかるために、「不明」と提出されることが多い。
したがって、犯行者データの不一致を統計的に調整する重み付け戦略を使用する研究者への依存度が高まっている(Fox、2004、

死亡率報告システムはUCRに比べてはるかに簡単である。
このシステムでは、標準化された死亡証明書の完成時に検死者によって殺人情報が収集される。
確認されると、死亡証明書はNCHSによって全国死亡データセットに入力される。
NCHSによると、これらのデータは、米国で発生したすべての殺人事件の少なくとも90%を占めている。
このタイプのデータには、殺人の被害者に関する情報が含まれている。
被害者情報には、人口統計、職業、教育、死亡時刻、死亡場所、死亡原因が含まれる。
UCRのように死亡率のデータには、省略や過小報告などの弱点がある。
残念ながら、様々な理由から、すべての死亡証明書がNCHSによって受け取られるわけではないが、いくつかの事件では、死亡証明書に関する情報は死亡率の数字に入力されていない。
もっと、UCRと違って、犯罪者の情報は入手できず、収集できない。
これらの注目すべき制限があっても、殺人は他のタイプの犯罪と比較して最も正確に測定され、報告された犯罪である。

これらのデータ問題が非常に重要な理由の1つは、研究者や政策立案者が、殺人犯罪の変化を文書化して理解することに時間をかけて関心を寄せていることである。
つまって、研究者や政策立案者は、殺人事件がどれほど発生したのか、殺人がなぜ発生したのか、殺人犯罪のレベルが一定の地域(州、都市、郡)で増減したのかを知りたい。

時間の経過による殺人傾向

都市暴力の研究で最も顕著な発見の1つは、殺人率が1990年代の米国の都市で急激に減少したことである。
実際、殺人事件は、35年ぶりに最低点にまで下がってしまった。
つまり、殺人を理解しようとする努力は、殺人の傾向、特に1990年代の予期せぬ驚くべき予期せぬ犯罪の減少を調べる必要がある。
この目的のために、この研究論文は、1980年代以降の都市犯罪の傾向に関する統計情報をSHRに具体的に提供する予定である。
いくつかの重要な変更を文書化した後、この急激な減少を理解するためにに実施される作業のレベルと性質を読者に理解させるためにに、犯罪被害の主な説明の一部を概説する。

強盗事件の恐怖8 犯罪者の研究の結論

強盗事件を理解するのに有用な理論を考えることができる最後の部分は、被害者と遭遇する遭遇そのものである。
これはおそらく、怪我、抵抗、出来事の完了がすべて強盗事件取引の文脈で関心のある結果になる可能性のある強制力の争いとして最もよく理解されている。
例えば、社会的相互作用論は、強盗犯が犯行の道具に銃を選ぶ理由を理解するのに有益だ。
この理論の文脈では、銃は圧倒的な強制力を表し、犠牲者からの遵守を得るためにの脅威の可能性を口頭にする以上のことをする必要性を減らする。
逆に、非武装強盗犯は圧倒的強迫力を持つと認識される可能性は低い。

結論

全般的に、強盗事件の種類と強盗事件の理解度は、強盗事件の分布、強盗事件の選択方法、強盗事件の目標の設定方法、犯行者や犠牲者の行動に関する科学的調査の余地が大きい。

これらは、強盗事件を勉強した状況で生じる可能性のある質問のサンプルであって、質問を理解するためにの理論的枠組みのセットである。

強盗事件の恐怖7 映画な小説の登場人物になった犯罪者

強盗事件は犯罪の大胆な性質のために、小説家や映画化され民衆に楽しまれることがある。
これは他の殺人事件も同じである。
大胆で大衆的な関心を集めた強盗事件の例と関連する商品の価値が高い例が数多くある。
1963年、英国のロンドンに向かう途中、中古列車を運ぶ列車がハイジャックされたために、大型列車盗難事件は260万ポンドを計上した。
映画「犬の日の午後」は、1972年の夏にニューヨークのブルックリンでひどく間違った銀行強盗事件を強調した。
同様に、ボストンの1950年の大ブリンクス強盗事件も最終的に映画化された。
その当時、強盗事件は100万ドル以上の現金だけでなく、他の金融商品もより大きな価値を持っていた。
定義されたこれらの犯罪は大きなリスクと大きな報酬の可能性を伴うので、強盗事件や強盗事件は明らかに面白い話をする。
おそらく、犯罪の大胆な性質は、一般的な文学、映画などに強盗犯、殺人犯のキャラクターを登場させる資料となり、それらの文化を盛り上げること間違いないだろう。

