中国の拷問と実行方法が恐ろしい

今日私たちは、実行者と犯罪者の人類を守るために生易しい執行方法をしているが、昔は恐ろしかった。
実際、屈辱と苦しみは、拷問と執行の重要な側面であり、誰もこれを古代中国より良くしなかった。
古代中国人は非常に創造的であり、彼らの方法ではかなりサディスティックで、遅くて安定したものをやりたいと思っていた。
囚人を拷問して処刑するために古代中国で使われたいくつかの方法は次のとおりだ。

凌遅刑

ナイフで体の一部の除去を行い、致命傷にならないように肢体を四肢および胴に切断することを含んでいた。
肉の塊がすべての手足から除去され胴から切断された。
死刑執行人は、喉や心臓の最終的な切除が行われるまで、死を延ばすために被害者をあまりにも多く出血させないようにした。
凌遅刑は残酷である。
ヘンリー・ノーマン卿の著書「極東の人々と政治」によれば、執行官は「身体の肉質の部分から少しずつ取る」ことによって断片を切り取り、太ももや胸のように...手首と足首、肘と膝、肩と腰で四肢を少しずつ切断する。
最後に、被害者は心臓に刺され、頭が切れてしまいた」
1800年代に作られた残酷な拷問方法の1つである。

皮膚の除去

これも凌遅刑の一種だろう。人の顔や体からの皮膚の除去は、古代の世界のいたるところで実践されたが、中国人はとても好きだった。
習慣的に、それは慎重に真皮にスライスし、顔の肌を一枚剥がすのは、鋭いナイフで行われた。
多くの中国の皇帝と皇后両陛下は、1396年に5000人の女性の暴行を命じた。彼は、藁を詰めたり、国の潜在的敵に誇示するために壁に釘付けした。
被害者は首に直立させられ、頭皮に2つの切れ目があり、切れ目に水銀を注い。
思い水銀は、皮膚を肉から分離させ、犠牲者が痛みを訴えたとき、彼らは皮からバナナのように向けた。
その音は恐ろしいサディスティックな音だ!!!

竹吊り刑
竹は狂った速度で成長する。
中国人はそれを利用してゆっくりと囚人をひどく苦痛を伴う方法で殺する。
囚人は、尖った生きた竹の芽の上に吊り下げられる。
竹は育ちながらゆっくりと被害者の肉や器官を突き刺す。
誰も手を汚さない刑罰である。
私は竹のが私の肉体に押し込まれ、それが必然的に私の体に入るという恐ろしい刑罰を想像することはできない。

女性用の刑具
中国の歴史的文書によると、恋人と夫を殺すことを共謀したと判決を受けた女性は、しばしば恐ろしい装置で罰せられた。
これは、鋭い木製のステッキで、膣から体に入り、上に向け移動し、穿孔する。
まるで地獄の地獄!!!

一部の中国の皇帝は、彼らが手に負った時には特に残忍だった。
本人だけでなく一族についても処刑する族誅は良い例だ。
人が反逆のような罪で罰せられるとき、皇帝は彼の家族、つまり親、祖父母、兄弟、兄弟、親や義理の叔母や叔父、恋人までも処罰する。
ある時には、入来皇帝の就任記念書を書くことを拒否した明朝の学者は、彼知り合いの学生を含め、合計873人を処罰した。

アドマックス