ユダヤ教のマインドコントロールプログラミングと聖書1

ソビエトユダヤ人の崩壊に注意してほしい。
ユダヤ人は、彼らの無神論的キリスト教プログラムの失敗でキリスト教を再建するために働いている。これにより、彼らは民衆を厳格に管理することができる。
そこから、彼らはかつて彼らがかつて持っていた元のコントロールを取り戻すであろう。

ユダヤ人がどのようにしてアメリカの潜在的なプログラミングを使って、呪文本と人口に関する聖書をつなぐのかを見ることができる
1960年代のサブリミナルメッセージ(スローモーション)


しかし、それでは、私はあなたに負担をかけなかった。
しかし、狡猾で、私は欺瞞であなたを捕まえた。

上記のユーチューブビデオでは、ユダヤ人は神との言葉を繰り返し使用している:

"神は現実、神は見ている" = 22文字

"政府の神を信じる" = 22文字

「消費に従うように従う」= 22文字

キリスト教とユダヤ教の神秘主義によると、22はヘブライ語のアルファベットの数であり、神と神の心であるマスターの建築家の数、無限と完成、完全さ[完全な教えの普遍的な意味で神である精神]だ。
ナザレは、最後の7つの最後の言葉を、詩篇22の始まりの段階である十字架の十字架につけている。
これは、そのようなアルファベットが割り当てられた12の十二宮の徴候とタロットの10の惑星に等しい。
聖書の最後の啓示には22章もある。

番号22はタロットの世界トランプカードに対応し、完了を示している。
これは、敵が共産主義を通じて世界征服と支配の目標を達成したことを示している。

詩編66:7
彼は永遠に彼の力で支配し、彼の目は諸国民を見る。
反抗的な者が彼に反抗しないようにしよう。

詩篇の本は、聖書の第19章だ。
詩、66:7に注意してほしい。
これは19 [6 + 6 + 7 = 19]にもなる。
19 = 19 = 38、3 + 8 = 11、これは崩壊の数なので、上記の詩は反乱を脅かすだけでなく、数値を与えて、反乱が落ちることを象徴的に指摘する。

1 サミュエル 12:15
15しかし、もしあなたが主の声に従わず、主の戒めに反抗するならば、主の手はあなたの先祖と同じように、あなたに逆らうだろう。

1サミュエルは聖書の第9冊だ。
9 + 12 + 15 = 36; 3 + 6 =
9.9は最終的な数であり、神の力である裁きである。

コロサイ3:22
しもべ、あなたの主人はすべて肉体に従いる。
目の疲れではなく、男性の喜平のように。
神を恐れて、心の独りで

コロサイの信徒への手紙は聖書の第51冊だ。
[5 + 1 = 6]。
ユダヤ人は、「6百万」の偽のホロコーストのように、6番を広範に使用している。
聖書では、6番は霊的な力のない人の数だ。
7番は7つのチャクラと、これらの精神的な完璧さから生じる精神的な力と関係がある。
6は不足している。
6はまた、激しい労働の数だ。
仕事は6日間、7日は休みの日だった。

「6番は人間の労働に関係するすべてのものに刻印されており、彼が労働の中で使っている措置と労働中の時間に刻印されている。

ユダヤ人が6番目に重点を置いて使用することは、アジェンダの進歩、共産主義国家、世界秩序のためにアストラルに振動を与える。
共産主義はニーチェも否定した奴隷労働だ。
共産主義国家では、ユダヤ人は「神」になり、すべての精神的知識は物質的無神論に置き換えられる。

第51冊の聖書[1 + 5 = 6]の上記詩は奴隷労働を主張している。
さらに、3:22節は3×22 = 66を乗じることができる。
ユダヤ人共産主義奴隷労働国家の完成とその新しい世界秩序を示す、聖書の本の総数。

ローマ13:1-7

1誰もが支配する当局に自分自身を提出しなければならない。
なぜなら、神が確立したことを除いては何の権限もない。
存在する権威は神によって確立されている。

2それゆえ、権威に逆らって反逆する者は、神が定めたものに反抗し、そうする者は自分自身を判断するだろう。

3支配者は正しいことをする者には恐怖を感じないが、間違った者には恐怖を感じない。
権威ある者の恐れから自由になりたいか?それから、正しいことをして、彼はあなたを称えるだろう。
4彼はあなたを良くするために神の僕であるからだ。
しかし、もしあなたが間違っているなら、恐れてほしい。
彼は何のためにも剣を立てない。
彼は神の僕であり、犯人を処罰する怒りの代理人だ。

したがって、刑罰の可能性だけでなく、良心のために当局に提出する必要がある。

6これは税金を払う理由でもある。
当局は神の僕であり、支配に全力を尽くしている。

あなたが彼に借りているものを皆に与えなさい。
もしあなたが税金を払うなら、税金を払う。
収益の場合は収益、尊敬するなら、敬意を表する。
名誉あるならば、それでは誉れを。