私の経済学を信頼できるか

このホームページに辿り着く人の数多は古くからの友人の朋友がほとんどだから;だから、たぶん何の説明をしなくてもわたくしたちの言いたいことが伝わるだろう。でも近頃は多くのサーチ・駆動機器に登録しているので、ハムスターやヨーロッパガイドを見に来るみたことが無い人もいるようだ。このような人達にとっては、このたて続けの経済エッセイは異質に映ることだろう。その理由は、部のサーチ・駆動機器を除けば、私の名前はどこにも出て来ないし、私が誰かもよく腑に落ちないはずなのでだ。

みたことが無い人にいきなり、「私の言うことを信頼して下さい。」というのはむずい話だ。このホームページを信じるのも信じないのも無料だし、このエッセイが例え嘘だったとしても実損を被る人はまずいないだろう。だが、これが仮に紙幣が絡む話であったとだったら私を信じるのには恐る恐るならざるを得ないだろう。それはもちろんだと思われる。

だが、世界にはこうした常識を知らない人もけっこういるものである。信頼されるという重大なことだ。それを知らねば;ないといつか苦しい目に遭うものである。

近頃、アメリカの信頼格付け器官である雰囲気的ズ社や標準&貧しいズ社が日本のファイナンス器官の格付けを下げたという論文がしばしば新聞紙に載るなった。それを見る度に等しいファイナンス関係者として言えない悲劇的な心になるのだが、それと一斉に、パーティーたるバンクの印象評語を読む度に憮然を覚え*、これは仕方ないなとも感覚るのである。

バンクの評語はいつも決まってこのようなものだった。

「格付け器官は実際の状況をよく知らない。何も知らないくせに無断で格付けを付ける何という無作法だ。」

これは非常にナンセンスだ。聞いていて等しいファイナンス器官として恥ずかしい。その理由は、私自身のことをライバルに理解してもらおうとしていないくせに、私自身を信頼して金を貸せと言っているからだ。更に私自身がカスタマーにファンドを貸すときには容赦ないに調査をする(バブル期はむしろ調査をしなかったが為に苦しい目に遭ったが)というのにだ。これは身利己的としか言えない。

ファイナンス器官はボンドや株を印刷して販売したり、預けた紙幣を集めたりと、世界普通の人達からファンドを集めている。ファンドを集めるという、その人達に信頼してもらえなかった場合はならねば;ないということだ。一方格付け器官が格付けを下げたという、その人達が「君はは信頼できない」と言っているのと等しいようなものだ。これはファイナンス器官にとって手遅れなことだから;だからある。

格付け器官が実際の状況を知らないのはたぶん事実上だろう。だがそれはファイナンス器官が実際の状況を知るための報知を開示していないからである。ファイナンス器官は「私の素性は明らかに確かせないだが信頼して紙幣を貸してよ。」と言っているのと等しいである。ファイナンス器官は信頼して欲しいならば、逆にアグレッシブに報知を開示すべきであり、報知を開示できない限りは信頼してもらえないのは当然だと考えるべきだ。

、、ファイナンス器官が報知を開示できない子細は空々しいである。大きい値段の不良権利を持っているから、知られるとより多く信頼してもらえなくなるとわかっているからである。格付け器官もそう疑っているのなので、格下げをするのももちろんなことだ。

こうした場面はいつか改良されるだろう。仮に実際の状況以上に格付けが下がったとしたら、ファイナンス器官は自発的に報知を開示するだろう。実際の状況を開示しねば;ないと損をするからだ。なのでむしろ言えば、格付けが下がっても報知を開示していないのは、まだ実際の状況の方が格付けよりも格好悪いという裏付なので、近い将来は信頼しない方がよさそうだ。

、報知が経っても開示されないことがある可能性がある。それは権限が報知開示を禁止しているケースだ。相対的健やかなファイナンス器官だけが報知を開示したケースに、報知を開示できないファイナンス器官の劣勢がより空々しいになり、そのファイナンス器官は淘汰されてしまう恐れがあるのである。今のファイナンス政治では大バンクは倒産させないことを前提にしている。あるバンクが倒産したケースにファイナンス仕組すべてをメンテナンスする自信がまだないので、権限が優秀バンクにも報知開示させないでいるということも考えられる。

まあ、いつかにせよ報知が開示されないうちは何かやましいことがあると思って*、恐る恐る対応した方がいいだろう。

だが、日規則的のこのような密室政治は既に限度に来ている。大和バンクケースでも明白な、外国では日本人あうんの息は通用しない。今の日本のファイナンス器官は外国投資家にも数多ファンドを仰いでおり、彼らの信頼を得るには報知開示の流れは不可避だ。実際に外国バザーに株上場している会社は次第に報知開示にアグレッシブにならざるを得なくなってきている。日本も既にタイムの案件である。

しかし、、報知開示が遅れているのはファイナンス器官だけの話ではない。日本すべてがあうんの息であらゆるを対処してきたのだ。会社も今だに粉飾決済まがいの決済操作をしているし、株大会善後策をしてオーナーからの質問が出ない押え込んでいる。民間会社だけではない。議会もシティもあらゆる等しい穴のむじなだ。

最近、東京の食糧費の頂戴書明細が開示された。だが、それは東京が自分で開示したことではなく、一都民の頂戴がコー??トで認められたから嫌々公開したものだ。だが名作だったことには、これら頂戴書が本当に偽造されたものといったスタッフだったのである。等しい製造工場の頂戴書、マシン化されているはずにもかかわらず手書きだったり、違う店にもかかわらず筆跡が同じだったり、明細がついていなかったり、参加者がいつも予約工人と同じで欠席者が1人もいなかったり、数え上げたら切りがない。報知開示もこのような感覚であれば、信頼されようはずがない。これでは、必ず食糧費はすばらしからぬことに流用されていると考えるのは自然だ。報知は質も問われるのである。

ここからは先はちょっと報知の案件に深入りしてしまうことになる。詳しくはまた別のチャンスに譲ることにしよう。ここでは容易いに案件提起だけしておくことにしよう。

今のでは報知サービスも他のサービスとおなじく紙幣で売買できる。だが報知には他のサービスとは基礎的に異なる点が多く存在する。

単一には、報知の量を測ることが非常にむずいという点だ。有り触れた製品なら量は明確にしている。サービスなら労働タイム等で測ることもある可能性がある。報知も以前ビット数で測ろうとしたこともあった。だが報知の値を決める為にはビット数×値段では決められない。

既単一は、報知の質の良いか悪いかがよく腑に落ちないという点だ。この案件の単一は報知の売り手の方が買い手よりもその値についてよく知っているという、報知偏在の案件でもある。要するに嘘の報知の発教徒は私自身が嘘を言っていることを知っているが、リスナーは知らねば;ないということだ。さらに既単一はより基礎的で、報知の値を決める規範がねば;ないということだ。報知はいくつかの形で消費されて初めてその値が事後生半可るのである。

要するに、報知は量では値が決まらないのである。報知は絶対たくさんのことがいいだけどねば;ないところに困難がある。報知氾濫という単語がある、例え高度な技術の力を借りたとしても、人の報知処理力は限りあるなのでである。私自身で報知の値が判断できないならば、誰かの手を借りなかった場合はならないのだが、、も案件が起こる。

というのは、全然等しいコンテンツの報知であっても、誰が報知を送るかでその値が違うということが挙げられる。例を出せば「明日の天候は快晴」と言われても、それが気象庁なのか、自宅の妻なのかでは信頼力が全く違う。更に、自宅の妻が「気象庁が快晴と言った」と言ったケースにどう評価されていいのかは簡単でないだ。しかもしかも、妻に至るまでのどういったルートを辿って*、いったい何人がメッセージゲームに参加したかを考えると、事はさらに簡単でないだ。

さらに最も簡単でないなのは、報知が人の効用とダイレクト結びついていることだ。ある人が本物と思って買ったブランド品が偽だったケース、その人は偽と知るその瞬時までは本物と等しい十分をいるかも知れない。だが修正する報知を知ってしまったが故に十分度が落ちてしまうのである。言わば「知らないほうがいい」という場面だ。

人の十分というものは報知によって決まっているのである。したがって、報知を操作することによって人の十分を変化させられるできる性を秘めている。これを最も練習したのが戦争のとき中の日本であり、旧共産圏諸国である。この教育の案件にもつながるだろう。

当たり前に、原資原理やその中枢としてのファイナンス仕組というものは、信頼に基づいている。さらにその信頼は報知に基づいていることを述べてきた。なので報知を提供する重要なのだ。だが、報知はただ提供したらいいというものでもないらしい。では、いったいどうしたらいいのだろうか――。

これが信頼経済の基盤をメンテナンスし続けられるかどうかの仕事だ。この回答は私もよく腑に落ちないのだが、このエッセイでも未来また考えていくことにしたい。

ねずみ講は違法だが正しい合法なねずみ講もある

 近頃、Eメール界でも「不運のハガキ」ならぬ、「チェーンメイル」なるものが通俗っているらしい。私のところにカンパニーの後輩から来た一通は、セガの社内LANを何度か回ったしかるのちに社外に流出したらしい。昔の不運のハガキと違って、誰が出したかが明らかにレコードとして残されているところは美しいものだ。

今のところはコンピュータウイルスが付いているわけでもなく、貰っても特別の害はないようだが、私自身のメール・住所を載せたメールが見も知らぬ他の人に転送されていくのかと思うと、怖いものも感覚る。したがって、私はこの文書を他の人に転送するのを控えているのだが、、困る、ここで途切れにことで誰かから怨まれないかということだ。ここら辺の威嚇考えは「不運のハガキ」と変わらない。

