音声圧縮技術の音質評価基準4

音声の視聴のプラシーボ(暗示作用)が恐ろしいのは、誤った決断をしてる本人が全く気づいていないから、「君は意見は、単なるプラシーボにすぎない可能性があるため、信じられない」と言われると怒り狂うのだ。
そのような人々は、信用できるのだろうか?私はとてもそんなことは考えられない。
プラシーボを無効にする必要がある理由
不必要なことを言わずに、プラシーボを肯定して個人的に楽しむのはいいだろう。
だが、次の3つの論点を考慮せずそんなことを人に話すことは辞めた方がいい。

・音楽や音声の評価で稼ぐライターがプラシーボに騙され音質のおかしな情報を積極的に流してしまうことについ てどう思うか?
・実際に音質が悪いが、宣伝などで消費者は音質が良いと信じ、高い評価を得ようとするライターについてどう思うか?
・プラシーボは必ずしも正しい方向に働くわけではなく、負の方向に働く場合も多い点についてどう思うか?

この3つの場合には、プラシーボは解除されなければならない。
「批判の問題」と「宣伝の問題」については、明白だと思う。
最後の「否定的に動作プラシーボ」について解説を加えよう。
例えば、MP3ファイルのスペクトル解析の結果を見て、「ローパスフィルタがかかっているから悲し引き音質になってしまった」と思っている人をよく見る。
そのような傾向を促進させる解説記事を書く悪い作家が放置されていることも問題である。

そう信じてしまった人は、「MP3は高域が消されているので、悪い音である」と考えながらMP3の音を聞くことになる。
これに限定されず、「圧縮音源の音質は非常に悪い」と信じている人はかなりいるとみられる。
ポータブルプレーヤーの音質に話をするときは、この負のプラシーボカタラzyに終えることができない。
もちろん、MP3に圧縮すると、音質が低下する。
問題は、その程度だ。

実際には、十分に優れたエンコーダで十分に高いビットレートで圧縮すると、大半の人々は、ほぼ、圧縮する前と圧縮された音を鑑別することができない。
鑑別することができるとしてもほぼ圧縮する前と圧縮された音の違いはわずかで、ポータブルプレーヤーを使用して、一般的な環境を感じるのは、ほぼ不可能程度。
この事実を納得させるには負のプラシーボを解除しなければいけない。
そのツールとして使用するのがABXテストである。
ABXテストで圧縮する前と圧縮された音の鑑別は相当難しいことを知って「MP3の音質は、とんでもないほど悪い」などとは言えないだろう。

私は携帯プレーヤーで圧縮音源の音楽を簡単に聞く方法を守りたいと思っていて、このページの全体にそのような意図がある。
信頼を得る方法、信頼を失う方法
他人の信頼を受けるための基礎は、次の2つのである。
疑念の原因を除去するように努力する。
第三者が再検証できるように努力する。

この基礎を音質に言いたい自分に適用すると、次のような結論を得ることができる。
信頼されないのは、常時プラシーボの疑惑を認めることしかできないからである。
だから、最初にプラシーボを解除する努力をしなければならない。
プラシーボを除去するための方法は、よく知られている。
それはダブルブラインドテスト (二重盲検法) である。

二重盲検法とは試行の結果がわかるまで、試験に関する情報を参加者からマスクして(維持して)、バイアスを軽減または排除する実験だ。
本来は音声で早く医薬品の実験に使われる言葉だ。
偏見は意図的または潜在的なものである可能性があることが理解されているため、盲目的には不正を意味するものではない。 テスター
と被験者の両方が盲検化されている場合、試験は二重盲検実験と呼ばれます。

音声圧縮技術の音質評価基準3

GoogleやYahooで検索すると、悪い記事を簡単に発見つけることが可能である。
特に顕著なのが藤本健の非可逆圧縮技術の音質評価である。
藤本氏は、圧縮技術の音質評価に関する考え方について全く疎い。
彼の分析方法は、WaveSpectraによるスペクトル解析である。
まず、スペクトルを見てローパスフィルタの周波数が高いほど良い音質で評価する完全に間違っ他方法で、いくつかの例では、圧縮されたの音を聴き(もちろん、二重盲検でもなく、ブラインドテストでさえない)某かを言う。

