個人情報 事故の負傷者の安全性は病院が会社や家族に教えてもいい

例外的に許可されている第三者提供だ。
教えてもいい。
病院が被害者の情報や事故の安全に関する情報を家庭の質問に基づいて伝えるのは個人情報保護法で禁止されている第三者に提供するという間違いがある。
法執行後の事故は混乱の原因となっている。

被害者に情報を家族に提供することにより、家族は身体の安全を確保するために適切な措置を講じることができ、法律はそのような規定を禁止しない。
具体的には、「人間の命、身体または財産の保護のために必要な場合は、「本人の同意を得ることが困難な場合」には事故に病院にいる場合は第三者に個人情報を提供することが認められており、実際に重症の者に毎回「個人情報を教えてもいいですか?」と聞くことはとんでもなく困難であり、場合によっては、そのようなコミュニケーションもできない可能性がある。
したがって、患者自身にとっては、個人情報を制御するよりも多くの医療処置、治療をするべきである。
被害者が死んだり身体が傷ついたりしないように、個人情報は必要不可欠かつ合理的な使用目的な場合、個人情報を提供でき、このルールは家族以外に提供することもできる。

情報を提供し、患者の保護につながるおおよその関連組織は、メディア、地方庁舎、務めている会社、友達の等の知り合いの場合でも同様だ。
怪我といっても軽傷の場合があり、患者から同意を得ることがに可能なときも、
律儀にに法律を適用する必要はなく、必要な程度なまでの情報の開示、提供をしても、結果として予期しない使用や悪用されるリスクはないとはいえず、信頼できるパートナー情報が提供するが、それは裏切られるかもしれない。
なので、提供する際の使用目的を厳格にチェックして、必要に応じて質疑書などを書き、目的以外で使用されないように注意する必要があるかもしれない。

個人情報 ファックスと情報漏えいの危険性

情報漏洩のリスクは、どんな情報交換の手段によっても常に存在する。
安全性を確保するためのルールを決め、ルールに従って使用する必要がある。
ファックスの宛先番号が間違っているため、外部に情報が漏洩する事件が頻繁に発生することは事実である。
メールの場合、多くの場合、アドレスを誤るとメールが到達しないが、番号が多少異なっても、別のところに届くファックスは情報が漏れる危険性が高いが、ファックスの使用を禁止して業務が遅れるのは本末転倒だ。

情報の内容からメールよりもファックスが適している際や、ファックスのほうがPCよりも多く、十分なPCの配備がない場合もあるはずで、間違った場所ににファクスを送信するのは、個人情報保護法に基づき、本人が同意しない第三者であり、内容から個人を特定することが可能な場合、それは大問題である。
ミスに気付いた場合、間違ってファックスを届けた相手に連絡し、送ったFAX紙を処分するよう依頼すべきである。
この場合はファックス番号しか知ることができないので、電話をかけることができず、それ以上の被害を防ぐことは困難である。
一度送信するとキャンセルできないので、ファックスで渡すものとそうでないものを分けるべきだろう。
機密情報が書かれている紙は、封筒に手紙を入れてポストに入れて渡したり、それを暗号メールで渡すべきである。

また、ファックスで渡すときもそうでないときも、名刺や名簿番号をつけて読み上げチェックし、送信者小切手以外の他の人と一緒にファックス番号を送信する前にチェックしてもらい、短縮番号を使用しないなどの規則を入れる方法などが適切である。
誤送信自体に気付かない場合もあるので、送信記録を確実に保持して確認することも重要である。
ちなみに、ファックスが複数の人に共通して使う場合もよくあるので、個人情報ではなく機密情報の漏洩が懸念される場合は、無関係の人に送ってしまうことを避けるために、送る前に相手に電話をし、ファックスの前で待ってもらうことも有効だ。 

個人情報 試験の答案用紙の公表

公表要求に応じる必要がある。
教師の評価コメントを除外するなどの工夫をすれば、問題なく公表することができる。
試験の答案用紙を返差なくていい実力試験のようなテストで自分で用紙を見せてほしいと言われた際は、教師は公表に対応する必要がある。
試験用紙の束は、出席番号の順に学生の名前が並んで編成され、
「個人情報データベース等」の構成情報である。個人情報保護法の公表が義務付けられている。

しかし、採点する基準は公表されておらず、テストに書かれたコメントや学生、生徒に知られていると公表を受けた学生のみが評価基準を知ることができるなど、学校の公平なテストを行う上での不便さが生まれたり、答案用紙にクラス内のランキングがリストしてあり、学校がランキングを公表しないで教育する方針をとった場合、時には不都合が生じることがある。
そこで、評価情報を公開することにより、学校の業務の適正な実施を著しく阻害するリスクがある場合、評価情報は公開しなくていいと考えられる。
したがって、本人の試験の内容のみを好評すればよい。
学泉本人が適正な評価を受けているか確認するために公表請求するというのが普通であると言えるが、試験の内容だけがあれば、正解や説明と比較し目的を達成できるので、本人が不利益になる可能性はないだろう。
法律は要求には応じるのが基本なので、評価の情報が混在していても、それだけの理由で公表を断るのではなく、可能な限り対応する必要がある。

上記のシーンに加えて、テストの良い例悪い例として養子を公表するのであれば、答えた学生の名前は非公開で、内容だけを公表すれば、答えたのが誰かであるかを特定することができないので個人情報の保護の問題は生じない。
学校で、特にクラス内の授業に関係して、学生の情報、学生の成績の扱いには、個人情報保護法が適用されないと言える。
学校、大学のような教育環境は、そこそのものが教育研究の共同体であり、校内の情報の交換は外部からの情報提供ではないため、個人情報の移動の問題は生じず、個人情報保護法の対象外と言える。
教員や他の学生がコミュニティ内で個人情報を共有すべきである。
むしろ、この情報共有をより強く進めるべきだ。

ビジネス法である個人情報を学校に持ち込むことはよくない。
このような観点から、本人や保護者や親族に、学生の成績と情報を、公表することや教育目的で他の学生等に紹介するのも、がプライバシーの問題として学校政策として決定されると思う。
このような教育を追求する場合は、個人情報をある程度制限した上で公開するべきである。
成長段階では、プライバシーを尊重し、公表の程度を制限し、プライバシーを尊重するなど、成長の程度によってコントロールすることは必要である。
そのような管理は、教育の一環として学校によって決めるものであり、外部の法律は関係ない。

個人情報 あなたが他人に受け取った名刺を見せてもいい

あなたが名刺を受け取った理由を考慮し、これに従って使用することは問題ない。
名刺に書かれたデータは、それが会社員として情報だが、それ以外に個人の名前、勤務先の名前、電話番号、電子メールアドレスがあり、個人情報に相当する。
なので、法律を適用する場合、名刺を手に入れたら、通常なら相手に使用目的を知らせる必要がある。
だが、何の理由もなく名刺を受け取るのは普通ではありえない。

たとえあなたが相手と対面したときにもらっても、渡した相手は、仕事上の取引を始める場合や、引き回しと頼む場合、連絡が必要な場合など、ビジネス活動の発展に有利な使い方をしてほしいと考えているだろう。
このような多目的な目的があることは、名刺の取得状況から考えても明白なので通知の必要性がなく、受け取った後の使用目的を明確にすることが求められるとは考えにくい。
名刺の受領は、所属する会社の社員として行われるので、同じ会社の人や、事業活動に協力している企業の人々に名刺を渡すことは、事前に予測できる使用方法だと思われる。
ただし、事業とは無関係の目的で使用する場合や、予期しない第三者に渡すことはよくないことである。

また、あなたが人から紹介される際、紹介者の名刺を携帯して紹介先を訪れる際は、紹介先に名刺を渡す普通に考えられる行為であり、貰った状況から想定できる明確な使用方法として許可されている。
ちなみに、ビジネスではなく個人的な関係で挨拶のために渡す名刺は、ビジネス目的で名刺を使用していないため、個人情報保護法の対象ではない。

性的サディストの恐怖10 歴史と犯罪者とのインタビュー

過去400年にわたる様々な犯罪者、文学者、政治家の人物は、18世紀の貴族、自由人、作家はサディストであったとされる。フォン・クラフト・エビングとStekel 22は、臨床的な観点からの性的サディズムを記述するための最初のメンタルヘルスの専門家だった。
後の研究者の努力のほとんどは、簡単にアクセスできる集団から引き出された特定の個人の例を調べるに焦点を当てている。

性的サディズムの分析構築は、 「マスタリングと絶対に無防備な人物を保有するが...サディズムの一部である」とフォン・クラフト・エビングの論文を強調してきた。
このフォーカスを補完するものとして、他の分析としてサディズムの彼の定義を引用している 、残酷の行為によって生成(オーガズムを含む)、性的、楽しい感覚の経験身体罰が1の人に苦しむか、他の人が目撃したときに、彼らも動物または人間。それはまた、自分自身に性的興奮を創造するために、屈辱的、傷つけ、傷つけ、または他の人を破壊するための生来の欲望から成ってもよい。
SVP評価に関連する性的サディズムに関する出版された研究は、サディスティックな行動、診断の蔓延と信頼性に関連する犯罪現場の行動、幻想、および動機を文書化している。

性的サディズムの推定値は、一般に、データが収集される場所とその設定の診断者の慣行と嗜好に応じて異なる。
例えば、米国の外来診療所への約5億回の訪問を分析しても、性的倒錯者の訪問は報告されていない。
性的サディズムを治すために病院に来た人は6%。
これはすべてのパラフィリアの人々の中で最も頻繁に起こった診断であった。約2,000の性犯罪者の中で他の性的倒錯者より僅かに高かった。
被害者を殺害したり重度に襲撃した後に入院または投獄された犯罪者では、実質的により高い(10%から81%)と報告されている。
48人のこの小グループのメンバーは、それらの閉じ込めの長期的な性質のため、しかし、SVPの請願の対象となりそうにない。
DSM-IIIRは、すべての強姦者の10%未満が性的サディズムに従事していると述べている。
診断の確実性は、障害の罹患率およびその同定に用いられる基準の正確さの関数である。
良好な診断信頼性係数を報告したいくつかの研究者は、性犯罪者の症例履歴のセットを評価者に提示し、それらがサディストまたは非サディストのいずれかと特定されるよう求めた。
しかし、サディストの非現実的に高い割合を含め、評価者は2つの診断オプションから選択する必要があった。
このような手順は、膨張した信頼係数を生成する。
16人の他の研究者らは、貧しい診断合意を発見した。
まとめると、性的サディズムに関する有病率および信頼性の研究は、この障害を特定するために非常に厳しい診断基準を使用していない診断者がエラーの対象となることを示している。

性的サディストは、その場の空気を支配する技術に長けている。
したがって、面接を実施する前に責任感の強い医師が十分に準備されていなければならない。
調査官は容疑者を親密に知り、彼の長所と短所を認識しなければならない。
主な容疑者の早期のインタビューはしばしば失敗する。

彼らの洗練さにもかかわらず、性的・サディストは彼らの権利についてアドバイスされた後でさえ、インタビューを受けることに同意する可能性が高い。
これらの犯罪者は、しばしば誇張された自己イメージを持ち、知的には警察よりも優れていると考える。
彼らは自分自身について有害な情報を漏らす危険はないと信じている。
もっと重要なことに、彼らはインタビュー中に提供するよりも役員からより多くの情報を学ぶことを期待している。
尋ねられた質問から、彼らは調査官がどれだけ知っているか、そして調査の現状を判断することを望む。

面接官は、刑事司法状態以上であることが望ましい。
好ましくは容疑者よりも年上で、体格、性格、知性において彼より優れていなければならない。
インタビュアーは自信を持って、リラックスして、少なくとも容疑者と同じくらい穏やかでなければならない。
犯罪や容疑者に対する個人的な気持ちを抑えなければならない。
インタビュアーは、被疑者と「友人」になろうとしてはならない。
これは、彼がインタビュアーの尊敬を失い、会話を操作する機会を彼に与えるからである。
代わりに、インタビューは正式で専門的な方法で実施されるべきである。

注目をあびることを喜ぶこれらの犯罪者は注意を払うので、インタビュアーは、疲れるほどの長時間のインタビューの覚悟をすべきである。
質問は事前に検討し順番を決めないと、犯行者が「いいえ」という解凍を連発し、質問の行を回避することがある。
そのようなことができないように構成されていなければならない。

例えば、容疑者に女性を拷問するのが好きかどうか尋ねるのではなく、女性を拷問するための彼の好きな道具を彼に尋ねることが望ましい。
このように質問をすることは、面接者の知識を反映し、追加情報を被疑者に提供せず、被験者による開示の不正を容易にする可能性がある。

とりわけ、インタビュアーは怒ってははならない。
おそらく、彼は恐らく、インタビュアーにショックや敵対を試みようとし、インタビュアーが感情的になれば、容疑者は大きな勝利を収めるだろう。

性的サディストの恐怖9 サディストとサイコパス2

サイコパスは刑罰に対する抵抗で有名である。
彼らの恐怖の欠如は、肉体的な痛みや害を心配しないことを意味し、他の人の気持ちに対する心配がないということは、社会的懲罰も機能しないことを意味する。
人を傷つけたり、失望させたり、拒絶反応に悩まされたりしても気にせず恥を感じることはない。
その結果、その感情を避けるよう動機づけられない。