さて、なぜ「不運のハガキ」の話をしたかというと、ねずみ講も似たようなものなのでだ。ちょっと違うしかしながらあるが、それは初めに参加した人は経済的利益が得られ、後から参加した人はその分損をする、ということだろうか。ねずみ講が次から次へと参加者を増やしていくのは、「不運のハガキ」のケースでいう威嚇考えではなく、私自身が得するため、または私自身の損を取り返すためといった経済的行動の理由によるものである。

ということで、今日のテーマはねずみ講である。その中でも適法ねずみ講をみなさんに紹介することにしたい。

たぶんみなさんは、ねずみ講が罪とみなされているご存知だろう。これは結構昔から法で規定されていた。だが、私が学生だった時間に、「世界家族の会」(?)だとかいうねずみ講がその法のあいだを突く形で通俗し、社会案件化したことがあった。

それまでのねずみ講防止法では、メンバー勧誘にあの紙幣の授受を禁止されるものであった。要するに、「君はが入会う為には10万円を払ってもらうが、君はが子メンバーを1人見つける度に5万円が君はの手元に戻ってくる」という組織は有罪だったのである。当たり前のが、このケースでは、君はは2人子メンバーを紹介したら元を取り返せて、3人目以後は私自身も儲かることになる。

だが、「世界家族の会」はちょっと賢かった。入会にあは紙幣の授受を行わなかったのである。彼らは、新しい入会者に国債を買わせてそれを納めさせたのである。

この「世界家族の会」もお約束通りに、末端メンバーが思う子メンバーを集められず、損を取り返せないメンバーがと破綻し、末端メンバーからの被害届けが頻発して社会案件化した。さらにやっぱり会長は逮捕されたのだが、この会長は悪びれずこう言った。

「国債を買って国にサービスしようという効果のどこが格好悪い!!」

この会長について言えば、前のに解体されたねずみ講の幹部だったという前歴を持っており、本心でこうした考えを持っていたとは考え嫌な。だが、この単語はまた的を突いていたので、若い頃の私は手ごわく感覚づけられたものである。国のファイナンス場面を考えれば、誰かに国債を買ってもらわなかった場合はならない。国にしてみると感謝できるスポンサーだったからである。

、ねずみ講が罪であるという証拠は少ないだ。末端のメンバーが損をするから案件だというが、末端のメンバーも私自身が子メンバーを集めることで利益が上がると判断するから入会うのであって、被害者というよりも逆に可能性な加害者である。案件があるなら、入会がパーソナルの無料心意気ではなく、近所の強制(あるいは威嚇)によるものであったケースだけだ。だがこれはねずみ講だけの案件ではない。より一方的な「恐喝」ケースとして扱えば済む案件だ。

ねずみ講そのものは、例を出せば訪問オークションや、新興宗教と、変わるところはない。ねずみ講なのでという子細だけで取り締まるべきではないのである。近頃も自宅に某訪問オークションがやって来た。彼女らは「●●のメンバーになってこの鍋を誰かに売るとこれだけ儲かる。なので会費を払ってメンバーになりませんか」、という勧誘をして行った。これは合法的アクションである。ねずみ講が違反で訪問オークションは合法的――これはねずみ講防止法がどのようにして証拠の薄いものかを示している。

前述の「世界家族の会」も国債を使うところまでは賢かった。だが折角「セキュリティ」を使うことに眼をつけたのなので、国債だけでなく株まで考えるとより多く賢かった可能性がある。

例を出せば、初めの参加者はある特定銘柄の株を買う。さらに子メンバーを集めて等しい銘柄の株を買わせる。その子メンバーはまた等しい株を買う。すると株価は高まりしている(ことがたくさんの)ので、以前参加者は買った株価よりも高価な株価で払い下げすることができ、それが利益になる...。

何だ、これは所謂「仕手株」と等しいではないか。だが大切な、これは「ねずみ講」ではなく合法的だということだ。政治家の選挙ファンドもしたがって作られていると言われており、多分この方法で捕まるない。

ねずみ講は必要には罪ではない。それが裏付に、国も適法ねずみ講を奨励している。

しかしつつ;ながら、国は「仕手株」を奨励していることではない。国が奨励しているのは「株バザーへの投資」や「固定産バザーへの投資」等といった、「投資」と名のつくものだ。

だが、投資という名前が付いてはいても、実際の状況はねずみ講と変わらない。初めの参加者が株を買い、次の参加者を呼び込む。次の参加者も株を買って、しかも次の参加者を呼び込む。その間に株価は高まりして初めの参加者は儲かるが、その儲かった姿を見て妬ましがった人が次の参加者として株を買って株価をしかも押し上げる...その果てに株価はやばく高まりするが、最終には参加したい人はあらゆる参加し終わり、それ以上は誰も株を買わなくなる。その結果、株価は降下し、最終の参加者は儲けばかりか大損をしてしまうのである。

なんだ、これはついこの以前「バブル」のことではないか。

左様だ。バブルはねずみ講と全然等しい作りを持っていたのである。バブルとねずみ講の違いは、参加者の範疇・天秤の差であるが、それは「見てくれの信憑性」の差に基づくものだ。バブルの成功?!は、有り触れたねずみ講に比べて「株価高まり神話」「土地代高まり神話」が大きく信憑性をもって受け入れられたからに他ならない。さらにその結果、参加者は略人総合と、、略人みんなが被害者(という名の加害者)になったのである。

国は「バブルを奨励した訳ではない」、という反駁はあろう。だが、国がそれを抑える努力を怠ったのは事実上であるし、逆に好経済を囃し立てたことも否定はできない。株や固定産値段の高まりによって富豪になった気がした人が、気立てよく紙幣を使ってくれたので、経済がよくなった。それを平成経済だの何だのといって促進し、自分でも高税収が続くという前提の下に浪費しまくったのである。

経済低迷している今、暗にバブル帰還を望む声がくすぶっているが、国も株価低迷を人工的に支えたりして、株バザーにファンドが戻ってくるのを待っている。だが人工的な下支えという、本当ありうべき株価からの「バブル」を生じさせようとしていることに他ならない。国はバブルに懲りたことではない。逆に、国は再び「ねずみ講」に人の参加をいるのである。

ただ、前回と違うことに、つい近ごろバブルの被害にあった(と自分では考えている)人達は、今回の国主導の「ねずみ講」については信じなくなった。日本の株価は上がらない案件だという人が経済専業家にたくさんのが、私はそうでもねば;ないと思っている。株価低迷は、人が昔よりちょっと賢いになっただけ可能性があるからである。

も書いたが、ねずみ講の成功の秘訣は「儲かりそうだ」という信憑性をどのようにして抱かせるか、ということである。むしろ言うと、今の株価や土地代の低迷は、今回のねずみ講の信憑性が高くないと人が判断したということだ。

要するに、このねずみ講を成功に為には、効果ありな経済刺激策(更に印象的ではなく、長い間的にファイナンス荷だけを増やすようなまやかしでは駄目な)を打って、日本がこれからも成長を続けると信じさせられなかった場合は駄目なのである。このような意味で今の株価低迷は政府の信頼度の高くなさの表れである。国は逆に昔のねずみ講がどのようにして成功してきたのか、「世界家族の会」に習うべき可能性がある。

(ここからはちょっとプロかもしれません。嫌な人は読み飛ばして下さい。)

経済のインデックスに戻る

「株はねずみ講とは異なる」という反駁が有価証券関係者から出て来そうだ。(かく言う私も有価証券関連ビジネスに奉仕している。)

株価は会社の利益成長を先取り索引した値段に決まっているのだ、という人がいる。だがそれで100年分の利益を先取り索引した値段がいかにも適切化されるのかは非常に快い。

ある人は短い間的には「バブル」が生じるできる性があるが、割高な株を売る人がいるので長い間的にはあるべき値段に落ち着くのだ、という。だが株バザーに新しいにファンドが流入してくるケースには、株バザーすべてが「バブル」になるできる性が残る。

日本の株価低迷をよそに、米国の株価は賛成を持続している。米国でもバブルが次第に進行しているのである。

勿論米国の株が賛成なのは、米国の経済が賛成なのが主因だ。会社手柄は年率2桁の成長を続けており、経済が成長する分の株価高まりは逆に自然でもある。だが、それだけでは今の米国の株価を語るできない。

過去前には皆米国の成長は終わったと考えていたのが、来て高度な技術時間を改めてリードすることに成功。米国人の自信は広く回復した。

このような時間にはそれを証拠ける、それらしいアイディアや理屈が現れる。(昔の日本では、東京は限界なから土地が上がるのは回避不能だとか、含み財産を評価すると日本の株価はまだ割安だとか言われた。)今の米国では昔何十年もの統計がその証拠として使われている。大うつ病等のの株価暴落を経つつも、平均的には株はボンドなどに比べて高価な収入率を残している、というものである。

さらに、直近の株価高まり。ちょっと前に株投資信託を買った隣の人が儲かって新車を買うのを最も近いに見てしまったのである。――これで「株価高まり神話」が出来上がった。信憑性の高度がねずみ講の成功を左右するのは、もうお話した通りだ。

