松田康敏 お金のために高齢の女性二人を絞め殺した

松田康敏(44)は2人の女性を殺害して死に直面する-毎日新聞-2002年11月12日
宮崎県宮崎市で2人の女性を強奪し殺害した男の死刑判決。
宮崎地方裁判所は、「被告の犯罪は残虐で残忍で非人道的であり、刑事責任は重大であり、復活することは不可能だ」と述べた。昨年11月26日、宮崎県斎藤市のスナック経営者、橋田とし子さん(53)を昨年11月26日に殺害し、娯楽費を賄うために37000円を盗んだ。
検察によると、宮崎県国富町の雑貨店経営、 真子守江さん(82)もビニール紐で窒息死させ、12月7日に63万円を盗んだという。 
残忍な宮崎のキラーは死刑を手渡した-毎日新聞-2003年1月24日

宮崎県で金曜日に一人で住んでいた女性2人を残酷に殺した男が、「冷血と邪悪」と記された犯罪の死刑判決を受けた。
松田康敏容疑者(34)は、宮崎地裁が女性二人をを2001年11月と12月に殺害したとして有罪判決を受けた。
小松平内裁判長は、判決を下す際に、松田は犯罪に重い責任を負ったと述べた。
小松裁判長は、「犯行は計算され、冷血で、極めて悪意を持っていた」と述べた。
「二人の命を奪うのは重大で重大な行為だった」松田は犠牲者を殺す方法を用意し、殺人の後、盗んだお金で贅沢に過ごした。彼の反社会的性格から、リハビリの余地はない」

松田容疑者弁護士は、死刑判決ではなく終身刑を言い渡さなければならないと主張していた。
しかし裁判所は、松田の養子縁組を考慮しても、犯罪が行われたという無慈悲さは死刑にほかならないと述べた。
弁護士は判決に上訴する予定だ。
判決によると、松田容疑者は2001年11月25日にバーを運営していた53歳の橋田さんの家に侵入し、彼女を刺した。
彼女を絞め殺した後、彼は4万円を盗んだ。
翌月12月7日、82歳の真子さんの家に入り、63万円を盗む前に彼女を絞め殺したという判決が言い渡された。

ダブル殺人犯で死亡した死者-共同通信社ニュース-水曜日、2007年2月7日
最高裁は、2001年に宮崎県で2人の女性を殺害した38歳の男性の死刑判決を支持し、すぐに死刑囚の数を99人にまで上げる決定を下した。
松田康敏の控訴を棄却する上で、裁判所は裁判所が犠牲者を殺害するという「確約の意思」を持っていると認定し、犯罪は「計画されている」と裁定した。
松田容疑者弁護士は、12月の裁判では、いずれの場合でも「最初は殺人意思がない」ため、死刑を避けるべきだと主張した。
裁判長は、松田容疑者の殺人事件に対する動機は、娯楽のために、あるいはエンターテインメントのために金を稼ぐことだったので、寛容の余地はない、と述べた。

「彼が悔い改めたことを考慮しても、死刑はやむを得ないことだ」と語った。
一週間前、上院は1994-1996年の連続殺人事件で3人の男性の死刑判決を支持した。
松田容疑者と3人の男性の死刑判決が技術的な法的手続を経て確定されれば、死刑囚の総数は99人に達するだろう。