聖書:異邦人(ゴイ)に対するユダヤ人の陰謀と欺瞞2

ユダヤ人のジョシュアは、エジプトの信徒シュ・アンド・ヌンからパクった。
ユダヤ人のデボラは、エジプトの女神ネイス15からパクった

ユダヤ人のノアは、スーメリアン・ジウゾドラからパクった。
ノアの物語の架空のユダヤ人の神ヤウェは、スーメリアン神、別名ベルゼブブからパクった

ノアの息子、ユダヤ人のハムはベロスからパクった
ユダヤ人ニムロッドは、エジプトのファラオ・セソストリスからパクった

ユダヤ人のアブラハムは、ヒンズー教徒のサンクヤヤナ・スートラのハリスカンドラ王からパクった
ユダヤ人のイサクは、ハリスカンドラの息子のルヒタからパクった。
この物語の架空のユダヤ人の神ヤウェは、ヒンドゥー教の神ヴァルナからパクった。

ユダヤ人の人物ダニエルはエジプトのネフティスからパクった
ユダヤ人のヨナと鯨。
ヨナはソマデヴァバッタにあるヒンズー教徒のキャラクター「サクティデワ」からパクった。

キリストの十二弟子のような「イスラエルの十二部族」は、十二宮の十二の徴候に基づいている。
ユダヤ人のロットと彼の妻はギリシャのオルフェウスとユーリ、ヤハウェはギリシア神ハデスのパクリ
ユダヤ人のヤコブとユダヤ人のエサウは、ホルスとセトからパクった
ユダヤ人のリベカは、エジプトの女神イシスからパクった

11人の兄弟とユダヤ人のヨセフはエジプトのプサムティクからパクった
ヨセフとポティファルの妻のユダヤ人の物語が、エジプトのアヌビスとバタからパクった

エジプトに対する「十代の災害」は、イプアウアー・パピルスから大げさに誇張され、変更され、パクった
ユダヤ人のダビデがペリシテのゴリアテを殺したのは、トールがハルニニールでハンマーを投げ、イマームで彼を打ったからだ。

ユダヤ人の "仕事"は、ウリガリ語(楔形文字)で書かれた物語からパクった。
紀元前1400年頃、 "Ilimilku The Scribe"によって構成されている。
この叙事詩は「ケレ」と神「エル」を含む。
ケレの家族の悲劇と病気は、ヨブの話に匹敵する。
元の物語では、「サタン」は決して絵に入っていなかった。

ユダヤ人は、反対の神、良い「良い」ともう1つの「悪い」を作り出すことによって、信仰を超えて世界を操作することができた。
ユダヤ人の箴言の本は、伝道の本の中の書物とともに、エジプトのプタハホテップの教えからパクった。

ジョシュアのユダヤ人の本の中の多くの書物は、エル・エル・アルマーナの手紙29からパクった
ユダヤ人の裁判官の本は、以下のものからパクった物で構成されている:

サムエルとキングスのユダヤ人の本には、パクったものが含まれている:
マリの予言
メシャの碑
カラテペの碑文
シャルマネセル3世の年表
シャルマネセル3世の黒いオベリスク
シャルマネセル3世の実録
サゴン2世の実体
シロアムの碑文
ヤヴェン・ヤム碑文
ラキシュの手紙
アラドオストラカ
センナケリブ王の年鑑
ネブカデネザール2世の記念碑
サイラスの円柱31

ユダヤ人のモルデカイはバビロニアの神マルドク32からパクった
ユダヤ人のエステルとエスターのユダヤ人の本はイシュタール、別名アスタロス、アスタルト、アシュタルからパクった。

ユダヤ人の聖母マリア "天国の女王"がアスタロトからパクった
ホルス神の洗礼者、アナップからバプテスマのユダヤ人のヨハネがパクった。
両方とも頭を失った。

ユダヤ人のユダはセットからパクった。
ユダヤ人のマシューはトートからパクった

ユダヤ人のトーマスはタムーズからパクった
「ギリシャ神のエルメスも、イエスのように、衣装に包まれ、ディオニソスのように救助者に葬られた」

異邦人の神々は、冒涜の恐ろしい声で唸った。
「他の人々は、超自然的な介入によって究極的な優位性を意識してきたことはなく、迫害や淘汰に直面して、勇気と勇気を与えてくれた。
世界の支配的なレースは彼に誇りを持ち、彼は地球の国々の間で未同棲で生き残ることができた。」

「約束された遺産には、"王国 "をもたらす救出者または救世主が含まれている。
この救世主は、軍隊を持ってイスラエルの敵を倒そうとする一時的な人間の指導者か、同様にして行う超天の存在だ「永遠の」ユダヤ人の王国でもある。」
「待望の配達は、敵を破壊し、イスラエルに自分の戦利品を与えたとして、ユダヤ人の帝国主義は、このように来る。」
「このメシアは異邦人裁きをもたらすものと、彼らはユダの奴隷とする」
上記2つの段落だったキリストの陰謀から抜粋:Acharya S.によって販売された偉大な物語©1999年、325および326ページから取った。

聖書の目的は次のとおりだ:
ユダヤ人にはなかった歴史を与えるために、ユダヤ人に「神の選ばれた者」として特別な地位を与えるために、ユダヤ人が世界を支配するために進めることを可能にする。
異邦人は武装解除されており、キリスト教と平和的な反人生哲学をスプーンフィードしている。

すべてのオカルト、精神、そしてマインドパワーをユダヤ人の支配下に保ち、異人種集団を精神的に武装解除すること。

ユダヤ人の秘密のカバルが、ユダヤ人を結びつけて世界を支配する "救世主"の到来にできるだけ多くの心理的エネルギーを奪い込もうとする。
(これは架空のキリストだ - ユダヤ人自身は、キリストが架空のものであることを知っている - 「ソロモンの神殿」と同じテーマの他のさまざまな顔)。

多くの人物、数字、物語が異邦人の情報源からパクったり改ざんされたりしているため、異教徒の人種の記憶の中で強力であり、操作のための強力な精神的ツールとして使用することができる。

聖書の神話と他の宗教におけるパラレルズT.W.ドエイン著とにおいて、サタンはこれらの嘘について非常に明白にしている。
「誰が神と聖書の虚偽の神を忌み嫌うか"を知っている "神はない。」

「私たちは神を滅ぼすだろう」
シオンの学ばされた長老の議定書から引用