個人情報 住所は個人の属性情報だが本人が識別できないなら使っていい

個人情報のうち、属性情報は依然として最も重要な情報であるが、属性情報でも、それを特定できないような方法で使用することは違法ではない。
まず、そのような属性情報は注意深く保護されるべきであると言える。
特に、属性情報が敏感なものの場合、すなわち、属性情報だけは漏洩は避けなければならない。
もちろん、特定の個人をその情報だけで識別することは不可能であっても、実際に他の情報と容易に照合でき、個人が識別することが可能になる場合は、おおよそ個人情報として保護されなければいけない。

しかし、これは同時に、属性情報を使用することがある。
消費者の理解を促進するために、具体的な例を挙げて説明するか、属性を示すことによって人を特定できないように説明することができる。
病気の治療法を説明する場合には、実際に起こった事実を具体的に示し、経過や症状をさらに説明することがある。

患者を理解するためには、それぞれの特徴を示す行為が必要である。
個人を特定できないようにアパートの住所を指示したり、階段の数階数を示すなど、すなわち方向を示す場合には、属性情報であっても使用の必要性が高い場合は使用すべきである。
例えば事業者ならば、自分自身を特定することが可能であっても、第三者に多少提示された場合には、第三者がその個人を特定することができず、自分自身が個人情報を第三者に提供されたと考えることはできないと言えるだろう。
しかし、通常は類型情報として使用するのが良いと言われているので、個人を区別できないように使うのが良いだが、情報の一部を慎重に削除することで個人を特定することができないことを考慮して使用すれば、属性情報であっても使用することができると考えることができる。

このため、正当な使用であり管理義務違反はないはずである。

個人情報 メールアドレスは個人情報こともある

ちょっと注意深い判断が必要であり、メールアドレスだけでは個人情報ではない場合があります。
メールアドレスもいろいろな種類があるので、注意が必要です。
まず第一に、氏名が明記され、会社名が明確に記載されている可能性があり、電子メールアドレスだけで特定の個人を特定することが可能な場合があると言われています。

また、hashimotoTAROU@touzai.co.jp(東西株式会社の橋本太郎)の場合、特定の個人を特定できると言える。
h-tarou.co.jpの場合、特定の個人を特定できるかどうかはわかりません。
もちろん、特定できるかと言った基準だが、特別な情報を持っていないのだが、判断能力を持つ人が決定を下すとき、一人しか想定できないと言うことができ、個人を特定できると考えることができ、つまり、J.t.co.jpでも特定できない。

実際、あなたは名前が言及されている事例について考えるでしょうし、会社のアイデンティティは社会的常識から見て単一の個人によって認識され、識別されることができます。
次は一般的に、事業者にとってはどうかについて述べ、おおまかに言えば、特定の個人を特定することはできません。
事前登録などの情報があるビジネスはかなりあります。

この情報を持っている事業者は注意深い取り扱いが必要であり、また、特定の個人を簡単に照合することができる情報を特定する機能もあります。
たとえ事業起業家であっても、事前登録などで個人の名前をとらないなど特別な配慮をしても、持っていないと評価する必要がある場合があります。

電子メールアドレスであっても、個人名を避けて登録するよう指示し、実際に個人名などを実際に収集しない場合は、収集した電子メールアドレスを見てみましょう。
一見して本名があるようですが、登録時に個人名で登録しないように教えるときは、架名、偽名、ニックネーム、ペンネームがアドレスになっていることがある

個人情報 筆跡から個人を特定されることはない

個人名を書かなくてもいいという形式の多くのアンケートがあり、筆跡から個人を特定するには、筆跡鑑定などの特別な措置を取らなければいけないので、自由に使用できる。
それが特徴的なものなら、手紙を見たことのある家族や友人などならば書かれた手書きの文字を見て、特定の個人を広範囲に識別することも可能かもしれない。

手書きの文字だけから、個人を識別することができず、筆跡が非常に似ていると言っても、十分な筆跡鑑定の専門知識がなければならず、手書きのアンケートの場合には使用できないかどうかは問題だが、使用してもいいといえる。

その筆跡鑑定の持っていない限り、誰の自家わからないのでので、個人情報ではない。
遺伝情報と同じで科学的に識別可能な人物は確実に特定することができると考えられるが、データを持たない普通の人物には識別できないため、個人情報ではないとみなされる。

個人情報 古本屋やホームページにある名簿でDMを出す

買収または売却、または公的な情報の使用により、正当に集めることは合法です、自由に使うことができます。
同窓会のリストは販売されているので、個人情報の購入、収集、ビジネス活動への利用が行われる。

従業員リスト、有資格者のリスト、町会の登録簿なども販売および購入の対象となり、同窓会の名簿は元々は取引されていませんが、実際には古本として販売されています。
中古書店などで販売されている名簿を購入するのは違法ですが、名簿は販売禁止品ではなく、法的に制限されているものではありません。

有名人としては欠かせない情報提供、宣伝、キャリア開示など重要な側面もあります。
名簿の所有者から不正行為や窃盗などの不正な手段で取得した場合、不正に取得されます。それ以外の場合は正当な売買行為であり、批判されることはなく、いろいろな名簿がありますが、使い方も重要な面です。

公表された情報から個人情報を自由に収集することができ、過去に取得した個人情報を自由に使用することができる。
公的情報と呼ばれても過去に取得したり利用したりした場合は、本人が提供又は公表した場合には、本人の意向及び事業者の意向及び使用目的特定商取引に関する法律に基づく違法使用に限定されているため、注意が必要である。

個人情報 たくさん個人情報を収集した方がいい

しかし、個人情報の漏洩事故が増えているので、企業は非常に注意していますが、過度の対応は危険であるが、しかし責任ある事業を行う場合は、個人情報を取得する必要があります。
ちなみに、移動中に名刺を受け取らなくても、受け取った名刺を削除す、まず個人情報をを集めないで、使用しない、所有しないなどの指導がが増えます。

もちろん、個人情報保護法第1条は、実際には個人情報の使用を前提としたものであり、個人名や住所を一切使わずにビジネスを構築できればいいと思いますが、ほとんどの企業は個人情報を使用してい、つまり、個人情報は顧客に細かいサービスを提供するために提供されています。
一般的な過剰保護のためには、回収自体を制限したり、一般的な使用行為を制限するなどの行為は無駄であり、十分注意する必要があります。

私たちは、きわめて個人的な情報を使用を使用して顧客に十分なサービスを提供できることをもう一度認識しなければなりません。
個人情報保護法では、顧客との正確な情報利用に関する合意を明確にし、さらに守る目的を明確にするために、信頼の基盤を確立し、信頼を確保することを求めているからであり、これは個人情報を保護し、顧客は安心して信頼できるビジネスになるので、顧客よりも有用な個人情報を顧客から受け取ることが重要です。

そして、その基盤を作るために、お客様は安心して個人情報を提供することができ、そのため、信頼関係に基づいて提供される貴重な情報は、信頼できない人々に情報を提供するものではありません。
例えば、個人情報保護法は、個人情報利用促進法とみなし、活用法に関するものであることを認識すべきであ、最終的に得られた豊かで有用な価値情報を基に、他の事業者が顧客に提供できない多様かつ慎重なサービスを提供することができれば、顧客は安心してサービスを提供することができ、他の人には許されません。

