ユーリー・オドナチェヴァ ソ連の伝説的殺人鬼の息子

ソ連(ロシア)の最も有名な連続殺人犯であるアンドレイ・チカチーロの息子、ユーリー・オドナチェヴァ(Yury Odnacheva)は、ウクライナの東部で殺害罪を犯したと逮捕された。

彼は2009年に数回殺人しようと逮捕された息子、ユリーを傷つけたにちがいない。父が父なら子も子。
ドンバス紙によると、ユリー・オドナチェヴァ容疑者(39)は、ウクライナ東部で逮捕されたが、ソ連の最も有名な連続殺人犯であるアンドレイ・チカチロの息子が、ウクライナの東部で逮捕された。知人を刺した疑い。
同紙は、警察当局のセルゲイ・カラクツァ(Sergei Karakutsa)高官を挙げて、トイレに行ったときに、二人の男性が "ビジネス"の中心にあったと述べた。数年前に姓を変えたオドナチェバは、ナイフを抜いて30歳の仲間を何度も胃に刺したと言われています。
同紙によると、負傷した男性は車に乗り、地元の市場に駆けつけ、救急車が呼ばれた。被害者は、多くの血液を喪失し、緊急手術を受けた重大な状態にあった。
医師はその後、刺す犠牲者が治療に反応し、傷が治癒していると報告した。
窃盗と暴力で有罪判決を受けたオドナチェバは、被害者が最初に車を盗んだ後、「どこかの泥棒に乗った」と告発した。

ロシアで最も有名な連続殺人犯の息子が、殺人罪で逮捕されたという事件である。
ウクライナ生まれのチカチーロは、52人の殺人事件のために1994年に処刑された。その多くは子供です。彼は53人を殺害すると認めた。

アンドレイ・チカチーロといえば、死体を切りつけ食べた猟奇的なカニバリスト殺人鬼である。
1978年から1990年の間にソ連で56人の女性と子供を殺害し、殺害した。
彼の事件は犠牲者の数が多いだけでなく、調査中にソビエト警察が警察に警告を出そうとする努力が、共産主義社会で一連の殺人が不可能であったと主張する国の公式イデオロギーによって妨げられた。
チカチーロは1930年代の偉大なウクライナの飢饉の後に育ち、その間に何百万人が死亡し。
彼の子供時代、彼は彼の母親によって、彼が隣人に誘拐され食べられた兄がいることをいつも聞かれた。
検証できない物語は、チカチーロに犠牲者の一部を食い止めようとしたようだ。
チカチーロは第二次世界大戦中にドイツの捕虜がソビエト捕虜たちにどのように拷問されたかを記した物語に特に関心のある読者であった。

チカチーロは軍隊をやめた後、電話技術者になり、1963年に結婚した。
1971年に学位を取得し、教師になった。
しかし、一部の両親がチカチーロによる子供に対する性的暴行に訴えた後、彼は辞職を余儀なくされた。
チカチーロは、1978年にロストフ・ナ・ドヌー(Rostov-na-Donu)などの様々な都市を旅行し、鉄道駅やバスやデパートで会った人間の殺害を始めた。

すべての被害者が特徴的な犠牲を呈したため、警察はまもなく連続殺人犯がこの地域で活発だったことを知った。
それにもかかわらず、チカチーロは、犯行がソビエト連邦の崩壊する社会の弱点を悪用したために、長年にわたって検出を回避することができた。
貧困は青少年を街に捨てたいと思っていたが、友人や連絡先が少なく、お金もなかったので、簡単に危険な状況に誘惑され、その消滅はしばしば気づかれなくなった。
1984年、チカチーロは警察官に逮捕され、駅の女の子を虐待したことを目撃した。
ブリーフケースには長いナイフ等の凶器があり、警察は彼の血液型を誤って確認した。
やはりその血は争えないのか。
ユーリは人肉は食べなかったようだが、やはり彼も普通の人には考えもつかないような恐ろしい思考をしているようである。