植松聖 相模原のやまゆり学園の障害者を大量殺害

相模原の刺傷は、2016年7月26日、 神奈川県 相模原市の 翠宮区で行われました。
19人が死亡し、26人が負傷し、13人が重度に障害者の介護施設で死亡した。
容疑者は1990年に生まれた当時は26歳の男性で植松聖
彼はケア施設の元従業員でした。
彼は近くの警察署にナイフの袋で降伏し、続いて逮捕された。
この攻撃は、現代史上、日本の土壌で行われた最悪の犯罪の 1つとして記述されていた。
津久井弥まゆり園は、社会福祉法人かながわ共同が運営する居住介護センターです。
地方自治体によって設立されたこの施設は、 相模川の堤防にある30,890平方メートルの森林地帯に建設された。
4月末現在、この施設には、 精神障害を持つが、 身体障害の多い19歳から75歳の149人の住民が収容されている。
屋外で身体活動に従事する者もあれば、寝たきりしている者もいる。
中央本線の相模み温泉 駅から約2km離れた遠隔地にある。

午前2時10分ごろ、 植松聖は1階のガラス窓からケアセンターに侵入するためにハンマーを使用したとされる。
彼はスタッフを縛り、鍵をとって部屋に行き、眠っている間に施設の利用者の首を刺した。
現地時間02時30分ごろ、スタッフがナイフで男性をケアして警察にケアセンターを呼び寄せ、建物に侵入したと報告している[4] [12] 。
しかし、植松は逮捕される前に施設を去った。
彼は警備カメラ映像の02:50に施設を去って記録されました。

03:00頃に武装警察が建物に入り、犯行現場を発見した。
29人の救急車が施設に送られた。
事件の2時間後、容疑者は厨房用ナイフなどの鋭利な道具を入れた袋を持って筑紫警察署に身を寄せた。
警察署の外で車にナイフが見つかったと伝えられている。

植松は18歳から70歳の女性10人と男性9人を殺し、26人が負傷し、13人が重傷を負ったとされる。

彼の父親は小学校の芸術教師であり、植松も彼から訓練を受けていました。
彼は両親と一緒に自分の家に住んでいたが、ある時点で去っていった。
彼は3年以上そこに雇われた後、2016年2月に施設で働くことを辞任した。

隣人たちは、殺人罪を犯した疑いがあると驚いた。
彼はフレンドリーで、良い職員として記述されました。
しかし、ある人は、彼の人格は、施設での雇用中のある時点で変わったと報告しました。

上松は2016年2月、東京の大島の家で、大島理森・衆院議長に手紙を手渡しようとしました。
彼は翌日に戻り、今度は警備員と手紙を渡した。
上松の手紙は、複数の障害を持つ人々の生活を終わらせることの合法化であり、 日本の安倍晋三首相にメッセージを伝える援助を求めた。
その中で、彼は次のように書いています。
「保護者からの同意を得て、家庭や社会活動を行うことが困難な複数の障害を持つ人が安楽死させることができる世界を想像しています。
障害者の殺害は、「日本と世界の平和のため」であり、世界経済に利益をもたらし、 第三次世界大戦を阻止する」と書いている。

彼の名前に署名した後、この手紙は、身体障害者を収容する2つの施設(おそらく、後に犯罪を犯した2つの住宅の建物)を対象とする提案を詳述したものである
メッセージの前半では、上松氏は460人を殺すと述べた。
しかし、後半には260人だった。

ある時点で、手紙は相模原の警察から東京の警察に引き渡された。
この間、植松は自分のTwitterアカウントに、自分が逮捕される可能性があると予想したことを掲示した。
彼は以前に日本が放射線中毒とエイズによって荒廃したというつぶやきを投稿していた。

その月の後半に、彼の手紙が相模原の当局に注目された後、彼は実際に逮捕され、拘留され、尋問され、2週間精神病院に託された。
しかし、彼は3月2日に医者が彼が脅威ではないと思って退院させた。

彼の手紙と、自分自身に変わった後の声明で、上松は、深刻な身体障害者と、自分の生活を維持が困難人たちの両方を「不幸から救う」と説明した。

2017年2月20日、植松は責任能力があるとされ、裁判に立った。
2月24日、上松には19件の殺人、24件の殺人未遂、2回の傷害、3回の違法拘禁、1回の不法侵入、1回の窃盗罪などがありました。

日本の首相菅首相は、この襲撃事件は「多くの無実の人々が犠牲者になった、衝撃的な事件だ」と認めた。
また、厚生労働省は、同様の事件の再発防止策を検討すると述べた。

多くの日本のニュース・アウトレットでは、刺すような行為を嫌な犯罪と呼ぶ論説が掲載されていました 。
2016年9月までに、攻撃の被害者についてほとんど情報が公開されなかった。

2016年9月13日、 神奈川県知事、黒岩祐治氏は、この施設は再建されると述べた。