松江輝彦 女性を三人殺したが無罪になった殺人者

泥棒は殺人罪に直面する.死刑囚89人が逮捕され、2人が疑わしい-ジャパンタイムズ-2002年6月12日
佐賀県警は13日、刑務所に収容された佐賀県警の犯行捜査令状で、逮捕状を提出した。
北上の松江輝彦は、2年間の刑期を務めている。
逮捕令状は1989年1月、北方周辺の山々の崖の底にある他の2人の死亡婦人とともに死体を見つけた地元の裁縫師、吉野タツ代さん(37)の殺害と関連している。
1989年1月25日の夜、松乃は電話をして彼女を誘った後、知り合った吉野を絞殺したという。

その後、彼は車の中を車で山に連れて行った。
1987年7月に姿を消した武雄市のレストラン従業員の藤瀬澄子さん(48)も崖の底にあった。
彼女が直後に殺された場合、警察が疑っているように、殺害のための15年間の法律の制定は来月に失効するだろう。
3番目の身体は、北方からの中島清美さん(50)も確認された。
彼女は1988年12月に姿を消した。

13年前に犠牲者の遺体が発見された直後、警察は吉野さんとの関係のため容疑者として浮上していた松江を尋問した。
松江は、死刑と何らかの関係がある可能性があるという陳述書を提出したが、警察は明らかに彼を殺人犯人と結びつける重要な証拠や証言がなかった。
警察によると、松江氏は後に彼の立場を逆転させ、殺人事件への関与を否定した。
1989年の共同通信とのインタビューで、松野氏は殺されたと考えられていた夜、友人と話していたと語った。
彼は彼女を知っていると言ったが、親密であることを否定し、他の2人の女性は知らなかったと付け加えた。

宮崎県えびの市で11月、鹿児島県内の家屋侵入容疑で逮捕された。
彼は3月に2年間の懲役刑を言い渡され、殺人事件について再び疑問を呈し、警察は尋問中にほとんど黙っていると付け加えた。
警察は、1989年の犠牲者との関係で松江に令状を出した理由について詳しくは触れなかった。
3人の犠牲者がすべて同じ場所に見つかったので、警察は同じ犯人が関わったと理論化した。

トリプル・ストラングラーは、彼が無実であると裁判所に伝えている-ジャパンタイムズ-水曜日、2002年10月23日
1987年から1989年の間に、佐賀県北方町の女性3人を絞め殺し、近くの森に遺体を埋葬したことを無罪とした。
松江輝彦は佐賀地裁に「三人の殺人事件は無罪だ」と語った。
松江は、1989年1月、町の森に集まった女性たちを殺害したと非難されている。
松江氏が告訴を拒否したため、裁判は延期される見通しだ。

今夏の松江容疑者の逮捕は、最古の裁判の期限が切れようとしていたことから始まった。
起訴によると、松江は1987年7月、48歳のレストラン従業員である藤瀬澄子さんを絞め殺した。
1988年12月、50歳の主婦、中島清美さん。
1989年1月には37歳の裁縫師の吉野タツ代さんが殺された。
検察は、松江容疑者が車に乗って藤瀬さんを強姦し、警察に行くことを脅したときに犠牲にしたと告訴した。

その女性は彼の知り合いったと付け加えた。
検察は、松江が中島さんを殺害したとしている。
当時酔っていた松江は警察に行くことを心配していた。
彼らはさらに、彼が別の男を見ていると信じていたので、彼が出会った吉野を殺したと主張した。
1989年10月に3人の女性を殺害したと認め、薬物関連の罪で逮捕された。

彼はすぐに彼の告白を取り下げたが、警察は彼にそれをさせることを余儀なくされたと言った。
松江と殺人事件を結びつける重要な証拠はなく、捜査官は訴訟を放棄した。
しかし、15年後、彼らはこの訴訟を復活させ、別の調査を行い、松江のDNAは犠牲者の身体の1つに見つかった唾液と一致すると言った。
より洗練された方法を使った新しいテストは、松江と死体を結びつけた。
警察は6月11日、松江容疑者を逮捕し、吉野容疑者の殺人容疑で逮捕した。

松江は当時、刑務所にいたが、3月に2年間の刑期を宣告され、家に侵入した。
7月2日、警視庁は松江に新任の令状を提出し、藤瀬さんの殺人容疑で逮捕した。
犯行に対する15年間の法律の制定期限が切れる前に、藤瀬さんの事件に対する起訴はわずか6時間しかなかった。
7月9日、警察は松江に中島さんの殺人逮捕令状を送った。

非難されたトリプルキラーの無罪は認められている-佐賀の男の告白は強制されたとみなされた-ジャパンタイムズ-2007年3月20日
福岡高裁は、1987年から1989年の間に佐賀県で3人の女性を殺害した福岡男性44歳の無罪判決を支持した。
逮捕された松江容疑者は、裁判長が「違法に取得されたため、自白が証拠として採用されなかった事実の誤りや誤認はなかった」と述べた。
佐賀警察は1989年の告白を撤回した後、訴訟を起こすことができないと判断したため、2002年まで殺害した。
佐賀地方裁判所は、「自発的な性格を超えて不法に長時間尋問を受ける」「被疑者が強制された可能性がある」という理由で、早期に提出された証拠として、松江を2005年5月に無罪にした」

彼が告白を書いたとき、松江は無関係な事件のために拘束されていた。
検察側が提出した証拠は「被告は合理的な疑いを超えた真の犯人だったと判断する十分でなかったため、地裁は、藤瀬澄子さん48中島清美さん50、吉野タツ代さん37の殺人事件での松江は無罪 検察は死刑を要求していた。
検察は、福岡高裁では、松野氏の告白を証拠として採択するよう求めたが、死刑判決を受けた吉野氏との関係を踏まえ、体液を盗む検出した。
彼らはまた、自分の車の中にあった写真に見いされた物質中のミトコンドリアDNAの発見を「新たな証拠」として特徴づけ、特定しないで犠牲者のDNAと一致すると主張した。
防衛当局は、ミトコンドリアDNAが同定には不十分であるとし、検察官が松江の車内の座席に尿の残留物が発見されたなど、他の誰かが殺した可能性があるという証拠を隠匿していると主張した犠牲者のいずれかの尿。
彼らは詳しく述べなかった。

1987年から1989年の間に姿を消した3人の女性の体は、1989年1月に北方の山岳部で発見された。
その年11月、逮捕され薬物拘留中の松江容疑者は、佐賀県警の尋問の中で告白を提出した。
彼は後でそれを引っ込め、その時に警察を率いて、不十分な証拠のために、殺人容疑者として彼に対する事件を確立しようと努力したことを断念する。
松江容疑者は2002年6月に殺害事件の制限令が成立する直前に、殺人事件の1つと関連して逮捕された。
彼は翌月に殺人を命じられた。
彼は逮捕された時から裁判が終わるまでの無実を維持した。

アドマックス