「音の波形を大きく変化しても、人間は音の違いが感じられないことがある」というのをうまく利用して、高い圧縮率を実現している圧縮技術の音質評価をスペクト ル解析で行なうことは間違っている。
しかも、スペクトル解析の結果を見て、音質の良し悪しのいくつかの先入観を持った状態で、ブラインドではなく、リスニングテストをすれば、結果は、プラシーボ 効果にかなり悪影響を受けることになるだろう。
藤本氏の音質評価方法は、ほぼ劣悪である。
読者は藤本氏の音質評価を絶対に参考にすべきではない。
彼だけは参考にしてはいけないと教えなければならない。

そして、そのような藤本方式をに否定できない作家も信頼するべきではない。
好例
Hydrogenaudio ForumsのAudio Compressons Subforumsは、適切な理論で、圧縮技術の改良を行う場を作った。
圧縮技術の間違っていない付き合い方を知りたい場合は、そこの過去ログを読むべきだろう。
例えば、MP3のログを読めばLAMEのチューニングプロセスを見ることが可能。

正しくは、「耳で聞くことができる」。
Hydrogenaudioの音質評価はABXテストと圧縮する前のサンプル音源公開の義務がある。
読者は、サンプル音源を利用して他の人の音質評価を簡単に再確認することができる。
音質の話をしたい人はたくさんいる。

さらに、音質について話したい人は、実際に聞いてみて、そのように感じたと言う。当たり前である。
だが、どこまで信じられるか?どこまで正しいか?
実は、その人が聞いて確認したという意見は、ほぼ信じてはいけない。
何故なら、人間の主観的判断は、色々な外部情報に大幅に影響を受けるためである。
プラシーボ効果で、人間の判断は大幅におかしくなる。

「なぜ耳で聞いたという意見を信じないんだ」とい的外れう意見が来る場合が多い。
私は信じていないのは私の耳ではなく、私が他人から聞いた意見である。
しかし、なぜ「なぜあたなの耳を信じないんだ」という話になるのか。
プラシーボが恐ろしいのは、誤った決断をしてる本人が全く気づいていないから。
いかにも聴いてう思ったと信じている。
本当にそう思っているので、「君は意見は、単なるプラシーボにすぎない可能性があるため、信じられない」と言われると怒り狂うのだ。

そのような人々は、信用できるのだろうか?私はとてもそんなことは考えられない。
プラシーボを疑うだけの激怒する人を信じてはいけないし、音質にの意見に対しても、第三者の検証によって証拠が集まるまで疑惑を解いてはならない。
プラシーボを無効にする必要がある理由、良い音質と感じることは悪いことではないという理由でプラシーボをかなり擁護しようとする人が結構いる。
不必要なことを言わずに、プラシーボを肯定して個人的に楽しむのはいいだろう。
誰かに迷惑をかけなければどのような楽しさをすることも勝手だ。
だが、次の3つの論点を考慮せずそんなことを人に話すことは辞めた方がいい。

音声圧縮技術の音質評価基準2

MP3エンコーダによる音質の劣化が "好みの音の味」になる可能性を安易に言ってしまえばほとんどの人の期待を裏切ることになるだろう。
音声圧縮による音質の劣化は、アナログな音質の劣化とは違い、時には音楽の楽しさを邪魔するのに十分なくらい音質をかなり低下させてしまう。
可能なそのような場合が発生しないようにするのは、まさそく透明性の追求に他ならない。
他にもいろいろエラーが蔓延している。
MP3エンコーダなど音声圧縮技術の評価を掲載したいメディアは、今後さらに増えるだろう。

そのメディアの所有者は、間違った、社会的に有害な音質評価を書こうとする作家の注意を払う必要がある。
そのような作家を放置しておけば、音声圧縮技術を常日頃使用する人に不便を強いり、最終的に、メディアの評判を落とすことになるだろう。
最も恐ろしい間違いは耳の代わりに目に音質を評価することである。
波形とパワースペクトルを目で観測して音声圧縮技術の音質を評価することは間違いである。
「音楽は目がなく、耳を楽しむ」という当たり前の基準に照らしても、目で音質を評価することが間違ってあることは確かである。

