宝くじの経済の最前線2 宝くじとIT株を買うのは同じ

これまでの内容はタイトルからはほど遠いと感じる人もいるだろう。
宝くじ経済とは何かと思う人もいるだろう。

ここで言及されている宝くじの経済とは・・・、期待が先行するタイプの経済であることと、収入が労働で得られるものから逸脱していることだ。

期待が悪いということではない。
経済的な問題から期待を取り除くのは無意味だ。
何か希望を持つことで、前向きに生きていけるのである。
日本はあまりにも長い間暗くなっていた。
現在の経済から、景気が悪くなっているのがわかる。
将来的に希望が持てない人もいるだろう。
やっと希望が持て、積極的に動けるようになり、物事は良い方向へと変わった。
だけど、
宝くじのような賭博には、確実に貰える金額以上のことを望んでいる人がいるのが問題である。
宝くじを100円買ったときには約50円もらえるかどうかである。
100円なども高い金額を臨んだとしても、裏切られる事が多い。
株式投資でも同じことが言える。
昔アメリカのインターネット企業の株式が高騰したことがあり、将来的には高成長を続ける会社もあるが、倒産したり下落した会社のほうが多い。
アメリカでは買ったものが生き残る世界であり、買った大企業は大きな収入を手に入れているが、ほとんどの企業は倒産するだろう。
しかしながら、現時点でどの会社が生き残るかは明確ではない。
したがって、彼らは色々会社翻訳を理解しないで株を買っている。
しかし色々な会社の株を買うのは、リスクを減らすことにもなる。
だけど、問題は、収入の見込みはすでに下がっているかも知れない。
まるで宝くじのチケットを購入したようなものだろう。
米国で最も優れていると評価されているのアラン・グリーンスパン氏もそのように懸念しているようで、彼は急騰する株を警戒したのだ。
グリーンスパン氏は、宝くじを買うこととインターネット関連株を買うのは同じことだと語った。
彼はようやく株式市場を落ち着かせるために金利引き上げを行ったので、将来の動きには相当警戒しなければいけないようだ。

日本の店頭の株式や中小の株式にも同じような動きが見られる。

株式は大変奥深く、誰かが大きく設けたら、彼の周りの人同じような行動をさせる不思議な力がある。
オフィスで働く女性がにソフトバンクの株式を何年か前に購入し、現在、すごいお金持ちになっているようだ。
しかし公開日にに店頭で購入した人は、数日間の短い期間に大きく株で稼いだ、などという儲け話が耳に入ると、われこそ模という気分に駆り立てられる。
それで万が一の巨額の富を得られるのならば、普通の投資家なら心がお泥だろう。
しかしながら、宝くじと株式投資が異なる部分は、投資額が100円ではないからだろう。
小規模であっても数十万円以上を使わなければならないのなら、貧乏人では大した金額を稼げない。
宝くじのような投資に新しく参加したのが中小企業の株主だ。
信用保証協会から資金を借りることができキャッシュフローの見通しができ胸を撫で下ろした中小企業は数多くるのだが、お金をどうするかというと、宝の持ち腐れになっていることが多い。
中小企業が投資をしても対して儲からなかったようだが、宝くじのような投資が来たのだ。
町の工場の所有者が利益を上げたという噂が耳に入り、話を聞いた人たちも利益が欲しいと思っい、証券会社に相談し、予想外なほど儲かる確率が高い有益な投資だと感じた。
このような株式投資そのものは、日本で一番有望な会社に合理性の高い、資金を配分することができ、日本という国の収益を増やすことが望める。
日本全体に利益が訪れ、ハイリスクを積極的に受け入れハイリターンを手に入れるのは株式投資そのものであり悪いとはいえない。

インフレの何が問題か2 昭和と今は一万円の価値が違う

今後、の一万円札は現在より価値が下がるので補償として利息の1円とか2円があるはずなのである。
将来価値を今の価値に割った場合の差分が利子となる。
利子をもらって生きている預金者が自分たちの生活に関心を持って、元本をそのまま残す人がいる。
その人は、名目の元本の金額は必ず保証されるが、実際には、元本額は徐々に減少する状況にある。
昭和初期の1万円はかなりの価値があった。
タクシーに1万回乗車することができたので、今は600万円以上の価値があったのだろう。
だけど、現代は1万円でも、タクシーには数回しか乗れない。
恐らくそれです日生きることは困難を極める。
要するに、たとえそれが高い金利であっても、インフレに伴って価値が下がるにつれて、預金者にとって有益にならなくなってしまうだろう。逆に、低い金利でも、デフレのために価値が下がらなければ、金融資産所有者は喜ぶだろう。

割引率としての金利の内、インフレによる減価償却とは別に、現時点でお金を消費せず、投資のためにその金額を貯金した場合、それによってお金が増えることがある。
投資収益率で。
要するに、上記の例では、元金の喪失に苦しんでいる元富裕層も、実質成長率のためにお金を使うようにすれば、お金で損する必要はなくなるかもしれない。
つまって、預金者にとって、低金利は良いとか悪いとかよりも、それとは関係なくい低成長が出ていないことを意味する。
要するに、当初の成長可能性を回復するために金利引き下げが実施された場合、それは預金者のためにでもある。
それに対して反対派のNHKは、預金者の敵である。
だが、すべての金利引き下げが素晴らしいことを意味するものではない。
NHKが間違った解釈をしたりするとも思えない。
金利引き下げに問題はあると思う。

例えば、預金利回りが今後の価値を補うものではないときだ。
これは、金利が政策ベースで過度に低い水準に抑えられてた可能性がある。
これまでの金利引き下げについては、問題点がある場合は、金融や景気が求めていると言い張って、当局は資産の値段をを引き上げようと企んでいるのだ。
そのことを預金者が今後のインフレへの不安だと解釈された場合、確かに、利回りはとんでもなく低い。
預金者は文句を言いたいだろう。
この場合、NHKの言うことも合理的と思える。
(しかしながら、NHKがこれらの説明をしないことは視聴者のためになるとはいえない)

実際、世の中にはそのような憶測がある。
要するに、「インフレを引き上げることで、日本が現在持っているすべての問題を解決することができる」という考えを持つ人々は、驚くほどたくさんいる。
政府、金融機関、不動産業者などのバブルの関係者のみならず、そのようなアイデアを持つ人々は、大家・地主や富民間企業の社長などの富裕層にもいる。
次に、もともとインフレの犠牲者と考えられてた年金基金び受給者も、そのような考え方をするので厳重な警戒が必要だ。
理由は、年金基金が一年間に5.5%収益を上げる用に作られてたことだろう。
(実際にその価値が低下してしまっても、名目5.5%にならなければ、今後の保証額を支払うことができなくなる)
しかし、不思議なことに、おそらく、もう一つの理由はマスコミの間違っているニュースによるものかも知れない。

まあこれがインフレなら元本価値が減少するがデフレによって効果的に軽減され助かっているので、元本価値から生活費を出せばいいとは思うインフレ中は、元本の減少はないだろうが、実際、元本の価値は減少して要る。
死んだらあの世にお金を持って行くことは不可能なので、死ぬ前に使った言ったほうがいいと思う。
名目金額は神秘的だ。
さまざまな幻想を見せる。
なので、名目の神秘を分かっている者が、その力をいいように使っている。
そのようなずる賢いには注意が必要だ。
何度も何度も欺かれることがある。
しかし、奇妙なことに、世界に騙されているとわからず、いい気分になっている人は結構いるみたいである。
君は手の中の人たちに真実を伝えないかもしれない。

君15年前の映画チケットの価格を覚えているか?
映画のチケットは、インフレーションの影響を受けて、過去よりも費用が変動する可能性がある。
この経済学用語は、消費財、サービス、住宅の価格が徐々に上昇する傾向を指する。
インフレも、貯蓄の価値を減らす傾向がある。
そのために、インフレを理解し、その効果を管理することが重要である。

インフレは貯蓄にどのように影響するか?
貯蓄口座に 100円があって、1%の金利を支払うとしよう。
1年後には、君の講座に101円がある。
この期間中、インフレ率が2%になると、より高い価格の影響を補うためには102円が必要になる。
君のアカウントには101円しかないので、実際には購買力を失ってしまいる。
それはお金を失っているかのようになる。

限られた貯蓄で生活した退職者の場合、毎年、インフレが購買力を低下させる場合、生活水準を維持することはできない。
米国でも日本でも、ほとんどの退職者にとって医療費は必需品であって、増加する傾向がある。
インフレは給与で生活していない人にも影響する。
君の子供の大学の資金や家の購入のためにの前払いのような目標を念頭に置いて着実に貯金をするら?
毎年価格が上がるにつれて実際の購買力が低下するのを見たくないので、買う余裕がある大学の授業料や家の金額が減る。

インフレの背景
インフレは、経済における商品やサービスの需要が高まるにつれて生じます。
マネーサプライ経済の上昇は、様々な商品を購入した消費者からのより多くの需要がありそうである。
この需要の高まりは価格に圧力をかけ、上昇している。
より多くの人々がこれらの商品を支払う意思があるので、売り手は価格を引き上げる。
インフレにつながる可能性のある別の状況は、生産コストの上昇がある場合である。
生産者は、より高い価格の形でコストを消費者に渡す。

