山地悠紀夫 自分の母親と姉妹二人を金属バットで殺した

山地悠紀夫(1983年8月21日- 2009年7月28日)は、日本の3連続殺人鬼だった。
2000年に彼は母親を殺害し、2005年には27歳の女性と19歳の姉妹を殺害した。
山一は貧しい家庭で生まれ、父親は1995年1月に肝硬変で亡くなった。
中学校を卒業後、高校に入学して新聞店で働き始めた。
彼は2000年7月29日、16歳で山地県山地市の金属野球バットで50歳の母親を殺害した。

警察に電話し、7月31日に逮捕された。
彼の動機の一つは母親の静かな電話だった彼が恋に落ちた女性に。
別の動機は彼の母親の負債だった。
彼は2003年10月に刑を言い渡され、2004年3月に公式に解放された。
しかし、彼の作品はリリース後に違法だった。

2005年11月17日、山治は27歳の女性と19歳の妹をレイプし、ナイフでナイフで殺した。
二人の犠牲者は山治に一度も会ったことがなかった。
彼は2005年12月5日に逮捕された。
彼は大阪警察に
「私は母親を殺した時の気持ちを忘れることができず、人間の血液を見たいと思っていた」と言いた。

2006年12月13日、大阪地裁は死刑判決を下した。
彼の防衛は訴えを起こしたが、2007年5月31日に控訴を取り下げた。
彼は2009年7月28日に大阪にぶら下がって処刑された。
山地悠紀夫は、山地県のアパートで、野球のバットで殺したわずか16歳だった。

彼は自分自身を警察に入れ、家庭裁判所に移された。
なぜ彼は母親を殺したのかと聞かれたとき、彼は「それは助けられない」
「彼女は借りたお金をどんなものに使うのか教えてくれなかった」と尋ねた。
裁判所は 「彼を改革することができる」彼は岡山の少年院に刑を宣告された。
彼は通りに戻ってくる3年前に役立った。

裁判所はすぐに彼らが重大な間違いを犯したことを発見するようになった。
2005年11月17日、大阪府西部のアパートで火事が発生した。
一度火が消えたら、上原明日香さん(27)千妃路さん(19)姉妹が発見された。
彼らは性的に暴行され、その後胸に刺され、肉屋ナイフで顔をする。
まもなく同じマンションに住んでいた山治に怪しい。

警察が質問のために彼を連れて来たとき、彼はすぐに告白した。
「母親を殺したときに感じた感情を忘れることはできず、私は血を見たいと思っていた」と彼は語った。
彼は数百メートル離れた神社で殺人兵器を放置したと警察に伝えた。
山地は有罪判決を受け、死刑判決を受けた。
彼は2009年に2人の他の殺人犯と一緒に吊り下げられた。

山口二矢 浅沼稲次郎を暗殺して自殺した政治少年

山口二矢 (1960年11月2日、1943年2月22日) は浅沼稲次郎氏(日本社会党の政治家)暗殺、右翼団体のメンバーで日本の国粋であり、1960年10月12日、東京の日比谷ホールで、議会選挙に先立って政治的議論を行っていた。
3週間も経たないうちに、少年収容所にいる間、山口は少量の歯磨き粉を水に混ぜて壁に「天皇陛下万才、七生報国」と書いた。
そして、山口はベッドシートの片を紐で結び、電灯から身を守るために使った。
浅沼から剣を撤回した直後に長尾康が撮影した写真は、その後、ピューリッツァー賞と1960年の世界プレス写真賞を受賞した。
事件の映像もキャプチャされた。
ノーベル賞を受賞した呉謙三郎氏は、1961年の小説「17番」を山口に拠点を置いた。

暗殺者の謝罪-Time.com-1960年11月14日月曜日
山口、ベッドシートを細長く裂いて、ロープに結び付け、便器に立って天井の照明器具から吊り下げた。
社会党議長の浅沼恵次郎氏が政治集会で死亡した後、殺害された浅沼氏に不利な立場に立たされた妻の伝記が殺害された。
社会党は、現在の日本の選挙運動において、山口をトップの問題の一つにしようとしている。
彼らは彼を「独占的資本主義勢力の猫の足」と呼んで(池田勇人氏の自民党議員であることを意味していた)、浅沼の未亡人を見送って同情投票を希望した。

