強盗事件の恐怖5 路上の強盗と黒人が報道されやすい理由

個人的な強盗事件には、路上強盗事件、家庭内侵入、カージャック、薬物販売業者の強盗事件などがある。
これらのタイプのイベントは、個人的な被害の輪郭の点でいくつかの違いがある。
街頭強盗事件に関係する対立は、強盗する機会を与えられた犯罪者が金銭や不動産を奪い取るにに最適な目標を見つけたときに、餌食になる。
例えば、ライトとデッカー(1997a)は、セントルイスの活発な強盗犯とのインタビューで、街頭強盗事件の多くは機会主義的であると指摘した。
NCVSのデータによると、路上や駐車場で起こった強盗事件は見知らぬ人が関与する可能性が高く、非自発的な者による強盗事件は建物の中で起こる可能性が高い。

強盗事件の被害になる人で、強盗犯と初対面の人と知っている人との間のそのような関係は、機会の文脈において意味をなさない。
特定の人を対象とした不動産や現金を対象とした強盗事件は、自宅を強盗事件に適した場所に置く可能性が高いのに対し、路上強盗をしようとする外国人は特定の住居を知る可能性がほとんどない。
シカゴでの強盗事件報告のジンリングとズール(Zimring and Zuehl)(1986)の分析によれば、家宅侵入する強盗犯は路上強盗事件に比べて怪我をする可能性がより高いとされてた。
これは、強盗事件と被害者が見知らぬ人初対面ではないという事実から生ずる可能性がある。

反対に、路上で強盗犯に出くわした見知らぬ人は、犠牲者をより簡単に脅して金品を奪い取り、暴力が少なく恐喝事件になることが多い。

カージャックは最近、学術的な注目を集めている。
NCVSのデータによれば、1993年から2002年にかけて年間約34,000台のカージャックがあった(クラウス(Klaus)、2004)。
車強盗の犠牲者は事件の3分の2で犯行者に抵抗した。
カージャックの犠牲者の傷害はかなり高く、完了したカージャックの32%および試みられたカージャックの17%の犠牲者は傷害に苦しんだ(クラウス、2004)。
このカージャックという特定のタイプの、強盗事件の場所として車を想像してみてよう。
強盗犯が車から持ち主を追い出せる性質は、非常に危険であり、カージャック強盗事件があふれているように見える理由を説明するのに役立つ。

最後に、違法行為に関与する麻薬販売業者から薬物を奪う強盗犯は、いくつかの理由から考慮に値する個人強盗事件の一部を表している。
第一に、犯罪者の犠牲者は、多くの公的犯罪報告をもたらす可能性は低い。
第二に、そのような個体は、NCVSパネルサンプルにおいて正確に表される可能性は低い。
したがって、麻薬を盗む強盗事件の程度は、典型的なデータ源からは分かっていない。
もっと、このような犠牲者は、医師の手当てや殺人事件などの重大な結果が出なければ、当局の関心を引くことはまずない。
ジェイコブス(Jacobs、2000)は強盗事件にインタビューすることによって、大量の現金と法執行を回避する必要があるためにに、麻薬販売業者が強盗事件の標的とみなされていることを発見した。

麻薬販売業者をから薬物を強奪することは、強盗事件への危険性をアプローチする場合は有利である。
被害者は、麻薬や現金などの貴重な商品を大量に持っている傾向がある。
麻薬販売業者を摘発できるメリットがある。
同時に、麻薬販売業者は、自分の所有物を守る為に被害届を出さない非常に意地の悪い犠牲者である可能性がある。
積極的な強盗事件に面接した一部の民族誌は、薬物販売業者を奪った者は実際に大きな報酬を得ているが、この比較的隠された犯罪について存在する情報の量に関しては慎重でなければならないことを発見した。
薬物強盗事件の成功は、刑事裁判の制裁措置を最小限に抑えると同時に、財産、薬品、現金を生み出する。
一部の研究者は、このような不法市場で発生する暴力の多くは、警察の存在が歓迎されていない空腹の中で、従来の警察の介入を免れている。
薬物と売春市場を混乱させる警察の努力は間接的に強盗事件を減らすと主張した。

強盗事件のタイプについては、さまざまな形でどのように発生するかを考えることが重要である。
したがって、強盗事件のタイプは、被害者の怪我などの他の結果を理解するのに役立つ。
例えば、個人的な強盗事件には脅威が必要であ。
逆に、商業強盗事件は、銀行の窓口を通過したメモのみを要求して、窓口に雇用者のお金を寄越すに説得するかもしれない。
多くの異なるタイプの強盗事件を考慮することは、強盗事件の定義の広範な変化を理解するのに役立つ。


強盗事件と相関

強盗事件の犯人と、強盗事件の被害者の年齢、性別、人種パターンを考慮することは、強盗事件の現象を理解する重要な要素である。
公式の警察データと被害調査は、強盗事件の証拠で最も明瞭なのは写真をである。
ほとんどの場合、犯罪者は30歳未満の男性である傾向があって、アフリカ系アメリカ人が多いことを示している。
2006年のUCRの逮捕データによれば、逮捕者の56%がアフリカ系の黒人だったが、犯罪者のレースに対するの犠牲者自身の報告に依存したNCVSのデータは、黒人は犯行者のうち37%のみだった。
この不一致は、黒人を差別することの多い警察の報道や、地域によって黒人を逮捕することの数がが異なっているという要因によるものと思われる。
それにもかかわらず、データソースは、強盗事件に関わるアフリカ系アメリカ人のが過度に多いを示している。
これは、強盗事件が経済的に不利な都会の地域から来ている者が頻繁に繰り返すという事実に起因すると思われる。
多くのアメリカの都市で黒人の割合が高い傾向がある。

強盗事件の恐怖4 強盗の種類 コンビニ等の店、銀行など

学問的な研究は、強盗事件は単一の事象ではなく、多種多様なサブタイプを包含するという感覚を生み出した。
強盗事件には、見知らぬや知り合いの強盗事件、車中犯罪、家庭侵攻、商業強盗事件、銀行強盗事件、路上強盗事件などがある。
これらのタイプの強盗事件のそれぞれは、被害者のためにの異なる一連の困難と、加害者のさまざまな障害とを提示する。
おそらく、強盗事件のバリエーションを検討する際に最も有用な区別は、商用強盗事件と個人強盗事件の違いである。
例えば、学者の研究は、強盗事件で強盗犯が被害者に他の人からお金を奪わせようとしたという意味で、コンビニエンスストアや他の商業施設の強盗事件が他と異なる可能性があることを示した。

カージャックは比較的最近の検討事項であるが、同様に、力と脅威を通じた自動車の制御を確保することは困難である。
商業用の強盗事件には、コンビニエンスストアや銀行が含まれる。
1960年代から1970年代にかけての研究によると、商用強盗事件は専門の強盗犯によって行われることが多かった。
すなわち、商業的な強盗事件は金銭的価値と逃げの可能性を最大限に生かすために計画された。
現代の強盗事件のインタビューでは、通常、商業強盗事件はマイナーな計画でしかないことが示されている。
このような犯罪には、専門的な計画の考え方に合致した犯罪者が関与しているが、現代の商業犯罪のほとんどは、機会を利用しようとする強盗事件の仕事のようである。
コンビニエンスストアの強盗事件と銀行強盗事件の間に何か違いがあるかもしれない。
しかし、後者は高度に専門的な強盗事件のプールから引き出されるとの期待は支持されていないようである。

A.コンビニエンスストア
強盗事件に特に強い施設はコンビニエンスストアである。
コンビニエンスストアは、設計上、迅速な取引のために作られていて、通常、現金登録機およびセキュリティカメラのおかげで事件が少ない。
2007年に強盗事件で集められたUCRのデータによると、典型的なコンビニの強盗事件は、UCRに記録されている他のすべての形の窃盗よりもわずか800ドルしかなかった。

ウェルフォード(Wellford)、マクドナルド(MacDonald)、ワイス(Weiss)(1997)は、5州のコンビニエンスストア盗難事件者148人をインタビューし、約3分の1はコンビニエンスストアの盗難事件を6時間以上前に計画したと回答し、サンプルの16%別の店を奪う。
Petrosino and Brensilber(2003)は、マサチューセッツ州のコンビニエンスストアの投獄された強姦犯28人にインタビューした。
アメリカのコンビニエンスストアの強盗事件や商業的な強盗事件では、強盗犯は商業的なターゲットの選択をいくらかよく考えているという推論が導き出される。


1980年代に従業員や顧客を巻き込んだコンビニの強盗事件や殺人事件が急増したことから、これらの場所の環境設計(CPTED)による犯罪防止に焦点を当てた研究が行われた。
利用可能な金額の制限等現金の処理方法を改善する。
カウンターを目に見えるようにする。
監視目的で駐車場を照らす。
コンビニエンスストアを強盗犯にとってあまり魅力的でなく、標的にしづらい施設にするため、少なくとも2人の職員を持つ人材派遣店が動き出した。
いくつかの証拠によれば、強盗事件の犯罪者にとって魅力のない場所を作るというような標的硬化戦略は、強盗事件のリスクを低下させるということのノウハウが蓄積されている。

B.銀行強盗事件
連邦犯罪であると評価されている銀行強盗事件は、しばしばプロの強盗犯が犯した犯罪とみなされる。
これは、価値の高いターゲットとしての特性からも拡張されている。
しかし、銀行は、警備カメラ、警報システム、人材育成プログラム、法案を追跡するためのセキュリティメカニズム、タイムロック、時には武装したセキュリティ等さまざまな手段で強盗事件を説得する傾向がある。
2007年のUCRデータによると、アメリカでは過去1年間に7,175件の銀行強盗事件が報告されていて、平均で4,000ドルをわずかに上回っている(FBI、2007)。
これらの強盗事件は有益であるように見えるが、FBIによって分析されたデータは、他の強盗事件タイプ(FBI、2002)の典型的な清算率25%と比較して、銀行の強盗事件が逮捕されたことは58%であることを示した。

2つのデータソースによると、銀行盗難事件の被害も比較的稀であることが示されている。
NIBRSのデータは、分析された症例の約6%で犠牲者の傷害を示し、BCSは銀行強盗事件のわずか2%で犠牲者の傷害を示した。
数字の違いは、BCSデータソースのインシデントに関するより包括的なデータ収集と比べて、警察機関の一部が報告する犯罪データに基づくNIBRSデータによるアメリカの最小限のカバレッジに起因する可能性が最も高い。

銀行犯罪者がより専門的であるかもしれないという考察は、FBIによって検討され、以前の研究によって期待されたものと一致していて、より徹底的に犯罪を計画するプロの強盗犯がそのような貴重な目標を選ぶ可能性が高い。
この調査は、逮捕された各銀行強盗事件の銀行強盗犯に対する事前の有罪判決を調べることによって達成された。
捕まった人のうち5人に1人だけが銀行強盗事件の事前の有罪判決を受け、FBI(2002年)は銀行強盗事件が主にアマチュアの犯罪者によって行われていると結論づけた。
クリアランス率が高いことは、銀行強盗事件が一般的に不成功であることを示したので、専門犯罪者から予想されるような懸念のリスクを管理するのに注意を払わないでください。
確かに、プロの強盗事件は、逮捕されなかった42%の人物だったのかもしれない。

強盗事件の恐怖3 武器を持つ強盗と非武装の強盗

強盗事件で失われた品物の量または価値は、考慮されている強盗事件の種類に大きく依存している。
2007年に作成されたFBIの統計によると、典型的な強盗事件が4000ドルの損害をもたらしたことから、銀行盗難事件は明らかに犯罪者にとって最も有利であった。
コンビニエンスストアでは、報酬損失の平均額が1件あたり約800ドルとなった。
個人が道路や高速道路の盗難事件の対象であることを考慮すると、その犯罪からの損失に関連する合計は驚くほど高く、1,300ドルをわずかに上回っている。
一部の犯罪学者は、米国経済がより多くのクレジットカードとデビットカードの使用に向かうにつれて、通常は現金取引を取り扱う可能性が最も低い最貧市民に強盗事件が集中すると主張した。