だが、損失音声圧縮技術の音質評価を目で行うことはそれ以上に間違っている。
非可逆圧縮技術がなぜ非可逆かは、圧縮する前に情報の一部を消しているからである。
人間の耳や脳の聴覚による情報処理の特性をうまく利用すれば、波形情報をたくさん消しても、人間ははほぼ完全に同等の音に聞こえることがある場合もありえる。
音声圧縮技術は、それを利用して、人間が認識できる音質を最大限に維持しながら、高圧縮率を達成しているのである。
波形とパワースペクトルが圧縮する前から大きく変化していても、人間が認識することができる音はあまり影響がないかもしれない。

したがって目による波形とパワースペクトルの観測を手段として音質評価には無意味。
実際にかなり音が劣化したことを自分の耳で確認した人は、スペクトラムアナライザによる音質評価がどのように信じられないことができないを体感可能であるだろ う。
音声圧縮技術の音質評価は、圧縮する前と圧縮された音を人間の耳で聞いて比較して行わなければならない。
人間が認識することができる音の変化がどのような原因で発生したかを解析析する際に、波形とパワースペクトルの観察が有用である。
だが、最終的な音質評価は、「人間にどんな風に聞こえるか」を基準に行わなければならない。

リスニング試験は、プラシーボ効果を防止するために、必ず二重盲検でなければいけない。
音声圧縮技術の音質評価専用のフリーソフトウェアが配布されているので、誰もが手軽に透明性の基準に基づいて、音質評価を行うことができる。
しかし、適切にリスニングテストを実行するためには、注意しなければならないことが山ほどあり、全部の注意事項をクリアするためには、十分な知識が必須である。
例えば、異なる圧縮結果の音だけを聞いて比べる試聴試験は、音声圧縮技術の音質を評価することは不十分である。
圧縮結果を相互に比べたい場合には、リスナーが圧縮する前の音も簡単に聞けるようにしておいて、圧縮する前の音と比べて、両方の圧縮結果の品質を評定してもらる事が必須である。

そのほかにも注意しなければならないことが多い。
例えば、微かな音質の違いしかないときは、デコード結果のオフセットにも注意を払う事が必須で、視聴環境でDSPの種類は、全部解除しておかなければならない。
圧縮技術の音質評価を掲載するマスメディアのABXテストを義務付けるべきだ。
ABXテストを抜いた音質批判は全部無駄である。
圧縮する前と圧縮された音の鑑別がつかないならどのような圧縮方法の音質が優れているかどうかなどの評価方法などないだろう。

仮に視聴試験に使用した圧縮する前のサンプル音源を公開する場合は作家個人の主観が入った視聴試験だったとしても充分に有意義になるだろう。
耳のいい作家が書いた音質評価が雑誌などのマスメディアに載った場合、一般大衆に公開されたサンプル音源を使用した読者による再検査で、その作家と載せたマスメディアの評判が上がるだろう。
だが、仮にサンプル音源を公開せずに、読者による再検証を拒んだ場合、作家個人の視聴試験の結果は、信用出来ないだろう。
仮に音楽の趣向が、他の多くの作家によって複数のリスニング試験の結果が告知されるようになると場合、読者は自分に趣向が近い作家の結果を重視するような選択ができる。

雑誌の場合、CDにサンプル音源が入っている場合、読者は嬉しいと思えるだろう。
著者への配慮のために、サンプル音源を勝手に投稿することができない場合は、「CDを売る」方法がある。
サンプル音源に一部を使う曲は、可能な限り良いものを選択しなければならない。
素晴らしい曲を紹介すれば、その曲が入っているCDを売るのは良い方法だと思う。)

音声圧縮技術の音質評価基準1

音声圧縮技術には可逆圧縮と非可逆圧縮がある。
ここでは容易な非可逆オーディオ圧搾専門的のみを取り扱う。
一般的な圧縮技術の基本目的は、高い圧縮率。
できるだけ圧縮する前のように聞こえる音質を実現することである。

なので、圧縮技術の音質を評価するには以下のことが大切だ。
・どれくらい圧縮する前の音に聞こえているか?
・同等の音に聞こえないときは、圧縮する前から圧縮した後る音の変化はどうか?
という基準(透明性の基準)に従わなければならない。
音声圧縮技術に関しては、他の基準による音質評価は全部間違っている。