強盗事件を説明する

単一の理論による強盗事件のパターンと強盗事件の動機を理解することは、この現象が多くのレベルで動作し、多くの疑問を伴うために、あまり意味のあるものではない。
強盗事件のさまざまな要素を考慮し、犯罪、犯行、さまざまな分析的な質問に対する選択についての理論を適用することが最も有用である。
例えば、強盗事件の割合について、強盗事件の分散方法を検討するかもしれない。
Cloward(クロワード)とOhlin(オーリンズ)(1960)の機会理論は、貧困地域に強盗事件がどのように配分されるのかを理解する上で有益である。
その理論は、社会における成功を達成するためにの正当な手段の利用可能性に関連して犯罪が分配されることを示した。
更に簡単に言えば、貧困からの経済的移動が遠隔地にある可能性が高いと思われる地域では、より高い窃盗率が予想される。
これは、正当な機会が最も少ないレベルの場所に起因するために、強盗事件は成功のための格好の機会になる。

社会破壊理論も同様の見方を示した。
この理論は、貧困と人口の異質性が高い地域は、無法地帯である社会的統制が欠けている傾向があると主張した。
社会的解体理論は、地理空間全体にわたる強盗事件の分布が社会におけるより大きな構造力学とどのように関連したかを理解するのに役立つかもしれない。
要するに、合法的な機会が少なく、社会的統制のレベルが低い地域では、強盗事件率が高いことが予想される。
全体的に、このような理論は、強盗事件が他の場所に比べてどこに集中したのかを説明するのに役立つ。

個人がどのように強盗事件に関与するのかを説明する観点から、自己制御の弱さや差別化の理論など個人の特質を扱う理論は、おそらく強盗事件犯罪をどのように開始し、維持するのかを理解する上で最も役に立つだろう。
低い自制のような形質に関して、衝動性に類似したと考えられる小児期に確立された形質は、機会と組み合わされたときに不快につながると主張されている。
このように、短期間の満足感に賛成して長期的な結果にとどまらないことを求める者の起こす強盗事件は、おそらくこの法案を自己統制力が低いと認められるだろう。
同様に、差別的な関連付けは、人間が犯罪者でも行動を学ぶと主張する学習理論である。
このように、強盗犯の戦術や行動が個人間で伝達されることが予想される。
これらの理論はいずれも、強盗事件に関与することを選択した個人を説明するのに役立つかもしれない。
弱い自己制御や衝動性などの個人的特性が、強盗事件を個人にとって受け入れられる活動とし、もう1つは、そのような衝動的な人物が同僚や指導者から強盗事件を行う方法を学んでいる可能性がある。

人がどんなターゲットを選ぶのか、選ぶのはなぜか?
目標選択に関して、日常的な活動理論や状況犯罪防止の考え方は、強盗事件の行動、特に商用強盗事件の行動を理解するのに非常に有用である。
強盗犯が選ぶターゲットの理論は、有能な保護者がいないこと、犯罪を犯すのに適した目標、犯行者の意欲という3つの要素に依存している。
コンビニエンスストアに適用されるルーチン活動理論は、(サーベイランス(調査監視)を通じて)能力のある後見者を増やし、目標の適合性を低下させることができることを示唆していて、それによって強盗事件ターゲットとして選ぶ可能性を減らす。
セキュリティ研究者や犯罪学者からの証拠によると、実際には、ビジネスの周りのサーベイランスを増やすことは、強盗の機会を減らし、盗難事件を減らすためにお金を減らすことで、強盗事件のリスクを軽減する。
棚の高さを低くして可視性を高めて、店員を複数の店に配置する等環境の特徴を変更してリスクを操作することは、強盗犯が特定の標的を選択する可能性を減らす方法の追加の例である。

強盗事件の恐怖6 高貴な強盗と崇められたビリーザキッド

セックスと犯罪者の年齢に関して、2つのデータソースは緊密に一致する傾向がある。
男性は、2006年のNCVS犠牲者調査のデータには85%の加害者、2006年にはUCRに記録された強盗事件で逮捕された犯罪者の約89%を占めてた(FBI、2006)。
2006年にNCVSにインタビューした被害者は、3人の犯罪者のうち約2人が30歳未満であると報告した。
UCRは、このパターンを2006年に30人未満の4人の逮捕者のうち3人が2006年に示した逮捕データで確認した。強盗事件をする人は更に若々しく圧倒的に男性になる傾向がある。