強盗事件と武器の選択

受刑者の調査によると、銃などの致命的な武器は、強盗事件を遂行するためにの優先的な道具であることが示されている。

武器を持たない強盗事件の脅威は説得力がないために、その盲点を利用し、武器を持たない強盗事件が犠牲者に何らかの傷害をもたらす可能性がより高い。
したがって、そのような状況で被害者を制御するためにには、物理??的な力が必要になる可能性が高い。
データソースによると、犯行した銃強盗事件の件数を見ると、NCVSは、4,5回の強盗事件のうち約1回に銃が含まれていることを示しているが、1976年から現在のSHRデータを使用して犯罪状況と兵器の種類を調べると、銃を持つ強盗事件の割合は50%を超えている。
ライトとデッカー(Wright and Decker)(1997b)が指摘したように、銃を装備し強盗事件をすることにより、死を迎えるという錯覚を確立するのに役立つことは、投獄された強盗事件との議論から明らかになった。
強盗事件が自身の脅威を確立するためにに武器を選択するという考え方は、米国内外の強盗事件とのインタビューで裏づけられている。
例えば、投獄された英国の商業強盗事件とのインタビューでは、一般的に、強盗事件は銃を持っているという思われることが反響し、犯罪を完遂するのに必要な物理的な力が少なくなっている。

NCVSの強盗事件データの兵器パターンを調べると、2006年には65,000件近くの強盗事件が発生したと推定され、41%が武器を持っていなかったことが示されている。
犠牲者は強盗事件が強盗の23%で銃器を使用し、ナイフは8%で使用したと報告した。
犠牲者は、加害者が犯罪の15%で武器を持っているかどうかを知らなかったことを報告したことに留意すべきである。
同様に、強盗の持つ武器に関するUCRデータによれば、2006年に盗難事件の推定42%が銃器を伴い、約40%が「強力な武器」または非武装強盗事件だった。
明らかに、銃による強盗事件はこの言葉によって最も頻繁に呼び出されるイメージだが、非銃強盗事件は被害調査と公式警察の両方のデータに基づいて、いずれかの年にこれらのイベントの大部分を占めている。

犠牲者の抵抗と強盗事件

1970年代と1980年代には、強盗事件に抵抗するという考え方は一般に推奨されていなかった。
いくつかの犯罪学者や多くのコメンテーターによって、抵抗は傷害に強く関連し、強盗事件の迫害による苦しみの可能性が高まったと主張された。
したがって、強盗事件に直面した受動的な行動は、最も賢明な行動のコースとみなされた。
明らかに、強盗事件は同種の出来事ではないために、犠牲者の観点から強盗事件を扱うことに関する1つのベストプラクティスの提案は適切ではないかもしれない。
例えば、強盗事件は被害者の数を上回って、武装した可能性があって、犠牲者が追いついている可能性がある。

しかしながら、警察の記録と自己報告された被害から得られたデータから、多くの強盗事件に非武装の加害者が関与したことは明らかである。
このような場合、抵抗は、特に犠牲者が脱出ルートを特定した場合には、強盗事件の完成まを減らす可能性がある。

被害者調査で得られたデータを分析した犯罪学者は、被害者が物理的または口頭的に抵抗するときには多くの強盗事件が完了しないという点で抵抗性が有益であることがわかる。
これは、正式な報告書が強盗事件の試みを過小評価していないために、警察が収集したデータとは対照的であって、被害者が負傷した場合に警察の報告が取られる可能性が高いことが研究によって示されている。
したがって、警察のデータには傷害と抵抗の間に正の関係があるように見えるが、警察が犯罪を記録するかどうかを決定する方法の性質によるものかもしれない。
被害調査はこれらの障害を克服し、強盗事件の状況をより完全に列挙するとともに、被害者の抵抗が傷害の結果であるか、または傷害を引き起こすかどうかを知る能力を研究者に提供する。

NCVSからの犠牲者調査データの最新の分析では、強盗事件に対する抵抗はランダムではなく、被害者の状況の合図およびリスクの選択と考慮を反映したことが明らかになっている。
犠牲者は、例えば、非武装の犯罪者に抵抗する可能性が高い。
事件の結果は、被害者が完全犯罪に苦しむ可能性が低いという事実によって示されるように、被害者が比較的賢明に抵抗したことを示した。
要約すると、強硬派の知恵は、抵抗が犠牲者にとって否定的な結果を増やす可能性が高いことから、多くの状況で抵抗が賢明な行動であるという意味に転じている。

強盗事件の恐怖2 強盗殺人の発生と被害者のトラウマ

全体として、UCRもNCVSも、米国における強盗蔓延の完全な描写を提供していないことに注意する必要がある。
UCRとNCVSが同じ根底にある現象を測定する2つのコンバージェンスのコンセプトは、多くの犯罪が報告されず、UCRデータ収集の取り組みから生じる適用範囲とレポートの問題のために正確に発生する可能性は低い。
しかし、2つのデータシリーズの強盗犯罪の補完的な扱いは、強盗の性質、傾向、程度をよく理解した。

強盗の結果:死、傷害、喪失

強盗の潜在的帰結は、犠牲者を殺すこと、まれには、盗人の強盗で犯罪者を殺害することである。
より一般的には、被害者の反応によって犯罪者が不満を募らせ、Wright and Decker(ライトとデッカー)が観察したように、「差し迫った死の錯覚」を確立するような強盗の状況で、怪我が発生する。
補遺的殺人報道(Supplemental Homicide Reports)(SHR)のデータを調べることで、強盗の結果が可能になる。
これらの報告書は、強盗の状況で発生する殺人件数に関するデータを提供している。
SHRは現地の法執行機関からFBIに提出され、年齢、性別、犯罪者の人種、犠牲者、使用された武器、殺人事件が発生した状況に関するデータを確立する。
1つの状況コードは、強盗から発せられる殺人を意味し、したがって、強盗の状況で発生する殺人の数および割合を決定するためににSHRデータが使用される。
SHRのデータ収集は1976年であって、強盗殺人事件の長期的な傾向を調べることで、過去よりも頻度が相対的に低いことが示されている。
1970年代後半と1990年代初めに、SHRには毎年2,000件以上の強盗殺人が記録されていた。
最近では、強盗殺人件数は2000年代半ばまでに年間1,000件以下に減少している。
強盗殺人事件の長期的な傾向を調べることで、過去に比べて比較的頻繁ではないことが示されている。
1970年代後半と1990年代初めに、SHRには毎年2,000件以上の強盗殺人が記録されていた。
最近では、強盗殺人件数は2000年代半ばまでに年間1,000件以下に減少している。
強盗殺人事件の長期的な傾向を調べることで、過去に比べて比較的頻繁ではないことが示されている。
1970年代後半と1990年代初めに、SHRには毎年2,000件以上の強盗殺人が記録されていた。
最近では、強盗殺人件数は2000年代半ばまでに年間1,000件以下に減少している。

任意の特定の年に記録された強盗の数と比較して強盗殺人を考えるのはおそらく最も有用である。
そのような検査は、時間の経過とともに強盗がより致命的に暴力的になっているかどうかを理解するのに役立つ。
殺人になる強盗の割合を調べるにあたっては、明らかにそのような状況は比較的まれである。
1970年代後半には、UCRデータに記録された1,000件の強盗ごとに約4.5件の強盗殺人事件が発生した。
対照的に、1,000件の強盗ごとに強盗殺人が約2.6件に減少した事もあった。
このように、強盗事件率を下げ、生存数を減少させる。

イリノイ州シカゴからの強盗のサンプルを調査し、その都市の警察の報告書からコード化されたデータを調査した。
その研究は、殺人事件の現場での証拠が事象の時間的順序に関して常に明確ではないことを示した。
より正確には、殺人事件の後に起きる盗難であることは明らかである。
同様に、ロフトン(Loftin)(1986)は、メリーランド州ボルチモアの殺人事件のサンプルを研究し、いくつかの訓練されたコーダーを使用して公式記録の殺人事件のコードをチェックした。
その分析は、強盗に明白な注意を払って、SHRでコードがどのように割り当てられるかに大きな量の誤りがあることを示した。

強盗殺人よりもずっと一般的なことは、強盗事件の結果起こる可能性のある身体傷害の可能性である。
1973年以来、NCVSの強盗犠牲者とのインタビューで傷害の有病率と性格が捉えられている。
2006年にNCVSから入手した強盗犠牲者とその傷害に関する最新のデータは、犠牲者の3分の1強盗が怪我をした そのデータを詳しく調べることで、犠牲者の約7%が病院でケアを受けてたことがわかる。
黒人の犠牲者、女性の犠牲者、そして強盗に知り合った犠牲者は、被害者の間に傷害を被って、病院でケアを受けて怪我をする可能性が高かった。

強盗のにあった被害者の心理的影響の可能性は明らかに大きい。
強盗の犠牲者は、多くの場合、無力感がある。
圧倒的な恐怖のために、職場での強盗の後に犠牲者が仕事に戻ることができないという証拠が、新聞に記載されている。
しかし、被害者の被害の結果を体系的に研究することは、限られた注目を集めている。
金銭的喪失、脅威、実際の身体的害を含む個人犯罪として、その結果は、強盗の仕方、個々の犠牲者の素質とそのようなストレスに対する心理的反応に基づいて、幅広いバリエーションを持つ可能性がある。
より簡単に言えば、強盗の犯罪の結果の変化は非常に広範囲に及ぶ可能性が高い。

強盗事件の恐怖 金銭欲や物欲が原因の最悪の同じ大犯罪

強盗と殺人は必ずしも同居したとは言い難いが、その性質上かなり密接な関係である。
なんせ、暴力で金品を奪い取るのが強盗なのだから。
簡単に言えば、強盗は誰かの財産を盗むためにの暴力の使用である。
「強盗」という言葉は、銃を持ち銀行に襲いかかる男どものイメージを想起させる。
強盗の際に人を傷つけたり殺したりするのは強盗致死傷罪になる。
強盗殺人罪ではないが、被害者を殺してしまうと最大で死刑になるのは他の殺人と同じ。
決して犯罪者の心理を理解してはいけないのだが、強盗罪は精神異常者によるサイコ殺人やセックスサディストによる性欲殺人と比べると普通の人間にも理解しやすいものと思われる。
お金などがほしいから奪う。
実に単純な動機である。
少なくとも近代的な法律ができる前は、人間もそのようなことを繰り返してきた。
帝国主義な他国の植民地化や略奪なども、心理的にはこの強盗やこそ泥や万引きなどの窃盗罪と同じものだろう。
強盗の犯罪は連邦捜査局(FBI、2002)によって「力や暴力や暴力の脅威や脅威による人や人のケア、保管、管理から価値のあるものを取るか、試みること」と定義されている。

この犯罪およびその結果に対する懸念は、何百年も前にロビンソン・クルーソーの名声を持つダニエル・デポエ(Daniel Defoe)が誇示したものである。
より現代的な時代には、ビリー・ザ・キッド、そしてある程度は1930年代に銀行を奪ったジョン・ディリンジャーなどの無法者を含む強盗勢力がいた。
この犯罪は、定義上、加害者と犠牲者の対面対立を特徴とするために、暴力と財産犯罪の隙間を埋める。
しかし、強盗の状況で起こる暴力と強要の量は、強盗と名付けられた出来事の間でかなり大きく異なる。
この研究論文では、強盗、強盗殺人、犠牲とその結果、強盗と強盗の種類の測定が検討されている。
明らかになるように、強盗と名付けられた根底にある現象は非常に多様である。
例えば、銀行をからお金奪うことは、コンビニエンスストアから奪うというやや異なるアプローチを必要とする。
報告書から当局への逮捕による犯罪の清算までのこの犯罪の結果は、被害者の性格に大きく依存している。
同様に、銃を特徴とする街頭強盗は、致命的な脅威を立てる説得力のない人を特徴とするものと比較して、犠牲者から異なる反応を引き起こす可能性が高い。

米国における強盗の測定

国家犯罪被害調査(NCVS)とFBIの統一犯罪報告書(UCR)は、米国における強盗の年間数を測定しようとしている。
これらのデータ収集の方法は、強盗パターンを記述するためにの長所と短所が異なる。
それにもかかわらず、それぞれは強盗の理解に貴重な情報を提供する。

