資産管理の明るさと暗さ ソロスの勝利

金融市場の周りを走り回り、かつて政治を倒した伝説的なヘッジファンドももう枯渇したのだか?
彼の投資方法、「グローバルマクロ」と呼ばれ、マクロの視点から世界経済を分析すると、一番良い国の通貨/資産を購入し、一方、悪い国の通貨や資産を売っていた。
ソロスの敗戦は、これらのマクロ型投資が限界に達していることを示しているか?

彼はまた、その名声と巨額の財務力で、また、世界中の政治家や関係者と直接話すこともできた。
言い換えると、彼はまた、世界中で承認された数少ないインサイダー投資家の1人だった。
だが、それでも、市場によって敗北するしたのは、内部者と外部者の間の情報格差が無意味になったかどうか、もしくは、金融市場が徐々に効率化され、目標を達成できる味がなくなったということだか?

しかしながら、私はソロスが確かに違うと思う。
ソロスが白旗を立てる直前に、別の最大のヘッジファンドであるタイガーファンドもまた清算することにした。
1年以上前、LTCMも失敗した。
彼らの方法は多少異なるが、これは、高価な商品を販売して安価な商品を購入する方法であるバリューだった。
だが、タイガーファンドは、彼らが高価だと信じていたハイテク株が引き続き下落し、それに耐えることはでこなかった。
一方、ソロスが決定的に敗北したのは、このハイテク株だった。
しかしながら、ソロスの場合、ハイテク株は急騰し続けながら急騰に耐えることができずに買ったので、後続の衝突で倒壊した点だけが異なっていた。

ソロスは自分の本で指摘したように、市場では、コントロールができなくなることがある。
ハイテク株の急騰が抑えられない場合、タイガーは破壊され、急落が抑えられなかったとき、ソロスは崩壊した。

ソロスは哲学者になろうとしていた。
哲学に不満を感じると、彼は経済を正しく見ることができることを示すために、彼は投資の世界に入ったと言われている。
ソロスは実際に優れた洞察力の目で大きな富を築くだけでなく、名声を得たが、自分たちの資金を壊すことによって自分たちの正当性が証明されたことになる。

株式原則、債券債務の原則

日本の個人金融資産の割合は10%未満であるが、米国では50%に近くなっている。
これとともに、日本でも今後も株式保有比率が高くなると言われているが、「個人が株式を持っているべきだ」「個人の持株比率が低いので日本市場は役に立たない」と主張している人もいる。

だが、古い金融理論によると、もともと株式(資本)か債券(負債)のどちらであっても、両社とも会社の支払う費用に違いがない。
違いがある場合は、いずれかの税金または他の制度によって支配されているかどうか。
しかしながら、あなたがそれを会社に持って行くのであれば、債券は固定債務であり、収益性の有無にかかわらず利息を支払わなければならず、株式は利益が出てきたときにのみ支払う。
それは私を簡単に感じさせる。
企業の安定性については、主に株式を調達する企業は、業績が低迷しても耐えられる能力があると言えるだろう。
銀行の資本要件については、それはその考えによるものだ。
代わりに、債券のは、集めた資金(資本)を何度も使って大きなプロジェクトを行うことができるという利点もある。
債券と株式の比率は、財務レバレッジなどとも呼ばれる。

投資家の視点から見ると、返済額が大きいほど株式のリスクは高いと考えられ、なので、長い間リスクを冒している人々は株式で動くべきであるという投資理論の教えだった。
だが、ハイリスク・ハイリターンの原則は、以下に見られるように不確実だ。

企業が長期的に債券利回りを上回るはずの利益を株主に自ら支払う理由は、会社が株主に属するという前提に基づいている。
企業の場合、株主に加えて、債権者、サプライヤー(取引先)、また、労働者(サラリーマン)など多くの利害関係者が存在し、そのうち、株主の立場を強く意識していると言える。

アドマックス