サイコパスはいつ始まるか?
すべてのタイプの反社会的行動の根源は、遺伝的素因が育成と相互作用する(典型的には、そうでない場合には、発達を形作る)幼児期に置かれているようである。

そのような子供は訓練が難しく、自制心が損なわれている。
反社会的行動は、幼児期の障害(CD)と名づけられ、反抗的かつ時には残酷な行動をする特徴がある。

しかし、CDを持つ大部分の子供は成長してサイコパスにはならない。
彼らはASPDになることさえない。
しかし、小グループでは、他の人たちに対する恐れや関心が早期に不足していることがはるかに問題になっている。
これらの子供たちは、有害/無神経の特徴を有すると特徴づけられ、サイコパスになるための最大の危険にさらされる。

性的サディズムはまた、発達初期のルーツを持っているようである。
「私が予測することは、この種の行動は幼児期の非常に早く発生するということである。
赤ちゃんの治療方法や虐待方法は、喜びと痛みの感情の経路の開発に長期的な影響を及ぼすかもしれない」とデセティ氏は述べている。

「介護者の子供が痛みを訴えていて、あなたもその人を愛しているなら、痛みが楽になるという、変な関係ができる」とデセティ氏は言う。
「認識することが重要なことは、痛みの進行に関与する脳内の経路と、快楽に関わる経路が関連していることである。
それらはある程度繰り返されなければならない。
そのため、脳の成長中に何かがうまくいかないときに混ざると、子供は性的サディストになってしまうかもしれない」

サイコパスを治すことができるか?
大人のサイコパスは罰の苦痛を恐れず、同様に、社会的な苦痛にも悩まされない。
CDの特性を有する子供は同じであり、その結果、管理が非常に困難である。
単純な行動障害は、反社会的傾向があり暴力的または混沌とした家庭で育てられていることから生じることがある。
そのため、有害/無感覚の形質を持つCDはしばしばその状況を改善することによって助けられることがある。

「行為障害の治療プログラムは非常に優れているが、悪意のある/無神経なサイコパスなどには反応しない」とブラックウッド氏は言う。
サイコパスはASPDを持つ成人よりも改革するのがずっと難しい。

彼らは罰にを恐れないので、報酬を与える、飴と鞭の飴を使う治療は、CDの子供には最も効果的である。
「神経科学が私たちに語っていることについて私たちはよく聞かなければならない」とデセティ氏は言う。

その結果、ブラックウッドしと他の大部分の専門家は、熱心な大人の反社会的人格と冷血性精神病との違いや、子供、普通行動障害のある人などの研究を始めた。

「DSM-5(DSMの保留中の更新版)では、有害/無感覚の形質があるかどうかにかかわらずCDの特徴があることは合理的にはっきりしているが、成人には同等のものはない。
それでもASPDとしてまとまっている。
これらのグループを研究することは重要だと思う」とブラックウッド氏は言う。
これらの子供を潜在的なサイコパスとして扱うこと自体が、彼の未来に深刻な悪影響を及ぼす可能性があることを考えると、これは特に重要になる。

もちろん、これらの分類は、なぜ、ある人がサイコパスになるのか、もう1人が反社会的になるのか、何人かのサディストがマゾヒズムの性格を発達させる理由については何も言いない。
デセティ氏の研究には、性犯罪者ではないサディストは含まれていないが、やはり今後は彼らの違いを研究したいと考えている。
研究者はまた、CDの特徴で特定された子供の生活経過を研究している。
これらの特性を習得したり伸ばしたりするのに精通病になるグループと何が違っているのかを知ることで、最悪の犯罪行為を防ぐことができる。

そしておそらく、ハンニバル・レクターのような最も恐ろしいフィクションはもはや現実世界のインスピレーションを伴わなくなる。

性的サディストの恐怖8 サディストとサイコパス1

ハリウッド映画に登場する典型的な連続殺人犯は、サディストの喜びと他者の痛みから集められたエロチックな喜びと、サイコパスの特性 - 冷静な計算、共感の欠如、操作の楽しさ - を兼ね備えている。
しかし、実際には、これらの形質はかなり異なるかもしれない。
「映画には、ハンニバル・レクター(Hannibal Lecter)のようなキャラクターがいるが、現実にも同じような人間がいるかはわからない」とデセティ(decety)氏は言う。

デセティ氏と彼の同僚は最近、15人の暴力的な性的犯罪者の脳スキャン研究を発表し、そのうち8人は性的悲劇性的倒錯に分類された。
この研究では、サディズムに固有の脳の違いを見つけるために意図的にサイコパスを除外した。

参加者に痛ましい画像を見せる実験を行った。
たとえば、人の手をテーブルの角やハサミで刺すような写真、他人を殴ったり蹴ったりする画像。

残酷な写真を見ると、サディストは、他の性的犯罪者と比較して強い感情に関連する脳領域である扁桃体においてより大きな活性化を示した。
さらに、サディストは、被害者が経験した痛みに強い関心があると評した。
そして、サディストが痛みを感じていたほど、自分自身の感情や身体の状態を監視することに関与する脳の別の脳領域での活性化が大きくなる。

「嫌なこと、痛み、快感、オルガズムなど、その人の感情を意識させるのに重要な役割を果たする」とデセティ氏は言う。

デセティ氏の調査によると、サディストは、被害者が感じていることに特に同調しているように見える。
実際、彼らはそれを代々体験し、それによって喚起される。
一方、サイコパスは、他者の感情に無関心である傾向がある。
あなたがサイコパスで暮らしていて、あなたに不愉快に感じても、おそらく彼にとっては何も思うことはない。
彼はあなたがどう感じても何も感じないので、心が動かされず気にもならない。
「サディストは感じます。
彼らは被害者が苦しんでいることを理解している」

サイコパスの連続殺人犯は、大衆を引きつける魅力の源を持っている。
ハンニバル・レクターのような殺人鬼がつ登場する、ベストセラーの小説、ヒットTVシリーズ、人気映画は存在するが、現実のハンニバル・レクターは存在しないと思われる。

サイコパスサイコパスの男女の割合は圧倒的に男性だ ・他の異常な性格もある。
シカゴ大学の心理学と精神医学ジャン・デセティ教授が率いる最近の研究では、研究者はしばしば精神病と混同されている性的特性、すなわち性的サディズムを見ている。

5人のアメリカ人成人のうち1人が精神保健薬を服用するらしい。

心理カウンセリングと反社会的性格障害心理学の脳の働きを解明することを目的とした別の新しい研究では、キングスカレッジロンドンの研究者は、基本的にサイコパスをASPDの最も極端なタイプとみなしているが、研究はそれらが別個であることを示唆している。
筆頭著者のナイジェル・ブラックウッドは、「誰もASPDと精神病の人を対照にして、脳画像検査を行ったことはなかった。」

ブラックウッド氏はASPDを持つ人をこのように記述している。
「彼らは衝動的で、熱心である。
彼らは、とんでもない被害妄想を患っており、状況を解決するために暴力事件を起こすことがある。」

「いったん暴力が完了すれば、ある程度の後悔を経験するかもしれない。
彼らは罪悪感を感じるかもしれない。
彼らは多くの不安[障害]とうつ病と物質の誤用をたくさん持っている。
対照的に、サイコパスは同様に暴力的で攻撃的であり、頻繁に薬物を服用する可能性があるが、彼らは無邪気であり、冷静に攻撃を計画している。 後悔や罪悪感もない。

もう一つの違いはASPDとサイコパスの両方が小児期に虐待を経験する傾向があるが、ASPD患者とは異なり、サイコパスは外傷後ストレス障害の症状を有していない。
サイコパスはほとんど不安がなく、事実上恐怖はない。」

脳スキャン研究では、サイコパスのはASPD患者と比較して、前頭前野(arPFC)と側頭極(temporal pole)と呼ばれる領域でサイコパスの体積が減少していることが判明した。
これらの領域は、自分自身の思考や感情、他の人の心を理解するために重要である。

ブラックウッド氏は、「どちらの分野も、自分や他の人々が自分の意思、感情的な状態、欲望などを考え出すプロセスに関わっている。
精神病者は、他人が思考していることや人を操作できるように感じる感覚を明らかに必要としているが、この部分が衰えていると自分の犠牲者の感情や無関心を説明できない。」

デセティ氏は、サイコパスとそうでない人の前頭前野、腹側前頭前野、vmPFCの違いを示していた。
「前頭前野は、感情と認知を組み合わせて意思決定を行うために使用されている」と、デセティ氏は脳の損傷を持つ人々が病理学的なギャンブラーになることや、繰り返し悪い選択をする可能性があることを指摘している。

性的サディストの恐怖7 虐待の調査と犯人の精神ケア

性的にサディスティックな犯罪者は、うまく計画され、慎重に犯された犯罪を犯す。
彼らの犯罪は反復的で重大で衝撃的であり、検出を防ぐために特別な措置を取る。
これらの人が傷つける害は非常に壊滅的であり、その技法は非常に洗練されており、逮捕しようとする者は珍しい洞察力、豊富な知識、洗練された捜査資源で武装しなければならない。

性的虐待の調査

法執行団体の懸念は、有害な敵である可能性のある犯罪性の性的サディストに依拠している。
セクシーなサディストは狡猾であり、欺瞞で達成される。
彼は自分の行動を合理化し、後悔や罪悪感を感じず、同情によって動かされない。
彼は一般的に社会や法執行機関よりも優れていると自負している。
そして、彼は警察に関係する権力と権威を羨ましがっているが、彼はそれを尊重していない。

性的犯罪の容疑者に関する貴重な情報源は、元配偶者またはガールフレンドである。
以前に述べたように、性的サディストはパートナーを強制的に犠牲にすることがある。
しかし、関係する性行為の恥ずかしい性質のため、これらの個人はしばしば情報を漏らすことに抵抗している。

犯罪者は証拠と犯罪用道具を犯しているので、これらのアイテムは捜索令状の申請書に記載されるべきである。
これには、記録と記念碑、写真機器、テープレコーダー、逆電話帳、武器、または苦痛を引き出すために使用されるその他の器具が含まれる。
ポルノ、探偵と傭兵の雑誌、奴隷の道具、女性の下着、性的器具は性的なサディストによって一般的に収集される他の材料である。

性的サディストのメンタルケア
行動療法は、しばしば、性的倒錯を治療するために使用される。
この治療法には、覚醒パターンとマスターベーションの管理と調整が含まれる。
認知再構成や社会的技能訓練を含む治療法もしばしば利用されている。

薬物療法は、性的倒錯に関する幻想や行動を減らすために使用されることがある。
この治療法は、特に他人にサディスティックな行動を示す危険な人におすすめだ。
使用することができる薬物には、女性ホルモン(最も一般的には酢酸メドロキシプロゲステロンまたはMPA)が含まれ、これは血中からテストステロンのクリアランスを速める。
身体のテストステロン摂取を阻止する抗アンドロゲン剤、選択的セロトニン 再取り込み阻害剤、またはSSRIである。

無意識的なサディスティックな行動は、しばしば刑事司法制度の問題につながる。
法的問題に関連する問題は、患者の治療を損なうか遅らせる可能性がある。
性的なサディズムを持つ人は、警察に報告されることを恐れたり、不本意なパートナーが訴訟を起こしたりする恐れがあるため、治療を求めたり治療を続けることを嫌うかもしれない。

性的サディズムの治療は、性行為に関連する健康上の問題によって複雑になることもある。
サディスティックな行動が血液や他の体液の放出を伴う場合、特に性感染症やその他の医学的問題が存在する可能性がある。


性的サディズムの慢性的経過とその原因の不確実性のために、治療はしばしば困難だ。
多くのサディスティックな妄想が社会的に容認できない、または珍しいという事実は、その障害を患うかもしれない多くの人々を避け、治療から脱落することを導く。
性的倒錯の治療は多くのメンタルヘルスの専門家にとって敏感な対象だ。
重度または困難な性的サディズムの症例は、性的障害の治療またはそのような症例の治療経験を有する専門家のために専門の診療所に紹介されるべきである。

これまでに指摘したように、性的サディズムの行為は時間とともに暴力的または奇妙なものになる傾向がある。
しかし、男性の年齢が上がるにつれて、そのような行為を行う能力は低下し始める。
性的サディズムは、50歳以上の男性ではめったに診断されない。

防止
サードマソシズムの行動が正常な実験の範囲内にあるのか、性的サディズムの診断を示すのかは不明なので、予防は難しい問題だ。
しばしば予防とは、サディスティックな行動を管理することで、同意していない個人を決して伴わず、主に痛みのシミュレーションであり、本当の痛みではない。

また、小児期または青年期に起きる想像力や衝動が成人期のサドマモスーシス行動の基盤を形成する可能性があるため、予防が困難になる。
人々は彼らの衝動を漏らして、彼らのサディスティックな空想を議論することを非常に気にしないかもしれない。

サイコパスと性的サディスト
精神病性人格障害(サイコパス)と性的サディズムは、他人の苦しみからの感情的な分離や痛みや怪我を負う準備などいくつかの共通の特徴がある。
100人の男性法医学的患者のサンプル(それらのすべてがサディスティックな性犯罪者)に基づいて、統一された構築物としてのサイコパスと性的サディズムの概念が経験的にテストされた。
精神病性および性的にサディスティックな障害の関係は、高い関連性を生じたことを示した。
この2つの要因は、精神病と性的サディズムを別々の潜在変数として特定した。
より具体的には、データは、情動障害および行動障害の精神病領域が性的にサディスティックな行動の前兆である経路モデルと両立していた。