NCVSは、犠牲となった可能性のある被害の種類について直接尋ねられる、全米の代表的な回答者のサンプルで構成されるアンケートである。
この方法は、市民からの情報を直接募集することによって、聞かなければ当局に報告されない可能性のある相当数の犯罪を明らかにする。
特に、知人による強盗や強盗未遂は、公式のデータソースと比較して、NCVSデータではるかに一般的である。
明らかに、犠牲者の中には知人を法的絡みから守ることを求める人もいる。
他の人は、警察に知らせるためにの加害者からの潜在的な報復を避けようとするかもしれない。
同様に、不動産が失われていない不成功の強盗は、報告の面で被害者の時間に値するものではないかもしれない。
加えて、NCVSに記録された強盗は、UCRの警察によって記録されたものよりはるかに少ない銃を含む。
UCRで編集された公式の警察のデータは、報告されていないことが明らかであって、被害者の約60%しか警察への犠牲者を報告していない(Hart&Rennison、2003)。
したがって、UCRにおける強盗の描写は、NCVSのデータよりも多くの銃強盗、より多くの強盗犯罪、およびより多くの強盗を含む傾向がある。

データソースの違いを明らかにするために、2006年にNCVSは645,950件の個人的で非商業的な強盗の被害があったと推定し、UCRは同年の約261,000件の被害を推定した。
このように、犠牲者の報告がなく、警察による警察の非記録的または「非公開」は、事件の調査により強盗に分類されてはならないという信念に導かれ、観察された差異2つのシリーズの間で米国の強盗のレベル。

NCVSとUCRデータの間のもう1つの重要な違いは、商業的な強盗はNCVSの強盗犠牲者として捕獲されず、UCRにしか捕獲されないということである。
したがって、UCRは、2006年に記録された強盗のおよそ4分の1が直接的な被害者として商業的関心を抱いてたという意味で、より広範な被害状況を示している。
商業盗難はより高いレベルの報告をする可能性が高いので、これはこの特定のタイプの盗難の程度に関する大きな知識格差にはならない。

2つのデータ収集努力の違いにもかかわらず、1990年から2006年までの現代の傾向は、強盗が減少したことを示している。
NCVSは、その期間中、強盗は、米国では12歳以上で10万人あたり約600人から10万人当たり約250人に減少したことを示している。
UCRは、100,000人の米国人居住者当たり250件の強盗から100,000人につき約150件の減少を追跡した。
したがって、2000年代半ばには、強盗の犯罪が1990年代初めよりもはるかに少なかったという点で、両方の措置が一致した。

ウクライナを売ったティモシェンコ、悪どい商売で儲けた

一般的なアルメニア人にとっては、 政治は、別の世界のものだが、もし興味がある時は、大統領選挙が近づいている場合である。
「国会襲撃事件」と「テレビブローカーオーナーの暗殺」、ソビエト時代のように、事件のすべてが暗闇の中に埋もれている。
CISの政治は激しい背中の社会であって、一般の人々は入ることのできない不可触世界である。
「大統領が変わるならば、生きていく人が増えるだろうか?」
国の過半数を占める貧しい人々の淡い期待、現在の場所は常に裏切られている。
これはアルメニアに限らず、それは一般にCIS諸国で見られる現象であって、2004年12月でさえ、大統領選挙におけるウクライナの紛争の一般人も、同様である。
日本の首相や米国大統領を知っても、私はウクライナの大統領を知らない多くのウクライナ人に会った。
(←目を離して意識を遠ざけたいという目的があるかもしれない)
ソ連の民主化のヒーローであると言われたグルジアのシュヴァルナッゼ大統領は、ウクライナでの独立後、最も成功した女性のビジネスウーマン、ティモシェンコの比較はとても面白い。
言葉のみの民主化を旗として、ソ連の性質をを引きずっている腐敗政治をして、国益を搾取して国民の怒りを買うだけで、大統領席から落ちたグルジア人。
西の経営者から、 現代のジャンヌダルクとウクライナを民主化に導く女性戦闘員と持ち上げられている女性の起業家・ティモシェンコ。
何か、日本では、ティモシェンコを評価する記事のみが注目されている。
グルジアの薔薇革命を重ね合わせ、暴動警察に薔薇を送る写真を見たときはかなって、気持ちが悪かった。
この民主化の騒ぎを利用し、彼女は悪いことを計画したようだ。
私の個人的な有毒な見解を書く。
ユーシェンコが大統領になって、ティモシェンコが首相になったが、それが「民主主義がウクライナに殺された日」になったと思う。
この飛び散っている「女性戦士」の真の顔を知っている人は何人だろうか?
政治交渉について言えば、西側は、ティモシェンコを肩にかけた方がよい。
ウクライナを壊したこの魔王みたいな女性の真の顔について、日本では知られていない。
大統領選挙を利用し、ユーシェンコの腰巾着の、不思議なウクライナの女性ティモシェンコはどんな人間か?
彼女が稼いだ「110億ドル」の金額は、確かに日本円は1兆円を超え、そのようなウクライナの会社は、「ガスプロム」だけがあった。
女性1人で1兆円を稼ぐのはとんでもないことだが、問題は、このすべての110億ドルがティモシェンコのポケットマネーに変換されたことだろう。
これが嘘でない限って、元々、違法なビデオカセット商品を売ったようだ。
現金をもらうことの難しさを直ちに発見したティモシェンコは、工場にかなり有利な条件でシベリアに物を送った。
彼女は数年間繰り返したようだ。
これまでの話を聞くと、CISは「素晴らしい女性です」と言われるようだ。
エネルギーはお金より価値があることを見たパーヴェル・ラザレンコという男がいた。
エネルギー販売権の独占で完成した会社は「UESU」であって、30%を選挙する怪物会社が生まれた。
ラマレンコがティモシェンコからどれくらい受け取ったのか分かりない。
非常に興味深い「ソビエト資本主義」の本質は目に見える。
あの人達は、ロシアから購入したエネルギーをウクライナに供給している。
工場から出荷された商品をUESU経由でロシア政府に「負債」として支払う。
日本人が想像することのできない劣悪な商品は、UESUの工場で作られ、世界最高の価格で売られ、UESUはおそらくちょうど現金がたくさん入りがっぽり儲けた。
日本人の視点ではこんな会社は悪すぎるものだが、東方の無数の工場のうちのいくつかが仮に倒産すると、別の工場を使えばいい。
地域活動を希望する思想はまったくなく、それの証拠に、彼が税金を払わなかったという事実も出てきた
それは社会福祉に貢献したとはいえない。
彼女の中、国のことなどどうでもよく、祖国の経済が崩壊しても関係ないようだ。
プーチン大統領の怒りを買ったホドルコフスキーは、脱税などさまざまな訴追の罪を問われ、彼はイスラエルに逃げた。
同様に、ラザレンコはクチマの怒りを買い、首相の立場から退いた。
クチマも部下に非常に高い忠誠心があるなら、国家に広がる腐敗と汚職を見落とするが、自分を脅威にさらすなら別問題で、翌日UESUを、検察官、警察が操作し不正を探し出した。
捜査により海外援助物資のを窃取し、ウクライナから資金を持っていくことや、詐欺事件などが出てきた。
ティモシェンコの夫が逮捕され、ティモシェンコも飛行機で逃げようとしたが捕まったらしい。
残念ながら、ティモシェンコはメンバーが議会のメンバーであることを免除する特権を受けた。
本当にCISは腐っている。
ティモシェンコは2004年の大統領選挙の混乱の中で再び世間に現れた。
西側は不思議なくらい彼女の経歴については触れず彼女の美貌を誉め自由の女性闘士と褒めちぎる。
西側から流されるニュースの行間から何かを読んでいけば良いのだろうか?
ティモシェンコはロシアから引き出された西側の交渉者ではないか?
CIS・ロシアとEUの間に立っている国で、ティモシェンコはその役割を担う人として完璧だった。
選挙の不正事件はあるが、ティモシェンコとソロスに買収された学生デモ参加者たちが与党党員たちが国会に出るのを妨げ、ヤヌコーヴィチに投票しようとした人たちの邪魔をしたこと等首都で行われている不正はまったく報道しないが、ダニエツクの農村地域での詐欺行為を報道するのも変な話である。
スケールも異なる。
コーカサスの無視できる国と違い、EU・アメリカ、CIS、ロシアにとっても影響力の高い国だ。
時代の歪みには、ティモシェンコのような人々は絶対現われるので、私はウクライナが改善するとは考えられないが、、ユーシェンコが大統領になっても、ソビエトの精神は確実に消えないだろう。
ティモシェンコのような者が、首相になるというのは、ウクライナの創設以来の最大の悲劇である。

世界の国歌 キルギス共和国

高い山、谷、畑は私たちの故郷の神聖な土地。
私たちの祖先はアラタウの真ん中に住んでいて、常に母国を守っていた。
コーラス:
さて、キルギスタンの人々は、自由になりなさい!
立ち、繁栄せよ!
あなたの幸せを作りなさい!
私たちは何年も自由に開放されていた。
友情と団結は私たちの心の中にある。
私たちの故郷の国であるキルギスタンの国は、合意の中で輝いている
コーラス
人々の夢は本当になり自由の旗は私たちの上にある。
人々の利益のために、私たちは恩恵を息子たちに渡すだろう。
コーラス

世界の国歌 ソビエト社会主義共和国連邦1977年

自由な共和国の滅ばない連邦、偉大なロシアは永遠に結合された
人々の意思で作成された、一つ、強大なソ連!

コーラス
私たちの自由、栄光のために歌いなさい、人民の友好信頼性の高い砦!
レーニンと人民党の力、私たち共産主義の勝利に向かって!

嵐を通じて、私たちの輝く自由の日を得た
そして、偉大なレーニンは、私たちの道を照らし正義のは彼は人々を励まし、労働と蛮勇に国民を立ち上がらせた!

コーラス

共産主義の不滅のアイデアの勝利、私たちは、国の未来を見るだろう。
そして、栄光の祖国の赤い国旗へ、我々は常に立ち上がる!
コーラス

原文

Союз нерушимый республик свободных
Сплотила навеки Великая русь
Да здравствует созданный волей народов
Единый, могучий Советский Союз!

ПРИПЕВ:
Славься, Отечество наше свободное,
Дружбы народов надежный оплот!
Партия Ленина—сила народная
Нас к торжеству коммунизма ведет!

Сквозь грозы сияло нам солнце свободы,
И Ленин великий нам путь озарил:
На правое дело он поднял народы,
на труд и на подвиги нас вдохновил!

ПРИПЕВ

В победе бессмертных идеи коммунизма
Мы видим грядущее нашей страны,
И красному знамени славной Отчизны
Мы будем всегда беззаветно верны!

ПРИПЕВ

宮崎勤 漫画アニメオタクの超異常なロリコン殺人鬼

宮崎勤、1962年8月21日生まれ、「オタク殺人犯」、「少女殺人者」、「ドラキュラ」は日本の連中殺人犯。
宮崎勤、1962年8月21日に東京の糸上町で、早く生まれた。
彼はわずか2.2kgの重さで、両手の関節が融合し、手首を上に曲げることができなくなった。
彼が5歳の時、同級生は彼に "面白い手"と言われた。
それ以降の家族写真では、宮崎は決して手を出さず、目を閉じてしまうことが多い。

彼は他の男の子と同じように夢を見た。
祖父は唯一の親しい大人のであった。
彼は小学校のときマンガをよく読むようになった。
1988年から1989年の間に、宮崎は4歳から7歳の4人の女児を切り裂き殺した。彼はその後、性的に死体を虐待し、3人目と4人目の犠牲者の一部を食べた。
宮崎の逮捕と裁判に先立って、児童に対する犯罪発生率の低い埼玉県に衝撃を与えた犯罪は、「少女殺人」と分類される。

彼は犠牲者の家族に、絵を描いた手紙を送って、彼の子供たちに何をしたのかを詳しく説明した。
被害者難波 絵梨香の家族に、宮崎は、雑誌から切り抜いた単語を使って集まった病的なはがきを送った。
彼は最初の犠牲者今野真理の死体を自宅の近くの丘でばらばらにし、彼のクローゼットに保管する手足を切断した。
残りの骨を焼き払い、粉末に粉砕し、彼女の歯のいくつか、彼女の服の写真を、ポストカードと一緒に家族に送った
1989年、宮崎は家の近くの公園にある小学生の膣にズームレンズを挿入しようとするが、その女の子の父親に襲われた。

宮崎は逃げたが、公園に戻って車を取り戻し、すぐに逮捕された。
アニメオタクである宮崎の犯罪は日本のオタクとアニメに対する道徳的なパニックを引き起こした。
1989年、彼は「オタク殺人」として知られるように有罪判決を受けた。
1990年代を通して、宮崎は、埼玉県が精神医学的評価を受け、東京大学の精神科医チームによる1997年の結論で終わったが、宮崎は複数の人格障害および極度の精神分裂症を患ったが、その後、死刑を宣告された。
彼は長年にわたり死刑に拘束され、刑期を終生刑に引き下げるように訴えている。
彼は、マンガやコミックを読んで、小さなテレビでアニメを見ている。
2006年1月17日、最高裁判所は元の死刑判決を支持した。