一般的な音声圧縮技術の目標は、「自分の好きな音」というものは含まれていない。
もし「音の味」が必須な場合は、別のツール(イコライザー、コンプレッサー、エフェクター)等を使用する。
仮に全部の音声圧縮技術が無断に音に味付けに実行していた場合、好みに応じた音質に調整した非圧縮オーディオファイルを作成したとしても、同等に聞こえる圧縮された音声ファイルを作成することができなくなってしまう。
しかし、透明性を目指した圧縮技術を使用すると、必要に応じて調整された音質を圧縮してもほぼ今と同じまま楽しむことができる。
こんなことがあるので、汎用圧縮技術は、透明性だけを目的として

「音の味つけ」は、他のツールに任せるのが理想的である。
多くの人がお好みの音質で音楽を楽しむことができる環境を技術的に整備するためには、汎用の音声圧縮技術は、可能な限り透明性を求めなければならない。
当然、ある種の圧搾専門的における圧搾前から圧搾後への音の変化を「お好みの音の調味料」と思うのは勝手である。
だが、それは個人的なもの止めなるべきだ。
例えば、一般的な損失音声圧縮技術の音質を公に批判するとき、「お好みの音の味」をしているかどうかを基づいて評価することは間違いである。

たとえば、iTunesでMP3エンコーダの音質は少し悪いことが認知されている。
標準音質(128kbps)に圧縮すると、コーラスの女性のサ行がかなり劣化し、サの発音が「チサ」のようになってしまうことがある。
こんな音の変化は、ほとんどの人にとって不愉快であり「MP3に圧縮するほうが「ムード」が出てくるのが好きだ」と安易に言うこと辞めた方がいい。
もっと極端な場合は、MP3で圧縮したために大きなノイズが入ることがある。

fatboyはそんなサンプル音源である。
Fatboy SlimのKaliforniaのトラックを好んで聞くためには、繰り返し「California is druggy、druggy、druggy、druggy」というフレーズが最大限に「そのパチパチ音変質」のまま聞こえるのが嬉しい。
ここで、少し脱線。私の経験では音声圧縮で音質が劣化するサンプル音源をクラシックで見つけにくい。
人工的な音を多く使う他のジャンルのものが危険なサンプル音源を見つけやすい。

クラシックをよく聞く人よりもそれ以外のジャンルを聞く人の方が、音声ファイルの圧縮方法に注意を払わなければいけないかもしれない。
クラシック音楽が格式の高い音楽であることを明らかにしたまま音声圧縮の音質について語ることは、多分間違ってある。
少なくとも社会的地位の高さと音質を維持しながら、圧縮の難しさは関係がない。
しかし、クラシックもハープシコードなど、特に困難な音がかなり内包されているため、十分な警戒が必須である。
また、脱線してしまうが、中古CDショップでたまたま出会っジャコッテのハープシコード独奏CDが大好きだ。
だが、これはあくまで私の好みであるので他の人にも絶対に当てはまるとは言えないのだ。

走行10万キロ超え自動車のスーパーメンテナンス2

クラッチが切れなくなった場合はセルモーターを使用して押しがけだ。
ギアを3段に入れておいて点火ONでセルスタート。
セルモーターで走行してアクセルを最高にすると、駆動機器が作動する。
その状態で、クラッチレスシフトしていくやり方。
ギアは、アクセルを抜けば、自然に抜ける。

ギアを入れる場合は、回転をすると入る。
交差点では、毎回エンジン故障するが、これはなんとか運転することができる。
信号が存在しない場合、家に帰れる。
リリースシルリンドウン1万円前後だ。
これは、交換は非常に容易い。

ただポン付けしてエア抜きすればOK
今後10万㎞以上の整備にタイミングベルト交換。
これは、タイミングベルトを使用している自動車だけ。
チェーンとロータリーエンジンは大丈夫だ。
ベルト1本だと、テンショナーと約1万円程度。

2つ使用している自動車やアイドラーを使用しているもの
オートテンショナーなどを使用する物は、より多くのコストがかかる。
工賃とを含む、10万コース程度を覚悟しておけば良い。
軽自動車などは、より安価。
切断すると、シリンダーヘッドがお釈迦になり、大きな損害を被ることになる。

30万円以上の修理費がかかる。
外車なら100万円のコースだ。
そして、タイミングベルトを交換するときに一緒にウォーターポンプも交換しよう。
ウォーターポンプが壊れたら、ポンプからLLCは流れてきて、最悪オーバーヒートを引き起こする。
ウォーターポンプはタイミングベルトで走る自動車が多いので交換。