性的サディストの恐怖6 犯罪者の人口統計と犯行の特徴

サディスティックな性的妄想は、しばしば人の幼児期に始まるが、活発な性的サディズムの発症は、典型的には成人初期の生涯に起こる。
実際のサディスティックな行動が始まると、この障害を持つ人々のために慢性的な経過をたどることがよくある。

普通のSMのように同意するパートナーがいる性的サディズムは、非同意パートナーと比べてはるかに一般的だ。
同意するパートナーが関与する場合、サディストは男性または女性のどちらの可能性もある。
無関係のものを虐待するサディストはほとんど常に男性だ。

合意パートナーを含むサドマゾヒズムは、米国では珍しいとは考えられていない。
それはしばしば精神障害の領域外で発生する。

診断
性的なサディズムの診断は、障害を持つほとんどの人が自発的に療法に入るという事実から始まるいくつかの要因によって複雑になる。
いくつかは裁判所の命令で扱われる。
雇用者や家族の発見の恐れや、妻や女の子の友人がこの障害に悩まされているため、少数者が治療を開始する人がいる。
性的サディズムの診断は、精神科医の患者へのインタビューの結果に基づいている 。
場合によっては、性的なサディズムを持つ人は、性的障害の治療のために専門の診療所に紹介されることがある。
診療所では、レイプやその他の拷問に関する認知の歪みの存在と程度を測定するためのアンケートを受ける。

性的サディズムの DSM-IV-TR 基準には、他の人が心理的または肉体的苦痛、痛みおよび屈辱に苦しんでいる実際の行為に関連する強烈な性的幻想、衝動、または行動が含まれる。
犠牲者の苦しみ、痛み、屈辱により興奮する。
空想、衝動、行動は、少なくとも6ヶ月間存在するとされる。

診断基準は、これらの衝動や妄想のために苦痛または対人関係の問題を経験したことを必要とする。

性的サディズムは、正常な性的興奮、行動とは区別される。

精神病性障害のような他の精神障害には、サディズムまたは他の性的倒錯の要素が含まれ得る。
例えば、精神病の症状を有する患者は、性的興奮以外の理由でサディズム的行為を行うことがある。
これらの場合、性的サディズムとは診断されないことがある。

性的サディズムと診断された人は、他の性的障害または性的倒錯を有することがある。
いくつかの個人、特に男性は、性的サディズムと性的マゾヒズムの両方の診断を受けている。

犯罪の特徴

性的なサディストの犯罪を慎重に計画しており、犯罪にかなりの時間と労力を費やしている。
多くは、狡猾で組織的な計画を立証している。
犠牲者の誘拐、装備の選択と準備、そしてどうやっていじめようかという計画は、細部への細心の注意を反映する。

犯罪者の圧倒的多数は、最初に犠牲者と連絡を取るための口実または文章を使用した。
性的サディストは、援助を要請したり、警察官のふりをしたり、機密広告に応えたり、孤立した不動産屋に出向いたりして被害者の信頼を得る。

ほとんどの場合、犠牲者は逃げや救助を求めることがほとんどできない、事前に選ばれた場所に連れてこられた。
そのような場所には、犯罪者の住居、人気の少ない森林、犠牲者を捕獲するように設計された緻密な施設などが含まれていた。

事例:白人男性が就職前の人の間で薬物乱用に関するドキュメンタリーを撮影していたと報じた。
彼は代理店から2人の若い女の子を雇うための手配をした。
彼はトレーラーに女性を閉じ込めた。
そこには防音のためのベッドとマットレスがあった。
彼は両方の女性を殺してゴミ袋に入れた。


犯行者の23人(77%)は、犠牲者に対して性的拘束を使用し、縛り上げた。
18人(60%)が24時間以上拘束していた。

最も一般的な性行為は、肛門レイプ(22人の犯行者)であり、強制的な褥瘡、膣姦、および異物侵入の頻度で追跡された。
男性の3分の2は、この4人の行為の少なくとも3人に被害者を服従させた。

犯行者の60%が犠牲者を殴った。
22人の男性が合計187人の犠牲者を殺害した。
17人が3人以上の人を殺した。
彼らが殺された様子は様々だった。

事例:2人の男性は、一連の被害者を殺すためにさまざまな方法を使用していた。
1人の犠牲者がレイプされながら絞殺された。
頸部に腐食性物質を流し込み、感電させ、オーブンで焼き殺した。
3人目の犠牲者が銃で撃たれた。
30人の男性のうち29人が白人だけを選んだ。
犠牲者の83%は犯罪者の見知らぬ人であった。
大部分の男性が女性の犠牲者を選んだが、4分の1は男性だけを攻撃した。
男性の16%が犠牲者を襲い、26%は子供と大人の両方を攻撃した。

犯罪の証拠

これらの犯罪者は、豊富な有罪証拠を保持していた。
調査の犯行者の半数以上は、犯罪のカレンダー、地図、日記、図面、手紙、写本、写真、オーディオテープ、ビデオテープ、メディア勘定などの犯罪の記録を保管していた。
ほとんどの場合、これらの秘密の財産は、家庭、オフィス、または車両のいずれかに隠されていたか、賃貸用の貯蔵スペースに保管されていたか、コンテナに埋まっていた。

男性の40%が犠牲者に属する個人的な品物を持ってきて保管していた。
運転免許証、宝飾品、衣服、写真などを含むこれらの品物は、犯罪の記念品となり、犯行者の一部は征服のトロフィーと呼ばれていた。
犠牲者の身体の一部を保持していた犯罪者は少なかったが、一部は一時的または永続的に死体を所持していた。

性的サディストの恐怖5 原因と症状と犯罪者の特徴

性的サディズムやマゾヒズムの起源を説明できる理論は今のところない。
一部の研究者は、生物学的要因の結果として、性的なパラフィリアの存在を説明しようとしている。
この視点の証拠は、性的犯罪者の神経心理学的検査および神経学的検査の異常所見に由来する 。

いくつかの研究者は、パラフィリアは、 脳傷害、 統合失調症 、または別の精神障害などの他の問題に関連していると考えている。
性的な障害またはパラフィリアの症状を持つ人々は、しばしば他の精神障害と診断される。

パラフィリアについてのもう一つの理論は、学習である。
適切な学習は人が不適切な性的妄想を抑圧する。
しかしそれが性的倒錯が発生することを示唆している。
妄想は社会的に悪いこととされているので、それらを実行する衝動が増える。
彼らが妄想から行動に移す時、かなりの苦痛および/または覚醒状態にある。
この理論は、連邦捜査局(FBI)の法医学専門家や性犯罪を研究する他の研究者には受け入れられない。
性的サディズムを伴う犯罪で最終的に逮捕されるほとんどの人は、妄想を抑えるのではなく、まずは軽い形で行動し、その後より有害な行動を起こすようになる。
例えば、FBIは、これらの人々はほとんど男性であること、サディスティックな行為を描写するポルノの資料を収集することから始まること、または水着やランジェリー広告のモデルの写真にロープや鎖で縛る落書きを書くことがあることを示している。
彼らは通常、妄想を実行するために売春婦を雇う、ガールフレンドやマゾヒストなパートナーに彼らの残虐行為に協力するように依頼するように頼むことがある。サディスティックな行為の重大性は、時間の経過と共に増加する傾向がある。

症状
性的サディズムを持つ個人は、苦痛や恥ずべきを身体的または心理的に執行することから、同意する相手であるかどうかを問わず、虐待から性的興奮を引き出す。

サディスティックな行動や妄想のために、彼らは苦しみや機能障害を経験するかもしれない。
この苦痛または障害は、パートナーがいないことが原因である可能性がある。

研究者は30人の性的にサディスティックな犯罪者を研究し、そのうち22人は少なくとも187人の殺人を犯した。
2これらのケースのほとんどは、FBIの暴力犯罪分析センター(NCAVC)に提出されていた。
調査のための情報源には、警察報告、犯罪現場の写真、被害者の声明、家族の声明、自白、精神医学的報告、試験記録、刑期前報告、刑務所記録が含まれていた。
また、犯行者自身が作成した証拠、すなわち日記、写真、スケッチ、オーディオテープ、ビデオ、カレンダー、手紙なども検討した。
彼らの妄想を記録し、犯罪の記念品を表現したこれらの資料は、性的にサディスティックな犯罪者の心を開いた。

さらに、30人の犯罪者のうち5人にインタビューを行なった。
インタビューを受けたとき、これらの男性は、犯罪の執筆や録音よりも、性的欲望についてはほとんど明らかにしなかった。
これは、進行中の調査中に被験者にインタビューしたときの経験と一致している。
犯行者は性的行為や妄想よりも暴力行為についてははるかに容易に話す。

調査された30人の性的虐待者のそれぞれは、故意に犠牲者を拷問した。
彼らの物理的拷問の方法には、ハンマー、電気椅子などの器具の使用、噛む、鞭打ち、焼く、直腸または膣に異物を挿入する、束縛、切断、男性の尿道へのガラス棒の挿入などが挙げられるが、これらに限定されない。

一部の犯罪者は特定の拷問手段を繰り返し使用していた。
このような行為は、犯罪者の署名を構成する可能性があり、これは単一の犯罪者の仕事であることを示している。
しかし、犯罪に共通の特徴がないことは、完全なシナリオを探してさまざまな手法を試している可能性があり、捜査者を欺こうとしている可能性があるため、単一の犯罪者の可能性を排除するものではない。

研究された30人の性的サディストは、被害者に心理的苦痛を与えた。
肉体的に苦痛ではないとしても、束縛、盲目的展開、被害者の捕虜収容はすべて心理的苦痛をもたらす。
他の心理的な戦術には、脅迫やその他の言葉による虐待、犠牲者の懇願、性的行為の記述、犠牲者を殺す手段の選択。

犯罪者の特徴

この調査の性的悲哀の30人はすべて男性であり、1人だけが非白人であった。
高校を超えて教育を受けたのは半分以下だった。
半分はアルコールやその他の薬を使用し、3分の1は軍に服した。
犯行時には43%が結婚していた。

性的逸脱はしばしば他の性的異常と関連しており、私たちの研究は性的サディズムのためにこれを確認した。 男性の43%が成人として同性愛者の活動に参加し、20%が異議を唱え、20%が覗き見、猥褻な電話、卑劣な暴露などの性的犯罪を犯した。

事例:十代の若者の一人の性的サディストは、彼の近所で、女性が服を脱いでいるかセックスしているのを覗き見て自慰行為をした。
自宅で、彼は覗き見ながら自分が見たことを取り入れた妄想をして何度も自慰する。
彼女に猥褻な電話をかけ、被害者に会うことに同意したときに警察に通報され逮捕された。
彼は後に一連の犠牲者に遭遇した。
彼らは「ショックと恐怖」を引き出す目的のために説明した。
彼はショッピングモールから女性の家を追跡し、一連の女性を強姦した。
初期の強姦は、後に、粘着テープ、手錠、ロープ、45口径ピストルからなるレイプキットを携行した。
彼は性的暴行して、犠牲者を殴ったり燃やしたり胸を引っ張ったりして拷問した。
彼は50人以上の女性を強姦し、最終的に逮捕されたときに殺人を考えていた。

調査官は、性的なサディストが一般に迷惑な性的犯罪と呼ばれるものに関与している可能性があると考えた。
そのような活動の歴史は、すべてのタイプの性犯罪者の間では一般的ではない。

性的サディストの恐怖4 性的興奮とは無関係な残虐行為

サディストよって行われた、または想像されたサディスティックな行為は、しばしば、他者の性的または心理的支配に対する欲求を反映している。
これらの行為は、身体的に有害ではない行動(例えば、顔に排尿されるなど)、犯罪行為および潜在的に致命的な行為にまで及ぶ。他人に屈辱を与えることが目的である。
支配の行為には、手錠、かご、鎖、ロープを使用してパートナーを拘束または拘禁することが含まれる。性的サディズムに関連するその他の行為や妄想には、スパンキング、鞭打ち、燃焼、電気ショック、噛みつき、排せつ、強姦、殺人等がある。

極端な場合、性的サディズムは他の人にとって重大な傷害または死亡につながる可能性がある。
DSMに よると、 これらの致命的な結果は、パラフィリアが重度と診断されたとき、反射的社会的人格障害に関連する可能性が高い、精神病性症状を含むことがある人格障害である。
犯罪中の虐待

多くの犯罪には残酷な要素が含まれているが、その行為は必ずしも性的にサディスティックではない。
被害者を殺すというのは、金銭欲、恨みを晴らすための復讐、宗教、政治、戦争など様々な動機があり、性的興奮はその一つにすぎない。

事例:最近、州の刑務所から逃亡した2人の男性が、若いカップルを捕獲し、隔離された地域に連れて行った。
女性を繰り返しレイプした後、彼らはひどく夫婦を殴り、車のトランクに閉じ込めた。
彼らは車を燃やして、カップルを燃え尽きさせて死に至らせた。