山口容疑者の拘束された身体が見つかった後、社会主義者の会長江田三郎氏は、「重要な犯罪者が自殺することができたという事実は、当局の完全無責任性を露呈する。
暗殺者の山口は多くの投票には良くなかった。
しかし、殉教者として、山口はまだ、彼の熱狂的な意見を共有し、戦前の政治的暗殺の伝統を支えている、日本人の小さいしかし危険なバンドから新鮮な暴力を呼び起こすかもしれない。
先週、彼らのグループが刑務所に行き、葬式のコート、着物とベルトを男の子の両親に贈り、その後主人公の家を護衛した。
浅沼稲次郎氏(1898年12月27日?1960年10月12日)は日本の政治家であり、日本の社会党長だった。

浅沼稲次郎氏は、社会主義と経済的、文化的機会について公表することで注目された。
彼の左派の立場と米国の批判は、保守派の歓迎されなかった。
彼は17歳の山口二矢さん(極右右腕)により暗殺された。
浅沼稲次郎氏さんの母親は、誕生中に亡くなり、父親に育てられた。
父親はその後、42歳で死亡した。

彼は優しい心と倹約的な生活様式で知られていて、家族と一緒に小さなアパートに住んでいた。
彼は、彼の巨大な身体、大きな声と活発な発言のために、「スピーチ作家」と「人間の機関車」を意味するニックネームを与えられた。
しかし、彼の本物で自然な人格は、労働者と草の根の間で彼に大きな人気をもたらした。
国家は彼が暗殺されるのを見てショックを受け、国家のデモンストレーションと抗議が続いた。
彼の死後、日本の社会党はさらに政治家を左右に分けた。

豊田義己 睡眠薬入りコーヒーと覚醒剤を使い人を毒殺した

名古屋高等裁判所が58歳の控訴を支持するものは何も見つからなかったため、名古屋地裁が豊田義己に課した死刑判決は残っている。
名古屋高等裁判所が下院法廷判決を支持した後、恋人を殺して別の男を殺して男を奪う男がいた。
「あなたの犯罪は残酷であり、寛容の余地のない悪意で動機づけられた」と堀内信明裁判長は言った。
「犠牲者の親戚も、正義を果たすことを見極めることに決めた」
裁判所の記録によると、豊田は1996年8月、中野和子さんに睡眠薬を服用させた。

致命的な量のアンフェタミンを注射し、静岡県の一軒家に身体を埋葬したという。
彼は現金と資産の1000万円を盗んだ。
豊田の2度目の殺人罪は1997年9月、レストランのオーナー重田の銃撃で死亡したことから生じた。
豊田は重田のお金を負っており、負債を返済したくなかった。

2人の女性を殺してぶつかった男-ジャパンタイムズ-2000年7月20日
名古屋地裁は、静岡県と愛知県の2人の女性を殺害し、現金と通帳を奪ったことで、56歳の男性に水曜日に死刑を宣告した。
裁判所は、1996年8月の中野和子さん(44)と1997年9月の重田(97)殺害事件で有罪判決を受けた豊田義己容疑者(62)を裁判所に告発した。
山本哲一裁判官は、検察官が求める文を引き渡すにあたり、「被告の犯罪性は、彼の利己的な性格、人命に対する侮辱、道徳的基準の欠如から判断すると非常に明確だ」と述べた。
山本氏は、豊田容疑者はもはや自分に役に立たなくなるまで人々を利用し、その時に人生を休んでいないと述べた。

裁判官は、被告の賛成の証言を検討した後でさえ、彼は
「選択の余地がない」と言っていたが、豊田は執行猶予を言い渡した。
「被告は、わずか1年以上の間に、強盗殺人の2つの行為を犯した」と彼は語った。
「犠牲者は何も間違っていなかった。
使用された方法は根本的かつ残酷であり、無期限の刑期を考慮する余地はない」