吉沢正美 7歳
難波 絵梨香4歳
野本綾子5歳

1988年8月22日の午後3時過ぎに、4歳の今野真理は友人の時間に遊ぶために、埼玉の入間村のアパートに自宅を残した。
午後6時23分、真里の父親は、パニックを鎮めるために苦労し、娘が行方不明になったと警察に通報した。
今野の電話と同じくらい、50キロ離れた暗い森で真里はゆっくりと絞め殺された。

その午後早くに真里がコンプレックスを通り抜けると、日産ラングレーセダンが近くに来て、宮崎勤が運転席から登っていった。
彼は真里に尋ねた。
真里はうなずいて手をとって、車に向かって飛び降りた。
真里はラジオのボタンで楽しく遊んでいた。

宮崎と真里は車から降りて、ヒノキとスギの木に囲まれた山道を歩き、小峰峠に向かうハイキングコースが始まるところまで歩いた。
20分または30分後、2人はパスから約20メートル離れた場所に座った。
真里は疲れていた。
男はパニックになった。
ハイキングコースは人気があり、誰かが聞こえるかもしれません。
しかし、彼は彼女を両親に戻すつもりはなかった。

真里の顔が驚いて止まった間、宮崎は喉頭に親指を当て、彼女がついに麻痺したとき、彼は敬虔に服を脱がして身を固めた。
その後、彼女は休息しているかのように彼女を寝そべって、ショーツ、パンティー、シャツ、靴をまとい、忘れて、森の中を歩いて車に戻った。
今野真里が短命に終わった。
そして、26歳の宮崎勤の殺人事件が始った。
宮崎容疑者は逮捕されるまでに、殺人を犯し、性的虐待を受けて3人の少年少女を虐待し、11カ月間、全員を恐喝し、警察の捜索を逃れた。

警察が最終的に宮崎容疑者を逮捕したとき、彼らは自分の家に入り漫画やアニメの6,000のビデオテープを見つけた。
激しいコレクションの中には、彼の犠牲者のビデオや写真があった。
宮崎にとっては、彼の殺人行為は孤独なファンタジー世界の延長線に過ぎなかったことは明らかだった。
青山学院大学法学部の石井晃教授と心理療法士は、「これは彼のゲームのようなものだった」と述べた。

宮崎勤(地方裁判所第117号)の判決が裁判所を通過した。
宮崎の運命を??最終的に決定し、殺害された4人の女の子の幽霊を休むことになるべき、この秋(1993)の心理学的評価が発表される。
これは、裁判所が重大な問題について捜査を命じたのは2回目である。
宮崎は怒っているのか? その答えは、宮崎が犯罪に対して犯罪責任を負っているかどうかを決定し、彼の判決を決める。
「宮崎の犯罪はまれな種類の殺人事件であった」と筑波大学の心理学者、尾田進氏は結論づけた。
しかし、あなたは彼に教科書のケースと呼ぶことができる。

宮崎勤の文章は、1962年8月21日に東京の糸上町で始まった。
彼は体重2.2kgしかなく、両手の関節が融合し、手首を上に曲げることができなくなった。
変形は早い段階から彼を悩ませた。
彼が5歳の時、同級生は彼に "面白い手"について告げた。
それ以降の家族写真では、宮崎は決して手を出さず、目を閉じてしまうことが多かった。

彼が教師やクラスメートによると、まったく友達を作ることができないような静かで孤独な子供のようです。
しかし努力をし他の少年のように夢を見た。
「私が大人になったら、車を買って運転し、レストランで食べて、カレーライスなどを食べるだろう。
親戚に会いに行くかもしれない」とエッセイを書いた。
しかし、しばしば、彼は奇形な手が嫌いなようで、これによりあまり普通のことができなかったらしい。
彼は漫画を読んで夜を過ごし始めた。

宮崎は明らかに巧みな子供だった。
自分の孤立した世界の中に閉じ込められ、勉強を重ね、中学校から入学試験をして学生になった。
彼は3年間毎日2時間ずつ通学したが、結局勉強に興味を失い始めた。
宮崎は友達を作らず、静かな場所に戻り漫画を読んだ。
明治大学に入学し高校が所属していた英語専攻で教師になる計画をしたが、彼は大学への推薦を受けなかった。
当然、彼はハンディキャップを責めた。

宮崎は、短大の写真技師のコースに入り、1983年春卒業後、父親の知り合いが所有する印刷工場で働いた。
300万円以上を救った後、彼は家族の家に戻って、父親の印刷事業の近くの本屋の2部屋の別館を長男と分かち合った。
宮崎克己氏は、東京の中で最も地元にあるイツカイチ地区の主要な地方新聞である「秋川新聞」を所有していた。
そこには、宮崎家はかなりの政治的影響力を持っていました。
しかし、その家族は勤にほとんど影響を与えなかった。

仕事中毒の父親は政治的なビデオクリップや最新のカメラを収集することにもっと興味を持っていた。
宮崎容疑者の母親も働いていたが、二人の犠牲者が死亡したとき、通勤贈答品を購入して補償しようとした。
「私の両親と私の問題について話そうとすれば、私は僕を殴るだろう」と宮崎は警察に告白した。
「私は自殺についても考えました。
宮崎の2??人の妹は彼を嫌っていただけだった。
市議会に勤めていた広く尊敬されていた祖父だけが真の関心を向けているようだった。

宮崎は身体的に未熟であったために、自分の年齢の女性を避けた。
「彼の陰茎は、鉛筆よりも細く、爪楊枝より太い」と、高校の同級生は指摘した。
しかし、彼の性欲は平均よりも強かった。
大学では、スチールカメラとビデオカメラをテニスコートに持ち込み、女性プレーヤーの股間を撮影した。
彼はまもなく、大人のポルノ雑誌を読んだ。
「この本は最も重要な部分を黒くしている」と不平を言った。
それで、1984年までに、彼は子どものポルノに目を向けた。

「少年のように、彼は親しい友人がいなかったので、現実世界では性に関する情報は得られなかった」と織田氏は語る。
代わりに、彼は彼のスリルのためにビデオ、漫画、ポルノグラフィーに目を向けた。
宮崎は、小さな陰茎と変形した手が重要だと考えていたのだろう。
どのようにして宮崎の不自然な悪意が彼を殺すように導いたのか?
青山学院大学の石井教授は、「人々は似たような環境の中で育つが、普通は殺人犯にはならない」と指摘した。

原因は1988年5月、最初の殺人の3カ月前に祖父の死であったようだ。
彼の祖父は彼の唯一の暖かい存在で、死は社会との宮崎の壊滅を決定した。
宮崎は後に、祖父の火葬骨の一部を食べ??たと、文学評論家である芹沢俊介が主張している。
「彼は祖父を生まれ変わりさせたいと思っていたし、祖父の遺体が残っていれば、この生まれ変わりは完全ではないと信じていた」と芹沢氏は話す。
彼の祖父の死はまた、宮崎を家族から疎遠にした。

末っ子の妹がお風呂を覗いて、彼は興奮し、頭をバスタブに打ちつけた。
宮崎の父親は長い間彼と話をしていた。
真里が殺された後、スピーカーを備えた警察の車の隊列が、両親に子供たちを常に見守るように警告して通りを巡回した。
宮崎事件を追ってきたジャーナリストは、「当初、殺人事件として捜査を開始した」と述べた。

最終的に、警察は真里の自宅周辺の人にインタビューして2,930人の人形を費やし、警察、電車、地下鉄、そして全国のバス亭に真里の写真を添えて5万のポスターを送った。
これらの努力は何も得られなかった。
警察犬でさえ、真里の香りを拾えなかった。

メディアが暴力を生む4 規制が事件を減らす訳ではない

 幼児期に積極的に行動することは、最初の暴力観がコントロールされている場合、侵略や暴力的なメディアの使用との間に相関関係があり、暴力的作品が攻撃的な子どもを生み出す主な要因である。
結果のパターンを以下に説明する。メディアの暴力を見る刺激が最も強く寄与していることを示唆した。
一例が例示的である。
彼らが中年児童期に移行するにつれて、毎年3年間インタビューを受けた子供の研究。
男児と女児の両方がテレビの暴力を見ていることで暴力的になることの確率が上昇したことが分かった。
この暴力を現実的なものと認識する子供は、テレビの暴力を観察し学習効果を示す可能性が特に高い。

これらの子供の15年間の観察は、中学生時代に習慣的にテレビ暴力を見た者がより積極的な成人に成長したことを実証した。
例えば、幼い頃に暴力作品を見ていた子供の内、男性の11%が犯罪で有罪判決を受けていて(他の男性の3%と比較して)、42%が昨年(他の男性の22%と比較して)「配偶者に暴行と加える」、69名が過去1年間に先生や親に怒られた場合、「親を殴った」(他の男性の50%と比較して)。
女性の場合、高暴力暴力者の39%が過去1年間で「配偶者に物を投げつけた」(他の女性の17%と比較して)、17%は別の大人を「殴った」 (他の女性の4%と比較して)
これらの影響は、人口統計学的要因、知性、育児習慣を含む多くの子どもと親の特徴のいずれにも起因していなかった。
全体、男女ともに、幼少期に見た暴力作品に精神を侵略され、コントロールされており、暴力番組が与える影響は大きかった。
メディア暴力のモデレーター

別に全ての暴力作品を見たが常に見たことによって同等に影響を受けるわけではない。
プロット特性の観点から、メディア暴力は[特に長期的に、攻撃性の刺激に有することが効果的暴力の増加を正当化と示す報酬(または少なくとも処罰を示していない)のような暴力を描いた27、36、37 ]。
テレビに影響されやすい視聴者の特徴としては、暴力を実際にそうであると感じ長期的に暴力行為にもっと刺激される。
正義の為に戦うアニメやゲームの主人公など、カリスマ的なヒーローによる暴力行為は、正義の名のもとに正当化されており、視聴者も正義のために暴力を振るうようになる
そして、子供が高いIQを有していても、全く関係なく影響を受てしまうようだ。
このエッセイは、メディア暴力が、視聴者またはゲームプレイヤーがより激しい暴力的な性格になる危険性を大幅に増加させるという証拠をまとめる。
無作為化された実験は、メディア暴力への暴露が、短期間で子供と大人の両方が暴力的になる可能性を増やすことを結論づけている。

暴力的なゲームを含む暴力的な電子メディアを子供に興味を持つことが積極的かつ暴力的な行動をする可能性を増加することを強く示唆した。
暴力的作品の長期的な影響は、神経科学者や心理学者の研究でわかった強力な観察学習の結果である。
テッド・バンディはポルノが犯罪に影響するかどうかの疑問は、このように回答した。
「ただ読んだり見ているだけでは超えられないものがある。
本当に殺そうって思うことがある。」
バンディには、ポルノが暴力的なレイプ殺人に多大に影響したことは間違いない。
だが、ポルノグラフィーがなければ、バンディー殺さなかったか、疑問がある。

ここまで暴力的なメディアの影響について描いていてなんだが、メディアの規制が必ずしも暴力を減らすわけではないと思う。
映画などがなかった時の暴力は更に残酷である。
世界はきれいなだけのものではないのだ。
中国には死刑もあるが、メディアの規制が緩和なフランス、スウェーデン、西欧諸国と、シンガポール、韓国などの規制の激しい国での殺人率はほとんど変わらず、殺人率とメディア規制の程度との因果関係は関係していないと思う。
要するに、メディア規制が必ずしも暴力的殺人を減らすわけではない。

魔女の狩りの時代、ジル・ド・レが男の子の腹を切ってオナニーする時代、ジャック・リッパーが媚婦の子宮を取った時代、現代にあるポルノはない。
世界は決してきれいな時代はなく、これからもないだろう。
犯罪と暴力、虐殺や戦争が世界の姿でというのは残酷な事実で、タイムマシンにでも乗って実際に見なければ、世界の本質を見ることはできない。
政治家の投票稼ぎとピューリタニズムの原理主義の解釈で、間違った結論にあるべきではない。
確かに、ハリウッド映画を含む一般的な作品の中で、芸術的、社会的意義のない暴力や性描写は氾濫し、多くの人々はそれに慣れていないだろう。

