麻原彰晃(オウム真理教)14 坂本弁護士一家殺害の恐怖

松本事件(松本サリン事件松本里人事件)は、6月27日の夜、1994年6月28日の朝、長野県の松本市で起こったサリン中毒の発生であった。

いくらかの箇所から放出されたサリンガスによって7人が殺され、200人以上が傷ついた。
緊急事態当局への最初の呼び出しは、午後11時頃に発生した。
午前4時15分、毒から6人が死亡した。

7月3日、当局は、有毒物質がガスクロマトグラフィーによってサリンとして同定されたと発表した。
事件の後、警察は犠牲者の一人である河野義行に調査を集中させた。
河野氏はメディア「毒ガス男」の吹き替えを受け、嫌がらせや脅迫、激しい法的圧力を受けた。

1995年の東京地下鉄攻撃の後、オウム真理教教団に移り、警察やメディアは河野に公然と謝罪した。

松本事件は、1995年に東京地下鉄の有名な攻撃に先行していた。
いくつかのオウム真理教のメンバーは、両方の事件を克服したとして有罪判決を受けた。
これらの2つの事例は、テロリスト集団による化学物質の唯一の既知の用途である。
この攻撃により、19人の死者と数千人の入院患者、または外来患者が発生した。

坂本家の殺人

1989年10月31日、日本の議論の余地のある仏教集団であるオウム真理教に対する集団訴訟の弁護士である坂本堤坂本堤堤(1956年4月8日〜1989年11月4日)が、妻と子どもと共に殺害された彼のアパートに侵入した加害者によって。
6年後、暗殺者は犯罪の当時、オウム真理教のメンバーだったことが明らかになった。

坂本堤司:反カルト弁護士

彼の殺人の時、坂本は反宗教弁護士として知られていた。
彼は以前、統一教会員の親族のために、統一教会に対する集団訴訟を首尾よく成功させた。
訴訟では、原告は当グループに移管された資産および家族関係の悪化による被害に対して訴訟を提起した。
抗議者たちが一般市民の注目を求めた広報キャンペーンは、坂本氏の計画の道具となり、統一教会は重大な財政難を被った。

同様の反オウム広報キャンペーンを組織することによって、坂本氏はUCのメンバーと同様に自発的にグループに参加していないが、欺瞞で誘惑され、おそらく脅威と意志によって反対されていることを明らかにしようとした操作。

さらに、宗教的な品物は市場価格よりはるかに高い価格で販売され、会員の世帯から資金が流出した。
判決が顧客の裁量で引き継がれた場合、オウムは破産され、グループを大きく弱体化させたり破壊したりする可能性がある。

1988年、集団訴訟を遂行するために、坂本はオウム真理教HigaiTaisakuBengodan(オウム真理教の影響を受けた人々のための支援の連合)の設立を開始した。
これは後にオウム真理教Higaisha-no-kaiまたは「オウム真理教Victims'Association」と改名された。
グループは2006年現在でもこのタイトルの下で活動している。

殺人事件

1989年10月31日、坂本さんは青年のリーダーである麻原彰晃を説得して血液検査を受け、リーダーが身体全体に存在すると主張した「特別な力」をテストした。
彼は珍しい何の兆候も見つけなかった。
これを開示することは、潜在的に麻原に恥ずかしいことや損害を与える可能性がある。

数日後、1989年11月3日に、村井秀夫、橋本悟、武道家の仲間友明などのメンバーが、坂本が住んでいた横浜まで車で行きた。
彼らは、14種の皮下注射器と塩化カリウムを入れた袋を運んだ。

その後、加害者が提出した裁判所の証言によると、化学物質を使用して横浜の新幹線駅から坂本を誘拐しようとしていたが、期待に反して休暇だった。
文化の日は家で眠っていた。

午前3時に、グループはロックされていないドアから坂本のアパートに入った。
坂本堤は頭にハンマーで打たれた。
妻の坂本都子さん(29歳の坂本都子さん)は殴られた。
(14ヵ月の息子、坂本龍彦)に塩化カリウムを注射し、顔を布で覆った。

2人の大人が苦労している間、彼らはまた、塩化カリウムを注射した。
妻は毒で死んだが、坂本堤は注射で死ぬことはなく、絞殺で死亡された。
家族の遺体は金属のドラム缶に入れられ、3つの別々の田舎に隠されていた。
彼らのベッドシートは焼かれ、道具は海に落ちた。
犠牲者の歯は壊れて身分証明書を失いた。
彼らの身体は、加害者が捕獲された後の場所を明らかにするまで見つからなかった。

オウム真理教の殺人事件への関与は、6年後、多くの高齢の信者が他の罪で逮捕された後、明らかになった。東京の地下鉄ガス攻撃に関連している。
坂本容疑者に関係する者はすべて死刑判決を受けている。

裁判所は、グループの創設者である麻原彰晃の命令により殺人事件が起訴されたことを判明したが、加害者全員がこの証言を証するわけではなく、麻原は引き続き関与を否定している。
麻原の弁護団は、彼を非難することは、個人的責任をより高い権限に移す試みだと主張する。

殺人の動機は不明である。
坂本の法的慣習に関する背景情報は、血液検査の理論と矛盾しており、麻原被告は殺人に対して、血液中に特別な物質を示さない血液検査の開示を禁止するよう命令した。
第2の理論は、殺人事件が弁護士や原告を脅迫し、オウムに対する潜在的に財政的に悲惨な訴訟を終わらせるように設計されたということだ。

坂本さんの死がオウム真理教周辺の法的風土を変えたかどうかは議論の対象だ。
殺人事件の6年後には、これ以上の集団訴訟は提起されなかった。
個別の不利な判決は、財務的にはそれほど大きな害を及ぼさなかった。

アドマックス