同様の統一サービスを顧客に提供するビジネスであれば、個人情報を取得しない方が良いと言えるでしょう。
顧客の個性に着目し、お客様のニーズに合ったサービスを提供するビジネスであれば、顧客の個性を把握し、正確に認識し、最後に回答する必要があり、まもなく多くの座席があるレストランでは、同様のサービス品質を提供しますので、会員制度などの仕組みは必要ありません。

ボーナスとして、個人情報を収集することはビジネスに不可欠な仕事をすることができます。
したがって、個人情報の取り扱いにおいては、付加価値を生かす、他の情報を活用す、価値のある情報を完全に保護す、つまり安全対策を行うという考え方に対処することが重要です。

それにもかかわらず、付加価値を生み出す重要な情報(慎重に扱われる視点など)を活用することが重要であり、そのため、安全管理だけで目が覚まされた場合は、使用しない、使用しない、価値を生み出さない、不要な情報コストをそのまま適用することはできません、対策、原点の悪循環がない始めに、段ボール箱に投げ込まれたまま残しておけば、大量のごみとして流出し、漏れた結果になります。
確かにBSのデジタル放送会社は情報を放棄し、必要な場合はその後、毎回入力する方法を取ったようです。

個人情報 DM送付を行う時、業種を特定しなくていい

特定の識別までは必要ではなく、ちなみに、提供すべき情報が多い場合は、単に「情報提供サービス」と記入してください。
通販やグループ新聞折畳み企業のDM送信など、さまざまな情報を提供する企業があります。
つまり、通販業界が販売方法によって分類する場合と同じであり、また、タスクは特定のタスクを実行するのではなく、最終的に多数の企業を広告するための情報であれば、宣伝メディアに置くことができる情報であれば、何かを宣伝する必要があります。

もちろん、実際には特定の産業や特定の産業を専門とするだけでなく、他の産業を仲介する多くの日本の産業分類があります。
一般に、仲介事業などは多数のビジネスを仲介し、特定のものに限定することはできませんが、時には常に複数のタスクを仲介して実行します。
この中で独立した事業又は単一のサービスを受ける場合は、個々の判断、個々の苦情、そのような合意を受け入れる仕事の数などが発生した場合には、さらに拒否することが望ましい、常に顧客の視点から見ると、事業者が継続して提供する情報や仕事によっては信頼性の高い情報提供事業や仲介事業を提供する事業があり、これは便利だと言えます。

個々のサービスの場合は、一度の個別サービスのために個人情報を提供する必要があり、そのため、一度だけの情報サービスを受けるために自分自身を提供します。
確かに、顧客としては、窓会社に情報を提供するだけでよい、たとえば、暫定情報提供または継続サービスを終了する場合は、1つのプロセスで停止することができ、そのため、最終的に特定のカウンターサービスのようなものがあり、サービスプロバイダーを選択して処分す、つまり一括して処理するための煩雑な作業はなく、単一のサービスごとに個人情報を提供するという不安もあり、危険を負う必要はないというメリットがあります。
これは、1人の事業者に関する懸念のある停止やオプトアウトの回避という点で、優れた仕組みといえます。

もちろん、顧客がディスプレイを持っている場合は、様々な情報が最終的に送られることが理解され、いずれにしても事業者が個人情報を管理し、他の事業に提供されていない、さらには個人情報の信頼性の高い使用2つの目的が正確に実現され、むしろ、視点からは、ビジネスの合理性と顧客の安全性を考慮し、利便性を重視する場合、情報提供者はそれに応じて情報とサービスを提供するが、情報の程度プロビジョニングサービスでありそれで十分でしょう。
このため、お客様の視点から、会社が何をしているのか、それが顧客のようになるのかが明確である限り、特定の使用目的の要求が書かれている必要があり、それが送信するビジネスであることを知っている場合、つまり、送信する情報のタイプと関連する業界を詳細に記述する必要はありません。
詳細を求めることは煩わしく、問題をあまり明確にしないといけません。
行政指導はそのままビジネス活動を表現するように求められていますが、こうした指導は間違いとみなされますので、まず注意してください、

個人情報 事業部ごとに利用目的を特定しなくてもいい

大企業にとっては、各部門の使用目的を明確にし、各部門に目的を示すように指示するように教えられているようであり、事業者として指定し、会社内で活用する必要がある。
顧客は事業部門ごとに分けられ、顧客情報を共有することができない仕組みになっており、ビジネスエンティティとしての競争力は急激に低下し、情報の基本的な使用を妨げるだろう。

ビジネスエンティティとして、顧客情報の活用方法と顧客との信頼関係を構築する方法も戦略上の問題なので、十分なビジネスコンテンツを検討することが不可欠であり、大規模な会社の中で経済的に独立してデータベースも独立しており、部所の名が有名なブランドとしれ知られている特殊なケースでは、ビジネス部門がいわゆる独立した事業として行動できる可能性があることは事実である。
個人情報の観点からは、いったん事業部制をとれば、個人経営などの仕組みにはならない、企業等の事業体であり、行政監督が行われるものとする。

会社内では、企業全体の企業顧客の情報を共有、分析、活用し、ビジネス部門だけが責任を負う仕組みではない。
それを使用しない限り、個人情報の本来の意味は減少し、企業としての競争力を強化することはできず、お客様が顧客情報を十分に活用し、顧客を信頼できる仕組みを提供する必要がある。

各部門が管理する状況が顧客と無関係で、顧客として顧客に提供された場合は、企業として正確に管理されることを望み、会社が何度も個人情報を求めて何度も同意を求めた場合、顧客としてはその会社の個人情報の取り扱いに大きな不信感を持つ。
それは会社に提供されていたはずだが、たとえ上記のビジネス部門が違うと言われても、私たちは顧客と消費者への預金を知らないのであり、ビジネス部門での注意深い取り扱い態勢を理解することはできるが、相互に使用できない場合は、個人情報の利用に問題があるだけでなく、単に不信感を与える。

各部門で異なる目的を使用すると、使用できない情報が増え、各部門の使用目的を指定する場合、別の部門と異なる目的がある場合は、使用目的に違反する可能性もある。
事業部門を独立して分け合わせたり、お互いを共有したり、お互いに使い分けたりして、別々の企業として扱うなら、対処方法は想像できないが、一般的には事業部門システム分離が行われていない現状から、不合理な仕組みは不合理にな、事業部が前提で協力しているのか、事業部門の部門が関与しているのかにかかわらず、顧客への共有使用を明示し、事業継承を知らせるなどの作業を求められる。
出生時には、正式な事業部門の垂直部門に問題があり、合理的な理由がなく、相互の使用を禁止する仕組みを使用すべきではない。

個人情報 名刺は個人よりも会社が管理すべきもの

個々の従業員には名刺が多数あるが、管理されていない現実が存在すると言われているが、本来は会社が管理するものであり、会社の管理責任が発生している。
名刺の情報は会社の会社活動として収集され、個人の趣味や個人として収集されないため、管理をしない会社の経営責任に疑問を呈する必要があり、企業では名刺の管理が難しいので、従業員に委ねられていると言っている会社は管理しないようである。

相手を正確に認識するためには、名刺は不可欠なツールで、名刺は、ビジネス活動を行うために不可欠な情報ツールである。
あなたが渡すこと望まないなら、個人情報の観点から名刺を提供することを拒否できるかもしれないが、通常なら名刺を渡す目的を説明することなく、相手に使用上の制限を考えずに渡すものである。