これらの男性は故意に犠牲者の身体的、心理的苦痛を与えたが、性的興奮のためにそうした兆候はなかった。
彼らは強姦の後に夫婦を殴って、犠牲者たちが助けを求め叫んでいる間に逃げた。
もし彼が性的なサディストなら、犠牲者の苦しみによって性的に刺激され、苦しみが終わるまで現場に残っていただろう。

病理学的グループ行動

残虐行為は、たとえ個人が虐待の歴史を持たない場合でも、突然発生することがある。

症例:青年のグループが、彼女の近所を歩いて6人の母親をを殴って、彼女の直腸に繰り返し長い棒を挿入し、小屋に彼女を引きずこみ、殺した。
彼には前科はなかった。

おそらく、この攻撃の参加者は、残虐行為を強化することによって他の人たちに自分自身を証明しようとしたのだろう。

残酷事件史

歴史は恐怖の治世に満ちている。
中世の十字軍における敗北した人口のレイプと略奪、植民地アメリカでのセイラム魔女裁判を考えてみよう。
残虐行為の最も悪名高いこの二つは、何百万人もの人々がナチスの犠牲者になった20世紀に発生した。

事例:ブーヘンヴァルト(Buchenwald)強制収容所を率いたコーク(Koch)司令官は、木箱に隠れ逃げようとした男を罰した。
彼はそれから、動きを封じられた。
彼の悲鳴が人間に聞こえなくなるまで、2日間、食事なしで一般公開された。

おそらく、性的サディストはそのような行為を行うためにボランティアを行ったが、このような虐待行為の普及は政治的、人種差別的な動機づけだった。

残酷な復讐

残虐行為は、復讐のために行われることもある。
現実の事例以外にも、妄想による復讐も存在する。

症例:医師はショーガールと結婚したが彼女が浮気をしているであると思い込むようになった。
しかしこれを実証する証拠はない。
結局のところ、彼の強迫観念は理性を吹き飛ばし、彼女をテーブルにぶつけた後、体と顔に硫酸を注いだ。
彼女は84日間の苦しんだ。
彼の行為は性的に満足感を与えるようことはなかった。

尋問中の拷問は正規を傷つけられることがあり、性的にサディスティックなものと誤って解釈されることがある。

事例:政府機関員が別の国に拘束された。
拘束された数ヶ月の間、彼は身体のあらゆる部分、さらには性器まで、クラブでの殴打や電気ショックを含む物理的な拷問を受け続けた。
性的興奮を高めるためではなく、その国での政府の活動に関する情報を入手するために拷問した。

死後の犠牲者の意図的な切断は、すべてが性的サディズムに起因するわけではない。
これらのケースの大半は、犯罪者が被害者を迅速に殺し、苦痛を長くすることはしない。
これは性的なサディストの行動とは全く対照的だ。

事件:父親が娘を殺した。
彼女の死体を処分しようとした。
彼は死体を解体するためにフードプロセッサーを買った。
冷蔵庫に残っている死体を見つけた。

娘は父の慢性の精神疾患によって引き起こされた破壊衝動のために殺された。
彼の行動は、娘が苦しむのを見て性的満足をもたらすことはなかった。

性的サディストの恐怖3 悪魔のような恐ろしい男たち

性的サディズム障害で被害者の遵守に害を与え続け、時には被害者を殺すほどエスカレートし、体の切除まで行う。
犯罪調査では、性的奴隷にするケースは77%、肛門暴力は73%、鈍的外傷は60%、膣姦は57%、異物による被害が40%であった。
また、40%の確率でで、犯人は被害者の私物を奪う。

性格検査では、法執行機関に逮捕されたサディスティックな強姦犯は、衝動性、過多性、虚弱性、精神病性の上昇した特性を示している。

軽度(普通のSM)から中程度(親愛的な強迫性障害)から重症(性的サディズム障害)までの重症度の連続があるように見えるが、それらが真に関連しているのか、表面的にしか見えないのかははっきりしていない。

性的サディズム障害がどのように発症するかについてはほとんど知られていない。
性的サディズム障害と診断された人々のほとんどは、性的欲求のために犯罪行為をする。
調査はまた、合意の上の穏やかなSMプレイにしか関心のない人々を含めて実施されている。
性的サディズムが完全に発達している人のほとんどは男性であるが、普通のBDSMに興味のある人の性別は男性と女性の2:1に近い。
性的なサディズム障害を有する人々は、他の親愛的な性的関心を有する可能性が高い。

記号に向かってのサディズム

人間以外に人形、絵、衣類に対してサディスティックな欲求を実行することがあり、時には死体もある。

症例:女性をかたどった人形が病院の救急室の外にぶら下がっていた。
その首の周りには絞めた跡があり、その手はその背中で縛られていた。
針が1つの目と1つの耳に刺さった。
人形には焼跡があり、口からは綿が突出していた。
人形の胸に縫い目がある。
脚を切開され、髪を糊付けし、鼻孔に鉛筆を挿入した。

性的なサディストは動物に対して残酷であると一般的に信じられているが、そのような残虐性は性的サディズムに関連するとは判断されていない。
動物には残酷な人には性的興奮はなかった。
動物に対する残酷な行為は、非性的なサディスティックな動機を反映しているかもしれないし、宗教的儀式や妄想的信念によって要求される犠牲かもしれない。
そうではなく、本当に動物の苦しみによって性的に興奮している人は、おそらく性的サディストと動物性愛の両方を併せ持っているのだろう。

同意または有料パートナー

性的サディストは、自分の行為に同意しているを求めている人もいる。
例えばサディスティックな要求のためにお金を払ってパートーナーを求める人もいる。

準拠した被害者

いくつかの性的なサディストは準拠した犠牲者、すなわち自発的に自分と長時間付き合ってくれるマゾヒストを育成する。
これらの犠牲者は、通常の恋愛として始まり、その後、数カ月または数年間にわたり極端な感情的、身体的、性的虐待を受けた妻またはガールフレンドである。

事例:30代の女性の1人は、付き合っていた男性に18カ月間にわたって感情的、身体的、性的虐待的な関係に強制されていたと通報した。
最初は、彼女は彼が今までに知っていた男よりも、最も愛情豊かで気遣いのできる男であるとおもい、彼女は深く恋に落ちた。
男性はコカインを過去に時折使用していた彼女に、性交渉を強化するためにコカインを使用するという提案を出した。
結局、彼女は中毒になった。
一緒に6ヶ月後、彼は性的に彼女を虐待し始めた。
この虐待には、強制的なアナルセックス、鞭打ち、痛みを伴う性的拘束、他の男性によるレイプ、および大きな異物をの直腸へ挿入することが含まれていた。
この虐待的な行動は、彼女が警察に最初の苦情を言い渡す前の1年間続いた。
これらの訴訟は、告訴人が虐待に「同意した」ように見える。

多くの犯罪は、意図的な身体的および心理的苦痛の伴う。
性的サディズムは、そのような犯罪のいくつかの動機の一つに過ぎない。
研究者は性的にサディスティックであるように見えるが、研究者がサディストなのではない。

サディスティックな人格障害

この状態の人は、通常、社会的および職場的な状況において、ほとんどの場合部下に向かって、残酷で卑劣で積極的な行動を示す。
彼らは対人関係における優位性を確立し、他者に対する敬意または共感の欠如する傾向がある。
そのような人は、しばしば暴力に魅了され、侮辱し、他人を恐怖に陥らせ、肉体的または心理的虐待を楽しむ。

事例:女性は自分の夫から、暴言、家族との関係のコントロール、威嚇、飲酒時の暴力のために離婚した。
彼女が去ったことに腹を立て、彼は所有物を分けるという口実のもとに彼女をアパートに連れ戻した。
彼はベッドの上に彼女を結びつけようとし、その隣には様々な拷問器具が配されていた。
その後、彼は繰り返し彼女を刺し殺す計画を彼女に言った。
彼はその行為が警察にバレ、逮捕された。

夫は性的暴力や差別歴がなく、また精神医学的検査中に性的サディズムの証拠を示さなかった。
彼は性的覚醒を否定した。
彼は妻にしかこのような傾向しか示さなかった可能性はあるが、性的サディストのパターンを示す証拠がないことは、この診断は中止された。

性的サディストの恐怖2 殺人犯の加虐性などの研究

性的なサディズムは、DSM-IIIで使用されていた用語であり、この状態をパラフィリアとして分類している。
DSM-IIIは、「擬似束縛のようなパラフィリアの画像は遊び心があり、無害であり、相互に同意するパートナーと行動する可能性がある」と指摘しました。さらに極端な形で、パラフィリックなイメージは非協調的なパートナーと行動し、相手に有害で有害である」。
DSM-IIIでは、以下の場合に性的サディズムが診断される可能性があるとしている。

・その人は無意識のうちにパートナーに苦しみ与えることを繰り返し、意図的に性的興奮を経験する
・反復的または排他的に、性的パートナーに模擬的または軽度の苦痛を与える
・性的興奮を達成するために広範な、永久的な、または致命的な苦痛を他人に与える。

サディズムは、DSM-IIによって採用された用語でした。このマニュアルでは、性的逸脱として分類され、「性的関心が主として奇妙な状況下で行われる変態的な性行為を指向する」を記述するために使用された。「パラフィリア」という用語はDSM-IIには存在せず、診断はDSM-IIIまで特定の基準をもたなかった。

性的サディズムは、性的偏差の一つとして、DSM-Iに記載された語句であった、しかし(また、他の性的逸脱のいずれか)も、特定の標識または診断基準を受けた。DSM-IIにはパラフィリアという用語はなく、診断はDSM-IIIまで特定の基準を持っていなかった。

性的サディスト人格障害は、実際には性的関心を指しておらず、代わりに暴力や犯罪の歴史(性犯罪を含むがこれに限定されない)に関連している。
サディスティックな妄想

すべての性行為や性犯罪は妄想で始まる。 しかし、通常の性的妄想とは対照的に、性的サディストは、苦しみを引き出すための手段として、支配、制御、屈辱、痛み、傷害、暴力、またはこれらのテーマの組み合わせを中心としている。
性的なサディストの妄想が変わると、暴力の程度も変わる。

犯罪者の個人的記録から識別される妄想は、複雑で精巧であり、特定の捕獲方法と制御方法、場所、犠牲者が従うべき望ましい犠牲者応答を含む詳細なシナリオを伴う。
多くの場合、複数の犠牲者が関与し、時にはパートナーが含まれていることもある。
事件:20人以上の女性と少女を誘拐し、拷問し、殺したと考えられている1人の犯罪者は、女性を殺す性的にサディスティックな空想について広範に書いている。
これらの執筆には、犠牲者の逮捕、苦痛、吊り上げによる死亡の記述が含まれていました。
逮捕された時点で、女性の服装と自閉症の仮死に参加した人物を描いた写真が見つかった。
犯行者は明らかに彼自身と他の人の両方の想像を振り払った。

やはりこのような性的サディストは一般人とは考えることがかけ離れていて極めて危険である。
とんでもない殺戮や拷問をすることばかりが頭の中にあり、波亭々の犯罪者では太刀打ち出来ないほどの強靭なのだ。
彼らには、サイコパス的な部分もあり、被害者の辛さ、苦しさ、痛みなどはまるでわからないのだろう。

性的サディストの恐怖 嗜好のために人を傷つける狂人

拷問された犠牲者から声明を受けた、または性的にサディスティックな殺人事件の犯行現場で働いた調査官は、その経験を決して忘れないだろう。 人間の残虐行為は多くの種類の犯罪で明らかになるが、性的サディストの犯罪よりも珍しいことはめったにない。性的サディストと普通の残酷な犯罪は比べ物にならない、霞んで見える。

この記事では、性的サディズムのより一般的な遭遇した行動について説明し、性的サディズムと他の残酷な行為とを区別する。 また、性的にサディスティックな犯罪の共通の特徴を説明し、性的にサディスティックな犯罪者の犯罪に直面したときに従うべきであるという調査官の提案を提供する。

性的虐待とは何か?