インフレの測定
今君は、君が実際に貯蓄を失っているかどうか懸念するかもしれない。
だから、インフレの影響をどうやって測定するか?
政府が上昇する価格の影響を測定するために特定の指標がある。
消費者物価指数は、消費者が購入する商品やサービスの様々な価格を含んでいる。
これには、輸送費、医療費、住宅価格などが含まれる。
上昇するCPIは、そのような消費者商品のコストが増加したことを示している。

米国のインフレ
近年、インフレは低迷していて、米国、日本、および欧州の中央銀行は積極的にインフレを煽って、デフレの脅威や価格低下を狙っている。
例えば、米国では、連邦準備制度理事会はインフレの年率2%の成長を目標としている。
金融危機や景気後退に伴い、景気を押し上げるためにの様々な刺激策を開始した。

2008年には、連邦準備制度の景気刺激策による現金流入が、実際には米国のインフレ率の上昇を招くという話があった。
そのような状況はまだ起こっておらず、連邦準備制度は引き続き穏やかな経済のインフレを押し上げる。
ものは常にこれのようなものではなかった。
1970年代後半にかけて、FRBは二桁の高いインフレ率との戦いに向けてより力を入れていた。
そして、ドイツのような国では、超高インフレ期、あるいは非常に高いインフレ期がある。

今の米国ではインフレは更に問題になる可能性が高い。
インフレに備えるためにニュースを見て、状況を管理することが大事である。
君が政府の社会保障給付を受ける退職者の場合、政府は消費者物価指数で測定した生活費に基づいて支払いを調整する。
したがって、インフレが上昇するにつれて、社会保障の支払いが増加することも見える。

また、個人貯蓄に対するインフレの影響を回避する方法もある。
1つは、君の現金貯蓄を保持する代わりに、より良い利益のために、投資始めることを目指すのだ。
銀行口座が提供する傾向がある最小のリターンはインフレを説明するには十分ではないので、そこにお金を預けることは君の購買力を守るものではない。

代わりに、より良いリターンを得るためにお金で更に積極的にすることを目指すのだ。

株式投資のリターンは、一般にインフレを上回る傾向がある。
資本保全に焦点を当てた投資家が興味ではないかもしれないが、揮発性、個別銘柄に関連した投資信託を選ぶことはおそらく良いリターンを提供することになる。
パッシブインデックス手法を採用したミューチュアルファンドは、特定のファンドマネージャのストックピッキング能力に依存しないために、もっと優れている可能性がある。
また、インデックス作成の手法を使用することで、料金も安くなる。

インフレの何が問題か お金の価値が下がる物事の考察

為替レートが100円台に回復した時代の話。
円が1ドル= 80円になると、ドル預金をする投資専門家は喜んでた。
実際、その男は1年前に1ドル= 106円の時に1ドルを買い、円が為替相場を高くなって、ドルの価値が下がったという事実のためにに、ものすごく落ち込んでしまった。

そしてテレビのニュースが円安報道した。
私は意図的に私の妻にアピールした。
結局、円は下がった。
既に102円である。

ナンピンはしないから別にいい(円高が進むと外貨預金を注文する)
私は何をすべきか?私の親は預金の利息では食べていけないと言った。
君は困っている。

今、それ以来、かなりの時間が経過した。
だけど、このような状態から1年間で円安でドルが125円を上回ったとしても、本当はそれほど変化はない。
個人または機関投資家どっちでもいいが、日本全国の財政難に困惑した。
定期預金の利子率は1年であっても1%以下になって、10年国債を購入しても、結局3%にはならない。

そのような場合には、ベテランの投資家たちは、株や商品先物をすると思う。しかし、日本株と先物、不動産は、今はすべてが良くない。
実際にうまく投資できない人が人がたくさんいる。
だけど、読者がいる場合は、銀行金利のみで暮らそうとした者は、考えを改めてほしい。

このとき、君はそのような考えをやめるかもしれない。
困っている、金利引き下げが頻繁になると、NHKや他のテレビ局や新聞社はあまりにも感情的になって、恐ろしく面倒な過ちをニュースとして流す。
過去、ニュース番組は「年金受給者や預金者には、金利引き下げにより困窮し、あの人達は銀行でお金を借りて

いる」と述べた。
公的資金を使って金を支援するかどうかは、日本の人々の間で話し合ったほうがいいだろう。
だけど、その前に、過ちは修正する必要がある。
最初の過ちは、年金受給者は絶対困窮したとはいえない。

年金が今後のの年間給付額が定まった、日本はほぼこのタイプの確定給付金ならば、インフレではなくデフレならば、年金の価格をそのままできるの。
それについて考えてみましょう。
100円を持っているなら、デフレ時代に使ったほうがいい。

インフレ時代はは、100円で買えたものが110円になって、君が持っている100円では不十分である。
しかし、それがデフレであれば、95円に落ちる可能性がある。
インフレに伴い年間金額が変わっても、インフレ率がに正常に連動していれば、デフレによって得られる年金の価値が低下することはない。

つまって、デフレのためにに年金受給者が困窮するというのはありえない、間違いだ。
次、インフレでもデフレでも預金者は心配する必要はない。
預金による生活できる人は金融資産を非常に大量に持っているので、金利はかなり良い結果を出した。
富裕層から貧困層へお金を与える、配分の公平性の問題は異なる次元であるために、ここでは議論ないが、それでもなお、高い預金金利と低い預金金利は、必ずしも経済状況に直接的な効果を及ぼさないということは言える。

金利がインフレに関連していれば、預金者も困らない。
受け取れる利息は減少するかもしれないが、生きるのに不可欠な生活費もそれに応じて減る。
一部の人々はデフレに困っているというのは嘘ではない。
だが、金利が低いためと言うのは正しくはない。

金利を下げなければならないくらい、経済が悪くなったためだ。
低い金利は本本当はいいことである。
ローコストでお金を集めることができるために、それに応じて様々なビジネスの資本にすることが可能である
それは、経済を押し上げるのに良い潤滑油である。

なので、全世界の国が金利を低くるることを熱望したのだ。
たとえ君が通常金利を下げたいとしても、君が下げることができない国はたくさんあるが、今や日本は最も全世界の中で低い金利であって、私はこれが他の国から見たら大変豊と思えるのだ。
日本が世界中から評価されているということだろう。

今、上記の議論を検証するためにに、
預金の金利は何に役立つか、起源に戻り考察する。
普通に考えると、1年後の100円は現在の100円以下の価値になってしまうことがある。
なので、全世界の国が金利を低くるることを熱望したのだ。

減った勝ちを補うためにに1円または2円の利息が必要だ。
1970年、株式市場は混乱した。18ヵ月で40%減、10年近くになると株式と何か関係が欲しい人はほとんどいない。経済成長は弱く、最終的には2桁に上る失業率が上昇する。1970年代初頭までに完全雇用を創出するように設計されたアメリカの中央銀行の容易な資金政策は、高いインフレを引き起こした。中央銀行は、異なる指導の下で、その後、金利を約20%に引き上げ、そのうち一度は裕福と見なされた。住宅や自動車などの利息に敏感な産業では、金利の上昇が災害の原因となる。金利が急騰する中で、多くの人々が新しい車や家から値を付けられている。(過去の回顧のレビューでもっと詳しく)


1972年後半に始まって、1980年代初めまで終わらなかった1970年代の大きなインフレの恐ろしい話である。
「長期実行のためにの株式:長期成長のためにの指針」(1994年)のジェレミー・シゲル教授は、「戦後のアメリカのマクロ経済政策の最大の失敗」と称した。
大きなインフレは、原油価格、通貨投機家、欲張りのビジネスマン、悪意のある組合指導者に起因する。



しかし、巨額の財政赤字を賄い、政治指導者によって支えられた金融政策が原因であることは明らかである。
この混乱は、ミルトン・フリードマンが「マネー・ミスチフ:通貨史におけるエピソード」(1994年)で述べたことを証明したものである。
インフレは常に「金銭的現象」である。
大きなインフレとそれに続く景気後退は、多くのビジネスを破壊し、無数の個人を傷つけた。

面白いことに、正式な経済学教育を受けていないニクソン蔵の財務長官ジョン・コノリーは、後に個人破産を宣言した。

( しかし、これらの非常に悪い経済状況は、一種のブームに思われた。多くのアメリカ人は一時的に低い失業率と1972年の高い成長数に畏敬の念を示する。

そのために、あの人達は1972年に共和党大統領リチャード・ニクソンと民主党議会を圧倒的に再選した。ニクソン、連邦議会、連邦準備制度がそれを破った。

ベーシックインカムの試練は無駄とフィンランドの最大の組合は言う

フィンランドのベーシックインカムの実験の1ヶ月は、予想外の情報源からの批判を受けている。
それは、同国最大の労働組合である。
「それは間違った方向の社会政策」とフィンランドの労働組合の中央組織(SAK)のチーフ・エコノミスト、イルクカ・カウコランタは、ブルームバーグに語った。
100万の労働組合のメンバーシップは、フィンランドのすべての5人のうち複数が含まれる。

しかし、ベーシックインカムの支持者は、その考えが実現すれば、組合は単にメンバーシップを失うことを恐れていると言う。
ベーシックインカム実験のためにに、フィンランドは無作為に2,000人の社会援助受給者を選び、月額600ユーロ(約69,767円)を与えた。
受取人は、就職、ビジネスの開始、宝くじの勝利にかかわらず、引き続き支払いを受けることになる。
この実験は2年間続いていて、政府機関であるKelaは、試験が終わるまで結果を発表しないとした。

オンタリオ州とプリンスエドワード島を含む他の管轄区域が独自の裁判を計画したために、世界中の政策決定者が注意深く監視している。
カウコランタは、ベーシックインカムは、実行するのが難しく、実行するのに費用がかかって、最終的に役に立たないと主張している。
保守的なエコノミストによって典型的に行われた議論に反して、彼は条件なしで調剤されたベーシックインカムは労働力を離れて人々を押し進めるだろうと言う。
ベーシックインカム支持者は「高水準の雇用がなければ、包括的な社会保障や公共サービスへの資金調達は不可能だ」「ベーシックインカムの助けを借りて、人々は、例えば、家庭で子供を世話して、早期退職したって、長期間滞在することを選ぶことができる」に書いた。
いくつかのベーシックインカム支持者は、我々の経済において、これは実際にはプラスになると主張した。

労働を自動的に働くロボットに働かせ、そして非常に多くの雇用をとることで、労働供給の減少により失業率を低下させ、賃金を押し上げると主張した。恐らく被雇用者は仕事をロボットに任せて大して働かないのだろう。
しかし、カウカランタはこれが単にインフレの原因になると主張した。
ブルームバーグはドイツ経済研究所から、組合がベーシックインカムを交渉力の脅威と見なす可能性があるとした2014年の報告書を指摘した。
メディアの報道はベーシックインカムトライアルを損なうだろうか?