収集された名刺はビジネス活動と共に企業や従業員に渡され、名刺を渡した相手の事業活動などに利用されていることは暗黙のうちに理解できるといえる。
会社の従業員が働く多くの場合、他人に会う確率が高いため、いろいろな人から名刺をもらうことが多く、名刺はビジネス活動で集まったので、ビジネス情報として分類される。

 企業としては、社員一人ひとりに名刺を提供し、正確な管理を求める必要があり、社員の個人情報や個人が処分できる情報に変換するのではなく、会社が提供した情報なので、オファーを受けた会社が最後まで管理する。
管理された名刺はビジネス活動のために十分に活用され、従業員はお互いを利用することができ、企業資産としても重要な顧客情報としても、適切に管理する必要がある。

従業員が退社すると、次の職員になる人が名刺を引き継ぎ、ビジネス活動のネットワークを継承し、私たちは、会社が所有する資産のみを分散して管理しており、会社として使用する必要がある。
多くの場合、名刺は求職先で利用するための情報としても活用されることが多いが、会社の個人情報であるので仕様には厳重に注意すべき。

ビジネス活動の名刺でさえ、個人情報の1つになることを前提としており、名刺の管理は会社の責任であり、正確に管理すべき個人情報である。

個人情報 市販の紳士録や電話帳などの名簿の取扱い

紳士録など様々な市販の名簿があり、市販の名簿で店で売られている場合は、一般書籍として処分することができます。
個人情報は自由に入手できる形で取引されている場合も多く含まれ、電話帳などは、無料で入手できるものとして市場で入手できます。

本として処分する場合、完全に焼却したり、それを切断したりすることに苦しむことはなく、不可能にはならないが無駄だと思うが、名簿になったものを処分するときは、今のところ本のように処分しても、特定の問題や危険が発生しているとは感じられませんでした。
名簿に名前、住所、電話番号以外の項目が含まれている場合は、名簿に登録されている人の数が5000のビジネス認証を入力しているので、1人の事業者がいる場合はその結果になり、行政指導では、個人情報データベースの下にすべての個人名簿が含まれているため、安全管理が義務付けられており、処分時にはすべてのシュレッダーが細断を要求しているようです。

その結果、NTTの電話帳を持っている人は、すべての個人情報を扱うと不当に結論づけられ、職場ごとに電話番号があれば、誰もが事業者になり、安全管理義務、従業員を監督する義務、請負業者の監督に関する義務があなたに義務付けられます。
開業医の歯科医による小規模な診療所などの場合、事業者として扱われない事例が示されることがあり、歯科医が市場に1冊の本を持っているかどうかも明らかではない、国会の答弁など立法過程の議論を見ても、中小企業が対象とされていないことが再確認されており、事案の規模は実質的な処理の規模で検討されていると言われている。

それは、一人の名簿があるという事実からのみ、全作業の行政監督を受けるなど、合理的ではなく、誰でも自由に購入することができ、一般に公開されており、自由取引の対象とされているため、これに対する安全管理対策は無意味です。
取得した情報をデータベースの名前リストに追加すると、市場の情報とは異なる独自のデータベースが作成され、選手を考えるときは、別の配慮が必要です。

このような場合、ほとんどの情報が他の人物の作成に関するものであっても、マーケティングとは異なる情報を追加して管理する個人情報データベースを所有することになり、追加情報は市販されていません。
あなたはそれを処分するのに十分注意する必要があり、データベースを管理する義務が発生した場合、安全管理義務、従業員の監督、アウトソーシング業者の監督など様々な義務が発生すると考えられます。

個人情報 機密情報(センシティブ情報)の扱い方、収集

機密情報は機密情報と言われており、一般的に身体的、精神的な障害、病気や身体情報、内面の情報、政治活動に関する情報などについて他人に知らせることは通常なく、必要に応じて収集して使用することができる。
しかし同時に、そのような情報が取得されない限り、一部のサービスは確立されませ、そのような機密情報は、固定されたものであり、人の個人情報につながり、第三者に知らされ、例えば、自己の努力によっては改善できないか、他者の好き嫌いに強く影響する。

弁護士は、離婚、育成、相続、民事事件に関与している場合、個性を重視する場合など、個人に関する情報を収集する必要があるかもしれませ、医療活動や美容整体などの身体的な関係については、詳細な身体情報を収集する必要があるため、機密情報であっても収集する必要がある。
また、多くの企業では、仕事の安全確保、仕事の割り振り、職場の選択などに必要な情報として、身体的および精神的障害に関する情報を求め、これは禁止され、これに加えて、犯罪記録等を収集する必要がある法律事務所など、身体的、心理的な情報を必要とする医療機関に加え、住所の確認までに婚姻カウンセラーや国籍などを確認する不動産業界、証券取引業などであっても、犯罪記録を必要とする従業員、政治活動の存在、宗教への参加など必要なことを聞?くことが必要で、イデオロギー的な印刷物や党役員の発行など、特別な傾向がある傾向のある企業のためのこのような機密情報などもある。
しかし、プライバシーマークを取得しようとする企業は、機密情報の収集が原則禁止されているため、これらを収集することはできませ、そのような場合には、機密情報を収集することを前提とした正確な判断の基礎として使用する必要がある。

必要に応じて収集して使用することができ、したがって、機密情報を積極的に収集する必要のある企業にとっては、現実にはプライバシーマークを取得することは困難である。
そのような機密情報は、固定されたものであり、人の個人情報につながり、第三者に知らされ、例えば、自己の努力によっては改善できないか、他者の好き嫌いに強く影響し、機密情報は機密情報と言われており、一般的に身体的、精神的な障害、病気や身体情報、内面の情報、政治活動に関する情報などについて他人に知らせることは通常ない。

医療活動や美容整体などの身体的な関係については、詳細な身体情報を収集する必要があるため、機密情報であっても収集する必要があり、しかし同時に、そのような情報が取得されない限り、一部のサービスは確立されない。
これに加えて、犯罪記録等を収集する必要がある法律事務所など、身体的、心理的な情報を必要とする医療機関に加え、住所の確認までに婚姻カウンセラーや国籍などを確認する不動産業界、証券取引業などであっても、犯罪記録を必要とする従業員、政治活動の存在、宗教への参加など必要なことを聞?くことが必要で、イデオロギー的な印刷物や党役員の発行など、特別な傾向がある傾向のある企業のためのこのような機密情報などもあり、弁護士は、離婚、育成、相続、民事事件に関与している場合、個性を重視する場合など、個人に関する情報を収集する必要があるかもしれない。

そのような場合には、機密情報を収集することを前提とした正確な判断の基礎として使用する必要があり、また、多くの企業では、仕事の安全確保、仕事の割り振り、職場の選択などに必要な情報として、身体的および精神的障害に関する情報を求め、これは禁止されている。
したがって、機密情報を積極的に収集する必要のある企業にとっては、現実にはプライバシーマークを取得することは困難、しかし、プライバシーマークを取得しようとする企業は、機密情報の収集が原則禁止されているため、これらを収集することはできない。

