アンドレイ・チカチーロ 死体を切り取り食べたソ連のカニバリスト

アンドレイ・チカチーロは1990年に最終的に捕らえられた56人の殺人を告白した。
アンドレイ・ロマノビッチ・ チカチーロは1936年10月16日、ソ連郊外のウクライナの村のヤブロニョーエで生まれた。
外的困難に加えて、チカチーロは出生時に脳水腫(または脳の水)に苦しんでいると考えられている。彼の後期青年期へのベッドで夢精や、彼は射精することができたが、勃起を維持することができなかった。
その時代のソビエト連邦で行なわれた政治的統制は、若いチカチーロが父親の「臆病」のと言われ苦しんで、学校のいじめの焦点となった。
彼はモスクワ州立大学への入学試験に失敗し、ナショナル・サービスに続いて、1960年にロストフ近郊の町ロディオノヴォ=ネズベイエフスキーに移って、電話技術者になった。
彼の妹は彼と一緒に移動し、異性との成功の不足を懸念して、彼女は1963年に結婚した地元の女の子、ファイナとの会議を企画した。
1978年12月22日、チカチーロは最初に被害者を殺した。
9歳のレナ・ザコトノワをチカチーロは強姦しようとした。
苦しむ子供を支配しようとするチカチーロは、ナイフを使って射精しながら暴力と性的満足の心理的なつながりを確認し、将来のあらゆる攻撃を模倣した。
目撃者は、彼女の失踪直前に被害者とチカチーロを見たが、彼の妻はアリバイを提供し、警察の注意を逃れることができた。
以前の強姦有罪判決を受けたアレクサンドル・クラフチェンコ(25歳)は、おそらく広範かつ残忍な尋問の結果として、強要されて犯罪に逮捕され、告白された。
彼はLレナの殺害を試みられ、1984年に処刑された。
おそらく、法律との密接な協力の結果として、今後3年間はこれ以上の犠牲者は存在しなかった。
彼はロストフの原材料工場の事務員として就職した。ロストフでは、この地に所属した旅行が、今後9年間で幅広い若い犠牲者に無制限にアクセスできるようになった。
1981年9月3日、ラリサ・タカチェンコ(17歳)は次の犠牲者になって、彼女が叫ぶのを防ぐために刺した。
残忍な力は性的解放をチカチーロに与え、彼は近くの森林地帯で人を誘惑する前に、彼が鉄道駅とバス停で女性を攻撃し、強姦を試んで、彼のナイフを陰茎の代替物として使用して、女性を切断する。
多くの場合、性器を食べ、鼻や舌の先端などの他の身体部分を取り除いたりした。
最も初期のケースでは、共通のパターンは、多くの場合、目の領域に損傷を与え、ソケットを横切って眼球を除去することだった。
現時点では、情報の抑制やソビエト社会と西洋社会の文化的差異の結果として、ソ連では連鎖殺人は事実上知られていなかった。
連邦殺害や児童虐待の証拠は、公共の秩序のためにに、国営メディアによってしばしば抑制されていた。
目の切除は、ソビエト当局が最終的にあの人達に対抗する連続殺人犯があることを認めるのに、他の事件を結びつけるのに十分な様式だった。
1983年にモスクワの刑事であるミハイル・フェティソフがロストフに捜査の手配を依頼された。
彼は、連続殺人犯が緩んでいる可能性があることを認識し、専門家の法医学者ヴィクトル・ブラーコフにシャクティ地域の調査を率いた。
調査は既知の性犯罪者と精神病を中心にした。これは地方警察の尋問方法であって、囚人からの偽りの告白があったために、ブラーコフはこれらの「告白」の大半を懐疑的に思った。
その段階では、被害者の身体のすべてが発見されたわけではないので、進歩は遅かったので、実際の身体数は警察には分かっていない。
被害者の死体から、法医学的証拠がたくさん出てきて、警察は、殺人犯が多数の犯罪現場から採取された精液サンプルによって証明されるように、血液型ABを有すると確信した。
もっと15人の被害者が1984年に追加されたとき、警察の努力は大幅に増加し、大部分の地元の交通機関を調査した大規模な監視業務を行った。
チカチーロは、現時点でバスステーションで不審に行動したことで逮捕されたが、彼の血液型が容疑者のプロフィールと一致しないために、殺人罪の疑いを避けたが、少数の軽微な犯罪のためにに3ヶ月間投獄された。
その時に実現されなかったことは、チカチーロの実際の血液型がA型で、AB型と異なったからだった。
警察は犯行現場の血液ではなく精液のサンプルしか持っていなかったので、チカチーロは殺人疑惑から逃れることができた。
チカチーロはノボチェッカスクに拠点を置く電車会社の旅行バイヤーとして仕事を見つけ、別の事件で2人の女性を殺害した1985年8月まで警察から隠れた。
これらの殺人とほぼ同時に、積極的な進歩がないことに不満を抱いたブラコフは、精神科医のアレクサンドル・ブハノフスキー(Alexandr Bukhanovsky)の助けを借りて、殺人者のプロフィールを洗練し、彼を「壊滅的なサディスト」、他者の苦しみや死からの性的満足。
ブハノフスキーはまた、殺人者の年齢を45歳から50歳と仮定した。
殺人犯を捕まえることが必死で、ブラーコフは彼の執拗な連発殺人事件にいくらかの洞察力を得るために、連行殺人犯であるアナトリー・スライヴコにインタビューした。
殺人犯の心を理解しようとしたこの試みと同時に、攻撃は終わったように見え、警察は標的が殺されたって、他の犯罪のためにに投獄され、死亡した可能性があると疑った。
しかし、1988年の初めに、チカチーロは殺害を再開した。その大多数はロストフ地域から離れていた。
今後2年間でもっと19人の被害者が増え、殺人犯は主に幼い男の子に焦点を当てた。
最近では、ゴルバチョフのグラスノス社会の自由なメディアが、殺人犯を捕まえるためにに警察に大きな圧力をかけるとともに、全面的警察パトロールが強化された。
チカチーロは、数回、狭く捕らえてたが、1990年11月6日、最終的な被害者であるスヴェタ・コロスティクを殺したことから、彼の疑いのある行動は近くの駅で警察官を巡回することによって記録され、チカチーロは1990年11月20日に逮捕され、より疑わしい行動をとったが、殺害のいずれかを告白することを拒否した。
元のプロフィールを作成した精神科医ブハノフスキーが、科学的な状況から殺人者の心を理解し、チカチーロと話をすることを許可した。
チカチーロは殺害のすべてについて広範な詳細を提供し、過去に発見されなかった遺体の場所に警察を導いた。
彼は56人の犠牲者の命を奪ったと主張したが、53人だけが独立して検証できる。
この数字は、警察が当初連鎖殺人犯に起因する36件をはるかに上回っていた。
チカチーロは1992年4月14日に裁判所に行き、裁判中、彼は多くの犠牲者の親戚から彼を離しておくためにに設計された鉄箱で開催された。
裁判官は公平よりも少なく、しばしばチカチーロの弁護側の弁護士を却下した.チカチーロの罪悪感は間違いないとの結論であった。
この裁判は8月まで継続され、裁判官の偏見を考慮して驚くべきことに、裁判官は2ヶ月後、1990年10月15日、チカチーロが53件の殺人罪のうち52件で有罪判決を言い渡された。
彼の捕獲に役立った精神科医アレクサンダー・ブカノフスキは、性的障害および連続殺人者の有名な専門家になった。

アドマックス