しかしながら、今の民主化社会でデスゲームなどの殺人作品は不満足なゴミ作品であると批判することはできるが、包括的に公開、開示を禁止することはできない。
米連邦最高裁判所長官は、「民主主義はいつも歯がゆい」と述べた。
裁判官レンクスティストは、 民主主義の疑問点を許容できず繰り返し保守的かつ慎重な判決をしたことで有名。
米国では、現代の法的秩序を軽視した物ことがしばしば起こって、正義を歪める法制度を生み出す。
それが米国カの特徴でもあって、通信品質法の判断は説得力があった。

メディアが暴力を生む3 様々な暴力作品を見せる実験

多くの研究で観察された影響を平均化したメタ分析は、メディア暴力の影響を総合的に見積もる最良の方法である。
特に注目すべき2つのメタアナリシスは、パイクとコムストック とアンダーソンとブッシュマンのメタアナリシスである。
パイクとコムストックのメタアナリシスは暴力的なテレビと映画に焦点を当ててたが、アンダーソンとブッシュマンのメタアナリシスは暴力的なテレビゲームに集中する。
パイク及びコムストックが見直さ無作為化実験のためにに1957年と1990年の間に公開された217件の研究からの効果の大きさを調べた。
最後に、メディア暴力の暴力と犯罪暴力の関係の平均相関は0.13だった。
アンダーソンとブッシュマンは、暴力的なテレビゲームの影響に関する主要なメタアナリシスを実施した。 この二人のメタアナリシスは、暴力的なテレビゲームの効果の大きさの範囲を明らかにした。

もっと、研究がその方法論の質をコード化したとき、最良の研究は、「最も良くない」研究よりも大きな効果をもたらした。
メタアナリシスで時には平準化されている批判の1つは、「ファイル引き出し効果」に基づいている。
これは、「重要でない」結果を伴う研究が公開されず、メタアナリシスに現れる可能性が低いという事実を指する。
しかし、メタアナリシスの結果を変更するためににどれだけ多くの「ヌル効果」研究が必要かを見積もることで、この問題を修正することができる。
これは上記のメタアナリシスで行われていて、数値は非常に大きいである。
例えば、PaikとComstock [ 18 ]は、メディア暴力と攻撃に対するエクスポージャーとの間に有意な正の関係があるという全体的な結論を変えるためにに、ファイル・ドロワーに50万件を超えるヌル・エフェクトが存在しなければならないことを示した。

メタアナリシスは、研究の内容を要約したものだが、いくつかの重要な特定の研究をより詳細に検討することで、研究の理解を深めることができる。
一般的に、実験では、人々、特に子供や若者を映画やテレビの暴力行為にさらすと、彼らはその後すぐに積極的に行動する可能性が高くなることが示されている。
典型的なパラダイムでは、無作為に選ばれた個人が暴力的または非暴力的な短編映画またはテレビ番組を見せたって、暴力的または非暴力的なテレビゲームをしたりして、彼らが攻撃する機会があると観察される。
子供にとって、これは一般的に、紛争を刺激するかもしれない状況で他の子供と遊ぶことを意味する。
大人にとっては、一般に、勝利には他の人に苦痛を与えるような競技活動に参加することを意味する。
そのような実験では、暴力的な映画のクリップを見たって、暴力的なゲームをする子供は、通常、非暴力を観たり遊んだ人よりも積極的に行動する。

例えば、ジョセフソン(22)は、学校でフロアホッケーの試合をする前に、暴力的または非暴力的な映画を見るためにに、7歳から9歳の男の子396人をランダムに割り当てた。
男の子がどの映画を見たのかわからなかった観察者は、ゲーム中に各男の子が別の男の子を物理的に攻撃した回数を記録した。
物理的な攻撃は、他のプレーヤーを床に当てたって、ひっくり返したって、押したって、ホッケーでペナルティを受けるトリッピング、ひざ掛け、その他の激しい行動を含むように定義された。
いくつかの子供のためにに、レフリーはウォーキートーキーを運んだが、暴力的な映画に登場した特定の合図は、彼らが以前に見た映画の男の子を思い出させることが予想された。
教師から頻繁に攻撃的と評価された男の子にとっては、暴力的な映画を見ることと、映画関連のキューを見ることの組み合わせは、他のどの映画と合図の組み合わせよりも激しい行動を刺激した。
結果は、未就学児に、暴力的なビデオを見せた後に、より頻繁に攻撃的になることが発見され、彼らはより多くの暴力的な映画を見た。

暴力的な映画を見て映画関連のキューを見ることの組み合わせは、他の映画とキューの組み合わせよりも激しい行動を刺激した。
暴力的なテレビゲームの実験では、暴力的または非暴力的なテレビゲームを行ったばかりの男の子の間で、物理的な攻撃(例えば、打撃、押しつけ、抓る、蹴る)を評価した。
暴力的な映画を見ることと、映画関連のキューを見ることの組み合わせは、他の映画とキューの組み合わせよりも激しい行動になった。
暴力的なテレビゲームのランダム化実験では、暴力的または非暴力的なテレビゲームを行ったばかりの男の子の間で、物理的な攻撃(例えば、打撃、押しつけ、つまむ、蹴る)を評価した[ 24 ]。
暴力的なテレビゲームをプレイした人々は、より身体的に積極的だった。
他の無作為な実験では、暴力的なテレビゲームをプレイした大学生を対象にした実験で、性行為で物理的に攻撃的になる傾向が測定されている。

たとえば、バルトロウ&アンダーソンは、暴力的なゲームをした男女の大学生が、非暴力的なテレビゲームをプレイした人と同じくらい高い強度の暴力行為を、同輩に2分30秒以上し続けていたしたことを発見した。要約すると、実験では、暴力的なビデオ、映画、漫画、テレビドラマの視聴、または暴力的なテレビゲームのプレイによって、子どもが積極的に他の人に向かって暴力行為をするリスクが上昇するということが明白に示されている。
このことは、未就学児、小学生、高校生、大学生、大人に当てはまる。
暴力的なビデオを見る人は、非暴力的なビデオを見る人より積極的に行動する傾向があって、暴力をより受け入れやすい。
ゲームメーカーが頻繁に引用した準実験の1つをここで言及する必要がある。
ウィリアムズとスコアーは、大人による協力的オンラインゲームの論文研究の結果を発表した。
この研究では、大人の行動に対して暴力的なゲームをすることには長期的な影響はないと報告した。

しかし、研究の統計力が低く、多数の方法論的脆弱性(バイアスされた試料の自己選択、適切な対照群の欠如、適切な行動尺度の欠如)によって、研究の妥当性が疑わしい。
彼らの自然環境において暴力的なメディアを見たり遊んだりする若者の経験的な研究は、因果関係をテストしないが、実験で示された因果過程が現実世界の暴力行為に重大な影響を与える。
上記のメタアナリシスの議論で報告されているように、有能な調査研究の大部分は、より多くの暴力作品を日々見ている子どもたちが日々積極的に行動することを示した。
この関係は、実験室実験で観察されたものよりも強くないが、それにもかかわらず、社会的に充分有意である。
これらの一回の調査研究を補完する。
メディア暴力の子供時代の鑑賞から、後に思春期と成人時の攻撃的な行動になる相関を示した研究されている。
この研究は、中学生におけるメディア暴力を早期に習慣的見ることが、成人期において1年、3年、10年、15年、および22年後の積極的な攻撃性を予測し、早期攻撃性を制御することを予測した。

メディアが暴力を生む2 ゲームなど暴力作品の影響力

ネットの暴力情報の危険を理解し、子供が危険を理解し回避するのを助け、危険性を誇張しないようにし、できる限り子供を守ろうとするべきである。
ほとんどの研究者は、メディア暴力と攻撃的な行動が何を意味するのかについて明確な概念を持っている。
ほとんどの研究者は、メディア暴力を、見た人を暴力的な性格にする物理的な侵略行為の視覚的描写として定義した。
この定義は、メディア暴力の影響に関する理論が進化し、視聴者により暴力的であると教える可能性が最も高い暴力的なメディアプレゼンテーションの種類を記述しようとする試みを表した。
このタイプの暴力を描写した映画は、75年前に頻繁に現れ、M、マルタのファルコン、シェーン、ダーティ・ハリー、パルプ・フィクション、ナチュラル・ボーン・キラーズ、ビル・ビル等今も頻繁に登場した。
暴力的なテレビ番組は、1950年代にテレビがアメリカの家庭で一般的になった直後に一般的になった。

例えば、Gunsmoke、Miami Vice、CSI、24などである。
ほとんどの研究者に、攻撃的な行動をされる行為を意味することを意図し、他の人を傷つけたり刺激する。
侵略は物理的でも非物理的でもある。
それには、一般的に理解されている暴力(肉体的、物理的)の意味に合わないような多くの種類の行動が含まれる。
侮辱や、有害な噂の広がり(言葉の暴力)は、この定義に適合する。
もちろん、最大の懸念を抱く攻撃的な行動には、深刻な暴力や殺人まで、厳しい状況にある物理的な攻撃が含まれる。

一般的に暴力行為という言葉は、被害者に重大な損害を与える重大な危険性がある、深刻な物理的な攻撃である。
したがって、暴力的メディアの影響は、暴力や攻撃のリスクに影響する多くの潜在的要因の1つとして最もよく見られる。
研究者は、メディアが「暴力行為の原因」であることを示唆した評判の高い研究者はいない。
もっと、メディア暴力が若者の行動にどのように影響するのか、そしてこの問題に対する一貫した対応策を策定するためにには、発達的な視点が不可欠である。
積極的で反社会的行動をするほとんどの若者は、暴力的な大人になることは少ない。
それでも、研究は、積的な子供が、かなりの割合で積極的な成人に成長する可能性が高く、暴力的な大人ははやはり子供の頃も非常に積極的で暴力的だった。

高齢の青年、若年成人、中年の成人でさえも、暴力行為の最も多い原因は、若年時の積極的な暴力行為である。
したがって、幼児に暴力作品を見せるのは、成人の暴力行為の危険因子でもある。
電子メディアにおける暴力が社会への脅威となるという実証的な研究を理解するためにには、なぜ暴力的なメディアが侵略を引き起こすのか、理解することが不可欠である。
実際に、なぜメディアの暴力がそのような脅威であるかを説明する心理学的理論は、現在は十分に確立されている。
もっと、これらの理論は、現実世界での暴力の観察(家族間、同僚間、コミュニティ内)が観察者の積極的な行動を刺激する理由を説明する。

外部の観察された刺激を表す座から脳の神経回路網における活性化を広げる過程が、認知、感情、または行動を表す別の脳節を興奮させる過程をプライミングという。
外的刺激は、本質的に認知に関連した可能性がある。
例えば、銃を見て触ると、銃というものに慣れてしまう。
メディアの暴力も銃と同じだろう。
メディアの暴力を見て覚醒し、短期的に暴力的な性格なる可能性がある。
第1に、感情を刺激する引き続く刺激(例えば、怒りを喚起する挑発)は、メディアによって刺激される。
例えば、暴力的なメディア提示の直後に、そのような刺激を与えるのは、暴力的になることを引き起こす可能性がある。

第3の短期的なプロセス、具体的な行動の模倣は、観察学習のより一般的な長期プロセスのケースとみなすことができる。
近年、人間や霊長類の若者は、観察する者を模倣する、先天性の傾向があるという証拠が蓄積されている。
具体的には、子どもたちは暴力行為を観察し、自身も暴力的になる傾向がある。

子供が長期に渡って暴力作品を見ると、その結果、観察された挙動は観察されてからずっと模倣される。
暴力を広範に観察することは、子供が暴力行為をする可能性を高める。
普通は子供たちがもっと成熟するにつれて、適切な社会的行動がに関する規範的な信念が結晶化し、不適切な社会的行動を制限するためにのフィルターが作用し始める。
これらの規範的な信念は、マスコミで観察されたものを含め、周囲の人々の行動の子供の観察によって部分的に影響され、暴力作品を見て育った子供はフィルターが狂う。

マスメディアの長期的な社会化効果は、マスメディアやテレビゲームが感情に影響を及ぼす方法によってもかなり増加する可能性が高い。
感情的に活性化する暴力ゲームを繰り返しすることによって、そのような感情反応の習慣に慣れることがある。
このプロセスは「脱感作」と呼ばれている。
例えば、ゲームをプレイしたときの増加した心拍数、汗、および不快感の自己報告、繰り返しプレイすることによって、あまり気にならなくなる。