個人情報 インターネットのクッキーの扱い2

Cookieは、WEBページにインストールされた訪問者情報を収集する機能を持つプログラム、プライバシーについて考慮すれば、使うことができる。
次の訪問者(ユーザ)が同じサーバにアクセスするときに、格納された情報を受信することによって、ユーザの便宜を図る昨日、訪問者がそのページを見ると、ページの情報がそのURLの訪問者(クライアントPC)に送信されることを要求し、WEBサーバー側ではサーバーに関する情報を提供する。
クッキーは、顧客の個人情報を収集する能力を持たないようだが、それがユーザーの情報の一部であっても、関連情報が提供されている場合は、それを考慮する必要があり、ユーザの情報はサーバ側に送信され、サーバ側ではこれを利用してユーザが利用できるようにサービスを提供するが、ユーザ側からサーバ側に受信した情報には前回使用したホームページの情報、あなたが以前に使っていたかどうか、あなたがクッキーの使用に同意しているかどうかなど、あなたが使っているブラウザーの種類は何かという情報がある。
個人を識別する情報の周りの情報は、それが個人に関連付けられている限り、個人情報でもあり、クッキーが個人情報を収集しない場合でも、収集する情報が個人情報に関連する情報を提供する可能性があることは疑いがある。

したがって、クッキーの使用は個人情報の保護の問題ではあらず、ただし、特定の個人に縛られていない個人と識別できない情報を取得する場合は、個人情報の取得とは言えない。
言い換えれば、プライバシ問題として、慎重に判断することが課題、しかし、個人の行動、使用環境、使用履歴などを把握して情報を提供できることは、個人として特定できない場合でも、個人の特徴と個人の情報であるその人の意思と感情によって支配される問題であるといえる。
しかし、個人が個人の状況や個人の行動に関係する情報をもともと把握し、提供するかどうかを検討する必要があると考えられ、プライバシーは判例法によって認められている権利だが、その内容は必ずしも明確ではない。

クッキーについても、取るべき情報が不明であるか、使用方法がわからないと大きな不安を招くため、十分な配慮が必要、クッキーは個人に関する情報の取得を拒否しているが、プライバシーの侵害を招く可能性のある圧力が加わることによって行動制限が発生するのは適切ではない。
クッキーはブラウザーの設定に基づいており、ブラウザーはクッキーの受け入れを拒否することができ、したがって、ホームページでのクッキーの収集と使用について説明する必要がある。
自動的に実行されるプロセスであり、Cookieを受け入れることを拒否すると、情報を受け取るたびにCookieを受け入れるかどうかを確認するなど、非常に面倒な結果が生じ、結果的にWEBの使用が効果的に妨げられ、しかし、多くのブラウザは、あらかじめクッキーを受け取るように設定されているため、何も知らずに多くのユーザーがクッキーを受け取っているという現実がある。
私たちは、ユーザーに正確に広告を出し、同意を得て情報を入手するよう行動すべきだと言い、したがって、情報を静かに取ることが不可欠であるため、プライバシー侵害の危険性があるため、少なくともすぐに確認することができ、また、拒否すれば、次回から拒否できるように対応する必要がある。

個人情報 インターネットのクッキーの扱いについて

インターネットのクッキーとは、サーバー側のみで情報を送信し、後でその情報を読んでもユーザーを特定することができないため、個人情報と関連付けることは難しい。一般的にそれを使うことができる。
ただし、クッキーによってはセッションクッキーと呼ばれるものがあり、ユーザーがホームページに移動すると、次のページに同じ人物として確認する機能がある。
これに応じて、ユーザーを識別することによってIDを区別するIDがある。
このようなセッションID自体については、新しいセッションごとに発行されると言われているので、セッションIDごとに呼び出す事ができ、ホームページ等の決済行う場合には、そのIDを用いて同一人物であることを確認し、購入した商品を確認する。

ユーザーIDを抹消すると別のIDに移動する。
なので、それ自体が個人を特定できないとは言えない。
しかしこの場合であっても、個人情報を取得することはできないため、個人情報保護法に基づく個人情報には該当しないと言える。
ただし、クレジットカードの支払いや登録時の個人情報などの情報と一体化すると、そのの影響でクッキーも個人情報となるこのようにを適切に管理する必要があり、セッションが終了するまではクレジットカード等の個人情報と結びついていると言えるので、安全な管理が必要である。

このセッションIDはクリアテキストで構成されているため、使用しているページがSSLで保護されていない場合でも、ページの使用中に交換されるため、リスクが指摘される。
コミュニケーションの途中でクラックした場合、セッションIDが後で使用され、自分自身でなりすましを受ける危険性があり、これを防ぐためのプログラムが配布されているようである。
起業としては注意した方がいい。。

個人情報 他社のDMやメールマガジンを送信する

カタログの送付時には、多くの企業のDMを封筒に入れて送信し、自由に囲み、掲示することができる。
この場合、入手した他社の情報は個人情報なので使用できるかどうかという、使用上の問題が指摘されている。
ここでの使用目的には問題はないが、第三者が他社に使用させるかどうかという問題を考えると、顧客としては、他社のDMやメールマガジンを添付して送る事がある。それがが添付されている場合は、第三者提供になると思われるかもしれない。
しかし、個人情報保護法の問題点は、誰がリストを保持しているかである。

したがって、他人のDMが封入されていても、電子メールマガジンに他の会社の広告やメールマガジンなどが添付されていても、それによって他社の名簿が売買されたとは言えない。
名簿の売買がないので、送付者が同じであれば、それは第三者提供ではないので、自由にすることができる。
しかし電子メールマガジンの場合は、送信者の名前をFrom行で確認する。
顧客やユーザーに誤解させないように、会社が送信者ということを明確に示すようにすべきである。

個人情報 従業員情報の正しい使い方

雇用者が顧客などの外部情報を収集する際には、詳細な目的を明確にする必要があり、それに従って使用することが義務付けられているが、従業員の個人情報は業務のためならば合理的な範囲内で使用することができる。
事業活動そのものの変更や戦略の変更は、従業員の配置や作業内容の変更につながる可能性があり、予期せぬ事態に対応するため、柔軟に対応する必要がある。
事業活動にかかわる個人情報や機密情報の保護については、事業者が外部の責任を負うため、情報の共有化を進める必要がある。

そのような従業員の監視や様々な危機対応に対応する必要があるが、その場合も従業員情報を利用した作業が必要となるので、さまざまな個人情報の管理、監督、相談などが必要だ。
以下のような使用方法は禁止である。具体的には、たとえば給与計算のために従業員の家族情報を特定し、配置変更や派遣などの人事変更を検討する場合、家族との同居や子育てなどを考慮した検討は非目的用途として禁止されている。
従業員の情報や役員に関する情報は、「事業遂行のため」や台風などによる避難勧告など、さまざまな変化に対応できる目標を示すべきである。台風に近づく危険性を判断する際にも、交通費を請求する目的でのみ、居住地に関する情報や通勤者に関する情報を使用する場合は、目的外利用になる。。
事業活動の合理的な執行を妨げないような措置を講じる必要がある。

犯罪と犯罪の原因2 気候などの環境と犯罪2

司法手続、法的命名法、異なる分類法の違いは、比較を絶対的に正確にする方法にある。
しかし、これらの違いは、比較を不可能または無益にするほど大きくはない。
反対に、そのような比較の結果は例外的な価値があり、血の犯罪に対する気候の影響の問題を決定するためには長い道のりになる。
異なる分類の方法が比較を絶対的に正確にする方法に立っている。

このような比較を行うことができれば、故意の殺人、過失殺傷、殺人児殺人など、幅広い意味での殺人は、欧州の様々な国々に広がっている。
通常の状況では、この作業は面倒な作業であり、多くの国の犯罪統計と手続きを細かく慎重に調べる必要がある。
幸い、ボスコ博士は最近、ジャーナルオブザジャーナル国際統計研究所が、別の形式で発行された。
ボスコの数字はすべて公的資金源から得られたものであり、従って、正確であると受け入れられるかもしれない。