性的サディズムは、他人の極度の痛み、苦痛または屈辱に対応して性的に興奮するパターンだ。 たとえ普通の人であっても、性的興奮は奇妙な時期に起こる可能性がある。 性的にサディスティックな犯罪者には、性的に喚起しているのは被害者の苦しみだ。

症状を説明するためにいくつかの他の用語が使用されており、状態は痛みを伴う他の状態と重複する可能性がある。それは、普通のSM趣味のように同意する個人が性的興奮のために軽度または擬似的な痛みまたは屈辱を使用する状況とは異なる。性的サディズム障害は、性的にサディスティックな妄想に作用する可能性を高める境界性人格障害または精神病の症状と組み合わせると、潜在的に危険であることが判明している。

最も重要な根本的な目的は、女性に苦しみを強いる苦痛を与えるこだ。他の人に対する完全な支配は、性的にサディスティックな犯罪者の真髄だ。

性的サディズム障害は、米国精神医学会の現行バージョンの診断および統計マニュアル(DSM-5)で採用されている用語である。それは、「妄想、衝動、行動によって示されるように、他人の身体的または心理的苦痛からの反復的かつ強烈な性的興奮」を指す。それは、「異常行動選択」の 1つである性的倒錯(パラフィリア(paraphilias))の1つに分類される。

サドマゾヒズムは、世界保健機関(WHO)の国際疾病分類(ICD-10)の現行版に掲載されてる。「束縛や苦痛や屈辱を伴う性行為に対する好み」を指し、サドマゾシズムをサディズムやマゾヒズムに分割するのは、個人がその提供者であるか受容者であるかによって異なる。ICD-10は、普通のSMプレイのような軽度のサドマゾヒズムが「正常な性行為を増強するために一般的に使用される」とした。つまりその性行為が性的満足感のために好まれるか、または必要とされる場合にのみ適用されると規定している。

性的サディストは、被害者に何かの薬の服薬を遵守させ、被害者に多大なる脅威を与える可能性があるん。この症状は、典型的には、パラフィリアと記載され、研究を続けているが、現在のDSMまたはICDには現れない。

BDSMは、軽度な痛みまたは屈辱に擬似的に再現するプレイの一つでサブカルチャーを指す言葉の用語である。性的サディストの犯罪者とは、同意しているのか無理矢理かの違いがある。現在、DSMまたはICDシステムの診断可能な状態ではない。

彼が殺された犠牲者との彼の性的にサディスティックな活動のうち、別の犯罪者は次のように書いている。

「俺は女性に苦痛を与えるという行為を愛していた。俺は今、レイプという性的行為と恐怖の高いパワーを組み合わせて、説明できないほどの総額を会館を作った。相手に痛みを引き起こし、性的満足感を抱くことが唯一の目的だ。俺はセックスと同じくらい苦痛を与えることを好いていた」

それぞれの犯罪者は、それが被害者の苦しみであることを確認し、身体的または心理的痛みを引き起こさせ、性的に興奮することを目的としている。 実際に、これらの男性の一人は、気絶した犠牲者を叩き起こし、苦しみを味わうことができるようにした。 痛みを訴えることは、苦しみを作り、服従、服従、屈辱、恐怖、恐怖の望ましい反応を引き出す手段だ。

物理的および心理的苦しみ

調査中に明らかにされた特定の所見は、犯行に性的なサディズムが関係するかどうかを判断する。 重大な問題は、犠牲者が苦しんでいるかどうか、苦しみが意図的に誘発されているかどうか、苦しんでいる人を見てが犯罪者が性的に興奮しているかどうかだ。ただし、苦しんだ、または死んだ犠牲者にを犯罪者が犯したとしてもそれだけでは必ずしも性的サディズムの証拠にはならない。 この理由のために、死後の傷害だけでは性的なサディズムは示されない。

レイプ犯は被害者に苦しみを引き起こすが、これは女性とセックスしたいというだけであり、被害者が苦しんでいるかは関係ない。性的サディストだけが故意に苦しみを与えて、肉体的であれ心理的であれ、犠牲者を苦しめる。 犯罪者の虐待の重症度や犠牲者の苦しみの程度は性的なサディズムの証拠にはならない。 被害者に極度の残虐行為または大きな苦しみを引き起こす行為は、性的暴力の間でさえも、非性的な目的のためにしばしば行われる。



性的狂人の行動は、他の性的逸脱者の行動と同様に、広範囲に及ぶ。  性的サディストが犯罪を犯すときだけ、その妄想は法執行に関連するようになる。

恐怖の快楽殺人4 凶悪殺人のまとめ

精神分裂病児は極度の暴力的な妄想を持ち、通常は性行為の間に被害者を殺し、および被害者の性的臓器を切除する(後者は通常死後)。
パラフフィリアを持つ女性は存在することが知られているが、ほとんどの場合は男性である。
快楽殺人の殺人者は、心理的に、行動的には、復讐や怒りにより人を殺す者とは異なることが知られている。

17人の少年と男性を殺したジェフリー・ダーマー

完全な妄想の達成はめったに起こらず、妄想は前の犠牲者の経験に基づいて絶えず進化している。
これは、行為が法執行機関によって死ぬか捕らえられるまで、継続的に繰り返される理由の1つである。
精神分裂症は、催眠症、性的サディズム、および性的なカニバリズムを含む他の性的なパラフィリアと重複する可能性がある。
そのような行動は、極端なポルノグラフィーおよび精神活性薬の使用(例えば、アルコール、コカインなど)の使用と一致し得る。
意外なことに、最も多く発症する可能性のある人々の群は、連続殺人者である。
そのような人々は、犠牲者を堕胎させ、屈辱を与え、服従させ、最終的に支配する仕組みとして性拷問を利用する。

精神分裂病人は典型的には、性的魅力に基づいて犠牲者を選ぶが、殺人犯によって性的にされる特定の物理的属性(特定の身体形状、髪型、肌の色など)が異なるかもしれない。
これは、「理想的な犠牲」(IVT)と呼ばれている。
犠牲者が選択された後、殺害の前に、略奪行為(ストーキングなど)に関与する可能性がある。

1970年代に実施され、1990年代に米国連邦捜査局(FBI)によってフォローアップされた影響力のある研究は、典型的な凶悪殺人犯の数々の特徴を記述した。
彼らは、過度に制御され、臆病で、内向的で、性的に未熟で、非常に逸脱しており、暴力的なサディスティックな妄想を持っているという特徴があった。
しかし、より最近の研究は、初期の主張を必ずしも支持していない。
グルビン(Grubin教授の研究は、初期の研究の多くが、組織的な研究とは対照的に、臨床的な印象に基づいた快楽殺人の殺人犯の複合図であることを示唆している。

欲求不満の領域で最も引用されている研究の1つは、PE・デイツ(Dietz博士らの1990年の論文で、アメリカ精神医学アカデミーと法律の告示に掲載されている。
彼らは30人の性的虐待者を調べた結果、ほとんどが性的な殺人者だった。
大半が白人男性(75%)、多くが結婚していた(50%)、同性愛者の経験がある(43%)、服を着ていた(20%)。
身体虐待(23%)、性的虐待(20%)、アルコール以外の薬物乱用(50%)の両親を抱えていたと報告した。
殆どのサンプルが犯行を計画していた(93%)、その大部分は犠牲者が知られていなかった(83%)。
犠牲者は、典型的には誘拐され、24時間以上にわたって意志に反して行かれ、目隠しされ、縛られ、傷つけられた。
すべての犠牲者は拷問され、典型的な活動にはオーラルセックス、強姦、異物の強制挿入が含まれていた。
その後の多くの研究でも同様の所見が報告されている。
しかし、これらの研究の多くの主な問題は、結果を比較できる(非サディスティックな)対照群がなかったことである。

33人の若い男性と少年を殺害したジョン・ウェイン・ガシー

博士T・グラッツァー博士ジュ・ブラッドフォードの研究に掲載された雑誌法医学科学のが犯人がサディストかを調べ、でディーツ研究のそれとの結果を比較すると、非サド(N = 29)、多くの性的な殺人者であった。
結果は、犯罪率が高い(82%)、拷問(78%)、小児期の身体的虐待(43%)などデイツの調査結果と類似していた。
しかし、彼らはまた、ボンデージとアナルレイプのより多くの使用を含むいくつかの違いを指摘した。

FBIの研究によって行われた研究では、性的にサディスティックな殺人者は精神病とナルシシズムを呈すると報告している。
しかし、最近の他の研究では、精神病との関係は見出されていないため、FBIのサンプルは他の公表された研究と比較して特に極端なサディスティックな性犯罪者のグループになる可能性が示唆されている。
グルビン教授の研究(性的虐待中に女性を殺した21人の男性を、被害者を殺していない121人の強姦者と比較)によると、性的な殺人者は社会的隔離と性的関係における困難性が有意に高かった。
しかし、性的な殺人犯と強姦犯は、ポルノの利用や性的妄想の使用に違いはなかった。

最後に、性的にサディスティックな殺人者(2005年と2006年に出版された)に関する書籍の章について。
J.プロルクス(J. Proulx)、E.ブレイス(E. Blais)、E.ボーレガード(E. Beauregard)は、サディスティック性的犯罪者は非サディスティック性的犯罪者よりも、
(1)被害者を誘拐する計画、
(2)束縛と武器を使用すること、
(3)犠牲者の膣内に物を挿入し、
(4)犠牲者を絞殺し、
(5)死後の犠牲者の性交および切断すると発表した。

恐怖の快楽殺人3 他の殺人のケースと様々な学者の見解

ケース#2:消耗した凶器殺人 

者農村部に一人で住んでいた女性の犠牲者は、自宅で殺害されたことが判明した。
2週間前、彼女はパンティーを盗んでいた自宅の泥棒に直面していた。
彼女は火かき棒で彼を追い払い、その犯罪を警察に報告した。
容疑者は、この地域で知られているフェチ犯罪者だった。
容疑者は犠牲者の家の玄関の木製のクローゼットに隠れて、彼女が仕事から帰ってくるのを待っていた。
彼女は彼女の鍵でドアのロックを解除すると、 容疑者に襲われた。
彼女は繰り返し胸や胸部に刺され、多くの傷害を負った。

容疑者は被害者の身体を家に持ち込んで、18時間の奇妙な性的儀式を始めた。
容疑者は犠牲者のズボンの股部分を切り取り、その後、彼女の人から衣服のすべてを切り離して彼女の身体を剥ぎ始めた。
その後、彼は犠牲者の下着を着て、メイクアップ、胸の水の風船を入れ、開いた。
彼はまた、犠牲者のハイヒールの靴のヒールの部分をカットして、それを履かせた。
彼は付け爪をついた後、赤いマニキュアで磨いた。
彼は膣に異物を挿入し、被害者の体でマスターベーションをした。

容疑者は警察が被害者の家に到着したときに後部ドアから脱出することができた。

しかしながら、彼は地元の別の家のクローゼットに隠れていることを発見した警官によってすぐに見つけられ、拘留された。

臨床検査

これは凶悪殺人者である組織化されていない犯罪者の古典的なケースである。
若い頃、窃盗を始めた。
彼は代わりの性的魅力を感じたパンティーの窃盗から、犠牲者の一部に物理的に直面するまで進んだ。

警察は、容疑者の家で、男女共同参画とクロスドレッシングと大量のポルノ収集に関する雑誌や記事を検索した。
警察のインタビューで、彼は以前に自分の妹を虐待し、パンティーを盗んだことが明らかになった。
彼女は自分の兄弟から恐れていたので、妹は戸を閉じたまま眠らなければならなかった。

容疑者は古典的な性的逸脱者であり、犯行現場での被害者との過去の行動や活動は、サディスティックな進行と潜在的な危険性をはっきりと示していた。
彼は犠牲者の遺体を、生きているかのように、彼の想像力と妄想に呼応して、彼の腐敗に対する渇望を満たすために必要な刺激を提供するように呼んだ。
犠牲者と被害者の身体との相互作用は、900回の呼び出しによって明らかに増強された。

実際、彼は妄想にとても夢中だった。
彼は家に引っかかっていた。
彼は原動力であった性的サディズムのパラフィリア(Paraphilias of Paradis)と、盲目的なパラフィリア(Paraphilias)の擬人化、フェティシズム、トランスペアレントフェティシズム(Transvestic Fetishism)を明らかにしたジェンダー恐怖症(Gender Dysphoria)だった。

結論

凶悪犯罪は、犯行現場で明らかにされた精神病理と、犯罪者が繰り返し逮捕されることのない能力に応じて、組織化されているかまたは組織化されていないと分類することができる。
共通の分母は性的サディズムであり、慢性進行性疾患である。
凶悪殺人は、犯行者が彼らの嫌な性的妄想を実際の性的妄想を彼らの被害者の身体にサディスティックな性的暴力を与えることによって翻訳しようとするような強迫的なやり方で行われている。





発情聴性は、個人が殺人(または彼らが殺害していると妄想)から性的喜びと覚醒を引き出す性的なパラフィリアである。
法医学分野の多くの学者は、このような殺害を快楽殺人と呼んでいる。
しかし、あなたが読んだ学術テキストによっては、殺人の定義が無数にわずかに異なる。
例えば、彼の2004年の本「性的殺人」のルイス・シュレジンジャー博士は、性的殺害のためのこれらのわずかに異なる用語および定義をすべて指摘している。

欲求不満:「快楽殺人と快楽殺人とのつながり」と「サディスティック犯罪だけが性交と同等になる」(クラフト・エビング(Krafft-Ebing)、1886)

サディスティックな快楽殺人の殺害:「被害者を殺害した後、殺人者は被害者を拷問、傷つけ、傷つける、または傷つける...身体の一部で、彼に強い性的意義を持ち、性的刺激として働く」(デ・リバー(De River)、 1958)

サディスティックな殺人:「胸や直腸、性器の切り裂きや変位の関与によるサディスティック殺人とは区別される」(ヘイゼルウッドとダグラス(Hazelwood&Douglas)、1980)

欲求不満:「性的要因がはっきりしている...または深い研究によって性的紛争が侵略行為の根底にあることが時々明らかになる」(マクドナルド(MacDonald)、1986)

 セックス殺人:「殺人は性的だったことを示す証拠や観察と殺人自然」 (レスラー(Ressler)、バージェス&ダグラス、1986)

殺人性愛(Erotophonophilia:「精神障害の診断と統計マニュアル」(マネー(Money)、1990)に定義されている性的サディズムに関連する殺人

性的殺人:「死に至る一連の行為の基本として性的要素(活動)を含める」(ダグラス、バージェス、バージェス&レスラー、1992年)

サディスティックな殺人:「犯人は拷問に対する被害者の反応から最大の満足を得ている」(ダグラス、バージェス、バージェス&レスラー、1992)