折りからファイナンスの無料化で株投資信託が緻密なものになっていた。定期預けた紙幣利率も昔に比べてかなり高くない時間が続いた。ファンドの流れは預けた紙幣から投資信託へと流れ、株価高まりを誘った。そのようなとき、年金システムの更訂によりパーソナルで年金積み立てを考えねばならなくなった人は、あのような結論に至った。――「長い間的には確信に上がるのなので、株を買うしかない。」

しばらくまだ新たな参加者がまっすぐに株を買っている時だ。なのですぐさま株価が落ちるない。だが、やたらに高まりした分はいつか落ちる。留意が必須だ。

有り触れた人が有り触れた考えれば、経済が成長する以上に株価が高まりするはずがない。それを専業家という人は、「手柄は経済成長以上に伸びる」とか、「株は短い間的変動のサイズの犠牲としてより大きいリターンが付いてくる」とか言って説明したがる。だがそれを鵜呑みにするのは危険だ。

手柄はたしかに経済成長スピード以上に伸びることがある。だが、それはコストを抑制できたケースの話だ。給料を削ったり、素材購入費を削れば、絶対誰かはその分収益が減って苦しむ。要するにどこかの会社の手柄にとばっちりするので、経済すべてでは収入私は動く。の効性しかない。

株がその変動性の犠牲として大きい収入率をくれるというのも、有耶無耶だ。株が高価な収入率をあげられるのであれば、むしろどこかの財産は平均より高くない収入率に甘んじているはずだ。ここでいう平均とは、本当であれば経済成長率のことであるが、奇妙なことに長い間株もボンドも平均より高価なリターンを上げてきた。経済すべてで計算すると誰も損をしていない、という奇妙な場面になっている。

上の物語はいくつかの心配素材を抱えている。米国が未来も今の成長スピード(建前値で年間5-6%)をメンテナンスしたとしても、会社の手柄が今のペース(2桁)で伸びるない。これまでには再構築でコストを抑えて来たが、これからはコストは下がらない。いつかは手柄の伸びは成長スピード度が限度になる。

そして株価が昔に経済の成長スピードを上回って高まりしてきたのは、手柄がそれだけ伸びたからではなく、株バザーを開始とするファイナンス財産に新しいにファンドが流入していることによるの可能性がある。要するにファイナンス財産バザーそのものが結構の長い間間に渡ってバブルを形成して来ているできる性があるのである...このまた今お話したい。

ということで、私は米国の株が短い間的に高まりするできる性は高価なと思うが長い間間に渡って持ち続けるのはお勧めしないことにしている。

マイナス利率とは 金融緩和などが必要



日本を離れて端から見ていると、日本経済の遅延には焦れったく感覚る今日この時。近頃は残りにも経済善後策が空回りしているせいで、遂にまたファイナンス融和論が出てきた。当たり前に今の割引率は0.5%である。前ののこのエッセイにも書いた、有り触れた人は建前利率のワールドに生きているので、通常に考えたら後ほとんど、少ししかねば;ないと言ってもいいほどのファイナンス融和余地しか残っていない。本当に、これだけで融和の効性があるのだろうか。または専業家の眼から見たらより多く融和余地はあるのだろうか。


、ファイナンス融和の効性があるのか否かについては今さら説明することもないのであろうが、容易いに復習したら、理論的には利率が高くない方が投資利益が取り簡単なので投資にポジティブになる。一方で消費者にしてみると、利率が高くなければ預けた紙幣しても仕方ねば;ないと思うので店せずに消費に回そうと思う。したがって、人は利率が高価なときよりも紙幣を使うなり、経済にはプラスの効性をもたらすというのが結論であった。最低でも紙幣の借り手がたくさんの工業界ではそう考える人がたくさんの。


、、一方には利息収益の減少が収入の減少にあたり、消費減退に向かうという説もあることにはある。これは紙幣の貸し手であるパーソナルや利息収益に頼る高齢者に予想外に見られる思考だ。たしかに外国でもこのような議論はあって、万年インフレーションで高利率が続いていたイタリア等では高利率の方が消費刺激効性があったという説もまことしやかに流れていたが、今では他のヨーロッパ諸国と同度の低利率になったが、なのでといってイタリアの消費が落ちたという実演研究は今のところで;ところでていないようだ。


案件はもうあまり0に遠くない建前利率をしかも低下させても上記などのプラスの経済効性が出るのか否かという点に集まっている。経済ではよく「投資の利子弾力性が高くない」という表現を使うが、利率がいくら低下しても投資が増えねば;ないという様に陥るできる性が言われている。今の日本がまさしくその場面にあるのではないかというのである。このようなケース、ファイナンス融和は何の効性も及ぼさない。経済に効性を与えるのはストレートに投資や消費需要を増加させられるファイナンスポリシーだけだという結論を導くことになる。これが言う「ケインジアン(経済者ケインズのクレームを引く継いだとされる派閥)ポリシー」である。


さて*、本エッセイはこのようなケインジアンポリシーが修正するのかどうか、言い換えれば利率を低下にべきか否かを考えるまず、自分は無視して相手を注意するしておいて、単に建前利率がこれ以上低下することがテクニカルにできるなのかどうかだけを考えるしたい。(上記の案件は経済の中では古くて細長いテーマスとなっているので、この短いエッセイでは取り上げきれない。一方でこのような通常は重大に考えないであろうから、当エッセイにぴたっといいと思うのである。)


ということで、本論にやっと入ることにしよう。


たぶん、有り触れた思考をしたら、利率の下限は0である。例を出せば、仮にマイナス利率があるなら、預けた紙幣者が紙幣を預けるとバンクに利率を「支払」わなかった場合はならねば;ないということだ。または、紙幣を借りに行くと余分に紙幣をくれるということでもある。これは該当愚かげている見える。誰が利率を払ってまでバンクに預けるというのだろうか?または紙幣を不必要に貰えるなら紙幣を借りた方がいいということになるのだろうか?


奇妙なことに、この答えは「イエス」である。


経済的には、利率のレベルは貸したい人と借りたい人の需要と供給が見合うレベルで決まるだろうというのが常識な結論である。さらにそのレベルとは、紙幣の借り手の側から見て簡単に言えば、紙幣を借りてビジネスをして利益が合う度のことである。一つずつがビジネスの利益性をどのように見積もっているのかは真はよくわからないのだが、例を出せば平均的なビジネスの成長性が大体建前経済成長率(GDP)度と考えてみることにしよう。そうすると今の日本はインフレーション率が少ししか0あるいは逆にマイナスに遠くないし、本当経済成長率も0に遠くないマイナスなので、利率のレベルは0あるいはマイナスでもいいという結論になるのである。


しかしつつ;ながら、上記の思考は借り手側に傾き過ぎている。今は貸し手の側から考えてみよう。貸し手にとって適切な利率のレベルとは、私自身で紙幣を保有したり使ったりするよりも貸した方が未来受け取る金額がおおきなと思えるレベルのことである。そう考えると、もし利率がマイナスだなら、無理して紙幣を貸すよりも、紙幣で保有した方がいいはずである。そうしたら目減りしないはずだ。


だが、しかしマイナス利率はありうるのである。


例を出せばバンクに預けねば;ないとしたケース、人はタンス預けた紙幣を考えるだろう。タンス預けた紙幣は無事だろうか。家が火災で焼けてしまったケースを考えてみよう。または、人がタンス預けた紙幣をしていると知っていれば、空き巣は増える可能性がある。バンクに預けた紙幣がねば;ないとカードも使えなくなるし、いつも人は紙幣を持ち歩かなかった場合はならなくなるから、スリや恐喝も増える可能性がある。種種の転送もその度に支払いに足を運ばなかった場合はならない。どこか230年くらい;くらい以前場面に戻るようだが、このような不都合な生活に耐えられるだろうか。


たぶん人は最悪限必須な預けた紙幣をバンクに預け続けることを選択するだろう。バンクがセイフ・カストディ(安全)としての効果、または転送等のファンド空き地の効果を持っていることを予想な出すことだろう。あれだけ批評の格好悪いバンクではあるが、なかった場合はないで困るということが実感出来るだろう。


ということで、テクニカルにはマイナス利率のできる性もあることがわかった。だがリアルには思った通りにマイナス利率は非常に希なケースだと言えそうだ。


以前ファイナンス立国・スイスで現にマイナス利率がイントロダクションされたことがあるのはなだたる話だ。あの頃は投機的にスイス・フランが買い進まれたため*、スイス・フランを短い間的に買う(さらにその紙幣をバンクに預けざるを得ない)人に対して懲罰的にファインを課してスイス・フラン高を抑制しようとしたものだった。だがその外には図を見ない。


あの頃のスイスは世界どこでもからの信任の厚みがある国であったから、このような極端なポリシーをしても案件はなかったが、今の日本でマイナス利率をイントロダクションすると非常に危険である。ただでさえ低利率を嫌気しているファンドが同時に外国へと流出し、円安を加早させるできる性が高価な。この先は円安の度の案件ではあるが、幾らデフレーション時間と言っても外国からの物資は値上げし、インフレーションに転じるできる性が出てくるであろう。このケース、人のインフレーション思いは後でプラスに転じる。経済が劣化し続けるという思いがない限りは建前成長率思いはプラスに転じ、理論的にもマイナス利率を支える手に付かなくなるだろう。むしろ経済が回復しねば;ないと思うならば、日本は二流国になるということなので日ファンドを貸す人はいなくなり、思った通りに利率はマイナスにメンテナンス出来なくなるだろう。