基本所得の分配を担当したフィンランド政府機関であるKelaは、ベーシックインカム受給者の2,000人の受給者を報道しないようメディアに要請した。
代理人は、一般の注目を受けて、受刑者に他の方法よりも多くの機会を与え、裁判の結果を歪めると懸念した。
ヘルシンキ・タイムズ紙によると、Kelaのスポークスパーソンは、「関心は理解できるが、結果を歪ませないために、実験のためにに参加者にアプローチしてはならない」と述べた。

私はカウコランタの意見に賛成である。
ただでお金を貰えば、人々はニートのようなまったく腹楽ことのない怠け者になってしまうだけである。
そもそも、本当に人間の仕事を全て肩代わりしてくれるようなロボットやAIが発明されるかも疑わしい。
仮に労働者が全く存在せず、全て人工知能で動くロボットが全て作業を行う全自動企業が存在したとしても、国がお金を払う必要性はまったくない。
その全てロボットが働くAI企業がお金を払うほうが理にかなっている。

金は天下の回り物ということはその企業も分かっていると思うので、お金を世の中に出さずに全て自社の中に溜め込んでしまうような愚行はしないと思う。
金利が高い株券を発行し、とりあえず人を雇っておいて給料を払う(労働はロボットが働いてくれるので必要ない)
もちろんこれはロボットが発明されたらの話であって、このようなもしもの話はそのような自動労働機械が存在しない今の世界には本当はする必要はないのだが。

現代宝くじによる経済の最前線 アメリカのロトには勝者だけが仕組みがある

西洋のロトと日本の宝くじに見られる文化的差異がある。
ロトくじには、ウィナーテイクスオールという勝者だけが儲かる仕組みがある。
その一方で、
宝くじのアイディアは、均等に分散された仕組みであり、勝利の確率は、第1等以外もあり、100円レベルに細かく設定されている。

ヨーロッパと日本の間の所得分配のアイデアが元になっている。
伝統的な日本では、
頂点の者は多大な収入を得られるが、
収入に上限を設け、
自分より所得に低い人にもお金を渡す仕組みがあった。
代表的な例は、所得税の累進的な税率だ。
収入が上昇するにつれて税率が増え、
税金はどんどん増えていく。
これは富裕層の人々の労働意欲を妨げると言われていたが、
日本人の公平な財産分配となり、

国民の収入が安定し、人々が真面目に働くようになったと考えられる。
一方で、
西洋へのキャッチアップが終了し、
少数の多いな才能を持った人物の創造が必要な今、
仕事に対するトップのモチベーションが上がることが重視され、
アメリカのスタイルである優勝者が多くお金をもらえるシステムが重要視されてきている。
アメリカでは、マイクロソフトやアップルやインテル以外にも、
様々な方面で利益を独り占めできる人が現れ、
このようなパイオニアを志す起業家が、新しい市場を切り開き、進化を続けています。
日本、ソフトバンクなどでも、
西洋の経営術を習得したベンチャービジネスが現れ、
公募を通じて膨大な利益を得た新興起業家が生まれ始めています。
このような状況の下、
日本でもロトが導入され、
日本人がヨーロッパやアメリカの文化にを楽しむ風潮ができる可能性がある。


日本式の宝くじは、
賞金額はいくらか?という話である。
ロトくじの僅少額は無限である
選出された人は1人だけであり、
すべての他の人々はハズレで、
当選金額が大きいほど、宝くじをたくさん売ることができる。
しかしながら、
これが本当に最高の財産分配の仕組みかどうかは、十分に検討しが方がいい。
ロトくじの例では、
10億円を得たとき、
2倍になった時は、
ユーティリティが必ずしも2倍になるわけではありません。
むしろ、はじめのの10億円は非常に喜ばしいが、
2番目の10億円は初めにもらったときほど嬉しくはない。
経済的には、これは限界効用の低下である(金額が増加するにつれて、
収入の1単位が増加するにつれてる効用は次第に少なくなる)。
その場合、
10億円を2人に分けると、
社会的には、喜びの総合的な大きさはより増える場合がある。
日本の金額の分配である。
最適配分とは何かという問題は、社会の公平な道徳的な視点、
美徳や、
哲学などの話なので、
国と文化によって、良いものは違うことがある。
必ずしも西洋の傾向に従うことはない。
しかしながら、
宝くじの金額は純粋に流通の問題であり、
生産性とは別に議論するのであればともかく、
所得税などの所得分配の問題は、生産から分離することはできず、
単に公平という概念によって議論することはできないという意見がある。
実際、宝くじにどれだけ勝っても、
分配可能な金額の合計数は決定されています。
宝くじ販売価格の約50%です。
だけど、
所得税を変更することは、人々の仕事の意欲を変え、
作られる商品が変わることがあります。
何らかの不公平があっても、分配可能なケーキ自体が巨大ならば、
分配がより多くの人々に広がる可能性がある。
それが米国アメリカの分配の考えです。
このため、
アメリカの発想では、十分注意する必要があります。
1つは、
ケーキが巨大かどうか、
第二に、
最後の人が貰ったケーキが以前よりも大きいかどうかである。
幸いなことに、アメリカは今までのところそれで成功したようだ。
しかしながら、
最後のケーキが本当に巨大になったどうかについては異論がありますが、
ケーキのサイズが大きくなっているとしても、
まずい味の可能性があり
おそらく、成功の判断かどうかは別々になるでしょう。

ネクロフィリア 人の死体に性的興奮する変態フェチ 死体は口答えをしない

「ネクロフィリア」は、君の毎日の語彙の一部であるこれらの言葉の一つではない。
誰もそれが下劣なニュース項目に起動したときを除いて、それについて語っていない。
それは、堕落と呼ばれる、非常に珍しい性癖とされる。

法的または医学的に、ネクロフィリアについて書かれている。
法律は、特にインドでは、明示的に定義したって、犯罪としてそれを分類から離れた。
ネクロフィリアのほとんどの症例は言うインド刑法の第297の下に提出されている。

「すべての人の感情を傷つけることを意図して、またはすべての人の宗教を侮辱する、またはすべての人の気持ちが傷つく可能性があるという知識を持ち、人間の死体を破壊したものは罰金刑か1年の懲役に処する。」
特定の例では、ネクロフィリアも処罰することができる。「不自然セックス。」
これは、同性愛を禁じるインド刑法の同じセクションである。
インドの法律は、別の犯罪としてネクロフィリアを罰する。

博士アニル・アグラウォールの広範な研究では、ネクロフィリアは私たちが思うようなものよりも複雑であることを指摘している。
それは、常に死体を掘り起こし、性的行為をするという意味ではない。
博士アグラウォールによると、ネクロフィリアは複数のカテゴリーに分けることができる。
「役割の選手」死体と性交することはないが、死んだふりして興奮する
殺人ネクロフィリアは、殺害し、死体と成功することに強烈な衝動を感じる。
「ロマンチック・ネクロフィリア」死体に触れたって、舐めるなどをし、妄想し、自宅で死体を保管し、自分のベッドの横に置き愛する。

ネクロフィリアは新しい現象ではない。
博士ジョナサン・P・ロスマンや博士フィリップ・J・レスニックのネクロフィリアの精神レビュー。
「古代エジプト人は、妻の死体の保管を禁止することによって、ネクロフィリアに対する予防措置を取った。」

ロスマンとレズニックはネクロフィリアの種類を理解するためにに、いくつかの例を分析した。
ネクロフィリア殺人を記述するが、それらはネクロフィリア行為に従事する25歳の男性は、妄想のために女の子を殺した場合について話している。

「25歳の白人男性の大学彼のガールフレンドのライブ付きの従来の性的関係。
彼はポルノの大規模なコレクションを持ったし、獣姦、糞尿愛好症の趣味があった。
彼は、自分で殺した動物と、働いてた病院の遺体安置所で遺体とネクロフィリア行為をしていた。
彼は死体で「すべての種類のセックス」を知っているという長年の幻想を持っていた。
彼は、自分は特別な人間、反キリスト的な特別な運命を背負っている思いた。
彼は性的妄想を実行するためにに、8歳の近所の女の子を殺害した。」