裁判所によると、1996年8月、豊田は中野さんを殺した。
中野さんは、コーヒーに入った睡眠薬を服用した後、致死量の覚せい剤を注射した。
昨年9月、豊田は中野の通帳を盗んで、約100万円を払い戻したという。
検察によると、静岡県関内に豊田と住んでいた中野さんは、被告に金を返還してもらった。
また、豊田は静岡県御殿場でバーを経営していた篠田殺人罪で有罪判決を受けた。

富田容疑者(38)は静岡県復興院の腐食を盗み、1997年9月に重田から420万円を借りるために担保として使用したと裁判所は判断した。
名古屋地方裁判所に不定期刑期を宣告され、現在判決を訴えている。
豊田容疑者は同月末、篠田氏を鋼管で殴って殺した後、愛知県尾張里市の公園で一度撃ち殺した。
検察によると、同氏は遺体で6万円を現金で盗んだ。
豊田の弁護士は、水曜日の判決に対して上訴すると述べた

ホセ・マヌエル・トレス・ヤケ2 日本人の7歳の少女を殺したペルー人

ヤケ容疑者の裁判は、これまでよりも早かった。
それは5月15日に始まり、議論のポイントを狭める新たな試行前手続きを用いてスピードアップした。
被害者の父親である木下賢一さん(39)は、性的暴力や殺害などで死刑を言い渡した
「犯人は事実上二度殺した」と告発した。
判決後、彼は強い失望を表明した。

「今回私は復讐のために努力してきたが、死刑は彼に与えられていない」と記者団に語った。
「裁判では敗北のようだ。
私はどんな復讐もすることができないので、とても不満を感じている」
日本:殺害された少女の父親が犯罪の詳細を求めている

父はメディアに、性的暴力の拘束、娘の殺人-ジャパンタイムズ-2006年6月27日火曜日
広島---昨年11月、広島で殺害された7歳の少女の父親は、月曜日、彼女を虐待し殺害した男に怒りを表明し、犯罪の性質を報告する際に拘束を示さないようメディアに促した。
公衆は真実をよりよく理解するだろう。
「7歳の少女を性的に暴行するのは拷問と同じだ」と木下健一さん(39)は7月4日に広島地裁で予定されているホセ・マヌエル・トレス・ヤケ(34)の裁判で、検察は、木下藍利容疑者の殺人事件で、偽のパスポートで日本に入国したとして告訴されたペルー人ヤケさんに死刑を要求している。
警察がペルー当局との身元を確かめようとしていたとき、彼らはヤケがそこでの虐待事件につながっていることも知った。

「犯人は効果的に彼女を2度殺した(性的に彼女を襲う)。
死刑に値すると思う」と述べた。
同氏は、性的犯罪を防ぐために、虐待の詳細を報道機関に報告する可能性があると述べた。
「性的犯罪を防ぐことができれば、性的暴行の詳細が報道されるのは間違いない」と同メディアは娘の名前を控える必要はないと付け加えた。
ヤケさんは11月22日、広島のアキ・ウォードのアパート内のアパートの近くで、女の子を絞め殺し、身体を段ボール箱に入れ、近くの空き地に残したと非難されている。

殺された女の子の血がアパートに見つかった-JapanTimes.co.jp-2005年12月22日
広島県警は7日、殺人容疑者のホセ・マヌエル・トレス・ヤケ容疑者のアパートで見つかった血痕が、7歳の犠牲者のDNAと一致すると発表した。
33歳のペルー人トーレス・ヤケは、木下あいりちゃんがアパートに入室しておらず、アパート外に殺されたと警察に伝えたという。
警察は、アパートの中に女の子の毛も見つけたと言っている。
トレス・ヤケは11月22日に木下を殺害した疑いがあり、ダンボール箱に入れ、空き地に投棄した。