一方、技術的な面でもバンクなどの仕組が作動しなくなる危険性もある可能性がある。簡単な仕組であればマイナス利率には対応できない恐れがある。作動はするにしてもケースによっては莫大な仕組投資荷がかかる可能性がある。ただでさえ、ヨーロッパにおける新通貨ユーロのイントロダクションや2000年案件で仕組改造の荷は広くなっているので、バンクはファイナンス融和の長所が得られない可能性がある。という思った通りに街中の利率は下がらなくなるだろう。


以上の考えたとき、マイナス利率はできるであるし、現に昔に存在したこともあるにはあるが、今の日本では考え嫌なということになるような気がする。非常に当然の結論であるが、利率は0が下限であり、しばらくその下限に非常に遠くないということではないだろうか。


さて*、こうした議論とは、現に日本でのファイナンス融和期待が盛り上がっている。ファイナンス融和余地は少し0.5%である。だが、この0.5%は最終の0.5%であると一斉に結構危険な0.5%である。


今の日本はもう円安(最低でもドルに対しては)であり、最低でも表面上は円安を歓迎していない。ファイナンス融和はさらにもっと円安のリスクを増加にため*、円買い介入している今のポリシーとは矛盾しているパーツがある。今でもバザー参加者は日本銀行のこの矛盾するポリシーに疑惑を感覚ている。「必ず日本銀行は真意では円安で経済を刺激したいのであって、円安スピードが速過ぎるのだけが案件なのだ」と信じている人もたくさんの。しかし日本銀行がファイナンス融和に向かうケース、これは真面目の円安助長の相図と考えた方がいい。


日本はワールド一番大きいの権利国であり、貿易余剰国である。必須なファンドは自分での力で作り出すことができるし、真にグローバルに競い力も手ごわい。最近のアジア諸国と類似のてんてこまいを予想するのは本当きちんとない。だが、しかし、、投機的なファンドのサイズは権限の力が及ばない程おびただしいになってしまった。一度円安が進み開始ればこの流れを止めるむずくなる。バザーの流れに逆らって利率を低位にとどめて置くことすらもむずくなる可能性がある。日本はなおさらに甲高い時間を覚悟するべき可能性がある。


私はパーソナルには長い間的に穏やかな円安論者ではあっても、今の円安についてはありのままますます進むとは考えていない。子細はいくつかあるが、容易いに言えば今のアメリカの超楽天原理と日本の超悲観主義原理が一緒に行き過ぎていると考えているからだ。そのため*、今から外国財産を購入しようとする人には用心深いな分析をオススメするのだが、仮に未来日本銀行のファイナンス融和が見られたケースには、その思考を改めねばならない可能性がある。

紙幣が紙に戻る日 ファイナンスでは、「現金化」という単語がある

 紙幣が紙に戻る日


ファイナンスという小さい世界では、「現金化」という単語がキーワードになりつつある。こう言うとまたファイナンス関係者他の人にはよくわからないワールドのようだが、何のない。この単語の意味は「日本銀行がお札を刷ること」に過ぎない。


人誰しも一旦は考えたことがあるだろう簡単な疑惑のひとつに、「沢山紙幣を刷ったら富豪になれるのに、日本銀行はどうして思う存分お札を刷らないんだろう。」というものがある。この疑惑に対する答えは、「日本銀行の刷る紙幣は日本銀行にとっては債務の証文だから;だから、いつかは返さなかった場合は駄目なもので、日本銀行がお富豪になることではない」というものか、または「日本銀行がお札を2倍に増やしても物が増えることではないので、これまでにお札1枚で買えていた物の価額がお札2枚分に変るだけで、インフレーションになるだけだ」といったものだった。


それにもかかわらず、昔、世界どこでもから日本銀行が紙幣をジャンジャン刷って経済をよくする催促が来ていた。更に、そうクレームする人は、訳のわからない政治家や経済評論家という人だけではなく、ノーベル経済賞候補者筆頭とも言われる才能の持ち主経済者であったり、アメリカのファイナンスを支えているという経理秘書や副秘書だったり、さらに当の日本銀行インサイダーの人であったりする。なので日本のマスコミもそうすることが修正すると信じきっていて、「なぜ日本銀行はお札を刷らないのか」と批判を強めているのだ。


たぶん、政治的なに独立できていなくて*、政治家やアメリカからのプレッシャーに立ち向かうことができない日本銀行は近いうちに中にも輪ターニングポイントの作動スピードを引く上げることであろう。その結果はどうなるのであろうか。


現金化は以前真にグローバルに何回も繰り返されてきた。近頃では石油ショックの頃のイタリア等もよく例に出されるが、以前はアメリカでも、さらに戦争のとき中の日本でも、類似の日本銀行券のとめどない増発は行われてきた。さらにその結果は両方高インフレーション時間の到来であった。高インフレーションの不幸な体験からドイツはセンターバンクの「インフレーションの番人」としての効果を巨大なものとして、むしろバンク券の増発には甲高いブレーキを掛けたし、同様に日本でも日本銀行の国債ダイレクト引受けを禁止される法が定められたはずであった。


しかしながら、しばらく以前とは時間が違う。この議論のサポート者は、「真にグローバルにデフレーションの時間なので、今のの日本ではそのようなインフレーションが起こるはずがない」のだという。または、「今の日とって案件なのはデフレーションであって、ややのインフレーションになるのならまだよいが、少しやそっそお札を刷ったくらいではインフレーションになりようがないのだ」という。


だが、こうした人は簡単な事実上を忘れているのか、またはわざわざ忘れさせようとしている。、「やっても効かねば;ないと思っているのであれば、危険を犯して実行する必須はない」ということだ。彼らの目的は、「人に強制的に紙幣を持たせて、否が応でも紙幣を使わせよう」ということだし、一旦このポリシーを開始たからには;からにはこの目的が達成されるまでやり続けなかった場合は意味が無い。したがって、、アイディア上はこのポリシーは絶対人に何かを買わせるなり、その値段は絶対高まりするのだ。


たしかに今は物の値段は落ち着いている。それはと言えば、単一には人が未来の収入周囲に心配を持っているからだし、二つめには人は昔に比べてたくさんになって最悪限必須なものはもう保有してるのでこれ以上無理に物を買う必須がないからだろう。さらに、既単一の子細は、物の価額があまり上がらねば;ないと信じきっているから焦って買おうとはしていないのだ。だが、仮に未来物の価額が上がるのだとしたら、消費アクションは勢いを増すであろう。


既単一の課題も忘れては駄目な。しばらく物の価額も上がっていないからデフレーションだと思っているが、それはおかしな部分だということだ。事実上として、今今でももう、物の増え方よりも紙幣の増え方の方が早い場面になっていて、その結果紙幣は確信に余ってきている。その紙幣は「物」には向かわなかったが、「他のもの」に流れている。その「他のもの」とは「ファイナンス財産」である。


少し振り返ってバブル期を見てみよう。経済成長が続いていたが、紙幣は経済よりもしかも早いスピードで成長していた。普段ではこうした場面では価格の高まりが懸念されるところだが、だが、恐れていたインフレーションは起こらなかったのである。と言えば、余分な紙幣は「固定産」や「株」に流れていたからだ。要するに容易いな事実上として、「物の増え方よりも早く紙幣が増えている限り、絶対何かの価額は高まりする」のだ。その「何か」が、しばらくたまたまか回避不能か「物」ではねばならないというだけで、バブル期には「固定産」や「株」の価額がとめどなく高まりしたし、デフレーション期のしばらく「ボンド」の価額が暴騰しているのだ。


どの「もの(敢えて物とは書かない)」の価額が上がるかは時間にもよるし、周囲とか人の思考にもよる可能性がある。これは日本だけの現象ではない。アメリカの今もまさに日本のバブル期と類似だ。アメリカがあれだけ賛成で、紙幣が莫大に増発されていてもインフレーションが起こらないのは、生産性の改善だけが元凶だから;だからはないのだ。要するに、紙幣が「株」に流れているからなのだ。


米連銀のグリーンスパン会長という人はその辺がよく分かっている人で、現に彼は今の株バブルがメンテナンス無理であることをファイナンスバザー参加者にしばしば警告を発してもいるのだが、遺憾なことに、株バザーは貸す耳を持っていないようだ。更に具合の格好悪いことに、経理秘書やら次官やらといった政治家(アメリカでは政治役人も政治政治団体に属している)達ときたら、私自身達の任期中に株が暴落する何という状況になっては面目が立たないので、どうにか既ちょっと株バザーを延命させてくれと要望してくるときたものだ。そのようなこのようなで、グリーンスパン会長自分も、また突然に調整が起こると備えが出来ていない人が息無限になる恐れが手ごわいので、大胆にブレーキを踏めずに苦慮しているのだ。世界どこでもからの信認の厚みがあるグリーンスパン会長ともあろう人がこれ程コントロールに苦難しているというのに、誰からも信頼されていない日本のファイナンス権限がこうした重要業を成功させられると誰が信じられるのであろうか。


たぶん、現金化が成功したら、結果としてに「物」の値段が急高まりしてインフレーションが進むだろう。一方、失敗したら「他のもの」の価額が高まりすることになる。今の日本は株への信頼を完全に失ってしまったので、株が値上げするできる性は限られるし、土地もまだ傷がすっかりは癒えていないので、これらの紙幣を吸収するできない可能性がある。なので最も約束された視されるのは「ボンド」であるが、いかんせん、ボンドは値上げにも限界がある。ボンド利子が0%を下回る(たぶん)ないであろう。、このポリシーの初めの目的がインフレーション助長であることを予想な出せば、仮ににも成功してインフレーションになるリスクがあるというのに、0%の利子のボンドを買う人は、通常に考えれば、まずいないであろう。したがって、、いつかファンドはボンドからまた「別のもの」へと移るはずだ。次の候補者は「海外財産」だ。要するに日本からファンドが外国に流出することになる。そのうちには「固定産」にファンドが戻るの可能性がある。いつかにしても、何かの価額はまず間違いなく高まりすることになるだろう。


