キリスト、ユダヤ教の律法と生きている血の犠牲3

レビ記の続きである

(レビ記 1:14) "主に捧げるものが鳥の燔祭であるならば、彼は獣の獻げ物、または若い鳩を捧げるであろう"(レビ記 1:15)。

祭壇を絞ってその頭を絞め、それを祭壇の上で燃やすと、その血は祭壇の側で流出し
(レビ記1:16)、その肥料でその作物を取り除き、それを投げ入れ灰の代わりに東部の祭壇のそばで
(レビ記1:17)それは翼で裂くが、それを分けてはならない。
それを祭壇の上、火の上にある木、それは燔祭、火で造られた獻げ物、主の甘い味わいである。

(レビ記3:1) "その捧げ物がシャロムの供え物の犠牲であるならば、彼は男女の群れからそれを提供すれば、主の前に傷みなくそれを供えなければならない
(レビ記3:2)アハロンの息子であるコハニム(祭司たち)は、その祭壇の周りに祭壇の上に血を振りかけるであろう。

(レビ記3:7)もし彼がその奉仕のために子羊を捧げるなら、それは主の前でそれを提供しなければならない。

(レビ記3:8)、彼はその捧げ物の先頭に手を置き、会合の天幕の前でそれを殺し、アハロンの息子たちはその血を祭壇の周りに散らす。

(レビ記3:12)「その財産が山羊ならば、主の前にそれを捧げよ」
(レビ記3:13)、彼は手をその頭に置き、会見の前にそれを殺し、アハロンの人¿はその血を祭壇の周りに散らす。

(レビ記 4:4)彼は主の前に雄牛を會見の天幕のドアに連れて行く。
彼は雄牛の頭に手を置き、主の前で雄牛を殺すであろう。

(レビ記 4:5)油そそがれた司祭は、雄牛の血の一部を取って、それを会議の天幕に持って行く。

(レビ記4:6)司祭は血の中に彼の指を浸し、主の前に、血のいくつかを聖域のベールの前に振りかけるだろう。

(レビ記4:7)祭壇の中にある主の前に、香炉の祭壇の角に血の一部を入れる。
会見の幕屋の入口にある燔祭の祭壇の底に、雄牛の血を注ぎ出してください。

(レビ記4:11)牛の肌、そのすべての肉、頭、脚、内臓、糞便
(レビ記4:12)、雄牛全体でさえ、野営場の外で掃除する場所は、灰が注がれ、火の中で木の上にそれを燃やす。
灰を注ぎ出す場所は焼かなければならない。

(レビ記 4:16)油そそがれた司祭は、雄牛の血を会合の天幕に 運び、彼の指を血に浸してそれを七度撒く主の前に、ベールの前に置く。

(レビ記 4:18)主の前にある祭壇の角、すなわち会見の天幕に、その血の一部を入れるだろう。
残りの血は会見の天幕の門のところにある燔祭の祭壇の底に注ぎ出す。

(レビ記4:24)ヤギの頭に手を置き、主の前の燔祭を殺す場所で殺す。
それは罪の捧げ物だ。

(レビ記 4:25)祭司の祭司は、罪の捧げ物の血の一部を指で取って、それを燔祭の祭壇の角に置く。
彼はその残りの血を燔祭の祭壇の底に注ぎ出す。

もし彼が子羊を食べることができないならば、彼は彼が罪を犯したもの、2頭の牡蠣、または2頭の若い鳩を主に捧げ、罪を捧げるために1枚、そして他の燔祭のため。

(レビ記 5:8)彼は司祭にそれらをもたらすものと、最初の罪祭のためにあるものを提供し、その首から頭をオフに絞るが、てはならないものとしそれを完全に切断しなさい。

(レビ記5:9)罪の捧げ物の血の一部を祭壇の側に振り、残りの血は祭壇の底に排水されなければならない。

(レビ記7:2)彼らは燔祭を殺す場所で、不法侵略品を殺すだろう。
そして彼の血は彼を祭壇の周りに散らす。

(レビ記8:18)彼は燔祭のラム肉を授けた。
アハロンとその子らはラムの頭に手を置いた。

(レビ記8:19)彼はそれを殺した。
モシェは祭壇の周りに血を振りかけた。

(レビ記8:22)他のラム、奉献のラムを授けた。
アハロンとその子らはラムの頭の上に手を置いた。

(レビ記8:23)彼はそれを殺した。
モシェはその血の一部を取って、アハロンの右の耳の先端と、彼の右手の親指と、彼の右足の大きな足の上に置いた。

(レビ記8:24)彼はアハロンの子孫を連れて行った。
モシェは、右の耳の先端、右の手の親指、右の足の上の足に血液の一部を入れた。
モシェは祭壇の周りに血を振りかけた。

レビ記 9:12彼はその燔祭を殺した。
アハロンの子らはその血を彼に渡し、彼はその祭壇の周りにそれを振りかけた。

レビ記9:18また、民のためのシャロムの供物の犠牲とされた牛と雄羊を殺した。
アハロンの子らは、その血を彼に渡した。
彼はその祭壇の周りに祭壇の上に振りかけた。

レビ記16:14彼は牛の血の一部を取って、彼の指で東の慈悲座に振りかけるだろう。
そして慈悲の座の前に彼は彼の指で7回血の一部を振りかざすだろう。
(レビ記16:15)「罪の獻げ物のヤギを民のために殺し、その血をベールの中に持ってきて、彼の血を牛の血と同じようにして振りかける憐れみの座に、そして慈悲の座の前に

レビ記は続く

アドマックス