インドでは、ネクロフィリアの最も有名な例1はニサーリーだろう。
2006年には、19人のバラバラ遺体は、ニーサリーの家で発見された。
隣人が家から8人の子供の遺体を発見した後、家の所有者、モナインダー・シン・ パンドハー、彼の仲間のスリンダー・コリが逮捕された。
その後の調査は家の中や周りで多くの白骨死体が見つかった。
しかし、周りの法律の欠如、埋葬地の立ち入り禁止がなかったので、コリがネクロフィリアで起訴されないだった。

2015年10月、26歳の女性の遺体は墓の外に掘られたとガジアバードで3人の男性に犯された。
彼女の体は、20フィート離れた墓から発見された。
博士アグラウォールの言葉では、「ネクロフィリアを説明することができる。死体は拒否や抵抗や反論ができないという単純な考えから犯罪者に持っていかれる。」
本質的に、死体の性的行為がレイプであることを意味する。
スウェーデンのリベラル人民党の青年の翼は、法律から加害者を守るためにに死んだ後の自分の体を遺すためににでネクロフィリアを合法化したいと述べた。

イギリスのジェイソン・ローチ博士は英国での事例研究がほとんど存在しないことを発見した。
実際、彼は「No Necrophilia Please」というフレーズを使用した。

犯罪として屍姦が英国でほとんど存在しないように見えるだろうが、人々が高い確率で言葉の意味を理解していたことのパラドックスを熟考する。
ローチ博士によると、これはメディアに起因するものではない。

博士ローチが探る1つの仮説は、「屍姦に向けた英国の刑事司法制度の姿勢のためにに、おそらく刑事犯罪で起訴されていないことが理由」らしい。

ローチ博士は、英国の警察と法律分析している。
ネクロフィリアは、1956年の性犯罪法では犯罪とみなされていないだった。
なぜなら、死体は同意したって、動き回ったりすることができず、もはや人ではないからである。

2003年の性犯罪法でそれ自体が犯罪になるまでは存在せず、誰かが起訴されたという証拠はない。
ローチ博士は、警察の態度についても調べていて、警察が検察隊に犯罪者を告訴するように強制することはほとんどないと言った。

ローチ博士は、テレビやラジオの有名人が死亡した際、死体と性的に干渉したいという人がいると述べた。

配偶者殺人の研究2 男女の動機の違い 女性は夫の虐待、男性は妻の浮気

狂気を理由に女性が無罪、減刑を受けたのは27.3に対し、男性は9.1%に過ぎなかった。
裁判所の判決と強制執行は男性被告19人と女性被告2人に対して被告の精神状態に関する意見は、男子被告の事件の78.2%、女性の81.9%の最終判決と一致する。
1件の判決は入手できなかった裁判所の処分男性と女性の間でも異なっている。
女性被告人の36%は、狂気のためにに有罪でないとして釈放されたが、男性被告はこれらの理由で釈放されなかった。

男性の内、8.7%(但し、女性は全員)が裁判所によって精神病院に拘束された。
これらの被告が判決を下したとしても、裁判所は女性に対してより軽い処罰を課した。
約27.3%の保護観察または短期間(5年未満)の判決を受けた。
男性の13%だけが同様の文章を受けた。
一方、男性被告の69.6%が重罪の判決を受けた。
女性被告の27.3%しかそのような判決を受けていない。
これらの数字は、裁判所が配偶者の殺人事件で男性を治療するよりも女性をより寛大に扱うことを示唆した。

それにもかかわらず、これらの犯罪者の異なる治療法は、各性がより頻繁に関与する殺人のタイプを反映した。
実際、妻は犯罪の深刻さを緩和する状況である。
考察と結論我々の結果は、配偶者殺人を訴えたこれらの2つの被告グループの共通点と大きな差異があることを示した。
共通の特徴は、類似の家族および職業背景、犯罪の当時の疑いのある犯罪者によるアルコールの使用、最も一般的な殺人兵器としての銃、および殺人の最も可能性の高い場所としての家に反映される。
 2つのグループの背景の違いは、男性被告が高等学校を終わらせず、以前の逮捕の歴史を持って、アルコール乱用の歴史を持って、妻を不誠実と知覚したことを示した。

殺人行為を誘発すると報告されたテーマや出来事は、2つのグループで異なった。
男性の場合、配偶者による拒絶反応の何らかの形だったが、女性の場合は、配偶者による言動または身体的行為だった。
独特の「配偶者殺人症候群」ではなく、精神病殺人、薬物関連殺人などは、殺人者が他人の行動や自分の行動を認識できなかったほど、現実の大きな歪みにがあるという特徴がある。
6人の殺人がこのタイプのものだった。
3例には慢性精神状態と3例の一時的状態が関連する。
慢性症状には、精神病性精神分裂病に悩まされた1人の男性、精神病性状態にあるもう1人の判断された精神病者、および精神病のうつ病に苦しんでいる1人の女性が含まれてた。
一時的な症状には、1人の男性を悩ませた急性二次脳症候群、1人の男と1人の女性を悩ませた急性解離反応が含まれていた。
麻薬やアルコールの影響を受けている人が犯した殺人事件はわずかにであった。
このような場合、加害者の意識は化学物質によって大きく損なわれ、実際の殺害は偶然だった可能性がある。
 3つの症例がこのタイプに属すると分類された。
 1人の女性が数日にわたりアルコール飲料を飲んで、犯行現場にいたことを覚えていない。
別のケースでは、ある男性が朝の酒に酔い意識が狂った。
彼のアルコール中毒者から、35歳の妻を殺したと彼はよく言った。

犠牲者は刑事事件の主な貢献者である。
調査中のケースでは、言葉遣いや身体的虐待が暴力の発端であった。
精神病と薬物関連殺人の3件を除いた残りの8人の女性は、このタイプの殺人には2人の男性も従事するが、虐待被害者による殺人は女性にとって最も一般的だったが、男性にとっては「性役割脅威殺人」と呼ばれるタイプが最も多かった。

殺人犯の犠牲者への依存感におけるこのタイプの殺人も何らかの関係がありそうである。
次に、配偶者殺人の場合の臨床上の問題だ。 データは、被告と被害者が何年も一緒に暮らするかもしれないが、暴力、離婚、アルコール乱用の紛争によって傷つけたことを示した。

ほとんどの女性が夫から身体的に虐待されていた。
分裂があったかもしれないが、女性は緊張した夫婦関係にとどまって、配偶者の虐待に耐えた。
主張された犯罪の当日、夫による口頭または物理的な挑発のいずれかが殺人行為の通常の沈静化事象だった。
男性被告のほとんどは、妻による身体虐待の歴史を記述していないだったが、想定されてた以前の不貞や逃亡のエピソードでは、配偶者に対して強い憤りを唱えた。
男性の大部分は、妻を殺害した時点で離婚されたりしていた。