しかし、それらを集計する前に、付随する注釈から抽出を作ることは有用かもしれない。
他の州では、人口は、情報が関連する年の各年の中間年の終わりまで、計算されている(最後の国勢調査結果に死亡以上の出生を加えたもの)。
すなわち、1883年末はベルギーで、1884年末はオーストリア、ハンガリー、スペイン、イングランド、スコットランド、アイルランドである。
イタリアの情報は1887年のみを指しているため、その人口はその年の終わりまで推定されている。

年齢(上10歳以下)に従った人口の区分は、国ごとの国勢調査結果に基づく比例計算の手段によって得られている。
しかし、フランスとドイツの場合、国勢調査の結果から直接的に影響を受けている。
イングランド、スコットランド、アイルランド。

 次のヨーロッパ諸国におけるあらゆる種類の殺人

      試しました。 有罪判決を受けた
国。 10人以上の人口。   年。   年間平均 住民10万人あたり。 年間平均 住民10万人あたり。
イタリア 23,408,277 1887年 3,606 15.40 2,805 11.98
オーストリア 17,199,237 1883-6 689 4.01 499 2.90
フランス 31,044,370 1882-6 847 2.73 580 1.87
ベルギー 4,377,813 1881-5 132 3.02 101 2.31
イングランド 19,898,053 1882-6 318 1.60 151 0.76
アイルランド 3,854,588 1882-6 129 3.35 54 1.40
スコットランド 2,841,941 1882-6 60 2.11 21 0.74
スペイン 13,300,839 1883-6 1,584 11.91 1,085 8.18
ハンガリー 10,821,558 1882-6     625 5.78
オランダ 3,172,464 1882-6 35 1.10 28 0.88
ドイツ 35,278,742 1882-6 567 1.61 476 1.35
これらの統計情報のインポートは何か?
我々は、イタリア、スペイン、ハンガリーが人口に対する殺人の割合でリストを率いていることをすぐに認識している。
イタリアでは、年齢10歳以上の10万人のうち、11人が毎年1つまたはそれ以上の形で殺人罪で有罪判決を受けている。
スペインでは8人、ハンガリーでは5人が有罪判決を受けている。

これらの3カ国は、表が参照する他のすべての国よりも目立っている。
オーストリアとベルギーは、10人を超える10万人に2つの有罪判決をもたらしている。
フランス、アイルランド、ドイツは、10人を超える10万人に1つの有罪判決とかなりの割合で次いで来る。
これらの数字の完全な意味を理解するためには、試した数字と結論づけられた数字をさらに絞り込んで比較しなければならない。

いくつかの国では、被告人数に比してほとんどの有罪判決が出されない場合があるが、他の国ではその割合が非常に大きくなる可能性がある。
言い換えれば、ある国で犯された殺人事件の概算額を目安にするためには、年間の殺害事件の件数を考慮する必要がある。
殺人が行われていない場合、人がこの罪で裁かれることはめったにない。
国連では、有罪判決ではなく、裁判による殺人の蔓延を推定すると、ドイツ、イングランドよりもはるかに大きな割合の裁きで、裁判での殺人事件はごくわずかである。

そして、両国の間にあるような有罪判決の数が異なる理由は、囚人がイングランドで無罪になる可能性が100パーセントであるという事実から生じる。
それはドイツよりも大きい。
したがって、より多くの人が毎年この犯罪で有罪判決を受けるため、ドイツよりも多くの殺人がイングランドよりも多く行われていると想定することは正確ではない。
これらの信念が絶対に証明していることは、犯罪犯の機械が他の国よりもより効果的であるということである。

別の例を挙げると、フランスも多くの人が毎年地元での殺人を試みられている。
そしてフランスではアイルランドよりも多くの有罪判決が記録されている。
これらの対照は、フランス人はアイルランド人よりもこの重大な犯罪に執着していないということだろう。
これらすべての事例(およびそれ以上の事例を容易に追加することができる)は、比較出現率の正確な推定を望むならば、被疑者の数と有罪判決された人の割合を見ることの重要性に注意を向けることを意図している。

このように、殺人裁判の回数がこの犯罪の有病率の最良のテストであることを示しているが、これはあらゆる点で精査が明白でないことを意味するものではない。
この数値はせいぜいおよそのものだろう。
その完全な正確さの妨げになる一つの障害は、犯罪の量と比較して、殺された人の割合が正確に同じではないという状況にある。
例えば、フランスでは、最終的にい殺人がイタリアやイングランドよりも多く行われている。

しかし、両国の違いは、フランスは、英国のよりも無罪になる機会がはるかに少なくなる。
したがって、国際的な有罪判決の必要性に応じて是正された国際的な裁判統計は、ヨーロッパの国籍の中で殺人犯罪の犯罪がどの程度受け容れられているかについての妥当な正確な考え方を提示するものと考えられる。
いずれにしても、これらの数値は、気候条件が犯罪の量に何らかの影響を与えるかどうかを確認するのに役立つ。
いずれにしても、これらの数字は、気候条件が犯罪の量に何らかの影響を与えるかどうかを確認するのに役立つ。

イタリアとスペインの平均気温はイギリスの平均気温より10度高いことがわかる。
一方、ハンガリーの平均気温は、この国の平均気温と大変同じである。
ハンガリーは同時にイギリスよりも極端な気候にさらされている。
冬ではイギリスより10℃近く冷たく、夏にはスペインと同じくらい暑いである。

この理論によれば、犯罪は少なくともハンガリーではイギリスより4倍高く、イギリスと比較して、ハンガリーの激しい温度変動に見られる。
イタリアでは、少なくともイギリスの10倍の殺人事件が起きている。
スペインでは7倍もの数である。
この事態の原因は、温度の重大な違いであると言われている。

米国では、南部では北部よりも暴力犯罪が多い。
この違いの主な部分として、南部の気候が北部の気候よりもはるかに暑いことがあげられる。
気温と犯罪との密接な関係に関するこの理論とは対照的に、熱い緯度での血行のより大きな蔓延は単なる偶然であり、因果関係ではないと強調されるかもしれない。
これは、バロン・フォン・ホルツェンドルフの「ハンドブッヒ・デ・ゲーフェンギュンスヴェンスン(Handbuch de Gefängniswesens)」のミシュラー博士の見解である。

犯罪の原因2 気候などの環境と犯罪1

人間の存在は物理的環境に依存する。
これらの環境は、人間の性格を形作る際に彼を改変し、社会開発をしっかりと変えることに大きな影響を与えてきた。
私たちの現在の目的は、個人的、社会的な生活の上で働くすべての外的要因を列挙することだが、気候、水分、土壌、地表の構成、製品の性質などを簡潔にまとめておく; きる。
これらの自然現象は、単独でも組み合わせの度合いでも、人類の様々な人種を現在のものとするためには、疑いの余地なく最も重要な役割を演じている。
私たちは、人間の身体的構造が自然環境によってどのように深く影響を受けているかを見るために、地球の一部の不都合な地域の原始住民によって展示された低いタイプの人生を見るだけである。
比較的わずかな環境差でさえ、その影響を受けた集団に影響を与えるものではない。
M. de Quatrefages(カトルファージュ)によると、英国人の身体構造は、アメリカ合衆国の住居によって明らかに変更されている。
英国人がアメリカ大陸にかなりの数の移住を始めてから、2世紀半もの間ではないが、比較的短期間で、現在のイギリス系アメリカ人は祖先に似ていなくなっている。
皮膚、髪、首、および頭の中が変わった。
下顎が大きくなった。
腕と脚の骨は長くなり、今日のアメリカ人はイギリス人とは異なる手袋が必要である。
アメリカに行ったイギリス人には、同様のキャラクターの構造変化が起こっている。
EliseeReclus(エリゼ・ルクリュ)は、1世紀半の間に、彼らを白人から隔てる距離の良い四分の一を横断すると考えている。
人種構成に影響を与えるもう1つの重要な点は、アメリカの住居に起因する人間の構造の改変は、ヨーロッパ人のタイプを赤人のものに同化させる方向にあるという事実である。
要するに、十分に確立された外部の作用に自分自身を適応させるということだ。