性的虐待:「殺害は、攻撃の性的要素にも密接に結びついている可能性がある。
犠牲者に対する犯罪者の管理と苦痛と屈辱は、性的興奮と関連している」(グルビン(Grubin)、1994)

欲求の殺害:「主な目標は、儀式化された攻撃の一部として被害者を殺すことです... 動機づけは ...ある程度彼または彼女を夢中にしたある種の妄想の制定です」(マルムキスト(Malmquist)、1996) 

恐怖の快楽殺人2 犯罪者の殺意と行動の解説

快楽殺人はまた、夫婦関係に関与することによって、他の性関連殺人犯罪者と区別することができる。

実際、快楽殺人の殺人と壊死の動態は密接に関連している。
ジェフリー・ダーマー(Jeffrey Dahmer)とテッド・バンディー(Ted Bundy)のケースは、このダイナミックな例である。

心理療法

・壊死症に関わる快楽殺人犯は、犠牲者の苦しみを長時間にわたって見ることはできない。
しかしながら、彼は自分の想像力と想像力を求めて、死体に対する彼の渇望を満たすために必要な妄想を生み出すと思われる。

・凶悪犯罪者は犠牲者を殺害する前に拷問をし、身体的拷問や腐敗によって生じた感覚の残像を想起させるかもしれない。
このようなサディスティックなシナリオは、実際の犯罪現場の再創造であろうと、想像の産物であろうとも、想像力の中で創造される。

・ほとんどの快楽殺人はサディスティックな性的精神病の行動とみなされる。
これは、性的満足のために拷問や殺害をするという、組織化された犯罪者の原型の連続殺人を特徴付ける犯罪者のタイプである。

しかしながら、組織化されていない個人の犯罪者も同様の行動を取ることができ、同様のサディスティックな活動に従事することを理解する必要がある。

快楽殺人組織と個人の快楽殺人犯の主な違いは、犯人の混乱により繰り返し訪れる不安を免れることができないことである。
事実、ほとんどの組織化されていない快楽殺人犯は、犯行当時または直後に逮捕される。
組織化された犯罪者

組織化された犯罪者は、通常、知能において平均以上である。
組織的で狡猾である。
組織の犯罪はよく考えられ、慎重に計画されている。
組織は車を所有する可能性が高い。

組織は平均的な人よりも多くの距離を移動する。
妄想と儀式は、組織型の人格にとって重要である。
組織は犠牲者を選ぶ。
犠牲者は殺人犯がコントロールできる人、通常は見知らぬ人である。
組織の犠牲者のほとんどは、いくつかの共通の特性を共有する。

組織は社会的に熟達していると考えられている。
組織は話術のスキルを使って犠牲者を騙しコントロールを得る。
組織は自分の行為の犯罪性を十分に認識しており、警察の調査を妨害する能力に誇りを持っている。
組織はイベントのニュースレポートに従う可能性が高く、イベントを再現したり、妄想を続けるために被害者から持ち物を奪うことがよくある。

組織はストレスの下で衝動的に行動し、彼自身の生活圏エリアから被害者を選ぶだろう。

一般的に、組織は人々を避けるだろう。

犯罪者が突然彼の妄想を「演出」するこの自発的な行動は、意識的な計画や検出されることさえ考えられない。
これが犯罪現場が混乱する理由である。
殺人捜査では、これらの出来事を集団犯罪の場面と呼ぶ。
「密集した犯罪現場では、大部分の活動が1つの場所、すなわち対立、攻撃、暴行、性的活動などで発生する状況がある。
解体された犯罪者は、通常、顔の破壊または過度のタイプの創傷によって被害者の個性を消す。
あらゆる性的にサディスティックな行為は死後に行われる。
性器、直腸、女性の胸、頸部、喉および臀部への切除は、身体のこれらの部分が強い性的意義を有するため実行される。
組織化された犯罪者と組織化されていない犯罪者には大きな違いがある。
しかし、組織された組織化されていない犯罪者が互いに排他的である状況はない。

事件番号#1:組織化された凶器殺人犯 

2人の犠牲者は、母親と14歳の娘だった。
実際に意図された犠牲者は14歳だった。

殺人犯は犠牲者が寝る準備が整うまで待っていた。
彼は野球のバットで14歳の頭を殴打し、すぐに死んだ。
彼はその後、母親をナイフで切りつけ、家にいる彼の存在を知るようになった。
母親は殺人犯の腕と手にいくつかの防衛傷を負わせた後、31頭の刺傷に負傷した。
自分と彼女の娘を守ろうとすると、母親は殺された。
彼女も同様に拷問されたという証拠があった。
被害者が死に、彼は何時間も死体と性行為をした。
彼の意図は、14歳の人をノックアウトし、彼女を拷問して死に至らせることだった。
彼は死ぬほどの力で彼女を襲った。
彼は両方の被害者死体を傷つけた。
彼は自分の体とセックスをして、体の部分をポーズして、娘の膣に野球のバットを入れる前に血を飲んだ。
彼は母親から胸を外し、娘の体が見つかったベッドの両側の寝室にベッドルームに置いた。
彼は母親から恥骨の皮膚を切開し、その組織を口に入れた。
彼は恥骨の皮膚を娘の体から切開し、それを彼女の顔の右側に置いた。
彼はその後、娘の喉に全部で16回刺すことによって死後、性行為をした。

臨床評価

これは、犯罪者の古典的なケースであり、犯罪者であり連鎖的な殺人者である。
これは彼の2回目と3回目の殺人だった。
彼の最初の犠牲者は、彼のガールフレンドの10歳の娘だった。
彼女の体を摘出した。
彼は容疑者だったが、当局は彼を告訴するのに十分な証拠を持っておらず起訴できなかった。
上記のケースでは、殺害を事前に計画し、犠牲者を襲って、自分の武器を持ってきて、現場にほとんど証拠を残さなかった。
彼は2ヶ月間家族を襲った。
彼はすでに母親を殺すことを決めた後、女の子と「楽しむ」ことを決めた。

彼の妄想は、若い女の子を拷問して殺すことだった。
切断、切断および過剰殺傷タイプの創傷構造はすべて、身体の部分に向けられ、犯行者は彼にとって性的に重要であり、これらの活動は性的刺激として役立った。

16歳の身体ついた傷は、彼の「拷問」妄想を代用していた。
彼女はすぐに死んでしまったので、犠牲者の苦しみを長引かせていた犯罪者は、彼の想像力と想像力に、彼の堕落のための渇望を満たすために必要な刺激を与えるよう求めた。
これは、犠牲者を殺す前に犠牲者を拷問し、物理的な拷問と腐敗によって生じた感覚の刺激を思い出す快楽殺人の殺人者と一致している。
彼の最初の被害者の傷害は、16歳の被害者に非常に類似していたことに留意すべきである。
妄想と儀式は彼にとって非常に重要だったが、彼は完全に支配され、彼の行動と検出を避ける必要性を十分に認識していた。

恐怖の快楽殺人 人を傷つけ殺すことにより性的興奮する

快楽殺人は、ある殺人犯罪者が誰かを殺すことによってHな満足感を検索する。
快楽殺人は性的倒錯で、性的興奮人間の死に対し満足する。
フレーズ「快楽殺人」は、サディスティック殺人事件の1898年の議論でリチャード・フォン・クラフト・エビングの原作に由来している。
一般的に、犯罪のこのタイプは、中にいずれかの殺人事件で明らかにされ被害者の身体切り裂き犠牲者の切除には、 内臓摘出したり、性器を破壊する、またはその両方が含まれる可能性がある。
切除は通常、死後に行われる。
殺人犯は死体と性交の行為をすることがあるが、常に性交するわけではない。

殺人事件の定義「凶悪殺人事件」は、犯罪者が被害者の身体の性的な部分、または臓器を刺す、切る、穿孔する殺人事件である。
女性の犠牲者の胸の除去(脱毛) 、身体にポーズをとらせたり支えたり、体腔への物体の挿入、人為的作用(血液のを抜く)と壊死症。

快楽殺人は、犯罪者の強迫観念を前提としている。
これらのタイプの殺人者が殺すだけでは不十分である。
彼らは自分の被害者の体との妄想を演出するようだ。
これは犯罪の「署名」の要素になる。

逸脱した妄想や行動の発達と影響に関する心理的な見解は、精神的な障害、具体的には性的なサディズムやその他の性的倒錯で発見される。

欲求不満は、犯行現場や殺人事件で明らかにされた精神病理に応じて組織化されているか、組織化されていないと分類されるかもしれない。
加えて、快楽殺人の殺人者は同性愛者だけでなく、異性愛者の方向性を持つかもしれない。
ジェフリー・ダーマーの場合、快楽殺人の精神のすべてが男性に襲いかかった。

快楽殺人は、時には身体に、異なる位置に、身体から衣服を除去しポーズをとらせ身体を支え、一般的に性的な異物の挿入をし、被害者の血液をぬき、死体性愛(人間の死体に性行為をするネクロフィリア)のこともある。

女性の快楽殺人の殺人犯の説明が存在するが、快楽殺人のほとんどのケースは男性加害者。
一般に、快楽殺人殺人は連続殺人者の間で最も一般的な現象である。
これらの犯罪者は殺人と性的満足の関係を結んでいる。
このタイプの犯罪者が犠牲者を選ぶとき、犯行者が性的に魅力的であると感じるものがなければならない。
この魅力的な特性は、犯行者のすべての犠牲者の間で共通であり、犯罪者の理想的犠牲者タイプ(IVT)と呼ばれる。
犯行者がIVTに合致しないために無視される可能性のあるターゲットはたくさんある可能性がある。
犯行者が理想的な犠牲者を見つけたら、痛めつけたり殺す前に、ストーカー行為やその他の略奪行為をする可能性がある。
妄想は快楽殺人の鍵となる要素であり、決して完全に達成することはできない。
快楽殺人は、時間の経過とともに進化し続ける妄想を持ち、それを達成するために奮闘するにつれてますます暴力的になる。

連続殺人犯の心理における最も重要な要素は、特に凶悪殺人者の暴力的な妄想である。
妄想は、「他人の苦痛を伴う精神病理学的プロセスに関連する、人を殺すことに対する侵入的思考」に伴うものである。
妄想は決して完全に達成することはできない。
時々殺人の経験は新しい暴力の妄想を生み出し、繰り返しのサイクルを作り出すことがある。
殺人犯が妄想を持つ目的は被害者の完全なコントロールだが、性的暴行はコントロールの手段として使用できる。
性的拷問は、犠牲者を堕落させ、屈辱を与え、服従させる道具になる。

妄想は、ポルノによって促進され、アルコールやその他の原因によって促進される可能性がある。
典型的には、空想は1つまたは複数の形態のパラフィリアを伴う。

快楽殺人という言葉は、殺人を犯した行為から性的覚醒を得た人、または殺人を犯すという性的妄想を永続させる個人を指すために、関連しているが若干異なる意味で使用されている。
性器切除または他の前述の特徴を有する。
したがって、それは性的倒錯の一種である。

快楽殺人の激しい妄想の動態は理解されているが、個人の暴力の妄想だけでは、個人が快楽殺人を犯したかどうかを判断するには十分ではない。
さらに、多数の暴力的なイメージを思い描いているため、個人が殺人犯であると結論付けることもできる。
その中には女性が関わっているものもある。
FBIのロイ・ヘーゼルウッドによって開発された犯罪調査分析モデル、プロファイラと快楽殺人の分野のトップ研究者の一人を採用した殺人探偵の重要性を示している。

組織化された快楽殺人の殺人犯の場合、生きている犠牲者に拷問が行われる。
組織化されていない個人の犯罪者の場合、被害者は即座に死んでしまい、死後の性行為の証拠が得られる。

しかし、いずれの場合も、切断、切除および過剰殺傷タイプの創傷構造は、身体の部分に向けられ、犯罪者は彼にとって性的に重要であり、性的刺激として役立つ。
これは性的サディズムと一致しており、これは慢性および進行性の障害である。
サディズムは、いくつかの快楽殺人の殺人の魅力的な要素である。
殺人犯の喜び犠牲者の苦しみに由来するものではなく、むしろそれ自体を殺す行為から生じるものである。

帝国主義は終わっていない

小さな弱い国は、国際法の影響を受けるかもしれない。
強力な国家は恐れることはない。

人権に関心を持つ人は誰でも判決を歓迎すべきだが、 イラクに対する違法な戦争を開始するための法的な結果を誰も直面していないことがわかる。
これは、「侵略犯罪」の定義に適合し、「最高の国際犯罪」と呼ばれている。
公平な体制でジョージ・ブッシュ、トニー・ブレアそしてその同僚たちが調査されなければならなかった費用は、テイラーが有罪判決を受けた人よりもはるかに重大である。

現代帝国主義の最大の例の1つは米国である。
米国は、大規模な協力や銀行の利益を促進するために、富と権力に対して経済的、文化的、軍事的な影響を利用している。
例えば、一部の銀行は、経済成長と発展を促進すると主張する他の国々に不当な貸付を行うが、これらの第3世界諸国は負債となり、支払われず脆弱になる。
これは特に中南米、アフリカでは有名である。
これらの第3世界諸国は、その後、天然資源、時には土地自体も取り除かれる。
これらの種類の政策は、帝国主義の中核であり、経済、軍国主義、または文化の影響を利用して郡を本質的に帝国に引き継ぐまたは同化させる。
米国には70カ国以上に約800の軍事拠点がある。