配偶者殺人の研究 何故自分の妻や夫を殺すのか 恐ろしい家庭内暴力

最近まで人間科学は家庭内暴力のテーマにあまり関心を持っていなかった。
しかし過去数年間に限って、家族の暴力が「優先的な社会問題」、すなわち「緊急事態」となった。そのことに研究エネルギーを費やす必要がある。
家庭内暴力への関心が高まっているにもかかわらず、研究がまったく希薄なまま残っているトピックである、1人の配偶者の殺人事件について扱っている。
そのような犯罪で告発された23人の男性と11人の女性から得られたデータに基づいて、犯罪における共通性および性別関連の特性、殺人者と被害者の関係、被告人の家族の暴力行為における虐待関係の重要性は十分に確立されている。
主要な社会学的研究では、米国での殺人による死亡者のうち約5人(または4人に1人近く)が家族に問題をかかえていることが判明している。
また、家族暴力も大きな社会問題である!!
フロリダ州では、1978年の10人の殺人犯の内、1人の家族の殺人はすべての殺人事件の19.3%を占めた。
これらの殺人事件の内、配偶者による全殺人事件の12.75%を占め、1980年にはただの殺人と配偶者殺人の割合はそれぞれ13.7%と8.2%に減少した。
男性殺人犯は妻を12%の割合で殺した。
配偶者殺人は、「情熱の殺人」に分類され、特別な注意が必要であると認識されている。
 16名の男性は全男性検体の研究から得た「配偶者殺人症候群」を発見した。
殺人者と被害者の配偶者の関係を特徴づけるな性質を考えると、予防的介入の可能性も議論されている。
犯罪者と犠牲者の関係が発展した「社会文化的なつながり」を研究する必要があることを明らかにした。
この研究は、1970年から1980年の間に北セントラルフロリダの裁判所で精神医学的に評価した34人の犯罪者から得られたデータに基づいている。
サンプルに含まれるすべての被験者は、配偶者を殺害したとして非難された。
精神医学的評価の第一の目的は、被験者が犯罪者として裁判に立たなければならないことの法的正当性を判断することだった。
この評価を行うためにに、完全な精神医学的検査を行った。
精神科の面接では、雇用、前回の逮捕記録、医学的および精神的な履歴、刑事事件時の行動、逮捕後の調整等被告の個人的な歴史に関する豊富な情報が見つかった。
いずれの場合も、誘発された情報と、犯罪時に被告人の健全性を証明する能力に関する精神科医の意見を要約した報告書が作成された。
これらの報告に含まれる情報は、精神科医のメモと防衛相談官の州議員によって提供された時折の情報で補足され、140項目のアンケートを使用してコード化された。
もっと、著者は、独立してチームとしてより複雑なパターンの情報をコード化した。
多くのパターンと実質的な関連を検出した。
最近まで人間科学は家庭内暴力のテーマにあまり関心を持っていなかった。
主要な社会学的研究では、米国での殺人による死亡者のうち約5人(または4人に1人近く)が家族に問題をかかえていることが判明した。
精神医学的評価の第一の目的は、被験者が犯罪者として裁判に立たなければならないことの法的正当性を判断することであった。
この評価を行うためににに、完全な精神医学的検査を行った。
更に、著者は、独立してチームとしてより複雑なパターンの情報をコード化した。
米国の配偶者殺害犯が主に白人で構成されている。
男性は女性よりも年齢が高く、教育を受けておらず、過去の逮捕歴やアルコール乱用歴もある傾向がある。
一方、女性の多くは、男性よりも精神科治療や自殺企図の前歴がある。
女性の殺人犯は、アルコール中毒の夫の言葉や身体的暴力の下で支配されている。
特に重要なのは、女性の8人(72.7%)が犠牲者の夫によって殴られたと報告されたのに対し、男性のそのパターンは5人(21.7%)だった
対照的に、男性被告は、犯罪の当日に、被害者が不倫と脱走をすることが著しく発生したと報告した。
男性と女性の両方に、アルコール使用の高い発生率に注意を呼びかけることは重要である。
これは、アルコール消費と殺人との間に確立された関連性を支持した。
これは、他の暴力犯罪にも見られる。
男性が殺人を犯した場所は主に相手の家、自分の家、公共の場所の間である。
一方、女性は公共の場は半分、残りは相手の家で殺害された。
配偶者殺人事件の行動パターンは、犯罪者と配偶者との間に報告された関係の種類とそれぞれの場合に報告された事象を考慮して導出された。
それぞれの著者による被告の記録の独立した調査とそれに続く共同評価を通じて、これらのパターンの特定に着きた
これらのパターンは、我々の議論と結論の主題である。
被告の適格性と健全性に関する精神科医は、男性被告と女性被告のいずれも1人を除いて、裁判を立証する能力を有すると判断される基準を満たしたと信じてた。
しかし男性被告4人中1人は精神分裂症を有すると診断された。
 1人はパーソナリティ障害を示すことが判明した。
 1人はせん妄を伴う有機的脳症を有する。
 1人は急性のパラノイド障害を有する。
2人の女性被告の内、1人は大うつ病、もう1人はパーソナリティ障害を有すると考えられた。
男性は女性よりも有罪判決になることが多い。
男性は有罪になり大半が控訴したが、女性が控訴した人数の割合は少なかった。

現代宝くじによる経済の最前線2 好きなのは貧乏人だけ 海外くじとの違い

明日、食べる物がない人は、賭博で自分自身の人生を破壊してしまう。
西洋の映画では、カジノで遊んでいる派手な億万長者がいるし、ヨーロッパでは、貴族が娯楽として競馬で遊ぶと言うのを聞いたことがあるだろうが、それはお金を稼ぐよりも本当にただの娯楽である。
彼らは、どのくらいのお金を投げ捨てることができるかに応じて、勝利は彼らにとってどうでもいいのだ。
このため、
賭博に全財産をに賭けることは決してない。
ただのポケットマネーでギャンブルをするのが彼らの方法で、勝ちに急いでお金が一文無しになる人々は基本的に貧しい人々である。
裕福な人が宝くじを買わない理由の1つは、金額にはそれほど興味がないかもしれない。
億万長者にとって3億円などは自分の年収程度という場合があり、他に少し懸命に働いたほうが、お金をたくさん稼げるのだろう。
50円の期待しかない宝くじには旨味がない。
大金持ちにとって宝くじよりも新たなビジネスを始める法が良いのかもしれないし、株を買って会社を買収するのかもしれない。
富裕層には宝くじよりももっと有益なビジネスが存在する。
一方、所得に低い貧乏人は、普通は利用できない3億円という額は魅力的であり、他にも有益なビジネスはない。
加えて、100円や300円という小さな投資であることも魅力的だ。
仮に株式投資で3億円が利益を上げることができるとしても、貧乏人には1億円を投資できませんだろう。
だが、300円で投資は簡単だ。
3億円という高額が得られる一方、あなたがなくすものはかなり少額だ。
賭け金が100円単位なのは競馬もあるが、競馬ではいくらなんでも、宝くじの3億円に満たない。
しかも、競馬はチケットを買って田立に勝ち負けがわかるが、宝くじは競馬よりも長い間、夢を持ち続けられる。
多分、長い間楽しむことができるという有用性があるだろう。
宝くじ受賞額と買いたくなることの関連性が問題である。
明らかに、金額が高いほど魅力的な部分が増えるようだ。
しかしながら、宝くじの100円のうち、配当の割合を50円だと決定すると、当選金額を上げると、当選確率が低くなる。
当然ながら、期待値は50円で変わらない。
一方、あなたがそれを打つと、それは巨大です、当選しなかった人の数を増やすことによって、当たった人とそうでない人の差が大きくなる。
投資理論の観点から、期待値が同じであっても格差は増え、勝つ確率が不確実になるほど、ハイリスクで投資する価値がないことになる。
このため、このような不確実性(数学的期待の関係ない、エキサイティングなドキドキする感情)を相殺できる力がそれに対応しない場合は、た金額を上げたとしても、購入意欲は増えないだろう。
ならば、金額をどれほど高くすれば宝くじ販売が今より売れるのか?と言うことを調べたくなる。
それについては、ヨーロッパとアメリカで興味深い話がある。
それは"ロトと言う。
「ロト」自体は宝くじを意味し、西洋の宝くじは日本とは少し異なる。
要するに、日本では、第1位の金額が定められており、西洋での宝くじの額は定まっていない。
西洋では、私は適当に数を組み合わせ、ヒットした人は、人数でお金を山分けにする。当然、ロトの運営者の取り分は引く。
そして、誰も当たらなかったら、次の宝くじに引き継がれ、数十億円を貰える場合もある。
非常にかなり人気のある西洋の宝くじは、イギリスでも、しばしば、スーパーマーケットでこのたくさんロトくじ購入しようとする人々の姿を見た。
週に1回、宝くじがある。
イギリスには宝くじのテレビやラジオ番組があり、視聴率もかなり高い。
時には日本でも、西洋の受賞者のニュースがあり、日本にもミニロト、ナンバーズ3、ロト6などが存在するだろう。
ミニロトはイギリスなどのロトの導入テストのような物だった。

現代宝くじによる経済の最前線 なぜ宝くじ経済が楽しくなったのか

昔、宝くじの賞金が上昇し、3億円になった。
過去には、会社員などの労働者の給料の年収は3億円で、3億円を受け取ることができるかわからないな状況下で、また、税抜きで3億円を貰うことができるといわれているので、不況から脱したいサラリーマンに人気になるのもうなずける。
私たちが3億円を手にしたら何をすべきかといった、妄想を話す人の数が増えた。
人々の大半は、3億円を得たら、私は会社を辞職し平和に暮らし、またはあなたの自由時間に趣味の範囲で暇つぶしにに仕事をし、そしてアウトドアのレジャーを楽しんで、と思う人もいるだろう。
そのとおり。
あなたが働かなくても、生涯の収入よりもとんでもなく多大なのお金を得ることができる。
何も難しいことはないから、上司にぶつくさ文句を言われて仕事をすることはなくなる。
しかしながら、3億円をベースにして会社を設立するつもりだと思う人もいて、最近の起業家のブームもあるでしょう。
宝くじは、経済学を志向する人にとって不可欠な研究題材だ。
私のこのエッセイでさえ、宝くじは期待が低いのに人気な特別な売り物や、宝くじは人が喜んでお金を支払う数少ない税だという見方もある。
私はそれを簡単に見直そう。
誰もが気づくだろうが、宝くじは実はあまり儲からない賭博だ。
なぜかというと、100円分の宝くじを購入したら、そのうち約50円が税金や経費になり、無くなり、あなたに配られるお金は残りの50円以下のみだ。
言い換えると、当選金額の平均値で期待できる金額はは50円未満だ普通の投資では、このような損失の可能性がある場合は投資がしたとは考えない。
だけど、ギャンブルは恐ろしく、私は他者とは異なり儲かる確率がある、と思う傾向がある。
また、「ギャンブルに勝利する夢を見て喜んでいる」ので、エンターテイメントにお金をかけるのと同じことが言える。
言い換えると、100円宝くじで、50円は投資のと言うよりは娯楽商品を買っているようなものだ。
このため、もしも期待値が50円であっても、宝くじを買うことは有意義であることを意味する。
このように一般的に賭博が消費する商品と考えると、宝くじには興味深い研究である。
1つは、所得水準と宝くじを買う意志の関連性、次に、宝くじ当選金額と買う意志に関連性だ。
もう一つは「宝くじ当選金額と購入意欲との関係」です。
これらを後の部分でより詳しく見てみましょう。
宝くじが税金なのはよく知られていることだろう。
宝くじを贅沢品として考えたら、酒、タバコ、ゲーム、アニメ、漫画、小説、映画、テレビ、自動車等の商品に類似性があると思える。
また、酒と煙草と車には租税があり、または、取得税などの物があるため、宝くじも同じように見えるのだろう。
しかしながら、タバコ税を上乗せすると言ったら、喫煙者は怒りの声を上げる。「なぜ、私たちは国家の鉄道の借金を返済するために追加の税金を支払わなければならないのか?」
しかし、金額の半分の宝くじ税率の苦情は聞いたことが無いので、たばこ税などとはそれはどこか異なるところがあると思われる。
宝くじ当選金額には所得税は適用されないが、当然なのである。
宝くじを購入した時点ですでに買った人は50%の税金を払っている。
もし、当たった金額にも税金が掛かると二重課税になる。
宝くじが 政府を喜ばせる貴重な税であるという事実は、日本でサッカーくじのができたことからも言える。
今の不況期に、公共事業のために税金を払ってもらう為に、宝くじは非常に有効なのだ。
嫌がらずに国民が支払う税金は宝くじしか思いつかない。
上の行で述べたように、私が宝くじに興味深い部分に、所得水準が低いほど、よく買われると言うものがある。
それについて考える必要はないだろうが、あなたは億万長者が宝くじ売り場に並んでいるのを見たことがあるか?
これは宝くじ独自ではなく、この傾向は必ずしも宝くじ特有のものではなく、一般的に年収が高いほど、賭博への興味はなくなっている。

2000円札は何の為に作られた?2 日本人は半分に割れる偶数が嫌い?