ここまでの議論を人は、「、、何かの価額が高まりすることが何か案件となるのだろうか」と疑惑を持つ可能性がある。


そしてついては、別のエッセイでインフレーションの案件について書いているので参照していただくとして、適当に言えば、まず最初に、行き過ぎたインフレーションもデフレーションも加速し開始るとコントロールが効かなくなり、未来の計画が立ちづらいなる為に人のアクションを抑制してしまうという案件があり、インフレーションもデフレーションもあまりない方がいいということが言える。だが、インフレーションとデフレーションのどっちがより案件かという点については、まだ巷ではすっかり議論がされていない思われる。


今はデフレーションの場面にあるため*、デフレーションがより案件視されている。デフレーションのケースには工銭等のある種の値段に下手堅さ性がある為に、経済の自律調整関数がすっかりは効かなくなると考えられている。そして、人は愚かなので例え実際の状況場面が等しいでも、デフレーションで値段が低下基礎にあると損をした見えるので消費を抑制し、インフレーションで値段が高まり基礎にあると富豪になった感じで消費を増やす帰趨形の変化があると見られている。なので現金化のクレーム者はデフレーションよりはインフレーションの方がいいと考えがちだ。(、部では、、消費者価格等のインフレーションインデックスが実際の状況より広く見えているので、これらのインデックスがプラスのパラメータを示していてもインフレーションではなく、値段は安定しているのだとクレームする論客もおり、彼らは私自身自分をインフレーション論者だとは考えていない。)


だが、デフレーションが持続無理(経済場面がいかにも劣化したら、その国の紙幣の値は失われる=要するにインフレーションに転換する)にもかかわらず比べれば、発散する危険性の高価なインフレーションの方が案件はより根奥深い可能性がある。それよりもそれよりも、本当はデフレーションもインフレーションも財産家と借方の間の収入私は動く。効性がおおきなのに、その興味関係者の討論がないままに一方的にインフレーション方向にポリシーが実施されてもよいものであろうか、という点には疑惑が残る思われる。


こうした大きい興味の伴う議論を聞くときには、議論のサポート者には幾通りかの思考の人が居るという事実上に気をつけなかった場合は駄目な。


まず初めには、できごとを正しくとは考えたりはしていないしかし、「なにげに経済がよくなりそうだし、それで日本の案件があらゆる解決されて幸せになれる可能性がある」何という簡単に期待している人がいる。こうした人は賢いではないが、罪はない。だが、気をつけなかった場合は駄目なのは、既一方に、この議論の課題は分かっているのだが、それを知った上でいくつかの私自身の興味の為にこの議論を利用しようとしている人がいるということだ。これらの人は結構頭はよいが、有り触れた人には害悪を及ぼすことがある。


例を出せば、後者の典型的なタイプとしては、今莫大の負債に喘いでいる人がいる。例を出せば固定工業者とか、総合建設業といった人だ。この人達にとって現金化は徳施行令(要するに債務の棒引く)であったり、ファンド繰りを助けてくれたりする救いの神に他ならない。例を出せばインフレーションは私自身の債務の荷を軽減してくれるし、一方で私自身の持っている不良財産の値段を引く上げてくれる可能性がある。そして、紙幣の余って仕方ないファイナンス器官が継続紙幣を貸してくれるできる性も高まるだろう。なので、これらの人にサポートされている政治家はこの議論に私は承諾。する。


等しいような立場の人には日自国政府も含まれる。政府は日本一番大きいの借方なので、インフレーションの恩恵は最もおおきな。インフレーションで現有の借金の荷は低下するし、累進的な税金のお陰でインフレーション下では税収も悲しいにだろう。


または、アメリカの立場も意外自分の都合だけで行動なものだ。このポリシーによって交換は円安に向かうできる性が高まるだろう。日本で余った紙幣はアメリカに向かうからだ。アメリカも経済成長よりもとんとん拍子な紙幣供給によって、株バザーを支えてしまっている。このバブルがいつか崩壊するときには、この国には非常に不幸な未来が待っている。アメリカのポリシーパーティーはその課題を知らないのではない。よく知っているが為に、私自身の任期中だけはどうにかこのバブルをメンテナンスしたいと考えているのだ。その為に必須なファンドが日本から供給され続けなかった場合はならず、日本の現金化はそのツールとして期待されているのだ。彼らにとって日本が未来どうなるかは関係ない。案件は私自身達の任期中の株価がメンテナンスできるかどうかということだけ可能性がある。


、、これらの人の思惑通りに事が進むかはよくわからない。インフレーションで現有借金の荷は軽減されるが、借り換える際の利率は後で高等なる。タイム差があって次第にではあるが、新しいの借金の荷は高まりしていく。そのタイム差の間に性質を改められねば;ないと、やっぱりは借金地獄からは抜け出せないことになる。


ファイナンスバザーでも、どのもののバザーが最も値上げするかは不透明体だ。当初はボンドにファンドがと期待されていて、もうボンドバザーは99年初の暴落から回復しかかっている。少しではあるが株バザーも高まりムードが出開始た。ファンドが外国流出するとの見通しも一方的になってきて、交換も円のんき味に推移している。こうした参加者は現金化の本格化でこうした流れが定着することを望んでいる。だが、インフレーション期待の醸成に成功したらボンドバザーは再び暴落するし、株バザーへの容疑感の手ごわさからしたら、ボンドが無駄でも思った通りファンドは株バザーには流れない可能性がある。現金化の度が外国を上回ればファンドは外国へ逃げる恐れが手ごわいが、、アメリカも日負けず劣らず紙幣を刷っている国なので、そのファンドの逃避先がアメリカになるかどうかもわからない。

だが、ひとつだけたしかなことがある。お札(円)の値は低下するということだ。絶対何かの価額は上がって、その結果、1枚のお札で買えるその何かの量は減らざるを得ないのだ。0利率の時間を迎えてしばらくタンス預けた紙幣が通俗している。これは紙幣をタンスにほったらかしにしておいて利率収益が得られなくても損にはならないからだ。だが、現金化の本格化によって、この戦略的も後で得ではなくなるということだ。そろり自衛策を用意しておくべきだろう。

金融システムのヘッジファンド 長期資本管理など

 近頃の経済紙には日本長い間信用銀行(Long Term Credit Bank)やら長期資本管理(Long Term Capital Management)やらの紙が連日来り、LTCがつくものはろくなことがねば ないと揶揄される日が続いている。長銀問題はもう自分は無視して相手を注意するされてから3ヶ月を過ぎテーマ性に貧しくなってきたが、一方のロングターム・キャピタルは米連銀の捨て体の安堵策にもかかわらず だが、その他のヘッジファンドへの破綻連鎖の心配が払拭されず、未だ市場を恐ろしく思うに倒れている。


ロングターム・キャピタルの失敗は投資や貸付けを行動したていた世界どこでものたくさん金融オルガンに波及している。米系の大手ファイナンス器官ではかなりな遺失会計が必至となり株の落ちるを招き、スイスでは銀行経営陣の辞任を導いた。また民間ファイナンス器官同じように、イタリアの中心銀行までが外国通貨レディネスの運営としてファンドに投資していたことが判明し、流石はイタリア人と笑いを買われた。今後長い時間は様々な国ではヘッジファンドへの調節のあり方等も議論されるようであり、近い将来ヘッジファンドという言葉が紙上を賑わしそうだ。


ヘッジファンドは常に悪役の見られてきた。特別に通用危機に瀕したアジア等ではヘッジファンドが市場を妨害し、本当問題のなかった経済を悪化させたかの言われることがたくさんの。特別にてこ(梃子)を効かせつつ元本の何倍もの資金 ファンドを動いていし、大きい値段の収穫を上げるそのテクノロジー 技術が、やたらに市場を動かす起因の言われることが多かったようだ。


 だが、ヘッジファンドは悪役でもないし、特殊な現存でもない。普通の 会社も内包できて多かれ少なかれ市場加入者すべてが行動したている経済経済活動と、変ることもないのだ。


さて、ヘッジファンドの定義を解説することもねば ないとは考えるが、ヘッジファンドがいかにも圧力団体なのかどうかを思考しる為に、もう 既一度 一旦基本から戻ってみよう。


本当はヘッジファンドというのは、不用なリスクは忌諱(ヘッジ)しつつ、私自身の長所な一点で格闘をかけるファンドのことである。例を出せば、本物株を買われると一斉に株先物の売り建てをしておけば、株市場すべてが上下に浮動するリスクからは切り離される。理論的には日経平均株価指数225指標 が上がろうと下がろうと何の気儘もしないことになる。しかしながらこの時、仮に私自身の所有している株が市場の平均を上を行く還元を上げることができれば、さらに回った分だけの還元を手にすることが可能である。要するに、もしこのような市場平均を上を行く還元が予想出来る銘柄を選択できさえしたら、市場の上下というリスクを忌諱(ヘッジ)しつつ ながら つつ、収益を上げることが可能であるということだ。