検察は、正式にトールズ・ヤケ容疑者を殺害し、殺害し、投棄した。
捜査当局は、殺人意思の容疑者による早期の否定にもかかわらず、彼の話を変えたと主張し、捜査官に
「殺す」という内なる声を聞いた。
11月に広島に住む7歳の少女の殺人事件で逮捕された日本人のペルー人、33歳のホセ・マヌエル・トレス・ヤケは、2004年4月に初めて日本に来た。
11月30日に逮捕されたとき、彼の名前はジュアン・カルロス・パジェロ・八木(彼のパスポートに記載された名前)としてメディアに発表された。

彼の年齢は30歳であり、ペルー人は18歳になると指紋を登録する必要がある。
ヤケは、リマの北約600kmにある太平洋の近くに35,000人の町、グアダルーペから来ており、いくつかの日本の祖先がいる。
町で話す業種はなく、学校を辞めた後、若者はトルヒョーやチクラヨなどの近隣の町に行き、仕事や教育のために行く傾向がある。
彼の出生登録によると、ヤケは1972年に生まれ、4人の子供のうち最年少で、他は兄弟であり、2人の姉妹である。
彼の家族は貧しかった。

彼の父は屋台から飲み物を売って生計を立てようとした。
彼の母方の祖父は、沖縄の中学生から移住したと考えられている。
彼の兄は伝えられるところによればいい学生だと言われているが、ヤケは小学校ではうまく動かず、試験に失敗し、同級生より2年遅れていた。
その頃、両親は離婚し、子供たちは母親と一緒にいたので、彼は父親と別れた。
しかし後で、中学校から退出した後、彼は時には父親を助けたり、建設現場で仕事を見つけたりした。

ヤケが20代前半になったとき、彼は故郷を去り、伝えられるところでは裁判所に出る令を無視し、リマで彼の妻と出会った。
彼は現在、8歳の息子と2歳の娘を抱えている。
彼の妻は、家を買うことができるようにお金を稼ぐために、すでに暮らしていた日本に行くことを望んでいたと言いたが、裁判所の裁判が効果的であり、それは叶わなかった。
そのため、2002年10月の住民登録を違法に変更したヤケに、4,000ドルの払い戻しを命じた。
18ヵ月後、2004年4月に同名の日本に入国し、三重県鈴鹿市に姉妹と夫の一人と一緒に暮らし、義理の義理との梱包作業に取り掛かった。

約1ヵ月後、彼は兄が住んでいた広島県に引っ越したが、2ヵ月後には鈴鹿に戻ってきた。
2004年の夏、自動車関連の工場で運送業者として仕事をしたが、約6ヵ月後に解雇された。
彼の上司の一人は次のように言った「仕事での彼の態度は非常に悪かった。
彼は私たちに仕事用手袋を投げつけた」
去年1月、彼は広島のアパートに移動し、妹は彼が見つけたが、安定した仕事をしなかった。

31歳のペルー人の知り合いによると、彼は家賃を落とした。
そして、7月には、広島の自動車関連工場で仕事を見つけた。
しかし、彼の態度は悪く、週に1〜2日は欠席していた。
匿名を希望していた元同僚は、トーレス・ヤケ容疑者はペルーの同僚には人気がなく、女性従業員だけに話したと言いた。
彼の行動によって明らかに不安定な一部の企業労働者は、彼について警察署に報告したが、役人は「彼は事件を引き起こしていない」と訴えを却下した。

彼の仕事が何度もなくなったため、ヤケは再び解雇され、彼は広島の安芸区のアパートに移った。
そこには彼のいとこが住んでいた。
11月22日の正午、木下あいりちゃん(7)はアパートの前で石壁を通り越し、しばしば座った。
警察は、「彼女の背中に小物を持っていれば、娘がこのように見えるかもしれないと感じた」と警察は言った。
捜査当局は、あいりちゃんを殺害したことを事実上告白し、現時点で一種の精神的ブラックアウトがあり、何が起きたのか覚えていないと言っている。

ホセ・マヌエル・トレス・ヤケ1 日本人の7歳の少女を殺したペルー人

2005年には、日本の広島市から7歳の1年生の木下あいりちゃん(1998年4月10日〜11月22日)が、ホセ・マヌエル・トレス・ヤケによって性的に暴行され殺害された(1972年2月生まれ)。
彼は、偽名のジュアン・カルロス・八木を仮名にした。
ヤケは当時、ペルーで子供の性的虐待罪を求められていた。
剖検では、2005年11月22日火曜日の昼休みに学校を去って90分以内に殺されたことが明らかになった。
彼女は首に圧力をかけて窒息死した。