犠牲者の特性に関して、16歳から24歳までの若い犠牲者は、犠牲者調査のデータによると、最大の強盗事件率に苦しんでいる。
黒人は、1,000人当たり2.8の強盗事件の白人の割合に比べて、1,000人あたり3.8の強盗事件率を被った。
また、2006年のNCVSデータでは、男性の犯罪被害率は3.9 / 1,000、女性率は2.0 / 1,000と高い。
この項目で以前に指摘したように、強盗事件率は1990年以来10年半で劇的に低下した。
特に、黒人男性の強盗事件犠牲は大幅に減少した。
例えば、1996年の黒人男性の強盗事件率は、1,000人当たり16.7人で、2006年には1,000人あたり4.8人に減少した。
これは被害率が70%以上低下したことによるものである。

強盗事件で女性犠牲者を頻繁に選ぶことに関するいくつかの推測が存在する。
おそらく、女性は社会的な圧力に屈し、強硬な脅威に抵抗できる可能性が高い男性と比較して、強盗事件の手に敏感になる可能性がある。

強盗事件での加害者としての女性の参加は比較的稀である。
この分野でどのような研究が行われているのかは、女性の強盗事件は例外的に孤独な女性の強盗事件がチームで働くことの方が強いということを示している。
強盗事件のチームは性別で混同される傾向があって、強盗事件の超人的な必要性は、他人の支配を孤独な女性犯罪者が説得力をもって引き出しにくいと主張している。
女性の強盗事件に対する精神的研究も、女性の強盗事件のかなりの部分が、犠牲者が特に脆弱で、通報や起訴をする可能性が低く、売春と結婚の関係が関連したことを示した。

データは、犯罪者が犯罪者と被害者の面で無作為に分布したわけではないことを明確に示した。
強盗事件は犠牲者と犯罪者の両方として若年層と男性層に不均衡に集中したように見える。
黒人は、1990年代以降、犠牲になって劇的に減少し、違反の点で幾分減少したものの、強盗事件や加害者の犠牲者に関しても同様に過度に報道されている。
最後に、強盗事件の地理的な位置に関しては、貧しい都市部に集中する傾向がある。


強盗事件の態度とライフスタイルに関する展望

強盗事件への関与は、対面する個人のリスクによって制限される。
そのような遭遇は困難を伴う。
多くの個人が強盗事件の犯罪に遭遇したが、選択された少数しか存続しないで慢性の強盗事件になる可能性が最も高い。
強盗犯の姿勢は、混沌とした心地よさとタフな男のイメージを投影しようとしたと考えられている。
何度も犯行を繰り返す永続的な強盗犯の性格には、自分の目的を達成するためにに物理的な力を利用し、他人を支配する欲望が含まれている可能性が高い。
頑固な強盗犯とその見通しの研究は、非常に少数の人であるために困難である。

積極的な強盗犯のライフスタイルに関して、強盗犯は襲う対象を探し求めている。
これによって、犯罪を計画するのに最小限の注意を払って適切な犠牲者を探すことができる。
強盗犯達のライフスタイルはしばしば、薬物や性的欲求にお金を費やすことを含んでいる。
このようなパターンは、個人が体系的な計画と標的を見つけることを行う機会をほとんど与えない。
したがって、永続的な強盗事件でさえ最も一般的であると考えられている。

J.エドガー・フーバーのFBI初期の歴史は、ジョン・ディリンガー、ボニー・クライド、マ・アンド・パ・バーカー(バロー、2004年)など銀行強盗事件に強い関心を持った。
これらの個人をうまく理解することは、広報管理局に必要だった。
これらの強盗事件は、いくつかの勘定によって、うつ病時代の銀行システムとの幻覚を表し、場合によっては、うつ病時代のアメリカで苦しんでいる市民によって賞賛された。
貴族のように高貴な強盗事件の概念はおそらく古代英語の民間伝承のロビンフッドによって最もよく説明されている。
伝説的なアメリカのフロンティアの無法者であるビリー・ザ・キッドの物語では、より現代的な強盗事件の「貴族」としての祝典が明らかである。
強盗はしてはいけないことの一つではあるが、ビリー・ザ・キッドのように、強盗事件の犯罪は、場合によっては、強硬な人との苦情を救済する方法と見なされることもあるようである。