これらは「アービトラージ(決定取引)」と言われ、市場に歪曲が見られるときにその歪曲が平常化するプロセス を狙う取引であり、市場の能率 化を救助し取引と思考しられている。臆測筋等によって、市場が割高または倹約になったときに、本当ありうべき価額 値段に戻すための効果を担っている。要するにヘッジファンドは本当的な含意では市場の味方であって、格好悪いものではないのだ。例を出せばヘッジファンドの担当者格である佐治・ソロス氏のファンドはイギリスポンドをERM(欧州通用メカニズム)の決められた下限よりも売り込んで、イギリスの欧州通用統合からの撤回を余儀無いさせて跳躍名高いになった。このため、イギリス統治にとっては敵なったことだが、これも経済的な含意から言えば、原来ポンドが長い間的に保養できない割高な水準であったのを、保養可能な水準まで導いたに過ぎなかったのだ。


普段こうした決定取引は動き方が 相対的遠くないもの、または等しい元凶 起因で変動すると分かっているものを使って売りと買われを組混ぜるものだ。例を出せば上の例で言えば、本物の株と先物の株は奇妙には等しいような移動をすると予想可能であるだろう。しかしながら、今のヘッジファンドはより多く広範囲な解釈をする。例を出せば、日本の経済が格好悪いという等しい子細で日本の株は下落し、接着剤は上昇する。または円安になる可能性がある。格好悪く言えば「風が吹いていばおけ店が儲かる」式の発想だ。 だが、こなどの取引では、売ったものと買われたものの動き方は絶対合致していないので、厳格にはリスクを回避できていないことになる。そこがとりあえずヘッジファンドが狭い範囲の決定取引と間違ってているポイントだ。


しかも、リアルのヘッジファンドは「ヘッジ」をしなくなっている。例を出せば、先の例で言えば日本の株を売ったときには、接着剤も売らねば ないとヘッジにはならない。だが、リアルのヘッジファンドは逆に日本の株を売って接着剤を買われていたりする。これでは日本の経済が格好悪いときには両方儲かるからいいが、経済が復活したら両方とも損をして格納する。これではヘッジではなくて、すっかり1方向の臆測だ。


したがって、近頃のヘッジファンドは言葉 単語の定義から話すと真の「ヘッジファンド」ではなく、単に投機的なファンドになっているという言える。この含意からは市場の決定関数を本当にいるだけどないので、ヘッジファンドが「善玉」だと言い切ることもできない可能性がある。 だが、依然 しかし市場に臆測家がいることによって市場の厚みが増している面もあるため、ヘッジファンドの現存がそれそのもので悪だというできないだろう。


ところで、ヘッジファンドのもう単一の、さらにそれよりも一番大きいの特徴は所謂「てこ(梃子)」効性にある。ヘッジファンドは投資家から募ったもと加えて、たくさん借貸し方をしている。例を出せば100の元本を基にして100の接着剤を買われる、それを担保に差し入れて90のお金を借りてまた90の接着剤を買われる。それを担保に差し入れれば80のお金が借りられられて、また80の接着剤が買われる。それを繰り返していくと、所詮例を出せば550の接着剤が買われることになる。要するにもと対して5.5倍のてこ(梃子)が働いたことになる。このことに加えて普段のヘッジファンドは先物等の派生製品を愛用ため、少し ほとんどな裏付金でその資金 ファンドの何倍もの値段相当の取引を実施できることになり、てこ効性はしかもパワーする。今トピックのロングターム・キャピタルではこれが20数倍にまで拡大したという。


このためヘッジファンドは少数な資金 ファンド量にもかかわらず だが市場を動かすまでの力を拘留ことになった。このような人がどっちかというと短い間的な利益獲得の為にクルクルと購入と売却を繰り返しており、その度に市場が右往左往させられているということが問題になっている。


これは信用できる問題のも考える。 だが、こうしたヘッジファンドは多数現存し、各々が別個の思考しを所有しているので、普段は市場が1方向に広く振れるないはずである。仮に全ヘッジファンドが等しい指揮にバザーを広げているのだなら、それはむしろ市場加入者がこのような偏った味方をするいくつかの元凶 起因があるはずであり、ヘッジファンドが問題だからはなく、ヘッジファンドを駆り立ち上がれた元来の元凶 起因こそが問題になるはずだ。例を出せば最近のアジア通貨危機はアジアの発育への全世界 真にグローバルな極端 過渡期予想と、そして関係する極端 過渡期な海外原資 の流入、さらにインフラストラクチャーの保養が間に適合していず、通用が割高になり過ぎたこと、このような元凶 起因がある限りはいつかは規正が必至になりつつあったということだろう。


さて、こう書いてくるとまるっきり、当コラムはヘッジファンドの行動 作用を鼓吹するのが主旨の考えられた可能性がある。だがヘッジファンドは逆にもいいのだ。それよりもヘッジファンドの孕む問題がより広い 幅広いであることを指摘しておきたいのである。


問題になっているヘッジファンドのレバレッジであるが、うんと 思考しるまでもなく、これは何もヘッジファンド固有の催し物ではない。例を出せば、銀行の効果を思考してみよう。銀行も 全然類似の機能を本当にいることが分かるはずだ。銀行も原資 と言われるもと加えて依託等による資金 ファンド周旋をしており、それを元手に出資をしている。これらの出資は後で人の手を通過したて、何割かがまた預金として返ってくる。それを銀行が出資するとまた何割かが依託として返ってくる。所詮当初の元本の何倍かの資金 ファンド量を拘留ことが可能であるのだ。これが経済で言う「信用作成」というものであって、経済 経済に血としての資金 ファンドを流し込む機能なのだ。またこの時の梃子の割り合いを「信用乗数」と言っている。


ヘッジファンドとの間違いは、銀行の出資アクションは甲高く監視されているということだけだ。例を出せば銀行 銀行には原資 比率規制がある。インターナショナル営業を営む銀行は最悪8%の原資 が必須であり、簡単に逆算したら総資産は原資 の12倍度に制限されているということになる。(しかしながら正しくは狭い範囲の原資 のその他に原資 とみなしてもよろしい部分 パーツがあり、また総財産私自身もリスクの度合いによって資産に算入される割り合いが間違っているため、12倍以上にてこが効力がある。)そして資産の内容や金額等もこと細かいにディレクター役所への通報が義務づけられているということが間違っている度だろう。


これは何も金融器官に限ったことではない。普通の民間会社もてこを効かせている。思考してみれば少ししかすべての会社は原資 に加えて接着剤や借貸し方による負債を抱えており、普段は原資 の何倍かの資金 ファンドを使用している。更に特殊 特別な調節があることではないので、仮に貸し手がその気であれば原資 の何倍もの資金 ファンドを貸してもらえる。私自身の拘留資産を担保に入れられてお金を借りて、また次の資産を買われる。先物バザーを愛用ことにも調節はないし、やろうと考えば何倍ものてこをかける可能 できるなのだ。何だ、これはバブル期の固定産業 工業や総合建設業がしていたことではないか。買われた固定産を担保に資金 ファンドを借りて次の固定産を買われる。いつか見た通過しのことではないか。


要するに経済の仕組みすべてが等しいようなてこの仕組みになっているのであり、ヘッジファンドが特殊 特別な現存ということではないのだ。ファンドが普段の会社とちょっとのみ特別なのは、出資ターゲットがセクシープライムや製品先物等の流動性の高価なものがたくさん、自分では企業管理をしねば ないということ度で、むしろ普段の 会社の中でもセクシープライム等の出資をしているし、会社の投資的な買収も行動したているから、 考えた通り特殊 特別な間違っているというものはないのだ。


問題なのは、これらヘッジファンドのたくさんが税金ヘイブン(租税回避地)に籍を置き、どこの金融権威からもダイレクトの注視を受けていねば ないということ度だ。普段の会社や銀行であれば、最悪限の情報公開者はされているので、所有者や他のの興味関連人の検査を受けているし、ディレクター役所にもデータは監視されている。なので普段は重要につつないだけだ。依然 しかし興味関連人の検査が甘味の、またはディレクター役所の注視が甘味の、普通の 会社もバブルをやるのだ。


ヘッジファンドを調節しようという移動が出ているが、ヘッジファンドだけを調節するのはある含意ではナンセンスだ。仮に普通の会社の出資アクションが制限されないのであれば、ヘッジファンドも普段のファンドや会社と等しい、報知を解明に変化したらそれで充分だと考えられる。しかしながら、むしろヘッジファンドが厳密に調節されるのであれば、むしろ普通会社の出資アクションもおなじく調節されるべきだろう。


仮にヘッジファンドが危険だとするならば、さらにヘッジファンドの作りが金融・仕組みであるとするならば、次などの提案も見りことができてくるだろう。


要するに、てこを効かせ過ぎた様は非常に危険だということだ。それは大きすぎる原資 に倒れた長銀同じように、バブル期にてこを効かせていた固定産業 工業や総合建設業を見ても楽にイメージがつくであろう。 だが、日本経済、いや世界 前世会の経済は今また経済総合てこを掛けようとしている。 経済の発育に基づかない通貨量(マネー支給)の増進は、まさしく経済総合おける資産と負債を両方の内蔵で増進させようというその他ならず、経済総合てこを掛けようとしていることに遠くないと考えるのである。


お金というものは、経済の潤滑剤というか、血であって、進みていなければなかった場合は問題が生じるが、量が多量あればあるほどよいというものでもないし、血圧が高すぎてもいつか爆発する自然のものだ。必須なのは途中で血が固まって管を塞いでしまわないする 一緒に、血を適量に保存することなのだ。


