資産所有者に簡単になるための鍵2

ローンを銀行からよりも、住宅金融公庫から借りる人がいるが彼らはお役所仕事しかせず、借り換えなどの複雑な問題に対応できない。
資産の価格が下落すると不便であり対応するシステムはないのが問題だ。

今すぐ債務を返す必要がない場合は、地価下落の問題は何だ?
人生が辛くなる理由はない。
それどころか、人生はより簡単になるかもしれない。
不動産にかかる固定資産税は下がるが、債務金利が変動金利である場合、それはバブル時代よりも短くなければならない。
購入のタイミングが悪いかもしれない。
 あなたが待っていたなら、半額で購入することができたかもしれない。
金利も低かっただろう。
機会費用(損益損失)があった。

それについて考えるなら、貪欲な話だ。
バブル価格で計算するときに土地を買うことから得られる利点は、支払う費用を超えたため、高額ででそれを買うことに決めたはずだ。
最良のタイミングでそれを購入すれば、利益を失ったように感じられるが、実際のところ、高額にもかかわらず、購入の満足感はその価格を超え、喜びで幸せになっていたはずだ。
買った後に地価が下がるという事実を知らなければ、幸福度はそのままだっただろう。
バブル崩壊、私たちは、高価に分譲されたマンションなどの残りを、トレーダーが価格を下げて売り上げたケースの数。
一方、古い価格=高い価格で購入した人は、商人から損害賠償を訴えたことがある。
だが契約書に「価格を下げて売却しない」と書かれていない限り、損害賠償を要求するのは不合理だ。
買い手が現れるまで価格を引き下げるには、経済にとっては当然だ。
それにもかかわらず、報道機関は住民の怒りをジャーナリズム的に報告して以来、経済的合理性が失われているようだ。
新しいアパートのアパートを割引価格で買った人、変な契約を強制された。
契約の金額は、割引前の今より高額なもので書かれている。
契約後に割引した学をを返すのだ。
買った人に対し、割引販売を提供していないようにそれを見えるようにするインチキだ。

地価が下落したため、これまでに考えた将来のデザインが歪んでしまう人もいるだろう。
また、地価が下落してもそれは問題のではない。
バブル時代に期待される将来の所得成長率が現実にならないという事実によると思われる。
原因は、バブル経済の崩壊による経済停滞であったため、間接的に地価は下落したが、それは問題ではあるだろうが、バブル期にも堅実に頑張っていた人がいた場合、地価が下落しても困らなかった。
地価は下落したが、それは問題ではなく、私は将来の収入環境についてあまりにも楽観視しすぎたという、計算の狂いが一番の原因だと思う。

土地の価格が急騰したときを想像してみよう。
あなたが購入した4000万円の土地は1億円に増加した。
億万長者に参加する。

今日のコースで何が変わったのだろうか。
あなたはその家に住んでいる。
変化について言えば、来年の固定資産税が上がる。
4000万円が1010億円になったしても、あなたの家の快適さが良くなったのではない。
エアコンの性能がいきなり上がったり、日当たりが良くなったり、家が広くなったわけではない。
土地や家の機能そのものが上がったわけではない。
それはただの価格上昇だ。

土地の担保価値は前回とは逆に増加するため、銀行から余分な金額を借りられるかもしれない。
それを資本金として新しいビジネスをすることができる可能性もあり、担保のない借入金と比較して、お金を簡単に低金利で借りられるか?
バブルによる経済発展の原因の一つは、担保に対する新規借入を増加させる信用創造ができたことだ。

アドマックス