イラク戦争は、アメリカ帝国主義のモデルを提示している。
ブッシュ政権は、征服の行動を和らげるために、「自由」と呼ばれる無形の贈り物を提供している。
ブッシュ大統領は、「この戦争は征服ではなく、救うためにある」と述べた。
植民地主義の定義の1つである「発見のシナリオ」は、他のイラク人の文明との関係において提示されている。
植民地化と同時にもたらされた近代化は、歴史的に肯定的な結果として評価されてきた。

現在、ロシアの支配下にある日本の北方領土も現代帝国主義に当てはまるだろう。
中国とチベット・ウィグルなどもそうだ。

ウィリアム・ハーグ外務次官は、「最も深刻な犯罪を犯した者が、自分たちの行動を説明することができ、またその責任を負うことが示されている」と主張している。
しかし、国際刑事裁判所は、10年前に設立されたが、侵略罪は1945年以来国際法で認められているが、依然として「最も深刻な犯罪」に対する管轄はない。
これは、明らかな理由から、強力な国が昔のように強いままになっているからである。
また、英国、米国などの西側諸国は、侵略犯罪を自国の法律に組み入れていない。
国際法は、依然として臣下の犯罪だけが処罰される帝国プロジェクトである。

この点で、それは他の世界的な力に対応する。
その大胆な改革にもかかわらず、 国際通貨基金は米国の支配下にある。
すべての憲法問題は依然として投票の85%のシェアを必要とする。
不可解な見落としによって、米国は16.7%を維持し、その後の改革に対する拒否権を確保している。
バングラデシュ、イタリアはインドよりも8倍、イギリスとフランスは49人のアフリカ人よりも投票力が強い。

その結果、IMFは依然として欧米の金融市場が世界の他の国々に彼らの権力を投じる手段である。
例えば、昨年末、新興経済国に「金融深度」を増やすよう要請した論文を発表した。
これは「経済全体の財政主張と反訴」と定義されている。
これは、彼らが危機からそれらを絶縁すると主張した。
ブレトンウッズ・プロジェクトが指摘しているように、大規模な実体経済と小規模な金融セクターを持つ新興国は、大規模な金融セクターを持つ先進経済によって引き起こされた経済危機を最も良く克服した国であった。
アジア諸国に通貨自由化を強制し、西側の金融投機家に攻撃させた1980年代と1990年代には、IMFは財務力の手段として理解されるまでわからない。

IMFや世界銀行のように、ほとんど変化はない。
特別な演出のプログラムのような他のものは、世界的覇権に対する新たな課題に対応して進化した。

英国の外国人および情報機関は、他の国の事態を引き合いにして、彼ら自身をグローバル警察として見ている。

けものフレンズによりオタクを環境に配慮する方法



けものフレンズは日本でアニメのファンを吹き荒れてしまった。
けものフレンズはブルーレイやCDなどのチャートトッピングでもうまくいった成功例だ。
どのように動物の人々についてのそのようなシンプルな3DCGの漫画は、非常に多くの心を勝つことができるか?
その答えは、驚きに値するだけでなく、永続的な印象を与えるのに十分に愛想を感じることだ。

シリーズの最初のフックは、かばんちゃんが(そして実際に彼らが会う)どのようにかばんちゃん自身が何であるかを特定することができないということだ。
ジャパリパークの荒れ果てた状態を考えると、けものフレンズの世界は、それ以上のものであることを早期に示唆している。
それはポスト黙示録か?
何か不吉なことか?
アニメがそのすべてのことにもかかわらず、そのゆったりとした感情を維持しているという事実は、ショーに他の場所で見つけるのが珍しい珍しい魅力を与える。
さらに、すべてのエピソードで、かばんちゃんは、人間には簡単には届くが、友人には理解しにくいものがある。
状況分析などを行い、一種の興味深い自己反映位置を作る。

私は、けものフレンズの成功の一部は、安いアニメーション、予期せぬユーモア、そして声優の演技を組み合わせたショー、gdgd妖精sのDNA系統を運んでいることだ。
シリーズはてさぐれ!部活ものはこの静脈のもので、そのアニメーションディレクター、たつき監督は、けものフレンズの後任のディレクターだ。
けものフレンズはgdgd妖精sやてさぐれ!よりも即興的な要素がはるかに少ないが。
てさぐれのような、シンプルなCGを使用して、穏やかではあるが軽度に奇妙な世界が残っている。
ある意味では、けものフレンズは、このアニメのストーリーの「進化」であり、前任者のニッチアプローチよりも幅広い消費に適合するようになっている。
しかし、けものフレンズの人気をDNAの断片やDNAに完全に帰属させるのは間違いだ。

シリーズがうまくいっているもう一つの理由は、実際には、特にオタクの視聴者のための、非常に効果的な環境意識漫画だからだ。
私は、環境漫画のデフォルトイメージがかなり明白な(そして間違いなく説得力のある)作品であると思う。キャプテンプラネット、風の谷のナウシカのような
対照的に、けものフレンズはそれほど直接的なアプローチをとっていない。
普及していて不明瞭な様々な動物の「フレンズ」バージョンを導入するだけで、彼らの実際の動物行動に結びついた性格特性を与え、サーバルちゃんとかばんちゃんと対照すると、彼らは記憶にコミットするのと同時に思い出に残るキャラクターになるそれらの動物の資質。
おそらく実際の動物園の動物園や他の動物の専門家が実際の動物を非常に詳しく描いているアイキャッチよりも、何も強調していないだろう。
専門家の言葉には、その動物のフレンズバージョンの画面描写が付いている。
その結果は、ヘタリアや艦隊これくしょんにより実際の歴史についてもっと学習する方法に沿ったものだ。
言い換えれば、サーバルちゃんは単に猫耳少女ではなく、彼女は本当にサーバルキャットの具体化しており、すべてのサーバルキャットを手助けしたいと思うかもしれない。

けものフレンズはアニメーションの点で印象的ではないが、奇妙なカリスマ効果がある。
ショーは全員で勝つことはできないが、誰かがこのシリーズを楽しむかどうかを本当に判断するには2つのエピソードしかないと思う。
それを見ている人は、沢山の異なるプレートの巧みなバランスを取るショーで報われるだろう。

ユーリー・オドナチェヴァ ソ連の伝説的殺人鬼の息子

ソ連(ロシア)の最も有名な連続殺人犯であるアンドレイ・チカチーロの息子、ユーリー・オドナチェヴァ(Yury Odnacheva)は、ウクライナの東部で殺害罪を犯したと逮捕された。

彼は2009年に数回殺人しようと逮捕された息子、ユリーを傷つけたにちがいない。父が父なら子も子。
ドンバス紙によると、ユリー・オドナチェヴァ容疑者(39)は、ウクライナ東部で逮捕されたが、ソ連の最も有名な連続殺人犯であるアンドレイ・チカチロの息子が、ウクライナの東部で逮捕された。知人を刺した疑い。
同紙は、警察当局のセルゲイ・カラクツァ(Sergei Karakutsa)高官を挙げて、トイレに行ったときに、二人の男性が "ビジネス"の中心にあったと述べた。数年前に姓を変えたオドナチェバは、ナイフを抜いて30歳の仲間を何度も胃に刺したと言われています。
同紙によると、負傷した男性は車に乗り、地元の市場に駆けつけ、救急車が呼ばれた。被害者は、多くの血液を喪失し、緊急手術を受けた重大な状態にあった。
医師はその後、刺す犠牲者が治療に反応し、傷が治癒していると報告した。
窃盗と暴力で有罪判決を受けたオドナチェバは、被害者が最初に車を盗んだ後、「どこかの泥棒に乗った」と告発した。

ロシアで最も有名な連続殺人犯の息子が、殺人罪で逮捕されたという事件である。
ウクライナ生まれのチカチーロは、52人の殺人事件のために1994年に処刑された。その多くは子供です。彼は53人を殺害すると認めた。

アンドレイ・チカチーロといえば、死体を切りつけ食べた猟奇的なカニバリスト殺人鬼である。
1978年から1990年の間にソ連で56人の女性と子供を殺害し、殺害した。
彼の事件は犠牲者の数が多いだけでなく、調査中にソビエト警察が警察に警告を出そうとする努力が、共産主義社会で一連の殺人が不可能であったと主張する国の公式イデオロギーによって妨げられた。
チカチーロは1930年代の偉大なウクライナの飢饉の後に育ち、その間に何百万人が死亡し。
彼の子供時代、彼は彼の母親によって、彼が隣人に誘拐され食べられた兄がいることをいつも聞かれた。
検証できない物語は、チカチーロに犠牲者の一部を食い止めようとしたようだ。
チカチーロは第二次世界大戦中にドイツの捕虜がソビエト捕虜たちにどのように拷問されたかを記した物語に特に関心のある読者であった。

チカチーロは軍隊をやめた後、電話技術者になり、1963年に結婚した。
1971年に学位を取得し、教師になった。
しかし、一部の両親がチカチーロによる子供に対する性的暴行に訴えた後、彼は辞職を余儀なくされた。
チカチーロは、1978年にロストフ・ナ・ドヌー(Rostov-na-Donu)などの様々な都市を旅行し、鉄道駅やバスやデパートで会った人間の殺害を始めた。

すべての被害者が特徴的な犠牲を呈したため、警察はまもなく連続殺人犯がこの地域で活発だったことを知った。
それにもかかわらず、チカチーロは、犯行がソビエト連邦の崩壊する社会の弱点を悪用したために、長年にわたって検出を回避することができた。
貧困は青少年を街に捨てたいと思っていたが、友人や連絡先が少なく、お金もなかったので、簡単に危険な状況に誘惑され、その消滅はしばしば気づかれなくなった。
1984年、チカチーロは警察官に逮捕され、駅の女の子を虐待したことを目撃した。
ブリーフケースには長いナイフ等の凶器があり、警察は彼の血液型を誤って確認した。
やはりその血は争えないのか。
ユーリは人肉は食べなかったようだが、やはり彼も普通の人には考えもつかないような恐ろしい思考をしているようである。

欧州連合の今後 どのような機器やチャンスが訪れるのか

この記事は、1992年に書かれたフランク・ビアンチェリー(Franck Biancheri)の最初の本(出版されていない)に触発された。
第二次世界大戦の終わりに想起された欧州プロジェクトの創設原則(共同で構築する手段永続的な平和と豊かな大陸)は、ヨーロッパ帝国(ヨーロッパ植民地化、ナポレオン、ヒトラー...)のよく知られた反射が一番上に戻ることになる。
この場合、フランク・ビアンチェリーは、欧州の建設プロセスをコミュニティの軌道にとどめることが、民主化につながると考えていた。

数年後、欧州連合(EU)の名前を変更したマーストリヒト条約により、あらゆる種類の「組合」に対する不信を持つフランク・ビアンチェリー氏は、この選択があまり朗報ではないと感じた。
23年後には、ヨーロッパの民主化の前線には何も進んでおらず、危機はコミュニティプロジェクトの完全な脱線のための好都合な状況を提供する。
私たちは、(常に存在していたが、比較的効率的なセーフガードの仕組みに収斂している)どのような傾向が再浮上の過程にあると言うことができるかを示す。
しかし、他の指標にも焦点を当てることを優先して、最終的な期待を表明することはまだ拒否されている。

今年の夏は、「悲劇的なシナリオ」につながる間違った道へのコミットメントを示すと考えている。
フランク・ビアンチェリー氏の幻想的な作品「 世界の危機:その後の世界への道 」で述べたように、危機に直面したヨーロッパの大きな利点を活かし、望ましいものとして、ブリュッセルで非民主的な非ヨーロッパ人である彼らはまだ未完成の正のヨーロッパの建設プロジェクトを完了するために危機を構築することができないと証明する。

ウクライナの危機を米国が率いる運営として分析し、西側のキャンプ主導者へのヨーロッパの運命を封じ込めることを目的とする。
この操作は、その理由を知らずに突然、ロシアとの戦争で自分自身を突き止めたヨーロッパ側の戦闘訓練として実行されている。
ヨーロッパ人が最初のショックから目を覚ますと、ヨーロッパの国家間の反ロシア人とロシア人の間の世論の核となる支配階級の間で、実際には特に西欧のイデオロギーとヨーロッパ大陸の独立の擁護者との間にある。

最後の2つのGEABの問題では、欧州の事態管理の回復の指標に注目して、「衝撃の条件」が満たされたという事実に焦点を当てた。
しかし、今年の季節を特徴づける警戒の喪失とともに、夏が終わった。
そして、夏の終わりには、新しいフランス政府の再編が起こる。
この事柄について何らかの感覚を覚えようとしたら、急速な指標を特定しようと努める中で、主要なグローバルな地政学的再構成を踏まえて読んだシーズンの他の重要なテーマ(イラク、ブラジルの総選挙、日本の政府改革)世界の双極化 - または多極世界の出現における進歩のもの。
帝国の誘惑に向かう危険なヨーロッパだけではないことがわかる。

明日の世界のこの痛ましい誕生の中でヨーロッパは役割を果たしているが、グローバルな双極化の危険性が増し、エリートの核心である権力のイデオロギー(ヨーロッパ - 帝国)によって供給されることは確かだ。