費用は1万円よりやすい。
これは、チェーン自動車も10万㎞を目指し交換する必要がある。
残りはラジエーターホース交換だ。
これも破けると走れない。
コストは約5000円程度だ。

ディストリビュータを使用する自動車であれば、キャップとローターも交換したい。
失火し駆動機器を狂わする。
そして、ブレーキホースも交換。
10万kmを目指し変えなければいけない。
残りは燃料フィルターなども交換だね。

これも約5000円程度
とにかく定期的な整備に加えて、これだけしておくといい。
100,000キロメートルを超えた場合、エンジン以外の補記類が狂いる。
国産車はまだ10万㎞程度なんかで狂わないので、長く気をつけて乗ってください。
MHO号は、現在

180SXは125000km
カプチーノは83000kmだ
各主要整備は終了した。
100,000キロメートル走行する場合、MHOショップにあるオイルや部品を装着し自動車をリフレッシュさせよう。

走行10万キロ超え自動車のスーパーメンテナンス1

自動車の寿命は、あなたが日本人なら約10万kmを基準にする人が多い。
そういうわけで、今日は自動車の寿命、10万kmを超えるとどのようなメンテナンスが不可欠なのか確認しよう。
どうして日本人は10万kmを目安にに自動車を交換する人がたくさんいるのか?
これは、整備のコストがかかってくる道路で止まってしまう問題でトラブルで苦しむ最新モデルに目が眩んだなどの理由があると思う。
最新モデルが気になる人は、仕方ないが他の理由で買い換える人々は惜しい。

日本の国産車は、定期的な整備済みであれば20万km容易に走らせることが可能で、30万kmも夢ではない。
ならどうすればいい?
当然、定期的にエンジンオイル、オイルエレメント交換は不可欠だ。
エンジンオイルは、町で乗るだけであれば5000km、1年ごとに車はより重要な人であれば3000km、6ヶ月ごとに交換しよう。
オイルエレメントは、エンジンオイル2回に一度交換したり、同時交換がいい。

そして、LLCは、車両ごとに2年ごとに交換所ごとに交換してください。
ブレーキオイルも2年に1回だ。
ミッションオイル、デフオイルは1万kmを目指し交換。
通常の乗っている人であれば、5万キロ程度。
ATFの交換は2、3万キロメートル毎だ。

このように油脂類の交換は気をつけしょう。
点火プラグは2万㎞に一度。
ファンベルトも亀裂があれば交換。
ブレーキパッドの残圧も検査。
タイヤも当たり前だ。

空気清浄機も少なくとも5万㎞前に交換。
では、これらの基本的な整備に加えて、10万㎞を超えると、何をしなければいけなくなって来ることを確認しよう。
10万km以上になると、恐ろしいこと走行中に停止する問題。
言い換えれば、自走することは不可能だ。
これは困難だ。

突然、町でエンコしたら、救いを呼ぶしかない。
初体験の人なんかは、かなり恥ずかしい。
10万キロを超えて停止する問題の原因はこれだ。
発電機の死亡。
これは、バッテリーを充電してくれているものだが、これは約10万キロくらいで故障を引き起こす。

カーボンブラシの摩耗のために、充電を行うことができなくなって、バッテリー上がってしまう。
気づいた場合、インストルメントパネルの充電ランプが点灯していて、途中で止まる。
再起動しようとしても、セルモーターが回らない。
バッテリーを新しいものに変換する場合は、バッテリーの電力分だけ走り回ることができるが、充電することはできない。
すぐに戻って止まってしまう。

カーボンブラシは、部品1000円前後。
直接交換することができれば、非常に安価だ。
リビルトオルタネーターは40,000円程度だ。
しかし、壊れてしまえば、走れなくなリる。
次に停止するのこいつの仕業。

燃料ポンプ。
これも10万㎞を超えてくると、危険。
これ破損した場合、まず、エンジンのパワー不足を感じるだろう。
アクセルを踏んでも全く力がないとかのはコイツのせい。
昔の燃料ポンプはひっぱたいてやると時々直ったりするが、最近のポンプは、燃料タンクの中にあるため、叩いて応急処置はない。