貸金庫は大きく流行っていると言われている。
たくさんのお金を銀行から下ろし、貸金庫の中に入れるのだ。
面白い話のようだが、それは現実となった。
日本国外だったら?
インフレは現金の価値は簡単に下がるから、、金利を少しでも貰うことができるように銀行に預け、支払いを遅延させるためにににもクレジットカードを使うと思う。

だけど、日本がデフレの時はそれはいらない。
アルゼンチンは現金優先国でもあると思われている。
だけど、アルゼンチンはインフレが激しい国で、決してデフレにはなっていない。
それにもかかわらず、アルゼンチン人は手元に現金を持って、その理由は銀行などに預けると、口座がいつ停止され引き出せなくなることがある。
次に、なるべく即急にほしい製品を買うかどうか、それ以外の場合は、お金をドルにしなければならなくなっている。

そうしないと、現金の価値はすぐに消える可能性がある。
私は現金を信頼できなくなる。
だけど、日本はアルゼンチンとはまったく違う状況を抱えている。
日本人は日本円と日本の銀行券に信頼をおいている。
国外に流れた資金が少しはあるが、資金のほとんどは日本に残って、あまり人気のないはずの日本の国債を買う人が多い。

また、顧客はしばしば請求書を受け取ることに不満を抱いている。
個人的に言えば、自動販売機とATMが紙幣を受け入れるようになるのが遅れたため、それらの手形が奪取されなかった。
2000円の紙幣を扱うATMの台数が足りないようだ
スーパーマーケット事業者のダイマール・ピーコックの広報担当者は、6年後も人々はまだ法案に慣れていないと述べた。そしてこの未知数は、スーパーマーケットが2000円の手形を積極的に使うのを妨げている。
長浜は法案が生き残れるか疑問だ。
2000円のメモは最終的に消えていくと思う。日銀が15年から20年以内に法案を更新するまでには、現在の停滞している状況を考慮すれば、銀行はそれを止めるかもしれない。
流通を増やすことにはメリットは少なく、その存在理由は疑問だ。

しかし、財務省の関係者は、全国のATMのほとんどすべてが現在、2,000円の手形を受け取ることができると信じていると述べた。
さらに、同省は、BOJの沖縄支店が進展している一方で、利便性をさらに向上させるためにBOJと協議している。
日本の他の地域とは異なり、官民双方の努力のおかげで、沖縄での流通が増えています。

沖縄支店は、沖縄の画期的な法案が描かれていることを踏まえ、沖縄支部はその活用を促進するための特別部隊を設置した。
都道府県知事、銀行長、ビジネスリーダーの一員で構成されている当局は、地方のホテル、スーパー、企業に対し、ミレニアムの法案の変更と給与の支払いを依頼している。
一定の需要があると見込まれるため、法案が失効するとは思わない。
しかし、公的機関として、民間企業に法案を使用するよう圧力をかけることはできない。
財務省の関係者は、「基本的に2000円の手形が自発的に流通することが望ましい」と述べた。


また、日本人は枕のそばにお金を置いて安眠する程お金を大切にした。
だが、2000円の紙幣は存在しなかった。
1万円紙幣のみが要るのだった。
2千円紙幣の疑問点は残ったままだ。

現金を愛する日本人が2000円の紙幣を使わない理由は、2の数値ためなのか?
一般的な日本人は演技を大切にし、偶数の半分に分割することのできるものを嫌うようだ。
2万円はご祝儀に適さないと言う人も少なからずいる。
日本の世帯員の平均人数は3-4人だが、4つのプレゼントは提供しない。
または、2000円が日本のお金の感覚の境であると思う。

ビジネスブックの価格が2000円を超えると、買う人は急激に減少する。
関西人は1980円をのものが好きなようだが、2000円は高すぎるようだ。
このためにに、2,000円は結構高い出費であって、1000円ではなく5000円か1万円に近いと思う。
または、2000円に慣れていないだけという問題なのか?
2000円の手形が私に渡ったことはあまりなかった。

私が2000円を手に入る場合には使用すると思う。
使用されない場合、紙幣は単なる紙屑だ。
飾っておいても、それは楽しいものではない。
ネットで2000円紙幣の画像を眺めてみればわかる。
2,000円の紙幣が本当にみんなが嫌いなら、意外に日本に出回った可能性がある。

トランプのババ抜きのと同様だ。
信用することが可能なお札は枕の横に置かれ、信用するのが不可能なお札はすぐ使ってしまう。
結果として、止まった通貨循環が動き出し、貨幣主義者が待ち望んだ景気を刺激する効果をがある可能性がある。

もし、2000円ではなく20000札だったら、利便性の高い高価な2万円になって、日本いで大量に出回るか、または2000円と小野路用に消滅するか?
20000円札があれば2000円札の秘密を解明できるだろう。

2000円札は何の為に作られた?2000年記念に作られた紙幣

2,000円札は何であった?
まだ日本にあるはずだが、街で見る機会はあまりない。
使用できない自販機もある。
非常に少数の人々は2000年に出て以来、2000円の銀行券がどこに消えたのか疑問に思うかもしれない。
過去6年間で2000円の紙幣を見たことはほとんどない人も多いだろう。

お釣りに使われたら本物かわからない。
突然2,000円紙幣が現れた。
日本に2,000円作られるのを喜ぶ風潮もなく、なぜ2000円の紙幣が登場したのか、理由を理解できなかった。
あまり人気のなかった当時の総理大臣が、自身の偉業を達成するべく、2000年に2000円札を作ったように感じた。
同じ数値の年に便乗したことの一つであるという認識だけであった。

または、デザインが良くない可能性がある。
私の記憶の中に残っているデザインであれば、2000年の記念日に2000円札を1枚持ったいと思っただろう。
だけど、今思うと、私はまったく、2,000円紙幣がどんなものか覚えていない。そもそも持っていなかったかもしれない。
一応記念品として1つを保有した人はいるらしい。
いわゆるレアなミレニアム紙幣の使用を避ける多くの人々の態度を表したと思われる。

私は自動販売機やATMが少なく便利ではないので、私は財布に入れたくない。
スーパーマーケットチェーンのイトーヨーカ堂の広報担当者は、「顧客から約2,000円の紙幣を受け取っているが、お釣りに支払うことはめったにない」と語った。
経済学者は、紙幣の悪循環を指摘している。
不便さはあの人達を人気がなくなって、結果的に日本銀行はより多くの印刷を中止する。
6年前、日本銀行は、2000年7月に沖縄県で2000年と8月の首脳会議を記念する覚書を発布した。

中央銀行は今のところ約8億8000万枚を印刷したが、2000年度のから2003年かけて、枚数が大幅に減少した。
日銀は、2004年7月現在、177百万円の2,000円紙幣が流通したと見積もっていて、2004年8月の最高紙幣513百万紙からは全紙幣の1.6%を占めていて、全体の4.7%を占めている。
日本銀行の広報担当者は、2004年に作成された1,000円、5,000円、1万円の新デビューで需要と流通の低迷が原因で2000円の新規性が損なわれたとした。
おそらく新しい紙幣を手に入れるのが好きなのだろう。
もっと、3つの新紙幣が発売された年から、2000円の紙幣の需要が着実に減少し始めたと付け加えた。

しかし、エコノミストたちは、2,000円のノートを望ましくないものにするのは不便だと言う。
「新紙幣の出現は一つの原因かもしれないが、法案の全体的な不備は主な原因だ」と第一生命保険研究所の長浜俊宏上級エコノミストは語った。
彼は、ATMや自動販売機の数が限られているだけでなく、色とデザインが5,000円の紙幣に似ているために、ユーザーに混乱を招くことが多いという。
だけど、それでも、日本が決めたお金である。
最初は人気のなかったユーロ紙幣は、現在、EUでたくさんのヨーロッパ人が使って、普通に普及したお金だ。

日本国外では、2または20の単位の銀行券が非常に一般的に使われている。
確かに、海外駅で5,000円札を使用しようとすると、お釣りがないので嫌われる。
毎日5,000円か1万円という大きな額は大きすぎて使いづらく、その金額で、大抵クレジットカードや小切手を使用するために、5000円を使用することはあまりない。
2,000円は毎日使うのに適していて、日本国外では5000円以上のお金よりも使いやすい。
だが、日本で2000円の紙幣が普及していないのはなぜか?