我々の推論は、EUの爆発が2種類の反応を引き起こす可能性があることである。


(崩壊した)ヨーロッパ建設プロジェクトを喜んで再開し、政治的・民主的組合の舞台を建設するために、削減された高度に統合された加盟国。

超自由主義、負債、拡大、西洋主義(ヨーロッパ帝国)、第2期建設(1989-現在年)の創設資源を強化することによって、どちらの場合でも、我々は政治家がヨーロッパに戻る過程にあると考えている。
しかし、それが最初か2番目のシナリオであるかにかかわらず、この政治家はもちろん同じ特性を持つことはない。

両国は、現在、EUと欧州レベルの両方で、EUの権力の廊下に直面している。
我々は、ヨーロッパ - 帝国主義路線が優位を獲得しようとしているが、最終的にヨーロッパのコミュニティの勝利を見ることに絶望していないと考えている。

EUの爆発:スコットランドの国民投票、東欧諸国の統合に失敗

EUは爆発的である。
我々はすでに、加盟国の多くの政策、特にシェンゲン(Schengen)地域における自由な財や人の移動に対する挑戦を十分に説明している。
さらには、英国が1992年に誕生して以来EUを構成する権力であるEUの撤退計画に取り組んでいる。

スコットランドの国民投票:

EUを離脱したイギリス(英国)。
スコットランドの国民投票による英国の高い分裂の可能性をこのリストに加える必要がある。
何ヶ月も前、投票により勝利を予期するリスクを冒した。
そしてさらなる期待を提供する。
投票により勝てなくても、どんな場合でも、この国民投票は英国を変えるだろう。
ロンドンは無票決の勝利が王国の組合を強化することを望んでいたが、非常にタイトな結果の確信をもって、スコットランド(Cats)にはすでに多くの譲歩をしなければならなかった。
すでに自治の同じ進歩を得るための出発点にある。

それは、主要な傾向が阻止されるべきではなく、悪用されるべきではないという政治的予見の原則に沿って、英国は連邦制へのシフトの恩恵を受けると考えている。
私たちはしばしば、中央集権化された国はもはや21世紀の世界の課題に適応していないと言った。

また、英国人は機会主義者であり、跳ね返る方法を知っている。
英国の連邦化は、そのエリートに、そのような運命の捻出をいかに活用できるかを示す良い機会を与えるだろう。

失敗した東ヨーロッパ諸国の統合:

EUは同じように東側で分裂する危険性がある。

現在、EUは危機に瀕しており、東欧諸国にとってはあまり魅力がないように見え、一部の国々は欧州連合に疑問を呈することなく、以前の侵略者であるロシアに何が起こっているのか注目し始めている。
ヴィクトール・オーバンのハンガリーはこの道を一番下にしており、この政策のアイデアをより詳細に見るためにはうまくいくだろう。
彼は彼についての強盗の気持ちを持っていても、それについての独裁者は何もない国の独立...しかし、ヨーロッパでは、これらの最後の数年間、東方を見ることは、反逆とみなされてきた

特に、安全保障と防衛政策の点で、明確なヨーロッパの政治的弱点に照らして、他国は自国の防衛システムについて議論することになっている。
このようにヴィシェグラード・グループ (そのメンバーはハンガリーを含むが、最近スロバキアには外国軍隊が欲しいと言っていない)、防衛と防衛システムを設置するために数年間働いている方法は、それらを自律的にする。

我々は現在、EUの国境を救うためのあらゆる国防プロジェクトを提供することができないEUの無能力の直接的な結果として、この時点ではっきりとしている。

ブルガリアは現在、ウクライナを迂回するサウスストリームのガスパイプラインの建設でロシアと協力したいと考えている。
しかし、ウクライナの危機的なブリュッセル以来、ブリュッセルはそれを禁止している。
しかし、ブルガリアはその建設に2つの関心を持っている。
第1に、それはエネルギー供給を保証し、第2に、ロシアガスの通行料金の徴収のための重要な財源ではない。

最後の欧州選挙における東欧諸国の参加率は、これらの国の統合の失敗の程度を明確に示している。
EUの統合とNATOの統合の目的をしばしば混ぜている純粋に商業的で政治的な考慮事項ではなく、統合が早すぎる。
経済組合としては、しばしば、彼らの地域経済を破壊した西洋ビジネスの侵略としてそれを経験したことがある。

ウクライナの危機がおそらく、それがロシアとの協議ではなく協議して行われるべき残された希望で欧州の防衛を確立する機会を提供すれば、この点で何らかの失敗は、欧州連合(EU)にとって大きな障害となるだろう。
欧州連合(EU)は、特に政治的、民主的な統合を増強するプロジェクトを拒否し続けている。

通常はシナリオを選択するが、この場合はシナリオを選択しない。

実際、欧州建設プロジェクトは、マーストリヒト条約の後、ほぼ完全に停止した。
経済組合が成立して以来、経済統治、税制に向けた作業の継続を必要とする通貨統合政治的組合、そして民主化が挙げられる。
しかし、私たちは途中で止まった。

歴史的な類似点は多い。
ソビエト連邦と並行して、世界経済をもはや支配していない西側諸国は、50年代のソ連のように壁を築き、この競争を不公平と判断した。
ナチズムの上昇と並行して、資本主義的な経済政治体制と並行して、過剰拒絶が強く拒否され、徐々にその機能の特徴である権力と資金の集中を正当化する権力主義を発展させる。
ドイツだけでなく、ナチスのイデオロギーが実際にすべての欧州の勢力路で共有されているのと同様に、ブリュッセルでは、多くのヨーロッパ人が多くのヨーロッパ人を引き寄せている。

結局のところ、このようなイデオロギーはアメリカ人ではなくヨーロッパ人のものであり、それを支持した人々は、米国は欧州の延長である

以前のGEABの多くの問題では、EUが欧州ではなく、マーストリヒト条約のもとで組織された組織であり、失敗したことを示している。
EUの終わりにユーロランドの誕生。
ユーロ圏のガバナンスの構築を加速させたユーロ危機の管理から始まったEUへの代替案の出現は、 しかし、ユーロ危機が当然、ユーロロシアのような地政学的危機であるユーロ圏を強化すれば、EUとそのすべての欠陥が強化される。

欧州連合はより優れた外交、完全な単一市場が訪れる

明日の欧州連合(EU)は、より統合された外交政策、ユーロの終わり、より完全な単一市場、より現実的な政策によって定義されるだろう。

この狂気の終わりに、EUはどのように見えるだろうか?
これは最近、ある形か別の形で多くのことが聞かれる質問である。
ほとんどのオブザーバーは、これらがヨーロッパにとって特別な時代であると感じており、政治の現実はむしろまもなく変わるかもしれない。
そして、歴史の中で最大の政治プロジェクトが内外の圧力によってどのように変化するのかを予測することは不可能だが、これらの圧力はすべて、ヨーロッパの未来に向けてある方向を指している。

すべてのこの狂気に決して終わりがないだろう。
人間の問題は決して終点に達することはない。
これらの問題を凍結保存できる魔法がある。
EUは目的を果たしており、その目的や目的が変わるにつれてその活動とその設定が適応される。
何回も何回も。
その瞬間に時代遅れになる想像上の最終的な結果を見るのではなく、組合を形作る力を見てみよう。

最終的には、EUを構築するのはヨーロッパ人のニーズである。
はい、政治的リーダーシップと欧州市民に代わって市民の大胆さの良い助けが必要であり、どちらも今日では十分に供給されていない。
しかし、根本的に、EUは今日のニーズに応えるか、危機に陥る。
そんな瞬間が今日に達した。
そして、ヨーロッパ人が観察している現在の危機は、もはや今日のニーズに適切に対応していないプロジェクトの再調整にすぎず、したがって改修が必要である。

この瞬間を以前の存在する危機と違うものにするのは、統合の方向性が過去よりも現在より拡散しているということである。
いくつかのニーズはより統合化を指しているが、 私は、長期的には、最終的な結果がより統合されると確信している。
しかし、 EUの条約に盛り込まれている狙いは、卸売業の「より緊密な組合」ではないだろう。
少し拡散したものになるだろう。

圧倒的な必要性の最大のものは、将来的にヨーロッパ人は政治的グローバリゼーションの厳しい風に反応しなければならないということである。
政治的グローバリゼーションは、過去10年間に無限に話されてきた経済的グローバリゼーションだけではない。
それは単なる地域構造を超越した惑星における政治秩序の探求である。
自由秩序、多元主義、政治的安定、大きな闘争の欠如が何らかの形で当然のように取られている慰めの居心地の良い、米国補助金の隅からヨーロッパ人を引きずり出すだろう。

ヨーロッパ人は政治的グローバリゼーションで失われることが多い。
そのライフスタイルは維持して守るのが難しいからだ。
彼らはそれを欲しがるので、他の人はそれに参加したい。
それでも彼らはそれを憎むので、それを破壊したい。
そして基本的には、ヨーロッパ人が保証できない世界的秩序に依存している。

このすべては、ヨーロッパ人が政治的グローバリゼーションで競争し、世界秩序に貢献することを可能にする船の必要性を生む。
政治的グローバリゼーションでは、 ドイツ 、 イギリス 、 フランスなどの大きな欧州諸国でさえ単なる脚注にすぎない。
一緒に、彼らは差をつけるチャンスを持つかもしれない。
EUはその船でなければならない、あるいはそれが壊れるだろう。

だから私の最初の予測は、中長期的には、欧州の外交政策、さらには安全保障と防衛の統合さえもあるということである。
巨大な痛みの前ではなく、多くの国家の抵抗。
しかし、もしヨーロッパ人が自殺していないとすれば、私はそうではないと思う(集団的な自殺に関するヨーロッパの貧しい実績を考えると、私はここで間違っているかもしれないが)。
うまくいけば、遅かれ早かれ。

私の2番目の予測は、ユーロは将来のEUの一部ではないということである。
共通通貨は、存在しないニーズである。
ユーロは悪い考えだと言っているわけではない。
私は実際にそれが非常に良いアイデアだと信じている、そして、私はヨーロッパ人がそうするために必要な政治的組合を作り出すことによってそれを生き続けることを望む。

しかし厳密に言えば、ユーロに対する魅力的な必要はない。
政治的および経済的なグローバリゼーションは誰もがなければ風化することができる。
ヘルムート・コール元元首相とフランソワ・ミッテラン元大統領が通貨統合の道を開くと考えたのとは対照的に、より深い統合を進めるために通貨は必要ない。
はるかに大きな力が働いている。
もし彼らがヨーロッパ人をもっと近づけるには十分でないなら、共通の通貨は確かにそのトリックをしない。

第3に、私は、重い苦痛の後、より完全な単一の市場、そして移住への共通のEUのアプローチを見込んでいる。
移住者の統合ではない。
欧州では、より密接に統合された市場に対する大きなニーズがある。
高いレベルの経済統合は、欧州に経済グローバル化の強さを与えたものであり、この統合は政治グローバリゼーション時代のヨーロッパの生存に大きな役割を果たする。

当然のことながら、これは石炭、鉄鋼 、 バナナなどの品物や以上であり、EUの単一市場への発展の主要章の主題である。
より緊密な統合には、サービスだけでなく、訓練とスキルのための巨大な市場も含める必要がある。
それは人々のための適切な「市場」を構成しなければならないように、エネルギー組合を構成するだろう。
この市場には、現在絶滅の危機に瀕しているEUの自由運動の原則だけでなく、 それには、移民のために適切に規制された共有の「市場」である裏返しも含まれる。
どのようなナショナリストの感情がそれに反していても、今日は不可能なように見えるだろう。

最後に、EUはより多くの現実的な政治主導型になるだろう。
これは私がほとんど誰もが叩かれることを私が予測する場所である。
ここでの現実的な政治は、EUが価値のより少ない労働組合であり、より多くの取引をする政治を意味する。
理想主義的ではなく、より機能的になるだろう。
私はこれが良いことだと言っているわけではない。
私はこれを主張していない!
私はそれが異なっていてほしいと思っている。
そして、ヨーロッパ人は、可能な限り高いレベルの共通の道徳観と価値観に統合することができた
しかし、これは起こりそうにない。

ヨーロッパ人は、皮肉なことに、自分たちの価値観のレベルを下げて、統合されたクラブ内でより多様なアプローチを受け入れることによって、政治的グローバリゼーションの時代における価値観の核心を維持することにより効果的になる。
だから私は、ヨーロッパが象徴したいと思う偉大な理想よりも価値が最も低い共通分母の近くで扱われるヨーロッパを予測する。
これは終わりのない緊張の源泉になるだろうが、極端な政治グローバリゼーションの世界で失われるだけの最大限の道徳を分裂するよりもコストがかからない。

一緒に見て、これは本当に非常に異なるヨーロッパになる。
ヨーロッパの人々は統合されたヨーロッパのアイデアに対する愛を感じるため、統合されなくなる。
統合は、痛みが本当に大規模な場合にのみ発生する。
そして、それは全部ではなく、一部の政策分野だけで大規模である。

EUの連邦主義者にとって、このビジョンには本当に希望はない。
しかし、彼らは彼らが望むものをいくつか手に入れている。
同様に、ユーロ懐疑論者が望ましいと考えるよりはるかに多くの統合が存在する。
もちろん、それはもう一度全部変わるだろう。
それが必要である。