堀健一 中井嘉代子 坂本明浩 テレクラのリンリンハウスに放火し火事を起こす

木曜日、2007年11月29日神戸地方裁判所は、2000年に神戸で2人のリンリンハウスというテレホンクラブ(テレクラ)施設に火をつけて4人を殺害するよう命じたことで、水曜日に刑務所に暮らす女性に刑を宣告した。
リンリンハウスの事業を混乱させる命令を、裁判所に提出したライバルのテレクラの運営者、中井嘉代子(66)は、検察側は死刑判決を求められていたが、岡田眞裁判長は、中井嘉代子容疑者が人を傷つけることなく事業を中断することを目指し、ライバルを邪魔する方法を知らなかったことを明らかにした。
裁判所は、広島に本拠を置く麻薬密売グループのリーダーである坂本明浩被告被告(47)が、リンリンハウスの事業を妨害するために放火犯を犯した人たちを率いていたことを認めた神戸へ。
中井嘉代子容疑者の命令で、2000年3月2日、2人のリンリンハウスのテレクラにモロトフのカクテルが流され、男性顧客4人が死亡したという。
女はライバルのデートクラブで致命的な放火発作で命を奪う-毎日新聞-2007年11月28日

高齢の女性が、水曜日、ライバルの電話デートクラブの2店舗に火をつけて、4人の顧客を殺害した。
神戸地裁は66歳の中井嘉代子容疑者を殺人容疑で逮捕した。
検察は、中井嘉代子容疑者を拘束するよう求めた。
しかし、裁判官は、「殺人意思の程度は高いとは言えない」と答えた。

元電話デート・クラブの運営者であった中井嘉代子さんの要請で、坂本晃弘さんといくつかの共犯者が、神戸中央区の競輪電話倶楽部
「リンリンハウス」の2店舗にモロトフのカクテルを投げた2000年3月2日の朝、判決によると、この事件では、4人の顧客が死亡し、4人が負傷した。
別に、坂本が別の試みをしている。
神戸で高齢女性の死刑判決を求める殺人事件:
被告がすべての告訴を否定-共同通信社ニュース-2007年8月3日金曜日

神戸市の2つの電話デート・クラブで4人の顧客が死亡した事件で、66歳の女性が死刑判決を受けた。
検察は、当時、ライバルのデート・クラブを運営していた中井嘉代子氏に対し、神戸地裁に「非常に凶悪な」放火容疑で逮捕され、他の人にそれを実行するよう要請したという要求を出した。
裁判では、中井嘉代子容疑者は罪を犯した人たちと陰謀したという証拠はなく、二人のリンリンハウスの電話デート・クラブに対して何もしないように求めているという証拠は一貫して否定している。
検察によると、中井嘉代子容疑者は、広島県の麻薬密売グループのリーダーである坂本晃弘さん(47)と暴行を起こし、リンリンハウスグループの事業を妨害するために実際に被爆者を導いた。
中井嘉代子は、2000年3月2日、2人のテレクラのリンリンハウスにモロトフのカクテルを投げて、男性顧客4人を殺害するよう命じた。

2000年の神戸事件で逮捕されたクラブマネージャー-日本経済新聞-2006年2月9日
警察当局は、2000年3月、神戸中央区の電話デート・クラブを建てた建物の火災を調査したところ、殺人と爆発の容疑で、当時、競合するクラブを管理していた65歳の女性を逮捕した。
容疑者は、2000年3月2日早朝に4人の顧客が死亡したとされる放火容疑で逮捕された中井嘉代子と認められた。
また、木曜日、調査官は、45歳の麻薬密売人、坂本明宏を広島などの拘置所から逮捕した。
殺人事件では、坂本容疑者が主要な犯人とみられる。

捜査筋によると、警察は3人を逮捕する予定だという。
警察は、中井嘉代子容疑者は、放火時に神戸で電話2つのクラブを運営していたと語った。
リンリンハウスという火災で倒れたテレフォンクラブは、中井嘉代子のデートクラブとの競争を強化しているアウトレットが4つあり、急成長している。
調べによると、中井嘉代子氏は主要電話デート・クラブの神戸進出を脅かし、坂本に大きな報酬を与えた。
2000年3月2日の攻撃では、リンリンハウスを含む神戸の元町地区の2店舗に火炎瓶が投げ込まれた。

この攻撃により、4人の顧客は一酸化炭素中毒で死亡し、4人の従業員は軽くて重傷を負った。
調査官は、2000年に兵士の佐野和行さん(44)と失業中の男性亀野信也(30)を火刑容疑で逮捕した。
神戸地方検察庁は、2人を放火罪で起訴したが、被告人が「意識的に過失」であると判断した後、殺人と殺人未遂を追加した。
容疑者は犯人の結果を知っていた行動するが、それを防ぐために何もさなかった。
2人は、終身刑を宣告した地区と高裁判決を訴えている。
もう一人の容疑者、元ギャングスター、そして事件の際に運転手になったと思われる人、堀健一容疑者(37歳)は欲しいリストに載っていて、今でもまだまだだ。