もう一つの理論的な点が重要である。
観察的学習と脱感作は、他の学習プロセスとは独立して起こるものではない。
子供たちは常に一定の条件で行動するように調整され、強化されていて、この学習はメディアのやりとり中に行われる可能性がある。
例えば、暴力的なテレビゲームのプレイヤーは単にオブザーバーではなく、暴力行為の「積極的」な参加者であって、一般的には暴力を使って目標を達成するためにに強化されているために、暴力行為の長期的な増加を刺激する効果は、テレビ、映画、またはインターネットによる暴力の表示よりもテレビゲームの方が好ましい。
同時に、いくつかのテレビゲームは、社会的グループ(例えば、複数人のゲーム)によって一緒に演奏され、個々のゲームがしばしば同輩によって一緒に演奏され得るので、経験的に検討されていないより複雑な社会的調整プロセスが関与した可能性がある。
選択と関与の影響を含むこれらの影響を調べる必要がある。

重要な実証研究
この理論的背景を考えると、メディアの暴力への小児期の曝露が、視聴者の侵略と暴力を刺激する短期的および長期的な影響を有することを示す実証的な研究を検討しよう。
この研究のほとんどはテレビ、映画、テレビゲームで行われているが、上記の理論からは、さまざまなインターネットサイト(ゲームサイト、ビデオ投稿サイト、チャットルームなど)で描写される暴力に対して同じ効果が発生するはず)およびハンドヘルド携帯電話またはコンピュータ上で実行される。
攻撃的な行動に対するメディア暴力の影響に関するほとんどの研究が、これらのメディアにおける暴力的なコンテンツの顕著さと子供の生活におけるこれらのメディアの顕著性を考慮すると、虚偽のテレビや映画やテレビゲームにおける暴力に焦点を当てているという事実は驚くべきことではない。
米国では子供たちがテレビを見て一日3?4時間くらい見て過ごし、そして最高の研究では、プログラムの60%以上が何らかの暴力が含まれていることが示されている、およびそれらの約40%が重い暴力が含まれている。
子供たちはまた、ますます大量の時間をテレビゲームに費やしていて、そのほとんどに暴力が含まれている。
テレビゲームユニットは現在、子供を持つ家庭の83%に存在した。

2004年には、1日49分のビデオを再生し、8-18歳の子供の52%がテレビゲームをプレイしていた。
テレビゲームの使用は、中年期にピークに達し、8?10歳の場合は1日平均65分、15?18歳の場合は1日33分に低下する。
これらのゲームのほとんどは暴力的である。
10代に適切と評価されたゲームの94%が暴力を含んでいると記述されていて、独立した研究者による評価は、実際の割合がもっと高くなる可能性があることを示唆した。
成人向けの「M」と評価されたゲームの暴力を数量化した公表された研究はない。
おそらくこれは暴力的である可能性がもっと高いである。

メディアが暴力を生む 過激なテレビ番組、ゲーム等

殺人などの恐ろしさに耐えることは、現代国家の居住者として当たり前のこと
1993年英国リバプールで、2人の10歳の男の子が2歳の男の子に強烈な暴行をして、その遺体を線路に残したバルガー事件では、チャイルドプレイという映画と犯罪との関係が討論された。
事件担当の裁判官は、それは説明の一部となることを指摘したが、メディア規制について言及しなかった。
米国では、通信品質法(CDA)が1996年に制定され、猥褻な画像やビデオを未成年に見せるとに罰金25万ドル以下、禁固5年未満に処される。
CDA、クリントン大統領も署名して発効するものの、企業や市民が起訴し、強烈な議論になった。
結局、下品の定義は抽象的なものであって、明白な萎縮効果があるとし、最高裁判所はそれが「違憲」であると満場一致で判決を下し、法律は埋葬された。
元FBIのJ.ダグラスは、「幻想のない暴力はない」と彼は言った。
乱暴な殺人犯の動機を促進し形成する暴力的なポルノというのを示し、法的規制の必要性を言及した。

テレビの始まり以来、親、教師、議員、精神保健専門家は、テレビ番組、特に子供への影響を理解したかったのである。
特別な関心事は、暴力の描写、特に 1970年代の社会学習における心理学者アルベール・バンドラの作品と、子供が見たものを模倣する傾向を挙げることだった。
子供番組の暴力的内容に関する15年の結果として、テレビと社会行動に関する科学諮問委員会の科学諮問委員会が、視聴者の態度、価値観、行動に与える暴力の影響を評価するためにに1969年に結成された。
1982年に国立精神保健研究所によって作成された報告書とフォローアップ報告書は、テレビでの暴力行為の主な影響を特定した。
子供は他の人の痛みや苦しみに敏感にならないかもしれない。
子供たちは周囲の世界を更に恐れるかもしれない。

子供たちは、他人に対して攻撃的または有害なやり方で行動する傾向がある。
心理学者のL.ローウェル・フースマンとレナード・エロンらの研究では、1980年代から、小学生時代にテレビで数時間にわたり暴力を経験した子供たちが、10代になったときに積極的な行動を示す傾向が見られた。
これらの参加者を大人にすることで、フースマンとエロンは、8歳の時に多くのテレビ暴力を見た人が、犯罪行為で逮捕され、起訴される可能性が高いことを発見した。
興味深いことに、より暴力的なテレビを若者が見ることを予測しておらず、テレビ視聴は攻撃的な行動の結果の原因となる可能性があることを示唆している。
しかし、心理学者であるダグラス・ジェンティレやブラッド・ブッシュマンによる後の研究では、メディア暴力への暴露は攻撃的行動に寄与するいくつかの要因の1つに過ぎないことを示唆した。
他の研究では、メディア暴力への曝露が人々の現実世界での暴力への感受性を低下させ、一部の人々にとってはメディアでの暴力を楽しむことが楽しくなって、そのようなイメージを見ることから期待される不安な覚醒を引き起こさないことが分かった。

テレビゲーム(ビデオゲーム)の出現は、テレビゲームプレイヤーが単なる視聴者ではなく積極的な参加者であるために、メディア暴力の潜在的影響について新しい疑問を提起した。
青男の子のうち12-17歳の97%が、コンピュータ、Wii、プレイステーション、Xboxなどのコンソール、ニンテンドーDS、スマートフォン、タブレットなどのポータブルデバイスでゲームをプレイしている。
2008年のピューリサーチセンターの調査によると、すべての10代の半分がテレビゲームをしたと報告されている。
また、毎日プレイする人は通常1時間以上そうである。
「Call of Duty」や「Grand Theft Auto」等最も人気のあるテレビゲームの多くは暴力的である。
しかし、テレビゲーム技術は比較的新しいものであるために、テレビゲームの暴力に関する実証研究は他のメディア暴力よりも少ない。

しかし、いくつかの評論では、テレビゲームの暴力への暴露による悪影響が報告されている。
心理学者クレイグA.アンダーソンらの2010年のレビューは、「暴力的なテレビゲームへの暴露は、積極的な行動、積極的な認知、積極的な影響、共感や親社会的行動の減少の原因となる危険因子であることを強く示唆した」と結論付けた。
以前の研究では、暴力的なテレビゲームをすると、研究室の設定と日常生活の両方で、人の積極的な思考、感情、行動を高めることができることが示された。
「暴力的なエンターテイメントメディアに関するこれと他の研究の主な結論は、内容が重要であることです」とアンダーソン氏は言う。
心理学者クリストファー・J.ファーガソンを含む他の研究者は、テレビゲームの暴力が子供に危害を及ぼすという立場に挑戦した。
ファーガソン氏は、2009年のレビューでアンダーソン氏と同様の結果が報告されているが、実験結果は現実的で意味のある効果に変換されていないと主張した。

彼はまた、テレビゲームの暴力に関する研究の多くが精神保健や家庭生活のような他の変数をコントロールすることに失敗したと主張した。
彼の研究は、すでに危険にさらされている子供たちが暴力的なテレビゲームをする可能性が高いことを発見した。
ファーガソン氏によると、ゲームとは対照的に、これらの他の危険要因は、攻撃的で暴力的な行動を引き起こす。
アメリカ心理学会は、2013年にメディア暴力の影響に関する研究の分析を開始し、その地域における政策声明をレビューした。
テレビ、映画、テレビゲーム、携帯電話、そしてインターネット上の暴力にさらされると、視聴者の暴力行為の危険性が増したのは、1960年代初めの調査の証拠が蓄積されて以来、暴力はあの人達が暴力的に行動するリスクを増大させる。
現在のレビューでは、この研究の証拠は批判的に評価されていて、暴力への曝露が短期的かつ長期的に有害な影響をもたらす理由を説明する心理学的理論が詳述されている。

最後に、「メディア暴力の影響」の大きさを、他のよく知られている社会脅威と比較して、脅威の重要性を評価する。
20で私たちの社会環境の著しい変化の一つ目と21世紀には、マスメディアによって、私たちの文化や日常生活の飽和となっている。
この新しい環境では、ラジオ、テレビ、映画、ビデオ、テレビゲーム、携帯電話、コンピュータネットワークが私たちの子供の日常生活の中心的役割を担っている。
より良いか悪いかに関わらず、マスメディアは、私たちの子供の価値観、信念、行動に大きな影響を与えている。
残念なことに、電子マスメディアの特定の共通要素の結果は、子供の幸福に特に悪影響を及ぼする。
過去半世紀に渡って、テレビ、映画、テレビゲームでは、実際の暴力で育った環境の中で育ったときと同じように、暴力行為の危険性が増すように、視聴者の暴力行為の危険性が増している。
これに対応して、近年の若者の携帯電話、電子メール、チャットルームの使用の増加は、若者が暴力的になる可能性のある社会的交流の場を新たに開拓した。
これらの地球規模の電子通信メディアは、それが子供たちに心理的脅威をもたらしたわけではないが、若者を暴力的な情報の脅威から守ることを、以前は経験したことのないまでに遥かに困難にした。

ゲイリー・マイケル・ハイドニク 殺した人を人に食べさせた

ゲイリー・マイケル・ハイドニク(ヘイドニク、ハイドニックとも)(1943年11月22日 - 1999年7月6日)はアメリカの犯罪者で、女性を誘拐した。
FBI基準が連邦殺人犯として分類する「3つ以上の殺人」で、彼はしばしば連鎖殺人犯と呼ばれているが、2人の殺人を犯しただけなので、FBI定義には合致しなかった。
オハイオ州イーストレイクのマイケルとエレン・ハイドニクに生まれ、クリーブランド郊外で育って、9年生の公立高校を脱退し、2年間スタントン陸軍士官学校に通って卒業する。
学校の別の期間の後、彼は脱退して軍に加わった。
ハイドニクは14ヶ月間(1961-62年)軍に派遣された。
彼が27歳のとき、彼の母エレンは自殺した。

ハイドニクは結婚前の妻と出会うためにに婚姻サービスを利用した。
ベティという女性は1985年9月にフィリピンから到着し、1985年10月3日にメリーランド州でハイドニクと結婚した。
彼は3ヶ月後に彼を離れるまで彼女を殴って、強姦した。
1976年に、ハイドニクは家のテナントを撃った後、ピストルを運んだ。
ハイドニクは休暇中に彼のガールフレンドの認知障害のある姉妹を精神病院から連れ出し、1978年に地下室の鍵を掛けた倉庫に閉じ込めた。
ハイドニクは逮捕された。

犯罪は誘拐、強姦、違法拘束、違法拘禁、不随意性の逸脱した性交である。
この事件は1978年11月に裁判にかけられた。
彼は有罪判決を受け、3年から7年の禁固刑を宣告された。
元の文章は上訴で覆され、ハイドニクは1983年4月に国家認可の精神保健プログラムの監督の下に公開される前に精神医療機関で3年間の投獄を行った。
彼の妻ベティが1986年に彼を去った後、ハイドニクは再び逮捕され、暴行、暴発暴行、配偶者レイプ、性的不自由な性交を犯した。
ベティが予備審問に出席しなかったときに、その罪は却下された。

1986年11月にハイドニクは6人の女性を拉致し、フィラデルフィアの彼の家の地下室で彼を抱きしめ、彼の長年の友人デイビッド・ステックと共有した。
捕虜たちは性的虐待を受け、殴られ、拷問された。
女性の1人は、飢餓、過剰拷問、および病熱の組み合わせで死亡した。
ハイドニクは彼女の体を解体し、それをフードプロセッサーで粉砕し、生き残った犠牲者に与えた。
彼は腕と脚を扱うのに問題があったので、冷凍庫に入れて「犬のエサ」とした。
彼はオーブンで彼女を調理し、コンロの鍋で頭を茹でた。