10万キロ前後で交換したほうがいい。
2,3万円程度。
あなたが行うときは、火気厳禁だ。
代表的なのは、この2つだが、MTだけの問題でクラッチリリースシリンダー故障
この赤いところピストンキットが入っていて、ピストンを油圧で押すことによりクラッチを切っている。

このピストンが劣化して漏れた場合クラッチが切れないようになる。
かなりのテクニックがない人は、走り出せなくなる。
これは、MTは、10万キロ前後でクラッチをするため、クラッチをOHする場合

クラッチディスク
クラッチカバー
クラッチレリーズベアリング
フライホイールのパイロットベアリング
クラッチリリースシリンダー
できればクラッチホース
クランクシャフトのエンドシール
この部分を一気に変更すると、工賃も同様だから、いい。

小説などの物語の叙述トリック2

3.性別の誤解
男性と考えられていた人物が実は女だったか女性だと思って男だったパターン。物語のトリックの最も安易で簡単な手段である(当然、傑作もある)。
前の2つより真相が明らかになったときの衝撃が少ないからだろうか、1人物の誤解と一緒に使用されている場合が多く、本トリックの補助として使用されている場合も多い。
4.時間の誤解
ストーリーについて話しているときに誤解させるトリック。現代の物語だと思って、実際には70年代の話だったなど。
この場合は圧倒的に多くの話を同時に進め、各々の時系列の差を発生させる事が多い。
5.位置の誤解
ストーリーの場所を誤解させる。アメリカであると見せかけて、実際は中国の出来事。
これは、あまり書くこともできない。実例が非常に少ないからである。
6.身体的特徴の隠蔽
人物身体的特徴、主に障害があることを隠蔽する。その特徴は、ミステリーのトリックに関与してくることも多い。
なぜ「身体的特徴(あるいは障害)の隠蔽」と書くことができないかどうかを執筆すると、ある作品の材料を割ったので許してください。
7.作品レベルの誤解
解説するのは難しい。作中作などのメタ構造を使用した作品は、現実の話だと思うように劇中劇だった、またはその反対など。作劇中劇が登場する過程で判明したケースと明らかにされていないケースがある。
たまに、何重にまたはネストすることがある(その歴史的傑作はパターンのバリエーションかもしれない)。劇中劇の存在が途中で明らかになるときは、劇中劇の中の劇中劇、あるいは劇中劇の中の劇中劇の中の劇中劇などの場合になることもある。

・補足(周辺情報など)
時間の誤解の時にも書いたが、物語のトリックとの相性が良い方法にカットバックの技術がある。いくつかのキャラクター、話の舞台などが別の話を同時に進行させて話を作る手法である。物語のトリックをメインにした作品の70%がこの技術を使用しているのではないかと思う。
作家の折原一は、1989年「倒錯の死角」で長編デビュー後は、次々とストーリーのトリックがメインの作品を発表して、今やトリック作品の第一人者である。
折原氏の本には絶対トリックが使用されて、読者にも、トリックを期待している。この状態を「新しいハウダニット」と言う。ようだ。著者が「どのように」読者を欺くかが焦点だからである。とにかく、トリックの存在を明らかにすることはスポイラーにならない希少な例だ。
国内の作家もう一人トリック、さらに主に性別の誤解を執拗に使用を継続する作家がいるその人の名前は書かないでおくが、本をどの程度読んでいる人は分かると思う。
普通はミステリーに必要な中心となる謎がなく、謎的な要素が記述トリックだけの、その作品はミステリー小説かどうかという疑問がある。特に最近そんな作品がミステリー小説に高評価される(「このミス」や「本ミス」などで上位ランキングになる)場合が多く、深刻な問題と言えるだろう。
この問題は、特に答えを与えない。無責任なようだが、実際には無責任なので仕方ない。

その他、叙述トリック以外にも言語的なあいまいさを使用したり、テキストの構造を盗むことによって、読者を誤解させる目的が達成される様々なトリックがある。
ヨーロッパとアメリカのミステリー小説から生まれ、日本で盛んなはずだ。 最近では、日本の謎の小説は、物語のテクニックの影を多かれ少なかれ持っている。
参考文献資料の枯渇に伴い 多くの人々は、ミステリー小説のプロットが平凡さとステレオタイプに向かっていると不平を言っている。 トリックの出現は、この現象をある程度まで緩和し、元の筆記モードを破った。