人類の社会的条件も、気候やその他の外部環境によって深刻な影響を受けている。
北極および南極地域の激しい寒さは、開発された文明形態に近づくものにとって致命的である。
一方、激しい熱は、ある程度の進歩と両立するものではないが、こちらも不利である。
カンボジア、メキシコ、ペルーのような熱帯の絶滅した社会である。
北アフリカの広大な砂漠を遊牧民国が越えることは不可能である。

世界のいくつかの地域では、木の欲求、動物や食用果実の不足などの外的状況によって社会開発が妨げられている。
事実、人間社会は非常に複雑な形態をとることができ、広範な規模でそれ自体を構築することができたのは比較的温暖な地域内でしかない。
この地域では、気候は汗まみれのパンを食べることを同時に強いられた。
自然の障害と衝突するように強いられた。
その結果、彼の産業の力、エネルギー、自立、そして知的能力を一般的に磨くようになってきた
これらの個人的な属性を行使して強化することに加えて、気候の影響は、人間の社会的特性をより完全かつ精緻に演じている。
これらの影響の性質は、彼と彼の人と多かれ少なかれ緊密に協力しなければならなかった。
一方、協力の道のりのそれぞれのステップは、より複雑な種類の別のものに彼を巻き込んだ。
社会的協力の発展は必ずしも道徳感情の対応する発展を伴うとは限らない。
相違する倫理的損失を伴ういくつかのケースでの協力の増加。
しかし、多くの方向で、高度に組織化された社会はより高い種類の道徳を進化させる傾向がある。
事実とは調和していない。
なぜなら、最高の道徳的なタイプは、自然が最も多くなる場所や人間のための食糧や避難所を提供する方法ではほとんど見られないということである。

気候が宗教の機関を通じて人間の行為に及ぼした影響を観察することも興味深い。
宗教の起源である主な要因の1つは、自然に対する依存感がすべての原始的な信仰形式に強く現れていることである。
この依存感の結果は、自然の力を神に昇格させることであり、人間の周りの自然の態度によって形成されたような人間のこの神の概念は、彼の人生と行動に決して影響を与えなかった。
この影響の遺骨は、文明化された人間に自然の力と操作がもたらす審美的な効果の中でまだ目に見えている。
それ以外の点では、それは大きな犠牲を払わなければならない。


私たちは、外部環境が人類の進路を形作る手助けをしてきたほとんどの方法に触れた。
これらの環境が現時点で人間の行為に影響を及ぼすかどうか、特に犯罪として知られているそのような行為の現れに問うことは、私たちの次のビジネスとなるだろう。
彼らはまだ効果があるというのは、長い間楽しんできた意見である。

古代ギリシア人ヒポクラテスは、暴力的な気候変動の影響を受けるすべての地域が、激しい、衝動的で頑固な気質の男性を生み出したと主張している。
モンテスキューは、「南部に近づくにつれて、道徳が残っていると信じており、より熱心な情熱が犯罪を増やし、それぞれがこのような大義に役立つすべての利点を他者から得ることを試みている」と語る。
バックルは、気候の不安定性に起因する仕事の中断は、人格の不安定さをもたらすと考えている。
フランスの統計の内容を分析するにあたり、Quetelet (ケトレー)が他の原因が気候の影響を中和する可能性があることを認めながら、「北側に向かって進むにつれて、人に対する犯罪の数に対する相対的な犯罪の数はかなり増加する」と言うことになる。
フランスの犯罪統計であるガブリエル・タルドは、ケトレーと同じ結論に至った。
彼は、高温が犯罪の情熱に間接的な影響を及ぼしていることを認めている。
しかし、この問題の最も包括的な調査は、イタリア貴族 Enrico Ferri(エンリコ・フェリ)によって行われた。
フェリは、フランスの司法統計を徹底的に調べた結果、熱い月に人に対する最大限の犯罪に遭ったとの結論に達したが、一方、冬の間は不動産に対する犯罪は最高潮に達している。

犯罪に対する気候の影響を考慮したこれらの意見を検証する上で、我々はある程度は国際統計に頼る義務がある。
しかし、すでに指摘されているように、これらの統計は、慣習、法律、刑事訴訟などの多様性のために、比較が容易ではない。
これは、不祥事に財産に対する犯罪の言及がある限り、私たちはその試みをしてはならない場合が多いである。
この分野では、満足のいく結果は現在のところ得られない。
殺人を除いて、人に対するすべての犯罪に関して同じ発言が成立する。
これは間違いなく、重要な例外である。
殺人事件の重大性を尊重した文明集団の間では、他の犯罪と比較してより大きな意見が一致しているという事実からもわかる。
すべての学位における殺人は、すぐに重大な騒動を引き起こす犯罪である。
それは認識しやすいである。
当局の耳には他の犯罪よりも多くの可能性がある。
これらの理由から、この犯罪は国際比較に最も役立つ。
それにもかかわらず、司法手続き、法的命名法、異なる分類法の違いが、比較を絶対的に正確にする方法にある。
しかし、これらの違いは、比較を不可能または無益にするほど大きくはない。
反対に、そのような比較の結果は例外的な価値があり、血の犯罪に対する気候の影響の問題を決定するためには長い道のりになる。
当局の耳には他の犯罪よりも多くの可能性がある。
これらの理由から、この犯罪は国際比較に最も役立つ。
それにもかかわらず、司法手続、法的命名法、異なる分類法の違いは、比較を絶対的に正確にする方法にある。
しかし、これらの違いは、比較を不可能または無益にするほど大きくはない。
反対に、そのような比較の結果は例外的な価値があり、暴行、傷害の犯罪に対する気候の影響の問題を決定するためには長い道のりになる。
当局の耳には他の犯罪よりも多くの可能性がある。
これらの理由から、この犯罪は国際比較に最も役立つ。

犯罪の原因1 犯罪の統計3

イングランドは犯罪に関する世界の例外ではないか?多くの人々はそれがあるとの意見であり、アイデアは、プラットフォームと出版物で育まれたものであり、私たちは最後に犯罪人口にうまく対処する秘密を見つけた。
私が確認できる限り、この信念は、刑務所にいる人の日々の平均が絶えず低下しているという声明に基づいている。
そのため、1878年には刑務所に1日平均2万人、1888年には1日平均約15,000人がいたので、多くの人々はすぐに犯罪が減っているとの結論に達した。
しかし、毎日の平均は犯罪の起き上がりと陥落の尺度の基準ではない。

毎日平均の原則に基づいて計算された12人の男性は、それぞれ1ヶ月間刑務所に刑を宣告され、一人の男が18ヶ月の任期まで刑を言い渡されたため、犯罪統計では完全には分からない。
言い換えれば、刑務所に収容されている人の数、またはその年に犯された犯罪の数に左右されない。
地元の刑務所に献上した人の数を見てみよう。
犯罪が英国で減っているかどうかを判断する立場にある。
私たちは20年前に戻り、司法統計に記録されているように、四年ごとの合計を取る。
合計5年間1868年〜1872年774,667。
合計5年間、1873〜1877年、866,041号。
合計5年間、1884〜1888年、898,486。

統計に何らかの重みが許されるならば、これらの数字は犯罪の総量がイングランドだけでなく他の国々でも増加していることを意味している。
ここの当局が非犯罪集団を支配していると仮定するのは間違いである。
そのような仮定は、ただ集計された統計によって直ちに否定され、これらは、犯罪に関して国の立場をテストするために暗黙のうちに信頼できる唯一の統計である。
犯罪の総量が定期的に増加しているのを見て、刑務所にいる人の1日平均の減少はどのように考慮されるのだろうか?

