地価が下がって得した人と損した人6

勘違いして喜ばれさえする”隠れ税金”を導入し、地価が上がって喜んでいる一般人が、その典型的なカモである。
所得移転を目的とした政策も取られている。
公的資金の銀行への導入とそれを受け取った銀行の債務救済。
土地価格の下落により倒産しそうな一般請負業者および不動産、建設業界に負債を訴えることで、銀行からそのような企業への所得移転が行われている。

今回は銀行が失うことになっていたが、その銀行の損失を埋めるために所得を移転するべく、公的資金は政府から投じられる。
当然、政府の資金は公的税金から来ており、その結果、国民の収入の一部が回り、一般請負業者や他の人に移転することになっている。
一般市民にとっては、銀行への公的資金導入の部分だけが強調され、銀行借金の放棄は銀行の厳しい企業選別の結果であると言われ、銀行だけが悪いように思える。
だが、公的資金の導入、それは債務者の救済でもある。

このスキームのメリットは、中央の銀行を通じて、救済する一般請負業者等、それを放棄すべき債務者は、それは民間企業(銀行)が政府の代わりに決定するところだ。
政府は経済的合理性を無視し、程度の低い企業も時には安心して働き、民間部門の場合、より経済的に判断できると考えられるが、
最近の銀行の判断力が低下するにつれて、これも不完全だ。
最初に貯めなければならない銀行は、それは他の銀行がしっかり区別されるべきであり、大手銀行が破綻した場合に金融システム全体が崩壊する危険性があり、簡単にはできないのだ。
一般市民銀行の批判の強さを踏まえ、破砕すべき銀行は救われ、銀行が縮小されるにつれて一般企業が破産する問題に疑念が生じるだろう。

いかなる場合でも、地価をの上下に期待を持つのは、あまり役に立たない。
一般市民にとっては、地価の下落は楽しい出来事であり、このような状況を考えてみることをお勧めする。
土地価格は強制的に支持するべきではなく、未来には、土地の効率的な利用に適したレベルに自然に落ちる方が良いろう。

地価が上がると、土地の新たな利用が発見されると土地利用から生じる恩恵が増大することが予想されるためである。
もしくは、土地に投資して得た利益を上げるためには、将来の日本の成長に対する期待が高まることが最も重要だ。
その目的のために、最小の土地価格を上げ下げしようとする政策ではなく、将来への視点で土地の非効率的な利用を排除する政策はより良いと言われているようだ。
地価の下落が景気に与えるデメリット面を考えると、それを別の方法で補うことも考えられる。
一般に調整インフレの政策を地価などの資産価格に適用する動きは、焦点が外れているが、さもなければグループを意図的に和らげることは「隠された美条例」だ。

また、経済の先行指標とも言われる株価は、日経平均で2万円になったことがある。
日本の景気回復の仕方も本物のようだ。
しかし、喜ぶことだけではなかった。
値が上がらない株もあり、日本全国のすべての産業に景気回復の感情が現れているとは言えない。

しばらく前には、 "偏極された"という言葉が一般的だったが、株価の高い株と上昇しない株の違いは明らかだが、天井を知らずに上がるブランド(銘柄)もあり、全く上がってこないブランドは上がらないという状況だった。
上昇するブランドにとって必要な条件は、当時はインターネット、情報通信・ハイテク関連、既存のビジネスカテゴリでも、我々は新しいビジネスモデルを提示しており、低価格互換性があり、または、すぐにリストラを目指している企業、それをまとめると「新しい経済(ニューエコノミー)」と言われた。
だが、「古い経済(オールドエコノミー)」のブランド
それが旧有名企業であっても、市場参加者が全く無視して停滞していた。