日本は今貧血なのだと思考しられているので、輸血が必須なのだという人がたくさんの。先日の日本銀行の金融緩和もこのような判定の下で行われている。 だが、血は充分であるのに、どこかで滞っているだけなの可能性がある。低金利で 非常に買われる水準ではねば ないと言われつつも日本の国債市場に殺到する資金 ファンドを見ると、どうして資金 ファンドが不十分していると言えるのかがわからなくなる。仮にこれ以上輸血を続いていれば、それらの市場の血瘤がしかも肥大化し、後で爆発する可能性がある。日必須なのは輸血ではなく、不良債権という動脈瘤を速く排除することに尽きるような気がする。


経済学の大魔法は好きですか

 さて、遂に日本の自慢大マジック団のアリーナが始まった。


魔法の好みな人はこのコラムは読解しない方がいい。その理由は、明らかに確かにしされてしまった魔法は興醒めに過ぎないからだ。「何か仕掛けがありそうしかし、でもどうしても仕掛けがわからない」というところに魔法の善さがあるのだ。


魔法は黒魔術ではない。特別な魔女がいるわけでもない。錬金術でもないから、これまでになかったものが物理法律を無視して不意 いきなり発生したりもしない。人を騙しているしかしながら 詐欺でもない。法は犯していないし、人を感じ 心地 よくさせてくれさえする。催眠術でもない。人の頭脳は正しく働いているし、パンと手を続けざまに打てば正気にもどるものでもない。でも、真だったらこれは催眠術だった方がすばらしかったの可能性がある。


98年9月、日本銀行は今まで最悪水準にあった短い間金利をしかも0.25%まで低めに帰納することを決めた。それと一斉にマネー支給(通用の供給量)を高める為に豊潤な資金支給をすることを約束した。


経済的に言えば、金融緩和の意図は、単一に街中の金利水準を衰退にことによって貸し手の銀行のコストを落として貸し易くすること、要するに「貸出銀行不本意」と言われる問題に対する対応。さらに二番目には、その帰結借り手の資金 ファンド繰り心配が解消されると 一緒に出資利益を よくして出資を活動を アクティブに変わらせ、経済を刺戟することがある。だが、これらの問題に対してはもう低水準にある金利を少し0.25%低下させても少ししか効性がねば ないと見られている。やっぱりこの意図は今後思いされる大手ファイナンス器官の失敗と、その心配から中間空き地越え資金 ファンドが周旋手に付かなくなるのではないかという心配に対して、日本銀行の解決 決定したたる決定を示されものであって、言わば金融仕組み防護が意図だとも言える。


これは、金融仕組み危機が重大化しているにもかかわらず だがに放置し続ける日本の政治の場面、さらに、新興諸国市場のふらふら化がヨーロッパとアメリカ先進国にも波及し、全世界 真にグローバルな金融仕組み倒壊の可能性に近付いている今では、日本銀行としてはある含意で他に打つ手がなくなっていたのだとも言える。私を内包できて金融市場の加入者がより多く今後に思いしていた方針を、今の段階で殴打ブロスたところに日本銀行の並々ならぬ決定と、その後方にある手ごわい危機感を感覚ることが可能である。このような含意でこの方針は「仕方がなかった」のだと言える可能性がある。


この方針の後方には日本銀行の大きい方針方針の変貌がある。要するに、日本銀行はこれまでにになくよりアグレッシブ 活発にマネー支給(通用供給量)を増進させ、わざわざインフレ率を高めようとしているのだ。話す「規正インフレーション説」である。もともとは中心銀行関連人の嫌われている構思 アイディアであったが、最近ではアメリカの有名な経済人を開始、日本銀行方針委員にも掩護されている魅惑的な経済構思 アイディアである。


以前ののインフレ説の中でも本いた、インフレとはお金の値の衰退にその他ならない。日本銀行は他国のの「もの」が100円分しかない110円の「お金」をプリントしている。もちろん 当たり前みんなが買われようとしたときには「もの」の値段は110円になるが、このケース「もの」の値が1.1倍になった訳ではない。「もの」は変わっていないのであって、110円と書いてある「お金」の値が100円だった「もの」と等しいに下がったのだ。


要するに、お金を所有している人は「所有している」だけで損をするのだ。今100円持っている人は今使えば100円分の「もの」が買われるが、1年しかるのちになると今日より少数な「もの」しか買われない。依託したらちょっと利子が執着が、今だと0.25円にしかならない。ものの値段が102円に上がるとしたら、買われるのは今しかない。今後インフレになるとわかっていれば、人は買われ急がなければなかった場合はならなくなり、消耗が上向くというのがこの構思 アイディアだ。


インフレはそして富の私は動く。効性ももたらす。「もの」を所有している人が得をする一方、「お金」を所有している人が損をする。このとき、もし仮に土地の値段や株価が上がるなら、こうした資産を所有していた人が得をする。要するに、今一番苦しんでいるのはバブル期にこうした資産を買われた固定産や金融器官であるので、それを安堵する含意を拘留。


このそしてお金を貸している人が損をする一方、お金を借りている人が得をすることでもある。要するに依託者が損をし、限定詞に大きい値段の借金を抱え込んでいる人が得をする。要するに、こっちでも固定産や総合建設業、またはノン銀行等といったバブル会社が助かり、そうしたらそこに貸し込んでいる金融 器官も助かった状態になる。


全体にすると、つまり大きい値段借金 会社に対する徳操作令 (借金の棒引き)である。バブル会社や金融 器官にダイレクトお金を注ぎ込むと人の怒りが高まるが、インフレにしたら皆が気付かないうちに等しい効性がそれを得られるということだ。助かった状態になるのは 会社 ばかり のみではない。人に大きい借金をしている国も得する方にいる。増税したら人の大反対に遭うが、インフレなら気付かれない。更にその間に人は購入動機 意欲を高め、経済が上向くので、人は感じ よくこのような損を引き受けてくれるのだ。


適度のインフレは人の感じを よくしてくれる。例を出せば、一時的に真の値が変わらなかったとしても、今年100億円だった売上高が来年。110億円にだったら売上高が伸びたような気がする。一時的に買われる「もの」の量が変らなかったとしても、今年1000万円の収益が990万円になるよりは、1100万円にだったら増えたような気がする。これこそがインフレのマジックたる子細なのだ。リアルにはデフレによって表面に見りことができている値段は衰退しているが、この依託者の資産値が増進していることにその他ならないのに依託者は低金利を嘆いている。デフレはデフレだというだけで人の感じを暗くする鳴りを持ち、好かれないれて格納するのだ。


関連性すると「規正インフレーション説」は極めて韻律の良い よい構思 アイディアである。だが、この方針は極めて危険な賭けである。


インフレは消耗者心理学の問題である。今などのデフレ時間にはどのようなに「お金」を印刷しても人は購入動機 意欲を高めないので、インフレにしたくてもならない。なのでらいインフレにしても平気だろうと考えるだろうが、もし仮にこの方針が現にインフレを起こし開始たとしたら、その時折人がさらにもっとインフレを思いしねば ないとは限らない。気付いてみるとその時折「もの」に比べて多過ぎる「お金」が人の手にあるのだ。


インフレの昂進はその国の通用に対する信認が負けられることを含意する。規正インフレーション説は、円の信用を落とし、その他の国の通用を比較的 相対的なに魅力的にするため、お金は海外へ逃げていくことになる。要するに、やっと近頃ブレーキがかかってきた円安を再び昂進する恐れがある。円安はインポート価格の上昇を通じてしかもインフレを悪化させ、邪悪サーキュレーションが断ち切れなくなる。その最たる例は近頃見たロシアやその回外の新興諸国であった。


本当負けられた信用を取り戻すのは、信用をなくすのに比べてまた大きいな労力と時間を必須とする。例え今後ロシアが修正する方針を取ったとしても、彼らがいかにも信用されるのは何年も先のことだ。先進国の中心銀行はこのような問題を よく知っているはずだった。なのでこそ中心銀行にとっては値段の安定化が最大切勤労だとお題目の唱えてきたのだ。


日本銀行は最高の選定を迫られていた。「規正インフレーション」か「デフレ悪サーキュレーション」か。時間限界最も近いで苦渋の末に選らんだのがこの金融緩和であったのだ。たぶん適切な経済人や中心銀行人であったらできなかったであろうこの選定を可能したのは、民間出身の主席といろいろ背景を拘留独立した方針委員会のお陰であろう。


だが、これは魔法だ。不意 いきなりいくつかの解決策が落ちて湧いてくる訳ではない。種も仕掛けもあるのだ。ぐちゃぐちゃ ボロっとになった日本経済経済を立ち上がれ直すには絶対いくつかのコストが必須だ。インフレがそのコストをなくしてくれることではなく、一つずつの人の財布から知らない間にお金を抜き取っているだけだ。格好悪く言えば罪のようだが、法違反ではない。結局人はいつか支払わなければなかった場合はならなかったのだ。


この魔法が完成したら、勿論拍手喝采しなければなかった場合はならない。言わば引田天巧水準の「危機一髪大脱出」魔法なのだ。しかしながら、問題はそのマジシャンの 力だ。「私は専門家ではないので人の視線でがんばります」といったようなことを言った副主席と「依託者の立場で金利引き 引く上げを思考します」というようなことを言った方針委員を内包するマジシャン人口が、本当にこれ度おもいきった魔法を成功させられるのかということだろう。観客はまさしくハラハラ・どきどきのショーが見られるに間違っていない。

インフレの大魔法 金利も変化し日本円に大影響

 円 16

16

依託 16

15

インフレ 13

金利 12

その 11

10

思考 10

元本 10


これは、その昔交流が100円台を復活したときの話である。


円1ドル=80円まで進行した時、資産運営のプロとして「外国通貨依託をしたら」とおすすめしていた夫の状態は少数 ほとんどながら回復した。、夫は遡ること1年半以前1ドル=106円のタイムにドル預金をしてしまった為に、交流が円高になって値が目減りしてしまったことで家の中での信用を失い、家政学内部の資産運営の権限を女房に取り上げられてしまっていたのである。、夫はTVの消息が円安の移動を付随している度に、わざわざらしく女房に向けてアピールしてみたりするのであった。


 考えた通り円安になっちゃったねえ。もう 既102円だって だってさ


南平(有価証券用語=ここでは“円高になったときにプラスで外国通貨依託をすること”の意)しない基本 原理だからなので、いい。それより110円になったらドル預金を取消ししてもいいかしら


資金 ファンド運営は一任してるんだから、ご無料に。でも、いったい何に運営する気?