彼は電気ショックを拷問の一種として使用した。
1人の犠牲者が、チェーンに縛られて床に掘られた穴に投げ込まれたときに電撃された(通常は孤立罰の形態として確保されてた)。
ハイドニクはジョセフィーナ・リベラに穴を水で満たすように命じ、その後、家から他の女性の鎖に電流を流すように強制した。
ハイドニクは、女性を個別にまたはグループで拷問し、性的に虐待するだろう。
ジョセフィーナ・リベラは1987年3月24日に脱出した。
彼女はハイドニクに彼女を出させて、別の捕虜を連れ戻すことを約束したが、代わりに彼女は捜査令状を取った当局に直行した。

彼の裁判で、ハイドニクは、女性が入居時にすでに家にいたと主張した。
口座では、税金を避けるために、「神の大臣の連合教会」の名で1500ドルのドルを設定した。
彼の最後の逮捕の時に、彼は自分の銀行と証券会社の口座に55万ドル以上を持っていました。
彼のメリルリンチの財務顧問であるロバート・カークパトリックからの証言は、能力を証明するためにに使われた。
彼の裁判の間、ハイドニクは彼の捕虜の虐待のすべての主張を繰り返し否定し、サンドラ・リンゼイがレズビアンであるためにに他の捕虜たちによって殺されたと主張した。
彼の処刑の前に、ハイドニクは、無実の人の処刑がアメリカの死刑を止めるために、処刑されたかったと主張したと伝えられていると伝えられている。
1988年に2回の殺人事件で有罪判決を受けたハイドニクは、死刑判決を受け、ピッツバーグの州立矯正機関に投獄された。
トマス・ハリスの小説「バッファロー・ビル」にバンディーがモデルのキャラクターが登場する。

アーサー・ショークロス ジェネシー川の連続殺人鬼

アーサー・ショークロス(もしくはショウクロス)(1945年6月6日生まれ)は、ジェネシー川の殺人鬼としても知られているアメリカの連鎖殺人犯。
同氏は、子供を殺害したことで有罪判決が下された後、早急に検挙された後、被害者のほとんどに訴えられ、司法制度の批判につながった。
彼はメイン州で生まれたが、彼は若い頃ニューヨーク州のウォータータウンに引っ越した。
ショウクロスは9年生で学校を中止し、19歳の時に軍隊に入隊した。
彼はベトナム戦争で戦ったが、後で彼は2人の若いベトナム人少女を殺害し、共犯したと告白したが、この主張を支持するものは何もなかった。
ショウクロスはウォータータウンにもう一度住んでいる民間人の生活に戻って4回結婚したが、彼の妻は暴力的で不規則な行動のためにに短時間で彼を離れることができなかった。

4ヵ月後、カレン・アン・ヒルという名前の8歳の少女をレイプし殺した。
これらの犯罪で逮捕されたショウクロスは、両方の殺人事件に対して告白したが、後に検察官との嘆願交渉を得ることができた。
彼は一度目の殺人ではなく、殺人罪でカレン・アン・ヒルを殺害したと訴え、ジェイク・ブレイク殺害の罪は免れた。
この証拠には検察官も同行し、自白した二重児童殺人犯には25年の判決が下された。
ショウクロスは1987年3月に仮釈放されてから15年前に就役した。
結局、彼はニューヨーク州ロチェスターに定住し、クララという女性と一緒に住んでいた。

1988年3月から、ショウクロスはその地域の売春婦を殺害し始め、2年未満で11人の犠牲者を獲得した。
それらのほとんどはジェネシー川の近くにあった。
すべての被害者は、近隣のウェイン郡で殺されたギブソンを除いて、モンロー郡で殺害された。
確かに、ショウクロスは彼の最終的な被害者の体が浮かんでた小川の上の橋の上に彼の車に座り、自慰行為をした。
1990年11月、モンロー郡の10人の殺人事件でショウクロスが逮捕された。
ショウクロスは狂気のためにに有罪ではないと訴えたが、陪審員は彼を正気で罪悪感があると認めた。

数ヶ月後、ショウクロスはウェイン郡に連れられ、ギブソンの殺人を裁くことになった。
今回は狂気を主張するのではなく、彼はただ有罪を訴え、終身刑を言い渡された。
1992年、真の犯罪者であるジョエル・ノリスはこの事件についての本を書いた。
内容は「アーサーショウクロスの自白と彼の恐ろしい犯罪!」といった風情。
有罪判決を受けた連中の殺人犯は、3人の犠牲者の膣を切り裂き、1972年に殺害された男の子の性器を食べたことを自慢した。
いくつかの犯罪学者はこれらの物語を疑っていて、ショウクロスは彼の犯罪を装飾してレポーターと視聴者に印象づけるよう提案した。

矯正サービス広報担当エリック・クリス氏によると、ショウクロス(63)は月曜日にアルバニーメディカルセンターに連れて行きた。
彼の犠牲者の10人はN.Y.モンロー郡出身で、11人がN.Y.ウェイン郡で殺された。
モンロー郡の殺人事件でのショウクロスの3カ月間の裁判は、郡史上最大かつ最も複雑な殺人裁判と見なされた。
訴追のためにに、彼と他の人はショウクロスの全人生を解剖して、精神医学的防衛を試みるように挑戦する用意ができた。
シラグサは、ショウクロスの学校記録を2年生まで追跡し、以前の兵役の記録をすべて蓄積したと述べた。
「裁判がやって来るまでに、彼は知った以上にアーサー ショウクロスについて更に知っただろう」とシラグサは今日言いた。

ショウクロスは彼の裁判で証言しなかったが、陪審員は防衛精神科医のドロシー・ルイス博士の催眠術でインタビューを受けたビデオを見た。
彼は高音域の女性の声を出し入れし、ルイスに、かつては中世のイングランド人の捨て去りの人であったと語った。
時にはグラフィック・ディテールで、彼は子供の頃の姉妹と戦争の残虐行為とベトナムの戦時中の残虐行為との関係を描いた。
彼はルイスに母親の声を聞いて、犠牲者を殺すように言いた。そして彼女は女性を絞め殺したの。
しかし、逮捕された精神科医のパーク・ディエッツ博士とのビデオテープでのインタビューで、ショウクロス氏は決して声を聞いたって、人格が異なったと言いた。
ディエッツはショウクロスが刑務所に送られることを避けるためにに精神病を偽っていると主張した。

陪審員は1990年12月にショウクロスを告訴する前にわずか6時間30分を審議した。
彼は後にウェイン・カウンティー殺人事件で有罪判決を言い渡された。
ショウクロスの犯罪について2つの本が書かれている。
ショウクロスは1972年にウォータータウンで2人の子供を殺して刑務所に服した後、1987年6月29日にロチェスターに来た。
1987年7月13日、ロチェスターの上級仮釈放担当官は、現地の警察当局が「ショウクロス」の存在を「その犯罪の背景についてではなく、コミュニティの存在を知らせるべきだ」と決定すると決めた。
翌日、ロチェスター、ブライトン、アイアンドゥクワイトの警察は、市にショウクロスが定着したと言われた。

1997年7月10日、ショウクロスはサリバン郡矯正施設儀式で彼の長年の恋人、クララ・D・ニールと結婚した。
ニールは1994年に、ショウクロスの前の妻、オットンゴ郡のオオサンタのローズが6月の誕生日に離婚届を送ったと述べた。
ショウクロスは、絵画から利益を得るためにに2年間の拘束を受けた。
2002年の州矯正局は、ショウクロスが年間の受刑者芸術ショーでアートワークを売却することを認めた2001年の批判の後、このショーを廃止し、刑務所で制作された芸術の販売を禁止した。
受刑者は自らの芸術品を購入し、その売り上げの半額は州の犯罪被害者委員会に移した。
ショウクロスは、2001年のショーのためにに蝶と羽ばたき馬のシーンを描いた、ほとんどがミュートされたパステル作品を描きた。

アーサー・ジョン・ショウクロスは、1945年6月6日、メイン州のキタリーにある米海軍の病院で生まれた。彼は2ヶ月前に生まれた。
彼の父、アーサー・ロイショウクロスは軍隊に属するので、ベーシーは、ショウクロスの母親が、ニューヨークのウォータータウンにある姉の姉妹に、アース・スンまで、小さな事実を取り入れることにした。彼の兵役を完了した。
しかし、アーサーは他の多くの子供たちと一緒にいて、6歳でもいつも赤ちゃんのように話をし、慢性的にベッドを濡らし、他の人は感謝しない。
アーサーショウクロスは、彼が頻繁にマスターベーションし、8歳から男性と女性の両方の友達とオーラルセックスをした
彼の性的欲求は人間に限られていないが、彼はまた、動物、特に牛、羊、馬と性交し、鶏を殺したと主張する。
彼はまた、彼が彼女にキュンリンタスを行うようにした彼の "叔母"ティナによってセックスへの彼の開始について語った、これはいつも彼の好きな性的な親密さのタイプだった。

彼が14歳の時に、アーサーは、彼が定期的に彼の姉妹ジーニーと彼のいとこリンダとオーラルセックスをすると主張する。
彼はまた、近くに住んでた少女と別の関係があって、その女の子にオーラルセックスをしながら弟につかまれたと主張する。
アーサーがオーラルセックスをやっていると、兄は恐らく親に告げると脅した。
この時、アーサーの性的欲求は飽くなきものになって、機会が与えられるたびにオーラルセックスを続けた。
しかしアーサーがすぐに彼の勃起がおさまる。
まもなく、アーサーが知った、セックスについて感じたすべての変化が起こった。

彼の恐怖の中でアーサーはオーガズムに到達することができなかったので、怒りの人はアーサーをひどく怒らせ、残酷に彼を酔わせ、彼を彼の家に連れ去った。
・その時点からのショウクロスは、痛みを伴わずにオルガスムに到達することができなかった。
ここ数年の間、アーサーは仕事に行った。
アーサーショウクロスの人生の転換点は、アーサーが軍に徴集され、ベトナムで勤務を開始した1968年。
ベトナムに出荷される直前に、彼は非常に簡単な求愛の後、もう一度リンダ・ニーリーと再び結婚した。
一度戦争の厚さに入ったとき、ショウクロスは彼がコミットした残虐行為のいくつかについて後で言いた。

他の女性と一緒に、彼女は彼女を銃声でレイプして彼女を頭の中で撃ってしまう前に、口のセックスを演じた。
実際には、ベトナムは致命的なアーサーの恐怖とゴアの生き生きとした幻想となった。
彼が必死に必要とした治療法がなければ、アースの精神状態は悪化し始め、リンダとその家族は、魔法以外に何も見なかった宗教への執着をより苛立つようになった。
彼は、13世紀の式典「アリエムス(Ariemes)」の精神が彼の体を抱き、彼を強姦、殺人、および混乱に追いやったと信じてた。
1988年、彼はウォータータウンに住む2人の子どものサディスティックな殺人事件で15年間務めた後、刑務所から解放された。
その頃、アリエムスは彼を抱えて帰ってきて、彼が11人の女性を包み込んで、噛んだ20ヶ月の殺人騒ぎで彼を助けた。
陪審員からの慈悲を受けずに、1991年2月、ニューヨーク州フォールズバーグのサリバン矯正研究所に絵が送られ、250年の判決を言い渡した。

ヘンリー・リー・ルーカス 刑務所で病死した殺人鬼

ヘンリー・リー・ルーカス(1936年8月23日 - 2001年3月13日)はアメリカ人の犯罪者で、殺人罪で有罪判決を受けた。
彼はかつて、研究者ブラッド・シェルディへの手紙の中で「私は連鎖的な殺人者ではない」と断言した。
ルーカスは、約3,000人の殺人事件に関与したと告白した。
1975年中頃の刑務所から1983年中頃までの彼の逮捕までの間に、1日平均約1件の殺人があった。
ルーカスの自白の一部は、法廷執行官や裁判所職員を含む数々の批評家によって不正確であると反論されている。
ルーカスは、最初は警察の拘禁中に貧しい治療法と強制的な尋問を受けたと主張し、彼は生活条件を改善するためににに殺人罪を告白したと主張した。