地元の住民は、広島のの空き地に身体が入った、テープで結ばれた段ボール箱を見つけた。
この箱は、オーブンの包装だった。
警察は、彼女が家に帰ってすぐに彼女を殺したとして、彼女が殺されたあいりちゃんを誘惑したと疑った。
彼女の鞄は約300メートルの道のりに並んでいた。
彼女はいわゆる防犯ブザーを持っていたが、身体が見つかったときには逃していた。

熊本県八代市の父親木下建一さんの故郷に300人が葬儀に出席した。
犠牲者には陸軍自衛隊の隊員、父親と兵士を務めた人が含まれていた。
彼女の父親は、葬儀中に住所で言った。
「警察から、おそらく殺されたと聞かれたとき、私は深刻なショックを受けた。
私は犯罪を犯した人に敵意を感じる。
私はすぐに犯人が巻き込まれることを願っている」

日本人警察は2005年11月30日にトレスを逮捕した。
彼は日本人のペルー人であると主張した。
逮捕される前に、日本のマスコミは、その犯罪者がオタクであると疑ったが、これは間違いであることが判明した。
最初はあいりちゃんの本名が日本のマスメディアに掲載された。

しかし、彼女が性的暴行を受けたことが明らかになったとき、日本のメディアは本名を使用しなくなった。
それにもかかわらず、あいりちゃんの親戚は彼女の本名が報告されることを望んでいた。
2006年6月26日、彼女の父親健一さんは言った:
「あいりはここに住んでいた。
彼女の名前を使用するのは大丈夫だ。」

この演説の後、日本のマスコミはあいりちゃんの本名を再開した。
演説では日本で有名な木下あいりという名前がついた。
広島地方裁判所は、2006年7月4日、トレスに、彼の不安を理由に、性的暴力と殺害のための終身刑を宣告した。
彼は女の子の身体を彼のアパートの近くに投げ捨てた。
検察は、死刑を要求する刑の寛容に訴えた。

広島高等裁判所は、2008年12月9日、元の判決を取り消し、差し戻した。
しかし、日本最高裁判所は、彼らに裁判を続けるよう要求した。
広島高等裁判所は、平成22年8月12日までに追加控訴を提出しなかったため、終身刑を宣告した。
あいりちゃんの死は、「安全な社会」と考えられていた日本で、両親がパニックに陥る原因となった。
ヤケはペルーで子供の性的告発に直面したので、その事件もまたラテンアメリカに影響を与えた。
ジャーナリストのケント・パターソンは、彼をラテンアメリカの女性の討論に招いた。

仮釈放には注意を払う、広島裁判官は警告する-JapanTimes.co.jp2006年7月5日
広島市で7歳の少女が性的暴行を受け、殺害された事件で、昨年11月、ペルーの男性が刑務所に刑を言い渡された。
広島地方裁判所の岩倉弘道裁判長は、犯行は、「悪質で冷酷な」犯行で、木下あいりちゃんを殺害しようとしていたことを明らかにした。
検察は彼に死刑を要求した。
岩倉容疑者は、「犯行は計画的ではなく、犠牲者の数は1人にとどまっていた」と罰せられなかった。
被告人がリハビリを受けることは不可能だとは言えない」

しかし、裁判官は、「被告は一生を通して支払わなければならず、裁判所は仮釈放を慎重に決定することを期待している」と珍しい警告を加えた。
検察は、死刑判決を言い渡さず、仮釈放を慎重に検討するよう裁判所が決定したことで、仮釈放を受けていない終身刑が死刑判決に取って代わられるべきかどうかの議論に拍車をかける可能性があると述べた。
偽のパスポートで日本に入国したヤケは、11月22日に木下あいりちゃんをアキ・ワードのアパートの近くで絞殺した。
彼は自分の家の近くの空き地にある段ボール箱に自分の体を残したと裁判所は見出した。
検察は、これまでのヤケ容疑者によると、裁判所が子供に対する犯罪に対して強い立場を取っていることを示すため、八木氏の弁護士は、女の子を殺そうとしていないと言って、彼女の死を謝罪したという寛解を求めた。
彼の弁護士は、ペルー人に「悪魔の声を聞いた」と言っていたので、精神科の検査に裁判所に依頼したが、要請は却下された。