その理由の一つが日本の安全保障制度にあるかもしれない。
日本は良い治安のよって、現金で買い物をするということは普通である。
一般人が何千もの現金を財布に入れていると言うと、日本国外ではたくさんスリや強盗がいるので難しいことだ。
駅で1万円の物を買い釣銭を貰うのは非常に危険で、そのようなお釣りを常に持っている売店もまた危険だ。
だけど、日本では、人々は5000円屋10000円を財布に入れ、普通に支払いのときに出した。

なので2000円の法案は光学でも定額でもない微妙な金額。
何故クレジットカードを使用しないというと、現金が好きということと、デフレの影響も考えられる。
現在の世界で預金を保つことに利点はなく、お金が帰らないことも考えられる。
現金を何処かに隠すほうが銀行に預けるよりははるかにリスクは少ない。
確かに、窃盗ニュースでさえ、家から大量の紙幣を盗まれた事件があるが、そのような家はたくさんのお金がある。
過去には、自宅に現金を貯金する理由、人に教えることのできないヤクザ稼業のような悪銭であったことが、よくあったが、今では一般の人でも自宅に現金を隠したようである。

けものフレンズ入門講座 ゲーム、漫画アニメのメディアミックス

一般的に、メディアミックスは、原作となる一つの作品をベースにして、メディアミックスを展開する。
しかし、「けものフレンズ」は、キャラクターと基本的な設定があるだけメインとなる作品、すなわち原作がない。
ゲームが最初にやゲームが原作なのではなく、「けものフレンズプロジェクト」という設定を原作にゲーム、漫画、アニメ3作品が個別に出てきたのである。
同様の例のプロジェクトは、ラブライブ!がある。

ただし、ラブライブはアルバムと、そのアルバムに収録されるドラマCDを原作にするという違いがある。
吉崎観音本人の立場はあくまでもコンセプトデザインと設定をキャッチだけ原作は動物という立場を固守した。
また、自分のファンだけが殺到する可能性があると考えて原作者というタイトルを拒否した。
それでも作品に関わった人の名前を抜くつもりはなく、原作者としてではなく、コンセプトデザイナーとして明示すること妥協された。

吉崎観音本人の立場から、あくまでも基本的な設定を取っただけである。
アニメとゲームではSDにもアニメーションでは4?5頭身、漫画ではなんと8等身として出てくる等公式の作品でも多様に描かれる。
それだけに二次創作でも、全体的なキャラクターの等身大や体型などがしばしば変わることもある。
モバイルゲームでは、吉崎観音ではなく、独自のフレンズが出てた。

また、吉崎観音もけものフレンズを東方Projectのように、継続的な作品にしようとするとみられる。
世界観も基本的には吉崎観音が設定したものの、同様におおよその枠組みだけ取ったコミックス、アニメ制作を担当した他のメーカーがなおおよその設定を独自に解釈したって、添削などをして展開し、吉崎観音も確実に世界観の正解を定めたい気持ちはなく作品に対して中立的な立場を追求し、タッチをしていなかった。
もっと、このようなおおよその枠組みの範囲は、主人公(プレイヤー、かばんちゃん)と店長を越えて最重要キーワードであるサンドスターさえも設定があいまいな状態とする。
関連メディアの中では、ゲームが最初に出てきたからゲームが原作とはできない。

ただし、最初に出てきた作品では持続的なアップデートやイベントにファンが最も長く楽しむことができ、作品の維持の原動力になることがあるだろう。
しかし、モバイルゲームは、アニメーションが放映する月前2016年12月にサービスを停止した。
通常、これらのメディアミックスプロジェクトは、お互いの相乗効果を見ることが多く、彼を狙って製作する場合が多いだけに、アニメ放映を控えてゲームがサービスを中断した場合は、とても異例なことだ。
ただし、これらのサービスの中断の決定は、ある程度合理的な面もないんじゃないと思うが、ゲームもあまり大ヒットレベルではなく、アニメ放映に先立って展開されたコミックスやラジオもあまり良い成果を出すことができなかったからだ。

もっと、アニメーションも多くの費用をかけた大作ではなく、低予算アニメであっただけに、このことを考えると、アニメが成功するだろうと考えては難しかったわけだ。
結局、けものフレンズモバイルゲームユーザーたちも、アニメーションにも大きな期待を抱かはなかったし、ただ最後のファンサービス次元で終わるという予測が多かった。
だからアニメーションが出てくる前けものフレンズの将来は非常に暗い状況だった。
しかし、アニメーションが予想外の超大当たり興行を行わ出しけものプロジェクト製作委員会に数多くのグッズ製作依頼などが入ってきている。

新しいゲーム制作を検討中であるか、ネクソンジャパンに運営権を受けて復活させようと会社もあるという新聞記ことも出ている。
一方、モバイルゲームは、すでにサービス終了した状態であって、ネクソンジャパンもアニメの興行がいた2月の中にも再開する意思がないと発表した。
しかし、11話と12の最終話でピークを撮影した3月末、広報部によると、サービス再開について内部的に検討した明らかにした確答することはできないが、再開する可能性があると言って翻意した。
しかし、会社の立場ではすでに解散したゲーム制作と、運営チームを再集結させを再構築するのに投資が必要なためにそれは難しい。

もっと、アニメーションの興行とゲームの興行は、別個の要素だからアニメが大成功ても一度終わったゲームが復活する可能性は低い。
しかし、一度ゲームのストーリーを直接楽しんでみたいという新規のファンが多くので、アニメーションの興行を見ず下手に終了してしまったのは非常に軽率であっただろう。
作品の雰囲気は、まるでアフリカのサバンナをモチーフにした地域。
作中に登場するけものキャラクターは、他の美少女アニメで出てきそう動物美少女のように、本下のモチーフにした動物の特性をすべて持っているが

本作のヒロイン?とできるがサーバルとするけものキャラクターは
同名の野生動物であるサーバルの特性を持って
爪が鋭く、走る速度とジャンプ速度が速く木もよく乗って通って
そして人間を襲うことは非常に好きなけものキャラクターである。

そしてサーバルが本来夜行性という特性に合わせて
サーバル譲渡夜にはより活発になるという特性を持っている。
昼より夜により暴れる女の子ってスケベである。
とにかく、このようなけものキャラクターはモチーフにした動物たちの習性と特徴をそのまま入れていきていて

互いに保持食べないだけ抜けば野生動物ひたすらよく生きていく中であった
この渦中記憶喪失にかかって何も覚えて出せない疑問のけものキャラクター?的なかばんちゃんサーバルが偶然出会うことになり
かばんちゃんが記憶を取り戻す方法を見つけるためにの旅にサーバルこのガイド兼よう通わという内容である。
サーバルは肉食動物がモチーフにもかばんちゃんをとてもよく用意する等

彼女の性格は女神級である
この世界観に住んでいるすべての存在は、それぞれモチーフにした動物の習性を持って
どのけものキャラクターは飛び回って、あるけものキャラクターは水泳が上手く、あるけものキャラクターは早く走るなどのそれぞれの特徴があるが、人間であるかばんちゃんは水泳もできず走ることもできず木登りもできない等
そのいくつかの動物の習性を持っていないために、どのようなけものキャラクターのか全く感取れずいるが、唯一かばんちゃんができるのは、人間の知識でとてもよくカバーし、紙飛行機を折る等

道具をとてもよく扱うことである。
とにかくけものキャラクターは、人間の姿をしていて、人間の言葉を話し、人間の言葉を理解するが、かばんちゃんが作った紙飛行機を見てみよう不思議に思い、物も取り出さないことを見れば、実際は知能は、野生動物と大きく異なるところがないと思われる。
かばんちゃんが自分の正体を見つけるためにの旅をしながら、サーバル以外にも、数多くのけものキャラクターたちと会うが、他のけものキャラクターたちもそれぞれ自分のモチーフにした動物たちの習性を持ったまま、自分なりによく生きている。
私たちが見るにはちょうど動物コスプレした美少女にしか見えないのだが。

本当にある意味で「美少女動物園」とできる作品である。
これらのゲームアニメ作品は、CMで自分のゲームの広告を掲載する目的で出した作品に見える。
けものフレンズの場合はアニメ化の前に終了したが。
とにかく正体を見つけるためにに多くの場所を通って多くのけものキャラクターと出会うことになり

その中で、それぞれのけものキャラクターに生じた問題の距離をかばんちゃんが人間の叡智を介して解決するのである。
全体的にみな性格が良いアニメである。
けものキャラクターフレンズの原作ゲームは日本でも高い人気を引き付けず、すぐに終了したが、緩い内容のアニメが、放映されるやいなや、日本では大きな人気を集め、ファンアートもたくさん出て、関連商品は品切れ、そして日本の動物園が活況をなす等
理由はわからないが 大流行ブームを起こしたところだ。

どうしても作品自体にかなりの中毒性のあるように見えるので、視聴に注意すること。
とにかくけものキャラクターは、野生動物には違いなく、ほぼ野生の王国で生きているわけで、当然サーバル量をはじめとするけものキャラクターはノーブラ、ノーパンでないかと推測される。
サーバルもあんな短いスカートを着たまま、時々野生動物のように4足歩行したりするキャラクターである。