この減少は、2つの方法で説明することができる。
刑務所に拘束されている人々の数が増えているにもかかわらず、これらの人々が有罪とされる犯罪の性質は重大ではないことが示されているかもしれない。
あるいは、第二に、犯罪が現在では約二十年前に犯された犯罪と同じくらい深刻だが、治安判事と裁判官はより寛容な行為を採用しており、有罪判決後に短い文章を犯していることが示されるかもしれない。
私たちはしばらく前に、20年前と同じくらい犯罪がそれほど重大ではないという主張を検討している。

この問題についてかなり正確な結論に達するためには、警察に報告された重大な犯罪の数だけを調べる必要がある。
殺人事件数、殺人罪、過失致死罪、射撃時、刺す時、[7]これは明らかに、犯罪は拡大しているものの、重大性は大幅に低下していない。
刑務所人口の日々の平均値がより低い主な理由は、裁判官が20年前の慣習よりも短い文章を発音しているという事実にある。
私たちはこの時点で暗闇の中に放置されていない。

裁判官自身は、懲役刑期を短縮することを一般に知らせることが多い。
過去20年以内に文章がどの程度短縮されたかは、1868-72年の刑務所の刑務所と日常的な刑務所を、1868年 - 88年の犯罪犯の犯行と日々の平均と比較することによって容易に確認することができる。
これらの2つの期間を比較すると、投獄の期間は26%減少していることがわかる。
言い換えると、一方、男は1ヶ月の禁固刑を受けていたが、現在は9ヶ月の判決を受けている。

彼は1ヵ月の刑を執行していたのに対し、21ヵ月を要した。
彼が重大な犯罪である場合、または犯罪者が常習的な犯罪者である場合、彼は今では懲役18ヵ月の懲役を受けているが、5年間の懲役刑を受けた。
近年、裁判官や司法判事の大部分が刑事刑事裁判所の判決が26%以上減少している。
第四セッションのチャイアン・マン(Chairmen of Quarter Session)の部分に対応する動きがあった場合、平均文章長の減少は50%になる。

しかし、アマチュアの裁判官は、例外を除いて、プロの男性よりも重い刑を宣告する傾向が強いというのは有名な事実である。
私たちは今、犯罪は20年前と同じくらい深刻な性質であり、年々拡大しているという結論に達した。
考慮すべき次の点は、犯罪が人口に及ぼす影響である。
犯罪は増加しているかもしれないが、人口は犯罪の成長よりも速く倍増しているかもしれない。

現時点では、これは英国の状況か?私たちは、犯罪犯罪がフランスと米国の人口増加よりもずっと速くなっていることを見てきた
この点で、イギリスはこれらの2カ国よりも優れた立場にあるか?現時点では、住民約50人に1つの確信があり、人口に対する確信の割合は20年前とほぼ同じだった。
過去20年以内の工業学校システムで起こった巨大な発展、つまり犯罪を抑止することと間違いなく関係してきた開発を覚えていれば、産業学校の有益な効果にもかかわらず、この国の刑事階級は、人口の年次成長と歩調を合わせている。
若者の中に刑事犯罪者や準犯罪者を拘束する産業改革機関がなかったならば、イングランドをはじめとする他の国々も、犯罪が彼女の中で増えているだけでなく、それは人口の増加よりも速く増加していたということである。

これらの機関の少年の数は1868年以来3倍以上になり、これらの若々しい犯罪者が逮捕されていない場合は、それらの大部分はすぐに犯罪のランクが膨潤し始めるだろうと問題ない。
イギリスのこの犯罪は、人口の増加が急速に増えているわけではなく、ほとんどすべてがこれらの学校の活動に起因している。
私たちは今、刑事問題の別の側面を見ていく; きる。
それはそのコストである。

犯罪は単にコミュニティにとって危険なことではない。
同様に膨大な費用である。
ヨーロッパにはそれが国家資源に多大な負担をかけない国は存在しない。
米国の連邦政府制度のおかげで、米国では犯罪の予防と処罰にどれくらい費やされているのかほとんど見積もることができないが、ワイン氏は警察だけで年間1500万ドルの費用がかかると計算している。

英国では、刑事司法と行政のコストは絶えず増加しており、現時点ではそれほど高くはない。
1891年の見積もりでは、犯罪者のための刑務所および亡命者の費用は、百万ドルの不十分なものである。
少年犯罪者のための改革工学学校と工業学校は、50万人を大幅に犠牲にしており、警察部隊に対する支出は年間5億5,000万人を超えている。
これらの図には、刑事訴追の費用、義務のある長官およびその他の償還された治安判事の裁判官、裁判官の給与の一部、および裁判に関連するすべてのその他の費用と、延滞者の訴追費用が含まれており、 7億5,000万ドル以上の収入を得た。

この膨大な金額に加えて、彼はまた、犯罪犯罪の嫌悪により、3つの王国の住民に毎年大きな財産喪失が起こっていることに気付いた。
この損失の正確な量は見積もることができないが、警察の報告書の数値によると、年間100万スターリングには満たないだろう。
これらの恐るべき人物は、反射のために十分な食糧を提供する。
地域社会への危険とは別に、犯罪が存在する年間の財産喪失が最も重大な考慮事項である。

それは国家支出の10分の1に等しく、数年ごとに大きなヨーロッパ戦争の費用に相当する。
有益な目的のために自由であるならば、犯罪によって消費された資本が献身されるかもしれない、賞賛に値する用途を推測しているのは魅力的である。
戦争の中止と同じように、犯罪の廃止を楽しみにしているのはほとんど無駄である。
現時点では後者の事象は起こる可能性が高いと考えられる。

戦争は国家の虚構の中の物事の正常な条件ではなくなった。
それは一時的な事件となっている。
国家内の戦争を意味する犯罪は、依然として合理的な事件ではない。
逆に、道徳的秩序の勢力と社会的無秩序との間の衝突は継続的に進行している。

そして、現在のところ、最悪の見通しが終わることはない。
社会内のこの戦争状態の原因は何か?どの戦闘員が責任を負うのか?あるいは、両方の兄弟に同じように釈放される責任はあるか?言い換えれば、人間が社会の中で一緒に暮らし、犯罪がそこから流れ出ることが確実であるような性質である。