梅川昭美 三菱銀行に強盗に入り人質をとった未成年

梅川昭美 (1948年3月1日- 1979年1月28日)は 1963年12月16日に女性を殺害し、1979年1月26日に死んだ4人を撃った日本のマス殺人者だった。
彼は本名ではないものの、梅川照之、梅川テルミ、梅川晃美、梅川明美 とも呼ばれた。
彼は日本の警察によって撃たれた珍しい犯罪者の一人だった。
梅川は広島県大竹市で生まれた。
彼はハードボイルド・フィクションを愛していた。

彼はまた、彼の人生に影響を与えた映画「サルオ・ル・ル・120・ジーランド・ソドマ」を見た。
1963年12月16日、彼は15歳でまだ未成年者だったが、彼は女性を殺害した。
彼は殺人犯だったが、日本の少年法が犯罪歴を守っていたので、彼はまだ銃を持っていた。
彼は最初の殺人を犯してから15年後に大きな事件を起こしたかった。

三菱銀行スポーツ銃誘拐
梅川は1979年1月26日、大阪府住吉区の三菱銀行で2人の死亡者と2人の警官を射殺した。
彼は銀行で40人の人質を雇った。
彼は彼らに「あなたはソドムの街を知っているか?彼はすべての服を着た女性を剥がして、彼らに不快感を与えた。
大久保清とユナイテッド・レッド・アーミーの刑事捜査に加わった吉田六郎が事件指揮官に任命された。

大阪武装警察(現特別暴行班)が呼び出され、これが日本武装史の初のケースとなった。
彼らは1979年1月28日に梅川を致命的に撃墜した。
吉田は致命的な力に代わるものはなかったと主張して口実をつけなかった。

メディア
彼の犯罪は日本の若者に影響を与えた。
小川猫子さんは、左派の意見がない主な理由だと語った。
1982年の映画「TATTOO<刺青>あり」は、彼の犯罪に基づいていた。

言葉家族百景 1983年の日本のロックバンド「Jagatara」は犯罪に触発されたと言われた。
1994年に日本のエロゲ「学園ソドム 〜教室の牝奴隷達〜」の状況は彼の犯罪に似ていた。
梅川は1979年1月26日、大阪府住吉区の三菱銀行で2人の死亡者と2人の警官を射殺した。
彼は銀行で40人の人質を雇った。

都井睦雄 阿部定に憧れ30人もの村民を殺した

都井睦雄(1917年3月5日- 1938年5月21日)は、津山事件で30人が死亡した日本人スプリー・キラーだった。
彼は岡山県生まれ。
彼の両親は結核で亡くなり、彼は祖母に育った。
元々スマートだったが、1934年に妹が結婚して以来、ひきこもりだった。
1936年5月にサディスティックに恋人を殺した阿部定は、彼に大きな影響を与えた。

その後、彼は多くの女性と性交を始めた。
彼はしばしば女性を見るために家に盗んだ。
彼は1937年1月、阿部定の証言の本を読んだ。
彼は小説を書いていた。
しかし、彼は1937年5月に結核に苦しんでいると診断された。

結核は致命的な病気とみなされたので、彼は絶望的に成長した。
女性は自分の病気を知った後に寒くなり、女性を嫌った。
その後、彼は多くの女性とセックスをしたが、彼は過敏症として軽蔑された。
女性に対する復讐のために、彼は家を攻撃して殺すことに決めた。
彼は女性が家に帰った時を待っていた。

