地価が下がって得した人と損した人8

日本銀行はお金を自由に産めるが、日銀にとってお金を作ることは得なのか損なのか?
ここに一つの種類の通貨がある。
実際、お金を印刷しても、日本銀行は何も損害はない。
なぜなら、お金を持っている人、言い換えれば、私は日本銀行に対して債権を保有しているため、あなたはその金額の返済を要求することができるが、ちなみに、実際の手形で日本銀行を訪問しても、結局のところ、新しい請求書を受け取ることしかできない。

銀行はお金を出されても、商品をを手渡さくてもよく、サービスを提供しなければならないわけではない。
通常の会社であれば、千円の商品券で店に来た買い物客の場合、券と引き換えに1000円で買えるものを渡すが、日本銀行に千円札を持ってきても、それと引き換えに新しい千円がまた貰えるだけだ。
ここには無限の鎖があり、要するに、日本銀行が紙幣を印刷している限り、何も失うことはない。
だが、過去の金本位制度の頃のは、日本銀行が保有する金(貴金属のゴールド)とを売らなければなかったが、不換紙幣になったので、もはや金を引き渡す必要はなくなった。

つまり、一般人が10万円を失うのは損だが、日銀がは何の損得もない。
日本全体では、物理的に10万円もなくなったが、お金で受け取ることができる商品やサービスは減少していないので、特別な変更はない....
あなたはもう貨幣経済の奇妙な領域に足を運びかけたようだ。

疑念が広がったところで、前の質問の続きに戻りよう。
今回はお金じゃなく、商品を想像しよう。
買ったラグジュアリーウォッチ(百万円)を壊したとしよう。
この時点で誰が収入を得ているのだか?
それは誰の損失だか?

時計は物理的価値を失っているため、あなたの損害だ。
あなたがリサイクルショップに破壊される前に時計を売った場合、元の百万円ではなく約50,000円で売ることができるとしたら、実際には百万円という価値はないかもしれないが、もう一度同じの時計を買おうと考えると、新たに百万円を投じなければならない。
なのであなたのダメージは10万円かもしれない。
損失額を見積もるかどうかは別の問題な場合は、仮に、あなたが失ったことは変わっていないようだ。

逆に、何かを得た人はいるか?
新しい時計を購入した場合、売買のビジネスを行うことができるメーカーは、多分それは得るかもしれない。
しかし、あなたの時計を失った後にする全く異なる経済的行動から生じる利益だ。
なので時計を失ったという事そのものが時計メーカーの利益をになったのではない。
このため、この場合、あなたが百万円を失い、日本からも資産百万円が失われてしまった。

阪神や東日本の大震災では、大地震で多くの家屋や家財道具が灰になるか、粉々に砕け散った。
すべてが無駄になった。
大切な財産が国から消えた。

ようやく最初の質問に戻りよう。
株価下落はどうだか?
私は本当に財産を失ったのだろうか。
ついにこのテーマに近づくのだ。
あなたが所有する株式の株価が下がり、資産価値が10万円減少すると、地球上の誰が失うのか、誰がそれを得ているのだか?

株価が下がると、普通は株式を持っている人が失うと思うだろう。
それは1つの側面では正しい。
たとえば、落ちる前にそれを販売した場合、今売るよりも10万円以上も増えているはずだ。
しかしながら、余分な10万円が失われたので、失われているとも言える。
経済的に言えば、これは機会損失だ。
つまり、損失は10万円だった。

瞬間に「気が狂った」となることは正しいと言えるだろう。
逆に、誰が利益を得たのか?
株式を売却した場合、一部の人々は株式をかうので、買い手が株式を10万円で安く購入することができたということが得られたと言える。
なので、あなたの持っていたの10万円が、私はその株式の買い手に所得移転した。

アドマックス