OVAきんいろモザイクPretty Days 2 忍達の中学校と文化祭の綾が主演の演劇


そう言えば、図書館や静かな部屋の環境は、やっぱり猪熊陽子、大宮忍、小路綾達を育てる助けになる。
きれいでミニマルなきんいろモザイクは  、視聴者がキャラクターに焦点を当てるように意図されている。

新年の間に、陽子、綾、忍は、地元の神社でお互いの受験合格のために祈っている。
中国語は新年の希望の形として同等の言葉を持っている。
「學業進歩」
学業や恋愛の成功のためにに神社で祈るアニメの一部の要素は、スポーツの前の儀式、特に選手たちが大きな出来事や試合の前に祈っていることを思い起こさせる。
私は、試験の24時間前に、何かを勉強するか関係なくお祈りしていた。

もし勉強したことの範囲外な材料に遭遇すると、私は自信を失う可能性がある。
祈ることでリラックスでき、私は心を落ち着かせる。
この方法は私自身の試験作成テクニックであって、誰にとってもうまくいくとはいえない。
話をきんいろモザイクに戻そう。
   
綾が想像したよりもやや難しいと判明したが、陽子と忍は最善を尽くした。
この試験は少し落ち込んでしまったが、今度は弛緩を取り除き、皆が美味しいものを食べリラックスすることを示唆したのは綾である。

もえぎ高校の成績が判明したら、綾は入学を申し出る。
陽子と忍は最初は結果を知るためにに驚いたが、綾の励ましによって、皆合格したことが分かった。
綾は通常、恥ずかしがりながらも訓練された、ナンセンスのないタイプの人物であるが、他人のボケにツッコミを入れる素敵な人物である。
プリティー・デイズは彼女にも気を配っている。

結局の所、綾は、もえぎ高校に行き、他の高校への受け入れを拒否した。
これは、友情の強さを証明するものである。


上に九条カレンは普段は非常にカジュアルなファッションであり、アリス・カータレットはピンクのカーディガンを持っている。

アリスとカレンはどっちもこれが非常に動くキャラクターだと感じている。
カレンの反応はかわいく、そして、アリスは旅行で完全に泣いている。
きんいろモザイクは元々2010年にマンガを開始し、アニメは2013年の夏になるとのだが、2015年に二期「ハロー!きんいろモザイク」が放映した。
ほとんどの人がばかばかしいと思う程度まで先延ばしにしたアニメとは違って、きんいろモザイクはそのようなことはない。
おそらくまんがタイムきらら原作のアニメは先延ばしとは無縁だろう。

忍と姉の勇はケーキを食べたことが判明した。
 
忍は綾のためにしたことを明記している。
彼女はアリスとカレンとも友達として時間を過ごていたのかもしれないが、忍は綾が彼女にとってどれほど重要であるかを決して忘れないだった。

しかし忍と勇はケーキを実は食べていなく、テーブルの上に贈り物として現れ、アリスとカレンの機嫌は良くなった。


振り返ってみると、私は中学生時代には文化祭のも楽しんだが、大学では多くのオープンハウスイベントに参加し、保護者と将来の生徒に健康科学プログラムについて話した。
大学院の最後の1年間で、大学の15周年記念特別祝典で特別なお祝いに参加する機会もあった。
文化祭のようなお祝いはなかったが、それでも楽しいものだった。

烏丸先生は、アメリカンドッグとりんご飴を食べている。
   
アリスと陽子の励ましによって、最後の瞬間にドラフトされたにもかかわらず彼女は姫を巧みに演じ始める。
彼女の宣伝への嫌悪感にもかかわらず、綾はかなり能力がある。
ここで彼女は役割を受け入れ、これまでに未知の人格の側面を見るチャンスを与える。
この演劇で、絵の描けるファンの大部分は、OVAの劇場公開の影響を受け、小路綾のイラストを沢山描いた。


きんいろモザイクのようなアニメは、ドラマではなくコメディーのために予期しない挫折が起こる。
カレンは彼女の役割を完全に忘れてしまい、直ちにもともとのキャラクターに戻ってしまった。
意外なことに、綾は追いつくことができず、劇全体が危険にさらされているようである。
 
忍はこの事態に、ブロンドのかつらを出し、何とかその場を凌ぐ。
こうして、演劇は、すばらしい成功を収めたミュージカルになった。
 
こうして、演劇は、すばらしい成功を収めたミュージカルになった。
 Pretty Daysは、初週末に2600万円(約300000 CAD)の収入を得た。

Pretty Days OVAは忍と彼女のクラスメートは、挫折にもかかわらず、演劇のパフォーマンスのために温かい拍手を受けた。

そして、ご注文はうさぎですか?の「Dear My Sister」と題されたOVAは、2016年にで発表され、今年5月に先行上映される予定だった。
テレビアニメよりも多くの音楽を含むと推測されている。
現在、生産上の問題により遅れていて、リリース日は不明のままである。
おそらく、種田梨沙氏の急病のために収録ができないからだろう。
きんいろモザイク、劇場版艦これ、OVA版ゆゆ式のときにはまだ病気にはなっていなかったのだろう。
この中では、艦これのみ先行上映ではなく本物の映画である。
現在、OVAでさえもアニメ映画のような形態になっているものが多い。
これらのOVAは、映画と同じくらい長くなっている。




きんいろモザイクは売り上げに関してはかなり上手く成し遂げていて、漫画で忍達の3年目を描いた作品が将来的に実現する可能性がある。


Pretty Days OVAは中間点にあるので、第3シーズンの見通しについてもう少し楽観的である。
したがって、きんいろモザイクの続編は、一連の作品の終わりとしての役割を果たすことを最も歓迎する。
卒業とは別に、もう一度イギリスを訪れる可能性を秘めているかもしれない
Pretty Days OVAは中間点にあるので、私は漫画の特別編の見通しについてもう少し楽観的である。
したがって、きんいろモザイクの続編は、一連の作品の終わりとしての役割を果たすことを最も歓迎する。

OVAきんいろモザイクPretty Days 忍達の中学校と文化祭の綾が主演の演劇

文化祭が急速に到着すると、みんなが忍の家に向かい、演劇の衣装作成に取り組む。
古い中学校の制服と高校の制服をモデルにしたものを作るらしい。アリスとカレンはすでに到着した。
私がきんいろモザイクのような萌えアニメで頻繁に思う共通の特徴は  、キャラクターの声があまりにも高いことである。キャラクターが皆若い少女なので当然だが。
結果として、より高い周波数の声は、より低い周波数の声より、識別が容易である。

忍は特に勉強していないかもしれないが、裁縫師としての彼女の才能はとんでもなく高く、客観的には、言語学や外交とは対照的に、縫製や調整を含む理由でではるかに自宅にいる可能性が高い。
このことを念頭において、私の視点は高校生時代から劇的に変化した。
この間、大きな夢は資産であって、少女たちが自分の選択肢を探求できるようになる。
しかし、時間が掛かるにつれて現実感も発達し、人々は徐々に友達がやっていることと自分がやっていることとのバランスをとる道を選ぶ。

この時点で、キャラクターの性格は、あの人達がやっていることで簡潔に捉えられている。
忍は非常に集中して仕事に取り組んみ、アリスと綾はできるだけ手伝っている。
カレンと陽子は、比較して、完全に緩んでいる。
しかし、忍は一生使いになってしまい、アリスはお互いのことをどう思っているのか疑問に思い、忍たちの中学生としての時代の話を綴る。

その昔、忍と陽子は、最高の試験に合格した後、高校に入るのを助けるパフォーマンスの重要性について綾から教えてもらうと、精神が急激に緩む。
女の子たちは散歩に出ることに決めた。
ここでは、初めてもえぎ高校を訪れて、先生の烏丸桜に出会う。
いくつかの紹介の後で、烏丸先生はキャンパスの短い見学ツアーを提供する。

烏丸先生は女の子たちが一生懸命勉学に励もうとしていることを賞賛し、綾が恥ずかしいと感じる応援さえもする。
烏丸先生の最大の特徴の一つは、たとえ彼女の行動が恥ずかしいものでも、学生を助けるためにに長続きできることである。
彼女の教え子はこれを先生の愛情と感じて、結果的に、彼女が教師として高く評価されている理由を説明し、彼女に多大な信頼を置く。
きんいろモザイクとは直接の関係はないがカナダの教育制度には、入学試験はなく、中学校から高校に移行する学生は、学校と自宅の相対的な地理的位置に基づいて配置される。
そして高校で一度受講できるコースに影響を与える、中学生が取る必要がある州の標準化された試験がある。
これを念頭に置いて、ここでの教育システムは競争力が低い一方で、人々が教育を終えると、職業を捜すのはますます困難になる。
(日本やアジアの他の地域では教育システムは就職活動は、どこの学校を卒業したかに基づき、高校や大学によってはもう少し簡単になる)。

きんいろモザイクに戻って  、綾は夏の太陽にの日差しを浴び、皆は自分の試験のために勉強を続ける。

友人は、多くの場合のようなもので一緒に勉強している。
これはきんいろモザイク以外に、ご注文はうさぎですか?でも同じことが言える。
一緒に勉強することの利点は、助け合えるであることである。
友達同士で異なる視点を提供し、問題が解決しやすくなり、それらを教え合うことはまた、自身の知識を強化するのを助けることができる。