彼らは危機を感じ、銃の免許は取り消された。
しかし、彼は秘密に剣と銃を準備した。
彼は5歳から86歳の30人を殺した後、1938年5月21日に自殺した。
彼の妹も死後結核で死亡した。
津山事件は岡山、日本では津山市に近い田舎の村で1938年5月21日に発生した殺人事件まくるた。

大虐殺の結果、30人の死者と3人の重傷を負った。
この犠牲者の数は、1982年に韓国で57人が殺された(起源によって異なる)まで、長年にわたって単一の犯罪者によって世界で最悪の虐殺とされていた。
21歳の男性である都井睦雄が5月20日の夕方の準備を始めた。
彼は電線を切って村を黒くした。
5月21日午前1時30分ごろ、彼は父親が赤ちゃんのときに亡くなった後に祖母を連れてきた自分の祖母と酒宴を始めた。

その後、彼はライフルと日本の剣を取って、およそ1時間半で29人の隣人を殺した。
彼は大虐殺を終えた後自殺した。
都井はいくつかの長い音符を残した。
彼らによると、彼は結核にかかっていることが判明した後、彼を侮辱したため、隣人を殺した。
彼は、彼が意図していなかった他の人を撃っている間に、彼が意図したいくつかの人を撃つことができなかったことを後悔した。

彼はまた、「殺人犯の祖母」として彼女を残すことができなかったので、彼は最初に祖母を殺したと書いている。
津山事件 は岡山、日本で津山市の田舎の村で1938年5月21日に発生したスプリー・キラーだった。
21歳の都井睦雄容疑者は、銃を持って祖母を含めて30人を殺害し、ショットガン、日本刀、斧で重傷を負った。
1982年のウ・ボムコン殺害まで、この事件は世界で最も凶悪な虐殺と見なされた。

虐殺
5月20日の夕方に、都井睦雄容疑者が貝尾の村に電線を切って、暗闇の中で地域社会を去った。
5月21日午前1時30分ごろ、76歳の祖母を斧で斬首して殺した。
それから彼は夜這いで隣人の家に入る。
彼は29人の近所の人を殺した(27人は事件現場で死亡したが、2人は重傷を負い、その後負傷した)、およそ1時間半で3人が重傷を負い、ブローニング・アームズのショットガン、日本の剣、斧。

これは、小規模なコミュニティの住民のほぼ半分だった。
明け方に彼は胸の中で自分を撃って自殺した。
都井睦雄(、1917年3月5日- 1938年5月21日)は、裕福な両親に岡山県で生まれた。
彼の両親は、彼が赤ちゃんだったときに結核で亡くなったので、彼と妹は祖母によって育った。
彼はもともと外出していたが、17歳で彼は1934年に妹が結婚した後、社会的に撤回された(ひきこもりと呼ばれる日本の広範な社会現象)。

彼は1936年5月に彼女の恋人を絞め殺し、その後彼の陰茎を切断した売春婦である阿部定の話に興味を持った。
物語は感覚の領域の中の 1976年の映画の基礎となった(日本語:愛のコレダ)。
彼は小説「雄図海王丸」を書き始めた。
日本の伝統的な農村日本の活動に参加した:「夜這い」(性交を求めて夜の間に、若い女性のベッドに忍び寄る)に関与した。
彼の自殺ノートからは、結核に罹患していると診断された1937年5月以降、村の若い女性たちが性的進歩を拒否したように見える。

自殺ノート
都井はいくつかの長いノートを残し、彼は結核の社会的影響を懸念していたことを明らかにした.1930年代は治癒不可能な致命的な病気だった。
彼は、自分の病気を知った後、彼の女性の隣人が彼に向かって冷たくなったと感じ、彼は過多性障害として軽蔑されたと感じた。
復讐のために、彼は家に入り、殺すことに決めた。
彼は女性が家に帰った時を待っていた。

当局は懸念し、彼の銃の免許は取り消された。
しかし、彼は秘密に剣と銃を準備した。
彼は、無実とみなした人を殺すことに関与していたとして、彼が望む人々を撃つことができないと後悔した。
また、「殺人犯の祖母」に関連する恥や社会的相違に直面するために彼女を生きるままにしておけないので、彼は祖母を殺したと書いている。