既存の社会的取り決めの不法行為に対する反作用であるか?一方で、犯罪は個人的、宗教的な環境から湧き上がる。   
それは社会がほとんどあるいはまったく支配していない力の産物か?これらは疑問であり、解答が不可能であり、最も複雑な性格の考察が必要であり、本当の解決策が到着する可能性があるのは犯罪の原因となるすべての要因を注意深く調べただけである。   
これらの要因は、3つの大きなカテゴリー、すなわち、宇宙的、社会的、犯罪の共生的要因は、気候と温度の変化である。   
社会的要因は、人間が社会の一員として暮らす中での政治的、経済的、道徳的な条件である。   
個々の要因は、降下、性別、年齢、身体的および精神的特性など、個体に固有の属性の集まりである。   
これらの要因は、それが見られるように、簡単に2つに減らすことができる、生物とその環境; ちょうど言及された3つの区分の下でそれらを考慮することがより便利であろう。   
それに進む前に、それぞれの場合にいくつかの要因が強度の異なる度合いで動作することに注意することもできる。   
それを解き放つことはしばしば非常に困難である。














犯罪の原因1 犯罪の統計2

特定の犯罪のに関しては、異なる国の間で意見の大きな違いが存在する。
いくつかの人々の間では、他の人の中には法律に訴えることがはるかに大きな抵抗がある。
殺人はおそらく全ての国の文明社会の間で大犯罪とされる唯一の犯罪である。
しかし、文明国で行われた犯罪の量を正確に比較することができないという事実にもかかわらず、国際的な犯罪統計が貴重なサービスを提供することができる様々な点がある。
たとえば、さまざまなコミュニティの犯罪が、年齢、性別、気候、気温、人種、教育、宗教、職業、家庭および社会的環境に関係していることを確認することは重要である。
たとえば、ある一定の期間または特定の社会的状況において特定の国で犯罪が異常に発症した場合や、他の国で同様の時期に起こる同じ異常な発達を発見しなければ人生、または同様の社会階層で、異常に高い犯罪総額を生み出している国に特有の職場で特別な原因があるとの結論に至るには、すぐに取り掛かるべきである。
一方で、すべての国で一定の種類の犯罪の数が同時に増えたり減ったりしているのであれば、同じ原因によって増減がもたらされると確信しているかもしれない。
その原因が戦争、政治運動、商業繁栄、またはうつ病であるかどうかにかかわらず、犯罪の年次統計に最初に計算され公表される。
これらおよび他の多くの方法において、国際統計学は最大の有用性を有する。
私たちは、増減が同じ原因によってもたらされることを完全に確信しているかもしれない。
これらおよび他の多くの方法において、国際統計学は最大の有用性を有する。すでに各国の犯罪統計を比較することが非常に難しいと言われていることから、それらに含まれている数字は各国に属する規模をスケールで把握する手段として使用することはできない道徳の また、国家の道徳的進歩は、犯罪の明らかな腐敗によってのみ測定されることもない。
反対に、犯罪の量の増加は、地域社会の平均的な感情の道徳的進歩の直接的な結果である可能性がある。
1885年の刑法改正法の成績は、刑事裁判所に持ち込まれ最終的に刑務所に入れられた犯罪者の数がかなり増えているところからみることができる。
しかし、これらの原因による刑務所人口の増加は、その国が倫理的に悪化しているという証拠ではない。
20年前に要求されたよりも、普通の市民からより高い評価を得ているので、国が改善したという証拠として、多くの人々によって評価されるであろう。

一方、犯罪の公式統計の減少は、国家の道徳感情が退化している証拠となるかもしれない。
法律が市民に対する効果的な保護でなくなり、社会が犯罪勢力や犯罪の犠牲者になっているという証拠かもしれない。
したがって、犯罪統計に含まれる数字のみを見ることで、地域社会がより良くなっているか悪いかは分からない。
いずれにせよ、これらの問題について何らかの結論が形成される前に、これらの数字が参照する社会で起こっている社会的、政治的および産業的発展を考慮して、それらの図形を見て回らなければならない。
これに関連して、現在の法律の傾向はより多くの犯罪を生み出すことに縛られていることを指摘するのは間違いではないかもしれない。
すべての法律は強制的ではあるが、限られた地域に限定されている限り、またはまれにしか作動しない限り、犯罪全体にはほとんど効果がない。
しかし、生活のあらゆる日にコミュニティのすべてのメンバーに影響を及ぼす法律が可決された場合、そのような法律は、人口を増加させることは確かである。
立法議会がそのような法律を通過するようになってきている現代の顕著な特徴は、これが事実である限り、年間犯罪の減額を望むことは無駄である。
これらの新しい強制的な法律が有益であるか逆か、この瞬間には問題ではないかどうか議論することが懸念される。
私が指摘したいのは、彼らが増えれば増えるほど、毎年刑務所に入れられた犯罪者の数が増えるということである。
広範囲にわたる強制的な性格の法律を開始するにあたって、政治家は、現在のところ、これらの議会の行為の効果は、犯罪者を刑務所に煎れることであり、より多くの人口に刑務所の汚点を置くことであることをはるかに覚えていなければならない。
これは責任を負うものではなく、新しい法律制定から得られる利点を検討する上で、新しい制定法が新鮮なものを提供する手段であるという事実に同量の配慮を与えるべきである終身刑の犯罪者の収容場所。
毎年刑務所に収容されている人の数が多くなる。
政治家は、現在のところ、議会のこれらの行為の効果は、大虐殺犯を逮捕することであり、より多くの人口に刑務所の汚れを置くことになることをはるかに覚えておく必要がある。

たとえば、ある人は自治体の法律に違反して刑務所に行く。
彼は習慣的な犯罪者の友人そして同僚をそれから出する。 最終的な結果は、無害な社会のメンバーを危険な泥棒に変えることである。
このキャラクターの一人は、地方自治体の規制に対する百人の犯罪者よりも大きな脅威であり、現在の法制化の制度は間違いなくこの種の男性を繁殖させるのに役立つ。
すべての賢明な立法の主要な原則の1つは、市民を守ることである。
最近の多くの国の法律の結果は、この国と海外の両方で、それをその中に押し込むことである。
政府の機能が拡大すればするほど、犯罪の量は増えるだろうという公理になるかもしれない。
これらの発言は、私が犯罪の「運動」と呼ばれる問題に近づくように導く。
世界の主要文明国で総量が増減しているか?この点では多様な視点が存在するが、ヨーロッパとアメリカの主要な当局の大部分は、犯罪が増えているという意見を強調している。
米国では、DA Wells と、刑事問題の著名な専門家であるハワード・ワインズによって、その犯罪は着実に増加しており、人口の増加よりも急速に増加していると言われている。
ほとんどすべての主要統計家は、大陸での犯罪の成長と同じ話をしている。
ウィーンのMischler(ミシュラー)博士とマールブルクのvon Liszt(ヴォン・リスト)教授は、ドイツでの犯罪増加の嘆かわしい描写を描く。
最近の記事では、von Liszt教授過去10年間に15百万人がドイツの刑事裁判所によって有罪判決を受けていると述べている。
そして、彼によれば、未来の見通しは最後の段階では眠そうである。
フランスでは、刑事問題はドイツと同様に恐ろしいものであり、混乱している。
アンリ・ジョリー氏は、元国で133%の犯罪が増加したと推定している。
最後の半世紀の間に、そして着実に上昇している。
ビクトリア州を典型的なオーストラリアの植民地と見なすと、社会的、経済的困難を伴うヨーロッパと同じように悩まされていないアントペードでさえも、犯罪は急速に増加するわけではないが、それにもかかわらず、それは家庭よりもビクトリア植民地主義者の間でより危険である。

アドマックス