さて、時はそれから けっこう経ってしまった。だが、この場面はあれから1年以上も経って1ドル=125円を越える円安になった今も、あまり変っていない。個人か器官投資家かを問わず、日本国中の人が資金 ファンド運営難で苦しんでいるのだ。定期依託の金利は1年でも1%を遠くに下回り、10年ものの国債を買われたとしても 考えた通り3%にもならないのである。


このような時、運営に慣れた人ならば株投資や金などの製品先物取引を思考しるところなの可能性があるが、あいにく日本の株も製品先物も、さらに切り札だった土地も、要するにすべてがパッとしないのである。これでは信用できる たしかに運営には困って格納する人もたくさんのだろう。


だが、もし指導者の中に、預金利呼吸だけで生活しようなんて思考している人がいたとしたら、それは大きいおかしな部分である。この際、このような思考しは辞めた方がいい可能性がある。困ったことに、よく利下げの際にはNHKを開始とするマスコミは感覚的になりすぎて、やばいおかしな部分を当然の報道するから面倒くさいだ。


最近では「利下げにより年金生活者や依託生活者を苦おいて、その供犠で銀行を救助している」との報道がたくさんの。信用できる たしかに 一般大衆に開く資金 ファンドで金融仕組みを支えるべきか否かは、うんと 人の間で議論されるべき問題だ。だが、それ以前のにおかしな部分はキチンと訂正されて周回べきである。

最初の1つのおかしな部分は、「年金生活者は絶対困らない」ということだ。年金が確定給付(今後譲り受けれる年金量が今から決まっているケース=日本は少ししかこの類型)だとしたら、インフレになるよりもデフレのタイム 時間の方が、年金の値を保養することが可能であるので有益 有利だからなのでである。


思考してみよう。等しい100円が譲り受けれるならデフレ期のほうが用弁でがあるはずだ。インフレになったら、今100円だったものは今後110円になって格納するので、譲り受けた100円では十分ではないことになる。でもデフレだったら95円に値下がりしておつりがくる可能性がある。もし年金量がインフレにより浮動するのだとしても、インフレ率にきちんとリンクして上げる限りは、デフレでも譲り受けれる年金の値は減りはしない。要するにデフレだから年金生活者が困阨というのは全然の誤解だ。


つぎに、「依託生活者も困らない」ということだ。、依託生活者になれる度金融資産がある人はけっこうリッチだ。このような資産配分のフェア(富豪から貧しい人に救護を与えるべきだ)という問題は別の次元のトピックなので、ここでは取り上げないするが、依然 しかし依託金利の上がる下がるは絶対彼らの経済経済場面にはストレートの ダイレクトな感化を与えないことには注意すべきであろう。依託生活者も金利がインフレ率にキチンとリンクしているケースは何の問題もない。金利収入が少なくなるが、その分必須とされる生活費も減耗するのである。


デフレで困る人がいるのは事実上だ。だがそれはきちんとは「金利が高くないから」ではない。「金利が高くなくねば ないと駄目なほど、経済 経済 経済 経済場面が悪化しているから」なのだ。金利が高くない本当はすごいことだ。高くないコストで資金 ファンドが周旋できるから、その分色んな営業 ビジネスに資金 ファンドを出資することも可能である。経済をにぎやか付けるには適当の潤滑剤だ。だからこそ世界どこでもの国々は金利引下げを願う。 通常なら金利を下げたくても下げられない国がたくさんのというのに、日本はしばらく世界どこでもで一番高くない金利を許されられているのであるから、これは様々な国から見たら恵まれているとしか言えない。それだけ日本という国が高等評価されている裏付だからある。


さて、以上の詮議を劃定する為に、もう 既一度 一旦、依託の利息が何のためのものなのか、原点に戻って思考してみることにしよう。


一方的には1年後の100円の値は今の100円より値が高くなくなって格納する。だからこそ、その賠償として利息の1円とか2円があるはずだ。経済的に言えば、今後の値を今の値に割り引いてくる時の割引率が利子になるということである。


ここで例を出せば、このような例を思考してみよう。依託生活者がすべての利息を生存にあてて元本だけをそのまま残すという生存をしていたとしよう。そのケースには、名目の元本額は信用できる保養されることになるが、、、本当の元本額はますます目減りしていくという場面に倒れるのである。昭和の初期の1万円はまあまあの値があったであろう。円タクと呼ばれるタクシーに1万回乗れたのだから、今で言えば600万円以上の値があったに間違っていりない。だが、今の時間に元本1万円持っていてもそれはタクシー15回分度の値しかなく、1ヶ月も生活できないだろう。


要するに、「高金利だとしてもインフレにより値が減価していく以上、依託生活者の為にはならない」ということである。むしろ言えば、低金利であってもデフレで値が減価しない今の 時間は、金融資産家にとっては 幸運だからある。


、、その割引率としての利率の中には、インフレによる減価の分のその他に、「今の時点で財を消耗せず忍耐してそのお金を出資に当てたケースに、そのお陰で増えるであろう利益騰貴の分」が内包しれている。言わば出資収入率というものだ。要するに、おおざっぱに言えば、利子はインフレ率と本当発育率を混ぜた名目発育率の分だけ付いてくること、という思考しが可能であると考えられる。


なら、上の例では元本が目減りして不十分にしてしまった資産家も、元本のその他にインフレの分は使わずに残しておいて本当発育の分だけを生存に愛用したら、悲劇に遭遇しなくて済むの可能性がある。という、依託生活者にとっては低金利が駄目なのではなくて、低成長が駄目だったということである。要するに、もし利下げが本当の発育力を取り戻す為に実施されるのであれば、それは依託者の為にもなる。そして対して反対説を話すNHKは、依託者の敵なの可能性があるのである。


しかし、利下げがすべて修正すると言っていることではない。NHKもすべておかしな部分というはずでもない。信用できる利下げにも仕事はある。それは、例を出せば依託金利が今後値の埋め合わせにならないケースである。方針的に金利がやたらに低水準に抑止されていたケース等がこれにあたるであろう。


これまでにのたて続け の利下げについても、もし問題になるポイントがあるなら、それは金融仕組みや日本経済のためと称して、権威が資産価額 値段の引上げを目論んでいるということだろう。それを依託者が今後のインフレーション心配の醸成と解釈しているのであれば、信用できるこの金利は低すぎることになりうる。依託生活者も怒っていい。このケースにはNHKの話すことも、な言える。(しかしながら、NHKがこうした説明を付けないのは意地悪極端な。)


ワールドでは現にこのような思惑が現存している。要するに、「インフレを起こすことによって今の日本が抱える問題をすべて解決できる」という思考しの人が、予想外にたくさん現存するのだ。統治、金融器官、固定産業 工業者...このようなバブルの当事だけではない。普通の個人土地所有者や資産家にもこのような思考しの人はいるのである。


さらに、、本当はインフレの被害者と考えられる年金受給者(その担当者としての年金資金集め)までが、このような思考しをするなってきているのは必要留意である。その元凶の単一は、年金資金集めが年間5.5%以上の還元をあげることを前提に設計されていたことにあると考えられる。(かなり 大幅にしているに値が目減りしようが、名目上5.5%を活躍しねば ないと今後保証した金額が支払えなくなる。) だが、もう単一はたぶん前述などのマスコミの誤った報道にも基因するのではないかと考えられるのである。

金利だけで生活しようなんてのは、ふてぇ考えだ。インフレだったらかなり 大幅にしているには元本値が目減りするところをデフレで救われているんだから、その分元本を取り崩して使えばいいだけじゃないか。

インフレの時は信用できる名目元本は減らない可能性があるだがかなり 大幅にしているには元本の値は減ってるんだから、等しいことじゃないか。結局墓の中に依託は所有してけないんだから、僅か崩していってもいいじゃない。」



名目量の様々な国は奇妙なものである。人に色んな見間違いを呼び起こすことが可能である。だからでこそ、この事実上を知っている人は行いでこの見間違いを使用しようとする。頭のいい人には気を付けたほうがいい。欺かれることがある。でも奇妙なことに、ワールドには欺かれていたほうが心のいい人もたくさんのようだ。その手の人には本当は注げないほうが良い可能性がある。


知らないほうがいい。くわばら、くわばら。