これは、ルーカスの告発された殺人事件の多くに疑問を呈した。
なぜなら、彼の自白は、しばしば彼の罪のためににに引用された唯一の証拠、特に彼の唯一の死刑判決であった。
アムネスティ・インターナショナルは、「ルーカスが刑を宣告された犯罪で、無実であると主張した元弁護士2人」を報告した。
ルーカスの判決はジョージ・W・ブッシュによって1998年に刑務所での生活に転職され、ルーカスは病気で亡くなった。
ルーカスの死は多くの場合解決の可能性を排除したように見えたが、依然として未解決の問題が数多く残っている。
一部の当局者は、ルーカスが誇張していくつかの完全な嘘を述べる傾向があったことを認める一方で、タスクフォースがいくつかの非常に疑わしい戦術に従事したことを認識してルーカスが多数の未解決殺人事件の実行可能な容疑者であると主張する。

これらの要因にもかかわらず、ルーカスは、テキサス州司法長官の自白の大部分を暴露した後でさえも、世界で最悪の連続殺人犯のひとりである、サラ・L・ノックス氏の言葉で、依然として評判を維持しています。
ルーカスは、共犯者であるオーティス・トゥールと多くの殺人事件を起こしたと言われているが、連発殺人としての評判はルーカスの欺瞞によってほとんど変わらない。
ルーカスは1936年8月23日、バージニア州ブラックスバーグで生まれた。
彼は母親のヴィオラ・ルーカスを暴力的な売春婦として描写した。
彼の父、アンダーソン・ルーカスは、電車事故で足を失い、ヴィオラのへ怒りで息子と同じくらい頻繁に苦しめてた、酒気で元鉄道の従業員だった。
ルーカスは、ヴィオラが定期的に彼と弟を虐めると報告した。

彼は母親に木製の板で頭を叩かれたときに昏睡状態で3日間過ごした。
そして、多くの場合、母親が男性とセックスするのを見るように強制された。
彼が十代の若者であったとき、ルーカスは動物園で動物を獣姦や殺すると主張した。
また軽犯罪の罪で有罪判決を受けた。
ルーカスはまた、兄弟との喧嘩の間に目を傷つけた。
ルーカスは1951年に最初に殺されたと主張し、彼は性的進歩を断った少女を絞め殺した。

彼の自白の大部分と同様に、彼は後でこの主張を取り下げた。
 1954年に、ルーカスはバージニア州リッチモンド周辺のいくつかの強盗罪で有罪判決を受け、6年の禁固刑を宣告された。
1959年後半、ルーカスはミシガン州テカムセに移って、妹のオパールと一緒に暮らした。
ルーカスは、母親がクリスマスのためにににミシガンを訪れたときに結婚するように約束した。
彼女は彼女の息子の約束を否定し、彼はバージニア州に戻ると主張した。
1960年1月12日、ルーカスは母親を殺し、ナイフで刺した。

彼女を殺した後、ルーカスは盗んだ車で逃げてバージニア州に戻って、ミシガンに帰ることにしたが、オハイオ州でミシガン州の令状に逮捕された。
ルーカスは自己防衛のためににだけに母親を攻撃したと主張したが、彼の主張は却下され、二度目の殺人のためにににミシガンで20年から40年の間の禁固刑を宣告された。
パウエルはホームシックになったので、ルーカスは彼女と共にフロリダに移住することに同意した。
ルーカスは、テキサス州ボウイのトラックの停留所で議論し、パウエルはトラック運転手と一緒に出発したと主張した。
シェルディによると、トラック停留所のウェイトレスはルーカスの口座を法廷で支持した。
ルーカスは1983年6月、逮捕された。

彼は後でテキサス州リングゴールドの82歳のケイト・リッチを殺害したと告発され、またパウエルの殺人事件で告発された。
ルーカスは、警察に裸にされ、タバコと寝具を奪われ、冷たいセルに入れ、弁護士に連絡することを許可しなかったと主張した。
この治療の4日後、ルーカスは彼の治療を改善する絶望的な入札で犯罪に告白することを決めたと主張した。
ルーカスは殺人事件を告白したが、犠牲者の身体に警察を連れて行くことができないと主張した。
彼が最終的に弁護を許されたとき、ルーカスの弁護士は、彼のクライアントの扱いを「非人道的」として扱い、「無罪か無罪かにかかわらず、告白を被告に要求するように計算した」と述べた。
木材の燃焼ストーブから回収された単一の骨片は、リッチと言われ、ほとんど完全な骨格はパウエルの年齢と大きさにほぼ一致するが、は、検死官がいずれかの遺骨を積極的に特定するのに止まったと報告した。

彼の主張されている犯罪の大部分と同様に、ルーカスは後で関与を否定するためににだけにこれらの殺人を告白したが、ルーカスが実際にパウエルとリッチを殺したという一般的な合意があるようだ。
ルーカスは罪状を告訴し、公判では約百人もの女性を殺したと述べた。
これは予期せぬ告白であって、ルーカスは後にパウエルが消滅したと疑われることに嫌気がされていると主張した。
「もし私がしなかったものに私が告白されるなら、私はすべてに告白するつもりだった」とルーカスは言った。
これらの主張は速やかに報道陣に押され、テキサスレンジャーズと一緒になったルーカスはすぐに州から州へと飛行し、未解決の殺人事件を解決するためににに様々な警察機関に会いた。
1983年11月、ルーカスはテキサス州ウィリアムソン郡の刑務所に移された。

シェルディは、タスクフォースを「テキサス・レンジャーズの礼儀で、未解決の殺人の真のクリアリングハウス」と表現した。
あの人達は正式に、過去に未解決の213件の殺人事件をルーカスの自白で「クリア」した。
ルーカスが拘禁中や運送中に手錠をかけられたことはほとんどなく、コンピュータドアのセキュリティコードを知っていることを含め、警察署や刑務所を自由に歩き回ることが許されていて、彼は頻繁にレストランやカフェに連れて行った。
男性の未亡人は、最初の自殺判決後に拒否された大きな生命保険の和解を受け、テキサスレンジャーズは、ホリデーインでパーティーを開催し、ドリンクと売春婦に3,000ドルを費やした。
そのような治療は、タスクフォースがルーカスを脅威とみなさなかったことを示すものであることが示唆されている。
テキサスレンジャーのフィル・ライアンは、ルーカスがそのような扱いにとても慣れてきたので、レンジャーズがしばしば従う「注文を指示する」ようになったと報告している。

ライアンはまた、ルーカスの自白の大半の真実を心配し、ルーカスの自白の2つの正確さを確信し、更にヒューストンクロニクルに「私は他の人たちに給与を支払うつもりはない」と述べた。
ライアンが、完全に架空の犯罪を作ったと報告している。
同じヒューストン・クロニクルの記事によると、アーウィンはヒューストンで13人の殺人を告白した後、ルーカスにインタビューしたと報じている。
アーウィンは、「私が数百から数百(自白のこと)でなければならないと聞いたとき、それは私には信じられない」と報告した。
アーウィンは、ライアンのように、完全に架空の犯罪を組み立てたと報告している。
「彼女は想像力から解き放たれた細かい細かい事件を、古くからの殺人事件から製作した。

彼は偽の犯罪とその告白、彼女が彼にドリブルした事実を含んでいる、おそらく陪審が彼を有罪とすることを確信する可能性がある、と彼女は言った "アーウィンは、彼女が犯罪を作るのは不快であると認めたが、ルーカスの信頼性の問題を解決するためににには必要だと感じた。
ルーカス氏は、ダラスで犯したことを自白した犯罪のどれかで起訴されなかった。
同じヒューストン・クロニクルの記ことによると、アーウィンはヒューストンで13人の殺人を告白した後、ルーカスにインタビューしたと報じている。
アーウィンは、「私が数百から数百(自白のこと)でなければならないと聞いたとき、それは私には信じられない」と報告した。
アーウィンは、ライアンが完全に架空の犯罪を組み立てたと報告している。
「彼女は想像力から解き放たれた細かい細かい事件を、古くからの殺人事件から製作した。

彼は偽の犯罪とその告白、彼女が彼にドリブルした事実を含んでいる、おそらく陪審が彼を有罪とすることを確信する可能性がある、と彼女は言った "アーウィンは、彼女が犯罪を作るのは不快であると認めたが、ルーカスの信頼性の問題を解決するためににには必要だと感じた。
ルーカス氏は、ダラスで犯したことを自白した犯罪のどれかで起訴されなかった。
ライアンは、ルーカスが一般的にいくつかの未解決の殺人事件を告白する方法を報告した。
ルーカスは長い間疑問を呈し、時には警察の報告書を読むことも許可されてたために、以前は警察にしか知られていなかった数多くの詳細を学び、インタビューの際に使用することができた。
ルーカスの主張は、徐々に異国的であると批判されてきた。
彼は、「死の手」と呼ばれるカニバリズム的で悪魔的なカルトの、嗅ぎタバコの映画に参加し、ジミー・ホッファを殺し、テキサス州検事総長の事務所は、これらの主張とルーカスタスクフォースの疑問のある調査方法の報告に応じて、1986年に「ルーカス報告」と呼ばれる調査を行った。

ルーカス報告書の大部分は、ルーカスが主張する殺人事件の詳細なタイムラインに捧げられた。
この報告書は、ルーカスの居場所に関する信頼できる、検証可能な情報源とルーカスの主張を比較した。
結果はしばしば彼の自白を矛盾させ、したがって、彼が関与した犯罪のほとんどに疑念を投げかけている。
ルーカスのタスクフォースがルーカスの「自白」に基づいて犯した犯罪の例をいくつか示する。
ルーカスはペンシルベニア州カオリンの会社でルーカスがフルシフトを果たしたことを示す一方、テキサス州スミス郡のリーブスの殺人事件を1977年8月10日に告白した。
ルーカスは1979年3月20日、オクラホマ州タルサのエレイン殺害を告白したが、医療記録によれば、ルーカスはバージニアのブルーフィールド病院に入院する。

アーカンソー州リトルロックの検察官であるクリスは、1981年の強盗殺人事件の中で、「ヘンリー・リー・ルーカスの証言は疑わしく、ルーカスの証言は、証言は「ほぼあらゆる細部において不正確であった」。
最終的に、ルーカスは11件の殺人事件で有罪判決を受けた。
ウィリアムソン郡、テキサス州、ハロウィーン1979年に発見された彼女の唯一の衣服の後で "オレンジソックス"と呼ばれる未確認の女性の殺害のためににに死刑判決を受けた。
ルーカスの告白はオーディオテープとビデオテープに記録され、裁判所は、削除されたセクションが犯罪の詳細についてルーカスに指導することを当局に示唆したと批評家に指摘した。
テキサス州検事総長としてのマットックスの後任であるダン・モラレス氏は、「オレンジソックス」の場合、ルーカスが有罪と判断したことはほとんどないと結論づけた。
当初ルーカスには懐疑的だったが、彼は一般的にその発見を支持した。

ウィリアムソン郡のセシル・カイケンダル検察官は、「オレンジソックス」の容疑者としてルーカスを買収し、ルーカスがフロリダにいた証拠に注目してルーカスの告白を、 「オレンジソックス」が殺された時。
アムネスティ・インターナショナルの報道に引用されているように、「オレンジ・ソックス」が殺され、「仕事記録、現金の証拠をチェックして、ルーカスがどこか他の場所にあることを示す情報はない」とルーカスは犯罪彼は告白し、有罪判決を受けた。
マットックスの事務所は介入しないことにしたので、州控訴裁判所が「オレンジソックス」のケースでルーカスの信念を覆すことになると確信する。
ルーカス氏は、「合法的な自殺」の取り組みで殺人罪を告白し、「ただ死ぬことを望んでた」とシェラダイ氏に語った。
ルーカス氏は、シェルディ氏が「遅れてたときまでに、テキサス当局がどれくらいのことを犯したかを知らなかった」と虚偽の告白をして「深い後悔と悲しみ」と表現した。
ヒューストン・クロニクルの記事では、ルーカスが自らの告白のためににに様々な動機を提示したことも指摘した。

彼の状況を改善し、警察を困らせ、パウエルとリッチを殺したことに対する罪悪感を感じている。
しかし、混乱に加えて、ルーカスは告白をし、それを撤回し、その後より多くの告白を出し、再びそれを取り消す習慣があった。
ルーカスの友であるオーティス・トールは1996年9月に肝硬変で亡くなった。
 1998年、テキサス・ボード・オブ・パーディンとパウロは、ルーカスの死刑判決を終身刑にすることを勧告した。
ブッシュ大統領はこの通告に同意した。
 2001年3月13日、64歳のルーカスは、心不全から刑務所で死亡した。